• 発芽玄米のおすすめ人気ランキング8選のアイキャッチ画像1枚目
  • 発芽玄米のおすすめ人気ランキング8選のアイキャッチ画像2枚目
  • 発芽玄米のおすすめ人気ランキング8選のアイキャッチ画像3枚目
  • 発芽玄米のおすすめ人気ランキング8選のアイキャッチ画像4枚目
  • 発芽玄米のおすすめ人気ランキング8選のアイキャッチ画像5枚目

発芽玄米のおすすめ人気ランキング8選

玄米を少しだけ発芽させた健康米「発芽玄米」。玄米よりも栄養価が高く吸収率も良いことから注目され、人気が集まっています。炊飯器で玄米よりも手軽に炊け、白米や雑穀と混ぜるなどのいろいろな食べ方が楽しめるところも魅力。玄米食には挫折したけど発芽玄米なら続けられた、などという口コミも多数見られます。とはいえ、お店やネット上では様々なこだわりの発芽玄米が売られているので、どれがいいのかわからず、迷ってしまうのではないでしょうか?

そこで今回は、発芽玄米を選ぶ時のポイントをわかりやすく解説。その後でおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。最後に、おいしい炊き方のコツもお教えしますので、あなたも発芽玄米で健康的な食事に挑戦してみませんか?
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 49,405  views
目次

発芽玄米とは?

発芽玄米とは?

出典:amazon.co.jp

「発芽玄米」は、その名のとおり、玄米を少しだけ発芽させたお米のこと。0.5mm~1mmくらい発芽した玄米を発芽玄米と呼んでいます。精米した普通の白米は水に浸しても芽を出すことはありませんが、玄米は水に浸して一定の温度の中で放置しておくと発芽します。

たかが0.5mm~1mmくらい発芽しただけ、とあなどるなかれ!玄米が発芽する際に眠っていた酵素が活性化し、芽を出すために必要な栄養を玄米の内部に増やしていきます。そのため、そのままの玄米よりも栄養価が高くなっているのです。

さらに水をしっかり吸って発芽しているため硬いヌカ層もやわらかくなっており、白米と同じように炊飯することができます。手軽に栄養価の高いごはんを食べることができるため、近年注目を集めている健康食品です。

発芽玄米と玄米の違い

発芽玄米と玄米の違い

出典:amazon.co.jp

発芽玄米と玄米の違いは「発芽しているか否か」ですが、炊き方や味わいには大きな違いがあります。

玄米はまわりにヌカ層があるために浸水に時間がかかります。最低でも8時間ほど水につけておく必要があり、しっかり水を吸わせないで炊くと、パサパサぼそぼそでおいしくない炊きあがりになってしまいます。最近は「玄米炊きモード」が搭載された炊飯器もありますが、玄米をおいしく炊くには少しだけ手間がかかります。

一方の発芽玄米は、発芽時に水を吸うために細胞壁が分解され、発芽による酵素の働きでヌカ層がやわらかくなっています。そのため、白米と同じように炊飯器で炊くことができます。白米や他の穀類、雑穀と混ぜて炊飯することもできますよ。

自分の好みに合わせていろいろな楽しみ方ができ、手軽に食生活に入れられることも発芽玄米の大きなメリットと言えます。

発芽玄米の栄養

発芽玄米の栄養
発芽玄米の栄養価の高さは、白米やその他の穀物類に比べても群を抜いています。白米に比べて、ビタミン類は約2~2.5倍、マグネシウムは約5倍、カリウムは約3倍、カルシウムは約1.5倍と、数値でも一目瞭然です。

腸内環境を整える食物繊維は約5倍、コレステロールや血圧、ストレスにも良いとされるガンマアミノ酪酸(ギャバ・GABA)は約10倍と、現代人の悩みを解消してくれる効果も期待できます。

また、白米に含まれないビタミンB1やミネラル類、解毒作用が高く注目されているフィチンなども発芽玄米には多く含まれているので、美容や健康に気をつけている多くの人が食生活に取り入れているのも頷けます。

さらに、発芽玄米は栄養豊富な上に、細胞壁が分解され、ヌカ層もやわらかくなっているので、玄米をそのまま食べるよりも消化が良く、栄養素の吸収率が高いのもうれしいポイントです。

近年になって、発芽玄米には米アレルギーの原因となるアレルゲンが、白米や玄米に比べ少ないこともわかってきました。軽度の米アレルギーの人は発芽玄米を試してみるのもいいかもしれません。ただし、米アレルギーの原因はひとつではないため、試す場合は担当医や専門医に相談してからにしてくださいね。

発芽玄米を選ぶときのポイント

ここまで読んで、発芽玄米ってすごい!一度試してみたいな…と、思った方も多いのではないでしょうか?ここからは、発芽玄米を選ぶときに注目したいポイントをご説明します。

栽培方法で選ぶ

栽培方法で選ぶ
もみ殻を取っただけで精米されていない玄米や発芽玄米を選ぶときには、精米されてヌカ層が取り除かれている白米を選ぶときよりも、残留農薬や化学肥料が気になるのではないでしょうか?

玄米にも同じことが言えますが、無農薬栽培や減農薬栽培のものを選ぶと、安心して継続することができると思います。併せて放射性物質に関する検査を行っている商品であれば、さらに安心して食べることができます。

製造方法で選ぶ

製造方法で選ぶ
発芽玄米は玄米を発芽させて作りますが、乾燥させる段階でヒーターやバーナーなどを使用して人工的に乾燥させると、せっかくのお米が死んでしまいます。自然乾燥を行い、生きた状態の発芽玄米であるかを確認できるといいと思います。

銘柄や産地で選ぶ

銘柄や産地で選ぶ
発芽玄米は玄米を発芽させて作るものなので、どんな銘柄のお米でも作ることができます。銘柄や産地によっても風味や味が変わってきますので、まずは好みの銘柄米の発芽玄米から試してみるのがおすすめです。

発芽玄米のおすすめランキング8選

それでは、ご説明した注目ポイントを踏まえたおすすめの発芽玄米をランキング形式でご紹介していきます!
8位

大潟村あきたこまち生産者協会大潟村あきたこまち 早炊き玄米鉄分

1,110円 (税込)

栽培方法有機栽培米
産地秋田県
特徴無洗米
7位

全農パールライス金のいぶき 発芽玄米 ごはん

2,380円 (税込)

栽培方法-
産地宮城県
特徴-
6位

れんげ・カンパニーやまがの元気!! 発芽玄米

1,300円 (税込)

栽培方法有機栽培米
産地熊本県
特徴発芽率98%
5位
栽培方法-
産地北海道
特徴放射性物質に関する自主検査済
4位
発芽玄米 こばやし農園 特別栽培米 発芽玄米 ミルキークイーン
出典:amazon.co.jp

こばやし農園特別栽培米 発芽玄米 ミルキークイーン

2,950円 (税込)

栽培方法減農薬、減化学肥料栽培米
産地新潟県
特徴新潟県認証特別栽培米、残留農薬検査済
3位
栽培方法無農薬米
産地熊本県
特徴-
2位

大潟村あきたこまち生産者協会大潟村あきたこまち 発芽玄米鉄分

1,080円 (税込)

栽培方法有機栽培米
産地秋田県
特徴無洗米
1位

こばやし農園特別栽培米 発芽玄米 コシヒカリ

2,950円 (税込)

栽培方法減農薬、減化学肥料栽培米
産地新潟県産
特徴新潟県認証特別栽培米

おすすめ人気 発芽玄米の比較一覧表

商品画像
1
発芽玄米 こばやし農園 特別栽培米 発芽玄米 コシヒカリ

こばやし農園

2
発芽玄米 大潟村あきたこまち生産者協会 大潟村あきたこまち 発芽玄米鉄分

大潟村あきたこまち生産者協会

3
発芽玄米 たべたせいか 熊本産 発芽玄米

たべたせいか

4
発芽玄米 こばやし農園 特別栽培米 発芽玄米 ミルキークイーン

こばやし農園

5
発芽玄米 ファンケル 発芽米

ファンケル

6
発芽玄米 れんげ・カンパニー やまがの元気!! 発芽玄米

れんげ・カンパニー

7
発芽玄米 全農パールライス 金のいぶき 発芽玄米 ごはん

全農パールライス

8
発芽玄米 大潟村あきたこまち生産者協会 大潟村あきたこまち 早炊き玄米鉄分

大潟村あきたこまち生産者協会

商品名

特別栽培米 発芽玄米 コシヒカリ

大潟村あきたこまち 発芽玄米鉄分

熊本産 発芽玄米

特別栽培米 発芽玄米 ミルキークイーン

発芽米

やまがの元気!! 発芽玄米

金のいぶき 発芽玄米 ごはん

大潟村あきたこまち 早炊き玄米鉄分

特徴新潟の小林さんが作った「コシヒカリ」の発芽玄米減農薬の特別栽培の発芽玄米モチモチプチプチの食感がおいしい無農薬発芽玄米新潟の小林さんが作った「ミルキークイーン」の発芽玄米人気のファンケル!北海道産の一等米の発芽米野菜ソムリエが育てた発芽率98%の発芽玄米レンジでチンするだけ!すぐに食べられる簡単発芽玄米吸水性が良く早く炊くことができる発芽玄米
価格2,950円(税込)1,080円(税込)4,800円(税込)2,950円(税込)5,349円(税込)1,300円(税込)2,380円(税込)1,110円(税込)
栽培方法減農薬、減化学肥料栽培米有機栽培米無農薬米減農薬、減化学肥料栽培米-有機栽培米-有機栽培米
産地新潟県産秋田県熊本県新潟県北海道熊本県宮城県秋田県
特徴新潟県認証特別栽培米無洗米-新潟県認証特別栽培米、残留農薬検査済放射性物質に関する自主検査済発芽率98%-無洗米
商品リンク

発芽玄米のおいしい炊き方

発芽玄米のおいしい炊き方

出典:amazon.co.jp

発芽玄米は、白米と同じように炊飯器で炊くことができます。

発芽玄米のみを炊飯器で炊く場合は、計量カップにすりきりで計量し、水で軽くすすぎます。白米の様にとぐ必要はありません。白米をとぐ理由は、表面についている肌ヌカを取り除くため。発芽玄米の肌ヌカはヌカ層の下にあるので、といで取り除くことはできません。表面についているホコリなどをさっと洗い流す程度でOKです。

炊飯器の内釜に発芽玄米をセットします。水加減は好みにもよりますが、ふっくらと炊くには、白米を炊くときの水加減より少し多めがおすすめです。1合につき約1/4カップ(約45cc)ほど多めに入れるのが目安。水を入れたら2~3時間、最低でも30分ほど浸水させてから、白米と同じように炊飯しましょう。

炊き上がったらそのまま15分ほど蒸らして、ふんわりとほぐすように混ぜます。余分な水分が飛ぶのでふっくらとおいしい発芽玄米になります。

白米と混ぜて発芽玄米炊く場合は、先に白米をといでから発芽玄米を加えてさっとすすぎましょう。無洗米の白米を使うととぐ必要がなく、簡単でおいしい発芽玄米を食べることができますよ。

炊いた発芽玄米は、長く保温せずに早めに食べたほうが風味が落ちません。一度に食べきれなかった場合は、白米と同じように冷凍庫での保存が可能です。熱いうちにラップに小分けにして、粗熱がとれたら冷凍庫で保存しましょう。

まとめ

いかがでしたか?玄米よりも食べやすくて、玄米よりも栄養価が高い発芽玄米の良さがわかっていただけたのではないでしょうか?

現代人は食生活や生活習慣の変化から、栄養のバランスが偏りがち。発芽玄米は、毎日食べる白米に加えるだけで豊富な栄養を摂ることができるので、誰でも手軽にチャレンジできると思います。

今回ランキングでご紹介した商品が、あなたと発芽玄米の新しい出会いにつながればうれしいです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す