• 20c5e934b1b712f1ada0f2d69d696477e664e3aa
  • 1c58da7969af40adf22e9310ec1dc2017ed0fbd7
  • 1db9a3ecbbd706b3484be64a84e36e2198cfe6c8
  • Ebbd67133272eebfad76d580979a5bf3c98f91a4
  • 3c5d48370c72dc61c549c59d2bbc0bdf65aed2cc

ロードバイク用ボトルケージのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれで使いやすい!】

ロードバイクなどの自転車競技中に水分補給することは、安全のためにとても大切です。出先で買ったペットボトルを取り付けられるボトルケージ(ボトルホルダー)があると特に便利ですが、おしゃれさや取り付けの簡単さ、軽量であることなど比較ポイントがたくさんあるので、どれにしようか迷ってしまう人が多いかもしれません。

そこで今回は、おすすめの人気ボトルケージをランキング形式で10選ご紹介します。イベラやミノウラなど定番メーカーの商品から、コスパ抜群のアイテムまで幅広くピックアップしました!あなたにぴったりのボトルケージをぜひ見つけてくださいね。

最終更新日:2017年06月06日 | 15,509views

ボトルケージの取り付け方

ボトルケージは、基本的にはロードバイクのダウンチューブかシートチューブに付けます。これらの部位は自転車にまたがっていても手が届く場所ですので、ボトルケージさえついていればいつでもすぐに水分補給ができます。

また、これらの場所に付けるのが嫌な人や、長距離のサイクリングで複数のボトルをつけておきたい場合は、ロードバイクの他の部分に取り付けられるボトルケージを使うこともできます。

取り付け方としては、ロードバイクのダウンチューブやシートチューブにあるネジ穴にボトルケージを取り付けます。ボトルケージをつける際にはそれに合ったボルトやネジが必要ということを覚えておきましょう。

ロードバイク用ボトルケージの選び方

では、実際にボトルケージを選ぶ際のポイントをいくつかお教えします。このポイントを見ておかないと、買った後に後悔することになりますので、以下のポイントを必ずチェックしてくださいね!

ペットボトルが入れられるか

ボトルケージは、一般的なウォーターボトルの径である74㎜に合わせたサイズが多くなっています。そのため、標準サイズが64㎜径である市販のペットボトルを入れるとスカスカになってしまい、ちょっとした段差を乗り越えたり、でこぼこした道を走っている時に簡単に落ちてしまいます。

ウォーターボトルだけを使うのであれば特に気にする必要はありませんが、外出先でペットボトルを買って飲む可能性があるなら、ペットボトルの径に合わせられるボトルケージを購入する必要があります。最近では、ネジなどを使って径を変えられるボトルケージもあるので、ペットボトルを使いたい人はそういったアイテムを買うようにしましょう!

重さ・丈夫さ・見た目は素材で決まる

ボトルケージの素材はさまざまで、それぞれ特徴が異なります。ロードバイク用のボトルケージの多くは、カーボンやアルミ合金・樹脂・プラスチックなど、重量にこだわって軽い素材で作られています。樹脂やプラスチック製のボトルケージは安いですが比較的劣化しやすく、ダメージに弱いという性質があります。

また、素材によって光沢感や質感が大きく変わるため、見た目にこだわる人は自分のロードバイクに合う光沢感や質感の材質を選ぶ必要があります。中には見た目にこだわって少し重いスチール製を使う人もいるようです。ボトルケージを選ぶ際には、素材の重さや見た目のバランスをチェックしておくことも大切ですね。

取り出しやすさで選ぶ

ボトルケージはサイクリング中にスムーズに給水するためのものなので、取り出しやすさは重要です。すぐにドリンクを取り出せるボトルケージなら、信号待ちやちょっとしたストップですぐに飲むことができますので、30分以上のロングライドや夏のサイクリングにも重宝します。

そんなボトルケージは、取り出しやすく工夫されたものも多く、中には人間工学を考えて取り出しやすくしているものまであるんです。取り出しやすさを重視するために左右非対称(アシメトリー)タイプのボトルケージもあるので、どちらの手で取り出すのかを考えて買うようにしましょう。

取り付け用ボルトが付属しているかどうか

前述したように、ボトルケージの取り付けにはボルトやネジが必要です。これらはボトルケージについてくる場合もそうでない場合もあるので、ボトルケージを買う際には取り付けボルトが付属しているのかチェックしておきましょう。

ボルトが付属していない場合には、そのサイズに合った市販のボルトを自分で用意する必要があります。見た目にこだわる人であれば、色や質感などが合うネジを探す必要がありますので、その分少し労力がかかります。付属していないのであれば、ボトルケージを買う時に一緒にボルトを注文しておくのもいいかもしれませんね!

ロードバイク用ボトルケージのおすすめ人気ランキング10選

では、ロードバイク用ボトルケージのおすすめ人気ランキングTOP10を見ていきましょう!最近人気のボトルケージは、機能・価格・重量・デザインともに申し分ないものばかりですので、ぜひじっくり選んでみてくださいね。

10位:Sportneer 自転車 ボトルケージ

Sportneer 自転車 ボトルケージ ボトルホルダー 軽量 アルミ ペットボトル ドリンクボトル サイクル
898円(税込)

・素材:アルミ
・重量:56g
・取り付けボルト・ネジ付属
・ペットボトルは入れられるが滑り落ちる危険性あり

人間工学に基づく取り出しやすさ!スタイリッシュなアルミ製ボトルケージ

アルミ製のスタイリッシュなボトルケージです。ボルトとネジが付いてくるので、自分で買いそろえる面倒はありません。

人間工学に基づいた構造により、簡単に左右両サイドからの出し入れでききますが、3重ガードシステムでボトルをかなりしっかりホールドしてくれます。ペットボトルも入れることは可能ですが、ペットボトルのホールドは若干弱いため、段差を通るときには落下の危険性があります。ウォーターボトルをメインで使う人におすすめしたいボトルケージですね。

9位:EpochAir 自転車用ボトルケージ

EpochAir 軽量サイクルボトルケージ 自転車用ボトルケージ/ホルダー
799円(税込)

・素材:プラスチック
・重量:40g
・取り付けネジ付属
・ペットボトル・350ml缶対応

軽量ながらペットボトルも350ml缶も安定ホールド

40gと軽量なプラスチックボトルホルダーです。このボトルホルダーの売りは、ウォーターボトルだけでなく、ペットボトルや350ml缶もしっかりホールドしてくれる点です。ペットボトルを入れて逆さまにしても落ちてこないほど、しっかりしたホールド力があります。

若干プリントが安っぽいという感想を持つ人もいるようですが、機能・重量ともに十分満足できる、コスパのいいボトルケージですね!

8位: Ibera 超軽量アルミ合金製ボトルホルダー

Ibera(イベラ)自転車 ボトルケージ 超軽量アルミ合金製 サイクル ボトルホルダー 29g

・素材:アルミニウム合金
・重量:29g
・取り付けボルト付属
・ペットボトル非対応

たったの29g!軽くてスタイリッシュな合金ボトルケージ

重量わずか29g!とにかく軽くてスタイリッシュなボトルケージが欲しい人にはお勧めのアイテムです。通常サイズのペットボトルには対応していませんが、ウォーターボトル以外にも600mlの少し大きめのペットボトルやツールケースが収納可能です。どんな自転車にも合うシンプルなデザインも人気のアイテムですね。

7位:ミノウラ AB100-4.5 デュラケージ

ミノウラ(ミノウラ) AB100-4.5 デュラケージ WBC0410000000 サイクルボトルケージ

・素材:アルミニウム合金(ジュラルミン)
・重量:36g
・取り付けボルト付属
・ペットボトル非対応

ホールド力・シンプルさ・丈夫さで選ぶならこれ!

ウォーターボトルをしっかりホールドしてくれるジュラルミン製ボトルケージです。重量も36gと軽量で、ジュラルミン製ですので非常に丈夫にできています。とにかくウォーターボトルのホールド力が強い、丈夫でシンプルなボトルケージが欲しい人にはおすすめのアイテムです!

6位:titosoy 自転車用ドリンクホルダー/ボトルゲージ

自転車用ドリンクホルダー/ボトルゲージ
128円(税込)

・素材:プラスチック
・重量:32g
・付属ボルトなし
・ペットボトル対応

コスパ最強。予備を買っても他より安いプラスチック製ボトルケージ

非常にコストパフォーマンスに優れるプラスチック製ボトルケージです。ペットボトルにもウォーターボトルにも対応していますが、強度が弱いためあまり重いものを入れると壊れてしまうことが多いようです。ただ、予備を買っても他のボトルケージより安いので、壊れることを前提としていくつか買っておくのも手です。

デザインも悪くないので、とにかくボトルケージは費用を抑えたいという人にはぜひおすすめしたいアイテムです。

5位:Bikeguy どこでもケージホルダー(ペットケージ付き)

Bikeguy どこでもケージホルダー[ペットケージ付き] ブラック
792円(税込)

・素材:軽合金
・重量 : 約90g
・取り付けネジ不要(テープで固定)
・ペットボトル対応

ボルト不要!バイクのどこでも取り付け可能

他のボトルケージのようにボルトでフレームに付けるタイプではなく、ホルダーを巻いて取り付けるタイプですので、自転車のどこにでも装着可能です。ダウンチューブやシートチューブ以外にもシートポストやトップチューブ・ヘッドチューブなどにも取り付けることができます。

ただし、ベルクロテープを巻いて装着するだけですので、振動に弱く、ずれてきやすいという難点があります。何らかの事情で普通のボトルケージが使えない場合や、2つ以上ボトルケージをつける時に使いたい一品ですね!

4位:Emgreat カーボンボトルケージ

Emgreat 超軽量自転車用 カーボンボトルケージ ボトルホルダ 高密度炭素繊維製 わずか26g (74mm to 90mmボトルの直径範囲)
1,699円(税込)

・素材:カーボン
・重量:28g
・取り付けネジ付属
・ペットボトル非対応

軽さ・丈夫さ・見た目の良さ、3拍子揃ったボトルケージ

軽さ・丈夫さ・見た目の良さをすべて兼ね備えたカーボン製のボトルケージです。

たった28gなのに丈夫で耐久性が高いこのカーボン製ボトルケージは、多少他のボトルケージより高いですが、他の素材にはない光沢や質感を出せるためコアなファンが多いアイテムです。自転車アクセサリーにこだわる人には絶対おすすめのボトルケージですよ!

3位:ミノウラ ペットボトル用ケージ PC-500

MINOURA(ミノウラ) ペットボトル用ケージ [PC-500] 500ml用 ブラック
567円(税込)

・素材:アルミニウム合金
・重量:50g
・付属ボルトなし
・ペットボトル対応

安定のホールド力と取り出しやすさ!ペットボトル専用お手頃ボトルケージ

おすすめ人気ランキング第3位はミノウラのペットボトル専用ボトルケージです。シンプルなデザインとしっかりしたホールド力で人気の商品ですので、ボトルが落ちる心配なく安心して使えます。カラーバリエーションも豊富なので自転車カラーに合わせたケージを選ぶこともできます。

7位で紹介した同ブランドのボトルケージよりやや耐久性は落ちますが、コスパ高めのボトルケージです。ペットボトル専用のため、ウォーターボトルには対応していませんので注意してくださいね。

2位:トピーク モジュラー ケージ II

トピーク(トピーク) モジュラー ケージ II Modula Cage II WBC0510000000 サイクルボトルケージ (Men's、Lady's)

・素材:アルミニウム合金
・重量:72g
・付属ボルトなし
・ペットボトル対応

調節可能なケージでボトル落下の心配不要

ワンタッチで内径を調整できる可変性ボトルケージです。内径を調節することで、ペットボトルもウォーターボトルもジャストフィットで収納可能です。このボトルケージがあれば、ボトルの落下の心配がまったくいりません。ペットボトルもウォーターボトルもどちらも安心して使いたい人に、ぜひおすすめしたいアイテムです!

1位:Ibera サイクルボトルケージ

Ibera(イベラ)30g超軽量合金製サイクルボトルケージ 自転車ドリンクホルダー

・素材:アルミニウム合金
・重量:30g
・取り付けボルト付属
・ペットボトル非対応

圧倒的な取り出しやすさ!走りを邪魔しない給水を実現

おすすめ人気ランキング第1位は、イベラのアシメトリーボトルケージです。このボトルケージの最大の売りは、人間工学に基づいて作られた構造による取り出しやすさ!自転車走行中でもスムーズに取り出して戻すことが可能です。ダウンチューブに付けると右手で、シートチューブに付けると左手で取ることになるので、装着部位には注意してくださいね。

とにかく走りを邪魔しないように給水したいという人は必ず使ってみて欲しいボトルケージです。これを使うだけでロングライドのタイムもきっと上がってくるでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?1,000円以下で買えるボトルケージも多いので、「そんなにロングライドもしないし、今までボトルケージなんて使っていなかった」という人も、使ってみたくなりませんか?自分に合うボトルケージを見つけて、ロングライドや真夏のライドでも、スムーズな給水を実現させましょう!

人気の記事

関連キーワード