• 48051eb910b085a2d2d797f0c48971adafb84076
  • 387a0f1cddb1a57f4555157a5a50e340916fe8d6
  • Fdb70a1ffe14c0cf7d417b9136cfbb5f039b58a3
  • 30b430d3cb25e119738df3c9cd80f471eaeff263
  • 88e79b2d22411a8c7ab7e58fbc1edc98420002a9

大人用書道セットのおすすめ人気ランキング10選【今すぐ始められる!】

手紙や名前を書くときに美しい文字を書けるようになりたいと、大人になってから書道を始める方が今、増えています。しかし書道を始めるにしても、一体どんな用具を揃えれば良いかわからないという方も多いはず。そんなときは「大人用書道セット」を選んでみてはいかがでしょう。呉竹をはじめ様々なメーカーから販売されており、気軽に家で書道を楽しめるシンプルなものから、高級感のある本格的なセットまでバラエティも豊富です。

そこで今回は、大人用書道セットの選び方のポイントと、Amazonや楽天などの通販でも購入できるおすすめの大人用書道セットもランキング形式でご紹介します。早速、書道を始めて、品のあるきれいな文字で手紙を書いてみませんか?

最終更新日:2017年07月15日 | 1,696views

大人用書道セットの選び方

それではまず、ランキングをご紹介する前に「大人用書道セット」の選び方を解説していきます。

用途に合ったセット内容を選ぼう

人によって書道セットを購入したい理由はさまざまです。それぞれの用途やどんなシーンで使いたいのかイメージしながら、適切なセット内容かどうかを見極めていきましょう。

本格的に書道を始める場合に必要な用具は8点!

本格的に書道を習いたいという方に選んでもらいたいセット内容は、「太筆」「細筆」「硯」「文鎮」「下敷き」「墨」「水差し」「筆巻き」です。基本的にこれらの道具が揃っていれば困ることはないでしょう。足りない場合に買い足す必要がありますので、何が入っていて何が足りないのかきちんとチェックしておくことが大切です。

家で気軽に楽しみたい場合には、最小限の用具でOK

筆を使って手紙やご祝儀袋を書きたいというような、家で気軽に書道を楽しみたい方は、最小限の用具がセットになっている商品を選びましょう。「筆」「硯」「墨」「水差し」「文鎮」があれば、十分使うことができます。もし他の用具が必要になったとしても、買い足していけば大丈夫です。

最小限のセットはコンパクトな商品が多いため、収納場所もほとんど取らず、机の上に出しっぱなしにしておけるほど。また外出先で書道を楽しみたい方にも最適です。

筆選びが最も重要

書道道具を選ぶ際に最も重要なのが、どんな筆が入っているか。形状や材料などの違いにより、使用用途や書き心地が変化しますので、どんな筆がセットになっているのかきちんと確認したうえで購入しましょう。

筆は信頼できるメーカーのものがおすすめ

筆は作品の仕上がり方への影響が強い道具です。毛先が割れたり毛先にねじれがあったりする安価な筆は、作品に悪影響を与えかねません。

もちろんセットに入っている商品をそのまま使い続けても良いですが、あまりに使いにくいなと感じた場合には、呉竹・あかいし・魁盛堂・墨運堂などの信頼できるメーカーから販売されている、2000円から3000円程度の良い筆に買い替えることをおすすめします。

用途に合った大きさの筆を選ぼう

筆の形状にはさまざまな種類がありますが、その中でも特にチェックしておきたいのが、筆の大小です。太筆なら半紙1~4文字など、筆の大小によって適した文字のサイズや使用用途が異なります。以下に目安となる筆の大きさを表記しておきますので、参考にしながら適切な筆を選んでいきましょう。

・太筆:半紙1~4文字・半切1~3行
・中筆:半紙6~8文字・半切3行~
・小筆(細筆):半紙8~12文字・名前書き・宛名書き・賞状など

また、これから書道を始めたいという方は、太筆と細筆の2本がセットになっている商品を選ぶのがおすすめです。どれを選んだら良いかわからないという方は、商品名に漢字用・かな用などと、用途が表記されているものを選ぶと良いでしょう。

初心者におすすめなのが、兼毫(けんごう)筆

筆の穂(毛の部分)は、商品によって違うということに気づいている方も多いのではないでしょうか。実はこの色の違いは、穂に使われている毛の種類が違うことによって生まれる差です。イタチや馬の毛などの獣毛を使用すると茶色に、羊毛を使用すると白色の穂となります。

また、穂の原料により毛の弾力も異なるため、適した書体も異なります。柔らかく毛に粘りのある羊毛が使われた「柔毫筆」は楷書・行書・草書、獣毛が使われた「剛毫筆」は弾力があるため楷書に最適です。

そして、柔毫と剛毫が混ざり合った「兼毫(けんごう)筆」は、それぞれの毛をバランスが良くなるように配合してありますので扱いやすく、楷書・行書・草書どれでもOK。初心者はまず兼毫筆を選ぶと良いでしょう。

硯は素材とサイズがポイント

硯選びで重要になってくるのが、素材とサイズです。それぞれの使用用途に合った硯を選ぶためのポイントについて見ていきましょう。

天然石製の硯を選ぼう

本来硯は天然石で作られているものですが、最近ではプラスチック製や樹脂製などの硯も登場しています。プラスチック製などは天然石製と違い軽量で落としても割れないため、気軽に書道を始めたいという方には最適な硯ですが、やはり墨の磨り心地が全く異なります。

また、見た目も安っぽい印象を与えてしまいますので、本格的に書道を始めたいという方は、天然石製の硯を選びましょう。

用途に合ったサイズを選ぼう

選ぶ硯のサイズは、使用用途によって異なります。 かなや実用書用には3吋~5吋、漢字半紙やかな条幅には6吋~7吋など、使う墨の量に合わせて適切なサイズを選びましょう。

セットに入っている硯は45平程度の小さめサイズの硯が多いため、幅広い用途で使える53寸程度の大きめの硯が入っているセットを選ぶのもおすすめです。

下敷きは素材と厚さがポイント

下敷きは半紙用や全紙用など、書きたい作品に合った大きさを選ぶことはもちろんですが、それ以外にも素材や厚さなど、確認すべき点は色々あります。どんな下敷きが使いやすいのか、チェックしていきましょう。

本格的な「フェルト製」・手軽な「ラシャ製」

書道用下敷きの素材は、「フェルト製」と「ラシャ製」の2種類があります。「フェルト製」は柔らかな手触りが特徴で、ラシャ製よりも高価でボリューム感があります。色の種類も豊富で、本格的な下敷きを選びたいという方におすすめの素材です。ただし耐久性に劣り、折り目が付きやすいため、巻いて保管するなど丁寧に扱う必要があります。

一方、「ラシャ製」は安価で耐久性があるのが特徴で、折りたたんで収納することも可能。気軽に購入・使える下敷きを選びたいという方におすすめです。ただし、生地が硬いのが難点と言えるでしょう。

2mm以上の厚さがある下敷きを選ぼう

下敷き選びで最も注目しなければいけないのが、厚さです。厚さが1mm程度しかない薄い下敷きだとクッション性がないため、筆を思うように運ぶことができないうえに、折り目も付きやすくなってしまいます。

筆を思い通りに動かしやすい良い下敷きを選びたいと思ったら、2mm、出来れば3mm程度の厚みのあるクッション性の高い下敷きを選ぶことが大切です。

初心者におすすめなのが罫線入りの下敷き

書道初心者におすすめの下敷き、それは罫線入りの下敷きです。使い慣れない筆で文字を書くのはとっても大変。筆の使い方や力の入れ加減はもちろんですが、真っ白な半紙の上だと文字のバランスを取るのにも苦労することでしょう。

しかし、罫線入りの下敷きを選べば、薄い半紙から下敷きの罫線がうっすらと見えるため、見えている罫線を目安に文字を書くことが可能。文字バランスを意識しながら筆を運びやすくなります。

箱・ケース付きなら持ち運びや収納も簡単

書道セットを持ち運びしたいときや、きれいに収納しておきたいときにあると便利なのが、箱やケースです。長く使い続けるためにも、ケースの素材や機能面に注目してみましょう。

また、ケースがセットになっていない場合には、ケースのみで販売されているものを購入したり、袋や箱などを手作りするのもおすすめです。

プラスチック製なら汚れにくく、持ち運びも楽チン!

ケース選びで最も注目してもらいたいポイント、それは素材です。木・プラスチック・紙など、セットによってさまざまな素材のケースがありますが、中でもおすすめなのが、汚れにくさと軽さを併せ持つプラスチック製のケースです。

もちろん木製や紙製も趣があって良いのですが、木製は重く、紙製は汚れやすく耐久性に欠けるという面があります。扱いやすさや耐久性などを考えると、プラスチック製のケースが1番使いやすいと言えるでしょう。

仕切り付きケースなら収納簡単!

書道セットを収納する際に、どこに何をしまって良いかわからず、いつもぐちゃぐちゃになってしまうという方も多いのではないでしょうか。そんな方にぜひ選んでもらいたいのが、仕切り付きのケースです。

仕切りがあることにより用具の収納場所がすぐにわかるだけでなく、ケース内で用具がバラバラになりにくくなります。収納時はもちろん、セットを持ち運ぶときにも便利です。

大人用書道セットのおすすめ人気ランキング10選

お待たせしました。それではさっそく、おすすめの大人用書道セットランキングを見ていきましょう!

10位:ユニカ 大人の書道セット 漢字用セット

ユニカ 大人の書道セット 漢字用セット 610326
11,729円(税込)

・サイズ:25.5×35×5.5cm
・セット内容:太筆(墨運堂「神徳」)・細筆(墨運堂「明峰」)・中筆(墨運堂「照雲」)・硯(中国硯宋坑淌池硯8吋)・墨・墨液・文鎮・水差し・筆置き・下敷き(罫線入り1mm)・筆巻き・半紙ホルダー・木製箱・トレー

使い勝手抜群!大中小の3本筆付きセット

大中小の3本の筆、罫線入りの下敷きや作品ホルダーなど、必要な道具はすべて揃っているのがユニカ・大人の書道セット 漢字用セット。静岡塗の木製箱に入っていますので、使用も保管もスムーズに行えます。しかしながらお値段が張ることから、この順位のランクインとなりました。

またユニカからは、細筆が3本入ったかな用セット、そして高級木製収納箱と高級硯がセットになった漢字用高級セット・かな用高級セットも販売されています。気になる方はそちらもぜひチェックしてみてください。

9位:朱陽堂 書道セット 本石入道具セット

朱陽堂 書道セット 本石入道具セット
3,666円(税込)

・サイズ:30×14.6×3cm
・セット内容:太筆(朱陽堂「天地人」)・細筆(朱陽堂「八島」)・硯(本石羅紋石45平)・墨・墨液・文鎮・水差し・下敷き(ウール配合フェルト製1mm)・半紙ファイル・プラスチックケース

今すぐ使える欲張りセット

書道を習い始めるため、気軽に購入できて必要な道具が揃っているセットを選びたい、そんなあなたの願いを叶えてくれるのがこちらの商品です。小筆・太筆・本石硯・墨はもちろん、下敷き・墨液・半紙ホルダーもセットになっていますので、この商品があればすぐに書道を始められます。

またお子様用の習字セットとして使用するのもおすすめです。その場合には、バッグを用意してあげると良いでしょう。

ただし安価な分、筆が若干チープで下敷きが1mmと薄いのが難点。使い続けたいという場合には、良い筆や下敷きに買いなおして使用することをおすすめします。

8位:モリベクリエーション 書道セット PRIME

モリベクリエーション 書道セット PRIME MOS-22K
2,533円(税込)

・サイズ:34.5×24×5cm
・セット内容:太筆・細筆・硯・墨・墨液・文鎮・水差し・筆巻き・半紙ホルダー・中皿・布製クラッチバッグ

持ち運びやすいおしゃれデザイン

クラッチバッグのようなデザインで、書道セットとは思えないほどおしゃれな商品の登場です。これなら家ではもちろん、教室に通うときにも持ち運び簡単。デザインバリエーションもストライプや千鳥格子なども豊富ですので、人とかぶりたくないというあなたにもぴったりな一品です。

ただし、販売サイトによってセット内容が若干異なります。楽天などは天然石製の硯ですが、Amazonでは硯が樹脂製の軽量タイプとなっていますので注意が必要です。

7位:志昌堂 おうちで書道

志昌堂 おうちで書道 K1
4,685円(税込)

・サイズ:-
・セット内容:太筆(3号)・細筆・筆置き・本石硯(45平)・墨・文鎮・水差し・下敷き(樹脂製罫線入り)・携帯書道ケース

価格も内容も初心者にぴったり

必要な用具はすべて揃っており価格も手ごろ、これから書道を始めたいという方にはうれしいセットの登場です。仕切りが付いた道具箱にはゴムバンドが付いていますので、持ち運びも簡単に行えます。

また罫線入りの下敷きは両面使えるようになっており、4文字でも6文字でも使用可能。まさに書道初心者に最適な一品と言えるでしょう。

6位:古川紙工 大人の小さな書道セット

古川紙工 大人の小さな書道セット QR07
2,700円(税込)

・サイズ:12.6×9.8×2.5cm
・セット内容:筆(折り畳み式)・硯・墨・桐箱

気軽に使いたい方に最適なコンパクトセット

お手紙やご祝儀袋を書くときなどに気軽に使えるコンパクトな書道セットを探している、そんなあなたにおすすめなのがこちらの商品です。折り畳み式の筆を採用し、あとは硯と墨のみと最小限のセットにすることで、12.6cm×9.8cmという手のひらサイズにまとまりました。これなら収納や準備に困ることもないでしょう。

硯が陶器製なのも魅力の1つ。真っ白な硯の側面にデザインされた吉祥柄が、繊細な美しさをプラスしています。プレゼント用にも最適な一品です。

5位:魁盛堂 かわいいSサイズの書道セット

魁盛堂 かわいいSサイズの書道セット 3-001
9,639円(税込)

・サイズ:14.5×13.5cm
・セット内容:筆(魁盛堂「清流」)・硯(端渓新坑仔岩蛋型硯三吋)・墨・文鎮・水差し・筆置き・桐箱

コンパクトなのに道具1つ1つにこだわりあり

14.5cm×13.5cmというミニサイズのこちらの書道セットは、おうちでちょっと筆を使って文字を書きたいなんてときにぴったりな一品です。コンパクトなサイズはもちろん、コロンと丸い形の硯もかわいらしさをプラス。柿の形をした珍しい筆置きなどを使うたび、心が豊かになることでしょう。

また、形だけでなく品質にもこだわっており、硯・墨・筆、どれをとっても高品質のものばかり。猫型の筆置きと少し角張った形の硯がセットになった商品も登場しています。人とは被らない書道セットを選びたいという方にも満足していただける商品ですよ。

4位:魁盛堂 細字用 大人の書道セット

魁盛堂 細字用 大人の書道セット 51-010
5,419円(税込)

・サイズ:9.4×25.5×2.6cm
・セット内容:細筆(魁盛堂製「陽明」)・筆置き・硯(細羅紋硯35度)・墨・文鎮・水差し・もみ紙貼り硯箱

気軽に使える細筆セット

名前書きや宛名書き、仮名文字の練習など、日々の生活にも気軽に書道を取り入れられる細筆がセットになった商品です。全体は25.5cm×9.4cm、硯は35度(10cm×4.5cm)というコンパクトサイズですので、持ち運び用としても最適なセットですよになっています。

またコンパクトなセットでありながら、文鎮・水差し・筆置きなどもセットになっているのもうれしいポイント。紙製の箱は仕切りが付いており、かなり丈夫に作られていますので、安心感も抜群の一品です。

3位:呉竹 硯箱 秋草

呉竹 硯箱セット 秋草 KB711-900SET
4,667円(税込)

・サイズ:16.2×4.3×23.9cm
・セット内容:細筆(「みちのく」9号白毛)・細筆(「英知」8号茶毛)・硯(4平)・墨・水差し・硯箱

実用的でおしゃれな硯箱セット

机の上に置いても邪魔にならず、飽きの来ないシンプルなデザインが魅力のセットです。細筆2本がセットになっており、日常的に使いやすいのも魅力的。さらに硯箱の中には筆置き、そして硯と水差しのためのくぼみが付いていますので、収納時に中身がぐちゃぐちゃになってしまう心配もありません。

また、秋草のほかにも南天デザインも販売中。セットだけでなく硯箱のみでも購入可能ですので、ほかのセットと合わせて使用するのもおすすめです。

2位:魁盛堂 はじめての書道セット

魁盛堂 はじめての書道セット
6,978円(税込)

・サイズ:-
・セット内容:太筆(魁盛堂製「志きしま」1.1×5.1×20.7cm )・筆置き・硯(細羅紋硯53寸)・墨・墨液・文鎮・水差し・下敷き(ラシャ製2mm)・筆巻き・半紙

本格的に書道を始めたい人にぴったり

これから書道を始めたいという方におすすめなのがこちらの商品です。太筆・硯・下敷きなど、書道に必要な道具が一通り揃っていますので、初心者の方にぴったり。また筆や硯も高級で使いやすいものを厳選してセットにしていますので、本格的な書道セットを選びたいという方にも満足していただけることでしょう。

ただし、こちらの商品には道具を収納しておくケースなどは付属していません。魁盛堂からは硯箱のみの商品も販売されていますので、より使いやすく持ち運びしやすくするためにも購入しておくことをおすすめします。その場合には、横幅が6寸(18cm)以上、深さは5cm以上の硯箱を選ぶと硯も筆もきちんと収納することができますよ。

1位:朱陽堂 大人の為の書道セット

朱陽堂 大人の為の書道セット SB-AD3
7,600円(税込)

・サイズ:約29.5×20×3.7cm
・セット内容:太筆(朱陽堂「静心」)・細筆(朱陽堂「春風」)・硯(改刻羅紋硯53寸)・墨・墨液・文鎮・水差し・下敷き(フェルト製2mm)・半紙ファイル・半紙・道具箱(中皿付き)

品質にもこだわった満足セット

初心者に最適な兼毫筆、天然石の硯、2mmのフェルト製下敷きと、これから書道をはじめたいという方はもちろん、久しぶりに書道を再開したいという方にも満足していただける一品です。道具箱もセットになっていますので、家でも外出先でも活躍してくれることでしょう。

さらに半紙と半紙ホルダーがセットになっているものポイント。このセットのほかには何も用意する必要なく、今すぐ書道を始めることが可能です。まさに初心者のことを1番に考えて作られた、使いやすさナンバーワンの一品です。

書道セットと一緒に半紙も準備しよう

書道セットを購入する際には、半紙も一緒に準備しておきましょう。下記の記事で「練習用」「清書用」におすすめの半紙を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

今回はおすすめの大人用書道セットをご紹介しましたが、使ってみたいと思える商品はありましたか?

良い道具が揃った書道セットを選ぶことはもちろん大切ですが、それ以上に用具のお手入れのほうが重要です。特に筆のお手入れを怠ると、どんなに良い筆でもすぐに使えなくなってしまうかもしれません。

太筆は水やぬるま湯で指の腹を使い、根元まで墨が出なくなるまでやさしくもみ洗いしたら風通しの良い場所で乾かし、細筆は毛先のみを水で洗いましょう。用具を正しく使い、書道を心行くまで楽しんでくださいね♪

関連記事

人気の記事

関連キーワード