• 94ddbcbc8ba67166017642aead88b4b36b8b3816
  • 36615eddc5ee235105074067a652cbd9d80e169c
  • 73c4a6beb59083bd879e9f59fe276fc71261172a
  • Dc436b4363f580b9a6196c0c269807e279269b98
  • 96f5bfdea10666902d81eedd9298c18b819b9288

ソーラーライトのおすすめ人気ランキング10選

玄関先やガーデニング、駐車場など、屋外で明るい照明を使いたい場所・ケースはたくさんありますよね。しかし、外だと配線が面倒なこともありますし、毎日使うものであれば電池式も面倒です。

そんなとき、太陽光で充電できるソーラー式ライトはとても便利です。ここでは、防犯目的で人の動きを感知して点灯するセンサータイプや、庭で使えるおしゃれな和風デザインのLEDライト、アウトドアや防災グッズに便利な防水コンパクト型まで、用途に合わせたおすすめの人気ソーラーライトをご紹介します!Amazonなどで購入できるものばかりなので、気に入ったものがあればぜひゲットしてみてくださいね。

最終更新日:2017年04月12日 | 993views

ソーラーライトを使うメリットとデメリット

太陽光で充電できる便利なソーラーライト。

ここでは、ソーラーライトを使うメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

太陽光で充電できるソーラーライトを使うメリットは、配線の必要がなく設置に自由が効くこと、それに電気代がかからないことです。

庭や玄関先など屋外で毎日使いたい場合や、電気が使えない可能性が考えられる災害時などは、特にソーラーライトが活躍するでしょう。

デメリット

ソーラーライトを使うデメリットは、太陽光がなければ充電できないという点です。毎日の天候に左右されることはもちろんですが、地域によってはそもそも日照時間が短い場所もあります。そういった場所では、ソーラーパネルの本来の力は発揮しづらいでしょう。

また、ソーラーパネルとライトが一体化しているタイプのものだと、ライトを太陽の当たる場所に設置する必要があるので、設置場所に多少の制限がかかってしまいます。

ガーデニングの演出など、設置場所にこだわりがある場合は、ライトのタイプと日の当たり具合について確認しておくといいでしょう。

ソーラーライトの選び方

ソーラーライトは、配線や電池交換などの手間がないため、アイディア次第で様々な使い方をすることができるライトです。

ここでは、目的別の選び方をご紹介します。

毎日使うものなら光センサーの有無を確かめる

ソーラーライトは、配線や電池交換の必要がないため、防犯やガーデニングを演出する道具としてとても役に立ちます。こういった目的のために作られたライトの中には、光センサーが搭載されていて、周りが暗くなったら自動的に点灯してくれるタイプのものも多くあります。

防犯やガーデニングに使うのであれば、毎日スイッチを付けたり消したりするのは大変なので、基本的には光センサー搭載のものを選ぶと良いでしょう。

ソーラーパネルがどこに付いているか確認する

ガーデニングの演出で使いたい場合、ソーラーパネルがどこに付いているかも大切です。ソーラーライトの中には、パネルがライトと別になっているものや、ライト本体にパネルが付いているものがあります。

パネルがライトと別になっている場合は、パネルを置く場所にさえ太陽光が当たればよく、ライトの置き場所は自由自在です。一方、ライト本体にパネルが付いている場合は、ライトの置き場所に太陽光が当たっている必要があります。

植え込みの中や植木の陰に置きたいなど、太陽光が当たらない場所にライトを設置したい時はパネルとライトが別のタイプを選んだほうが無難です。反対に、アプローチを飾る時など、日中ライトに太陽光が当たる場所であれば、ライトにパネルが付いているタイプでも良いでしょう。

ペットがいる場合は配線の有無や設置場所を確認する

基本的に配線が必要ないソーラーライトは、見た目がすっきりするだけでなく、人が躓いて転んでしまったり、犬や猫などのペットが誤ってかじってしまったりするような危険を減らすことができます。

ただ、ソーラーパネルとライトが別になっている商品など配線が必要なものがあったり、商品によってはライト自体が熱くなったりすることもあるので、特にペットを飼っているご家庭は、あらかじめ設置場所などを確認しておくと良いでしょう。

ソーラーライトのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのソーラーライトをランキング形式でご紹介します。

ガーデニングで使えるもの・防犯に使えるもの・防災グッズとして使えるものなど様々あるので、自分の目的にあったものをぜひ探してみてください!

10位:富士商 bottLED Solar

水を入れた ペットボトル が増幅発光する! 防水 充電 ソーラー ライト bottLED Solar ブルー F9148
1,598円(税込)

・サイズ:約たて5.5cm×横6.5cm×高さ7.5cm
・光センサー:無し

ペットボトルがランタンになるソーラーライト

ペットボトルに装着して即席のランタンが作れるソーラーライトです。ペットボトルの中に水を入れることで、光が増幅されて辺りを照らしてくれます。水を白濁させることでさらに増幅できるので、水ではなくジュースを使ったり、入浴剤や洗剤などを少し混ぜるのも良いかもしれません。

場所を取らない小さいライトなので、アウトドアなどはもちろん、災害などの緊急事態にも即席のライトとして役に立ちます。明るさは強弱で調節ができ、弱であれば、満充電の状態で約16時間ほども持ちます。強の場合は約4時間です。

カラーバリエーションはブルーとグリーンの2色。つりさげ紐が付いているので、ちょっとした場所に引っかけて使うこともできますね。

9位:ブリッジカントリー LEDソーラーエクステリアライト

LEDソーラー エクステリアライト ソーラーライト
398円(税込)

・サイズ:横10cm×縦11.2cm×厚さ5.5cm
・光センサー:有り

手軽に使える!便利な壁掛けタイプ

格子柄がオシャレな壁掛けタイプのライトです。サイズもコンパクトなので、門柱や壁にさりげなく設置することができます。

ソーラーパネルは本体天板に付いていますが、太陽光がうまく当たらないと充電ができません。また。日中に自動で充電、辺りが暗くなったら自動で点灯してくれますが、街灯などの明かりが当たってしまうとうまく点灯しないことがあるので、設置場所には注意が必要です。

値段は安いですが6個のLEDで明るさは充分。数が必要な時や、ちょっと試しに買ってみたい時なども、気軽に購入することができますね。

8位:BlueField ガーデンライトダイヤモンド型

BlueField ガーデンライト ソーラー LED おしゃれ ダイヤモンド型 4本セット (暖黄色)
2,000円(税込)

・サイズ:直径約9cm×高さ約7cm(本体)・約31cm(支柱の長さ)
・光センサー:有り

イルミネーションにも使えるダイヤモンド型ライト

ダイヤモンド型のガラストップがきれいなガーデニングライトです。4個セットで値段も手頃なので、数を揃えることができるのも嬉しいポイント。

本体底部に付いている電源スイッチは、オン状態のままでも辺りが明るい時は点灯せず、充電のみを行い、暗くなると自動で明かりが点くようになっています。

色は暖黄色と白光色の2種類。ダイヤモンド型がきれいに光をきらきらと拡散させてくれるので、普段から庭などに飾るのももちろん良いですが、クリスマスなどのイルミネーションにもピッタリですね。

7位:RioRand モザイクソーラーライト

RioRand ステンドグラス風デザインのモザイクソーラーライト 自動点灯/自動消灯 ソーラーライト 電源不要 防水 ガーデンライト(3個セット)
1,998円(税込)

・サイズ:約直径7.5cm×高さ36cm
・光センサー:有り

ステンドグラス風のライトでおしゃれ空間を演出

ステンドグラス風のおしゃれなモザイクソーラーライトです。イエロー・パープル・ブルーの3色セットで、それぞれ風合いの違う色が風景をきれいに飾ってくれます。

光センサー搭載で、辺りが暗くなると自動的に点灯してくれます。ただ、街灯や玄関ライトなど、太陽光でなくても明かりが当たってしまうとセンサーがうまく作動しなくなってしまうので、設置場所には注意が必要です。

辺りが見えるくらいに照らすには不向きですが、ガラストップを透かした明かりはやさしくきれいなので、庭やアプローチなど光で演出したい時にオススメです。

6位:タカショー ゴルトランタンソーラーライト

タカショー ゴルト ランタンソーラーライト
2,880円(税込)

・サイズ:12.8cm×12.8cm×21.5cm
・光センサー:有り

ロウソクのような明かりのアンティークライト

ゆらゆら揺れる明かりと、アンティークなデザインがきれいなソーラーライトです。設置するだけで庭や玄関先の雰囲気をがらりと変えることができるでしょう。

設置方法は、直接地面に置く方法と、スタンドに掛ける方法、さらに地面に支柱を差して高めに設置する方法の3パターンがあります。設置方法で明かりの印象が変わるので、設置場所はもちろん、好みに合わせていろいろと工夫することができます。

基本的にはゆらめく明かりの雰囲気を楽しむためのものなので、周りを明るくしたい方には向きません。ガーデニングなど、風景を灯りで飾りたい方にオススメです。

5位:イーサプライ LEDセンサーライト

イーサプライ LEDセンサーライト 屋外 ソーラー 充電 防水 防雨 明るい 強力 EEX-LEDSR02
3,980円(税込)

・サイズ:幅15.5cm×奥行9.2cm×高さ8.8cm
・光センサー:有り(人感センサー付き)

設置場所に穴を開けないゴムベルトタイプ

ゴムベルトで柱や木に固定ができる、人感センサー付きのソーラーライトです。防水・防雨・防塵タイプなので、屋外でも安心して取り付けることができます。

充分な太陽光を確保できる場所であれば、約8時間でフル充電が可能なので、朝から夕方の1日で充電することができますね。人感センサーが作動後、約30秒間点灯、明るさは250lm(ルーメン)です。

ゴムベルトをくるくる巻いてで固定するタイプなので、穴をあけたくない場合や、開けられない場所の時に便利です。ただ、巻けるのは20cmから58cmまでの間なので、設置場所は事前に確認してくださいね。

4位:Mpow 24LEDソーラーライト

Mpow 24 LED ソーラーライト センサーライト 玄関ライト 防犯ライト 外灯 夜間自動点灯 三つの点灯モード 防犯用(二点セット)
3,799円(税込)

・サイズ:15.4cm×10.5cm×4.6cm
・光センサー:有り(人感センサー付き)

壁面に設置可能な、人感センサー付きライト

壁面に直接設置することができる人感センサー付きのソーラーライト。2個セットです。壁面に設置するタイプではありますが、スイッチが裏面に付いているため、直接壁に貼り付けるなど取り外せない設置方法はできません。

点灯させる設定は、通常点灯ライトモード・DIMライトセンサーモード・センサーモードの3パターンあります。通常点灯ライトモードは、人感センサーは関係なく、充電が切れるまで点灯し続けるのに対し、センサーモードは、人感センサーが作動すると点灯します。DIMライトセンサーモードは、通常は小さく点灯していて、センサーが作動すると明かりが強くなるモードです。

充分に充電できる場所であれば、通常点灯ライトモードでも4~6時間くらい持ちます。使い方の幅が広い商品です。

3位:ムサシ RITEXソーラー式センサーライト

ムサシ RITEX ソーラー式センサーライト(LED1W×2灯) 「防雨型」 S-20L
4,225円(税込)

・サイズ:幅18.5cm×奥行13.2cm×高さ15.8cm(クランプ除く)
・光センサー:有り(人感センサー付き)

光で威嚇効果もバッチリな防犯向けソーラーライト

2方向に向いたライトで広い範囲を照らすことのできる、人感センサー付きの防犯向きのソーラーライトです。防雨型なので、雨の心配をせずに設置することができます。

センサーで人を感知し点灯した際、10秒・30秒・30秒の点滅のいずれかを選ぶことができ、また、昼夜問わずにセンサーが作動すれば点灯、夜の暗い時にのみセンサーが作動したら点灯するなど、用途に合わせた設定が可能です。

明るさも充分で、常時点滅している赤い光には威嚇効果も期待できるでしょう。

2位:シードスタイル ソーラー充電式スポットライト

【シードスタイル】ソーラー充電式 スポットライト 【温暖色2灯】 光センサー内蔵で自動ON/OFF
4,580円(税込)

・サイズ:縦19.3cm×横17.1cm×厚さ2.6cm(特大ソーラーパネル)・直径5.7cm(ライト部分)5.5cm(背面)縦7.4cm・約26cm(うち埋め込み部は13cm)・各々約3.2m(コードの長さ)
・光センサー:有り

設置場所は自由自在!小型のスポットライト

庭や玄関に設置できるソーラー充電式のスポットライトが2灯セットの商品です。ソーラーパネルには辺りの明かりを感知する光センサーが内蔵されているので、暗くなれば自動でライトが点灯します。

ソーラーパネルとライトが別々になっており、パネルとライトを繋ぐ配線は3m程あるので、パネルさえ太陽光の当たる場所に置いておけば、ライトの設置場所は自由です。
                            
LEDライトが6個付いており、明るさは充分。レンズがドーム型になっているので、光が広い範囲に届きます。7、8時間の充電で約18時間程度の点灯が可能ですが、太陽光が充分でない場合はその限りではないので、注意が必要です。             

1位:suaoki 3WAY高輝度LEDランタン

suaoki 3WAY高輝度LEDランタン ソーラーライト 懐中電灯 電池不要 USB充電 アウトドアや災害時の備えに オレンジ …
1,580円(税込)

・サイズ:高さ4.5cm×直径8.5cm(懐中電灯)・高さ12cm×直径8.5cm(ランタン)
・光センサー:無し

防災グッズとしても役立つ2wayタイプ!

蛇腹部分を伸ばせばランタンとして、閉じたら懐中電灯として使える2wayタイプのソーラーライトです。カラーはオレンジとグリーンの2パターンがあります。

ソーラーパネルは天面に設置されており、満充電されていれば、最大で10時間程度点灯することができます。「ハイ」・「エコ」・「SOS」の3モードがあり、「ハイ」での連続点灯時間は約5時間、「SOS」は約6時間点灯することができます。

「SOS」モードでは、灯りを点滅させることができ、周りに緊急事態を知らせることができます。また、USB充電機能も付いており、非常時にはスマートフォンを充電することも可能なので、防災グッズとしても役立ちますね。

まとめ

いかがでしたか?

太陽光で充電できるソーラーライトは、電気を使わない分地球に優しいのも嬉しいポイント。アイディア次第でいろいろと使うことができるので、ぜひいろいろな使い方を考えてみてくださいね。

人気の記事

関連キーワード