• 洗顔料の最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 洗顔料の最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 洗顔料の最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 洗顔料の最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 洗顔料の最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

洗顔料の最強おすすめ人気ランキング10選

洗顔料は汚れや古い角質を落とし、肌を衛生的に保つための大切なアイテムです。毛穴やニキビ対策、敏感肌用やメンズ用など肌質に合わせたさまざまなタイプが販売されていますが、最近ではきめ細かな泡で優しく洗える洗顔料が主流。プチプラで泡立ちのいいロゼットなどが人気です。

そこで今回は、通販で購入できる洗顔料の選び方と、人気ランキングをご紹介します。洗顔料を変えることで、肌の悩みが解消される場合もありますので、しっかりチェックして最適な洗顔料を見つけてくださいね。

この記事に登場する専門家

香川 沙耶
米村 亜希子
Nicole
寒川 あゆみ
りお
梅野 利奈
SHOKO
近藤 晴子
大野 花菜
jzzzzk
  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 755,014  views
目次

洗顔料の選び方のポイント

まずは、洗顔料の選び方のポイントをご紹介します。肌のターンオーバーを正常な状態に導くためにも、肌の状態に合わせて適切な洗顔料を選びましょう。

肌質に合った洗浄力のものを選ぶ

ここでは洗顔料の重要性とタイプごとの特徴をご紹介します。しっかりチェックして、自分の肌に合う洗顔料選びの参考にしてください。

弱酸性:肌への刺激が少なくマイルドな仕上がり。洗浄力はやや弱め

弱酸性:肌への刺激が少なくマイルドな仕上がり。洗浄力はやや弱め
肌と同じ弱酸性の洗顔料は、肌への影響が少ないため敏感肌や乾燥肌などの方におすすめです。

しかし洗浄力は弱アルカリ性の洗顔料と比べると弱く、古い角質を落としきれないことによって、ごわついたりや毛穴が詰まってしまうことも。また、肌に優しいといっても洗浄力が強い合成界面活性剤が多量に含まれたものを使うと、肌がダメージを受けてしまう可能性もあるので、事前に成分をチェックしましょう。

弱アルカリ性:洗顔力が高くしっかり汚れを落とせるが、肌の弱い人は注意が必要

弱アルカリ性:洗顔力が高くしっかり汚れを落とせるが、肌の弱い人は注意が必要
弱アルカリ性の洗顔料は、洗顔力が高いためしっかり汚れを落とせます。そのため、汚れをしっかり取り除くという点ではかなり優秀です。

しかし、肌の弱い方には刺激が強すぎるというデメリットも。肌の弱い人に弱アルカリ性タイプの洗顔料が向いていないというわけではありませんが、弱酸性タイプよりも刺激が強いので注意が必要です。

使いやすさにも注目してタイプを選ぶ

洗顔料にはいろいろなタイプがあります。ここでは、主な洗顔料のタイプ別の特徴をご紹介しますので、使いやすいものや肌に合うものを選ぶための参考にしてくださいね。

固形タイプ:混合肌やオイリー肌におすすめ。泡立てるのに手間がかかる面も

固形タイプ:混合肌やオイリー肌におすすめ。泡立てるのに手間がかかる面も
洗浄成分を1つに固めた固形タイプは、一般的にアルカリ成分が多く洗浄力が強いのが特徴で、しっかりと汚れを落としてくれるため洗い上がりはすっきりとした印象です。きめ細かい泡を作るのに若干手間がかかるといった弱点がありますが、泡立てネットなどを使うと比較的簡単に泡を作ることができます。

丸みを帯びたものや、そのまま切り出したような四角い形のもの、色や香など成分もさまざまです。固形タイプはどちらかと言うと、混合肌やオイリー肌の人と相性のよい洗顔料です。

泡立てが簡単にできる洗顔ネットに関しては、以下の記事でもご紹介しますので、固形タイプを使用している方は、合わせてチェックしておきましょう。

クリームタイプ:スタンダードで種類が豊富。自分の肌に合わせて成分を選べる

クリームタイプ:スタンダードで種類が豊富。自分の肌に合わせて成分を選べる
一般的に市販されている洗顔料で最も多いのがクリームタイプの洗顔料です。チューブや容器に入っていることが多く、手に取り出しやすく泡立ちやすいのが特徴。保湿成分や美白成分が配合されていることも多く、自分の肌の状態に合わせて選ぶことができます。また、容器に入っているので固形タイプより衛生的に保存できるのもメリットです。

ただし、固形タイプに比べると、洗浄力の強い合成界面活性剤が多く配合されているので、肌への刺激が強いことも。成分をよくチェックするようにしましょう。

リキッド(ジェル・ゲル)タイプ:使い勝手がいいが、乾燥肌は避けた方が無難

リキッド(ジェル・ゲル)タイプ:使い勝手がいいが、乾燥肌は避けた方が無難

水分の多い液体状の洗顔料で、軽めの泡立ちが特徴です。液体タイプの他にもジェルタイプやゲルタイプがあり、泡立ての必要のない商品も多く手軽に使えるところもメリットの1つ。しかし、クリームタイプと同様、固形タイプよりも合成界面活性剤が多く含まれ、洗浄力が高いという一面も。乾燥肌の人は避けた方が無難です。


また、ポンプ式の洗顔料を選べばプッシュするだけで必要分量を出すことができるため、手が濡れている状態や片手でも簡単に使用できます。

泡タイプ:泡立て不要で忙しい朝にも便利。敏感肌の方は成分のチェックを忘れずに

泡タイプ:泡立て不要で忙しい朝にも便利。敏感肌の方は成分のチェックを忘れずに
最初から泡になって出てくるため、面倒な泡立て作業が入らず手間がかからないのが特徴です。忙しい朝にはとても便利な反面、泡立ちを良くするための発泡成分が添加されていたり、他の不純物が配合されていることが多いため、肌の弱い人や敏感肌の人には刺激が強すぎるので注意しましょう。

パウダータイプ:肌への刺激が少ないものが主流。他の洗顔料に混ぜて使うことも

パウダータイプ:肌への刺激が少ないものが主流。他の洗顔料に混ぜて使うことも
石鹸を粉末状にしたタイプで、一般的に酵素パウダーと呼ばれているものです。水分を含んでいないため防腐剤の添加の必要がなく、他の洗顔料よりも肌への刺激が少ないのが特徴です。パウダータイプは泡立ちにくいといった性質があるため、たっぷりの泡を作るのにちょっとしたコツが必要ですが、泡立てネットを使用したり、他の洗顔料に混ぜて使うといったこともできます。

肌に刺激の強い成分や、自分のアレルギーを事前に把握しておく

肌に刺激の強い成分や、自分のアレルギーを事前に把握しておく
洗顔料は皮脂や汚れを落とし、肌を元の状態に戻すために必要不可欠なものですが、肌を痛めてしまうほどの刺激成分があるようでは本末転倒です。特に化粧品などでアレルギーを発症したことがある方は注意しておきましょう。

また、一般的に刺激が強い成分としてあげられるのは「アルコール」や「殺菌剤」などです。特に注意をしなくてはならないのは、酸化防止や殺菌の目的としてよく使われる「BHT」や「サリチル酸」。この2つは刺激が強いため、肌の弱い人がこの成分の入っているものを使うと使用中や使用後にピリピリとした刺激を感じることがあります。

洗顔料の成分表示は、商品パッケージやネット上の商品成分で確認ができますので、購入する際は上記を中心にチェックするようにしましょう。

「泡立ち」と「泡切れ」のいいものを選ぶ

「泡立ち」と「泡切れ」のいいものを選ぶ
泡立ちと泡切れは洗顔料選びの大きなポイントです。洗顔の基本はたっぷりの泡で洗うこと。泡立ちが悪いと指で肌を強く擦ってしまいがちで、摩擦による刺激はシワやタルミ、シミなどを引き起こす原因となります。洗顔は強く擦らずに円を描くように丸く泡で包み込むようにして洗うのが理想です。

また、泡切れが悪いとすすぎ残しで肌が荒れたり、すすぎの時間が必要以上に長くなったりするため乾燥肌を招く恐れもあります。泡立ちは実際に使用してみないと判らない部分ではありますが、サンプルを取り寄せてみたり、ネット上の口コミを読んでみたりして判断することができます。店頭で泡立ちの実演をしている場合は、積極的に触ってみるようにしましょう。

プロの愛用するおすすめの洗顔料

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの洗顔料をご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、お肌にぴったりの最強アイテムを見つけてくださいね。

なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

PR

オルビスオルビスユー 1週間トライアルセット

1,000円 (税込)

内容洗顔料(14g)・化粧水(20ml)・保湿液(9g)

【洗顔料・化粧水・保湿液】をたったの1,000円で1週間たっぷりお試し!

ボタン

10/23にリニューアル新発売したばかりの「オルビスユー」シリーズ。長年の研究により、肌本来の美肌力を活かす処方を開発しました。その結果、今回の「オルビスユー」シリーズは、洗顔料・化粧水・保湿液のたったの3ステップで、内側からほんのり輝くハリ美肌を実現!


1,000円で購入できる上に、送料無料・30日の返品&交換OK・最短で翌日お届け!さらに、肌触りが気持ち良い今治の「ふわふわ抗菌タオル」もプレゼント♪まずは、1週間お試ししてみませんか?

専門家の
マイベスト

ケサランパサラン炭酸マイクロ泡の美容洗顔

3,024円 (税込)

専門家の
マイベスト
ユニリーバ ダヴ センシティブマイルド洗顔料 1枚目
出典:amazon.co.jp

ユニリーバダヴ センシティブマイルド洗顔料

527円 (税込)

専門家の
マイベスト

ラッシュジャパン毎日が晩餐

1,280円 (税込)

専門家の
マイベスト
常盤薬品工業 なめらか本舗 しっとりクレンジング洗顔 1枚目
出典:amazon.co.jp

常盤薬品工業なめらか本舗 しっとりクレンジング洗顔

529円 (税込)

専門家の
マイベスト

花王ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル やわらか

やわらか

482円 (税込)

専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト

資生堂d プログラム コンディショニングウォッシュ

2,160円 (税込)

専門家の
マイベスト
KOSE 雪肌精 ホワイトクリームウォッシュ 1枚目
出典:amazon.co.jp

KOSE雪肌精 ホワイトクリームウォッシュ

1,620円 (税込)

専門家の
マイベスト
Kanebo スイサイ 洗顔パウダー ビューティクリアパウダーウォッシュ 1枚目
出典:amazon.co.jp

Kaneboスイサイ 洗顔パウダー ビューティクリアパウダーウォッシュ

1,809円 (税込)

洗顔料の人気ランキング10選

ここからは、洗顔料の人気ランキングをご紹介します。選び方やプロのおすすめポイントを参考に、自分の肌にぴったりの洗顔料を見つけてくださいね。
10位
タイプパウダータイプ
内容量50g
9位
洗顔料 サンヨー油脂 ベイビースキンソープ
出典:amazon.co.jp

サンヨー油脂ベイビースキンソープ

1,000円 (税込)

タイプ固形タイプ
内容量80g
8位
洗顔料 資生堂 専科 パーフェクトホイップ 洗顔料
出典:amazon.co.jp

資生堂専科 パーフェクトホイップ 洗顔料

397円 (税込)

タイプクリームタイプ
内容量120g
7位
タイプ泡タイプ
内容量150ml
6位
洗顔料 花王 ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル なめらか
出典:amazon.co.jp

花王ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル なめらか

575円 (税込)

タイプクリーム(ジェル)タイプ
内容量150g
5位
タイプ固形タイプ
内容量135g
4位
洗顔料 ドクターブロナー マジックソープ ベビーマイルド
出典:amazon.co.jp

ドクターブロナーマジックソープ ベビーマイルド

663円 (税込)

タイプリキッドタイプ
内容量236ml
3位
洗顔料 水橋保寿堂製薬 水橋保寿堂製薬 いつかの石けん
出典:amazon.co.jp

水橋保寿堂製薬水橋保寿堂製薬 いつかの石けん

1,397円 (税込)

タイプ固形タイプ
内容量100g
2位
洗顔料 健康コーポレーション どろあわわ 1枚目
出典:t.felmat.net

健康コーポレーションどろあわわ

※記載の価格は初回限定キャンペーン価格

1,980円 (税別)

タイプクリーム
内容量110g
1位
洗顔料 ロゼット ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース
出典:amazon.co.jp

ロゼットロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース

378円 (税込)

タイプクリームタイプ
内容量120g

人気洗顔料の比較一覧表

商品画像
1
洗顔料 ロゼット ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース

ロゼット

2
洗顔料 健康コーポレーション どろあわわ 1枚目

健康コーポレーション

3
洗顔料 水橋保寿堂製薬 水橋保寿堂製薬 いつかの石けん

水橋保寿堂製薬

4
洗顔料 ドクターブロナー マジックソープ ベビーマイルド

ドクターブロナー

5
洗顔料 アルソア クイーンシルバー

アルソア

6
洗顔料 花王 ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル なめらか

花王

7
洗顔料 花王 キュレル 泡洗顔料

花王

8
洗顔料 資生堂 専科 パーフェクトホイップ 洗顔料

資生堂

9
洗顔料 サンヨー油脂 ベイビースキンソープ

サンヨー油脂

10
洗顔料 ファンケル 洗顔パウダー

ファンケル

商品名

ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース

どろあわわ

水橋保寿堂製薬 いつかの石けん

マジックソープ ベビーマイルド

クイーンシルバー

ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル なめらか

キュレル 泡洗顔料

専科 パーフェクトホイップ 洗顔料

ベイビースキンソープ

洗顔パウダー

特徴バツグンのキメの細かさで、毛穴対策もばっちり無香料・無着色・無鉱物油で肌に優しい泡で30秒!石鹸パックで汚れを落とす口コミで世界に広がった液体ソープリピート率の高い人気の洗顔石鹸洗顔しながらマッサージバリア機能の低下を防ぐ「セラミドケア」タイプホイップクリームのようなキメの細かい濃密な泡で洗顔肌にやさしいベビー石鹸がベースもっちり泡で優しい洗顔
価格378円(税込)1,980円(税別)1,397円(税込)663円(税込)3,400円(税込)575円(税込)948円(税込)397円(税込)1,000円(税込)1,293円(税込)
タイプクリームタイプクリーム固形タイプリキッドタイプ固形タイプクリーム(ジェル)タイプ泡タイプクリームタイプ固形タイプパウダータイプ
内容量120g110g100g236ml135g150g150ml120g80g50g
商品リンク

正しい洗顔のための3つのポイント

自分に合った洗顔料が見つかったら、正しい洗顔方法をマスターして効果をUPさせましょう。下記に手順をご紹介しますので、参考にしてください。

手の汚れや油分を落とし、極めが細かく弾力のある泡をつくる

手の汚れや油分を落とし、極めが細かく弾力のある泡をつくる
まず手を洗って、泡立ちの邪魔になる汚れや油分を落としてください。乾いた肌にのせると泡がつぶれやすく、肌の負担にもなりますので事前にしっかり手を洗っておきましょう。

次に水を加えながら泡立て、きめ細かく弾力のある泡をたっぷりつくります。手につけた状態で逆さにしても落ちないくらいが目安。注意したいのは洗顔料の指定量を守ること。そして両手のひらを合わせて洗顔料をのばすこと。十分にのばさずに水を加えると、溶けるのに時間がかかり、泡立ちづらくなります。

泡の弾力で優しく洗う。30秒が目安

泡の弾力で優しく洗う。30秒が目安
作った泡を最初に皮脂の分泌の多い額や鼻にのせ、指の腹を使ってやさしく円を描くようになじませましょう。

次に頬やあごなどのUゾーンにも泡をのせて洗い、最後に目もとや口もとなど繊細な部分を洗います。全部で30秒くらいが目安です。ポイントは、自分の顔を卵に見立てること。卵を扱うように優しく、たっぷりの泡で洗いましょう。

すすぎ洗いもタオルで拭くときも、ゴシゴシ擦るのはNG

すすぎ洗いもタオルで拭くときも、ゴシゴシ擦るのはNG
洗顔料で洗い終わったらすすぎます。このとき気をつけたいのは、手の平でこするのではなくお湯や水をかけるような形ですすぐこと。また、すすぎ残しは肌荒れの原因にもなりますので、洗顔料が残らないようにしっかりすすいでください。

タオルで拭くときもすすぎ時と同様に、こするのではなく軽く全体をおさえるようにして水分を拭き取りましょう。タオルを上下に動かして拭くと、肌を傷める原因にもなります。

肌のタイプに合わせた洗顔料をお探しの方はこちら

今回は洗顔料全般についてご紹介しましたが、肌の悩みはひとそれぞれです。以下の記事では、肌質に合わせた洗顔料の選び方のポイントと人気商品をご紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。

男性にはメンズ専用洗顔料がおすすめ!

最近では、男性でも肌ケアへの関心が高まっています。女性と男性では肌質が異なるため、男性はメンズ専用洗顔料の使用がおすすめです。洗顔料をお探しの男性の方は、下記の記事も合わせてチェックしておきましょう。

洗顔料の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、洗顔料のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は洗顔料の人気ランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?

まずは自分の肌の状態をしっかりと把握し、サンプルを取り寄せたり、ネット上の口コミを比較してみたりして今の自分の肌に合いそうな洗顔料を見つけましょう。自分の肌に合った洗顔料を見つけることができれば、今までとは違った肌の質感を実感できるかもしれませんよ。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す