• 【日焼け後のケアに!】アフターサンケアのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【日焼け後のケアに!】アフターサンケアのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【日焼け後のケアに!】アフターサンケアのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【日焼け後のケアに!】アフターサンケアのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【日焼け後のケアに!】アフターサンケアのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【日焼け後のケアに!】アフターサンケアのおすすめ人気ランキング10選

日焼け後のお手入れに最適なアフターサンケア。炎症を起こした肌を鎮静して、ダメージを減らしてくれる強い味方です。陽射しを気にせずレジャーを楽しむ人はもちろん、クリームや日傘で対策している人も、直射日光の下に長くいた日はできるだけ早くケアするのがおすすめです。

そこで今回はアフターサンケア製品の上手な選び方と、おすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。日焼けの症状別にしっかり選んで、正しくお手入れしていきましょう!
  • 最終更新日:2018年12月25日
  • 282,881  views
目次

アフターサンケアの選び方

アフターサンケアは、どのように選んだらいいのでしょうか。ここでは選び方のポイントをご紹介します。

日焼け直後の肌には「冷却」が大切

日焼け直後の肌には「冷却」が大切

日焼け後、2~6時間の肌を「サンバーン」と呼び、このときには何よりも冷やすことが大切です。メントール入りなど冷却効果のあるアフターサンケア商品を選ぶと良いでしょう。


アロエ成分が含まれたものは、炎症を抑えて火照りを鎮める効果もあります。冷蔵庫などで冷やしてから肌に塗布すると、より冷却効果が高められますよ。

日焼け後数日たったら、しっかり「保湿」

日焼け後数日たったら、しっかり「保湿」
日焼けしてから3~8日の肌をサンタンと言います。この頃になると日焼けによる痛みや火照りはほぼ静まっており、乾燥によるカサつきやかゆみを感じるようになります。このようなサンタン状態の肌には保湿成分たっぷりのものを選びましょう。

セラミドやアミノ酸、クマザサエキスなどの入った水分保持力が高いものがおすすめ。アロエにも保湿効果があります。かゆみが強いときは、保湿効果のあるローションを塗った後に、馬油やワセリンなどで水分を閉じ込めておくと効果的です。

日焼け後の肌状態に合わせて成分を選ぶ

肌のタイプによっても日焼けの症状はさまざまです。すぐに真っ赤になって黒くなりにくい方もいれば、炎症はあまり起きないけど気がついたら真っ黒…という方も。ここでは、それぞれのタイプに適した成分をご紹介しますので参考にしてみてください。

すぐ赤くなり黒くならない人は「鎮静効果」の高いものを

すぐ赤くなり黒くならない人は「鎮静効果」の高いものを
日焼けで赤くなるのは炎症を起こしている状態ですので、まずは鎮静することが大切です。グリチルリチン酸ジカリウムやアラントイン配合のものを選んでみてください。グリチルリチン酸ジカリウムは敏感肌にも使用できる低刺激の成分なので、安心して使うことができますよ。

アラントインには抗炎症作用があり、傷の修復を早めてくれます。ただ、水ぶくれができていたり強い痛みを伴うときには我慢せず、早めに病院に行くことをおすすめします。

赤くなった後に黒くなるなら「ビタミンC・ビタミンE誘導体」を

赤くなった後に黒くなるなら「ビタミンC・ビタミンE誘導体」を
日焼け直後に肌が赤くなり、徐々に黒く焼けるタイプは日本人に多いとされています。このタイプの方は、メラニン色素の沈着を防いでくれるビタミンC誘導体や、ビタミンE誘導体が配合されている商品を選ぶようにするといいですよ。

炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムやアラントインが含まれているとさらに効果的です。メラニン色素は紫外線を浴びてから作られ始め、およそ72時間で定着すると言われています。日焼け後に早めに対処しておくことでシミやシワの対策にもつながります。

すぐ黒くなる人は「メラニン色素対策」ができるものを

すぐ黒くなる人は「メラニン色素対策」ができるものを
この肌タイプの方は、多くのメラニン色素が発生しやすい状態です。黒い色素の細胞を減少させる効果があるハイドロキノンや、メラニン色素の沈着を防ぐビタミンC、抗酸化作用のあるビタミンEが入っている商品を選ぶようにしましょう。

かつてハイドロキノンは熱に弱く不安定なものでしたが、最近では安定型のハイドロキノンが登場してきたため、効果が期待できるものが増えています。シミ対策用のスキンケア用品に含まれることも多いので、こうしたアイテムと併用すると良いでしょう。

オーガニックなら低刺激で子どもにも◎

オーガニックなら低刺激で子どもにも◎
日焼けした肌は、いわば火傷直後の状態です。そのため、できるだけ肌に刺激を与えない成分のものを選びましょう。

オーガニックタイプならば、肌にやさしく安心して使うことができます。またこのタイプの商品には香料や着色料、パラベンやアルコールなど刺激となる化学合成成分を使っていないものも多いので、子どもの肌にもおすすめできます。

塗りやすさ・使いやすさからタイプで選ぶ

アフターサンケア商品には、ローションやミルク、ジェルタイプなどがあります。自分にとって使いやすいものを見つけましょう。

ひんやり感が心地いい「ジェル」

ひんやり感が心地いい「ジェル」
べたつき感を抑えたい方にはジェルタイプがおすすめです。水分量が多いため肌をたっぷり潤してくれます。べたつきにくいので汗をかいても不快感がありません。塗った直後からひんやり感が得られるのも嬉しいですね。

潤い感が続く「ミルク」

潤い感が続く「ミルク」
肌なじみがいいミルクタイプは敏感肌の方におすすめ。優しく滑らかに伸ばすことができるので、日焼け直後のデリケートな肌をいたわりながら潤いを与えることができます。ダメージから守るバリア機能もすばやく取り戻せますので、敏感肌の方にはこちらが最適です。

広範囲に塗り広げられる「ローション」

広範囲に塗り広げられる「ローション」
足や腕など広範囲の日焼けには、ローションタイプをおすすめします。化粧水のようにたっぷり水分補給させることができます。スプレータイプなら、背中など自分では塗りにくい部位にも吹き付けられて便利。外出先でケアしやすいところも魅力ですね。

気になるポイントには「クリームタイプ」を

気になるポイントには「クリームタイプ」を
日焼けした肌を入念にケアしたいのならクリームタイプを選びましょう。油分も含んでいるため汗や水気で落ちにくく、長時間肌を潤してくれます。鼻の頭や頬骨、身体では肩や背中などが、特に焼けやすいですよね。こうした部位をしっとりと潤しながらケアするには最適です。

顔とボディ、両方に使うなら全身用をチョイス

顔とボディ、両方に使うなら全身用をチョイス
顔も身体もケアしたい!という方には、全身用として販売されているものがおすすめです。「ボディ用」と記載された商品は顔に使えないこともあるので、自己判断で使用せず、顔にも使えるものを選ぶようにしてくださいね。

無香料ならメンズにも◎

無香料ならメンズにも◎
男性が使うのなら、香り付きでないものの方が良いでしょう。アフターサンケアにはメンズ専用商品が少なく、どうしても女性的な香りを持つものが中心となっています。無香料タイプなら男女兼用として使いやすいですよ。

あるいはシトラスなど、爽やかな香りのものを選ぶのも一つの手です。柑橘系はメンズスキンケア用品やヘアトニックなどにも使われ、スッキリした印象を与えるので、これなら男性でも使いやすいと思います。

アフターサンケアの人気ランキング10選

それでは、おすすめのアフターサンケア商品をランキング形式でご紹介していきます。日焼けの状態や肌タイプを見きわめて、ぴったりの商品を見つけてくださいね!

10位

noUVアフターケアクーリングオイル

1,944円 (税込)

冷却効果
保湿効果
配合有効成分-
低刺激
タイプオイル
使用可能部位ボディ
香り無香料
9位
JDBネットワーク ブラックコング モイスチャライジングジェル
出典:amazon.co.jp

JDBネットワークブラックコング モイスチャライジングジェル

1,080円 (税込)

冷却効果×
保湿効果
配合有効成分グリチルリチン酸ジカリウム・アラントイン
低刺激-
タイプジェル
使用可能部位全身
香りあり
8位
ナジャペレーネ オーストラリアンゴールド モイスチャーロック
出典:amazon.co.jp

ナジャペレーネオーストラリアンゴールド モイスチャーロック

1,944円 (税込)

冷却効果×
保湿効果
配合有効成分アラントイン
低刺激-
タイプローション
使用可能部位ボディ
香りあり
7位
冷却効果×
保湿効果
配合有効成分-
低刺激
タイプミルク
使用可能部位全身
香り-
6位

CLINIQUE (クリニーク)クリニーク アフター サン バーム

3,550円 (税込)

冷却効果
保湿効果
配合有効成分-
低刺激
タイプクリーム
使用可能部位全身
香り無香料
5位

株式会社セブン・フォース【奇跡の水】SEVEN FORCE マルチスキンケアローション

CL-7

3,750円 (税込)

冷却効果×
保湿効果
配合有効成分-
低刺激
タイプローション
使用可能部位全身
香り-
4位

たかくら新産業パーフェクトポーション クールミントボディミスト

1,720円 (税込)

冷却効果
保湿効果-
配合有効成分-
低刺激
タイプローション
使用可能部位全身(目の周り以外)
香りあり
3位
冷却効果×
保湿効果
配合有効成分-
低刺激
タイプローション
使用可能部位ボディ
香り無香料
2位

シーボディイルコルポ ミネラルボディシャインジェル

5,800円 (税込)

冷却効果×
保湿効果
配合有効成分ハイドロキノン・グリチルリチン酸ジカリウム
低刺激
タイプジェル
使用可能部位ボディ
香りあり
1位
大正製薬 コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル
出典:amazon.co.jp

大正製薬コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル

810円 (税込)

冷却効果
保湿効果
配合有効成分-
低刺激-
タイプジェル
使用可能部位全身
香り無香料

人気アフターサンケアの比較一覧表

商品画像
1
大正製薬 コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル

大正製薬

2
シーボディ イルコルポ ミネラルボディシャインジェル

シーボディ

3
明色化粧品 カラミンローション

明色化粧品

4
たかくら新産業 パーフェクトポーション クールミントボディミスト

たかくら新産業

5
株式会社セブン・フォース 【奇跡の水】SEVEN FORCE マルチスキンケアローション

株式会社セブン・フォース

6
CLINIQUE (クリニーク) クリニーク アフター サン バーム

CLINIQUE (クリニーク)

7
Fresh アフターサンミルク

Fresh

8
ナジャペレーネ オーストラリアンゴールド モイスチャーロック

ナジャペレーネ

9
JDBネットワーク ブラックコング モイスチャライジングジェル

JDBネットワーク

10
noUV アフターケアクーリングオイル

noUV

商品名

コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル

イルコルポ ミネラルボディシャインジェル

カラミンローション

パーフェクトポーション クールミントボディミスト

【奇跡の水】SEVEN FORCE マルチスキンケアローション

クリニーク アフター サン バーム

アフターサンミルク

オーストラリアンゴールド モイスチャーロック

ブラックコング モイスチャライジングジェル

アフターケアクーリングオイル

特徴べたつかずひんやり。アロエエキスで日焼け肌をケア色素沈着と黒ずみのケアに子どもにも使える安心薬用処方香り&ひんやり感でクールダウンフムスエキス配合のマルチスキンケアローションアレルギーテスト済みで安心して使える肌なじみのいい乳液タイプ日焼け後のケアと美しい小麦肌の維持に赤くなった肌も優しくケア日本初「プッシュ型ショットヘッド」で瞬間冷却
価格810円(税込)5,800円(税込)400円(税込)1,720円(税込)3,750円(税込)3,550円(税込)2,592円(税込)1,944円(税込)1,080円(税込)1,944円(税込)
冷却効果××××××
保湿効果-
配合有効成分-ハイドロキノン・グリチルリチン酸ジカリウム-----アラントイングリチルリチン酸ジカリウム・アラントイン-
低刺激---
タイプジェルジェルローションローションローションクリームミルクローションジェルオイル
使用可能部位全身ボディボディ全身(目の周り以外)全身全身全身ボディ全身ボディ
香り無香料あり無香料あり-無香料-ありあり無香料
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

肌の状態によるケア方法

日焼け後は肌の状態によって、適したケア方法が異なります。ここでは基本的なお手入れ方法をご紹介しますので、参考にしてください。

痛みがない場合は保湿中心のお手入れを

痛みがない場合は保湿中心のお手入れを

火照りや痛みなどがない軽度の日焼けは、たっぷり水分補給をし、そのあと乳液やクリームで潤いを閉じ込めておくことが大切です。保湿効果の高いアフターサンケアをたっぷりと塗布して乾燥を防いでくださいね。

ヒリヒリしていれば冷却することが大切

ヒリヒリしていれば冷却することが大切

日焼け特有のひりつきがあるときは、冷やすことを優先しましょう。氷水に浸したタオルを軽く絞って、皮膚を擦らないようにやさしく当てるといいですよ。冷やし過ぎは禁物です。保冷剤を使う場合は直接肌に触れないよう、タオルやガーゼにくるみましょう。


冷やした後は十分に保湿して、しっとりタイプのアフターサンケアミルク・クリーム、またはワセリンなどを塗っておくのがおすすめです。

熱をもっている・刺すような痛みがある場合

熱をもっている・刺すような痛みがある場合

水ぶくれや熱をもっていたり、刺すような痛みがある場合は無理に自分で対処しようとせず、病院で治療してもらいましょう。吐き気や頭痛があれば、熱中症が疑われるほか日光アレルギーの可能性も。なるべく早く病院で診てもらうようにしてくださいね。

睡眠と食事で回復をサポートして

睡眠と食事で回復をサポートして

日焼け後のダメージを少しでも早く緩和するためには、睡眠をたっぷりとって、食品などで栄養を補うことも大切です。


肌を再生するのに欠かせないたんぱく質、新陳代謝を高める亜鉛、抗酸化作用のあるビタミンCは積極的に摂取するようにしたいですね。ビタミンCは普段から意識して取ると日焼けの予防にも有効ですよ。日焼け後は全身が水分不足気味になるので、水分もしっかりと補給しましょう。

日焼け後のケアには「サプリ」もおすすめ

飲んで内側からケアするサプリメントもあります。飲む日焼け止めとして人気があり、日焼けを予防してくれるだけでなく、アフターケアにもおすすめ。以下の記事でもご紹介していますので、ぜひご参考下さい。

アフターサンケアの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、アフターサンケアのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

おすすめのアフターサンケアをご紹介してきましたが、いかがでしたか?海や山で思いっきり陽射しを浴びてしまったときはもちろん、UVカット剤を塗らずに外出してしまった“うっかり日焼け”にもおすすめです。

しっかりとお手入れすることで、10年後の肌は大きく変わるとも言われています。シミやしわ、くすみを残さないよう、日焼け後はしっかりケアしてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す