• 初心者におすすめの茶道の本の人気ランキング20選【わかりやすい!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 初心者におすすめの茶道の本の人気ランキング20選【わかりやすい!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 初心者におすすめの茶道の本の人気ランキング20選【わかりやすい!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 初心者におすすめの茶道の本の人気ランキング20選【わかりやすい!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 初心者におすすめの茶道の本の人気ランキング20選【わかりやすい!】のアイキャッチ画像5枚目

初心者におすすめの茶道の本の人気ランキング20選【わかりやすい!】

習い事として根強い人気のある茶道ですが、初心者の方には少し敷居が高く感じてしまうかもしれません。そんなときに読んでほしいのが、茶道に関する本です。中でもわかりやすい本、写真の多い本など、とっつきやすい本ならきっと楽しみながら茶道について学べるはず。

今回は、初心者におすすめの茶道の本を、ランキング形式でご紹介します。初心者向けではありますが、読み物として面白い本もあるので、中級者以上の方にもおすすめですよ。わかりやすい本を読んで、茶道への理解をもっと深めましょう!
  • 最終更新日:2018年05月17日
  • 2,126  views
目次

初心者におすすめの茶道の本の選び方

それでは、初心者が茶道の本を選ぶときに確認したいポイントについてご紹介します。

まずは歴史や道具類について学べる本から

まずは歴史や道具類について学べる本から

出典:amazon.co.jp

まずは茶道の歴史について書かれている本を読むことで、より理解を深めることができます。どういった歴史があって今まで続いているのか、大まかな流れを知っていると、お稽古などで先生のお話も理解しやすくなりますよ。

また歴史だけでなく、茶道で使うお道具類についての説明があるものを選ぶとよりわかりやすいです。茶道では茶碗や茶筅など、テレビなどで見たことがある道具の他にもさまざまな道具を使います。道具の種類や意味・役割などを知ることで身近に感じられるようになりますよ。

とっかかりやすい本で気軽に学ぼう!

とっかかりやすい本で気軽に学ぼう!

出典:amazon.co.jp

いきなり難しい本は選ばず、子ども向けや漫画形式など、とっかかりやすい本を選ぶようにしましょう。難易度の高い本は、だんだんと慣れてきてから少しずつ読んでいくといいですよ。

中には、エッセイ形式だったり、読み物として面白かったりと、茶道を習っていない人でも楽しく読めるような本もあります。難しく考えすぎず、茶道を身近に感じられるものを選ぶようにしましょう。

イラスト・写真が豊富な本だと理解しやすい!

イラスト・写真が豊富な本だと理解しやすい!

出典:amazon.co.jp

テキスト主体の本よりは、イラストや写真が豊富に掲載されている本のほうが、初心者の方にはおすすめです。茶道に関することは、普段の生活ではなかなか身近にないことも多く、言葉だけではわかりづらい場合が多いもの。

写真やイラストがたくさんあれば、具体的にイメージできて、理解しやすくなります。細かいところがよくわかるような角度の写真があれば、よりおすすめです。中にはDVDが付属しているものもありますので、できるだけビジュアル面からも説明がある本を選びましょう。

お稽古で学んだことを復習できる本もおすすめ

お稽古で学んだことを復習できる本もおすすめ

出典:amazon.co.jp

実際に茶道教室などに通い始めた人におすすめしたいのが、お稽古で学んだことを復習できる参考書的な本です。お稽古の場では理解していても、いざ自分で復習するとなると手が止まってしまう、というのはよくあること。そんなときに、参考書的に使える本があると便利です。

わからないことはすぐに見直すことで、より確実に身につけることができますし、それでもわからなければ次のお稽古で先生に確認する、という判断もできます。なお、お点前の作法や使うお道具などは流派によって違うので、自分が習っている流派の内容に沿ったものを選びましょう。

初心者におすすめの茶道の本ランキング20選

それでは、初心者におすすめの茶道の本BEST20をご紹介します。茶道の歴史がわかりやすく書かれているものや、習い始めて復習に役に立つ参考書的な本などいろいろな本をピックアップしています。ぜひ参考にしてくださいね。

20位:茶道具ハンドブック

茶道具ハンドブック
出典:amazon.co.jp
茶道具ハンドブック

1,296円 (税込)

詳細情報
・出版社:淡交社
・出版年:2012年2月28日

お茶道具のことならこれにおまかせ!

茶道を学ぶようになると、やはりお道具の世界も勉強する必要があります。しかし茶道具はいろいろな種類があってなかなか覚えるのが大変ですよね。そんな時にこの本があれば茶道具全般をさらっと学ぶことができますよ。ハンディタイプなので持ち運びやすいのも嬉しいところ。

19位:茶道ハンドブック 田中仙翁

茶道ハンドブック 田中仙翁
出典:amazon.co.jp
茶道ハンドブック 田中仙翁

1,620円 (税込)

詳細情報
・出版社:三省堂
・出版年:2007年4月1日

いつでもカバンの中にそっと忍ばせて

お稽古に行く際など、カバンの中に1冊忍ばせておくととても安心できる本です。歴史・建築・道具などについて必要なことをしっかりまとめてくれています。家で読む本とは別に用意しておくと、調べたいことがあるときにさっと引けますよ。広い知識を網羅している小事典です!

18位:茶道の稽古場 役立つ100の知恵 黒田宗光

茶道の稽古場 役立つ100の知恵 黒田宗光
出典:amazon.co.jp
茶道の稽古場 役立つ100の知恵 黒田宗光

1,296円 (税込)

詳細情報
・出版社:淡交社
・出版年:2014年3月10日

100の「なぜ?」をすっきり解決!

初心者がお稽古などに通うようになった際に、疑問に思いやすい100の項目についてすっきりと説明してくれる本です。疑問はそのままにしておいても上達しません。とはいえ、師事している先生もなかなかうまく説明してくれないかもしれませんよね。そんな時に役立つ本ですよ。

17位:千利休 日本人のこころの言葉 熊倉功夫

千利休 日本人のこころの言葉 熊倉功夫
出典:amazon.co.jp
千利休 日本人のこころの言葉 熊倉功夫

1,296円 (税込)

詳細情報
・出版社:創元社
・出版年:2015年9月10日

生活文化史から利休が提唱したわびの世界を探る

茶道研究者の第一人者ともいうべき筆者による、千利休の提唱した「わび茶」の本質を探る本です。利休の劇的な死については大河ドラマなどでも何度も描かれたため有名ですが、利休が生涯かけて到達した「わび茶」の本質についてはあまり語られません。この本ではその点にアプローチしています。難しそうに思うかもしれませんが、著者の文章は大変読みやすいので難しさを感じにくくなっていますよ。

16位:茶の湯入門 美しい作法が身につく 小西宗和

茶の湯入門 美しい作法が身につく 小西宗和
出典:amazon.co.jp
茶の湯入門 美しい作法が身につく 小西宗和

2,221円 (税込)

詳細情報
・出版社:高橋書店
・出版年:2005年5月

美しい写真でお茶の優雅さが実感できる

とにかく写真が明るくてお洒落で美しいことが特徴の本です。入門書はどうしても説明しやすさを優先するため、面白みが少ない写真になりがちなのですが、この本はとても素敵な写真を掲載していて、ぱらぱらと眺めているだけでも楽しいですよ。お茶の雰囲気に触れたい人におすすめ!

15位:よくわかる茶道の歴史 谷端昭夫

よくわかる茶道の歴史 谷端昭夫
出典:amazon.co.jp
よくわかる茶道の歴史 谷端昭夫

2,376円 (税込)

詳細情報
・出版社:淡交社
・出版年:2007年3月1日

茶道の歴史を少し詳しく学びたくなったら

茶道の長い歴史について、少し詳しく学びたくなった初心者の人におすすめしたいのが、この本です。写真や図解をたくさん盛り込みながら、「茶の湯とわび茶と茶道」や「茶人と大名と庶民」と、興味深い切り口で茶道の歴史が解説されていてとてもわかりやすいことが特徴。ちょっと学術的なことを知りたくなった場合はこの本から始めましょう。

14位:淡交別冊71 茶の湯と物語

淡交別冊71 茶の湯と物語
出典:amazon.co.jp
淡交別冊71 茶の湯と物語

1,646円 (税込)

詳細情報
・出版社:淡交社
・出版年:2017年6月5日

茶の湯で物語の世界を楽しむ

いつかこういう風な茶会を開けたらいいな、というような気持ちで初心者さんに読んでほしい本です。茶会を催す際には亭主は茶道具を取り合わせますが、そこに「物語」の要素を反映して、いろいろと取り合わせる楽しさがあります。古典の名作である『源氏物語』を各帖で取り合わせたらどうなるか…など具体的な例を紹介しています。いつか茶会を開くときを想像しながら読むのも楽しいかも。

13位:ひよっこ茶人、茶会へまいる。 松村栄子

ひよっこ茶人、茶会へまいる。 松村栄子
出典:amazon.co.jp
ひよっこ茶人、茶会へまいる。 松村栄子

713円 (税込)

詳細情報
・出版社:朝日新聞出版
・出版年:2011年8月5日

小学生の男の子には負けられない!楽しいエッセイ

京都に引っ越した著者がたまたま紛れ込んだお茶会の席で、作法をちゃんと身に付けた小学生の男の子がいました。一方の自分は大人なのに満足にお菓子も食べられず…。一念発起した著者が、素人としてのミスなども余すところなくほのぼのとした無邪気さで描いたエッセイです。茶道を習い始めて少し経った人におすすめですよ!

12位:お茶をはじめてみよう ようこそ茶の湯の世界へ

お茶をはじめてみよう ようこそ茶の湯の世界へ
出典:amazon.co.jp
お茶をはじめてみよう ようこそ茶の湯の世界へ

1,028円 (税込)

詳細情報
・出版社:淡交社
・出版年:2007年2月1日

細やかなQ&Aがわかりやすい

どうしてお茶室には体をにじって入るようになったのかなど、お茶に関する疑問などにも的確に答えてくれる本です。最初にお茶ってなに?という優しいお題から入り、次にお茶を日常生活に取り入れる方法など、できるだけ簡単にわかりやすく紹介してくれています。聞くに聞けないことなども丁寧に解説してあるため、入門編におすすめです。

11位:お茶のお稽古 茶頭入門 すべての所作がやさしくわかる 松井宗幸

お茶のお稽古 茶頭入門 すべての所作がやさしくわかる 松井宗幸
出典:amazon.co.jp
お茶のお稽古 茶頭入門 すべての所作がやさしくわかる 松井宗幸

486円 (税込)

詳細情報
・出版社:成美堂出版
・出版年:2003年5月

お茶を習い始めた初心者へ

お茶を習い始めた初心者の人が疑問に思いやすい作法のあれこれを、写真を中心にわかりやすく解説してくれている本です。習う前よりも習ってからに購入する方がいいですね。お茶会の中での動きや役割などを解説してくれているため、茶会での悩みなどが解消できるはず。

10位:まるごとわかる!図説「茶の湯」入門

まるごとわかる!図説「茶の湯」入門
出典:amazon.co.jp
まるごとわかる!図説「茶の湯」入門

115円 (税込)

詳細情報
・出版社:学研パブリッシング
・出版年:2012年1月6日

茶の湯の歴史を学びたい人の入門書

桃山時代から始まる茶の湯の歴史を図説を中心に学びたい人におすすめの1冊です。千利休・古田織部という2人の偉大な茶人はどんな違いがあるのか徹底比較してみたり、安土桃山時代から江戸時代初期の茶人についても解説してくれています。茶碗の歴史と見どころなども紹介されていて、必要な要素がぎゅっと詰まっていますよ。

9位:日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 森下典子

日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 森下典子
出典:amazon.co.jp
日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 森下典子

594円 (税込)

詳細情報
・出版社:新潮社
・出版年:2008年10月28日

日常の中にある「お茶」を感じられるエッセイ

筆者は25年もの間、茶道をしている方です。お茶を習い続けている日々の中で起こるさまざまなことを、自然体な文章でしっとりと書いたエッセイ集です。気持ちが落ち着き、五感が鋭くなるような、そんな素敵なエッセイになっています。お茶の素敵な物語に触れたい時に読んでみてほしい1冊です。

8位:はじめて学ぶ茶の湯 堀内宗心

はじめて学ぶ茶の湯 堀内宗心
出典:amazon.co.jp
はじめて学ぶ茶の湯 堀内宗心

1,944円 (税込)

詳細情報
・出版社:世界文化社
・出版年:2013年10月12日

初心者だけでなく中・上級者の復習にも使えて長く使える1冊

茶会に招かれた際に困るのは、細かいマナー。そんなマナーの基本の「き」についてしっかり網羅してくれています。写真やイラストもたくさん使って細かく解説してくれていてとてもわかりやすいことと、稽古でのポイントや意外と気づかない盲点などについても解説したコラムがついていて、初心者だけでなく、お稽古を進めていっても充分使える1冊ですよ。表千家流の茶を学ぶ人におすすめ。

7位:DVDで覚える茶の湯 お茶のお稽古入門書 桜井宗幸

DVDで覚える茶の湯 お茶のお稽古入門書 桜井宗幸
出典:amazon.co.jp
DVDで覚える茶の湯 お茶のお稽古入門書 桜井宗幸

1,836円 (税込)

詳細情報
・出版社:新星出版社
・出版年:2006年3月1日

家にいながら教室にいるかのように復習できる

わかりやすい解説がついたDVDが付いているため、家にいながら教室の中で先生に指導されているような緊張感を持って学べる本です。的確な指導ポイントによって、家にいながら一流の作法がしっかり身につくため、なかなかお稽古に通う時間が取れない初心者にぴったりです。裏千家14世家元の孫として生まれて厳しく茶の湯を学んだ筆者の解説は説得力があります。

6位:お茶のすすめ お気楽「茶道」ガイド 川口澄子

お茶のすすめ お気楽「茶道」ガイド 川口澄子
出典:amazon.co.jp
お茶のすすめ お気楽「茶道」ガイド 川口澄子

1,609円 (税込)

詳細情報
・出版社:WAVE出版
・出版年:2012年3月26日

ゆっくり肩の力を抜いて楽しめるお気楽ガイド

歴史や背景といったことはひとまず横において、茶道の超初心者が最低限必要なルールやマナー、知識などを網羅してくれている本です。イラストも親しみやすく、ややこしい流派などの説明もないためわかりやすいですよ。著者の川口さんが長年お茶のお稽古に通って得た知識などを失敗談などを交えながら紹介してくれていて、茶道を身近に感じやすい本です。

5位:はじめての茶の湯

はじめての茶の湯
出典:amazon.co.jp
はじめての茶の湯

2,674円 (税込)

詳細情報
・出版社:淡交社
・出版年:2002年3月1日

心配事もこれで解消!

お茶のお稽古を始めようと思っても、何から揃えたり、どんなところに気を付けたらいいのか、不安や疑問でいっぱいになりますよね。そんな時に役立ってくれるのがこの1冊です。初心者が考えやすい不安や疑問などを、細部にわたってビジュアル的に解説してくれる頼れる存在ですよ。淡交ムックなため、裏千家の人向きですので、他流派の人は注意してくださいね。

4位:茶の湯 時代とともに生きた美 神津朝夫 他

茶の湯 時代とともに生きた美 神津朝夫 他
出典:amazon.co.jp
茶の湯 時代とともに生きた美 神津朝夫 他

2,916円 (税込)

詳細情報
・出版社:平凡社
・出版年:2017年5月15日

茶の湯が始まった鎌倉時代からビジュアルで紹介

ビジュアルを中心に茶の湯の歴史を振り返ることができる入門書です。鎌倉時代から近代数寄者までを網羅しています。また茶道具や茶室なども美しい図版で網羅しているため、美術館などでの鑑賞にも役立ちますよ。主な執筆者も充実しているため、読み物としても楽しい1冊です。

3位:DVDではじめる茶道入門 北見宗幸

DVDではじめる茶道入門 北見宗幸
出典:amazon.co.jp
DVDではじめる茶道入門 北見宗幸

1,836円 (税込)

詳細情報
・出版社:ナツメ社
・出版年:2007年11月20日

裏千家のお教室に通うならこれ

裏千家の茶道教室に通っている人、これから通おうとする人におすすめなのはこの1冊です。写真だけではわかりにくい部分も映像で補完できるようにDVDが付いてくるため、視覚的に覚えることができます。映像で見ることで、所作の早さや間などを確認することができて、上達が早まりますよ。

監修はさまざまなメディアで活躍中の裏千家教授の北見宗幸氏ですので、裏千家を学ぼうとする人は必携の1冊です。

2位:決定版 はじめての茶の湯 千宗佐

決定版 はじめての茶の湯 千宗佐
出典:amazon.co.jp
決定版 はじめての茶の湯 千宗佐

1,944円 (税込)

詳細情報
・出版社:主婦の友社
・出版年:2009年4月10日

表千家の家元指導の決定版

表千家の千宗佐家元の指導による茶の湯入門書です。初心者向けの基礎教本になっていて、オールカラー写真でわかりやすく解説してくれています。七章で構成されており、例えば畳の歩き方や服紗のたたみ方なども図解でわかりやすく解説があるため、習った後にわからなくなっても簡単に確認しなおすことができます。

表千家の歴代家元のお話や、茶の湯の特殊な用語の解説もあり、長く使える一冊です。表千家の教室に通うなら必ず持っておきたい1冊です。

1位:マンガ茶の湯入門 さとうたかし

マンガ茶の湯入門 さとうたかし
出典:amazon.co.jp
マンガ茶の湯入門 さとうたかし

141円 (税込)

詳細情報
・出版社:平凡社
・出版年:1988年6月

大まかにお茶の世界を知りたいならこれ!

軽快なタッチで描かれた漫画で、お茶の世界を知ることができる本です。取引先のお茶会に招かれて困る若手社員が、先輩社員に導かれて茶の湯の神髄を学んでいくというストーリーになっているため、読みながら私たちも新入社員と同じように順序だって学んでいくことができますよ。

くすっと笑えるようなエピソードも紹介してくれるので、楽しみながらお茶の世界を学ぶことができます。漫画形式なのでとっつきやすく、文字の多い本が苦手な方でも安心。初めての一冊におすすめですよ!

茶道の流派はたくさん!自分との相性を考えて

茶道の流派はたくさん!自分との相性を考えて
一口に茶道といっても、実はさまざまな流派があります。最もメジャーな流派は三千家と呼ばれる、表千家・裏千家・武者小路千家。市民カルチャー教室を開催していることが多いのは表千家と裏千家です。これ以外にも多くの流派があり、作法やお道具などに違いがあります。

そのため、茶道を習っていても何だかしっくりこない、というときは流派を変えてみるのも一つの方法です。やはり人と人との交流ですから、先生との相性もあります。我慢し続けるよりは、思い切って変えてみたほうが上手くいくことも。流派を変えるときは、体験入学などで新しい教室の雰囲気を確認しながら選んでみてくださいね!

まとめ

初心者におすすめの茶道の本の選び方のポイントと、おすすめの茶道の本をランキングでご紹介しました。難しいと思われがちな茶道ですが、初心者でも楽しく学べる本はたくさんあります。

いきなり難しい本で学ぼうとするのではなく、ここでご紹介した初心者向きの本からまず読み始めてみると、より理解を深めて茶道を楽しく学べますよね。茶道初心者の人だけでなく、中級以後の人も初心を忘れないという意味でも、ずっと読み続けられる本ばかりです。ぜひ自分にぴったりの本を見つけて、楽しく茶道を学んでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す