• C4411ef0b83a0dfd4ebe7991f13b0e7b97d7a4fa
  • 5a1cbbacd17b589128017204570890d55f64efa8
  • 0528874168c94904fb7c624b9f15c052afcbeeff
  • E5e765fed3c5e7f17b4c6c53d665ef6c1e8746ea
  • Ab64ccb1e0d2f6f47d8b6231280e7e8a4b9f9664

卓球ラケットの最強おすすめ人気ランキング10選

近年、オリンピックや世界選手権などの大会で日本の卓球選手が大活躍しています。そのため、卓球に興味を持つ人が老若男女問わず増加しています。あなたもその一人かもしれませんね。ある程度本格的に卓球を始めようと思ったら、まず買うべき卓球用品は、バタフライやニッタクといったメーカーから発売されている卓球ラケットです。

この記事では、卓球ラケットの選び方や、Amazonなど通販サイトのレビューでも高評価な、おすすめの人気卓球ラケットをランキング形式でご紹介します。初心者でも安心して使える初心者向け卓球ラケットと、大会出場など本格的に卓球をしてみたい中・上級者向けの高性能な卓球ラケットをそれぞれ5つ選んでいます。比較的安いお手頃価格な商品もありますので、ぜひ新しい卓球ラケットで、楽しい卓球生活をはじめてみませんか?

最終更新日:2017年06月06日 | 20,875views

卓球ラケットの選び方

卓球ラケットは一見どれも似たように見えますが、初心者用から上級者用まで様々な種類があります。初心者なのにいきなりコントロールの難しい卓球ラケットを選んでしまうと、ボールがあちこちに飛んでしまい、面白くないかもしれません。そこでまず、自分のレベルに応じたラケットの選び方をご紹介します。

ラバー付き卓球ラケットのほうが手軽で便利

卓球ラケットは、簡単に言うと木の板に「ラバー」と呼ばれるゴムを貼った物です。そして、最初からそのラバーが貼ってある卓球ラケットと、自分で別途ラバーを購入して貼る卓球ラケットとがあります。最初はラバーがあらかじめ貼ってある卓球ラケットを選び、卓球ラケットの操作に慣れましょう。

しかし、長い間使うとラバーが摩耗し、回転がかかりにくくなったりコントロールがきかなくなってきます。そして、最初からラバーが貼ってある卓球ラケットは通常ラバーの貼り替えができません。ですので、本格的に卓球を始めようと思った段階で、木の板のみのラバーを購入し、ラバーは別途購入して貼るようにしましょう。

プロが好む「シェイクハンド」か、初心者が扱いやすい「ペンホルダー」か

卓球ラケットは大きく分けて、握手するように握る「シェイクハンド」とペンを持つような「ペンホルダー」の2種類があります。リオデジャネイロオリンピックでメダルを取った日本人選手団は全員シェイクハンドの卓球ラケットを使用していますし、世界的に見てもプロはシェイクハンドを好みます。ただ、世界一の卓球王国である中国人選手の中にペンホルダーを好む選手もいるなど、アジア地域ではペンホルダーの卓球ラケットも根強い人気があります。

ペンホルダーの卓球ラケットの方が、球を打つときに片面だけを使うことが多いため初心者が扱うには適しています。また、箸を使う文化のある日本人にとってはペンホルダーの方が手にしっくりとなじむことが多いです。しかし、バックハンドの安定性やパワフルな打球などはシェイクハンドの卓球ラケットの方が優れています。購入前に、友達に貸してもらったりレンタルするなどして両者を試し打ちしてみると良いでしょう。

丸形か四角か?卓球ラケットの形で選ぶ

卓球ラケットは円に近い丸形と、長方形に近い角形にわかれます。その中間の角丸型(楕円型)の卓球ラケットもあります。シェイクハンドのラケットはほとんどが丸形です。しかし、ペンホルダーのラケットは丸形・角形・角丸型があり、どれを選ぶべきか迷われるかもしれません。

それぞれの特徴ですが、角形はスピードが出やすく強烈なフォアハンドが打てます。丸形はコントロールに優れ細かい技術が出しやすいです。角丸型はその中間の性能を持ちます。よりペンホルダーの特徴を活かしたいなら、角形の方が優れています。なによりドライブのかかった強いフォアハンドを打つ感触がすかっとして気持ちが良いので、幅広い人に好まれています。迷ったなら角形のペンホルダーを試すと良いかもしれません。

初心者向け卓球ラケットのおすすめ人気ランキング5選

まずは、初めて卓球をプレイする方や久しぶりに卓球を再開する方におすすめの卓球ラケットをご紹介します。初心者用とはいえ、正式な大会に出場することも可能で、信頼度の高いメーカーの商品を中心に選びました。

5位:カワセ 卓球ラケットKW-015

カイザー(Kaiser) 卓球 ラケット セット D ペンホルダー KW-015
1,029円(税込)

・タイプ:ペンホルダー

買ってからすぐにプレイ可能なお手軽ラケット!

せっかく卓球ラケットを買っても、プレイできなければ意味がありませんよね。ですので、すでにラバーが貼ってある2本の卓球ラケットと、卓球ボールが3個ついてくるこのセットは全くの初心者におすすめです。収納ケースも便利です。あとは卓球台とネットさえあればすぐにでも卓球をプレイできます。2本ラケットがあるので、親子や兄弟・友達同士ですぐに楽しめます。

値段が安く扱いやすいですが、ボールにスピードや回転をかけるには物足りません。あくまで入門用と考え、上手になってきたら別の卓球ラケットを購入することを検討しましょう。

4位:TSP ジャイアントプラス

TSP 卓球 ラケット 貼り上がり ジャイアントプラス シェークハンド 160S (プラスチックボール 2個付き) 025490
1,313円(税込)

・タイプ:シェイクハンド

初心者だけどちょっと本格的にプレイしたい人へ

「ジャイアントプラス」という名の通り、多少重みがあるシェイクハンドの卓球ラケットです。ラバーがあらかじめ貼ってあって卓球ボールも2個ついていますので初心者向けですが、大会出場も可能なタイプなので、初めての大会出場を目指すには適しています。

卓球ラケットは軽い方が扱いやすいので、全くの初心者が最初にこれを使う場合は慣れるまで時間がかかるかもしれません。ただ、買い換える手間を考えると最初からこれを選ぶのも良い手です。安定したコントロールに加えてそこそこのスピードや回転が出せるタイプです。

3位:ニッタク ジャパンオリジナルプラスシェーク1000

ニッタク(Nittaku) 卓球 ラケット ジャパンオリジナルプラス シェーク1000 (貼り上がり プラスチックボール2個付き) NH-5131
848円(税込)

・タイプ:シェイクハンド

1,000円以内の価格でこの性能は見事!

卓球ラケットの2大メーカーの一つ、ニッタク製です。1,000円以内程度の価格で手に入れることができますが、大会出場用に使ってもそこそこの性能を発揮します。最初ペンホルダーを買ったが、日本のトップ選手が使っているシェイクハンドの卓球ラケットに切り替えたい、という方が試しに購入するのも良いでしょう。

ラバーの性能などはそれほど高くはありませんが、シェイクハンドに慣れる程度の使い方であれば問題ない使い心地です。もちろん、趣味でたまに卓球をプレイする方であれば、これ一本で長く使うこともできます。

2位:ニッタク ジャパンオリジナルプラスペンホルダー1000

ニッタク(Nittaku) 卓球 ラケット ジャパンオリジナルプラス ペン1000 (貼り上がり プラスチックボール2個付き) NH-5121
797円(税込)

・タイプ:ペンホルダー

初心者向け卓球ラケットの決定版

2位に続いて、ニッタクの卓球ラケットです。違いは、シェイクハンドではなくペンホルダーであることです。卓球ラケットのトレンドはシェイクハンド寄りですが、初心者がボールを打つ感覚になれるにはペンホルダーの方が適しています。そして、1920年に日本に誕生した卓球用品メーカーの老舗であるニッタクだからこそ、日本人に合ったペンホルダーの品質は折り紙付きです。

100均などでも安価なペンホルダーを販売していますが、それらとは一線を画す性能を持ち、初心者レベルであれば大会出場を視野に入れた使い方もできます。ちなみに、「ニッタク1500」・「ニッタク2000」など、少し価格が高い代わりに木の材質が良く、ラバーが厚いため打球のスピードや安定性が優れているモデルもありますが、初心者がエントリー用に使うのであれば「ニッタク1000」で十分でしょう。

1位:バタフライ ステイヤー1500

バタフライ(Butterfly) 卓球 ラケット ステイヤー 1500 (ラバーばりラケット) 16710
1,289円(税込)

・タイプ:シェイクハンド

日本トップ選手を見てシェイクハンドに憧れた初心者が持つべき卓球ラケット

卓球ラケットの2大メーカーのもう一つ、バタフライ製の商品です。バタフライはニッタクに比べてシェイクハンドの卓球ラケットに力を入れており、デザイン性の良さが人気です。おしゃれな卓球ラケットを選ぶなら、バタフライの商品から選ぶと良いでしょう。

なかでもこのステイヤーシリーズは安さと性能のバランスが良く、見た目も高級感があります。また、シェイクハンド初心者がつまずきやすいグリップ、つまり握り方の問題についても、適度に角度がつけやすい構造になっていることもあり、好まれています。ラケットの反発特性というボールの弾み方を長年研究してきた実績のあるバタフライ製品ならではの卓球ラケットです。

中・上級者向け卓球ラケットのおすすめ人気ランキング5選

趣味から一歩抜け出して卓球を本格的に始めたい、または大会出場だけでなく大会で勝てる選手になりたいのであれば、ラバーを自分で貼り替えるタイプの卓球ラケットを購入しましょう。初心者向けより高価ですが、部活や卓球教室で頻繁に末永く使うのであればぜひ検討してみてください。

5位:バタフライ ハッドロウFL

バタフライ(Butterfly) 卓球 ラケット ハッドロウ・VK FL 攻撃用シェーク 36781
7,699円(税込)

・タイプ:シェイクハンド

「脱初心者」に最適な卓球ラケット

初心者向けの扱いやすさを残しつつ、より鋭い打球を打つことを可能にした卓球ラケットです。グリップが反りながら拡がっているため、手が固定されて握りやすいのが特徴です。また手首を柔らかく使うことができますので、安定感がありながらもスピードのある打球が打てます。

ですので、これまで初心者用のシェイクハンドを使ってきて物足りなくなり、少し上の性能の卓球ラケットを使いたい人におすすめです。ただし、裏表を反転するのには不向きです。もし裏表を反転するプレイをしたいのであれば、「FL」ではなく「ST」のグリップを選びましょう。

4位:MIZUNO FORTIUS FL

MIZUNO(ミズノ) 卓球ラケットFORTIUS FT 18TT21055FL 55: FL
5,940円(税込)

・タイプ:シェイクハンド

繊細なコントロールに加え重厚感のあるボールが打てる

繊細なボールタッチが特徴のこの卓球ラケットは、コントロールが抜群なので、ドライブ型やカットマンなど守備型を目指す方におすすめです。若手男子卓球選手の大島祐哉選手が使っていることで有名です。

コントロールの良さの秘密は、ミズノが自信をもって開発した7枚合板です。7枚合板はよく球を弾くというイメージがありますが、力強さを維持しつつ繊細なコントロールもできるようになっています。商品名のフォルティウスは「より強く」という意味です。7枚合板なだけあってやや重量があるので、中学生以下や筋力が衰えた方にはやや不向きです。

3位:ニッタク フライアットカーボンプロFL

ニッタク(Nittaku) 卓球 ラケット フライアットカーボンプロ FL NC-0371
7,015円(税込)

・タイプ:シェイクハンド

超攻撃的スタイルを目指すならこれ!

2位:バタフライ 水谷隼使用モデルZLC

球がポンポン弾み、スピードは最速クラス。そのかわりはコントロールに難あり。そんな卓球ラケットです。カーボン製の特殊素材が硬めの打球を可能にしています。世界最強の中国卓球選手が、卓球台からほとんど離れずにどんどん鋭い球で相手選手を圧倒するような、超攻撃的な前陣速攻タイプを目指すなら適しています。

相手の球のスピードや威力に負けないために、軽量で球離れが良いですが、その分どうしてもコントロールの安定性を犠牲にしてしまいます。それを補うには豊富な練習量しかありません。逆に言えば、たくさん練習すればするほど威力を増します。
バタフライ(Butterfly) 卓球 ラケット 水谷隼・ZLC FL 攻撃用シェーク 36611
19,583円(税込)

・タイプ:シェイクハンド

日本男子のエース水谷隼選手愛用!多彩なプレーが可能な卓球ラケット

リオデジャネイロオリンピックで日本選手初となる個人での銅メダルを獲得した、男子卓球界のエース、水谷隼選手が使用したモデルの卓球ラケットです。ラケットのグリップに「MIZUTANI JUN」というロゴがありますので、それを目安に選びましょう。

ZLカーボンという強度が強い特殊素材を使っていますので、軽さとボールの弾みの良さが両立できています。水谷隼選手のように、卓球台近くでも、卓球台から離れた場所からでも強烈な攻撃をするようなスタイルをめざすなら、この卓球ラケットで決まりです。

1位:バタフライ インナーフォース・レイヤーALC石川佳純選手愛用

バタフライ(Butterfly) 卓球 ラケット インナーフォース・レイヤー・ALC FL 攻撃用シェーク 36701
11,916円(税込)

・タイプ:シェイクハンド

オリンピック銀メダリストの石川佳純選手が愛用した卓球ラケット

ロンドンオリンピックで銀メダリスト、リオデジャネイロオリンピックでは銅メダリストの石川佳純選手が愛用してることでも有名な卓球ラケットです。シェイクハンドで攻撃的なスタイルを目指すのに適した、優れた打球の弾みとコントロールのバランスの良さが最高級です。

その秘密は、アリレート・カーボンと呼ばれる特殊素材にあります。一般的な木材だと打球が弾むのに反比例してコントロールが難しくなるのですが、この素材によって安定したコントロールと鋭くて力強い打球が両立可能となりました。簡単に言うと、回転がものすごくかかって、しかも速い球が打てる最強の素材だというわけです。この卓球ラケットを使えば、トップ選手のようにコートを広く使ったドライブの応酬ができるようになるかもしれませんね。

まとめ

卓球ラケットの選び方やおすすめランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

卓球ラケットは、実力やタイプによってさまざまな種類があり、特徴もそれぞれなので、ぜひあなたにぴったりの卓球ラケットをゲットしてみてくださいね!

人気の記事