• DIY用ブロアーの人気ランキング10選【ハンディ型・リュック型も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • DIY用ブロアーの人気ランキング10選【ハンディ型・リュック型も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • DIY用ブロアーの人気ランキング10選【ハンディ型・リュック型も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • DIY用ブロアーの人気ランキング10選【ハンディ型・リュック型も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • DIY用ブロアーの人気ランキング10選【ハンディ型・リュック型も!】のアイキャッチ画像5枚目

DIY用ブロアーの人気ランキング10選【ハンディ型・リュック型も!】

日曜大工で出た邪魔な木屑や金属カス、工具についた細かいゴミを一気に吹き飛ばしてくれる「DIY用ブロアー」。ハンディ型とリュック型があり、充電式・コンセント式・ガソリン式など種類も豊富です。しかし、それぞれ風量や風圧、搭載機能も異なるため、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、DIY用ブロアーの選び方を徹底解説。さらに、通販レビューでも評判のおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。掃除機では吸いきれない広範囲に広がったゴミや、手や刷毛が届かない隙間のホコリまで、ブロアーがあればスッキリきれいに!大工仕事の面倒な片付けを楽にする、そんな使いやすい商品を一緒に選んでいきましょう。

  • 最終更新日:2019年11月18日
  • 3,402  views
目次

DIY用ブロアーの選び方

DIY用ブロアーは、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

用途にあわせて使いやすいタイプを選ぼう

DIY用ブロアーは構造や持ち方によって、次の2つのタイプに分けることができます。用途に合わせて使いやすいタイプを選びましょう。

木屑・細かいゴミの除去に使うなら「ハンディ型」

木屑・細かいゴミの除去に使うなら「ハンディ型」

出典:amazon.co.jp

手に持って使うこのタイプは、小回りがきいて便利。DIY作業の後の細かい木屑や、作業場のホコリやゴミを手軽にサッと除去したいときにおすすめです。収納もしやすく、さまざまな場所でオールラウンドに活躍してくれるでしょう。


ただし、威力にはかけるので、重くて大量のゴミの片付けは手間と時間がかかりがち。ハンディでも威力重視で重量がある商品を選ぶ場合は、肩かけストラップ付きを選ぶといいですね。

重い金属屑の除去・広範囲の作業には「リュック型」が◎

重い金属屑の除去・広範囲の作業には「リュック型」が◎

出典:amazon.co.jp

ハンディ型よりもよりパワフルに使いたいなら「リュック型」を選びましょう。重い金属屑を除去したいときにも大活躍。本体を背負って移動すれば、広い範囲もラクラク作業できます。長時間使用するときにも最適で、お仕事で使う人にもおすすめです。ただし、夏場は背中が暑くなるので、スピーディーに作業を進めましょう。

使う場所・使い方にあわせて動力をチョイス

DIY用ブロアーの動力には、次の3つのタイプがあります。使う場所やDIYの目的、コスパ面も考えて、利便の良いタイプを選びましょう。

「コンセント式」は長時間作業ができて便利

「コンセント式」は長時間作業ができて便利

出典:amazon.co.jp

電源切れを気にせず作業をしたいなら、オーソドックスな「コンセント式」を選びましょう。長時間使い続けてもパワー不足になることなく、満足がいくまで吹き飛ばすことができます。コンパクトな商品から威力のあるブロアーまで、バリエーションも豊富。ただし、コードの取り回しがしにくいので、あらかじめコンセント位置やコードの長さを確認して選びましょう。

「バッテリー式」なら屋外でも使用できる

「バッテリー式」なら屋外でも使用できる

出典:amazon.co.jp

コンセントがないお部屋や屋外など、使う場所を選ばず使いたいなら、バッテリー式がおすすめです。充電して使うぶん、経済的な負担感が軽いのも魅力ですね。ただしパワーに劣る傾向があり、電池切れも起こしやすいのが難点。バッテリー性能や送風力の高さを重視して、選んでおくと安心です。

パワフルに作業するなら「エンジン式」が◎

パワフルに作業するなら「エンジン式」が◎

出典:amazon.co.jp

ガソリンや混合燃料などで駆動するエンジン式は、なんといってもパワフル。広い工場で使用するときや、重い金属屑を吹き飛ばしたいときにおすすめです。広範囲でも一気にゴミを集めてお掃除できるでしょう。


その反面で作動音が大きく、メンテナンスの手間はかかってしまいます。排気ガスも出ますので、ご家庭での使用や屋内の作業にはあまり向いていません。

作業しやすい性能・機能付きのものを選ぼう

DIY用ブロワーにはさまざまな商品があり、それぞれ性能や機能が異なります。使いやすいブロアーを選ぶためのポイントも押さえておきましょう。

送風力が高ければ作業もスピーディーに

送風力が高ければ作業もスピーディーに

出典:amazon.co.jp

ブロアーの能力の高さは、風量(m3/min)や風圧(kpa)などの送風力で表示されます。風量が高いほど広範囲のゴミを吹き飛ばすことができ、風圧が高い商品ほど重さのある物を集めることが可能。同じ値段の商品であれば、この2つの数値が高い商品を選んだほうが作業がはかどり、お得です。

効率よく作業できる「風量調整機能付き」がおすすめ

効率よく作業できる「風量調整機能付き」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

上手にゴミを集めるためには、風量の調整も必要です。送風口を動かして風のあたりを調整するのではなく、ブロアー自体に風量を調整する機能がついていると便利。ただし、風量が多いほど騒音も大きくなるので、住宅地や夜中に使う場合は風量を弱めて、迷惑をかけずに作業をしましょう。

ロック付きトリガーなら使い勝手抜群で疲れにくい

ロック付きトリガーなら使い勝手抜群で疲れにくい

出典:amazon.co.jp

電源を入れるスイッチ部分の操作性も大事ですね。細かい隙間の微細な屑の吹き飛ばしにはこまめにON/OFFを繰り返すので、引き金のようなトリガーアクションがおすすめです。加えてON状態を固定するロック機能がついていれば、疲れ知らずに、広範囲をきれいにできるでしょう。

吸引・集塵機能付きなら用途が広がる

吸引・集塵機能付きなら用途が広がる

出典:amazon.co.jp

DIY用ブロアーは風を送り出す道具ですが、吸引・集塵機能を備えた機種もあります。ブロアーで集めたゴミをササッと吸い取り、ポイッと捨てられるので便利。


大容量のダストパック付きなら、庭の落ち葉の処理もお手軽です。パワーの強いものなら細かく粉砕して、ゴミの量を少なくすることもできますよ。掃除機を使いたくない屋外の掃除にもフル活用できるので、使い道が大きく広がるでしょう。

DIY用ブロアーの人気ランキング10選

それでは、DIY用ブロアーのおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介していきます。
10位

ハスクバーナ・ゼノアブロワー

EBZ7500

77,263円 (税込)

タイプ リュック型
動力エンジン式(混合燃料)
送風能力 最大風量21.8m3/m
風量調節機能
スイッチ スロットル
吸引・集塵機能×
本体サイズ 幅54.0×奥行35.5×高さ50.0㎝
重量9.6kg
9位

藤原産業イーバリュー ハンディブロワー

EBL-500V

2,778円 (税込)

タイプ ハンディ型
動力コンセント式(コード長さ約2.0m)
送風能力 最大風量:2.3m3/min
風量調節機能
スイッチ ロック付きトリガー
吸引・集塵機能
本体サイズ 幅26.2×奥行18.6×高さ17.8㎝
重量1.7kg
8位
DIY
ブロアー ナカトミ ドリームパワー エンジンブロアバキューム
出典:amazon.co.jp

ナカトミドリームパワー エンジンブロアバキューム

EBー26D

17,800円 (税込)

タイプ ハンディ型
動力 ガソリン式(潤滑油混合ガソリン)
送風能力 最大風量10m3/min
風量調節機能
スイッチトリガー
吸引・集塵機能
本体サイズ 幅34.0×奥行25.5×高さ35.5㎝
重量約4.0kg
7位

高儀アースマン 充電式ブロワ

BW-180LiA

9,480円 (税込)

タイプ ハンディ型
電源 充電式
送風能力 最大風量約2.0m3/min・最大風圧:約3.3kPa
風量調節機能
ロック機能 ロック付きトリガー
吸引・集塵機能
本体サイズ 幅54.0×奥行15.0×高さ18.0㎝
重量約1.5kg
6位
タイプ ハンディ型
動力 コンセント式(コード長さの表示なし)
送風能力 風量4.5m3/min・最大風圧7.2kPa
風量調節機能
スイッチロック付きトリガー
吸引・集塵機能
本体サイズ 幅19.0×奥行45.5×高さ21.4㎝
重量1.8kg
5位

パナソニック工事用充電式ブロワ

EZ37A1

9,900円 (税込)

タイプ ハンディ型
動力 バッテリー式
送風能力 18V電池:最大風量約3.0m3/分・14.4V電池:最大風量約2.6m3/分
風量調節機能
スイッチトリガー
吸引・集塵機能×
本体サイズ 幅14.8×高さ21.3㎝
重量1.2kg
4位

三共コーポレーションパワーアップブロアー

TBC-550

3,280円 (税込)

タイプ ハンディ型
動力 コンセント式(コード長さ1.8m)
送風能力 最大風量2.8m3/min・最大風圧 5.5KPa
風量調節機能
スイッチトリガー
吸引・集塵機能
本体サイズ 幅42.0×奥行16.0×高さ19.0㎝
重量1.8kg
3位

日立工機エンジンブロワー かるがるスタート

RB24EAP(S)

20,350円 (税込)

タイプ ハンディ型
動力ガソリン式(混合燃料)
送風能力 風量12.5m3/min
風量調節機能
スイッチロック付きトリガー
吸引・集塵機能×
本体サイズ 幅35.4×奥行20.5×高さ33.5㎝
重量3.9kg
2位

リョービブロワバキューム

RESV-1010 697201A

13,060円 (税込)

タイプ ハンディ型
電源 コンセント式(コード長さ10m)
送風能力 最大風量9.5m3/min
風量調節機能
ロック機能 ロック付きトリガー
吸引・集塵機能
本体サイズ 幅17.4×奥行90.5×高さ40.0㎝
重量3.2kg
1位
タイプ ハンディ型
動力バッテリー式
送風能力 最大風量2.6m3/min
風量調節機能
スイッチロック付きトリガー
吸引・集塵機能
本体サイズ 幅52.5x奥行15.5x高さ21.2㎝
重量1.8kg

人気DIY用ブロアーの比較一覧表

商品画像
1
DIY
ブロアー マキタ 充電式ブロワ

マキタ

2
DIY
ブロアー リョービ ブロワバキューム

リョービ

3
DIY
ブロアー 日立工機 エンジンブロワー かるがるスタート

日立工機

4
DIY
ブロアー 三共コーポレーション パワーアップブロアー

三共コーポレーション

5
DIY
ブロアー パナソニック 工事用充電式ブロワ

パナソニック

6
DIY
ブロアー ボッシュ ブロワ

ボッシュ

7
DIY
ブロアー 高儀 アースマン 充電式ブロワ

高儀

8
DIY
ブロアー ナカトミ ドリームパワー エンジンブロアバキューム

ナカトミ

9
DIY
ブロアー 藤原産業 イーバリュー ハンディブロワー

藤原産業

10
DIY
ブロアー ハスクバーナ・ゼノア ブロワー

ハスクバーナ・ゼノア

商品名

充電式ブロワ

ブロワバキューム

エンジンブロワー かるがるスタート

パワーアップブロアー

工事用充電式ブロワ

ブロワ

アースマン 充電式ブロワ

ドリームパワー エンジンブロアバキューム

イーバリュー ハンディブロワー

ブロワー

特徴連続使用時間が長い!電源確保ができない場所でも安心ノズル先端にローラー付き。広範囲の作業がスムーズ風速76.0m/sの風で広範囲にゴミを吹き飛ばす風量の調整が自由自在!コスパも◎パナソニック製の工具を愛用するプロにおすすめ右利き・左利き関係なく両手で使える軽量で扱いやすいので女性にもおすすめエンジン式ではコスパ抜群!取り回しも良好全ての機能を兼ね備えた使い勝手の良い1台安定した姿勢で作業ができるプロ向けの強力ブロアー
最安値
7,910
送料要確認
詳細を見る
13,060
送料無料
詳細を見る
20,350
送料別
詳細を見る
3,280
送料要確認
詳細を見る
9,900
送料無料
詳細を見る
7,084
送料要確認
詳細を見る
9,480
送料別
詳細を見る
17,800
送料無料
詳細を見る
2,778
送料別
詳細を見る
77,263
送料要確認
詳細を見る
タイプ ハンディ型ハンディ型ハンディ型ハンディ型ハンディ型ハンディ型ハンディ型ハンディ型ハンディ型リュック型
動力バッテリー式コンセント式(コード長さ10m)ガソリン式(混合燃料)コンセント式(コード長さ1.8m)バッテリー式コンセント式(コード長さの表示なし)充電式ガソリン式(潤滑油混合ガソリン)コンセント式(コード長さ約2.0m)エンジン式(混合燃料)
送風能力 最大風量2.6m3/min最大風量9.5m3/min風量12.5m3/min最大風量2.8m3/min・最大風圧 5.5KPa18V電池:最大風量約3.0m3/分・14.4V電池:最大風量約2.6m3/分風量4.5m3/min・最大風圧7.2kPa最大風量約2.0m3/min・最大風圧:約3.3kPa最大風量10m3/min最大風量:2.3m3/min最大風量21.8m3/m
風量調節機能
スイッチロック付きトリガーロック付きトリガーロック付きトリガートリガートリガーロック付きトリガーロック付きトリガートリガーロック付きトリガースロットル
吸引・集塵機能×××
本体サイズ 幅52.5x奥行15.5x高さ21.2㎝幅17.4×奥行90.5×高さ40.0㎝幅35.4×奥行20.5×高さ33.5㎝幅42.0×奥行16.0×高さ19.0㎝幅14.8×高さ21.3㎝幅19.0×奥行45.5×高さ21.4㎝幅54.0×奥行15.0×高さ18.0㎝幅34.0×奥行25.5×高さ35.5㎝幅26.2×奥行18.6×高さ17.8㎝幅54.0×奥行35.5×高さ50.0㎝
重量1.8kg3.2kg3.9kg1.8kg1.2kg1.8kg約1.5kg約4.0kg1.7kg9.6kg
商品リンク

DIY用ブロアーの効率的な使い方

今回ご紹介したブロアーは、ちょっとしたコツを掴んでおくだけで、驚くほど作業効率がよくなります。DIYに使うだけでなく洗車後の水滴飛ばしや落ち葉集め、パソコンのキーボードやエアコンのホコリ取り、炭火の火付けにと、ブロアーをオールマイティーに使いこなしましょう。

斜め上から風を当てて吹き飛ばす

斜め上から風を当てて吹き飛ばす

出典:amazon.co.jp

ブロアーでゴミを吹き飛ばす場合は真上からではなく、斜め上から風を当てましょう。ゴミが床や机に貼りつかず、スピーディーに集めることができます。このときゴミを集めたい方向に向かって、円をかくようにブロアーを動かしてください。ゴミやホコリが四方八方に飛び散らないので、目も鼻も安全です。

弱風で始めて徐々に強くする

弱風で始めて徐々に強くする

出典:amazon.co.jp

威力のある風をいきなりあてるとゴミが舞い散ってしまうので、ブロア―は弱風からあて、次第に強くするのが正解。風量調整ができない場合は遠くから風をあてはじめて、徐々に近付けていきましょう。細かい部分に入り込んだゴミは送風口を左右に振るように動かし、一度ゴミを動かしてから吹き飛ばすと、すみずみまでキレイになります。

大量の木屑の処理には「集塵機」も便利

ブロアーだけでは対応できない大量の切りくずを除去したいときには、「集塵機」が大活躍!なかには、工具に直接取り付けられるものもあるため、作業が効率よく進みますよ。ぜひ以下の記事もチェックして、使いやすいものを手に入れてくださいね。

まとめ

DIY用ブロアーのおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?

ブロアーは電動工具の一つとしてホームセンターなどで売られているケースが多いので、探してみてくださいね。知名度は高くないものの、DIYブロアーは一度使い始めると、その万能さに手放せなくなってしまうほど便利なアイテム。あなたも周りに先取りをして、生活に活用しましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事