• Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】のアイキャッチ画像1枚目
  • Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】のアイキャッチ画像2枚目
  • Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】のアイキャッチ画像3枚目
  • Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】のアイキャッチ画像4枚目
  • Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】のアイキャッチ画像5枚目

Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】

Macのストレージ不足を解消したいときに便利な「外付けHDD・SSD」。手軽に容量アップできるのは魅力ですが、デスクトップ型・ノート型によって適切な商品が異なり、接続できるポートの種類もさまざまなため、失敗しないように選びたいですよね。


そこで今回は、Macにおすすめの外付けHDD・SSDを選ぶときのポイントをピックアップ。さらに、通販で手に入る人気商品を、HDD・SSDに分けてそれぞれランキング形式で紹介します。気になる商品をしっかり比較し、自分のMacにピッタリのものを見つけて、便利に活用していきましょう!

  • 最終更新日:2018年11月22日
  • 13,247  views
目次

Macにおすすめの外付けHDD・SSDの選び方

Macといってもデスクトップ型とノート型の2種類販売されており、販売された年式によって接続ポートも異なります。大事なポイントをしっかり押さえて、商品を選択できるようにしておきましょう。

使用中のモデルの搭載端子をチェック!

まず、利用しているMacに搭載されている端子の種類に合わせて商品を絞るのは必須です。それぞれにあった端子形状を把握し、商品を選択しましょう。

旧型MacBookを利用している人は「UAB-A(USB3.0)」対応を

旧型MacBookを利用している人は「UAB-A(USB3.0)」対応を

古いMacの場合は、「USB3」対応の外付けストレージがおすすめ。2016年以前に発売されたモデルのなかには、接続ポートがUSB-Aのみのモデルもあります。説明書などを確認するとUSB3・USB2と書かれていることもありますが、より転送速度が速く互換性のある「USB3」を選んでおけば間違いありません。


古いMacで利用されている「USB-A」と、最新Macで利用されている「USB-C」は、ポートの形状が全く違うため直接接続して利用することができません。また、変換コネクターを利用しても対応していない転送形式を利用することはできず、高速になるわけではないので注意しておきましょう。

2016年以降のMacなら「USB-C」対応ストレージが◎

2016年以降のMacなら「USB-C」対応ストレージが◎

2016年以降に発売されているMacなら、USB-Cポート対応のものを選びましょう。中でもMacBookAir2018・MacBookPro・iMacの場合は、高速転送規格が利用できるThunderbolt3(USB-C)対応の外付けHDD・SSDがおすすめです。ただし、MacBookは「USB-C」対応でも「Thunderbolt3」には対応していませんのでご注意ください。

利用用途に合わせて選ぼう

Macの利用用途に合わせて、HDD・SSDを選択することも大事なポイントになります。

データの保存やバックアップには、大容量HDDが◎

データの保存やバックアップには、大容量HDDが◎
持ち出して利用するのではなく、会社や自宅の保存用として使えるストレージを探しているなら、外付けの大容量HDDを選ぶといいでしょう。とくに、クリエイター業でiMac・MacBookProを利用している人は、既存の内蔵ストレージだけではすぐにいっぱいになってしまうもの。高画質動画の編集・容量の大きい写真を大量に保存できるだけの大容量ストレージが必要です。

また、最低でもUSB3以上の高速転送に対応しているストレージを選択しておけば、保存する時間も短縮できます。編集作業中に速く読み込みたいデータはSSD保存しておくデータはHDDと分けて利用するのも1つの方法です。

データを頻繁に読み書きするならSSDが◎

データを頻繁に読み書きするならSSDが◎

仕事用にMacを利用していて、頻繁にデータの読み書きをする必要のある人は、データ転送速度の速い外付けSSDがおすすめです。SSDはデータの転送速度がHDDよりも高速で、安定しているのが特徴。何度も読み書きをする場合、毎回の時間を短縮することができます。HDDの駆動音もなく、頻繁にデータの読み書きをしても静かに利用できるのは魅力的ですね。

MacBookと一緒に持ち運ぶならポータブルタイプを

MacBookと一緒に持ち運ぶならポータブルタイプを

MacBookを利用している人で、ノートPCと一緒に持ち運んで利用したいならポータブルHDD・SSDを選択しましょう。持ち運ぶ場合は、サイズ・重量を基準にし、耐久性の高いポータブルストレージを選ぶと安心です。


なかには100g以下の超軽量モデルや、ポケットにも収納できるコンパクトタイプのものもあります。外出先で使用することが多いなら、万が一の事態に備えて、防水性能に優れたものや、防犯性能に優れたものも選択肢に入れておくと良いでしょう。

接続してすぐ使える「HFS+」フォーマットを選ぼう

接続してすぐ使える「HFS+」フォーマットを選ぼう

Macに適した「HFS+」にフォーマット済みのものを選んでおくと便利です。Mac向けでなくても再フォーマットすれば利用できるものがほとんどですが、できれば購入してすぐ利用できる方がいいですよね。


あらかじめMac向けにフォーマットされているHDD・SSDを購入すれば、面倒な作業を省くことができるのでおすすめですよ。

バックアップ用途なら「TimeMachine」対応が◎

バックアップ用途なら「TimeMachine」対応が◎

出典:amazon.co.jp

Macのバックアップ用に外付けストレージを購入したいと考えている人は、「TimeMachine」機能に対応したHDD・SSDがおすすめです。「TimeMachine」は、Macに元々組みこんであるバックアップ機能のことで、アプリ・写真・メールなど様々なデータを自動的に保存してくれます。

この機能を利用するためには外付けストレージが必要ですが、どのストレージでも「TimeMachine」が利用できるわけではないので注意しておきましょう。「TimeMachine」を利用する場合、Mac内のデータを全てバックアップするので、最低でも1TBほどの容量を選んでおくと安心です。

Macにおすすめの外付けHDD人気ランキング5選

では、ここまで見てきたMacにおすすめの外付けHDD・SSDの選び方を踏まえて、まず外付けHDDの人気商品をランキング形式で見ていきましょう。このランキングの後で、外付けSSDの人気商品もご紹介します。

5位

LaCieRugged Thunderbolt USB-C RAID Pro

STGW4000800

55,590円 (税込)

接続端子USBC・USBA・Thunderbolt
容量4TB
サイズ9.1x3×14cm
重量481g
フォーマットNFS+
TimeMachine
4位

シリコンパワーポータブルHDD

SP020TBPHD65MS3G

12,107円 (税込)

接続端子USBA(USB3.1)
容量1~2TB
サイズ143.4 x 86.7 x 20.7 mm
重量242~277g
フォーマットHFS+
TimeMachine
3位

バッファローポータブルHDD

HD-PA1.0TU3-C

21,270円 (税込)

接続端子Thunderbolt・USBC
容量1TB
サイズ81×130×23mm
重量260g
フォーマットNFS+
TimeMachine
2位
接続端子USBC・USB3.1対応
容量1TB
サイズ8.6×1.87×13.51cm
重量100g
フォーマットNFS+
TimeMachine
1位
接続端子USBC・Thunderbolt3
容量4TB~12TB
サイズ8.27 x 5.12 x 1.79インチ
重量
フォーマットNFS+
TimeMachine

Macにおすすめの人気外付けHDD比較一覧表

商品画像
1
Mac
外付け HGST G-DRIVE 1枚目

HGST

2
Mac
外付け Lacie Portable Drive 1枚目

Lacie

3
Mac
外付け バッファロー ポータブルHDD 1枚目

バッファロー

4
Mac
外付け シリコンパワー ポータブルHDD  1枚目

シリコンパワー

5
Mac
外付け LaCie Rugged Thunderbolt USB-C RAID Pro 1枚目

LaCie

商品名

G-DRIVE

Portable Drive

ポータブルHDD

ポータブルHDD

Rugged Thunderbolt USB-C RAID Pro

特徴幅広い容量から必要に合わせて選べるMac用据え置き型HDD持ち運んで利用できるUSBC対応のポータブルHDD変換ケーブルを複数搭載した汎用性の高いポータブルHDD防犯性能・防水性能も搭載したポータブルHDDWindows・Mac両方で利用でき消費電力も抑えられ...
最安値
39,754
送料無料
詳細を見る
要確認
21,270
送料無料
詳細を見る
10,596
送料無料
詳細を見る
55,020
送料無料
詳細を見る
接続端子USBC・Thunderbolt3USBC・USB3.1対応Thunderbolt・USBCUSBA(USB3.1)USBC・USBA・Thunderbolt
容量4TB~12TB1TB1TB1~2TB4TB
サイズ8.27 x 5.12 x 1.79インチ8.6×1.87×13.51cm81×130×23mm143.4 x 86.7 x 20.7 mm9.1x3×14cm
重量100g260g242~277g481g
フォーマットNFS+NFS+NFS+HFS+NFS+
TimeMachine
商品リンク

Macにおすすめの人気外付けSSD比較一覧表

続いて、SSDの人気ランキングを見ていきましょう。
5位

サンディスクエクストリーム ポータブル

SDSSDE60-250G-J25

9,720円 (税込)

接続端子USBC(USB3.1)・USBA
容量250~2TB
サイズ96.2×49.55mm
重量38.9g
フォーマット
TimeMachine
4位

日本サムスン外付けSSD X5

MU-PB500B/EC

78,155円 (税込)

接続端子Thunderbolt3(USBC)・USBA
容量500~2TB
サイズ
重量150g
フォーマットNFS+
TimeMachine
3位
接続端子Thunderbolt・USBA(USB3.0)
容量128GB
サイズ81×23×130
重量
フォーマットHFS+
TimeMachine
2位

トランセンド・ジャパンポータブル SSD StoreJet for Mac

TS512GSJM500

26,850円 (税込)

接続端子USBA(USB3.0)・Thunderbolt
容量512GB
サイズ12.12x7.52x1.35cm
重量
フォーマットHFS+
TimeMachine
1位

トランセンド・ジャパンポータブルSSD

TS1TSJM500

29,517円 (税込)

接続端子USB3.0・Thunderbolt
容量1TB
サイズ121.2x75.2x13.5mm
重量136g
フォーマットHFS+
TimeMachine

Macにおすすめの人気外付けSSD比較一覧表

商品画像
1
Mac
外付け トランセンド・ジャパン ポータブルSSD 1枚目

トランセンド・ジャパン

2
Mac
外付け トランセンド・ジャパン ポータブル SSD StoreJet for Mac 1枚目

トランセンド・ジャパン

3
Mac
外付け バッファロー ポータブルSSD 1枚目

バッファロー

4
Mac
外付け 日本サムスン 外付けSSD X5 1枚目

日本サムスン

5
Mac
外付け サンディスク エクストリーム ポータブル 1枚目

サンディスク

商品名

ポータブルSSD

ポータブル SSD StoreJet for Mac

ポータブルSSD

外付けSSD X5

エクストリーム ポータブル

特徴大容量1TBの外付けSSD軽いデータを頻繁に読み書きする人はこれ!ちょっとしたデータ保存に便利な128GBポータブルSSD最高のパフォーマンスを維持するヒートシンク内蔵型SSD耐久性重視で外付けSSDを選ぶならこれ!
最安値
29,517
送料無料
詳細を見る
20,400
送料無料
詳細を見る
要確認
35,802
送料無料
詳細を見る
9,714
送料無料
詳細を見る
接続端子USB3.0・ThunderboltUSBA(USB3.0)・ThunderboltThunderbolt・USBA(USB3.0)Thunderbolt3(USBC)・USBAUSBC(USB3.1)・USBA
容量1TB512GB128GB500~2TB250~2TB
サイズ121.2x75.2x13.5mm12.12x7.52x1.35cm81×23×13096.2×49.55mm
重量136g150g38.9g
フォーマットHFS+HFS+HFS+NFS+
TimeMachine
商品リンク

外付けHDD・SSDが認識されない場合の改善方法

外付けHDD・SSDが認識されない場合の改善方法

外付けHDD・SSDを接続しても認識されないという場合、接続方法・OSを確認してみましょう。付属ではないケーブルを利用しているときには、純正品に変更したり、接続するUSBポートを変更して再度試してみましょう。


また、USBハブを利用して複数の機器を接続している場合、供給されている電力が足りない可能性も考えられます。この場合は、直接パソコン本体のポートに接続するのも1つの方法。なお、基本的なことですがOSが対応していない可能性もあるため、古いMacの人は最新MacOSにアップグレードしてから再接続してみましょう。

Windows・Mac両方のOSでデータ移動する方法

Windows・Mac両方のOSでデータ移動する方法
Windows・Mac両方のパソコンを持っていて、データ移動に外付けストレージを利用したい場合、そのままでは利用できないため、両OSに対応した「exFAT」形式にフォーマットしてから利用することが必要です。

また、元々Windowsで利用していた外付けHDD・SSDも、再フォーマットすることで、そのまま利用できる可能性もあります。ただし、Macの「TimeMachine」機能を利用したい場合、Windowsとデータのやり取りができない「MacOS拡張(ジャーナリング)フォーマット」にしておく必要があるので注意してくださいね。

USB-Cポート対応アクセサリーもあると便利

最新macを使用しているなら、USB-Cポート対応のアクセサリーも1つ用意しておくと便利です。接続できる機器を増やせるハブタイプだけでなく、変換コネクタやカードリーダータイプなど、バラエティも豊富。自分の使い方に合わせて、上手に活用してみましょう!

まとめ

Macで足りなくなったストレージ容量を補ってくれる便利な外付けHDD・SSD。販売されている商品の種類は豊富ですが、自分のMacで利用できる端子や必要な機能をしっかり考えておけば、選ぶのも難しい事ではありません。

この記事のランキングでは販売されている外付けHDD・SSDの中でもMacに適している商品をピックアップしています。紹介している選び方も参考にして、商品を比較し自分のMacにピッタリの商品を見つけてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す