1. TOP
  2. >
  3. 生活雑貨
  4. >
  5. 介護用品
  6. >
  7. 【介護に!】浴室手すりのおすすめ人気ランキング10選
  • 【介護に!】浴室手すりのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【介護に!】浴室手すりのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【介護に!】浴室手すりのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【介護に!】浴室手すりのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【介護に!】浴室手すりのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【介護に!】浴室手すりのおすすめ人気ランキング10選

浴室での転倒事故を防止できる「浴室手すり」。濡れて滑りやすい浴室で、転倒の危険を減らすために使われます。しかし工事が必要な手すりは、設置だけでも何万円もかかってしまうことも…。そこでおすすめなのが、工事不要で、自分で手軽に設置できるタイプの浴室手すりです。取り外しも簡単にできるので、邪魔にもなりません。アロン化成・パナソニック・睦三・レイクス トゥエンティワンなどさまざまなメーカーから販売されており、浴槽に挟むタイプ・吸盤タイプなど取り付け方もいろいろ選べます。

そこで今回は、通販で購入できる浴室手すりを、挟むタイプと吸盤タイプに分けてランキングにしてご紹介します。価格もリーズナブルで簡単に使えるものがたくさんありますよ。もしもの事故を減らすためにも、浴室手すりを導入してみませんか?
  • 最終更新日:2020年05月07日
  • 12,011  views
目次

浴室手すりの選び方

単純な商品に見えますが、取り付け方法や形の違いなど見るべきポイントがいろいろあるので、しっかりとチェックしていきましょう。

2種類の取り付け方から選ぶ

自分で簡単に脱着できる手すりは、取り付け方法が「挟むタイプ」と「吸盤タイプ」の2種類に分かれます。取り付け方法によって、取り付けに適した場所が違うので、ご自宅の浴室の状況に合う手すりを購入してください。

がっちりと固定できる「挟むタイプ」

がっちりと固定できる「挟むタイプ」
挟むタイプは、浴槽のふちに挟んで、ねじを回して締めるだけで簡単に設置できる優れもの。しっかりと固定されるので、グッと体重をかけても安心して使用できるのが特徴。また、浴槽に直接設置するので、掴みながらスムーズに湯船に入れるのもポイントですね。

介護が必要な方がいるご家庭だけでなく、膝や腰が痛く湯船に入るのに手間がかかる方にも使いやすいと支持されているタイプです。挟むタイプの購入を検討している方には、出るときに掴めるように横に小さい手すりが付いたタイプをおすすめします。

平面の壁にも簡単に取り付けられる「吸盤タイプ」

平面の壁にも簡単に取り付けられる「吸盤タイプ」
挟む部分がない所でも、壁に吸盤をくっつけてレバーを押すだけで設置できる簡易手すりです。吸盤式なので不安に思うかもしれませんが、こちらは普通の吸盤よりはるかに強力タイプなため、しっかり取り付ければ安心して使えます。

特に足腰が弱っていて転倒の危険性が高い方は、挟むタイプと併用して使用するのもおすすめ。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、転倒の危険がある所に複数設置して安全性を高めましょう。

「挟むタイプ」を選ぶポイント

こちらは浴槽に挟んで使うタイプ。意外と購入したものの使えなかったというトラブルが多いので、こちらのポイントを確認してください。

自宅の浴槽の幅に合ったものを使う

自宅の浴槽の幅に合ったものを使う
挟むタイプでは、せっかく購入したものの、自宅の浴槽に取り付けられなかったというトラブルが残念ながら多くなっています。これは、取り付けられる幅が手すりごとに違っていて、浴槽の厚みによっては取り付け不可になるため。取り付け可能な幅は、例えば4~12cmまでのように書いてあるので、しっかりと確認してくださいね。

さらに気を付けるべきポイントは、内側が湾曲しているタイプの浴槽に使えるかどうかです。この場合、取り付けプレート自体が斜めに曲がるタイプを使えば、わん曲の角度によっては対応できる商品もありますので、情報を詳しくチェック、あるいは問い合わせをしてみてください。

高さを調整できると身長に合わせて使いやすい

高さを調整できると身長に合わせて使いやすい
使う人が変われば、最適な手すりの高さも変わります。しかし、いちいち取り付け場所を変更して、高さを調整すると面倒ですね。そこで、手すりの高さが調整できるタイプを選ぶと、手間が省けて楽になります。

この高さ調整は、取り付けた後にスライドさせて、数段階に手すりの位置を変えられる仕組み。ただし、高さ調整機能が付いていない手すりも多いので、購入前に付いているか確認しましょう。

がっちりと固定できるかは接触面の広さを見る

がっちりと固定できるかは接触面の広さを見る
体の大きな方は手すりを使う際に、濡れている浴槽に挟んで本当にしっかりと固定できるのか不安になるかもしれません。そのような方は、浴槽に接触する面の広さを見てください。どの機種も、浴槽に接触する面は滑り止め加工されているものの、面積は機種によって違いがあります。取り付け面が広いものだと、その分だけ固定する力が大きいので安全性が高くなります。

自分で設置する方は重さも考える

自分で設置する方は重さも考える
あまり重い物を持てない方は、浴室まで持ち運べるか重さを確認しておきましょう。特に挟むタイプは金属製で大きいため、3kg前後はあるので運ぶのが大変です。

また、機種によっては耐久性は落ちるものの、金属製でも軽いアルミを使って軽量化しているタイプを選びましょう。なお、どうしても持ち運びが無理な場合は、軽い吸盤タイプをおすすめします。

「吸盤タイプ」を選ぶポイント

吸盤タイプはどちらかというと、補助として使う手すりです。しっかり選ばないと掴んだ際に、取れることも考えられるのでしっかり確認して選んでください。

耐荷重はどのくらいか確認する

耐荷重はどのくらいか確認する
一番に確認するポイントは、耐荷重です。これは、何kgまでというように、数値で表記されています。また確認の際は、水平方向と垂直方向で耐荷重が変わることに注意してください。

吸盤は垂直方向の引っ張りには強いものの、水平方向に引っ張りには弱いため、耐荷重が低くなるからです。それから、安価な商品では耐荷重も書いてないタイプがありますが、安全性を考えてしっかりと表記されてるタイプを選びましょう。

水につけても使える浴室タイプか確認する

水につけても使える浴室タイプか確認する
基本的に吸盤タイプは、付いている水分をしっかり拭き取ってからくっつけます。ところが、浴室用の吸盤タイプ手すりは、耐水性を持たせて、濡れている場所でも使えるようになっていますよ。

ただ吸盤タイプの手すりには、浴室向けではなくトイレ向けなどで耐水性を持たせてないタイプも多く販売されています。購入する際は、ちゃんと浴室向けで耐水性があるものを購入してくださいね!

手すりに滑り止めが付いていると安全

手すりに滑り止めが付いていると安全
より安全性を高めるために、滑り止めが付いている手すりを選びましょう。転倒しそうになってあわてて手すりを掴んだものの、滑ってそのまま転倒…というケースがあるからです。滑り止めが付いていれば、がっしりと握れるのでもしものときも安全。それに、滑り止めは柔らかいので、うっかりぶつかっても痛くなくケガ防止になります。

【挟むタイプ】浴室手すりのおすすめ人気ランキング5選

人気の浴室手すりを、挟むタイプ・吸盤タイプに分けてランキング形式でご紹介します。まずは挟むタイプの浴室手すりです。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月10日時点)をもとにして順位付けしています。

5位
7〜16cm
高さ調整-
重さ3.3kg
4位
4.5〜13cm
高さ調整
重さ2.9kg
3位
5.5cm〜12.5cm
高さ調整-
重さ1.9kg
2位
7〜16cm
高さ調整-
重さ3kg
1位
4.5〜13cm
高さ調整
重さ約3.9kg

おすすめ人気【挟むタイプ】浴室手すりの比較一覧表

商品画像
1
浴室手すり アロン化成 高さ調節付浴槽手すり 1枚目

アロン化成

2
浴室手すり cloudetime お風呂手すり 1枚目

cloudetime

3
浴室手すり 森和 浴槽手すり  1枚目

森和

4
浴室手すり パナソニック 入浴グリップ 1枚目

パナソニック

5
浴室手すり MRG JAPAN 浴槽用手すり  1枚目

MRG JAPAN

商品名

高さ調節付浴槽手すり

お風呂手すり

浴槽手すり

入浴グリップ

浴槽用手すり

特徴R形状の浴槽コーナーにも取り付けできる取り付けやすい万力式ハンドル状況に合わせた位置調整ができる入浴中に姿勢を保持できるグリップ付き浴槽壁が傷つきにくいゴム製パッド付き
最安値
10,690
送料無料
詳細を見る
3,699
送料無料
詳細を見る
5,980
送料無料
詳細を見る
11,422
送料要確認
詳細を見る
3,680
送料別
詳細を見る
4.5〜13cm7〜16cm5.5cm〜12.5cm4.5〜13cm7〜16cm
高さ調整---
重さ約3.9kg3kg1.9kg2.9kg3.3kg
商品リンク

【吸盤タイプ】浴室手すりのおすすめ人気ランキング5選

続いて、補助用の手すりとして使える吸盤タイプの浴室手すり5選をチェックしていきましょう。

5位
対荷重垂直60kg、水平40kg
耐水性
手すりの滑り止め
4位
対荷重150kg
耐水性
滑り止め-
3位
対荷重約30kg
耐水性-
滑り止め-
2位
対荷重-
耐水性-
滑り止め-
1位
対荷重30kg
耐水性-
滑り止め-

おすすめ人気【吸盤タイプ】浴室手すりの比較一覧表

商品画像
1
浴室手すり my&G セーフティハンドル 1枚目

my&G

2
浴室手すり morningplace 浴室手すり 1枚目

morningplace

3
浴室手すり ricco(リッコ) 強力吸盤手すり 1枚目

ricco(リッコ)

4
浴室手すり IUME 浴室手すり 1枚目

IUME

5
浴室手すり UNITREND(ユニトレンド) クイックバー 1枚目

UNITREND(ユニトレンド)

商品名

セーフティハンドル

浴室手すり

強力吸盤手すり

浴室手すり

クイックバー

特徴真空状態になる吸盤で取り付けやすい場所の変更もしやすい3個セット吸着力が高いシリカゲル吸盤対荷重150kgで耐水性もあり水につけても問題なし○
最安値
1,650
送料無料
詳細を見る
1,680
送料要確認
詳細を見る
3,580
送料無料
詳細を見る
2,000
送料要確認
詳細を見る
7,920
送料要確認
詳細を見る
対荷重30kg-約30kg150kg垂直60kg、水平40kg
耐水性---
滑り止め----
商品リンク

浴室手すりの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、浴室手すりのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

工事をしなくても、簡単に取り付けられる浴室手すりをご紹介しました。

浴室での転倒は多く、死亡事故も起きています。近年では使いやすい浴室手すりが充実していて、ネット通販で手軽に購入できるようになりました。そこでもしものときに備えて、足腰が弱ってきたと思ったら、転倒防止に取り付けるのがおすすめです。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す