• 介護用マットレスのおすすめ人気ランキング10選【電動式対応商品も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 介護用マットレスのおすすめ人気ランキング10選【電動式対応商品も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 介護用マットレスのおすすめ人気ランキング10選【電動式対応商品も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 介護用マットレスのおすすめ人気ランキング10選【電動式対応商品も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 介護用マットレスのおすすめ人気ランキング10選【電動式対応商品も!】のアイキャッチ画像5枚目

介護用マットレスのおすすめ人気ランキング10選【電動式対応商品も!】

高齢者や身体の不自由な方に必要不可欠なアイテムとも言える介護用マットレス。とくにベッドの上で多くの時間を過ごす要介護者の場合、身体に直接影響を及ぼすこともあるため、購入するときは慎重に選ばなければなりません。とは言え、何を基準に選べば良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、介護される側と介護する側の両方の立場にたち、両者のニーズを満たす介護用マットレスを選ぶためのポイントをピックアップ。併せて、通販でも購入できるおすすめの商品をランキング形式でご紹介していきます。立ち上がりやすさや体圧分散機能など、必要な仕様を吟味し、少しでも快適に負担なく過ごせるマットレスを見つけてくださいね。
  • 最終更新日:2019年04月30日
  • 5,227  views
目次

介護用マットレスの選び方

まずは、介護用マットレスの選び方からご紹介していきます。介護される側、介護する側の両方の視点から、チェックしておきたいポイントをいくつかピックアップしてみました。

身体レベル(介護度)に合った素材を選ぶ

介護用品を選ぶ場合、実際に使う要介護者の身体レベルに合わせることが基本。当然ですが、マットレスの場合も最優先事項です。自分では身体レベルの判断が付きにくいという方は、認定された介護度を参考にしてみるとよいでしょう。

要支援1~2の日常生活が自分で行える方には「スプリング式」でもOK

要支援1~2の日常生活が自分で行える方には「スプリング式」でもOK
介護度で言えば要支援1~2の、身の回りのことはほぼ自分で行える方、ベッドから自分で起き上がることができる方には、普通のマットレスに近いスプリング式の商品でもOK。優先すべきポイントは、立ち上がりやすさです。身体が沈まず、適度な硬さがある、比較的高反発のマットレスを選びましょう。

また、端座位が安定するかも重要なポイント。膝下から足底の長さが床から座面と同じ高さになるようベッド+マットレスの高さを調節する必要があります。手すりを使って立ち上がるなら、マットレスの厚みも要チェック。手すりが高すぎたり低すぎたりしても、力が上手に入れられません。要介護者の座高と手すりの位置を考え、持ちやすい高さになるマットレスを選ぶようにしてください。

要介護1~2の一部介助が必要な方には「ウレタン素材」など

要介護1~2の一部介助が必要な方には「ウレタン素材」など

出典:amazon.co.jp

要介護認定が1~2の、一部解除が必要な方、ベッドから一人で立ち上がれず少し寝返りがしにくい方には、沈み込みが少なく適度に体圧が分散できるウレタン素材がおすすめ。ウレタン素材は硬すぎず、適度な反発力があるため、自分で寝返りを打てる人にとっては最適です。あまり硬いのは苦手という方には、部分調節により、サイドエッジだけ硬い素材を使った商品を利用してみても良いでしょう。

また、こちらの場合でも端座位の安定は不可欠。足底がしっかりついていれば、自分でも多少力を入れて立ち上がることが可能です。まだまだQOL(生活の質)の向上を目指せる介護度ですから、しっかり吟味して選びましょう。

要介護3の自力で起き上がれない方には混合素材がおすすめ

要介護3の自力で起き上がれない方には混合素材がおすすめ
自力で起き上がることができない介護度3の方には、混合素材の介護用マットレスを利用するのもひとつの方法。介護度が上がり、寝たきり状態になるのを防ぐためにも、体圧分散できるウレタン素材と適度な反発力のスプリングを組み合わせた混合素材など、睡眠時の快適さとQOLの向上に役立つ商品がおすすめです。

また、このくらいの介護度になると、電動式ベッドを利用することも多いため、その点も考慮しなければなりません。混合素材で作られている商品を選ぶことで電動式にも対応でき、自力での寝返りが可能になるなど、QOLの向上も期待できます。

要介護4~5の寝たきりの方にはエアマットやジェルタイプが◎

要介護4~5の寝たきりの方にはエアマットやジェルタイプが◎
要介護4~5の重度の介護状態にある場合は、要介護者の快適性に加えて、管理のしやすさなども重要になってきます。とは言え、もっとも大切なのは実際に寝る本人の痛みや不快感を減らすこと。管理がしやすく、床ずれ防止にも有効といわれるエアマットやジェルタイプの介護用マットレスを選びましょう。

しっかり体圧分散できる柔らかい素材で、上半身や臀部(おしり)、かかとの部分が圧迫されないことがポイント。また、電動式ベッドなど背上げしたときのズレが原因になる場合も多いため、シワにならないことも重要です。ただし、使用する際は、素材の性質上蒸れてしまう可能性がありますので、通気性のよいカバーなどを利用しましょう。

介護する側の使い勝手も考えよう

介護する側の使い勝手、管理のしやすさにも注目してみましょう。介護度が上がるほど、介護する側の負担は増していきます。なるべく使い勝手の良いマットレスを利用し、介護の負担を減らしましょう。

オムツ交換や身体介助がしやすい形状&生地のものを

オムツ交換や身体介助がしやすい形状&生地のものを
介護の中でも、オムツ交換や、清拭(せいしき:身体を拭く)の必要がある場合、スムーズにできるかどうかが重要なポイントです。腰が自分では浮かせられない状態の要介護者がほとんどですから、寝たままでもスムーズにオムツを変えたり、身体を拭くことができる形状&生地のマットレスがおすすめ。

凹みがあり、スムーズに手が入りやすい形状か、シーツを敷かずに使うタイプなら滑りやすい生地かどうかも確認が必要です。下の世話は、介護される側にとっても恥ずかしく、早く終わらせてもらいたいもの。できるだけ早く、サッと済ませられるよう、最適なマットレスを選びましょう。

掃除しやすい撥水加工済みのものをチョイス

掃除しやすい撥水加工済みのものをチョイス
排泄のコントロールが難しい方が使用するなら、もしもの時でも掃除がしやすく、汚れをしっかり落とせるマットレスを選ぶことも重要。撥水加工されているもの、汚れが染み付く心配がなく、簡単に拭き取れるナイロンやポリエステルのような生地を使った商品が最適です。

排泄の介護が必要な場合、どうしてもマットレスが濡れたり汚れたりしてしまいがち。オムツをしていても、尿や便が漏れてしまうことは多々あります。清潔を保つためにも、尿漏れ対策のシーツを敷くだけでなく、定期的に手入れをして衛生的に使用しましょう。

介護度合によって厚み調節可能なものが◎

介護度合によって厚み調節可能なものが◎
介護者の腰への負担を軽減できるマットレスを選ぶことも重要なポイントです。最初から寝たきり状態で、完全に介護が必要な場合は、なるべく腰を曲げる必要がない、高い位置で介助できるものが理想的。ベッドの高さが低い場合はなおさら、厚みのあるマットレスで高さを調節してみましょう。

また、どうしても介護度は上がっていくもの。始めは身体を起こす必要がなくても、徐々に介助する機会が増えていきます。介護度の変化に対応できるよう、エアマットのように、最初から高さ調節できる商品を選ぶのもひとつの方法です。

サイズや仕様もしっかりチェック

最後にチェックしておきたいのは、マットレス選びの基本とも言える、サイズや仕様について。この点がずれてしまうと、せっかく良い機能を持った商品を購入しても無駄になってしまいます。必ず確認してから購入する商品を決めてくださいね。

使用中のベッドサイズに合わせるのが基本

使用中のベッドサイズに合わせるのが基本
まず第一に、使用しているベッドのサイズと合わせることが基本。大きすぎても小さすぎてもNGです。大きさが合わずにマットレスがずれてしまえば、床ずれの原因にもなりかねません。

購入前には、必ず使用しているベッドのサイズを確認し、ずれずに使えるピッタリサイズの介護用マットレスを選ぶことが大事です。一番簡単で間違いないのは、ベッドと同じメーカーの商品を購入すること。マットレスの特性をきちんと活かすために、サイズ選びには充分注意しましょう。

電動式ベッドならスムーズに曲がるものを

電動式ベッドならスムーズに曲がるものを
介護の負担を減らし自立を促すために効果的なアイテムとして利用されているのが、電動式の介護用ベッド。昔のように、ただ背中部分が起き上がるだけではなく、膝裏になる部分が持ち上がるなど、さまざまな形に変化します。

当然ですが、硬めのスプリング素材など、曲がらないマットレスでは対応不可能。電動式ベッドに合わせるなら、マットレスも同じ形状に曲がるのが基本です。同じメーカーのベッド専用マットレスを選ぶか、スムーズに曲げられる商品を選びましょう。

介護用マットレスのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめの介護用マットレスをランキング形式でご紹介していきます。選び方のポイントを参考に、介護される側はもちろん、介護する側にとっても最適な商品を見つけてくださいね。
10位

アクションジャパンアクアフロートマットレス

29,277円 (税込)

素材AKTON(柔軟性特殊素材)
生地アクリル
サイズ幅43・長さ68.5・厚さ2.2cm(スタンダード)
9位
介護マットレス アクションジャパン アクアフロートマットレス 1枚目
出典:amazon.co.jp

アクションジャパンアクアフロートマットレス

29,277円 (税込)

素材ウレタン・ポリエステル・アクアセル
生地ポリエステル
サイズ幅83・長さ191・厚さ12cm
8位

コイズミプロファイル硬質ウレタンマットレス

KMS-917

22,000円 (税込)

素材チップウレタン
生地ポリエステル(プロファイル加工ウレタン)
サイズ幅96・長さ196・厚さ11cm
7位

フランスベッドリハテックマットレス

RH-BAE-RX

145,800円 (税込)

素材ブレスエアーエクストラ・マイクロマルチラススプリング・ウレタンフォーム
生地ダブルニット
サイズ幅97・長さ195・厚さ17cm
6位
介護マットレス パラマウントベッド アキュマックスマットレス 1枚目
出典:amazon.co.jp

パラマウントベッドアキュマックスマットレス

KE-821

138,000円 (税込)

素材ウレタン・エアー
生地ナイロン・ポリウレタン
サイズ幅91・長さ191・厚さ15.5cm
5位

ボディドクターメディカルケア 座ブーン 高反発ケアマットレス

24,800円 (税込)

素材ウレタン
生地ナイロン
サイズ幅90・長さ195・厚さ5cm
4位
素材エアー
生地ナイロン・塩化ビニール樹脂
サイズ幅135・長さ255・厚さ10cm
3位
介護マットレス フランスベッド 側地脱着マルチラススプリングマットレス  1枚目
出典:amazon.co.jp

フランスベッド側地脱着マルチラススプリングマットレス

SM-CL

48,750円 (税込)

素材スプリング・ポリエステル綿・ウレタン
生地ポリエステル
サイズ幅85・長さ181・厚さ15cm
2位
介護マットレス テンピュール MEDコンビマットレス 1枚目
出典:amazon.co.jp

テンピュールMEDコンビマットレス

118,800円 (税込)

素材テンピュール・ウレタン
生地ポリエステル
サイズ幅83・長さ191・厚さ15cm
1位
介護マットレス パラマウントベッド エバーフィットマットレス  1枚目
出典:amazon.co.jp

パラマウントベッドエバーフィットマットレス

KE-521Q

40,290円 (税込)

素材ポリエステル・ウレタン
生地ポリエステル
サイズ幅91・長さ191・厚さ10cm

おすすめ人気介護用マットレスの比較一覧表

商品画像
1
介護マットレス パラマウントベッド エバーフィットマットレス  1枚目

パラマウントベッド

2
介護マットレス テンピュール MEDコンビマットレス 1枚目

テンピュール

3
介護マットレス フランスベッド 側地脱着マルチラススプリングマットレス  1枚目

フランスベッド

4
介護マットレス アズワン  エアーマット 1枚目

アズワン

5
介護マットレス ボディドクターメディカルケア  座ブーン 高反発ケアマットレス 1枚目

ボディドクターメディカルケア

6
介護マットレス パラマウントベッド アキュマックスマットレス 1枚目

パラマウントベッド

7
介護マットレス フランスベッド リハテックマットレス 1枚目

フランスベッド

8
介護マットレス コイズミ プロファイル硬質ウレタンマットレス 1枚目

コイズミ

9
介護マットレス アクションジャパン アクアフロートマットレス 1枚目

アクションジャパン

10
介護マットレス アクションジャパン アクアフロートマットレス 1枚目

アクションジャパン

商品名

エバーフィットマットレス

MEDコンビマットレス

側地脱着マルチラススプリングマットレス

エアーマット

座ブーン 高反発ケアマットレス

アキュマックスマットレス

リハテックマットレス

プロファイル硬質ウレタンマットレス

アクアフロートマットレス

アクアフロートマットレス

特徴幅広く対応可能なリバーシブルマットレス寝心地抜群の二層構造自立支援に最適なスプリングマットレス介護度に合わせて空気圧をコントロールプラスワンに便利な薄型マットレス素材も生地もW構造で抜群の安定感寝返りラクラク三次元スプリング優しく身体を支える波状ウレタン幅広い介護度に対応したアクアセル内蔵タイプ独自素材のアクションマットで体圧分散
価格40,290円(税込)118,800円(税込)48,750円(税込)28,085円(税込)24,800円(税込)138,000円(税込)145,800円(税込)22,000円(税込)29,277円(税込)29,277円(税込)
素材ポリエステル・ウレタンテンピュール・ウレタンスプリング・ポリエステル綿・ウレタンエアーウレタンウレタン・エアーブレスエアーエクストラ・マイクロマルチラススプリング・ウレタンフォームチップウレタンウレタン・ポリエステル・アクアセルAKTON(柔軟性特殊素材)
生地ポリエステルポリエステルポリエステルナイロン・塩化ビニール樹脂ナイロンナイロン・ポリウレタンダブルニットポリエステル(プロファイル加工ウレタン)ポリエステルアクリル
サイズ幅91・長さ191・厚さ10cm幅83・長さ191・厚さ15cm幅85・長さ181・厚さ15cm幅135・長さ255・厚さ10cm幅90・長さ195・厚さ5cm幅91・長さ191・厚さ15.5cm幅97・長さ195・厚さ17cm幅96・長さ196・厚さ11cm幅83・長さ191・厚さ12cm幅43・長さ68.5・厚さ2.2cm(スタンダード)
商品リンク

防水シーツも活用しよう!

少しでも介護の負担を軽減するために、防水シーツも効果的に活用していきましょう。とくに排泄の介護が必要な方や、よく失禁をしてしまう方なら、上手く活用することでお手入れの手間をグッと減らすことができますよ。ぜひ以下の記事もあわせて参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は、おすすめのマットレスをランキング形式でご紹介しましたが、良い商品は見つかりましたか?介護される側の快適さやQOLの向上だけでなく、介護する側にもさまざまなメリットがある介護用マットレス。頻繁に購入するものではないのはもちろん、安い買い物ではないので、できるだけ最適な商品を選びたいものです。

選ぶ基準は要介護者の身体レベルや、介護する側の扱いやすさなど、意外とたくさんあります。今回ご紹介したポイントを、実際に購入されるときに、参考にしていただければ幸いです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す