• 351f8319659e0179c25df1a3a6d1b44141d09b76
  • 8749aa49e5395e351e13b0c39686e451ee28bffa
  • 809547d608965a56b20523dc4da4958253e1c7e7
  • 3c013b929e3c21efea830ef86f503bcea554d622
  • 1c961b5d6576388c0abc24a658d2353b319d6a89

卓球台のおすすめ人気ランキング7選【国際規格・家庭用】

一見どれも同じように見える卓球台ですが、公式戦などでも使用されている国際規格サイズや、家族や友人と楽しめる家庭用サイズのものが販売されていたり、天板の厚みやキャスターの有無などの違いがあったりすることをご存知でしょうか。

そんな卓球台には内折式や折りたたみ式、セパレート式などの種類があり、商品によって値段も大きく異なるので、どれを選ぼうか迷ってしまう方も多いはず。そこで今回は卓球台を選ぶ際に注意したいポイントと、Amazonや楽天などの通販でも購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。本格的な練習をしたい方も、レジャーとして卓球を楽しみたい方も必見ですよ!

最終更新日:2017年12月07日 | 50views

卓球台の選び方

まずは、卓球台の選び方についてご紹介します。家族や友達と一緒に楽しむ・卓球の練習をするためなど、目的によって卓球台の選び方は違ってきますので、選び方のポイントを参考に自分に合ったものを購入しましょう。

本格的に練習するなら「国際規格サイズ」を選ぼう

卓球台のサイズは大きく国際規格サイズと家庭用サイズの2種類に分けられます。それぞれの大きさは、以下の通りです。

・国際規格サイズ:幅152.5×長さ274×高さ76(cm)
・家庭用サイズ:幅120×長さ240×高さ75(cm)

本格的な卓球の練習をしたい方・公式戦の出場を考えている方は、国際規格サイズを購入しましょう。国際基準の卓球台は家庭用よりも耐久性があり、長時間の練習にも耐えることが可能です。同じ国際規格サイズの卓球台の中でも、日本卓球協会が公認しているものは公式戦でも使用できます。試合で使う卓球台と同じものを使いたい場合は、協会認定されているものかどうか確認するようにしてくださいね。

一方で、趣味として卓球をしたいという方には、家庭用サイズがおすすめです。国際規格サイズよりやや小さめで、通信販売などでもお手頃価格のものを購入できます。さらに小さなコンパクトサイズも販売されており、狭いスペースでも卓球を楽しむことができますよ。

種類は「内折式」「セパレート式」「組立式」の3つ

卓球台には内折式・セパレート式・組立式の3種類があります。それぞれメリット・デメリットがあるので、自分が使いやすいと思うものを選びましょう。

設置しやすく傷がつきにくい「内折式」

台の中央で内側に折りたたむことができる内折式の卓球台は、他のタイプと比べると設置しやすいことが特徴です。折りたたんだ後に動かしても倒れにくく、板同士がぶつかりにくいため天板に傷が付くことを防ぎます。卓球台を使用した後に収納場所へ移動する場合は、内折式がおすすめです。

デメリットはセパレート式のように高い壁打ち練習ができないこと。内折式の中でも、壁打ち練習ができるセパレートタイプのものも販売されているので、壁打ち練習をしたいという方はチェックしてみてくださいね。

壁打ちなど一人練習に役立つ「セパレート式」

中央から左右に分かれるセパレート式は、それぞれの天板を別に折りたたむことができるのが特徴です。片方だけを折りたたんで壁打ち練習を行えるので、一人で練習することが多い方におすすめ。しかし、内折式と違い、移動時や収納した際に台同士がぶつかってしまうというデメリットがあるため、使用後の片付けには注意が必要です。

収納しやすく持ち運びに便利な「組立式」

天板と脚が分かれていたり、脚部を折りたたんだりできる組立式の卓球台は、コンパクトに収納できて場所を取らないことが特徴です。家庭用やコンパクトサイズの卓球台は組立式のものが多く、使い終わった後は狭いスペースに置くことができます。重量も軽いものが多いので、外に持ち出すことができるのもポイント。耐久性は他のものには劣りますが、広い収納場所がないという方にはおすすめです。

耐久性の高さも重要なポイント

天板や脚の太さによって、卓球台の耐久性は変わってきます。家庭用サイズの卓球台に比べて、国際規格サイズのものは価格も高価なため、すぐに壊れてしまわないように耐久性の高いものを選ぶようにしましょう。

天板の厚みがあるものを選んで

卓球の練習を考えている方には、天板の薄い卓球台はあまりおすすめできません。天板の薄い台で練習をしていると、公式戦などで天板の厚い卓球台を使用した際に感覚がくるってしまうことがあるためです。

一般的に天板が厚ければ耐久力があり、高性能なものであるとボールが均一に弾み、歪みなどが起こりにくくなるといわれています。販売しているメーカーや製品によっても、卓球台の天板の厚みと構造はさまざまです。国際規格の卓球台なら合板は25㎜以上、パーティクルボードなら18㎜以上であれば、必要な弾みを得ることができるとされています。

天板の厚みによってボールの跳ね具合も変わってくるので、厚みのある卓球台を選びましょう。また、天板に枠があるものは耐久性が上がり、移動時にぶつかっても怪我をすることを防ぐことができます。

台全体の耐久力は脚の太さで決まる

卓球台の脚の太さは耐久力に大きく影響します。脚部がしっかりしているものであれば、重さに耐えることができますよ。試合の最中には、盛り上がって卓球台に体を乗り上げてしまうことも少なくありませんよね。特に大人が使う場合や、ダブルスでプレイする場合は台に重みがかかることが想定されるので、太さのある脚が付いているものを選びましょう。

キャスター付きなら移動もラクラク

卓球台を移動させるならば、キャスター付きのものが便利です。重さのある卓球台は2人で片付けるのも一苦労ですよね。キャスターが付いたものを選べば、小柄な方や女性の方でもスムーズに動かすことができますよ。また、ドアの溝など段差のある場所を移動する場合には、キャスターが大きなものがおすすめです。段差を移動する際、卓球台に衝撃がかかるのを防いでくれますよ。

卓球台のおすすめ人気ランキング7選

それでは、卓球台のおすすめ商品をご紹介します。どれも使い勝手のよいものばかりですので、ご自分に合ったものを見つけてくださいね。

7位:CAPTAIN STAG FDファミリー卓球台セット

CAPTAIN STAG FDファミリー卓球台セット M-1505
21,250円(税込)

・サイズ:幅 92×奥行 184×高さ 70cm(コンパクトサイズ)
・タイプ:組立式
・重量:16kg(約)
・キャスター:無
・付属品:ラケット×2・ボール×2・ネット×1・ネット支柱×2・ブラケット×2

レクリエーションとして手軽に卓球を楽しめる

アウトドア用品総合ブランドCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)から販売されている、すぐに卓球を始めることができる卓球台のセットです。使いやすさ・購入しやすさを第一に考えて作られた大人から子供まで楽しめる卓球台は、手軽に持ち運びできる便利な取っ手付き。

安定しやすいように、6本の脚で天板を支えます。レクリエーション用の卓球台としてはやや価格が高めですが、耐久性と安定性はバッチリ。ネットやネット支柱の他にラケットやボールがセットになっているので、届いたらすぐに遊ぶことができますよ。

6位:TAC ファミリーピンポン台

TAC ファミリーピンポン台
7,200円(税込)

・サイズ:幅 83×奥行 162×高さ 70cm(コンパクトサイズ)
・タイプ:組立式
・重量:10kg
・キャスター:無
・付属品:ネット・ラケット×2・ピンポン玉×3

パッと広げて、すぐに遊べる

必要なときにサッと取り出せて気軽に卓球を楽しむことができる、ネット・ラケット・ピンポン玉が付属した卓球台のセットです。小さく折りたたむことができるので屋内だけではなく、車などに積んで屋外へ持ち運びができ、外出先でも楽しむことができます。

面倒な組み立てが不要なのも嬉しいところです。こちらの商品は卓球台としてはもちろん、簡易テーブルとしてもお使いいただける一台二役の優れもの。天気のいい日は屋外、寒い日には暖かい屋内と、さまざまな場所やシーンで遊ぶことのできる卓球台です。

5位:エックスティーエス 国際規格サイズ卓球台

エックスティーエス 国際規格サイズ卓球台 740G6YA3576
29,899円(税込)

・サイズ:幅152.5×長さ 274×高さ 76cm(国際規格)
・タイプ:セパレート式
・重量:81kg(約)
・キャスター:有
・付属品:ネット・ネットサポート

天板素材のMDFで均一な弾ね方を実現

セパレート式の国際規格サイズの卓球台です。天板素材にMDFを使用しているため木材の持つゆがみなどがなく、卓球台の全面で均一なボールの跳ね方を実現しました。セパレート式なので壁打ち練習ができ、一人でも組み立てや片付けが簡単にできますよ。

移動に便利な大きなキャスターは出し入れ時に段差を通る際の衝撃を和らげ、全キャスターにロックが付いているため試合中も台が安定します。倒れ止め機能付きで、収納時も倒れる心配はありません。国際規格サイズの他に、狭いスペースにも設置できるコンパクトサイズも販売されています。

4位:IGNIO 卓球台コンパクトサイズ

IGNIO 卓球台コンパクトサイズ IG-2PG0046
15,699円(税込)

・サイズ:幅 90×長さ 180×高さ 68cm(コンパクトサイズ)
・タイプ:セパレート式
・重量:35kg
・キャスター:有
・付属品:-

4畳半でも使用可能なコンパクトサイズ

狭いスペースでも使用できる、家庭用サイズより一回り小さいレクリエーション用の卓球台です。レクリエーション用ながら、キャスターと高さ調節アジャスター機能が付いています。外脚だけではなく、内脚にも高さ調節機能が付いているので、お子さんでも遊ぶことができますよ。セパレート式なので壁打ち練習も可能です。

また、収納後に便利な転倒防止ロック付き。重量も35kgと軽量なので、小柄な方でも簡単に片づけることができますよ。天板の耐久性・ボールの弾力は、他のレジャー用卓球台より優れています。低価格ですが機能性があり、コストパフォーマンスに優れているため、口コミでも高評価を得ていました。

3位:UNIVER 卓球台 VARIOUS

UNIVER 卓球台 VARIOUS AVL-22
176,904円(税込)

・サイズ:幅152.5×長さ 274×高さ 76cm(国際規格)
・タイプ:内折式
・重量:114kg
・キャスター:有
・付属品:-

ガスダンパー付きで設置・収納が滑らかに安全に

日本卓球協会検定卓球台メーカーであるUNIVER(ユニバー)のガスダンパー付き国際規格サイズの卓球台です。ガス圧効果を利用したガスダンパーで操作が軽く滑らかになり、従来の3分の1程度の力で設置することができます。脚部もゆっくり設置するため床が傷つきにくく、安全なのもポイント。収納時も滑らかに折りたためるので、手を挟む心配もありません。

天板はメラミン樹脂加工を施したパーティクルボードを使用しているため、傷が突きにくく耐久性もバッチリ。汚れても水拭きすることができるくらい耐水性があり、湿気による反りやくるいが少なくなっています。こちらの商品は日本卓球協会による認定を受けており、ユニバーの商品は他にも多くの認定卓球台を販売しているため、自分に合った卓球台を見つけることができますよ。

2位:HLC 国際規格サイズ卓球台

HLC 国際規格サイズ卓球台
27,900円(税込)

・サイズ:幅 152.5×長さ 274×高さ 76cm(国際規格)
・タイプ:内折式
・重量:58.2kg
・キャスター:有
・付属品:ネット・支柱

壁打ち練習も可能な内折式卓球台

HCLの国際規格サイズの卓球台は内折式ですが、セパレート式と同様に壁打ち練習ができることが特徴です。使い終わった後は折りたたんでコンパクトに収納できるため、天板に傷がつきにくく置き場所にも困りません。

脚部にはキャスターとブレーキが付いており、小柄な方でも簡単に動かすことができますよ。天板は15㎜の中密度繊維板と30㎜のメタルフレームで耐久性もバッチリ。購入後は自分で組み立てる必要がありますが、組み立て説明書と組立工具が付いていますので、ご安心を。

国際規格サイズの卓球台ですが、価格もお手ごろでコストパフォーマンスに優れた商品になっています。卓球の練習を始めたいと思っている方はおすすめですよ。

1位:三英 国際規格サイズ卓球台

三英 国際規格サイズ卓球台 AP-275A
69,990円(税込)

・サイズ:幅152.5×長さ 274×高さ 76cm(国際規格)
・タイプ:セパレート式
・重量:約95kg
・キャスター:有
・付属品:ネット・支柱(国際規格ではない)

日本卓球協会公認の卓球台!

卓球台のおすすめ人気ランキング1位には、三英の国際規格サイズ卓球台が見事ランクインしました。卓球用品メーカーとして有名な三英の国際規格サイズの卓球台は、日本卓球協会の公認を受けており、公式戦でもご使用いただけます。セパレート式なので、一人での壁打ち練習にも最適です。

天板はパーティクルボードの上に硬質なメラミン化粧板を圧着しているので、ラケット接触などで傷が突きにくく、水分が付いても表面変化しません。使用時・収納時それぞれに転倒防止のストッパーが付いており、安全性もバッチリです。

75㎜の大径キャスターは器具庫からの出し入れを簡単にし、段差通行時の衝撃を抑えます。キャスター取付ボルトがフレーム貫通式になっているので、剛性があるのも嬉しいですね。国際大会でも使える本格的な卓球台で練習してみませんか。

自分にぴったりの卓球グッズを揃えよう!

以下のリンクでご紹介しているのは、ラケットやボール、シューズといった卓球グッズ。選び方もそれぞれ詳しく解説していますので、ぜひ併せて見てみてくださいね!自分に合ったお気に入りをゲットして、卓球ライフを楽しみましょう!

卓球台の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、卓球台のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

卓球台についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。一見同じように見える卓球台でも、天板や脚部の作りの違いで価格が大きく変わってきます。家族や友人などと一緒に楽しむものから、公式戦でも使用できる本格的なものまで、卓球台にはさまざまな種類がありましたね。選び方のポイントをおさえて、使い道に合わせた卓球台を見つけましょう。

関連記事

人気の記事

関連キーワード