• B8022fe28c76687989445bae26a1ba505c68b9ea
  • 07ed69c1ecb5142e10dfacf4ab65b7ca74d63939
  • 79daba0d714c2aafb4781f902f0130c66cbfb507
  • Acb00f7478cf0964a1684f5884f6e74c7fc6844f
  • 5ec4d70a9bd86630d77f94a278c044400b504233

ロードバイク用サングラスのおすすめ人気ランキング10選

ロードバイク用サングラスは、サイクリング時に欠かせないアイテムの一つ。紫外線・風・埃などから目を守り、より快適かつ安全に走行を楽しむことが出来ます。ノーマルレンズの他にも、調光レンズ・偏光レンズ・度付きレンズが装着可能なものなど、各ブランドから様々なタイプが発売されており、選ぶのに意外と悩んでしまいますよね。

今回は、通販でも購入可能なロードバイク用サングラスの中から、値段・口コミ・人気度などを比較し、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。実用性に加えて、おしゃれなファッションアイテムとして使用できるものも登場しますので、ぜひ参考にしてください!

最終更新日:2017年05月16日 | 25,059views

ロードバイク用サングラスの選び方

ロードバイクに乗っているけれど、サングラスは使っていない、もしくは普通のサングラスで代用しているという人も多いと思います。

実はロードバイク用サングラスはロードバイク走行時の重要なアイテムで、紫外線や風などから目を守ってくれることはもちろんですが、フィットした形状なので道路上の小さな石やホコリなどが目に入るのを防ぐ役割も果たしてくれます。目を保護しない状態でサイクリングを続けていると、目を傷つけたり視力の低下を招いてしまう可能性があります。

自分に合ったロードバイク用サングラスを選ぶためには、次のポイントに注目しましょう。

目的やシチュエーションに合わせてレンズカラーを選ぶ

UVカット率には注目しても、レンズの色に関してはファッション感覚で選んでいる人も少なくありません。ファッション感覚でロードバイク用サングラスを選ぶというのもそれはそれで良いですが、レンズカラーによってロードバイク走行時にもたらす効果が変わってきます。

ロードバイク用サングラスを使用する目的やシチュエーションを考慮した上でレンズカラーを選べば、ロードバイク走行時の快適さも増しますよ。

裸眼に近い視界を確保できる「クリア」

裸眼と同じように見えることを重要視するサイクリストに好まれるレンズです。眩しさはあまりカットできませんが、眼の保護の観点から着用することに意味はあります。夜間でも裸眼と見え方が同じなので安全に使用でき、雲が厚い時や暗い雨天時にも向いています。

クリアよりも明るさのトーンを落とした「グレー」

グレーレンズはクリアレンズと同様、レンズを通して見る色と実際の色にさほど変化はないので違和感なく着用できます。ただし、明るさのトーンはクリアに比べて落ちるので、晴れの日はクリアよりもグレーの方が見やすく、曇りの日や陰などはより暗く感じます。日本では明るめのグレーを好むサイクリストが多く、迷ったらまずはグレーを選んでみるというのも良いでしょう。

コントラストをはっきりさせる「オレンジ・ピンク系」

オレンジ・ピンク系レンズはコントラストを強めるので、物や人をはっきり見せてくれる効果があります。そのため、人混みなどのシティーサイクリングで特に威力を発揮し、一瞬での判断がしやすくなり、安全に走れる上に心理的なストレスも軽減されます。

ブルーライトを遮光してくれる「セピア・ライトブラウン」

クリアと同様に目に優しいカラーのレンズで、かすみの原因と言われるブルーライトを遮光してくれます。また、ギラギラとした太陽光を抑えてくれる効果があります。太陽が正面にある時に交通事故は起きやすいので、交通事故への安全対策としてもおすすめです。

あらゆる天候で使える「ブルー」

ブルーレンズはあらゆる天候で使いやすく、自然色に近い視界を得ることが出来るので目が疲れにくいのが特徴です。反対色であるオレンジやイエローの光を抑える効果があり、日差しや道路の照り返しが厳しい真夏に特に活躍します。また、強すぎるライトの光を抑えてくれる効果もあるので、車のライトが気になるような場面で着用していると安全です。夜間走行にも使えるのは嬉しいですね。

強い光から守ってくれる「ミラー」

ファッションアイテムとしてもミラーレンズは人気がありますが、暗いところや夜間にはあまり適していません。ミラーレンズは眩しさを抑え、物や人をはっきり見せてくれる効果があるレンズです。スノースポーツでもミラーレンズを使っている人が多いことからも分かるように、強い日差しに対して力を発揮するレンズだと言えます。

フィット感のあるものを選ぶ

どんなに機能や見た目が良いロードバイク用サングラスでも、自分の顔にフィットするフレームでなければ意味がありません。以下にフィット感をチェックするポイントを書いたので、試着する際に確認してみてください。

・上から見た時に自分の顔のカーブに合っているか?
・ロードバイク用サングラスのレンズ部分が頬に当たっていないか?
・鼻からズリ落ちたりしないか?

試着の際は、走行中のような上目の角度にした時に見やすいかどうかも確認しましょう。
ネットで購入する場合は、アジア人の骨格に合わせて作ったロードバイク用サングラスを選ぶと失敗しにくいです。欧米人の骨格に合わせて作ったものでも、顔のカーブに合っていれば日本人にもフィットするタイプはあります。ネットで購入する前に、フィット感に関するユーザーレビューも参考にするようにしましょう。

ロードバイク用サングラスのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめしたいロードバイク用サングラスをランキング形式でご紹介します。あなたにとって使いやすいサングラスが見つかれば、サイクリングが今以上に快適で楽しくなりますよ!

10位:SMITH REACTOR MK2

SMITH(スミス) REACTOR MK2 TRICO KABURAKI 【レンズ】HYDE&TRAIL ROSE 209000011サングラス
20,160円(税込)

サイドからの雑光に考慮したモデル

レンズ面積が広めなので、横からの雑光をしっかりガード。REACTOR MAXの基本デザインはそのままに、フロント部分が改良されたジャパンフィットモデルです。

フレームデザインをオープンにすることによって、レンズの曇りをしっかり予防。ロードバイクなどのスピード系スポーツだけでなく、ランニングやトレランなどでも快適に使用することができます。

9位:SWANS LION SIN

SWANS(スワンズ) サングラス ライオンシン LI SIN-0001 BK ブラック×ブラック×ブラック
9,545円(税込)

顔を包み込むようなフレーム設計

創業100年の歴史を持つ山本光学株式会社のサングラスです。日本人の顔のカーブに合わせて設計されたフレームは、顔を包み込むようなデザイン。フィット感を高めるとともに、隙間からの紫外線の進入もしっかりブロック。

鼻パットに大型ラバーを採用しており、内部の金属芯の働きで細かい調節も可能。よりぴったりとしたフィット感を求める方におすすめの商品です。

8位:Tifosi Podium XC Asian FIT

Tifosi(ティフォージ) Podium XC Asian FIT ポディウムXC アジアンフィット マットブラック Interchengeble TF8510100121
8,453円(税込)

水分で強化されるグリップ力

アメリカでNo.1のシェアを誇る、ティフォージ・オプティクスのアジアンフィットモデルです。グリルアミドTR-90素材のフレームは強度と柔軟性に優れ、また驚くほど軽量。

イヤーパッドとノーズパットは共に角度変更ができ、親水性ラバーを使用しているので雨や汗などの水分で更なるグリップ力を発揮!タフな状況でも快適に使用したい方におすすめの商品です。

7位:シマノ CE-EQX2-PH

SHIMANO(シマノ) CE-EQX2-PH マットブラック/ブラック
14,290円(税込)

度付きレンズも装着可能なアダプター

シマノCE-EQX2-PHは、度付きレンズアダプター(RX-CLIP)をノーズクリップ部分に装着することにより、度付きアイウェアとして使用することが可能なモデルです。クリップは強度のあるワイヤーフレーム。眼鏡店などで自分に合った度付きレンズを購入して使用します。

眼のコンディションに合わせて度付きサングラスにすることができるので、普段コンタクトレンズを愛用している方にもおすすめの商品です。

6位:BBB インパルス PH

BBB サングラスパーツ インパルス PH ホワイト PCフォトクロミック BSG-38 131306
15,649円(税込)

レンズ1枚で晴天から夕暮れまで

数々のワールドチャンピオンに選ばれる商品実績を持つBBBの、セパレートレンズタイプのサングラスです。周囲の明るさに応じてレンズの色が変化するフォトクロマチックレンズは、カテゴリー1から3まで対応する特殊レンズ。透過率は晴天時17%、曇天時85%で、レンズ交換することなく夕暮れまで快適に使用できます。

特殊なUVカットレンズは紫外線を100%カット!眼の負担もしっかり軽減してくれますね。

5位:OGK KABUTO FD-550

OGK KABUTO(オージーケーカブト) FD-550 [マットガンメタ] 偏光撥水スモーク/撥水クリアレンズセット サイクルスポーツアイウェア
11,960円(税込)

レンズロックシステム搭載

プロからキッズまで幅広いラインナップでアスリートを応援する、オージーケーカブトの偏光レンズ使用モデルです。偏光レンズの特性上、サイクルメーターなどが少し見づらいこともあります。そんな時は、状況に応じて付属の撥水クリアレンズの使用がおすすめ。レンズをスライドさせて交換するタイプなのでレンズ交換も簡単!

レンズはずれを防止するレンズロックシステム搭載で、安全面でもしっかりサポートしてくれます。

4位:LAZER SS1

レーザー SS1 グロスシルバークローム アイウェア
6,048円(税込)

実戦でプロも使用するモデル

世界で一番古い歴史を持つヘルメットメーカー、レーザーのサングラスSS1はプロのチームも実戦で使用するアイウェアです。

フレームには軽量のグリルアミド製を使用。フレックスフレームテクノロジーでテンプル部分の形状変形ができ、頭部の形状に合わせて調整することが可能。レンズにはフォトクロミックレンズを搭載。使用時の天候に合わせて光透過率を自動に調整してくれるので、いつでもクリアな視界を保てますね。

3位:POC DO Blade

(ポック)POC DO Blade Raceday Nickel Blue/Hydrogen White VIOLET 28.4 DOBL5012
32,400円(税込)

調節可能なノーズピース

スウェーデン新鋭ブランド、ポックのスポーツ専用アイウェアドゥブレード。曇り止め加工などを施した、有名レンズメーカーCarl Zeiss社製の球面レンズを使用しています。路面のコントラストをより高めるレンズは、ロードサイクリングに最適な色合いです。

所定の位置にしっかりフィットする調節可能なノーズピースと、通気性抜群の穴あきレンズを搭載。使用中のフレームのズレをしっかり抑え、快適なスポーツライフを提供してくれます!

2位:RUDY PROJECT TRALYX SX

RUDY PROJECT TRALYX SX SP394076D0000
24,300円(税込)

フィット感抜群のテンプル・ラバー

ルディプロジェクトの30年以上に渡るアイウェア界の歴史から生み出された、トラリクスの中でも一眼レンズで一回りレンズが小さいタイプのサングラスです。スモールサイズの本体は、女性や小顔なライダーにおすすめ。形状を簡単に変えることができるテンプル・ラバーで、より一層しっかりとしたフィット感を得られます。

さらに、調節可能なノーズピースも搭載しているので、ハードなシーンでの使用も安心!ストレスも軽減されますね。

1位:OAKLEY RADARLOCKPATH

OAKLEY サングラス RADARLOCKPATH oo9206-10 アジアンフィットレーダーロックパス 国内正規品
19,460円(税込)

簡単に素早くレンズ交換が可能

世界中のアスリートのニーズに答えるスポーツ&ライフスタイルブランド、オークリーのレーダーロックパス。特にロードサイクルやバイクに最適な、オークリーのレンズテクノロジーPrizm搭載の人気の高いモデルです。

オークリー独自のレンズ交換システムで、素早く簡単にレンズ交換が可能!急な天候の変化にも素早く対応し、いつもでクリアな視界を確保してくれる商品。安全面だけでなくパフォーマンス向上もしっかりサポートします。

UVカットレンズと偏光レンズの違い

UVカットレンズの意味は誰もが知っていると思いますが、偏光レンズとの違いやどちらが良いのかなどの疑問を持つ人もいるでしょう。

UVカットレンズも偏光レンズも目に良いという意味では同じですが、その役割は異なります。UVカットレンズは紫外線を吸収して透過させないようになっていますが、光の反射は防げません。

偏光レンズはレンズの間に「偏光膜」というフィルターを入れることで、路面や水面の照り返しなどの反射光を抑えて通さず、自然光だけを通すことでクリアな視界を確保してくれます。これにより、目の疲れが軽減されます。

よって、UVカット効果と偏光レンズの両方が揃っていれば、目を紫外線と眩しい光の両方から守ってくれて安心ですね。

まとめ

いかがでしたか?

掛け心地の良いものやいつでもクリアに見られるものなど、多種多様なロードバイク用サングラスを紹介してきました。じっくりと検討して、買って良かったと思えるサングラスをぜひ手に入れてくださいね!

人気の記事