• おすすめの書道筆7選【初心者も上級者も書きやすい!】のアイキャッチ画像1枚目
  • おすすめの書道筆7選【初心者も上級者も書きやすい!】のアイキャッチ画像2枚目
  • おすすめの書道筆7選【初心者も上級者も書きやすい!】のアイキャッチ画像3枚目
  • おすすめの書道筆7選【初心者も上級者も書きやすい!】のアイキャッチ画像4枚目
  • おすすめの書道筆7選【初心者も上級者も書きやすい!】のアイキャッチ画像5枚目

おすすめの書道筆7選【初心者も上級者も書きやすい!】

書道や習字で書を書くとき、紙や墨選び以上に大切なのが筆選びです。例え上段者であったとしても、自分に合う筆を使うか使わないかで字の出来栄えがまったく変わってくるものです。書道は子どもから大人まで幅広い年齢層に楽しまれているものなので、筆の種類も学童用・大人の初心者向け・大人の上級者向けのものと色々なバリエーションがあり、サイズも様々なものがあります。

自分がどのレベルなのかや、書きたい課題の字の種類や紙の大きさなどによって、使うべき筆は異なってきます。そこで今回は、書道筆の選び方のポイントと、通販サイトでも購入できるおすすめの書道筆をご紹介していきたいと思います。
  • 最終更新日:2019年03月20日
  • 80,548  views
目次

書道筆の選び方

書道筆を選ぶ際に、穂先のタイプ・軸の形・長さが大きな見極めのポイントとなります。穂先に関しては「書く課題に合う毛質のものを選ぶこと」が、軸に関しては「腕前や紙の大きさにあう軸の長さの筆を選ぶこと」が重要になります。ここではそれらの選び方のポイントを詳しくご紹介していきたいと思います。

良い書道筆の条件「四徳(尖・斉・円・健)」で選ぶ

書道筆を選ぶ大切なポイントである穂先の部分ですが、昔から良い穂先の条件として四徳がそろっているものを選ぶと良いとされています。ここでは四徳とはどんな内容なのかをご紹介したいと思います。

尖:穂先の先端が尖っていること

尖:穂先の先端が尖っていること
穂先の先端がしっかりと尖っていることで美しく文字描くためのストロークを作りやすくなります。特に細筆にとってはこの「尖」の要素が決定的なポイントとなります。

斉:穂先の部分がよくまとまっていること

斉:穂先の部分がよくまとまっていること
筆の穂先は無数の毛を一か所に集結させてまとめているので、墨をむらなく含み、紙に落とすためには全体のバランスがとれている必要があります。途中で短い毛が外に飛び出てしまっているような穂先では、美しい書画を書くことは難しくなります。

円:穂先の部分が円錐形になっていること

円:穂先の部分が円錐形になっていること

出典:amazon.co.jp

穂先が綺麗な円錐形になっているということは墨を満遍なくたっぷり含み、均一に墨を落としてくれます。そのためにムラのあるねじれやゆがみなどが生じにくく、滑らかに美しい線を描いたり、ひと筆で勢いのある書を書くことを可能にします。

健:毛のコシが程よく、弾力があること

健:毛のコシが程よく、弾力があること
穂先のコシの強さは毛質によって異なりますが、書体によってそれぞれにふさわしいコシや弾力が求められます。美しい書を書く際にポイントとなってくる「とめ・はね・はらい」などを自由自在に表現するには穂先のコシや弾力が大きな要素になってきます。

書く文字に合うタイプの穂先のものを選ぶ

もうひとつの選び方のポイントとして大切な事は、書こうとしている課題が「どのサイズの紙」に「どのような書体で書く」のかによって筆を選ぶという事です。例えば、よく小学生が学校で書くような半紙に大きな文字で1文字から4文字程度を楷書で書く場合や、条幅のように長めの紙に文字をたくさん書く場合、また行書や草書で書く場合では選ぶべき筆が違ってきます。

楷書にはコシのある毛を、行書・草書には柔らかいものを選ぶ

楷書にはコシのある毛を、行書・草書には柔らかいものを選ぶ
楷書や大きめの文字で書く場合は、剛毫(ごうごう)と呼ばれる硬くて腰のある毛を使った筆が向いています。剛毫はイタチや馬の毛を使用しており茶色の穂先になります。また行書や草書などを書く場合には柔毫(じゅうごう)と呼ばれる柔らかい毛を用いた筆がおすすめです。柔毫は羊毛(山羊)やリスの毛を使用していることが多いです。

初心者には兼毫(けんごう)がおすすめ!ナイロン毛はNG

初心者には兼毫(けんごう)がおすすめ!ナイロン毛はNG
剛毫と柔毫をミックスした兼毫という筆もあります。初心者の方には兼毫がおすすめです。ナイロンで作られたものもありますが、毛が曲がってしまったり折れてしまった時にあとが付きやすく、元の形にもどられないのでおすすめできません。

筆の軸や穂先の長さで選ぶ

次にご紹介するポイントは、筆の持ち手部分である軸の形と軸や穂先の長さについてです。基本的に穂先も軸も長ければ長いほど扱いが難しくなりますので上級者向きになります。

初心者や半紙で書くなら短め、上級者や条幅などの大きい紙に書くなら長めを

初心者や半紙で書くなら短め、上級者や条幅などの大きい紙に書くなら長めを
半紙などの小さめの紙を使って書く場合や、子供や初心者の場合はまだ筆を自由に扱うことが難しいので、穂先も軸も短めのものがおすすめです。上級者になってきて手ではなく腕を使って書く感覚がわかってきたら穂先や軸が長いものを試してみるといいかもしれません。

子供や手の小さい人にはダルマ軸がおすすめ

子供や手の小さい人にはダルマ軸がおすすめ
軸の形には写真のように穂先と軸の付け根部分がまっすぐの「普通軸」とふっくらとふくらんだ形になっている「ダルマ軸」とがあります。これは好みもあるので断定はできませんが、手の小さい人ほどダルマ軸の方が持ちやすいと言われています。

初心者にも上級者にもおすすめの書道筆7選

それでは具体的に、選び方のポイントをおさえたおすすめの書道筆をご紹介していきたいと思います。

魁盛堂双羊牌 選毫円健 小筆 写経筆

3,460円 (税込)

タイプ柔毫
穂先うさぎ
普通軸
-
タイプ柔毫
穂先
普通軸
半紙
タイプ兼毫
穂先馬・羊
普通軸
半紙
タイプ兼毫
穂先馬・羊・イタチ
ダルマ軸
半紙
タイプ柔毫
穂先
ダルマ軸
半紙・半切・条幅

志昌堂国産熊野筆 太筆白毛 白峰

2,026円 (税込)

タイプ兼毫
穂先羊・馬
ダルマ軸
半紙
タイプ剛毫
穂先イタチ
普通軸
半紙

おすすめ人気書道筆の比較一覧表

商品画像
書道筆 魁盛堂 双羊牌 選毫円健 小筆 写経筆 1枚目

魁盛堂

書道筆 呉竹 太筆 天 楽 1枚目

呉竹

書道筆 広島筆  太筆 地兼毫墨禅  1枚目

広島筆

書道筆 あかしや  書道筆  飛燕  1枚目

あかしや

書道筆 ツキノカゲ 月桂樹  1枚目

ツキノカゲ

書道筆 志昌堂 国産熊野筆 太筆白毛 白峰 1枚目

志昌堂

書道筆 長栄堂 酔仙 1枚目

長栄堂

商品名

双羊牌 選毫円健 小筆 写経筆

太筆 天 楽

太筆 地兼毫墨禅

書道筆 飛燕

月桂樹

国産熊野筆 太筆白毛 白峰

酔仙

特徴かな文字や清書の名前入れに!お得な細筆5本セット初心者の方や練習用におすすめ!リーズナブルながら抜群の...行書・草書が上達する!馬と羊のいいとこどりで中級者向け楷書の入りが美しく出る!高級品のイタチ毛を使用した清書...上級者用!条幅などの大きな紙の上で楷書も行書も自由に書...行書・草書で半紙に美しく書ける!手が小さい方にもフィッ...半紙で書くのにおすすめ!最高級イタチ毛の高級筆
最安値
3,460
送料要確認
詳細を見る
要確認
2,135
送料無料
詳細を見る
2,320
送料無料
詳細を見る
3,315
送料要確認
詳細を見る
1,683
送料別
詳細を見る
7,089
送料要確認
詳細を見る
タイプ柔毫柔毫兼毫兼毫柔毫兼毫剛毫
穂先うさぎ馬・羊馬・羊・イタチ羊・馬イタチ
普通軸普通軸普通軸ダルマ軸ダルマ軸ダルマ軸普通軸
-半紙半紙半紙半紙・半切・条幅半紙半紙
商品リンク

書道筆の売れ筋ランキングもチェック!

書道筆のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。書道筆と一言で言っても、毛質・穂先の長さ・軸の形など様々な要素が組み合わされることによって、書きたい書に相応しい筆がそれぞれにあることがわかりました。そこにまた紙や墨との相性も加わり、人それぞれの個性が発揮できることになります。

とても奥の深い書道の世界ですが、この記事をご参考にぜひご自分の手に馴染むお気に入りの書道筆を見つけだして、自由自在に書を楽しんでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す