• アナログ体重計のおすすめ人気ランキング7選【健康管理・ダイエットに!】のアイキャッチ画像1枚目
  • アナログ体重計のおすすめ人気ランキング7選【健康管理・ダイエットに!】のアイキャッチ画像2枚目
  • アナログ体重計のおすすめ人気ランキング7選【健康管理・ダイエットに!】のアイキャッチ画像3枚目
  • アナログ体重計のおすすめ人気ランキング7選【健康管理・ダイエットに!】のアイキャッチ画像4枚目
  • アナログ体重計のおすすめ人気ランキング7選【健康管理・ダイエットに!】のアイキャッチ画像5枚目

アナログ体重計のおすすめ人気ランキング7選【健康管理・ダイエットに!】

シンプルながら、日々の体重管理に役立つ「アナログ体重計」。電池が必要なデジタル体重計と比べ、ランニングコストが安いなどのメリットがあります。このタイプの体重計はタニタやドリテックなどのメーカーから販売されていますが、どのような違いがあり、どういった点に着目しながら選べばいいのか、あまりよく分からないという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、アナログ体重計を選ぶ際のポイントや、巷で人気の製品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。毎日の健康管理のサポートに、「これだ!」という一台をゲットしてみては?

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 2,498  views
目次

アナログ体重計のメリットとは?

アナログ体重計のメリットとは?

後から「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、デジタル体重計との違いや、アナログ体重計の特徴を確認しておきましょう。


アナログ体重計でできることは、基本的に体重を量ることのみ。針や目盛りが動いて、体重を示してくれます。1㎏単位の表示なので、それ以下の確認はできません。デジタル体重計も体重を量りますが、こちらは50~100g単位まで確認が可能です。また、精度は±1㎏~2㎏前後と比較的大きく、針にずれがある場合、量る前にダイヤルで調整が必要なこともあります。


そんなアナログ体重計の最大のメリットは、電池不要でシンプルに使えるということ。大まかに体重の増減を確認したい、健康管理の目安としたい問うような場合なら、シンプルで、電源等も気にせず使えるアナログ体重計はおすすめですよ。

アナログ体重計の選び方

アナログ体重計を選ぶ際には、どういった部分に注目すればいいのでしょうか。まずは、そのポイントを簡単にご紹介していきたいと思います。

表示タイプで選ぶ

表示タイプで選ぶ
アナログ体重計には、針があらかじめ固定されているタイプと、目盛があらかじめ固定されているタイプの2つがあります。それぞれの特徴で選んでみてもいいでしょう。

針が固定されているタイプは、目盛が回転することで体重を示してくれます。針がいつも同じ位置にあるので、針を探す必要がなく、比較的早く重さの確認ができるでしょう。


目盛が固定されているタイプは、針の方が体重に合わせてぐるっと動きます。針の動きを目で追う必要がありますが、針の回転具合で感覚的に体重の増減が把握できるというメリットがあります。

足がしっかり収まるサイズがベター

足がしっかり収まるサイズがベター

アナログ体重計で安定して体重を量るためには、足がしっかり収まるサイズの体重計を選ぶのも大切なポイント。足のサイズに対してあまりにも奥行きが短いものを選ぶと、表示部分を自分の足で隠してしまったり、足がはみ出て安定して量れない場合も出てきます。


今回ランキングでご紹介している商品は、奥行きが短いもので240mm前後、長いものでは280mm前後のものまであります。家族で使うという場合には、全員が使いやすいサイズのものを選ぶといいですね。

見やすさにこだわるなら、数字の大きさもチェック

見やすさにこだわるなら、数字の大きさもチェック

出典:amazon.co.jp

数字の見やすさにこだわるなら、その大きさもチェックしておきましょう。

アナログ体重計は、針や目盛りが動いて重さを教えてくれます。基本的に、数字の記録はできません。そのため、重さを量った時に数字を読み取る必要がありますが、見た目重視であまりに数字が小さかったりすると当然ながら見にくく、毎日のこととなるとストレスにもなりますよ。


数字そのものが大きくデザインされているものの他、拡大鏡が読み取り位置に採用されているものもありますので、こういったところにも注目してみるといいでしょう。

精度が保証されている体重計もある

精度が保証されている体重計もある
アナログやデジタルを問わず、ある程度の誤差が出る可能性の高い体重計ではありますが、メーカーにより、この精度の範囲を明確にしている商品もあります。できるだけ誤差が少ないものを探している、ということであれば、精度も見ておくといいでしょう。

ちなみに、必ず何㎏増えてしまうということではなく、基本的に±の範囲で表示されているので注意が必要。つまり、多く表示されることもあれば、少なく表示されることもあるということになります。こちらも押さえておいてくださいね。

肥満度の目安がチェックできるものも

肥満度の目安がチェックできるものも

出典:amazon.co.jp

アナログ体重計の中には、身長を設定することで、BMIによる肥満度を教えてくれるものもあります。面倒な設定をしなくても、ダイヤル一つで身長を変更できるので、例えば「家族みんなで体重計を使用する」という場合も気軽に使えますよ。


結果は数字ではなく、やせぎみ・標準・やや肥満・肥満などだいたいの範囲を示してくれるものではありますが、目安として使用することで、現状どのくらいかの把握は十分できるでしょう。

使用感を重視したいなら、加工にも注目

使用感を重視したいなら、加工にも注目

使用感を重視したいという方におすすめなのが、足を乗せる面に樹脂加工や人工皮革などが採用されている体重計です。寒い季節に足を乗せてもヒヤッとしないので、ストレスなく使用することができるはず。


また、安定して体重が量れるよう、緩やかなカーブが設けられているものも。これなら、毎日の体重管理も快適に続けられそうですね。

アナログ体重計の人気ランキング7選

それでは、人気のアナログ体重計をランキング形式でご紹介していきたいと思います。選び方やそれぞれの商品の特徴を把握して、自分に合った体重計をゲットしちゃいましょう!
7位

タニタアナログヘルスメーター

HA-011-KT

999円 (税込)

タイプ目盛回転サイズ(約)幅319×奥行250×高さ62
重量(約)1.9kg最大計量120㎏
精度-
6位

タニタアナログヘルスメーター

HA-552

1,117円 (税込)

タイプ目盛回転サイズ(約)幅280×奥行240×高65mm
重量(約)1.6㎏最大計量120㎏
精度-
5位

タニタアナログヘルスメーター

THA-528

829円 (税込)

タイプ目盛回転サイズ(約)幅277x奥行239×高50mm
重量(約)1.6kg最大計量120㎏
精度~60㎏/±1.2㎏・60㎏~/±2.0㎏
4位

ドリテックアナログ体重計 「シェイプス」

BS-302

734円 (税込)

タイプ目盛回転サイズ(約)幅250×奥行250×高45mm
重量(約)1.18㎏最大計量120㎏
精度5~60㎏/±1.6㎏・60㎏~/±2.4㎏
3位
アナログヘルスメーター
出典:amazon.co.jp
タイプ目盛回転サイズ(約)幅265×奥行240×高さ40mm
重量(約)1.15kg最大計量130㎏
精度〜65kg/±1.2kg・65kg~/±2.0kg
2位

タニタアナログヘルスメーター

HA-650-BK

1,825円 (税込)

タイプ針回転サイズ(約)幅292×奥行278×H60mm
重量(約)1.9㎏最大計量130㎏
精度-
1位

タニタアナログヘルスメーター

HA-851-BL

771円 (税込)

タイプ目盛回転サイズ(約) 幅273×奥行き277×高さ54mm
重量(約)1.6kg最大計量130㎏
精度-

人気アナログ体重計の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格タイプサイズ(約)重量(約)最大計量精度商品リンク
1
アナログヘルスメーター

タニタ

アナログヘルスメーター

コスパNO.1のアナログ体重計ならコレ!771円(税込)目盛回転 幅273×奥行き277×高さ54mm1.6kg130㎏-詳細を見る
2
アナログヘルスメーター

タニタ

アナログヘルスメーター

群を抜く視認性!レトロなデザインも○1,825円(税込)針回転幅292×奥行278×H60mm1.9㎏130㎏-詳細を見る
3
アナログヘルスメーター

藤昭

アナログヘルスメーター

拡大レンズ採用で、数値確認もラクラク!1,656円(税込)目盛回転幅265×奥行240×高さ40mm1.15kg130㎏〜65kg/±1.2kg・65kg~/±2.0kg詳細を見る
4
アナログ体重計 「シェイプス」

ドリテック

アナログ体重計 「シェイプス」

シンプル・イズ・ベストな体重計734円(税込)目盛回転幅250×奥行250×高45mm1.18㎏120㎏5~60㎏/±1.6㎏・60㎏~/±2.4㎏詳細を見る
5
アナログヘルスメーター

タニタ

アナログヘルスメーター

大きく見やすい表示がポイント829円(税込)目盛回転幅277x奥行239×高50mm1.6kg120㎏~60㎏/±1.2㎏・60㎏~/±2.0㎏詳細を見る
6
アナログヘルスメーター

タニタ

アナログヘルスメーター

肥満度測定機能付き!1,117円(税込)目盛回転幅280×奥行240×高65mm1.6㎏120㎏-詳細を見る
7
アナログヘルスメーター

タニタ

アナログヘルスメーター

持っているだけで楽しくなりそう999円(税込)目盛回転幅319×奥行250×高さ621.9kg120㎏-詳細を見る

手軽な運動で体重減少を図るなら!

気になる体重を効果的に落としたいなら、続けやすいトレーニングアイテムを導入するのもおすすめ。トレーニング用のグッズは数多くありますが、トレーニングチューブや踏み台昇降用のステップなら限られたスペースでも使えますし、運動強度も調整しやすいですよ。こちらもぜひ、ご覧になってみてくださいね。

まとめ

今回は、アナログ体重計を選ぶ際のポイントや、巷で人気の商品をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたか。

針が回転するものや、メモリが回転するもの、BMIを目安として表示してくれるものまで色々ありましたよね。ぜひ自分に合ったアナログ体重計を見つけて、健康管理にお役立てくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す