• ラムベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【高タンパク低カロリー!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ラムベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【高タンパク低カロリー!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ラムベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【高タンパク低カロリー!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ラムベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【高タンパク低カロリー!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ラムベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【高タンパク低カロリー!】のアイキャッチ画像5枚目

ラムベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【高タンパク低カロリー!】

高タンパク&低カロリー、ビタミンも豊富、犬にとって消化しやすくアレルギーにもなりにくいことから、1歳未満の子羊の肉を主原料とした「ラムベースのドッグフード」が人気です。とはいえ、ラムベースのフードすべてがアレルギー・便通改善に対応しているわけではありません。また、アカナを始めとする多くのメーカーから発売されており、ラム肉の比率やタンパク質の量もさまざま。どれを選べばいいか迷ってしまう、という方も多いですよね。

質の良いフードをと願う飼い主さんのために、今回は愛犬の体に良いラムベースのドッグフードの選び方をおさえたうえで、おすすめ人気ランキング10選をご紹介します。信頼できる品質のフードを与えて、愛犬の健康を保ちましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 1,686  views
目次

ラムベースのドッグフードの選び方

それではまず、ラムベースのドッグフードの選び方をおさえておきましょう。鶏肉を原料とした安価なフードがある中、わざわざラムを選ぶには、それなりの理由があるはず。ラムの良さを享受できるフード選びについて考えます。

ラム肉の量が多いものを選ぶ

ラム肉の量が多いものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

ラム肉のメリットを享受するためには、原材料費率を確認して、ラム肉の量が多いフードを選びましょう。ラムを原料とすると謳いながらも、実は大麦や小麦、米などの穀物の割合が非常に高いフードが出回っていることがあるので、この点には注意が必要です。

ラムは鶏肉等に比べ、肉自体の価格が高いため、フードの単価を安価におさえようとすると、どうしても混ぜ物が多くなるもの。ラム肉の量が不十分なフードを与えてしまわないよう、注意しましょう。

タンパク質量が多いものを選ぶ

タンパク質量が多いものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

総合栄養食として選ぶなら、ラム肉が多く使われていることだけでなく、全体のフードのタンパク質量にも注目しましょう。総合栄養食としてのドッグフードのタンパク質量は、AAFCO(米国飼料検査官協会)によって、成長期で22.5%、維持期で18%と最低ラインが定められています。

実際には、このラインを大きく上回るタンパク質量が望ましいです。できれば成長期で30%前後、維持期で25%程度は確保しましょう。

アレルギーを改善するために注目するポイント

鶏肉ベースのものより高くつきがちなラムベースのドッグフード。ラムをわざわざ選ぶのは「アレルギー対策」であることも少なくありません。皮膚疾患や涙やけ対策になるラムベースのドッグフードを選ぶ際には、どういったポイントに注目する必要があるのでしょうか。

タンパク源はラムのみが望ましい

タンパク源はラムのみが望ましい
食物アレルギーがあるワンちゃんの場合は、使用しているタンパク源はラムだけ、というのが望ましいです。ただ、「ラムしか使っていません」というラムベースのドッグフードは、商品数がかなり限られます。

アレルゲンを特定しきれていない状況なら、ラム同様に比較的アレルギーが起こりにくいとされている魚肉との混合フードもおすすめです。アレルゲンが特定できているようなら、アレルゲンとなる種類の肉を避けてフード選びをしましょう。

ラム+小麦、ラム+米は避けるべし!おすすめはグレインフリー

ラム+小麦、ラム+米は避けるべし!おすすめはグレインフリー
皮膚疾患や涙やけなどアレルギー症状が気になる場合には、グレインフリーのフードを選びましょう。グレインフリーとは穀物フリーのこと。と言っても、穀物全般をNGとするのではなく、犬が消化吸収しにくく、アレルギーを起こしやすいとされる、小麦・トウモロコシ・大豆・米などを含んでいないということです。特にラムベースのフードの場合は、米や大麦との組み合わせが多いためご注意を。

なお、穀物が犬にとって全く不要というわけではなく、エネルギー源としてある程度は必要という考えが現在は主流です。アレルゲンとなりにくい、サツマイモやひよこ豆などの低GI食品である豆類が入っているものなら大丈夫ですよ。

原材料表記と添加物をチェック!

原材料表記と添加物をチェック!
ラムベースのドッグフードは安全だと思われがちですが、実際には危険な添加物や、危険な原材料を用いているものもあります。まず原材料。「ラム粉」「ラムミール」「ラム副産物」となっている商品は、ヒューマングレードではない危険な状態の原材料である可能性が高いため、避けた方が良いでしょう。

ただし、そういった表示のものでも、契約農家からしか仕入れないなど、品質が安定しているものもあります。気になる商品があれば、じっくりと調べてみましょう。

添加物は、酸化防止剤(エトキシキン・BHT・BHA・亜硝酸ナトリウム・ソルビン酸カリウム)・保湿剤(プロピレングリコール)・着色料(エリスロシン・アルラレッドAC・ニューコクシン・ローズベンガル・インジゴカルミン)・甘味料&かさ増し材(ビートパルプ)に注意が必要。ただし量や組み合わせによって安全性が変わるものもあるので、添加物は詳しく確認してくださいね。

ラムベースのフードは高額?続けられる価格のものを選ぶ

ラムベースのフードは高額?続けられる価格のものを選ぶ
ラムベースのドッグフードは、鶏肉ベースのものに比べ、原価は高くなります。さらに、ラム使用量&タンパク質量が多く、グレインフリーのプレミアムなフードを選ぶとなると、どうしてもフード自体の価格は高騰しがち。

ただ、タンパク質量が多いものを選ぶと、1回あたりの給餌量が少なくて済むため、キロ単価は高くついても、日々の負担はそれほどでもないという場合もあります。品質と価格との兼ね合いを考えて、1日あたりにかかる費用を計算し、続けられるフードを選びましょう。

ラムベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、ラムベースのドッグフードのおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。上記の選び方に即し、ラム原料の多さ&タンパク質量やアレルギー対策、安全性を考え、価格とのバランスをみてランキング作成しました。

※「1日あたり費用」は、活動量が普通程度の体重5kg・活動量少な目の犬にかかる費用を、値下げ価格ではなく、定価を基準にして表示。定価が示されていない商品については、平均的な市場価格で計算しています。
10位
Addiction ル・ラム グレインフリードッグフード 1.8Kg
出典:amazon.co.jp

Y.K.エンタープライズAddiction ル・ラム グレインフリードッグフード 1.8Kg

AF70691

3,456円 (税込)

ラム肉含有割合タンパク質量22%以上
タンパク源ラム肉・魚グレインフリー
低GI穀物安全性
1日あたり費用成犬:約216円、小犬:約436円
9位
ネイチャーズバラエティ インスティンクト LID ラム フォーミュラ 2kg
出典:amazon.co.jp

ネイチャーズバラエティネイチャーズバラエティ インスティンクト LID ラム フォーミュラ 2kg

4,752円 (税込)

ラム肉含有割合タンパク質量22%
タンパク源ラムのみグレインフリー
低GI穀物安全性
1日あたり費用成犬:約180円、小犬:約360円
8位
BELCAND ファイネスト グレインフリー ラム 1kg
出典:amazon.co.jp

BewitalBELCAND ファイネスト グレインフリー ラム 1kg

2,283円 (税込)

ラム肉含有割合30%タンパク質量25%以上
タンパク源ラム肉・家禽肉・粉末卵グレインフリー
低GI穀物安全性
1日あたり費用約208円
7位
グレインフリー ラム 2kg
出典:purape.jp

PLANET PETグレインフリー ラム 2kg

3,800円

ラム肉含有割合50%タンパク質量26%
タンパク源ラムのみグレインフリー
低GI穀物安全性
1日あたり費用約172円
6位
エリートニュートリション ラム肉&ヒヨコ豆 1.8kg
出典:amazon.co.jp

ピュアラックスエリートニュートリション ラム肉&ヒヨコ豆 1.8kg

5,061円 (税込)

ラム肉含有割合30%タンパク質量28%以上
タンパク源ラムのみグレインフリー
低GI穀物安全性
1日あたり費用成犬:約316円、小犬:約632円
5位
キア オラ ドッグフード ラム 2.7kg
出典:amazon.co.jp

バックトゥベーシックスキア オラ ドッグフード ラム 2.7kg

5,184円 (税込)

ラム肉含有割合タンパク質量30%以上
タンパク源ラム・サーモングレインフリー
低GI穀物安全性
1日あたり費用成犬:約173円、小犬:約324円
4位
PetKind トライプドライドッグフード ラム 2.72kg
出典:amazon.co.jp

帝塚山ハウンドカムPetKind トライプドライドッグフード ラム 2.72kg

ti001006

5,184円 (税込)

ラム肉含有割合タンパク質量30%以上
タンパク源ラム・七面鳥グレインフリー
低GI穀物安全性
1日あたり費用約225円
3位
RIGALO  ハイプロテイン ラム 1.8kg
出典:amazon.co.jp

ライトハウスRIGALO ハイプロテイン ラム 1.8kg

4,320円 (税込)

ラム肉含有割合タンパク質量37%以上
タンパク源ラム・サーモングレインフリー
低GI穀物安全性
1日あたり費用成犬:約209円、小犬:約300円
2位
ZiwiPeak エアドライ ドッグフード ラム 2.5kg
出典:amazon.co.jp

ZiwiPeakZiwiPeak エアドライ ドッグフード ラム 2.5kg

14,772円 (税込)

ラム肉含有割合33%以上タンパク質量90%以上
タンパク源ラムのみグレインフリー
低GI穀物安全性
1日あたり費用約301円
1位
ACANA グラスフェッドラム 2kg
出典:amazon.co.jp

Champion PetfoodsACANA グラスフェッドラム 2kg

3,550円 (税込)

ラム肉含有割合50%タンパク質量31%
タンパク源ラムのみグレインフリー
低GI穀物安全性
1日あたり費用約173円

おすすめ人気ラムベースのドッグフードの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格ラム肉含有割合タンパク質量タンパク源グレインフリー低GI穀物安全性1日あたり費用商品リンク
1
ACANA グラスフェッドラム 2kg

Champion Petfoods

ACANA グラスフェッドラム 2kg

ヒューマングレードのラムをたっぷり使った理想的なフード3,550円(税込)50%31%ラムのみ約173円詳細を見る
2
ZiwiPeak エアドライ ドッグフード ラム 2.5kg

ZiwiPeak

ZiwiPeak エアドライ ドッグフード ラム 2.5kg

ラムの肉だけでなく内臓も配合することで穀類ゼロへ14,772円(税込)33%以上90%以上ラムのみ約301円詳細を見る
3
RIGALO  ハイプロテイン ラム 1.8kg

ライトハウス

RIGALO ハイプロテイン ラム 1.8kg

ラム+サーモン&グレインフリーでアレルギーが起こりにくい!4,320円(税込)37%以上ラム・サーモン成犬:約209円、小犬:約300円詳細を見る
4
PetKind トライプドライドッグフード ラム 2.72kg

帝塚山ハウンドカム

PetKind トライプドライドッグフード ラム 2.72kg

酵素や乳酸菌・アミノ酸・必須脂肪酸が豊富なフード5,184円(税込)30%以上ラム・七面鳥約225円詳細を見る
5
キア オラ ドッグフード ラム 2.7kg

バックトゥベーシックス

キア オラ ドッグフード ラム 2.7kg

自然放牧のラムと不飽和脂肪酸たっぷりのサーモンを使用5,184円(税込)30%以上ラム・サーモン成犬:約173円、小犬:約324円詳細を見る
6
エリートニュートリション ラム肉&ヒヨコ豆 1.8kg

ピュアラックス

エリートニュートリション ラム肉&ヒヨコ豆 1.8kg

原材料に正直なフードで安心5,061円(税込)30%28%以上ラムのみ成犬:約316円、小犬:約632円詳細を見る
7
グレインフリー ラム 2kg

PLANET PET

グレインフリー ラム 2kg

ウェールズ産の牧草を食べて育ったラム肉50%配合3,800円50%26%ラムのみ約172円詳細を見る
8
BELCAND ファイネスト グレインフリー ラム 1kg

Bewital

BELCAND ファイネスト グレインフリー ラム 1kg

グレインに対してアレルギーのある犬向け2,283円(税込)30%25%以上ラム肉・家禽肉・粉末卵約208円詳細を見る
9
ネイチャーズバラエティ インスティンクト LID ラム フォーミュラ 2kg

ネイチャーズバラエティ

ネイチャーズバラエティ インスティンクト LID ラム フォーミュラ 2kg

アレルギーに配慮してタンパク源はラムのみ4,752円(税込)22%ラムのみ成犬:約180円、小犬:約360円詳細を見る
10
Addiction ル・ラム グレインフリードッグフード 1.8Kg

Y.K.エンタープライズ

Addiction ル・ラム グレインフリードッグフード 1.8Kg

獣医師や栄養学者によるドッグフード3,456円(税込)22%以上ラム肉・魚成犬:約216円、小犬:約436円詳細を見る

アレルギー対策になるフードは他にも色々!

ラムベースのフードは、もちろん高タンパク&低カロリーで栄養豊富という点が大きな魅力ですが、アレルギー対策として購入されることも多いです。以下の記事では、アレルギー対策のドッグフードや、ラムベースと同じくアレルギー対策として用いられることの多い魚ベースのドッグフードを紹介しています。アレルギー対策が目的の場合、ぜひあわせてチェックしてみてください!

まとめ

今回は、ラムベースのドッグフードのおすすめ人気ランキング10選をご紹介しました。気になる商品はランクインしていたでしょうか?今回は、「アレルギーが起こりにくい」ということと、ラムの使用量やタンパク質量に着目しておすすめの商品を選びました。

ドッグフード市場は非常に激戦です。過剰な広告や謳い文句が躍っている商品もあります。どれを選ぶのか迷ってしまうこともあると思います。本記事が迷えるフード選びの参考になれば幸いです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す