1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. クレンジング
  6. >
  7. 【徹底比較】クレンジングシートのおすすめ人気ランキング19選
【徹底比較】クレンジングシートのおすすめ人気ランキング19選

【徹底比較】クレンジングシートのおすすめ人気ランキング19選

手軽に使えるメイクオフアイテム、「クレンジングシート」。外出先や忙しいときにサッと使えるので、便利ですよね。しかし、ビオレ・ビフェスタ・ソフティモ・資生堂・江原道・オルビスなど人気メーカーからさまざまな商品が販売されています。さらに、タイプ別の違いなどもあるので、どれを購入しようか迷っている方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、コンビニや100円ショップなど市販で買える商品をはじめ、@cosme・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のクレンジングシート19商品を全て購入し、最もおすすめのクレンジングシートを決定したいと思います。


検証には、化粧品の成分に詳しい専門家にご協力いただき、全ての商品を実際に使用して以下の3点を比較・検証しました。

  1. 洗浄力
  2. 保湿力
  3. 成分

果たしてどの商品が最もおすすめのクレンジングシートなのでしょうか?記事の後半では、クレンジングシートの上手な使い方も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

  • 2020年07月13日更新
  • 314,765 views

検証のポイント

売れ筋のクレンジングシート19商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 洗浄力

    検証① 洗浄力

    はじめに行ったのは、洗浄力の検証です。手の甲にメイクアイテムを塗り、それぞれのクレンジングシートを使って落としました。5回こすった後の落ち具合をみて、5段階で評価しています。使用したメイクアイテムは以下の通りです。洗浄力を比較しやすいように、落ちにくいものを選んでいます。ウォータープルーフマスカラアイシャドウウォータープルーフアイライナーリップティントリキッドファンデーション

  • 保湿力

    検証② 保湿力

    スキンケアまで完了できるクレンジングシートが増えていますが、実際肌がつっぱってしまうのではないかと心配ですよね。そこで、保湿力の検証を行いました。専用の機械を使い、拭き取り前の肌水分量と、拭き取り直後・5分後の肌水分量を比較しています。

  • 成分

    検証③ 成分

    最後に行ったのは、各クレンジングシートに配合された成分の検証です。成分に詳しい元化粧品系研究開発者Mizuhaさんが、肌への優しさ(負担)を視点に厳しくチェック。敏感肌への適正を考え、5点満点で評価しました。<敏感肌のための美容研究員 Mizuhaさん>大学機関にて研究員として、新規医薬品の創製に関する研究に携わる。その傍ら、元化粧品系の研究開発部で働いて得た現場の知識を活かし、主に「敏感肌」をはじめ肌の弱い方に様々な化粧品の成分・使用感を発信中。現在は化粧品成分上級スペシャリストやコスメコンシェルジュなどの美容・化粧品関連の資格も多数保有。SNSでは10年以上続けてきたコスメの成分調査が評判となり活躍の幅を広げている。※点数が低い=危険というわけではありません。あくまで、敏感肌の方にとって刺激に感じる可能性があるという意味で判定しています。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    クレンジングシートの選び方

    クレンジングシートを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① メイクの濃さに合わせてクレンジング剤の種類で選ぼう

    クレンジングシートに使われているクレンジング剤は、大きく分けて「オイル」と「リキッド」の2種類。その日しているメイクをしっかり落とせるように、メイクの濃さや落ちにくさを考慮してシートを選びましょう。

    濃いメイクならオイルインタイプ

    濃いメイクならオイルインタイプ

    オイルインタイプは、クレンジングオイルと同じようにウォータープルーフのマスカラや油分の多いリキッドファンデーションなどもオフしやすく、しっかりメイクのクレンジングに向いています。


    また、商品によっては、ホホバオイルやスクワランといった保湿効果の高い美容オイルも配合されているのが魅力です。


    しかし、メイクを拭き取った後に洗顔をしなくてはいけない商品もあるので、パッケージの記載を確認しておきましょう。

    普段のメイクやメイク直しならリキッドタイプ

    普段のメイクやメイク直しならリキッドタイプ

    リキッドタイプのクレンジングシートは、普段のメイクのオフや、外出先でのメイク直しに向いています。特に油分量の少ないパウダーコスメを中心に使うナチュラルメイクの方は、リキッドタイプで十分にメイクが落とすことが可能です。オイルが配合されていないので、マツエクをしている方にも適しています。


    また、さらりとしてベタつかないものも多いので、身体に塗った日焼け止めのクレンジングにもおすすめできますよ。ただし、日焼け止めのタイプによっては落ちにくかったり、乾燥や刺激を招くこともあるので、様子を見ながら使うようにしてくださいね。


    日によってメイクの濃さが違うこともあるので、使い分けられるように、オイルインタイプとリキッドタイプの両方を用意しておくのもおすすめです。

    ② 使うシーンに合わせて内容量やサイズで選ぼう

    使うシーンに合わせて内容量やサイズで選ぼう
    クレンジングシートには、ボックス型のパッケージの大容量タイプと、10枚前後パッケージされているポケットタイプがあります。大容量タイプの方が1枚当たりの価格が安くなりますが、持ち運びには不向きなので、自宅での常備用におすすめです。

    ポケットタイプは少量でコンパクトなのが魅力。旅行先に普段のクレンジングを持って行くのが億劫な場合に活躍します。メイク落としシートの場合、液体物持ち込み制限対象外のため、制限なく飛行機内にも持ち込めますよ。さらに、2~3日の旅行なら使い切ってしまえるので、再び持って帰る必要もありません。


    また、普段の外出のときにもポケットタイプをひとつ持っていると便利。真夏でメイク崩れがひどいときや、ジムなどでたくさん汗をかいたときは、メイク直しをするよりも一度メイクをオフしてしまったほうがきれいにメイク直しできます。

    ③ 肌負担を抑えるために繊維の細かい素材のシートを選ぼう

    肌負担を抑えるために繊維の細かい素材のシートを選ぼう

    クレンジングシートを使う際に避けられないのが、肌への摩擦。シートは直接肌に触れるものなので、どんな素材でできているのかチェックしておきましょう。


    商品によっては、天然コットン100%やマイクロファイバー入りなど肌への負担を抑えられるように工夫されています。薄くて繊維が荒いシートだと、肌への摩擦が大きくなってしまうので注意しましょう。


    しかし、素材や質感などは実際に使ってみないと分かりませんよね。今回の検証では、素材や使用感も調べているのでそちらも参考にして選んでみてくださいね。

    ④ 美肌ケアができるものも!

    美肌ケアができるものも!

    クレンジングシートには、保湿成分を多く含んでいるものや、角質ケアが可能なアイテムなどもあります。メイクオフのあとに洗顔や基礎化粧品を使うのが面倒なときや、疲れ切って早く眠りたいときに便利です。


    ただ、基本的にクレンジングはメイクを落とすのを目的に作られているので、高いスキンケア効果は期待できません。そのため、パッケージの文言を過信するのはNG。まずは、メイクがしっかり落ちるシートを選んでから、プラスしてスキンケア効果の有無を確認するようにしましょう。


    また、シートにはエタノールが配合されているものもあり、敏感肌・乾燥肌の方は乾燥してしまう可能性も。保湿不要のシートでも保湿することをおすすめします。

    売れ筋の人気クレンジングシート全19商品を徹底比較!

    クレンジングシートの検証
    売れ筋の人気クレンジングシート全19商品を徹底比較!

    ここからは、@cosme・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のクレンジングシート19商品を全て購入し、どれが最も優れたクレンジングシートなのか、検証していきます。


    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:洗浄力

    検証②:保湿力

    検証③:成分

    今回検証した商品

    1. イヴ|クレンジングシート
    2. オルビス|クレンジングマイルドシート
    3. カークランド |フェイシャル クレンジングシート
    4. グッズマン|Geスキンケアシート シトラス
    5. コーセーコスメポート|ホワイト メイク落としシート b
    6. コーセーコスメポート|メイク落としシート ヒアルロン酸
    7. スタイリングライフ・ホールディングス|シートクレンジング
    8. スタイリングライフ・ホールディングス|さっぱり落とシート
    9. ドクターシーラボ|クレンジングシート
    10. フレンド|メイク落としシート
    11. マンダム|うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ
    12. マンダム|クレンジングシート オイルイン
    13. マンダム|ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート モイスト
    14. 常盤薬品工業|夜用ふき取り乳液シート
    15. 江原道|クレンジングシート
    16. 良品計画|クレンジングシート
    17. 花王|ふくだけコットン
    18. 花王|ふくだけコットン うるおいリッチ うるっとモイスト
    19. 資生堂インターナショナル|ランジェットデマキアント

    検証① 洗浄力

    洗浄力

    はじめに行ったのは、洗浄力の検証です。


    手の甲にメイクアイテムを塗り、それぞれのクレンジングシートを使って落としました。5回こすった後の落ち具合をみて、5段階で評価しています。


    使用したメイクアイテムは以下の通りです。洗浄力を比較しやすいように、落ちにくいものを選んでいます。

    • ウォータープルーフマスカラ
    • アイシャドウ
    • ウォータープルーフアイライナー
    • リップティント
    • リキッドファンデーション

    【検証結果ハイライト】ビオレ ふくだけコットンうるおいリッチはオイルタイプの中でも抜群の洗浄力!

    【検証結果ハイライト】ビオレ ふくだけコットンうるおいリッチはオイルタイプの中でも抜群の洗浄力!

    濃いメイクを落とすのに向いているオイルインタイプの中でも、メイク落ちが抜群に良かったのはビオレの「ふくだけコットン うるおいリッチ」でした。


    特徴的だったのは、液体でヒタヒタになったシートがメイクになじみ、溶かし出すようにして落ちたこと。同じオイルインタイプでも、シートに液体が含まれていないと一拭きで落とすのは難しいです。シートでメイクを落とすときは、極力摩擦を避けたいですよね。「ふくだけコットン うるおいリッチ」なら、何度も擦ることはありません。


    洗浄力は、単純にクレンジング成分だけではなく、シートが含んでいる液体の量も関係していることがわかりました。

    検証② 保湿力

    保湿力

    スキンケアまで完了できるクレンジングシートが増えていますが、実際肌がつっぱってしまうのではないかと心配ですよね。そこで、保湿力の検証を行いました。


    専用の機械を使い、拭き取り前の肌水分量と、拭き取り直後・5分後の肌水分量を比較しています。

    【検証結果ハイライト】スクワラン配合の商品は潤いを逃さずキープ!

    【検証結果ハイライト】スクワラン配合の商品は潤いを逃さずキープ!

    保湿力がずば抜けて高かったのは、スクワラン配合のクレンジングシートでした。スクワランは、人の皮脂膜の成分の1つでもあるので、潤いを守る保湿効果が高い特徴があります。


    実際に、スクワランが配合されている「ズボラボ 夜用ふき取り乳液シート」や「ビフェスタ クレンジングシートオイルイン」は、拭き取って5分たった後も薄い膜で肌が覆われているような感覚が持続。肌のつっぱり感も感じず、スクワランの特徴を考えても納得の結果です。


    ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分が配合されているものは、使用直後の水分量は良好でしたが、5分後には数値が低下し、中には肌が乾燥してしまう商品も。油膜があるかないかでは、水分保持力が大きく変わってくることが分かりました。

    検証③ 成分

    成分

    最後に行ったのは、各クレンジングシートに配合された成分の検証です。成分に詳しい元化粧品系研究開発者Mizuhaさんが、肌への優しさ(負担)を視点に厳しくチェック。敏感肌への適正を考え、5点満点で評価しました。


    <敏感肌のための美容研究員 Mizuhaさん>
    大学機関にて研究員として、新規医薬品の創製に関する研究に携わる。その傍ら、元化粧品系の研究開発部で働いて得た現場の知識を活かし、主に「敏感肌」をはじめ肌の弱い方に様々な化粧品の成分・使用感を発信中。現在は化粧品成分上級スペシャリストやコスメコンシェルジュなどの美容・化粧品関連の資格も多数保有。SNSでは10年以上続けてきたコスメの成分調査が評判となり活躍の幅を広げている。


    ※点数が低い=危険というわけではありません。あくまで、敏感肌の方にとって刺激に感じる可能性があるという意味で判定しています。

    【検証結果ハイライト】エタノールの配合量に注意が必要

    【検証結果ハイライト】エタノールの配合量に注意が必要

    化粧品に記載されている全成分表示は、配合量の多い順に表記されているため、肌の弱い方は購入前に必ずチェックしましょう。


    クレンジングシートは、ふき取った後の水分を乾燥させて不快感が残らないようにするために、エタノール(アルコール)が成分上位に配合されている傾向があります。使い心地がスッとして、爽快感を感じられる商品が多いのも、このエタノールの揮発作用のおかげです。


    しかし、バリア機能が低下している肌は、外的刺激が肌まで届きやすくなっている状態なので、エタノールの作用によって肌がしみたり、赤くなったりする可能性も。普通肌や脂性肌にとっては影響が小さい成分ですが、肌の弱い方はエタノールが上位に表示されているものは極力避けたほうが無難でしょう。

    Mizuha
    敏感肌のための美容研究員
    Mizuhaさんのコメント

    エタノールには収れん作用や、油や水を混ざりやすくする効果もあるため、絶対にNGという訳ではありません。敏感肌の場合、エタノールが配合されていないものを使うのがベストですが、該当する商品がない場合は配合量に着目して選ぶようにしましょう。

    No.1

    マンダムビフェスタ うる落ち水クレンジング シート モイスト

    204円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 5.0
    • 成分: 2.0

    コスパ最強!クレンジングもスキンケアも同時に叶える理想的なシート

    数あるクレンジングシートの中から、第1位に輝いたのは、圧倒的な保湿力だったビフェスタの「うる落ち水クレンジング シート モイスト」。潤いを与えつつも、ウォータープルーフマスカラまでしっかりと落とす洗浄力にも高い評価がつきました。


    成分上位にエタノールが配合されているため、敏感肌の方だと相性が分かれる可能性があります。しかし、配合成分自体はシンプルな構成になっているので、普通肌・脂性肌等であれば使いやすいと言えるでしょう。


    また、コスパの面から見ても最強です。一刻も早く眠りたいという日のために、1つ常備しておくのがおすすめ!コンビニ限定ではありますが、10枚入のポケットサイズも販売しているので、シーンに合わせて買い分けられるのも便利です。

    タイプリキッドタイプ
    素材-
    枚数46枚
    シートの大きさ15cm×20cm
    No.2

    花王ふくだけコットン

    608円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 2.0

    しっかりめのベースメイクを落とすのに最適!使用感も優秀なクレンジングシート

    パッケージの記載にもあるように、ウォータープルーフマスカラは落とせませんが、しっかりめのベースメイクでもすっきり落としてくれます。普段からアイメイクは濃くないけれど、リキッドファンデーションでしっかりベースメイクはする方に向いていますよ。


    「抜群に良い香りがする!」という声もあり、フローラルな香りで癒されながらクレンジングできるのは嬉しいポイント!小さめのシートですが、横長タイプで何度も折って使えるのが便利です。


    また、コンパクトなボックス型のため、ベッドサイドに1つ置いておくのがおすすめですよ。

    タイプリキッドタイプ
    素材天然コットン100%
    枚数46枚
    シートの大きさ約21cm×7.4cm
    No.3

    ドクターシーラボクレンジングシート

    642円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 2.0

    シートの繊維が細かくストレスなくメイクが落とせる!普段使いにおすすめ

    第3位にランクインしたのは、ドクターシーラボ。丈夫なシートでありながら、肌触りの柔らかい上質なシートが好評でした。


    ウォータープルーフマスカラは落ちきらなかったものの、アイライナーやファンデーションはしっかりと落ちています。ベタつかず、さっぱりとした使用感のため、脂性肌にもおすすめですよ!


    ただ、アルコールの香りがふんわりと香るので不快に感じる方もいるかもしれません。

    タイプリキッドタイプ
    素材マイクロファイバー配合シート
    枚数46枚
    シートの大きさ-
    No.4

    花王ふくだけコットン うるおいリッチ うるっとモイスト

    591円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 2.0

    洗浄力が強いだけに、脱脂力が強い!しっかりメイクに限っての使用が◎

    抜群の洗浄力を発揮し、ウォータープルーフマスカラも一拭きで落とすことができました。しぼったらクレンジング成分があふれてくるぐらいヒタヒタなので、小さめのシートでも十分です。


    洗浄力は高い分、脱脂力が強かったため保湿力は低めの評価に。肌がつっぱる感覚はあまりなかったのですが、「うるおいリッチ」と言えるほどではありません。拭き取り後は化粧水や乳液でしっかりと保湿するのがおすすめです。

    タイプオイルタイプ
    素材天然コットン
    枚数44枚
    シートの大きさ約21cm×7.4cm
    No.5

    グッズマンGeスキンケアシート シトラス

    1,296円

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 1.0

    スキンケアにおすすめ!クレンジングというよりも多機能美容液

    厚くて大判サイズのため、1枚でクレンジングが完了。拭き取り後は美容液を塗ったようなしっとり感がありました。「クレンジングも大切だけど、スキンケア効果を重視したい!」という方におすすめです。


    スキンケア効果を高めるために、77種類もの美容成分や植物エキスを配合していますが、配合成分が多すぎるのも、考えもの。敏感肌の場合、刺激を感じる可能性があるので、使用の際は注意してくださいね。

    タイプリキッドタイプ
    素材メッシュ素材
    枚数60枚
    シートの大きさ約21cm×15cm
    No.6

    カークランド フェイシャル クレンジングシート

    2,200円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 2.0

    大容量パックでコスパは◎!ヒリヒリとした痛みがあったのが気になる…

    コストコのプライベートブランドで、大容量で低価格が魅力の商品。分厚く、ぼこぼことしたエンボス加工のシートで、肌触りが気持ちいいです。 ウォータープルーフのメイクでも落とせ、保湿力も問題ありませんでした。


    全ての肌に使えると表記がありますが、敏感肌の編集部メンバーが使うとヒリヒリとした痛みがあり評価が下がる結果に。肌の弱い方にはおすすめできません。

    タイプリキッドタイプ
    素材-
    枚数150枚
    シートの大きさ18.7cm×19.6cm
    No.7

    マンダムクレンジングシート オイルイン

    367円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 3.0
    • 保湿力: 5.0
    • 成分: 2.0

    じんわりとメイクが落ちる感覚!しっとり感が強いオイルインシート

    オイルが配合されているとはいえ、ウォータープルーフマスカラは落ち切りません。じんわり溶け出すように落ちていくので、一気にするんと落とすのは難しいです…。


    拭き取り後もしっとりと感が続くのは嬉しいポイント。肌に薄い油膜がはられたような印象でした。無香料ではありますが、オイルの匂いが強いので注意してください。

    タイプオイルインタイプ
    素材-
    枚数40枚
    シートの大きさ15cm×20cm
    No.8

    コーセーコスメポートメイク落としシート ヒアルロン酸

    467円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 3.0
    • 保湿力: 5.0
    • 成分: 2.0

    ナチュラルメイクで保湿重視派向きのクレンジングシート

    同じメーカの18位の商品同様、ウォータープルーフのマスカラとアイライナーは完全に落ちず、うっすらと残ってしまいます。しっかりメイクよりも、ナチュラルメイク向きでしょう。


    拭き取り直後は、しっとりと潤って、水分量の数値も大幅アップ。5分後も、拭き取り前よりも高い数値のままキープしました。しっとり感のあるクレンジングシートを使いたいという方にはおすすめです。

    タイプリキッドタイプ
    素材マイクロファーバー配合シート
    枚数52枚
    シートの大きさ8.5cm×5.5cm
    No.9

    江原道クレンジングシート

    2,440円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 3.0
    • 成分: 2.0

    大判シートで首回りもカバー!保湿力は物足りないのでスキンケアは必須

    丈夫で、液体がたっぷりと含まれた大判シートです。1枚あれば顔だけでなく、日焼け止めを塗った首回りの拭き取りもできますよ。オイルは入っていませんがしっかりメイクでも落ちるので、使い勝手は◎。


    保湿力はそこまで悪くはないですが、物足りない印象。使用感の調査では、拭き取った後に肌のつっぱりを感じました。そのため、拭き取り後のスキンケアは入念に行うようにしてください。

    タイプリキッドタイプ
    素材100%オーガニックコットン
    枚数40枚
    シートの大きさ約18.5cm×16.5cm
    No.10

    資生堂インターナショナルランジェットデマキアント

    2,750円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 2.0

    さらっとしたシートだけど、拭いた後にオイリー感が残る…

    クレンジング成分の中でも洗浄力の高い、ミネラルオイルを配合しているクレンジングシート。しかし、シートに水分がほとんど含まれていないせいか、一拭きで全てのメイクが落ちることはありませんでした。そのうえ、拭き取った後にオイル感が残ってしまうのが気になります。


    また、ポイントメイク用でシート自体が小さいので、しっかりメイクの場合は何枚も使わないといけません。コスパを考えると、リピートして使おうという気にはなれないでしょう。

    タイプオイルインタイプ
    素材-
    枚数50枚
    シートの大きさ15cm×7.5cm
    No.11

    しっかり落ちたのはベースメイクのみ。しっとり感は好みが分かれる可能性も

    持ち運びに便利で、コンパクトなサイズが特徴のシートです。液体をよく含んだシートではありましたが、アイライナーやティントは完全には落ちません。


    しかし、保湿力では堂々の結果に。使用後のつっぱりも抑えられています。保湿力が高いおかげか、人によってはベタつきと感じてもおかしくないほど、しっとり感が強く残りました。


    価格が安いので、出先でのメイク直しに1つ持って置くのにはおすすめです。

    タイプリキッドタイプ
    素材-
    枚数12枚
    シートの大きさ15cm×20cm
    No.12

    常盤薬品工業夜用ふき取り乳液シート

    589円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 5.0
    • 成分: 1.0

    保湿力の高さはお見事!ナチュラルメイクでの使用がおすすめ

    シートとは思えないほどの保湿力は◎。時間がたっても水分量の数値が下がらなかったため、乳液いらずは本当でした!


    ただ、ウォータープルーフのアイラインはうっすら落ちたものの、マスカラに関しては全くといって良いほど落ちなかったのが残念…。しっかりメイクで使うのは避け、ナチュラルメイクを落とす場合に使うのがベターです。

    タイプオイルインタイプ
    素材-
    枚数35枚
    シートの大きさ約16.5cm×9.7cm
    No.13

    スタイリングライフ・ホールディングスシートクレンジング

    1,500円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 3.0
    • 保湿力: 3.0
    • 成分: 1.0

    爽やかなリンゴの香りは好評!評価を下げたのは肌への摩擦…

    目の粗いメッシュ素材とリキッドの少なさで、優しく拭き取っただけではメイクは落ちません。メイクをしっかりと落とそうとすると、肌への摩擦は避けられないでしょう。


    また、角質ケア成分であるリンゴ酸・乳酸が配合されています。メイク落としと一緒に角質ケアをしたい方には向いていますが、乾燥肌や敏感肌の場合は刺激が強い場合もあるので注意しましょう。

    タイプリキッドタイプ
    素材メッシュ素材
    枚数60枚
    シートの大きさ約16.5cm×10cm
    No.14

    イヴクレンジングシート

    482円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 3.0
    • 保湿力: 3.0
    • 成分: 1.0

    悪くはないのに、これといって魅力的なポイントもないシート

    メイク落ちも保湿力も悪くはないけれど、特筆して良い点もないという評価に。シートは大きめですが、薄いために結局折って使うことになってしまいます。


    また、敏感肌でも使える低刺激処方ではありますが、植物エキスが複数配合されているため敏感肌の方は注意が必要。全ての検証項目において、あと1歩足りないという結果になったクレンジングシートです。

    タイプリキッドタイプ
    素材-
    枚数50枚
    シートの大きさ約19.5cm×16cm
    No.15

    フレンドメイク落としシート

    110円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 3.0
    • 成分: 2.0

    値段通りの実力。手軽に使えるがメイク残りは避けられない

    税抜き100円という安さで、アルコールフリー・無香料・マツエク使用可と便利な面もありますが、メイク落ちは悪いです。さらに、シートに液が染み込んでおらず、メイクになじみません


    粗い作りのシートのため、全体として使うよりはメイク直しとして使うのがベスト。オンライン購入はできないので、気になる方はお近くのダイソーまで足を運んでみてください。

    タイプリキッドタイプ
    素材レーヨン,ポリエステル
    枚数30枚
    シートの大きさ20cm×15cm
    No.16

    オルビスクレンジングマイルドシート

    576円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 1.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 3.0

    肌触りの良さは抜群!だがマイルドすぎる洗浄力が評価を下げた

    タオルのように柔らかく、優しい肌触りのクレンジングシートです。配合成分もシンプルかつ低刺激で、肌への優しさにこだわりが感じられました。


    唯一惜しかったのが、メイク落ちの悪さ。マスカラはほとんど落ちない結果に。また、最後に洗顔をしなければならないので、時短にもなりません。

    タイプリキッドタイプ
    素材-
    枚数1枚入り×10包
    シートの大きさ20cm×15cm
    No.17

    マンダムうる落ち水クレンジング シート ブライトアップ

    355円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 3.0
    • 保湿力: 1.0
    • 成分: 2.0

    使用後の乾燥は避けられない…拭き取ったあとの保湿は必須

    化粧水いらずとは言えないほどの、保湿力の低さが目立ちました。拭き取り直後から、肌の水分量が急降下。さらに、水分量が低いわりには、ベタベタとした不快感が残ります。


    するんとメイクが落ちるわけでもないので、おすすめできるポイントを探しにくい商品でした。

    タイプリキッドタイプ
    素材-
    枚数46枚
    シートの大きさ15cm×20cm
    No.18

    コーセーコスメポートホワイト メイク落としシート b

    413円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 2.0

    洗浄力も保湿力もイマイチ!アルコール感が強いのも△

    ウォータープルーフのようなしっかりメイクは、なかなか落ちてくれませんでした。落ちたのは、ファンデーションとアイシャドウのみで、ナチュラルメイク向きです。


    また、アルコール感が強いことから「肌がキュッキュする…」と、不快の声があがりました。実際に、成分表示上位にエタノールが表記されているため、肌の弱い方は避けましょう。

    タイプリキッドタイプ
    素材マイクロファイバー配合シート
    枚数52枚
    シートの大きさ8.5cm×5.5cm
    No.19

    スタイリングライフ・ホールディングスさっぱり落とシート

    550円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 1.0
    • 成分: 1.0

    謳い文句に疑問…拭き取り後は肌がつっぱってしまう

    シートの中では最大サイズで、全身のふきとりから保湿ケアまでできる多機能アイテム。美容液成分が配合されているとはいえ、保湿力は低く、肌のつっぱりが気になりました。「クレンジングから保湿まで一気に完了」というコピー通りにはいきませんでした


    また、ウォータープルーフのメイクは落ちないので、ポイントメイクリムーバーは必須。結局、クレンジングの手間がかかってしまいます。

    タイプオイルインタイプ
    素材メッシュ素材
    枚数7枚
    シートの大きさ30cm×30cm

    人気クレンジングシートの検証結果比較表

    肌負担を抑えるクレンジングシートの使い方

    肌負担を抑えるクレンジングシートの使い方

    美容成分がたっぷり配合されていたとしても、肌をゴシゴシこすってしまうと、肌トラブルや乾燥の原因となってしまいます。肌負担を抑えながら、クレンジングシートを活用していきましょう!


    落とすのに苦労するアイメイクは、シートを10〜15秒程度まぶたに当ててクレンジング剤とメイクをなじませ、しっかりと汚れを浮かすのがポイント。汚れが浮かせた後は、肌をなでるようなイメージで優しく拭き取ります。


    また、メイクを拭き取ったのシートを同じ面で使い続けると、メイク汚れが肌に付着してしまいます。もったいなく感じてしまいますが、常にきれいな面を使ってメイクを拭き取るようにしてください。

    毎日のクレンジングに使うのはNG

    毎日のクレンジングに使うのはNG

    クレンジングシートを毎日のクレンジングに使うのはおすすめできません。なぜなら、拭くだけでしっかりメイクも落とすことができることからもわかるように、比較的洗浄力が強めに作られているアイテムが多いからです。


    クレンジングシートはアルコールや界面活性剤、オイルでメイク汚れを溶かして落としています。成分上位にアルコールが配合されている場合は、洗浄力が高くなるため、肌を乾燥させてしまうことも。また、シートで肌を拭く、という行為も肌には負担がかかりやすく、使い方を間違えると肌トラブルの原因になってしまいます。


    ただ、深夜まで仕事が忙しかったり、飲み会で遅くなってしまったり、丁寧にクレンジグするのがどうしても億劫な日があるのも事実。そんなときだけ、クレンジングシートを活用しましょう。

    サラサラタイプをクレンジングをお探しなら…

    クレンジングシートは最初からシートに液体が染み込んでいるため、フタが緩いと、いつの間にか乾いてしまっていた…なんてこともありますよね。そんなときには、シートと同様の成分で素早くメイクを落せる水クレンジングもおすすめです。液体の量を自分で調節できるため、ポイントメイクだけ落とすこともできますよ!

    本記事同様に、水クレンジング24商品を徹底比較しています。気になる方は以下の記事をあわせてチェックしてくださいね。

    クレンジングシートの売れ筋ランキングもチェック!

    なお参考までに、クレンジングシートの@cosme shopping・Amazon・楽天市場の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してみてください。

    まとめ

    今回は売れ筋上位のクレンジングシート19商品を徹底的に比較・検証しました。自分にぴったりの商品は見つかったでしょうか?

    同じクレンジングシートでも、商品やタイプによっては洗浄力や保湿力に大きな差が出ました。ランキングを参考にするのはもちろんですが、使うシーンや、自分のメイクに合わせて選んでみてくださいね。


    文:佐々木里緒、写真:三浦晃一、稲垣佑季

    ランキング作成日:2018/12/31

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す