• 4歳向け絵本のおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像1枚目
  • 4歳向け絵本のおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像2枚目
  • 4歳向け絵本のおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像3枚目
  • 4歳向け絵本のおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像4枚目
  • 4歳向け絵本のおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像5枚目

4歳向け絵本のおすすめ人気ランキング20選

想像力や思いやりの心がめざましく発達する4歳児。友達との関係も、相手のことを考えながら遊ぶことが多くなってきます。この時期には、絵本に登場するキャラクターたちが冒険したり、困難に挑戦したりといった絵本をたくさん読み聞かせてあげたいですね。大人になってもなつかしく読み返すような、特別な作品と出合えるかもしれません。

そこで今回は心のワクワクを高められるストーリー性の豊かな4歳向け絵本を20冊、ランキング形式でご紹介していきます。お子さんの心の成長を助ける上手な絵本の選び方もまとめましたので、あわせてご覧下さい♪
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 18,250  views
目次

絵本で広がる世界観が4歳児を成長させる!

絵本で広がる世界観が4歳児を成長させる!
4歳のお子さんは語彙力が増え、周囲に自分の気持ちを伝えることが上手になってきます。言葉によるコミュニケーションに不自由を感じなくなってきた分、ものごとの本質や概念を知ろうとする傾向が強くなってきますので、「なんでこうなるの?」「どうしてなの?」といった具合に、不思議に思ったことをたくさん質問するようになりますよ。

また、頭のなかで自分の世界をつくりあげられるほどイメージ力が発達してきます。絵本から吸収した知識や世界観がそのまま日常生活にも生かされるので、お子さんの視野を広げるために、たくさんの良書にふれさせてあげることが大切です。

豊かな心を育てるために、考える力を伸ばすために、そして苦手を克服するために、積極的に絵本の読み聞かせをしてあげましょう。

4歳向け絵本の選び方のポイント

まずは4歳向け絵本の選び方のポイントをご紹介したいと思います。この時期の絵本は、心や能力を発達させるための大きな手助けとなってくれます。ストーリーが面白いという点はもちろん、どんなことを重視して絵本を選ぶと良いかをピックアップしてみましたので参考にして下さい。

お話を楽しむうちに「数」を理解できるような絵本が◎

3歳までには「1、2、3…」と順序よく数を言えるようになっていると思います。しかし「これは何個?」とたずねても、まだうまく答えられないことが多いですよね。

4歳頃からは数の概念をとらえられるようになってくるので、本当の意味でものの数をかぞえられる力が身についてきます。4歳向けの絵本には「やぎが3匹」「コインが2枚」など、数をかぞえるトレーニングに最適な表現が出てくるものがたくさんあります。知育のためにも、こういった本を積極的に選んでいきたいですね。

お友達や兄弟に対する思いやりを絵本で育む

お友達や兄弟に対する思いやりを絵本で育む

出典:amazon.co.jp

4歳頃になるとコミュニケーション能力が発達し、周囲への配慮ができるようになってきます。絵本を通して思いやりの心を育てることは、お友達づくりにも大いに役に立つことでしょう。

またこの頃のお子さんは、新しい兄弟ができていることもしばしば。まわりに認められたいと考えるようになる時期ですから、お兄ちゃん・お姉ちゃんとしての自覚を育てられる絵本を読んであげましょう。手先が器用な分、身の回りのことがだいぶ自分でできるようになりますし、ママが忙しい時には積極的におてつだいをしてくれるようになるケースもあります。

好き嫌いの多いお子さんには料理が出てくる絵本を

4歳になると食欲も増して、中には大人と変わらないような量をたいらげるお子さんもいますね。大人と同じメニューが食べられるようになってくると、食事の内容もバリエーション豊富になってきます。

それと同時に好き嫌いが多くなってくる時期でもあります。そんな時には、おいしそうな食べものをテーマにした絵本が大活躍。食べものそのものにも興味が沸きますし、調理の工程への関心も生まれます。魅力的な食事シーンが登場する絵本を選んで、上手に好き嫌いを克服していきましょう。

ファンタジー色の強いストーリーで想像力アップ

ファンタジー色の強いストーリーで想像力アップ

出典:amazon.co.jp

想像力の発達がめざましいのが4歳。自分でイメージしてつくりあげた空想の世界で遊び、時にはファンタジーと現実の区別がつかなくなることもあるほどです。配役を設定した「ごっこ遊び」が流行りはじめるのもこの頃です。

お子さんの想像力をさらに高めてあげられるよう、ファンタジー色の強い絵本をたくさん読んであげると喜ぶでしょう。ストーリーに魅力を感じられるようなら、少しくらい長めの話でも最後まで聞いてもらえますよ。おばけの存在を本気で信じる年頃でもありますから、怖いと感じるものがあればその対象をテーマにしたものをあえて選んで、恐怖を乗り越えられるようにしてあげるのも良いですね。

4歳向け絵本のおすすめ人気ランキング20選

それでは、おすすめの4歳向け絵本をランキング形式でご紹介していきます。最初から最後までほのぼのと読める作品から、深く心にうったえかける感動作まで、幅広くラインナップしました。選び方も参考にしながら、お子さんのイメージ力を高めやすい作品を選んでみましょう。

20位:にじいろのさかな マーカス・フィスター

にじいろのさかな
出典:amazon.co.jp
にじいろのさかな

1,944円 (税込)

詳細情報
・出版社:講談社
・頁数:24p
・サイズ:22.2×1.3×29.6cm

お友達を思いやることの大切さを教えてくれる

自分の持っている幸せを他者に分け与えることで、まわりまわって自分も幸せになるという教訓が学べる絵本です。キラキラとした美しいうろこを持っている主人公はひとりぼっち。うろこを欲しがる他の魚に分け与えるようになってから喜びを共有できるようになり、友達がふえて幸せになったというストーリーです。イラストの中のうろこが実際にキラキラしているキレイな作品です。

19位:14ひきのあさごはん いわむらかずお

14ひきのあさごはん
出典:amazon.co.jp
14ひきのあさごはん

1,039円 (税込)

詳細情報
・出版社:童心社
・頁数:32p
・サイズ:26.6×19×1cm

ほのぼのとした世界観のイラストが人気

淡い水彩で描かれている優しいイラストに癒される1冊。大家族のねずみさん一家が協力しておいしい朝ごはんを用意するお話です。1ページに1文のペースで書かれているので、ひらがなが読めるようになったお子さんなら自分ひとりで読むのにちょうど良いトレーニングになります。「おねぼうさんはだれ?」「帽子をかぶっているのはだれ?」など、文章の問いかけに応じてイラストの中から正解を探すギミックも楽しめます。

18位:11ぴきのねこ 馬場のぼる

11ぴきのねこ
出典:amazon.co.jp
11ぴきのねこ

1,296円 (税込)

詳細情報
・出版社:こぐま社
・頁数:40p
・サイズ:25.8×18.2×1cm

ユニークなねこ達の冒険活劇が楽しめる

どこかまぬけで、どこかたくましい11匹のねこ達がユニークなストーリーを展開する大人気シリーズです。大きな魚を食べたいねこ達が野をこえ山をこえた先にある湖まで出かけ、怪物みたいに大きな魚をつかまえるために奮闘するお話。みんなで力を合わせること・知恵を出しあうこと・何度もチャレンジすることの大切さなど、これからお子さんに伝えていきたい内容がいっぱいつまった良書です。 

17位:おまえうまそうだな 宮西達也

おまえうまそうだな (絵本の時間)
出典:amazon.co.jp
おまえうまそうだな (絵本の時間)

1,296円 (税込)

詳細情報
・出版社:ポプラ社
・頁数:40p
・サイズ:25.8×21.2×1.4cm

愛情あふれるラストシーンに感動

豪快でコメディタッチなイラストですが、物語はとても繊細で思いやりにあふれています。からだの大きな肉食のティラノサウルスが、親とはぐれた草食の赤ちゃんアンキロサウルスにお父さんと勘違いされたことをきっかけに、いろいろなことを教えてあげるお話です。赤ちゃんの幸せを考えて本当の親元へ導いてあげるラストシーンは感動的で、アフターストーリーへの想像がふくらみます。

16位:100かいだてのいえ 岩井俊雄

100かいだてのいえ
出典:amazon.co.jp
100かいだてのいえ

1,260円 (税込)

詳細情報
・出版社:偕成社
・頁数:32p
・サイズ:21.1×30×1cm

100部屋分ていねいに描かれているイラストが魅力

次のページにはどんな生き物が登場するのか、めくるのが楽しくなる絵本です。お話は、100階だての家のてっぺんに住んでいる誰かさんから遊びに来てという手紙をもらったトチくんが、お家を訪ねるもの。10階ごとに住んでいる生き物が違って、さまざまな暮らしを見たり、おもてなしを受けたりしながら上をめざしていきます。階数ごとにふってある数字をかぞえながら、最上階で誰が待っているのか親子でワクワクできますよ。

15位:ラチとらいおん マレーク・ベロニカ

ラチとらいおん
出典:amazon.co.jp
ラチとらいおん

1,188円 (税込)

詳細情報
・出版社:福音館書店
・頁数:44p
・サイズ:22.6×15×1.4cm

勇気を与えてくれる仲間と一緒に成長するお話

世界中でいちばん弱虫だった男の子が、強くたくましく成長していく物語です。弱虫がゆえに仲間はずれにされてしまった少年ラチの前に強いライオンがあらわれ、強くなるためのトレーニングを受けることで、ラチはこわい犬・まっくらな部屋・いじめっこなど今まで苦手だったものに次々と打ち勝っていくというサクセスストーリー。心の支えとなる存在の大切さを教えてもらえるとともに、最後のライオンの手紙で涙する親子が多い絵本です。

14位:かいじゅうたちのいるところ モーリス・センダック

かいじゅうたちのいるところ
出典:amazon.co.jp
かいじゅうたちのいるところ

1,512円 (税込)

詳細情報
・出版社:冨山房
・頁数:40p
・サイズ:24×25×0.8cm

イラストのみのページもあり空想力がふくれあがる

ファンタジーの世界の楽しさと、現実世界のあたたかさを同時に感じられる絵本です。いたずらしてしまったおしおきとして寝室に閉じ込められてしまったマックスが、いつの間にか森になっていた世界でかいじゅうたちの王様となり、思うぞんぶん遊ぶというストーリーとなっています。味のあるかいじゅうたちのユーモラスなイラストがギュッと子ども達の心をつかみやすく、文章がとぎれてイラストだけが続くシーンではどのような会話が繰り広げられているのか空想がふくらみます。

13位:ちょっとだけ 瀧村有子

ちょっとだけ
出典:amazon.co.jp
ちょっとだけ

972円 (税込)

詳細情報
・出版社:福音館書店
・頁数:31p
・サイズ:26.2×19.4×0.6cm

弟妹ができたお子さんへのプレゼントに最適

兄弟が生まれてお姉ちゃんになったなっちゃんが、身の回りのことに自分でチャレンジするお話。ママが赤ちゃんのお世話で大変そうなので、まだ上手にはできないけれどコップに牛乳をついだり、洋服のボタンをとめてみたり、髪をふたつにむすんでみたり、ブランコをこいでみたり…。いつもママがやっているのを見ていたので、いろいろなことにちょっとだけ成功します。上の子に読み聞かせながら親にも大切な気付きを与えてくれる絵本は、きょうだいができた家庭へのプレゼントにぴったりです。

12位:わすれられないおくりもの スーザン・バーレイ

わすれられないおくりもの
出典:amazon.co.jp
わすれられないおくりもの

1,296円 (税込)

詳細情報
・出版社:評論社
・頁数:26p
・サイズ:26×21.4×1cm

生きて死ぬということの意味を教えてくれる

死んでしまった人とのつらい別れと、残された思い出の大切さがわかる絵本です。年をとったアナグマがみんなにあてた手紙を残して死ぬところからストーリーがはじまります。大好きな仲間の死を悲しみながらも、別れたあとでも宝ものとなるような知恵や工夫を残してくれたアナグマとの思い出を語り合うことで悲しみを乗り越え、みんなにアナグマへの感謝の気持ちが生まれるというお話です。子どもに教えるのが難しい「死」の概念を、優しく伝えられますよ。

11位:くれよんのくろくん なかやみわ

くれよんのくろくん
出典:amazon.co.jp
くれよんのくろくん

1,296円 (税込)

詳細情報
・出版社:童心社
・頁数:32p
・サイズ:19.1×26.6×0.9cm

個性のすばらしさを再発見できるストーリー

一見すると魅力に欠ける面も、方法や観点を変えれば素敵な個性であることがわかるストーリー。クレヨンたちが大きな画用紙に自分達のカラーを活かした絵を描いている最中、きれいな絵を黒くされたら嫌だと言って「くろくん」だけ仲間に入れてくれませんでしたが、最終的にはみんなの色が重なりすぎてグチャグチャになってしまった絵をくろくんが素敵に復活させてくれます。仲間の良いところを発見することの素晴らしさがわかり、クレヨンでのお絵かきが好きになるお子さんが多いです。

10位:どろんこハリー ジーン・ジオン

どろんこハリー
出典:amazon.co.jp
どろんこハリー

1,296円 (税込)

詳細情報
・出版社:福音館書店
・頁数:32p
・サイズ:31×27.2×1.3cm

わかりやすいお話とハッピーエンドだから安心して読める

わんぱくなハリーが冒険する姿がかわいらしい1冊です。白い犬のハリーはある日お風呂に入るのが嫌でブラシを庭に埋めて逃げ出してしまいます。外でどろんこになって遊んで帰るとすっかり体がまっくろの黒い犬になっていたため、家の人に自分がハリーだとわかってもらえません。でも、ブラシを掘りおこし、「お風呂で洗って欲しい」アピールをして元の姿に戻ることができたというストーリーです。外の世界は刺激的で楽しいけれど、やはり家はあたたかくてホッとするとしみじみ感じられますよ。

9位:ミッケ!たからじま ジーン・マルゾーロ

ミッケ!たからじま
出典:amazon.co.jp
ミッケ!たからじま

1,469円 (税込)

詳細情報
・出版社:小学館
・頁数:32p
・サイズ:30.6×22.8×1cm

大人から子どもまで宝さがしに夢中になれる絵本

ヒントを読み解きながら、かくれんぼしているアイテムを探しだす絵本です。ページをひらくとイラストではなくジオラマ写真がたくさん載っており、「犬とハンガーを見つけてみよう」「カモは2羽いるはずだよ」などのヒントが書かれています。巧妙にかくされているアイテムは大人でも見つけづらいものがあるのでハマるお子さんが続出。ストーリー性のあるヒントと写真はお子さんの空想力を十分に満たしてくれますし、数をかぞえるトレーニングにももってこいの1冊です。

8位:すてきな三にんぐみ トミー・アンゲラー

すてきな三にんぐみ
出典:amazon.co.jp
すてきな三にんぐみ

1,296円 (税込)

詳細情報
・出版社:偕成社
・頁数:38p
・サイズ:28.8×20.4×1.2cm

良いことと悪い事の違いを考えるきっかけになる

どろぼうが集めたお金でたくさんの孤児を救うという皮肉が効いた作品です。恐ろしいどろぼうとして有名だった3人組が、たまたま襲った馬車の中にいたみなしごのティファニーとの出会いをきっかけに、国じゅうの孤児たちを集めて育てて村ができたというストーリー。時には良い人と悪い人の線引きがむずかしいものだということを知り、物事を考える良いきっかけになります。

7位:しろいうさぎとくろいうさぎ ガース・ウイリアムズ

しろいうさぎとくろいうさぎ
出典:amazon.co.jp
しろいうさぎとくろいうさぎ

1,100円 (税込)

詳細情報
・出版社:福音館書店
・頁数:30p
・サイズ:30.6×22.4×1.2cm

「大好き」の気持ちを素直に伝えることの大切さがわかる

大好きな人と一緒にいることの幸せを描いた絵本です。仲良しの白いうさぎと黒いうさぎが森の中で楽しく遊んでいる最中、黒いうさぎが何度も悲しそうな顔をします。理由を聞いてみたところ、いつまでも白うさぎと一緒にいられるように願い事をしていたのだと知り、2匹はめでたく結婚してずっと一緒に暮らしたというお話。子ども達に大人気のかわいらしいうさぎ達が、素直に愛情を伝え合うことの大切さを教えてくれます。

6位:めっきらもっきら どおんどん 長谷川摂子

めっきらもっきら どおんどん
出典:amazon.co.jp
めっきらもっきら どおんどん

972円 (税込)

詳細情報
・出版社:福音館書店
・頁数:32p
・サイズ:26.6×19.6×1cm

不思議な世界観にどハマりするお子さんが続出

子どもの空想の世界をそのまま体現したような物語です。ひとりの時間を持て余していたかんたが神社でめちゃくちゃな歌をうたったところ木の穴に落ちて不思議な世界にたどりつき、おかしなばけもの達と遊んだ後おかあさんが恋しくなって元の世界に戻ると、もうその世界への行き方がわからなくなっていたというお話。どこかの方言なのかな?とも思わせる不思議なことばづかいと、ファンタジックな世界観がお子さんの心をワクワクさせてくれます。

5位:わたしのワンピース にしまきかやこ

わたしのワンピース
出典:amazon.co.jp
わたしのワンピース

1,188円 (税込)

詳細情報
・出版社:こぐま社
・頁数:44p
・サイズ:20.4×19.4×1.2cm

おしゃれ大好きな女の子におすすめの1冊

カラフルでかわいらしい柄のページがたくさん出てくるので、おしゃれが大好きな女の子からの支持が高い1冊です。空から落ちてきた真っ白な布でワンピースをつくりお散歩に出かけてみると、お花畑ではワンピースが花の模様に、雨が降ってきたらワンピースが水玉の模様に…という具合にワンピースの柄が変わっていくというお話。素敵な風景がそのまま模様になるワンピースに夢を感じるお子さんが多く、最初から最後までハッピーな気持ちで読み進められます。

4位:ぐるんぱのようちえん 西内ミナミ

ぐるんぱのようちえん
出典:amazon.co.jp
ぐるんぱのようちえん

970円 (税込)

詳細情報
・出版社:福音館書店
・頁数:28p
・サイズ:26.4×19×0.8cm

何度でも挑戦するぐるんぱを応援したくなる

汚れていて臭くてひとりぼっちのぞうだったぐるんぱが、失敗をくりかえしながらも自分が本当に心から楽しいと思える仕事につくまでのお話です。ぐるんぱはビスケット屋さんや靴屋さんなどに就職してものづくりをしますが、どれも自分サイズにつくってしまうせいで売れずにお店から追い出されてしまいます。最終的には子ども達の世話が上手にできるぐるんぱが幼稚園を開くことで幸せを感じられたというハッピーエンドになっており、あきらめずに自分の道を探すことへの勇気を与えてくれます。

3位:からすのパンやさん 加古里子

からすのパンやさん
出典:amazon.co.jp
からすのパンやさん

1,050円 (税込)

詳細情報
・出版社:偕成社
・頁数:32p
・サイズ:25×20×1.4cm

約80種類のパンが並んだページに釘付け

たくさんのユニークなパンが登場し、大人から子どもまで楽しく読める絵本です。4羽の子どもが生まれたカラスのパン屋さんは、子育てとお店との両立がうまくいかずにだんだんお客さんが減っていって貧乏になっていきます。ですが、子ども達の口コミからお客さんが来るようになり、家族一丸となってきちんとお客さんのニーズに応えることで森をさわがすほどの大繁盛店になったというお話。見開きいっぱいに並べられた新商品のパンのページは圧巻で、このページに釘付けになるお子さんが多いです。

2位:三びきのやぎのがらがらどん マーシャ・ブラウン

三びきのやぎのがらがらどん
出典:amazon.co.jp
三びきのやぎのがらがらどん

1,188円 (税込)

詳細情報
・出版社:福音館書店
・頁数:32p
・サイズ:25.4×20.2×1cm

ちょっぴり怖くて痛快なストーリーにハラハラドキドキ

迫力のある内容とイラストで、めいっぱいハラハラドキドキできる絵本です。3匹のやぎがお腹いっぱい草を食べるために谷の向こう岸まで渡ろうとしていましたが、橋の下に住んでいるトロルはやぎを丸呑みにしようとしたので、機転をきかせたり勇敢に戦ったりしてトロルを倒し、無事ごちそうのある山にたどりついたというストーリー。ちょっとホラーを感じさせる怖さと、おおきなやぎが立ち回るシーンの痛快さとのバランスがよく、読み聞かせのリクエストが多い作品です。

1位:ぐりとぐら なかがわりえこ

ぐりとぐら
出典:amazon.co.jp
ぐりとぐら

972円 (税込)

詳細情報
・出版社:福音館書店
・頁数:28p
・サイズ:25.8×18.4×0.8cm

大きなカステラが焼きあがるシーンに憧れる!

この本を知らない大人はいないのではないかと思うほど、名作中の名作。料理することと食べることが大好きなぐりとぐらが、大きなたまごを見つけたことをきっかけに、とびきりおいしいカステラをつくって森のみんなにふるまったというお話。ラストシーンでは料理のあとに残ったたまごの殻でつくったユニークなものも見られるので、最後まで楽しめます。

カステラが焼きあがるまでの過程を楽しむことができ、料理や食べものに興味を持つきっかけづくりに最適です!ママやパパが、子どもの頃に読んだときの感想を話してあげるのもいいですね。

まとめ

今回はストーリーを存分に楽しめる4歳向け絵本をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

なかなかのボリュームで読みごたえがありながら、内容のおもしろさで長さを感じさせない作品ばかりです。世代を超えて読み継がれているロングセラーの絵本も多いですね。将来お子さんが親になった時にも自分の子どもに読み聞かせてあげたくなるような名作を選んであげてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す