• 【おしゃれ!】子ども用水筒のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【おしゃれ!】子ども用水筒のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【おしゃれ!】子ども用水筒のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【おしゃれ!】子ども用水筒のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【おしゃれ!】子ども用水筒のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【おしゃれ!】子ども用水筒のおすすめ人気ランキング10選

暑い日の水分補給だけでなく、幼稚園や小学校では遠足や運動会などで必要となるのが「子ども用水筒」。プラスチック製のものやステンレス製のもの、ストローで飲むタイプや直飲みタイプ、カバーや肩紐付きなど種類はさまざま。メーカーもサーモス・象印・スケーター・レックなど、選ぶポイントがたくさんあります。


そこで今回は、子ども用水筒の選び方とおすすめの商品をランキング形式でご紹介。お子さんの年齢や成長に合わせて、使いやすいものを上手に選んであげてくださいね。

  • 最終更新日:2019年03月29日
  • 9,530  views
目次

子ども用水筒の選び方のポイント

まずは、子ども用水筒の選び方のポイントをご紹介します。お子さんの年齢や使い方に合わせた水筒選びの参考にしてくださいね。

用途に合わせて素材を選ぶ

子ども用水筒の素材は、プラスチック製とステンレス製が一般的です。ここでは、各素材の特徴をご紹介しますので、チェックしておきましょう。

プラスチック製:軽くて持ち運びしやすい。デザインも豊富

プラスチック製:軽くて持ち運びしやすい。デザインも豊富

出典:amazon.co.jp

プラスチック製の最大のメリットはその軽さ。キャラクターものの商品も多いため、できる限り荷物の量を減らしたい小さなお子さんにぴったりです。


しかし、保温・保冷機能・耐久性の面でもステンレス製に劣るため、空の水筒を振り回して持ち歩くような使い方をしているとすぐに壊れてしまいます。リーズナブルなものが多いので、お子さんの成長に合わせて買い換えるような、割り切った使い方がおすすめです。

ステンレス製:保冷機能付きが多く丈夫。小さなお子さんの持ち歩きにはやや重め

ステンレス製:保冷機能付きが多く丈夫。小さなお子さんの持ち歩きにはやや重め

出典:amazon.co.jp

ステンレス製の水筒は「保冷・保温タイプ」のものが多く、大人用のステンレス製ボトルと同じく氷を入れて、長時間冷たい状態で飲みものの温度を保つことができます。


しかしステンレス製は本体が重いというデメリットも。ある程度力のある小学生以上のお子さん用に準備するのがおすすめです。またステンレス製は丈夫なところもポイント。価格は少し高めですが、しっかりしたものを購入しておけば長く使うことができます。

飲みやすさやお手入れのしやすさで「飲み口」を選ぶ

素材が決まったら次に「飲み口」を選びます。飲み口は飲みやすさやお手入れにも関わる大きなポイント。ここでは、子どもに人気の代表的な3つの飲み口をご紹介しますので参考にしてくださいね。

飲みやすくお手入れのしやすい「直飲みタイプ」。片手で開閉できるものが便利

飲みやすくお手入れのしやすい「直飲みタイプ」。片手で開閉できるものが便利

出典:amazon.co.jp

直飲みタイプの水筒は、ペットボトルと同じ感覚で直接口をつけて飲むことができるので、飲みやすいと人気です。中でも、片手で開閉のできるワンタッチタイプを選ぶとより便利。飲みやすさだけで見ればNo.1の飲み口です。


ただし、コップ飲みが苦手なお子さんには、勢いがありすぎるので注意が必要。また、何度も口をつけてフタをするので、衛生面が気になる方は避けた方が無難です。お手入れの面では、パーツが少ないので洗いやすいのが魅力。毎日使うことを考えると、とても助かるポイントです。

倒してもこぼれにくい「ストロータイプ」。ストロー内部の洗浄に手間がかかる

倒してもこぼれにくい「ストロータイプ」。ストロー内部の洗浄に手間がかかる

出典:amazon.co.jp

ストロータイプのメリットは、こぼす心配が最小限になること。飲んでいる最中にうっかり倒しても、中身がこぼれる量も少ないので安心です。そのため、コップ飲みが苦手な小さなお子さんや、激しく動き回る小学生におすすめ。


ただし、ストローの内部に汚れが溜まりやすいため、お手入れに手間がかかります。ストロータイプを選ぶときは、内部を洗浄するための「ストローブラシ」や、洗ったあとしっかり乾燥できるように予備のストローを用意しておきましょう。

衛生的に使える「コップタイプ」。立った状態での水分補給には不向き

衛生的に使える「コップタイプ」。立った状態での水分補給には不向き

出典:amazon.co.jp

コップタイプは、他の飲み口のように直接口を付けずに利用できるので、水筒の中身を衛生的に保てます。注ぎ口の形状によっては洗う手間がかかる商品もありますので、お手入れの手間を軽減したい方は、パーツが少なくシンプルな注ぎ口を選びましょう。


ただし、コップ兼用のフタを外して注ぐという手間がかかるので、運動会や遠足などで立ったままや歩きながらの水分補給には向きません。また、注ぐのがまだ難しい小さなお子さんの使用もNG。勢いが付きすぎたり容量が多いと中身をこぼしてしまう原因になります。

容量は小学生以上なら500ml、就学前なら350ml程度がおすすめ

容量は小学生以上なら500ml、就学前なら350ml程度がおすすめ

出典:amazon.co.jp

水筒の容量は、就学前のお子さんなら350~500ml程度。小学生以上なら500ml以上が一般的です。学校が終わったあとに学童保育などを利用しているようなら、800ml以上あってもいいかもしれません。


ただし、容量が適量でも重すぎると持ち歩くのが大変です。特に小さなお子さんの場合は、容量の大きな水筒は飲みにくいというデメリットもありますので、上の容量を目安に飲みやすさと携帯のしやすさも合わせてチェックしておきましょう。

携帯しやすい「肩紐」と落としたときの衝撃を緩和する「カバー」付きがおすすめ

携帯しやすい「肩紐」と落としたときの衝撃を緩和する「カバー」付きがおすすめ

出典:amazon.co.jp

子ども用の水筒には、肩紐やカバー付きがおすすめです。カバーがついていると落としたりぶつけたときにも衝撃から本体を守ってくれますし、肩紐付きなら小さなお子さんの持ち運びの負担が軽減されます。


肩紐に関しては成長や使うシーンによっては必要がないので、取り外せるタイプを選びましょう。カバーは成長しても使えますが、汚れやすいので丸洗いできるものが便利ですよ。以下の記事では別売りのカバーの選び方やおすすめ商品をご紹介していますので合わせてチェックしてみてくださいね。

メーカーで選ぶ

子ども用の水筒はさまざまなメーカーから販売されています。ここでは、代表的な3つのメーカーをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

ステンレスマグで有名な「サーモス」。性能は折り紙付き

ステンレスマグで有名な「サーモス」。性能は折り紙付き

出典:amazon.co.jp

ステンレスマグや大人用の水筒で人気の「サーモス」ですが、実は子供用のアイテムも充実。大人用ほどの品揃えはありませんが、最近ではキャラクター付きのアイテムも販売されています。


価格面ではやや高めながらも、ステンレスボトルタイプが多く性能面では折り紙付き。長く使いたい方におすすめのメーカーです。

キャラクターグッズの多い「スケーター」。小さなお子さんに大人気

キャラクターグッズの多い「スケーター」。小さなお子さんに大人気

出典:amazon.co.jp

キャラクターグッズの取扱いの多い「スケーター」は、子ども用の水筒として大人気。特にプラスチック製の水筒は、ディズニーなどのさまざまな有名キャラクターを利用した商品が多く、小さなお子さんのマストアイテムです。


価格面もリーズナブルなものが多いので、成長に合わせて短期間での買い替えを考えていらっしゃる方にもおすすめのメーカーですよ。

広口タイプが多くお手入れのしやすい「象印」

広口タイプが多くお手入れのしやすい「象印」

出典:amazon.co.jp

お手入れのしやすさで人気なのが「象印」の子ども用水筒。デザイン面では他メーカーに及ばないものの、広口タイプのものが多く内面の加工にもこだわっているため洗いやすいと評判です。


また、自社でボトル用洗浄剤を販売しているのも大きなポイント。価格は高めながらも、普段のお手入れがしやすいしっかりした商品をお探しの方におすすめです。

【プラスチック製】子ども用水筒のおすすめ人気ランキング5選

それでは、おすすめの子ども用水筒をランキング形式でご紹介します。小さなお子さんにおすすめの「プラスチック製」と、小学生以上のお子さんにおすすめの「ステンレス製」にわけて、5点ずつご紹介します。
5位

学研ステイフルはらぺこあおむし 水筒

K15021

1,296円 (税込)

飲み口ダイレクトタイプ
容量480ml
素材プラスチック製
4位

レックレック アンパンマン ストロー付き 水筒

826円 (税込)

飲み口ストロータイプ
容量11×9.5×15cm
素材プラスチック製
3位
飲み口ストロータイプ
容量300ml
素材プラスチック製
2位

スケーターディズニープリンセス プラスチック水筒

PSB5KD

1,058円 (税込)

飲み口ダイレクトタイプ・コップタイプ
容量480ml
素材プラスチック製
1位

ハンナフラ キッズ コップ付直のみプラボトル

1,449円 (税込)

飲み口ダイレクトタイプ・コップタイプ
容量500ml
素材プラスチック製

おすすめ人気【プラスチック製】子ども用水筒の比較一覧表

商品画像
1
子供水筒 ハンナフラ  キッズ コップ付直のみプラボトル 1枚目

ハンナフラ

2
子供水筒 スケーター ディズニープリンセス プラスチック水筒  1枚目

スケーター

3
子供水筒 Lovoski キッズストローボトル 1枚目

Lovoski

4
子供水筒 レック レック アンパンマン ストロー付き 水筒 1枚目

レック

5
子供水筒 学研ステイフル はらぺこあおむし 水筒 1枚目

学研ステイフル

商品名

キッズ コップ付直のみプラボトル

ディズニープリンセス プラスチック水筒

キッズストローボトル

レック アンパンマン ストロー付き 水筒

はらぺこあおむし 水筒

特徴たっぷり500ml、便利な2wayタイプダイレクト&コップの2wayタイプ小容量なので赤ちゃんからOKワンタッチストローが簡単♪ちびっこ大好き「はらぺこあおむし」
価格1,449円(税込)1,058円(税込)960円(税込)826円(税込)1,296円(税込)
飲み口ダイレクトタイプ・コップタイプダイレクトタイプ・コップタイプストロータイプストロータイプダイレクトタイプ
容量500ml480ml300ml11×9.5×15cm480ml
素材プラスチック製プラスチック製プラスチック製プラスチック製プラスチック製
商品リンク

【ステンレス製】子ども用水筒のおすすめ人気ランキング5選

続いては、ちょっと重たい水筒でも持ち歩ける、5歳以降のお子さんにおすすめのステンレス製水筒を、ランキング形式でご紹介します。
5位

サーモス真空断熱 ストローボトル

FHL-400F

2,130円 (税込)

飲み口ストロータイプ
容量400ml
素材ステンレス製
4位

OSKきかんしゃトーマス 保冷専用ダイレクトステンレスボトル

SB-600D

2,690円 (税込)

飲み口ダイレクトタイプ
容量630ml
素材ステンレス製
3位

サーモス真空断熱 2WAYボトル

FHO-800WF RBP

2,288円 (税込)

飲み口ダイレクトタイプ・コップタイプ
容量800~830ml
素材ステンレス製
2位

タイガー 2WAY ステンレス ボトル ポーチ付き

MBR-B06G-YP

3,750円 (税込)

飲み口ダイレクトタイプ・コップタイプ
容量600ml
素材ステンレス製
1位

タイガー2WAYステンレスボトル ポーチ付き

MBO-F050-V

4,980円 (税込)

飲み口ダイレクトタイプ・コップタイプ
容量500ml
素材ステンレス製

おすすめ人気【ステンレス製】子ども用水筒の比較一覧表

商品画像
1
子供水筒 タイガー 2WAYステンレスボトル ポーチ付き 1枚目

タイガー

2
子供水筒 タイガー  2WAY ステンレス ボトル ポーチ付き 1枚目

タイガー

3
子供水筒 サーモス 真空断熱 2WAYボトル 1枚目

サーモス

4
子供水筒 OSK きかんしゃトーマス 保冷専用ダイレクトステンレスボトル 1枚目

OSK

5
子供水筒 サーモス 真空断熱 ストローボトル  1枚目

サーモス

商品名

2WAYステンレスボトル ポーチ付き

2WAY ステンレス ボトル ポーチ付き

真空断熱 2WAYボトル

きかんしゃトーマス 保冷専用ダイレクトステンレスボトル

真空断熱 ストローボトル

特徴スリムで頑丈な2wayタイプおしゃれでかわいい♡2wayボトル800mlと大容量が魅力ダイレクトタイプ・広口で洗いやすい小さなお子さんでも持ちやすい少量タイプ
価格4,980円(税込)3,750円(税込)2,288円(税込)2,690円(税込)2,130円(税込)
飲み口ダイレクトタイプ・コップタイプダイレクトタイプ・コップタイプダイレクトタイプ・コップタイプダイレクトタイプストロータイプ
容量500ml600ml800~830ml630ml400ml
素材ステンレス製ステンレス製ステンレス製ステンレス製ステンレス製
商品リンク

赤ちゃん用の水筒をお探しの方はこちら

今回は子ども用の水筒に絞ってご紹介しましたが、まだ自分で飲めない赤ちゃんには少し早め。赤ちゃん用の携帯用の水筒や自宅での練習用コップをお探しの方は、以下の記事もでご紹介していますので合わせてチェックしてみてくださいね。

子ども用水筒の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、子ども用水筒のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

今回は、子ども用水筒の選び方とおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?


水筒は就学前はもちろん小学校に入っても使うアイテムです。素材や重さだけでなく年齢や環境に合わせて、お子さんの好みにあった使いやすい水筒を選んでくださいね。この記事がお子さんの水筒選びの参考になれば幸いです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す