• Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】のアイキャッチ画像1枚目
  • Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】のアイキャッチ画像2枚目
  • Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】のアイキャッチ画像3枚目
  • Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】のアイキャッチ画像4枚目
  • Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】のアイキャッチ画像5枚目

Macにおすすめの外付けHDD・SSD人気ランキング10選【据置型からポータブルタイプまで!】

Macのストレージ不足を解消したいときに便利な「外付けHDD・SSD」。手軽に容量アップできるのは魅力ですが、デスクトップ型・ノート型によって適切な商品が異なり、接続できるポートの種類もさまざまなため、失敗しないように選びたいですよね。


そこで今回は、Macにおすすめの外付けHDD・SSDを選ぶときのポイントをピックアップ。さらに、通販で手に入る人気商品を、HDD・SSDに分けてそれぞれランキング形式で紹介します。気になる商品をしっかり比較し、自分のMacにピッタリのものを見つけて、便利に活用していきましょう!

  • 最終更新日:2020年04月22日
  • 47,385  views
目次

Macにおすすめの外付けHDD・SSDの選び方

Macといってもデスクトップ型とノート型の2種類販売されており、販売された年式によって接続ポートも異なります。大事なポイントをしっかり押さえて、商品を選択できるようにしておきましょう。

使用中のモデルの搭載端子をチェック!

まず、利用しているMacに搭載されている端子の種類に合わせて商品を絞るのは必須です。それぞれにあった端子形状を把握し、商品を選択しましょう。

旧型MacBookを利用している人は「USB Type-A(USB3.0)」対応を

旧型MacBookを利用している人は「USB Type-A(USB3.0)」対応を

古いMacの場合は、「USB3」対応の外付けストレージがおすすめ。2016年以前に発売されたモデルのなかには、接続ポートがUSB Type-Aのみのモデルがあります。説明書などを確認するとUSB3・USB2と書かれていることもありますが、より転送速度が速く互換性のある「USB3」対応の製品を選んでおけば間違いありません。


古いMacで利用されている「USB Type-A」と、最新Macで利用されている「USB Type-C」は、ポートの形状が全く違うため直接接続して利用することができません。また、変換コネクターを利用しても高速になるわけではないので注意しておきましょう。

2016年以降のMacなら「USB-C」対応ストレージが◎

2016年以降のMacなら「USB-C」対応ストレージが◎

2016年以降に発売されているMacなら、USB Type-Cポート対応のものを選びましょう。中でもMacBookAir2018・MacBookPro・iMacの場合は、高速転送規格が利用できるThunderbolt3(USB Type-C)対応の外付けHDD・SSDがおすすめです。ただし、MacBookは「USB Type-C」対応でも「Thunderbolt3」には対応していませんのでご注意ください。

利用用途に合わせて選ぼう

Macの利用用途に合わせて、HDD・SSDを選択することも大事なポイントになります。

データの保存やバックアップには、大容量HDDが◎

データの保存やバックアップには、大容量HDDが◎
持ち出して利用するのではなく、会社や自宅の保存用として使えるストレージを探しているなら、外付けの大容量HDDを選ぶといいでしょう。とくに、クリエイター業でiMac・MacBookProを利用している人は、既存の内蔵ストレージだけではすぐにいっぱいになってしまうもの。高画質動画の編集・容量の大きい写真を大量に保存できるだけの大容量ストレージが必要です。

また、最低でもUSB3以上の高速転送に対応しているストレージを選択しておけば、保存する時間も短縮できます。編集作業中に速く読み込みたいデータはSSD保存しておくデータはHDDと分けて利用するのも1つの方法です。

データを頻繁に読み書きするならSSDが◎

データを頻繁に読み書きするならSSDが◎

仕事用にMacを利用していて、頻繁にデータの読み書きをする必要のある人は、データ転送速度の速い外付けSSDがおすすめです。SSDはデータの転送速度がHDDよりも高速なのが特徴。何度も読み書きをする場合、毎回の時間を短縮することができます。HDDのような回転音や、冷却用のファンの駆動音もなく、頻繁にデータの読み書きをしても静かに利用できるのは魅力的ですね。

MacBookと一緒に持ち運ぶならポータブルタイプを

MacBookと一緒に持ち運ぶならポータブルタイプを

MacBookを利用している人で、ノートPCと一緒に持ち運んで利用したいならポータブルHDD・SSDを選択しましょう。持ち運ぶ場合は、サイズ・重量を基準にし、耐久性の高いポータブルストレージを選ぶと安心です。


なかには100g以下の超軽量モデルや、ポケットにも収納できるコンパクトタイプのものもあります。外出先で使用することが多いなら、万が一の事態に備えて、防水性能に優れたものや、防犯性能に優れたものも選択肢に入れておくと良いでしょう。

接続してすぐ使える「HFS+」フォーマットを選ぼう

接続してすぐ使える「HFS+」フォーマットを選ぼう

Macに適した「HFS+」にフォーマット済みのものを選んでおくと便利です。Mac向けでなくても再フォーマットすれば利用できるものがほとんどですが、できれば購入してすぐ利用できる方がいいですよね。


あらかじめMac向けにフォーマットされているHDD・SSDを購入すれば、面倒な作業を省くことができるのでおすすめですよ。

バックアップ用途なら「TimeMachine」対応が◎

バックアップ用途なら「TimeMachine」対応が◎
Macのバックアップ用に外付けストレージを購入したいと考えている人は、「TimeMachine」機能に対応したHDD・SSDがおすすめです。「TimeMachine」は、Macに元々組みこんであるバックアップ機能のことで、アプリ・写真・メールなど様々なデータを自動的に保存してくれます。

この機能を利用するためには外付けストレージが必要ですが、どのストレージでもすぐに「TimeMachine」が 利用できるわけではないので注意しておきましょう。「TimeMachine」を利用する場合、ストレージが「HFS+」形式でフォーマットされている必要があります。自分でフォーマットするのが手間なら、「HFS+」形式でフォーマット済みの製品を選びましょう。また、Mac内のデー タを全てバックアップするので、最低でも1TBほどの容量を選んでおくと安心です。

Mac用外付けHDDのおすすめ人気ランキング5選

では、ここまで見てきたMacにおすすめの外付けHDD・SSDの選び方を踏まえて、まず外付けHDDの人気商品をランキング形式で見ていきましょう。このランキングの後で、外付けSSDの人気商品もご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月18日時点)をもとにして順位付けしています。

5位
接続端子Type-C
容量2TB(4TB・5TB)
サイズ110mm×86mm×12.8mm(容量によって違いあり)
重量記載なし
フォーマット
TimeMachine
4位
Macにおすすめの外付けHDD・SSD シリコンパワー ポータブルHDD 2TB Armor A75シリーズ 1枚目
出典:amazon.co.jp

シリコンパワーポータブルHDD 2TB Armor A75シリーズ

SP020TBPHDA75S3S

11,221円 (税込)

接続端子Type-C
容量2TB(1TB)
サイズ124.4×119.9×123.9mm
重量169g
フォーマット-
TimeMachine
3位
接続端子Type-A
容量4TB(1TB・2TB)
サイズ115×78×11.5mm(容量によって違いあり)
重量152g(容量によって違いあり)
フォーマット-
TimeMachine-
2位
接続端子Type-A
容量2TB(1TB・4TB)
サイズ78×14×109mm
重量約150g(容量によって違いあり)
フォーマット-
TimeMachine-
1位
接続端子Type-A
容量3TB(2TB・4TB・6TB・8TB)
サイズ114×33×171mm
重量約900g
フォーマット-
TimeMachine-

人気Mac用外付けHDD比較一覧表

商品画像
1
Macにおすすめの外付けHDD・SSD BUFFALO HD-ADUシリーズ Amazon限定モデル 1枚目

BUFFALO

2
Macにおすすめの外付けHDD・SSD バッファロー Canvio  ポータブルHDD 1枚目

バッファロー

3
Macにおすすめの外付けHDD・SSD ADATA Technology HV620S 1枚目

ADATA

4
Macにおすすめの外付けHDD・SSD シリコンパワー ポータブルHDD 2TB Armor A75シリーズ 1枚目

シリコンパワー

5
Macにおすすめの外付けHDD・SSD WESTERN DIGITAL My Passport Ultra 1枚目

WESTERN DIGITAL

商品名

HD-ADUシリーズ Amazon限定モデル

Canvio ポータブルHDD

Technology HV620S

ポータブルHDD 2TB Armor A75シリーズ

My Passport Ultra

特徴コスパ重視の方におすすめの据え置き型。膨大なファイル管...データ復旧サービスに対応した安心感が魅力ポータブルさに加え、容量:価格を重視したい方にスーツケースのようなスタイリッシュなデザイン見た目・性能ともにMacとの相性◎
最安値
9,070
送料無料
詳細を見る
8,480
送料無料
詳細を見る
12,707
送料要確認
詳細を見る
11,221
送料無料
詳細を見る
11,090
送料無料
詳細を見る
接続端子Type-AType-AType-AType-CType-C
容量3TB(2TB・4TB・6TB・8TB)2TB(1TB・4TB)4TB(1TB・2TB) 2TB(1TB)2TB(4TB・5TB)
サイズ114×33×171mm78×14×109mm115×78×11.5mm(容量によって違いあり)124.4×119.9×123.9mm110mm×86mm×12.8mm(容量によって違いあり)
重量約900g約150g(容量によって違いあり)152g(容量によって違いあり)169g 記載なし
フォーマット----
TimeMachine---
商品リンク

Mac用外付けSSDのおすすめ人気ランキング

続いて、SSDの人気ランキングを見ていきましょう。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月18日時点)をもとにして順位付けしています。

5位
接続端子USBC(USB3.1)・USBA
容量250~2TB
サイズ96.2×49.55×8.85mm
重量-
フォーマット-
TimeMachine-
4位
接続端子Type-C
容量250GB・500GB・1TB・2TB
サイズ74×57.3×10.5mm
重量最大51g
フォーマット-
TimeMachine-
3位
接続端子Type-C
容量240GB・480GB・960GB・1.9TB
サイズ50×10.9×95mm
重量約52g
フォーマット-
TimeMachine-
2位
接続端子Type-A
容量480GB・960GB
サイズ80×80×15mm
重量約61g
フォーマット-
TimeMachine-
1位
接続端子Type-A
容量480GB(120GB・240GB・1TB・1.9TB)
サイズ75×11.5×117mm
重量約100g(1.9TBのみ約110g)
フォーマット-
TimeMachine-

Macにおすすめの人気外付けSSD比較一覧表

商品画像
1
Macにおすすめの外付けHDD・SSD バッファロー SSD-PG1.0U3-B/NL 1枚目

バッファロー

2
Macにおすすめの外付けHDD・SSD IODATA(アイオーデータ) SSPH-UA480NV/E 1枚目

IODATA(アイオーデータ)

3
Macにおすすめの外付けHDD・SSD BUFFALO 外付SSD 名刺サイズ 1枚目

BUFFALO

4
Macにおすすめの外付けHDD・SSD サムスン ポータブルSSD T5シリーズ 1枚目

サムスン

5
Macにおすすめの外付けHDD・SSD サンディスク エクストリーム ポータブル 1枚目

サンディスク

商品名

SSD-PG1.0U3-B/NL

SSPH-UA480NV/E

外付SSD 名刺サイズ

ポータブルSSD T5シリーズ

エクストリーム ポータブル

特徴リーズナブルの価格が魅力。まずはSSDを試してみたい方に◎コンパクトでタフに使える商品。通信速度はやや物足りない持ち運びに優れた名刺サイズ。実用性も◎Apple製品との親和性が魅力の、ミニマルなSSD耐久性重視で外付けSSDを選ぶならこれ!
最安値
6,681
送料無料
詳細を見る
7,480
送料無料
詳細を見る
7,680
送料無料
詳細を見る
10,091
送料無料
詳細を見る
8,800
送料無料
詳細を見る
接続端子Type-AType-AType-CType-C USBC(USB3.1)・USBA
容量480GB(120GB・240GB・1TB・1.9TB)480GB・960GB240GB・480GB・960GB・1.9TB250GB・500GB・1TB・2TB250~2TB
サイズ75×11.5×117mm 80×80×15mm50×10.9×95mm74×57.3×10.5mm96.2×49.55×8.85mm
重量約100g(1.9TBのみ約110g)約61g約52g最大51g-
フォーマット-----
TimeMachine-----
商品リンク

外付けHDD・SSDが認識されない場合の改善方法

外付けHDD・SSDが認識されない場合の改善方法

外付けHDD・SSDを接続しても認識されないという場合、接続方法・OSを確認してみましょう。付属ではないケーブルを利用しているときには、純正品に変更したり、接続するUSBポートを変更して再度試してみましょう。


また、USBハブを利用して複数の機器を接続している場合、供給されている電力が足りない可能性も考えられます。この場合は、直接パソコン本体のポートに接続するのも1つの方法。なお、基本的なことですがOSが対応していない可能性もあるため、古いMacの人は最新MacOSにアップグレードしてから再接続してみましょう。

Windows・Mac両方のOSでデータ移動する方法

Windows・Mac両方のOSでデータ移動する方法
Windows・Mac両方のパソコンを持っていて、データ移動に外付けストレージを利用したい場合、そのままでは利用できないため、両OSに対応した「exFAT」形式にフォーマットしてから利用することが必要です。

また、元々Windowsで利用していた外付けHDD・SSDも、再フォーマットすることで、そのまま利用できる可能性もあります。ただし、Macの「TimeMachine」機能を利用したい場合、Windowsとデータのやり取りができない「HFS+」形式にフォーマットにしておく必要があるので注意してくださいね。

USB Type-Cポート対応アクセサリーもあると便利

最新Macを使用しているなら、USB Type-Cポート対応のアクセサリーも1つ用意しておくと便利です。接続できる機器を増やせるハブタイプだけでなく、変換コネクタやカードリーダータイプなど、バラエティも豊富。自分の使い方に合わせて、上手に活用してみましょう!

まとめ

Macで足りなくなったストレージ容量を補ってくれる便利な外付けHDD・SSD。販売されている商品の種類は豊富ですが、自分のMacで利用できる端子や必要な機能をしっかり考えておけば、選ぶのも難しい事ではありません。

この記事のランキングでは販売されている外付けHDD・SSDの中でもMacに適している商品をピックアップしています。紹介している選び方も参考にして、商品を比較し自分のMacにピッタリの商品を見つけてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す