1. TOP
  2. >
  3. DIY・工具
  4. >
  5. 農業資材・ガーデニング用品
  6. >
  7. 人工芝のおすすめ人気ランキング10選【ロールマットからジョイントタイプまで】
  • 人工芝のおすすめ人気ランキング10選【ロールマットからジョイントタイプまで】のアイキャッチ画像1枚目
  • 人工芝のおすすめ人気ランキング10選【ロールマットからジョイントタイプまで】のアイキャッチ画像2枚目
  • 人工芝のおすすめ人気ランキング10選【ロールマットからジョイントタイプまで】のアイキャッチ画像3枚目
  • 人工芝のおすすめ人気ランキング10選【ロールマットからジョイントタイプまで】のアイキャッチ画像4枚目
  • 人工芝のおすすめ人気ランキング10選【ロールマットからジョイントタイプまで】のアイキャッチ画像5枚目

人工芝のおすすめ人気ランキング10選【ロールマットからジョイントタイプまで】

手軽に芝生のような緑を取り入れられる「人工芝」。水やり・芝刈りなどのメンテナンスいらずで、簡単にガーデニングが楽しめます。しかし、ロールマットやジョイントタイプ・芝糸の長さ・素材などが変わるとかなり印象が違います。たくさん種類がありすぎて、迷ってしまいますよね。

そこで今回は、人工芝の選び方と、通販で購入できるおすすめの商品を人気順にランキング形式でご紹介します。土をカバーすることで雑草対策にもなり、バルコニーにカーペットのように敷けば、マンションでも小さな庭気分を味わえますよ。快適に、緑のある暮らしを満喫しましょう!
  • 最終更新日:2020年04月14日
  • 88,580  views
目次

人工芝の選び方

まずは、人工芝の選び方についてのご紹介です。どこに敷くかによってふさわしい人工芝は異なります。選び方を参考にピッタリな人工芝を見つけてください。

敷くスペースによってジョイント・ロールを選ぼう

人工芝は「ジョイントタイプ」と「ロールタイプ」の2種類があります。どちらでもメリット・デメリットがあるため、特徴をよく知ってから購入しましょう。

狭いスペースには、手軽に設置できる「ジョイントタイプ」がおすすめ

狭いスペースには、手軽に設置できる「ジョイントタイプ」がおすすめ

狭い場所には、小さな四角形をしたジョイントタイプがおすすめです。ベランダなどの狭い場所に敷きやすく、一つ一つを繋げていくだけなので気軽に設置することができるのが特徴です。設置後に人工芝が浮きにくいというメリットもあります。画像のように敷き詰めるだけではなく、敷石などと組み合わせたデザインを楽しむこともできますよ。


ジョイントタイプのデメリットは、ジョイント部分の継ぎ目が目立つという点です。ロールタイプと比べるとどうしても継ぎ目が目立ってしまうため、広い場所には向いていません。また、ジョイントタイプの方がコストがかかるという点もあります。

広いスペースに敷くなら、「ロールタイプ」で一気にカバーしよう

広いスペースに敷くなら、「ロールタイプ」で一気にカバーしよう
広いお庭に人工芝を敷きたい場合は、ロールタイプの人工芝の方が便利です。同じ商品でも1mや2mなど幅が異なり、希望した長さでカットできることが特徴。ジョイントタイプと比べて一度に広くカバーすることができ、はさみでカットしやすいので、曲線のある場所にもぴったりフィット。継ぎ目が少ないので、見た目がきれいなのもうれしいですね。

デメリットは敷いたあとに人工芝が浮きやすいことです。敷く場所の段差を少なくし、ピンなどでしっかり固定して予防しましょう。また、曲がった場所に人工芝を敷く際のカットを面倒に感じたら、施工会社にお願いするのも一つの方法ですよ。

用途によってパイルの長さを決めよう

人工芝の芝草状の部分を「パイル」と呼び、商品によってパイルの長さはさまざまです。人工芝をどのように使いたいかによって、最適な長さは異なりますので、要チェックですよ。

寝転んだりパターゴルフをするなら「ショートパイル」が最適

寝転んだりパターゴルフをするなら「ショートパイル」が最適
寝転んでくつろいだり、ゴルフのパター練習用として使いたい方は、「ショートパイル」がおすすめです。10mm程度の短いパイルなのでメンテナンスがしやすく、設置しやすいのがメリットです。ロングパイルより芝生の内部に熱がこもりにくいので、夏でも涼しいですよ。

ただし、丈が短いためロングパイルと比べるとクッション性がなく、激しい運動を目的として人工芝を敷く方にはあまり向いていません。

サッカーなど激しいスポーツにはクッション性のある「ロングパイル」が◎

サッカーなど激しいスポーツにはクッション性のある「ロングパイル」が◎
サッカーやラグビーなど激しいスポーツをする方は、「ロングパイル」を選ぶとよいでしょう。芝草の長さが20mm以上あり、フカフカとした触り心地で、クッション性が高いのが特徴です。転んでも怪我をしにくいため、小さなお子さまがいる家庭にもおすすめですよ。

ロングパイルはショートパイルと比べると価格が高めですが、特に運動目的でなくても、フカフカした踏み心地が好きな方には人気があります。ただし、芝の間に熱がこもりやすく、夏場に寝転ぶには向いていないので、ご注意ください。

外に設置するなら、耐久性の高いものを選ぼう

屋外に人工芝を敷く場合、風雨にさらされ紫外線の影響を受け、劣化は避けられないもの。耐久性の高い人工芝を選び、少しでも長くきれいな状態を保ちたいですね。

耐久性の高さなら「ポリエチレン製」が一番

耐久性の高さなら「ポリエチレン製」が一番
とにかく耐久性の高いものを選ぶなら「ポリエチレン製」がおすすめです。人工芝の素材は主に3種類あり、耐久性の高いものから順に、ポリエチレン・ポリプロピレン・ナイロンとなっています。

最も耐久性の優れた「ポリエチレン」は、柔軟性もあって耐摩耗性もある優れもの。人工芝の上で激しく動き回っても、すぐに芝が倒れてしまうことはありません。中には「UVカット加工」されたものもありますよ。


「ポリプロピレン」はポリエチレンよりも耐久性は劣りますが、価格がお手頃なので初期費用を抑えたい方に最適。「ナイロン」は紫外線による劣化が起こりやすいので、屋外には避けたほうが無難です。

密度の高い人工芝なら、へたりにくい!

密度の高い人工芝なら、へたりにくい!
芝数の多さも耐久力に影響します。できるだけ密度が高いものを選びましょう。芝の数が少ないものは歩き回るとすぐに芝が倒れてしまいます。天然の芝は新しく生え変わることによって芝数を維持できますが、人工芝だとそうはいきません。購入前にしっかり密集しているか確認するようにしましょう。

店頭で購入する場合は見た目だけでなく、実際に芝に手を入れてみて密度の高さを確認するとよいでしょう。通販だと触って確認することはできないため、口コミなどをチェックしてくださいね。

リアルさを追求するなら「自然な色むら」があるものが狙い目!

リアルさを追求するなら「自然な色むら」があるものが狙い目!
本物の芝のようなリアリティーを求めるならば、単色ではなく複数の色を使用している・生え方にムラがある・光が反射しない、といった点に注目してみましょう。天然の芝には色が落ちた草や枯れた草が混じっており、生え方も均一ではありません。リアルな人工芝は緑一色だけでなく、さまざまな色が混じっていたり、生え方にムラを作ることによって、天然の芝に似せています。

低価格の人工芝はパッと見ただけで人工芝と分かるものが多く、価格が上がるにつれて本物の芝に似た見た目や触り心地に近づいていく傾向にあります。また、安価な人工芝はライトや日光が当たると、光が反射して一目で人工のものだと分かってしまうため、反射の少ないものを選びましょう。

また、造園のプロが行なう裏技として、「目土入れ」という作業があります。芝に細かい砂や石を撒くことによって芝生を保護したり長持ちをさせたりする管理方法です。人工芝にはあまり必要のない作業ですが、本物志向の方は薄く砂をまくことによって芝のリアリティーが増します。

人工芝のおすすめ人気ランキング10選

それでは、人工芝の人気商品のご紹介です。同じ商品でもパイルの長さ・芝の色・サイズが展開されているものもあります。選び方を参考にしながら、ご自宅にピッタリな人工芝を見つけてくださいね。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月12日現在)をもとに順位付けしています。

10位
タイプロール
パイルの長さ20mm
素材ポリエチレン・ポリプロピレン
サイズ1×10m
9位
タイプジョイント
パイルの長さ-
素材EVA樹脂
サイズ0.3×0.3m
8位
タイプロール
パイルの長さ35mm
素材-
サイズ1×10m
7位
タイプロール
パイルの長さ35mm
素材ポリエチレン樹脂・ポリプロピレン樹脂
サイズ1×10m
6位
タイプロール
パイルの長さ35mm
素材ポリエチレン・ポリプロピレン
サイズ1×10m
5位
タイプロール
パイルの長さ35mm
素材ポリエチレン・ポリプロピレン
サイズ2×10m
4位
人工芝 グッドライフウッド 人工芝ロール プレミアム 1枚目
出典:amazon.co.jp

グッドライフウッド人工芝ロール プレミアム

9,980円 (税込)

タイプロール
パイルの長さ30mm
素材-
サイズ1×10m
3位
タイプロール
パイルの長さ35mm
素材ポリエチレン・ポリプロピレン
サイズ2×10m
2位
タイプロール
パイルの長さ30mm
素材ポリエチレン・ポリプロピレン
サイズ1×10m
1位
タイプロール
パイルの長さ38mm
素材ポリエチレン・ポリプロピレン
サイズ1×5m、1×10m、2×5m、2×10m

人気人工芝の比較一覧表

商品画像
1
人工芝 YouTen(ユーテン) 人工芝  1枚目

YouTen(ユーテン)

2
人工芝 タンスのゲン リアル人工芝 1枚目

タンスのゲン

3
人工芝 モダンデコ 人工芝  1枚目

モダンデコ

4
人工芝 グッドライフウッド 人工芝ロール プレミアム 1枚目

グッドライフウッド

5
人工芝 BTM 人工芝 1枚目

BTM

6
人工芝 山善 人工芝 防草シート 1枚目

山善

7
人工芝 HUGOO 人工芝 1枚目

HUGOO

8
人工芝 コアエンタープライズ 人工芝 1枚目

コアエンタープライズ

9
人工芝 山崎産業 人工芝 若草ユニット 1枚目

山崎産業

10
人工芝 ミナト電機工業 リアル人工芝 1枚目

ミナト電機工業

商品名

人工芝

リアル人工芝

人工芝

人工芝ロール プレミアム

人工芝

人工芝 防草シート

人工芝

人工芝

人工芝 若草ユニット

リアル人工芝

特徴38mmのロングパイルでボリュームたっぷり!境目が目立...4種類のパイルを使用した夏色人工芝!お手入れも簡単特殊なツヤ消し加工で天然芝のようなクオリティソフトな肌触りでペットにもやさしく、設置も簡単長めのパイルでふかふかとした踏みごこち雑草対策にぴったりな防草シート付き高密度で葉が抜けにくく、耐久性高めカラーも長さもお好みで選択可能な人工芝置くだけで簡単に設置できるジョイントタイプ刈りたてのようにスッキリとしたショートタイプ
最安値
8,780
送料要確認
詳細を見る
8,480
送料要確認
詳細を見る
19,999
送料要確認
詳細を見る
9,980
送料要確認
詳細を見る
19,580
送料無料
詳細を見る
9,499
送料無料
詳細を見る
9,980
送料無料
詳細を見る
4,309
送料要確認
詳細を見る
1,655
送料別
詳細を見る
タイプロールロールロールロールロールロールロールロールジョイントロール
パイルの長さ38mm30mm35mm30mm35mm35mm35mm35mm-20mm
素材ポリエチレン・ポリプロピレンポリエチレン・ポリプロピレンポリエチレン・ポリプロピレン-ポリエチレン・ポリプロピレンポリエチレン・ポリプロピレンポリエチレン樹脂・ポリプロピレン樹脂-EVA樹脂ポリエチレン・ポリプロピレン
サイズ1×5m、1×10m、2×5m、2×10m1×10m2×10m1×10m2×10m1×10m1×10m1×10m0.3×0.3m1×10m
商品リンク

おしゃれな敷石で、簡単ガーデニングを楽しもう!

人工芝で気軽に緑の庭を楽しむなら、敷石を使ったガーデニングもおすすめです。ヨーロッパ風のテラコッタのタイルと組み合わせたり、アクセントとして丸い飛び石を置いてみたりするだけで、おしゃれな庭に大変身!水やりなどのお手入れいらずで、ロマンチックな庭が簡単に手に入りますよ。

人工芝の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、人工芝のAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

人工芝についてご紹介してきました。人工芝は敷くだけで手軽に緑を取り入れることができ、お手入れも簡単です。パイルの長さや色などで見た目も異なりますので、自分好みのレイアウトを楽しむことができますよ。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す