1. TOP
  2. >
  3. DIY・工具
  4. >
  5. エクステリア・ガーデンファニチャー
  6. >
  7. ウッドパネルのおすすめ人気ランキング10選【マンションのベランダにも!】
  • ウッドパネルのおすすめ人気ランキング10選【マンションのベランダにも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ウッドパネルのおすすめ人気ランキング10選【マンションのベランダにも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ウッドパネルのおすすめ人気ランキング10選【マンションのベランダにも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ウッドパネルのおすすめ人気ランキング10選【マンションのベランダにも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ウッドパネルのおすすめ人気ランキング10選【マンションのベランダにも!】のアイキャッチ画像5枚目

ウッドパネルのおすすめ人気ランキング10選【マンションのベランダにも!】

ベランダに敷くだけで、おしゃれな空間を演出してくれる「ウッドパネル」。パネルなので、自由自在に組み合わせできるのが魅力です。しかしウッドパネルには天然木・人工木などの素材の違いや、サイズ・価格などにも大きな違いがあるためどれを購入しようか迷うこともありますよね。

そこで今回は、通販で購入できるウッドパネルの選び方とおすすめ商品の人気ランキングをご紹介します。シンプルなベランダをお気に入りの空間に変身させてくれる自分好みのウッドパネルを見つけてみませんか?
  • 最終更新日:2020年03月06日
  • 104,652  views
目次

ベランダにウッドパネルを使うメリット

ベランダにウッドパネルを使うメリット
ウッドパネルとは、天然木あるいは人工木でつくられたパネルのこと。ベランダやバルコニーに敷き詰めれば、ウッドデッキのできあがりです。ベランダで素足で過ごせるようになるので、快適空間に早代わり。そして、何といってもコンクリート造りの殺風景なベランダがスタイリッシュに変身するので、とても人気があります。色や木目の向き、溝の幅などによって、見え方もずいぶん異なるので、ベランダを自由自在にアレンジできるのが特徴です。

ウッドパネル(ベランダ用)の選び方

それでは、実際にウッドパネル(ベランダ用)を購入するときに、これだけは外せないという選び方のポイントをご紹介していきます。

素材で選ぶ

ウッドパネルと言っても、素材によって風合いが異なります。順にみていきましょう。

天然木はぬくもり感がある

天然木はぬくもり感がある
天然木のパネルは木のぬくもりがあり、見た目にもおしゃれです。よく見ると、微妙な色の差や木目の違いなどが楽しめ、月日が経つごとに木の風合いが出てくるのが特徴。ただ、虫がつきやすいことと、風雨で腐りやすいことがデメリットです。ささくれができやすく、素足で歩くときに気を付けなければならないので注意しましょう。

人工木は耐久性・対候性が高い

人工木は耐久性・対候性が高い

人工木は天然木の木粉と人工樹脂を混ぜ合わせて作ったものです。見た目は普通の木材と変わらず、ぬくもり感があります。強みは何といってもシロアリなどの虫害がないこと・ささくれやひび割れができないこと。そして、木のように一枚ずつ風合いが微妙に異なるのではなく、全く同じパネルなので、ぱっと見たときに統一感があります。天然木と比較して、長持ちしやすいのが特徴です。しかし唯一、熱を吸収・保持しやすいという弱点があるため、真夏の日差しを浴びた場合は素足で歩くことはできないでしょう。

形で選ぶ

形で選ぶ

多くは正方形タイプですが、まれに長方形タイプのパネルもあります。ベランダの形に合わせて、選択しましょう。縦幅が非常に短く、横に細長いベランダの場合にバランスがよいです。複雑な形のベランダなら、正方形タイプと長方形タイプを組み合わせると置きやすいため、両タイプが販売されているかチェックするのもおすすめです。

装着しやすいものを選ぶ

ウッドパネルはジョイント式が一般的です。さらに、その中でも凹凸タイプと穴に差し込むタイプとがありますので、使いやすい方を選びましょう。


ジョイント式は異なる色のパネル同士を組み合わせられるため、自分好みのベランダを再現することができます。

凹凸タイプは設置が簡単

凹凸タイプは設置が簡単

裏面の凹凸を組み合わせるタイプは、施工が簡単なのでおすすめです。

穴に差し込むタイプ

穴に差し込むタイプ

連結部分がたくさんあるので、丈夫なのがメリット。しかし、逆にジョイントするのに時間がかかることと、真ん中あたりだけ取り外したいと思った時に取り外しにくいということがデメリットです。

水はけがよいかを確認する

水はけがよいかを確認する
ウッドパネルの背面に水抜き穴が付いているなど水が抜ける構造になっていると、雨対策に最適です。穴から水が抜けていくため、水はけがよく、カビが生えにくいのでおすすめ。また、人工木は木材に比べて水はけが悪いので、必ず平坦なパネルではなく溝が入っているタイプを選ぶようにしましょう。

天然木では人体に影響のない塗料を使用しているかを確認する

天然木では人体に影響のない塗料を使用しているかを確認する

人工木のパネルは比較的心配なしですが、天然木のパネルは塗料の材質を確認しましょう。国土交通省が規定している改正建築基準法に適合している「F☆☆☆☆認定塗料」を使用すると大丈夫です。Fはホルムアルデヒドを意味し、☆の数が多いほど(最大4つまで)放散が少なく、耐久性が高いことを表します。

ウッドパネルのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、ウッドパネルの人気ランキングをご紹介します。素材や形などの特徴を整理しながら、自宅の雰囲気に合ったウッドパネルを見つけてくださいね。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月4日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
素材デッキ面:木樹脂・ベース:ポリエチレン/EVA樹脂
1枚あたりのサイズ30×30×2.2cm
設置タイプ差し込みタイプ
内容量27枚
9位

グッドライフウッドウッドパネル 木目調

9,250円 (税込)

素材デッキ面:人工木材・ベース:ポリエチレン
1枚あたりのサイズ30×30×2.1cm
設置タイプ凸凹タイプ
内容量25枚
8位
素材デッキ面:木粉混合ポリエチレン・ベース:ポリエチレン
1枚あたりのサイズ30×30×2.6cm
設置タイプ差し込みタイプ
内容量10枚
7位
素材デッキ面:天然杉(オイルステイン塗装)・ベース:PVC
1枚あたりのサイズ29×29×2.4cm
設置タイプ凸凹タイプ
内容量81枚
6位
素材デッキ面:アカシア無垢材(アクリルステイン)・ベース:ポリプロピレンプラスチック 
1枚あたりのサイズ30×30×2cm
設置タイプ-
内容量9枚
5位
素材天然木ヒバ材
1枚あたりのサイズ30×30×4cm
設置タイプ凸凹タイプ
内容量12枚
4位
素材デッキ面:木紛入り容器リサイクル材・ベース:PP
1枚あたりのサイズ30.8×30.8×3.3cm
設置タイプ凸凹タイプ
内容量1枚
3位
素材天然木アカシア材
1枚あたりのサイズ30×30×2.1cm
設置タイプ凸凹タイプ
内容量10枚
2位
素材デッキ面:人工木WPC(木粉45%入り)・ベース:ポリプロピレン
1枚あたりのサイズ30.5×30.5×2.5cm(ジョイント部含む)
設置タイプ凸凹タイプ
内容量27枚
1位
素材デッキ面:人工木材・ベース:ポリエチレン
1枚あたりのサイズ30×30×2.1cm
設置タイプ凸凹タイプ
内容量25枚

人気ウッドパネルの比較一覧表

商品画像
1
ウッドパネル グッドライフウッド ウッドパネル 1枚目

グッドライフウッド

2
ウッドパネル タンスのゲン ウッドパネル 1枚目

タンスのゲン

3
ウッドパネル プロテック ジョイント パネル 1枚目

プロテック

4
ウッドパネル アイリスオーヤマ プレミアウッドパネルデッキ 1枚目

アイリスオーヤマ

5
ウッドパネル WILL ベランダガーデン 1枚目

WILL

6
ウッドパネル IKEA RUNNEN フロアデッキ 1枚目

IKEA

7
ウッドパネル OTOGINO ウッドデッキパネル 1枚目

OTOGINO

8
ウッドパネル 山善 ジョイントタイル 1枚目

山善

9
ウッドパネル グッドライフウッド ウッドパネル 木目調 1枚目

グッドライフウッド

10
ウッドパネル アイカ ウッドパネル 1枚目

アイカ

商品名

ウッドパネル

ウッドパネル

ジョイント パネル

プレミアウッドパネルデッキ

ベランダガーデン

RUNNEN フロアデッキ

ウッドデッキパネル

ジョイントタイル

ウッドパネル 木目調

ウッドパネル

特徴3色・3タイプの組み合わせで世界に1つだけのベランダを木材100%の木粉を使用。耐久性とリアルな質感を実現コスパ良好な天然木ウッドパネル。水はけもグッド軽量で取り付けラクラク。耐久性の高さも◎デッキ厚25mmの天然木の本格派!落ち着きのあるアカシアの濃い色調が魅力天然木材のぬくもりを感じられる。高級感もアップ穏やかな木目調とカラーバリエーションで北欧風にアレンジ可能本物の木のような木目が嬉しい人工木材タイプ人工木材で優れた耐久性。カラーバリエーションの豊富さも◎
最安値
7,220
送料要確認
詳細を見る
7,680
送料要確認
詳細を見る
530
送料別
詳細を見る
25,272
送料要確認
詳細を見る
3,780
送料別
詳細を見る
24,680
送料無料
詳細を見る
9,250
送料要確認
詳細を見る
6,980
送料別
詳細を見る
素材デッキ面:人工木材・ベース:ポリエチレンデッキ面:人工木WPC(木粉45%入り)・ベース:ポリプロピレン天然木アカシア材デッキ面:木紛入り容器リサイクル材・ベース:PP天然木ヒバ材デッキ面:アカシア無垢材(アクリルステイン)・ベース:ポリプロピレンプラスチック デッキ面:天然杉(オイルステイン塗装)・ベース:PVCデッキ面:木粉混合ポリエチレン・ベース:ポリエチレンデッキ面:人工木材・ベース:ポリエチレンデッキ面:木樹脂・ベース:ポリエチレン/EVA樹脂
1枚あたりのサイズ30×30×2.1cm30.5×30.5×2.5cm(ジョイント部含む)30×30×2.1cm30.8×30.8×3.3cm30×30×4cm30×30×2cm29×29×2.4cm30×30×2.6cm30×30×2.1cm30×30×2.2cm
設置タイプ凸凹タイプ凸凹タイプ凸凹タイプ凸凹タイプ凸凹タイプ-凸凹タイプ差し込みタイプ凸凹タイプ差し込みタイプ
内容量25枚27枚10枚1枚12枚9枚81枚10枚25枚27枚
商品リンク

ウッドパネルでお気に入りの空間を演出!

ウッドパネルの敷き方を工夫して、お気に入りの空間をデザインしていきましょう。

組み合わせやタイプによって印象が変わる

パネルの組み合わせ方やパネルのタイプによって、敷いたときのベランダのイメージが変わります。いろいろな案をご紹介していきたいと思います。

シンプルでスタイリッシュ

シンプルでスタイリッシュ
すべてのパネルを同じ色で統一する場合、落ち着いた空間になります。色はメーカーによってさまざま。ライトブラウン・ダークブラウン・ややグレーがかったブラウン・白・レッドなど色によって印象がガラリと変わります。一般にダークな色味の方が空間が締まり、優しめな色は空間が広く見えるのが特徴です。

異なる色のパネルを組み合わせるとおしゃれ!

異なる色のパネルを組み合わせるとおしゃれ!

あえて異なる色のパネルをジョイントして市松模様にする手があります。これは見た目にもおしゃれ。色違いのパネルでも良いですし、人工芝のパネルと組み合わせても、かわいいです。ただし、別のメーカーの商品は互換性がない可能性もあるため、要注意。

色の濃淡があると、落ち着いた空間に変身

色の濃淡があると、落ち着いた空間に変身
パネルは光の反射具合でグラデーションがかかっているように見えるのが特徴。とくに、溝がたくさんあるパネルは、模様にもみえるので、平坦な印象を与えない点がメリットです。クラシカルな落ち着いた雰囲気を演出するなら、カラーに濃淡の差があるタイプもおすすめです。

木目を強調しているタイプはよりナチュラルに見える

木目を強調しているタイプはよりナチュラルに見える
天然木はもちろん人工木でも木目を強調しているタイプは、よりナチュラルテイストに。ほっとした温かい空間を作りたい方に、おすすめです。ただし、この場合、木目が平行になるようにジョイントしたほうが、自然な感じが保てます。

ストーンタイル・人工芝パネルを使用する

ストーンタイル・人工芝パネルを使用する
ウッドパネルと同じメーカーの人工石タイルや人工芝パネルを入れると、アクセントができポップな空間になります。ちょっと冒険してみたい方におすすめ。組み合わせを少し変えるだけで、自分だけの特別な空間を作れます。

空いてしまった隙間は幅調整材が◎

空いてしまった隙間は幅調整材が◎
パネルを敷いていくと、どうしても隅の方が開いてしまうことがよくあります。余ったパネルをのこぎりで切るのは大変ですし、怪我のもと。そのような場合は、幅調整材で補強しましょう。デザインによっては白石などもおすすめ。細部まで敷き詰めることで、空間がより美しく見えます。

ウッドパネル(ベランダ用)の売れ筋ランキングもチェック!

なお参考までに、ウッドパネル(ベランダ用)の各ECサイトの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回はおすすめのウッドパネル(ベランダ用)をランキング形式でご紹介してきました。いかがでしたでしょうか?

耐久性・素材・形・大きさなどご自宅のベランダのデザインや広さから判断して、お気に入りのウッドパネル(ベランダ用)を見つけてくださいね。ぜひ、ベランダも部屋にカーペットを敷くのと同じように、インテリア感覚でおしゃれに楽しみましょう。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す