1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. クレンジング
  6. >
  7. 【徹底比較】クレンジングオイルのおすすめ人気ランキング32選
【徹底比較】クレンジングオイルのおすすめ人気ランキング32選

【徹底比較】クレンジングオイルのおすすめ人気ランキング32選

数あるクレンジングの中でも人気の高い、クレンジングオイル。濃いメイクだけでなく毛穴の汚れも落とせるので、しっかりメイクの方には欠かせないアイテムです。しかし、オイルの種類にもいろいろあり、またW洗顔不要のものや無添加のもの、保湿できるものなど種類も豊富。これだけたくさんあると、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、ファンケル・シュウウエムラ・ビオレ・無印といった、@cosme・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のクレンジングオイル32商品を全て購入し、最もおすすめのクレンジングオイルを決定したいと思います。


検証には、化粧品の成分に詳しい専門家にご協力いただき、全ての商品を実際に使用して以下の3点を比較・検証しました。

  1. 洗浄力
  2. 保湿力
  3. 成分

クレンジングオイルの選び方や効果的な洗い流し方なども一緒に解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • 2020年07月08日更新
  • 320,745 views

検証のポイント

売れ筋のクレンジングオイル32商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 洗浄力

    検証① 洗浄力

    はじめに行ったのは、洗浄力の検証です。手の甲にメイクアイテムを塗り、それぞれのクレンジングオイルを使って落としました。洗い流した後のメイク落ちをみて、5段階で評価しています。使用したメイクアイテムは以下の通りです。洗浄力を比較しやすいように、落ちにくいものを選んでいます。ウォータープルーフマスカラアイシャドウウォータープルーフアイライナーリップティントリキッドファンデーション

  • 保湿力

    検証② 保湿力

    クレンジングオイルを使うと、肌がつっぱってしまうという方も多いですよね。そこで、保湿力の検証を行いました。専用の機械を使い、クレンジング前の肌水分量とクレンジング直後・5分後の肌水分量を比較しています。

  • 成分

    検証③ 成分

    最後に行ったのは、配合されている成分の検証です。成分に詳しい元化粧品系研究開発者Mizuhaさんが、肌への優しさ(負担)を視点に厳しくチェック。敏感肌への適正を考え、5点満点で評価しました。<敏感肌のための美容研究員 Mizuhaさん>大学機関にて研究員として、新規医薬品の創製に関する研究に携わる。その傍ら、元化粧品系の研究開発部で働いて得た現場の知識を活かし、主に「敏感肌」をはじめ肌の弱い方に様々な化粧品の成分・使用感を発信中。現在は化粧品成分上級スペシャリストやコスメコンシェルジュなどの美容・化粧品関連の資格も多数保有。SNSでは10年以上続けてきたコスメの成分調査が評判となり活躍の幅を広げている。※点数が低い=危険というわけではありません。あくまで、敏感肌の方にとって刺激に感じる可能性があるという意味で判定しています。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    クレンジングオイルの選び方

    クレンジングオイルを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① オイルの種類で選ぼう

    クレンジングオイルは、大きく分けて「鉱物油系オイル」「エステル系オイル」「油脂系オイル」の3種類。オイルが組み合わせれている場合もありますが、大抵の場合、成分表示の最初にどのオイルが配合されているかによって種類の判断ができます。


    それぞれメリットとデメリットがありますので、違いを知って、自分に合うものを選びましょう。

    メイク落ち抜群!しっかりメイクには「鉱物油系オイル」

    メイク落ち抜群!しっかりメイクには「鉱物油系オイル」

    鉱物油と聞くと肌に良くないイメージがありますが、油性の性質が強いため、メイクの汚れを残さず落としやすいという点では非常に優秀なオイル 。普段からウォータープルーフタイプのアイメイクをする方におすすめです。


    また、数百円から手に入るコスパの良さも魅力でしょう。ただ、鉱物油の種類によってはお湯で洗い流しにくいものもあるので、そのようなタイプにはクレンジング後の洗顔が欠かせません。また、顔の皮脂を奪いやすくなるため、肌の乾燥を招いてしまうことも。そのため乾燥肌のクレンジング料の成分としては注意が必要です。


    鉱物油の中でも、ミネラルオイルを主成分にしているものが多いですが、以下のような成分も鉱物油として知られています。


    代表的な鉱物油系オイル

    • ミネラルオイル
    • イソヘキサデカン
    • 水添ポリイソブテン
    • スクワラン

    W洗顔不要タイプが多い!使い勝手で選ぶなら「エステル系オイル」

    W洗顔不要タイプが多い!使い勝手で選ぶなら「エステル系オイル」

    鉱物油系オイルには劣りますが、比較的強い洗浄力を持つのがエステル系オイル。酸化しにくく、肌なじみが良いのが特徴です。W洗顔不要で使えるものもあり、使い勝手の良さもメリットと言えるでしょう。


    鉱物油系オイルほど脱脂力は高くありませんが、それなりの脱脂力があるため、肌の皮脂を奪いやすい傾向に。洗顔後はたっぷりと保湿することを心がけましょう。


    以下では、クレンジングオイルによく配合されるエステル系オイルをまとめたので、参考にしてみてくださいね。


    代表的なエステル系オイル

    • エチルヘキサン酸セチル
    • パルミチン酸イソプロピル
    • パルミチン酸エチルヘキシル
    • ミリスチン酸イソプロピル
    • トリエチルヘキサノイン

    肌への負担を抑えた「油脂系オイル」

    肌への負担を抑えた「油脂系オイル」

    クレンジングオイルの中でおすすめなのが、油脂系オイル。


    油脂とはオリーブ油や馬油といった動植物性の油のことで、人の皮脂とも組成が近く、お肌となじみの良い成分です。小量でも数千円する商品が多いので高価なところはデメリットですが、肌へのやさしさはダントツ


    また油脂の場合、洗い流した後に肌に残ってしまったとしても、皮脂同様の保湿成分として働くので、肌の乾燥を防いでくれます。そのため、敏感肌や乾燥肌の方でも使えるオイルといえるでしょう。


    <油脂系オイルの成分例>

    • オリーブ油
    • ヒマワリ種子油
    • メドウフォーム油
    • マカダミアナッツ油
    • トウモロコシ胚芽油
    • コメヌカ油

    • アボガド油

    ② 敏感肌は配合される成分に注意

    敏感肌は配合される成分に注意

    敏感肌はバリア機能が低下して、外部刺激をうけやすくなっているため、クレンジングオイルを選ぶ際には刺激となりやすい成分は避けたいところ。ただ、無添加表記には注意が必要。というのも、無添加の表記は全ての添加物を排除していなくても名乗れてしまうからです。


    特定の成分(香料や着色料)が、1つでも入っていなければ無添加と表記できます。そのため、無添加表記のクレンジングオイルでも、肌に合わないものや、肌質によって刺激に感じる可能性がある成分が配合されていることがあるのです。


    無添加だからという選び方をするのではなく、アルコール・合成香料・合成着色料・防腐剤といった成分があるなかで、どの成分が無添加なのかを見極めて選ぶのがポイントですよ。


    ※パラベン類が一概に刺激があるということではありません。メーカーによっては安全性を考慮し、各アイテムに厳しい配合基準を設定しています。配合量や抗菌性の高いパラベンの場合、まれに人によって刺激に感じる可能性があるので注意が必要です。

    ③ クレンジング時間を短縮するなら、W洗顔不要タイプを選ぼう

    クレンジング時間を短縮するなら、W洗顔不要タイプを選ぼう

    クレンジングオイルの中には、一つでクレンジングから洗顔まで完了させられる、W洗顔不要なものが多くみられます。W洗顔不要タイプは、時短を叶えたい方はもちろん、節約をしたい方にもおすすめです。


    さらに洗顔時の摩擦回数が減るため、うるおいを奪いすぎず、しっとりとした仕上がりになります。特に乾燥肌や敏感肌の方は要チェックポイントです。


    ただし、ベタつきが残ってしまって気になるという場合や、いつもよりしっかりしたメイクの場合は洗顔を推奨します。肌に残った油分がニキビの原因になってしまうこともあるので、肌の洗い上がりの様子を見ながら判断するようにしましょう。

    ④ お風呂場で使う場合は濡れた手でも使えるタイプを選ぼう

    お風呂場で使う場合は濡れた手でも使えるタイプを選ぼう

    濡れた手で使えるオイルなら、水と混ざっても汚れ落ちに大きく影響しないところが特徴。バスタイムでメイクを落としたいという方におすすめです。


    クレンジングオイルは、水と混ざることでメイクの落ち具合が悪くなってしまうものもあります。必ず、「濡れた手OK!」「濡れたまま使える」といったパッケージの記載を確認して選ぶようにしましょう。


    ただし、濡れた手の場合メイク汚れを浮かす乳化する力も弱まるので、しっかりメイクの日は乾いた手で使うのを推奨します。

    マツエクに使えるものも!

    マツエクに使えるものも!

    マツ毛エクステをしている方は、マツエクへの対応に注目!マツエクは、グルーと呼ばれる接着剤を使用しており、鉱物油系オイルの含まれたクレンジングアイテムを使うと接着が弱くなり取れやすくなります。


    しかし、鉱物油系オイルが配合されていてもマツエクに対応しているタイプもあります。ただし、「一般的なグルー(シアノアクリレート系の成分)に限る」といった注意書きがされていることもあるので、自身が使用しているグルーがどんな種類なのか把握しておきましょう。

    売れ筋の人気クレンジングオイル全32商品を徹底比較!

    クレンジングオイルの検証

    ここからは、@cosme・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のクレンジングオイル32商品を全て購入し、どれが最も優れたクレンジングオイルなのか、検証していきます。


    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:洗浄力

    検証②:保湿力

    検証③:成分

    今回検証した商品

    1. ドクターシーラボ|ナチュラルクレンジングオイル
    2. ファンケル|マイルドクレンジングオイル
    3. 牛乳石鹸共進社|無添加 メイク落としオイル
    4. クラシエホームプロダクツ|ボタニカル クレンジングオイル
    5. 資生堂|専科 オールクリアオイル
    6. THREE |バランシング クレンジング オイル
    7. 肌ラボ |極潤オイルクレンジング
    8. 無印良品 |マイルドオイルクレンジング
    9. アテニア|スキンクリアクレンズオイル アロマタイプ
    10. クラシエホームプロダクツ|クレンジングオイル
    11. マンダム|ビフェスタ クレンジングオイル ポアクリア
    12. 花王|ピュアスキンクレンズ
    13. 日本ロレアル|アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジングオイル
    14. 花王|キュレル オイルメイク落とし(医薬部外品)
    15. ビオレ |メイク落とし パーフェクトオイル
    16. ハイピッチ |ディープクレンジングオイルW
    17. ソフティモ |スピーディ クレンジングオイル
    18. キールズ|ミッドナイトボタニカル クレンジングオイル
    19. コーセー|トリートメント クレンジング オイル
    20. スタイリングライフ・ホールディングス|クレンジングリサーチ オイルクレンジング Na
    21. 日本ロレアル|A/O+ P.M.クリア ユース ラディアント クレンジング オイル
    22. 熊野油脂|オリーブ&アルガン クレンジングオイル
    23. ロゼット|ライスリリース クレンジングオイル
    24. エリデン化粧品|おひさまでつくったクレンジングオイル
    25. 日本緑茶センター|AGBクレンジングオイル
    26. ちふれ化粧品|ちふれ クレンジング オイル
    27. 資生堂インターナショナル|ディープクレンジングオイル
    28. イプサ|クレンジング オイル EX
    29. SK-II |フェイシャル トリートメント クレンジング オイル
    30. 熊野油脂|無添加クレンジングオイル
    31. DHC|薬用ディープクレンジングオイル(医薬部外品)
    32. ソフティモ |ディープ クレンジングオイル

    検証① 洗浄力

    洗浄力

    はじめに行ったのは、洗浄力の検証です。


    手の甲にメイクアイテムを塗り、それぞれのクレンジングオイルを使って落としました。洗い流した後のメイク落ちをみて、5段階で評価しています。


    使用したメイクアイテムは以下の通りです。洗浄力を比較しやすいように、落ちにくいものを選んでいます。

    • ウォータープルーフマスカラ
    • アイシャドウ
    • ウォータープルーフアイライナー
    • リップティント
    • リキッドファンデーション

    【検証結果ハイライト】メイク落ちの良さに軍配があがったのは、ミネラルオイル配合のクレンジングオイル

    【検証結果ハイライト】メイク落ちの良さに軍配があがったのは、ミネラルオイル配合のクレンジングオイル

    洗浄力が高かったのは、鉱物油系オイルのなかでもミネラルオイル配合のクレンジングオイル。メイクを素早く浮き上がらせて、ストレスなくクレンジングができました。


    メイクが濃くて、洗浄力が高いものを選びたいという場合は、成分表示を確認してみてくださいね。

    検証② 保湿力

    保湿力

    クレンジングオイルを使うと、肌がつっぱってしまうという方も多いですよね。そこで、保湿力の検証を行いました。


    専用の機械を使い、クレンジング前の肌水分量とクレンジング直後・5分後の肌水分量を比較しています。

    【検証結果ハイライト】トウモロコシ胚芽油を主成分とするオイルが保湿力が高い傾向に

    【検証結果ハイライト】トウモロコシ胚芽油を主成分とするオイルが保湿力が高い傾向に

    クレンジングオイルの中でも、保湿力が高かったのはトウモロコシ胚芽油を主成分とするオイルでした。このオイルを主成分とするシュウウエムラの2商品は、クレンジング後も乾燥する気配すら感じさせず、クレンジングしていることを忘れさせるほど。


    ただ、鉱物油系オイルが最初で、その次にトウモロコシ胚芽油が表記されているものだと保湿力は下がってしまいました。鉱物油系オイルの場合脱脂力が強く、保湿力の高いトウモロコシ胚芽油が配合されていても、肌が乾燥する可能性があるので、表記の順番も確認しておきましょう。

    検証③ 成分

    成分

    最後に行ったのは、配合されている成分の検証です。成分に詳しい元化粧品系研究開発者Mizuhaさんが、肌への優しさ(負担)を視点に厳しくチェック。敏感肌への適正を考え、5点満点で評価しました。


    <敏感肌のための美容研究員 Mizuhaさん>
    大学機関にて研究員として、新規医薬品の創製に関する研究に携わる。その傍ら、元化粧品系の研究開発部で働いて得た現場の知識を活かし、主に「敏感肌」をはじめ肌の弱い方に様々な化粧品の成分・使用感を発信中。現在は化粧品成分上級スペシャリストやコスメコンシェルジュなどの美容・化粧品関連の資格も多数保有。SNSでは10年以上続けてきたコスメの成分調査が評判となり活躍の幅を広げている。


    ※点数が低い=危険というわけではありません。あくまで、敏感肌の方にとって刺激に感じる可能性があるという意味で判定しています。

    【検証結果ハイライト】主成分が油脂系オイル・エステル系オイルで、シンプルな成分設計なものが高評価!

    【検証結果ハイライト】主成分が油脂系オイル・エステル系オイルで、シンプルな成分設計なものが高評価!

    クレンジングオイル=肌に悪いというイメージを持っている方も多いと思いますが、そんなことはありません。主成分が油脂系オイル・エステル系オイルかつ、成分設計がシンプルな商品は敏感肌でも使いやすいという結果に。


    特に、エリデンの「おひさまでつくったクレンジングオイル」やカウブランドの「無添加メイク落としオイル」は、余計なものは一切入っていないシンプルな成分設計となっていました。


    美容成分や香りづけとして植物エキスや精油が複数配合されているのは魅力的ですが、その分肌トラブルへのリスクが高くなります。クレンジングの目的はメイクや顔の汚れを落とすためなので、肌が弱い方は極力シンプルな配合になっているものを選びましょう。

    Mizuha
    敏感肌のための美容研究員
    Mizuhaさんのコメント
    植物エキスや精油が配合されたクレンジングオイルも多いですが、複数種類以上配合されることで肌質によってはまれに刺激に感じることもあります。オーガニックやボタニカルといった響きだけで選ぶのではなく、成分表示を見てから選ぶようにしてくださいね。
    PR

    アテニアスキンクリアクレンズオイル

    1,570円(税込)送料無料

    古い角質まで洗い流す!希少な植物抽出オイルを配合した大人のクレンジングオイル

    「古い角質や汚れがたまっているかも」「洗顔・クレンジングをしても、汚れが落としきれていなくてくすんでいる気がするなど、古い角質やザラつきなどが気になる方に試してほしいのが、「アテニア スキンクリア クレンズオイル」です。


    美容液や高級エステ店でも使用される、厳選された植物性美容オイルを贅沢に配合。ロックローズオイルやイモーテルオイルが、くすみの原因である「肌の古い角質」を落として明るい印象の肌に導きます。


    また、うるおい肌をキープする「バオバブオイル」のほか、毛穴汚れ・角栓・過剰な皮脂までやさしく取り除く「アルガンオイル」も含まれているので、しっとりなめらかな肌へと導きます。無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーなど肌への負担を抑えた処方なのも嬉しいですね。

    たっぷり2ヵ月分入って1,570円と高コスパ!

    スキンクリアクレンズオイル

    2ヵ月分の量がたっぷりと入っ1,570円で手に入るうえに、数量限定で「ハリ実感ローション(14日分)」も付いてくるので、コスパも優秀です。


    有名コスメサイトのクレンジング部門ランキングで2年連続1位を受賞するなど、話題の商品をぜひ一度試してみてください!

    No.1

    ドクターシーラボナチュラルクレンジングオイル

    4,500円(税込)

    総合評価

    5.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 保湿力: 5.0
    • 成分: 3.0

    迷ったらコレ!だれが使っても満足すること間違いなしの優等生

    見事1位に輝いたのは、ドクターシーラボのナチュラルクレンジングオイル。クレンジング以外の機能も優れています。古い角質や汚れを落とすことに加えて、ハリを与えたり肌キメの乱れも整えたりといった効果を期待できますよ。


    洗浄力の高さはお見事です。濃いメイクも浮き上がらせ、力をかけずにするんと落とすことができました。テクスチャーはさらりとしていますが、しっとりと潤うのも嬉しいポイント。


    敏感肌に嬉しい、香料・着色剤・鉱物油・パラベン・アルコールフリー。オイルは肌に悪そう…と今まで使ったことのない方にこそぜひおすすめしたい商品です!

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.2

    抜群のメイク落ち!しっかりメイクならマストで持っておきたいオイル

    なかなか手ごわいウォータープルーフマスカラも難なく落ちます!テクスチャーもよく伸びて、肌に馴染みやすいので使い心地も抜群です。


    洗浄力が強い分、保湿力が下がるかと思いきや高い水分量を保持したままでした。洗い上がりはベタベタしないので、さっぱりとした洗い上がりが好きな方でも満足できるでしょう。


    さらに、濡れた手・マスカラでも使えて、W洗顔も不要とどんな人にでも合う優秀なクレンジングオイルです。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用
    特徴プチプラ
    No.3

    牛乳石鹸共進社無添加 メイク落としオイル

    515円(税込)

    総合評価

    5.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 5.0
    • 成分: 4.0

    肌への優しさと洗浄力を両立!敏感肌でもメイクがしっかり落とせるのが嬉しい

    肌への優しさが人気のカウブランドが3位にランクイン。ナチュラルメイク向きのクレンジングオイルと思いきや、洗浄力はしっかりとありました。それでいて、保湿力も高く優秀な商品です。


    比較的強い洗浄力成分を配合していますが、その点をのぞいては肌に刺激になりにくい成分で構成されています。敏感肌でクレンジングオイルを使いたい人におすすめです。

    W洗顔不要W洗顔推奨
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.4

    クラシエホームプロダクツボタニカル クレンジングオイル

    633円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 2.0

    しっとりと洗いあがるのが魅力!使用の際は液だれに注意

    洗い上がりのしっとり感が強く、肌に薄い油膜がはられた感覚でした。しっとりとはいってもベタついたりはしないので、使用感は抜群です。


    肝心の洗浄力も抜群で、かなりコスパが高い商品といえます。ただ、精油がブレンドして配合されているということで、肌の弱い方や敏感肌の方には刺激を感じる可能性もあります。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.5

    資生堂専科 オールクリアオイル

    809円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 2.0

    洗浄力も保湿力も文句なし!サラサラすぎるテクスチャーが惜しい

    サラサラすぎるテクススチャーで、肌に摩擦を感じました。しかしメイク落ちは優秀!色素沈着していたティントリップもかなり薄くなりました。


    強い洗浄力にしては保湿力もあったので、程よい価格でメイク落ちの良いクレンジングオイルをお探しなら、試す価値ありと言えそうです。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.6

    THREE バランシング クレンジング オイル

    3,560円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 3.0
    • 保湿力: 5.0
    • 成分: 4.0

    保湿力と成分は優秀!ナチュラルメイクにおすすめ

    自然の恵みをふんだんに取り入れて、ナチュラル思考の女性から支持を集めているTHREE。洗浄力は強くありませんが、濃いメイクでなければすっきりと落とすことができますよ。


    注目すべきは保湿力の高さ。洗い流した後は、しっとりモチモチの肌になりました。また成分も肌に優しいので、肌を労りながらクレンジングしたい人におすすめです。

    W洗顔不要-
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用-
    特徴デパコス
    No.7

    肌ラボ 極潤オイルクレンジング

    770円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 3.0

    実力は平均以上!ストレスなくクレンジングできる

    メイクとのなじみが早く、素早くメイクが落ちました。使用後の保湿力も申し分なく、総合的には平均点以上です。


    残念だった点を挙げるとすれば香り。特別な香料は配合されていませんが、全く無臭というわけではありません。油性インクの香りがして、気分が悪くなるという声もあったので、匂いに敏感な方は注意しましょう。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.8

    無印良品 マイルドオイルクレンジング

    1,499円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 保湿力: 3.0
    • 成分: 2.0

    ハードな洗浄力にびっくり!鉱物油フリーの表記に疑問

    マイルドと商品名についていますが、洗浄力がかなり高いオイルです。ウォータープルーフマスカラもすっきりと落ちます。


    また配合されている水添ポリイソブテンは、皮膜感が残りやすく、洗い上りがベタつきを感じることもあるので、メイク状況や肌質に応じてW洗顔が必要です。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.9

    アテニアスキンクリアクレンズオイル アロマタイプ

    1,188円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 3.0

    とろみのあるテクスチャーだけど保湿力は△

    メイクだけでなく、くすみの原因となる古い角質や汚れも一緒に落とせるのが強みです。クレンジング直後は潤いが残ったままでしたが、時間がたつと水分量が低下。すぐに保湿ケアをするのがおすすめです。


    マツエク・濡れた手でもOKで使い勝手は悪くありません。また柑橘系の香りが特徴的で、好きな方は気にいるのではないでしょうか。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用
    特徴プチプラ
    No.10

    クラシエホームプロダクツクレンジングオイル

    532円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 3.0
    • 成分: 3.0

    洗浄力はありつつもバランスのいい無難なオイル

    すべての項目において平均点以上と、バランスのとれた商品です。メイクをしっかり落としつつも、肌を乾燥させないため普段使いにも適しています。着色料・合成香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・シリコン・アルコール(エタノール)といった7成分が無添加で、肌への刺激が抑えられているのも嬉しいですね。


    また、テクスチャーもするすると伸びて使いやすいので、だれでも使いやすい無難なクレンジングオイルでしょう。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.11

    マンダムビフェスタ クレンジングオイル ポアクリア

    668円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 2.0

    クレンジングというよりも美容液を塗っているような感覚

    程よいとろみで、肌への塗り心地が美容液みたいなオイルです。植物オイルが複数配合されていることで、オーガニック系コスメの香りがふんわりと漂います。


    ミネラルオイルとエステルオイルがベースになっているため、肌に優しそうな見た目とは裏腹に洗浄力は高めです。しっとり感が強いですが、水分量は低下したので保湿は必須です。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.12

    花王ピュアスキンクレンズ

    836円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 2.0

    乳化いらずで、さっぱりと洗いあがる新感覚のオイル

    手に取った時はぬるつきを感じるジェルでしたが、水切れがよくメイクもすっきりと洗い流してくれました。ただ、洗い上がりがさっぱりしすぎているので、乾燥肌の方には不向き


    フローラルな香りは検証時でも人気で、毎日のクレンジングが癒しの時間になること間違いなしです。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.13

    日本ロレアルアルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジングオイル

    2,787円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 5.0
    • 成分: 4.0

    肌に優しく、潤いを与えながらのクレンジングが叶う!

    肌に優しい油脂をベースに作られている、クレンジングオイルです。特筆すべきはその保湿力。クレンジング5分後も、水分量が高いままキープされました。


    洗浄力はマイルドなため、普段からパウダーファンデーションを使うナチュラルメイクの方におすすめ。高級感のある香りは好評で、リラックス効果は◎!

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用
    特徴デパコス
    No.14

    花王キュレル オイルメイク落とし(医薬部外品)

    1,079円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 3.0
    • 成分: 2.0

    敏感肌用とはいえ脱脂力が強くておすすめできない

    乾燥性敏感肌に向けて作られているクレンジングオイルですが、脱脂力が高く、洗い終わったあとに乾燥してしまいます。


    洗浄力が高いのは評価できるポイントですが、敏感肌でも使えることを期待して購入すると期待はずれかもしれません。肌に優しい商品はほかにもたくさんあるのであえて選ぶ必要はないでしょう。

    W洗顔不要-
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.15

    ビオレ メイク落とし パーフェクトオイル

    909円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 1.0

    オイルといえばコレ!使用感と洗浄力は抜群でした

    クレンジングオイルといえばパーフェクトオイルというほど人気ですが、保湿力と成分評価で順位を下げてしまいました。


    洗浄力が高く、どんな濃いメイクでも落としてくれますが、その分保湿力は低め。保湿力を重視する方には向いていません。使うとしても、短時間でのクレンジングを推奨。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.16

    ハイピッチ ディープクレンジングオイルW

    1,007円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 3.0

    水みたいにサラサラ!顔にとどまらないのでたっぷり使う必要がありそう

    とろみがなく、水のようにサラサラとしています。肌への密着力がないせいか、たっぷり量を使わないと顔全体のメイクを落とせません。


    柑橘系の香りが爽やかで、リラックス効果が高いのは魅力です。ただ、クレンジング後に水分量が大幅に低下したので、すぐに保湿するようにしましょう。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.17

    ソフティモ スピーディ クレンジングオイル

    416円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 洗浄力: 5.0
    • 保湿力: 1.0
    • 成分: 2.0

    素早くクレンジングができるのは◎!でも濃いメイクの日にだけ使うのが無難

    洗浄力では満点評価だった、スピーディクレンジングオイル。落としにくいウォータープルーフマスカラやアイライナーもしっかり落ちています。


    商品名の通り、素早くメイクを浮かせてくれるので忙しい人には便利です。ただ、保湿力が低く肌がつっぱってしまうので、メイクが濃い日だけに使うなど工夫する必要があります。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.18

    キールズミッドナイトボタニカル クレンジングオイル

    4,276円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 2.0

    ボタニカルでも成分評価は低め…敏感肌は避けて

    ラベンダーの香りが強く、ボタニカル感溢れるクレンジングオイル。さらりとしていながらも、とろみのあるテクスチャーで、他のオイルと比べて冷たいです。


    ボタニカル=肌に優しそうというイメージがありますが、精油が複数配合されているため肌質によっては刺激に感じる可能性もあります

    W洗顔不要
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用-
    特徴デパコス
    No.19

    コーセートリートメント クレンジング オイル

    1,430円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 1.0
    • 成分: 1.0

    洗浄力をとるか保湿力をとるかで評価が分かれる!強い香りには注意

    洗浄力が高い分保湿力が低く、クレンジングで何を重視するかによって評価が分かれる結果に。普段から濃いメイクをしている方には向いています。


    検証の際には、雪肌精特有の香りが強くて毎日は使えないという声もあった一方で、リラックスできる香りという声もあり、使う人を選ぶクレンジングオイルです。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.20

    スタイリングライフ・ホールディングスクレンジングリサーチ オイルクレンジング Na

    841円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 3.0
    • 成分: 1.0

    スースーとした洗い上がりが爽快!脂性肌向けのクレンジングオイル

    ピーリング成分であるアルファヒドロキシ酸(AHA)配合で、洗い流した後は肌がスースーします。毎日使うには肌に負担がかかりそうですが、脂性肌や皮脂の分泌が多い男にはおすすめです。


    りんごの香りが強いので、無香料が好みの方だと不快に感じる可能性も。肌質や好みに合えば使いやすいクレンジングといえます。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.21

    日本ロレアルA/O+ P.M.クリア ユース ラディアント クレンジング オイル

    5,940円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 3.0

    クレンジングとしての機能は低いが、肌を健やかに保てる

    軽いくて水ようなテクスチャーが印象的です。油脂ベースのクレンジングオイルのため、洗浄力は高くありませんが、保湿力はありました。


    古い角質や肌に付着した大気中の汚れも洗い流せるようなので、肌を健やかに保つために使用してみてもいいかもしれません。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用
    特徴デパコス
    No.22

    熊野油脂オリーブ&アルガン クレンジングオイル

    360円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 3.0
    • 保湿力: 3.0
    • 成分: 2.0

    爽やかな香りとスタイリッシュな容器は好評!濃いメイクでなければ使う価値あり

    パッケージデザインや独特な容器の形がオシャレだと好評でした。機能性としては、洗浄力も保湿力もまずまずといったことろ。ベースメイクはしっかり落ちるので、メイクが濃すぎなければ十分使えるオイルです。


    ただ、うりにしているオリーブオイルやアルガンオイルの配合量が少なく、ミネラルオイルが主成分となっているので敏感肌の方には向いていません。

    W洗顔不要-
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.23

    ロゼットライスリリース クレンジングオイル

    613円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 3.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 4.0

    ポンプが硬くて使いにくい…期待していたほどの保湿効果も得られず

    ポンプが硬く、クレンジングをする前からストレスがたまります。洗浄力は悪くないのですが、ウォータープルーフマスカラはやや残ってしまいました。


    また、潤い効果に優れた3種のライス由来成分とのことですが、洗い上がりはさほど潤わず、どちらかというとさっぱりタイプのオイルです。

    W洗顔不要W洗顔推奨
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.24

    エリデン化粧品おひさまでつくったクレンジングオイル

    1,155円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 1.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 5.0

    肌への優しさはダントツ!クレンジングに時間がかかるのがネック

    ドロドロとしたテクスチャーで、メイクに馴染むまで時間がかかります。洗浄力が弱いので、ウォータープルーフは落ちませんでした。


    ただ、成分評価では満点。シンプルな成分設計と、油脂ベースの洗浄成分で、肌への優しさは抜群です。

    W洗顔不要-
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.25

    日本緑茶センターAGBクレンジングオイル

    1,780円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 3.0
    • 成分: 4.0

    肌への優しさはgood!使うかどうかはメイクの濃さが決め手

    油脂をベースに作られているため、洗浄力はマイルドです。その名の通り、保湿力の高いアルガンオイルが配合されているため、洗い上がりもしっとりします。


    成分設計もシンプルでどんな肌質でも使いやすい商品ではありますが、しっかりメイクする方には向いていません。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.26

    ちふれ化粧品ちふれ クレンジング オイル

    770円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 3.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 3.0

    とろとろのテクスチャーは好みが分かれる

    とろみと弾力のあるテクスチャーで、擦っても肌に負担がかからないのが好印象。


    W洗顔が必要なタイプとはいえ、洗い流した後に肌にまとわりつくように残ってしまいます。メイクがすっきり落ちるわけでもないので、使用感以外で評価するべきところはありません。

    W洗顔不要-
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.27

    資生堂インターナショナルディープクレンジングオイル

    2,040円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 1.0
    • 保湿力: 4.0
    • 成分: 4.0

    敏感肌でも使えるオイル!洗浄力が低いのでナチュラルメイク向き

    敏感肌のために肌に優しい成分で作られた、肌負担の少ないクレンジングオイルです。しっかりメイクも落とせるという説明書きがありますが、実際の洗浄力はそこまで高くありません。


    洗い上がりはさっぱりしますが、保湿力は高め。普段からナチュラルメイクだけど、オイルですっきり落としたという方におすすめです。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用
    特徴プチプラ
    No.28

    イプサクレンジング オイル EX

    3,960円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 3.0

    伸びがよく使いやすいのに、洗い上がりがつっぱる

    エステルオイルを主成分とするクレンジングオイルで、成分に見合った洗浄力と保湿力でした。値段を考えるとコスパは低いです。


    伸びが良く使いやすいのはメリットですが、脱脂力が強いのかつっぱってしまいます。クレンジング後のスキンケアは時間をおかずに行いましょう。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用
    マツエクでの使用-
    特徴デパコス
    No.29

    SK-II フェイシャル トリートメント クレンジング オイル

    5,985円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 4.0
    • 保湿力: 1.0
    • 成分: 1.0

    値段のわりに洗浄力以外で評価できる点が少ない

    サラサラのテクスチャーとSK-II特有の香りが特徴です。洗浄力は強く、ウォータープルーフマスカラもすっきり落ちますが、肌への摩擦が強いのがネック。


    高級ブランドでありながら保湿力や成分の評価が低く、肌の弱い方にはおすすめできません。

    W洗顔不要-
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用-
    特徴デパコス
    No.30

    熊野油脂無添加クレンジングオイル

    562円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 2.0

    大容量なのは嬉しい!でも重いテクスチャーで肌に伸ばすのに一苦労…

    重ためオイルで、肌に伸ばすのに時間がかかります。量を使わないとメイクと馴染まないのも難点。


    低価格にも関わらず大容量なのは嬉しいですが、使うときのストレスを考えるとあえて選ぶ必要性は感じられません。

    W洗顔不要W洗顔推奨
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ
    No.31

    DHC薬用ディープクレンジングオイル(医薬部外品)

    2,416円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 洗浄力: 2.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 0.0

    オイル感の強いメイク落とし!洗い流した後の乾燥に注意

    オイルが濃厚で、クレンジングというよりはオリーブオイルに近いです。メイク落ちはまずまずといったところですが、洗い流した後に肌がつっぱります。それでいてW洗顔が必要な商品のため、乾燥は避けられません。


    また、成分表示が記載されていなかったため、成分は未評価。肌に合うか判断がつかないため、一度顔以外のパーツで使ってみるのをおすすめします。

    W洗顔不要-
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用-
    特徴デパコス
    No.32

    ソフティモ ディープ クレンジングオイル

    536円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 洗浄力: 1.0
    • 保湿力: 2.0
    • 成分: 2.0

    伸びが悪くて肌に馴染まない…メイク落ちも△

    サラサラでオレンジの香りがほのかにするオイルです。洗浄力の高いミネラルオイルを配合しているにも関わらず、ウォータープルーフアイテムの落ちが悪かったです。


    伸びが悪く、肌馴染みもいまひとつ。摩擦による肌ダメージも気になるので、毛穴ケアにも不向きでしょう。

    W洗顔不要
    濡れた手での使用-
    マツエクでの使用-
    特徴プチプラ

    人気クレンジングオイルの検証結果比較表

    クレンジングオイルの効果的な使い方

    メイク落ちが良いといわれるクレンジングオイルですが、メイクと馴染まなかったり、しっかり洗い流せなかったりと使い方に苦労する方もいると思います。以下では、クレンジングオイルを効果的に使う方法をご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

    ポイントメイクは集中的に落とすのが◎

    ポイントメイクは集中的に落とすのが◎

    クレンジングオイルを使っていてもメイク落ちがよくないと感じている方は、クレンジングの順番を意識してみましょう。


    最初に、目の周りや唇のポイントメイクは集中的に落としていきます。全て一気にクレンジングしようとすると、汚れが混じってしまい、メイクの落ちが悪くなってしまうからです。


    また、無理矢理落とそうとすると摩擦が増えて、肌負担が大きくなってしまいます。ポイントメイクがある程度落ちてから、ベースメイクを落とすようにしてくださいね。

    「乳化」させてからすすげば洗い残し防止に

    「乳化」させてからすすげば洗い残し防止に

    クレンジングオイルを肌に残さないためには、お湯で流す前に「乳化」させましょう。オイルを顔全体になじませて十分メイクが浮いてきたら、手のひらに少量のお湯を加えてください。すると手のひらに残ったオイルとお湯が混ざって白っぽくなるはずです。これが乳化です。


    この状態になったら、乳化したオイルを顔になじませて洗い流しましょう。オイルは、そのままの状態ではお湯で流しにくいので、どうしても洗い残しが出てしまいます。流す前に乳化させて、すっきりと落とせるようにしてみてくださいね。

    敏感肌におすすめのやさしいクレンジングはこちら!

    肌の弱い方は、敏感肌用や低刺激にこだわったクレンジングを使ってみましょう。以下の記事でやさしくメイクオフできるクレンジングをご紹介していますので、こちらも合わせてチェックしてくださいね。

    クレンジングオイルの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、クレンジングオイルの@cosme shopping・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下から確認して下さい。

    まとめ

    今回は売れ筋上位のクレンジングオイル32商品を徹底的に比較・検証しました。


    商品よってオイルの特徴や成分はさまざまで、洗浄力も保湿力も大きく差がでる結果に。毎日使うものだからこそ、自分の肌に合ったお気に入りのクレンジングオイルを選んでくださいね。


    文:佐々木里緒、写真:三浦晃一・稲垣佑季

    ランキング作成日:2018/12/31

    プロが愛用するおすすめのクレンジングオイル

    最後に、プロの愛用するおすすめのクレンジングオイルをご紹介します。
    専門家の
    マイベスト

    shu uemura アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル

    8,790円 (税込)

    その他のクレンジングオイル記事

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す