• 卓球ラケットケースのおすすめ人気ランキング10選【ミズノ・ニッタク・バタフライも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 卓球ラケットケースのおすすめ人気ランキング10選【ミズノ・ニッタク・バタフライも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 卓球ラケットケースのおすすめ人気ランキング10選【ミズノ・ニッタク・バタフライも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 卓球ラケットケースのおすすめ人気ランキング10選【ミズノ・ニッタク・バタフライも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 卓球ラケットケースのおすすめ人気ランキング10選【ミズノ・ニッタク・バタフライも!】のアイキャッチ画像5枚目

卓球ラケットケースのおすすめ人気ランキング10選【ミズノ・ニッタク・バタフライも!】

前回のオリンピックで大注目された「卓球」。中学・高校での部活動をはじめ、新たに卓球を始めようとする人が増えてきています。そんな卓球に欠かせないラケットを保護してくれるのが、ラケットケース。ボールやクリーナーを収納することもでき、持ち運びも楽チン。2本収納できる便利なケースも登場しています。

しかし、ミズノ・アンドロ・ニッタク・バタフライなど、たくさんのメーカーからさまざまなデザインのケースが販売されているため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。そこで今回は、卓球ラケットケースの選び方のポイントと、Amazonや楽天でも人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。素敵なラケットケースを手に入れれば、ますますやる気になること間違いなしですよ!
  • 最終更新日:2019年06月05日
  • 20,523  views
目次

卓球ラケットケースの選び方

卓球ラケットケースと一口にいっても、素材やデザインもさまざまです。数ある商品の中から、自分にピッタリのものを選ぶためのポイントをお伝えします。

ハードケース or ソフトケース

卓球ラケットケースには大きく分けて、ハードケースとソフトケースの2種類があります。それぞれ形や使い勝手も違うため、特徴を押さえて自分にはどちらが合っているのか見極めていきましょう。

ラケットの保護を重視するならハードケースが最適

ラケットの保護を重視するならハードケースが最適

出典:amazon.co.jp

文字通り硬い素材であるEVAや硬質ポリウレタンで作られたハードケースは、ラケットの保護を重視したい方におすすめです。大きなバッグの中に入れて持ち歩いても、他の持ち物につぶされてラバーがへこんでしまう心配もありません。

また、見た目も鮮やかなカラーが多く、おしゃれでかっこいいデザインが豊富なのも特徴。その分、値段が高めになってしまいますが、スタイリッシュに持ち歩きたいという方にも最適です。

価格重視ならソフトケースがおすすめ

一方、ポリエステルやナイロンなどの素材で作られたのがソフトケース。色・形も豊富で、たくさんの種類が販売されています。ラケットの保護という面から見るとハードケースには劣りますが、何よりもリーズナブルな価格で手に入れられるのが魅力です。しっかり保護できなくても、とりあえずのカバー機能さえあれば十分という方におすすめです。

収納力・使い勝手で選ぶ

次に、収納力もチェックしておきましょう。ケースのデザインによって収納力が異なるため、自分が普段持ち歩く荷物の量を考えながら選ぶと失敗も少なくなります。また、デザインごとの持ちやすさや、使い勝手のよさもしっかりチェックしておくのがポイントです。

持ち物が多い人には四角いポーチタイプが便利

スタンダードなポーチ型の四角いタイプは、収納力が抜群。収納性の高いケースを求めている方に一押しです。試合で必要なボールやラケットクリーナーのスプレーボトルも一緒におさめることができ、忘れ物防止にも役立ちます。

部活動の遠征に行く場合など、持ち物が多くなりがちなときでもひとまとめにできるので便利。中にインナーボードという仕切り板を入れて使うことも可能です。ただし、2本収納タイプと表記されていても、インナーボードで小物を収納する場合はラケットが1本しか入らないものがあるのでご注意ください。

コンパクトに持ち歩きたい方に便利なラケットタイプ

コンパクトに持ち歩きたい方に便利なラケットタイプ

出典:amazon.co.jp

楕円形のフォルムがカッコイイのがラケットタイプ。ラケットに沿うようなデザインで、中にすっぽり収まります。四角いポーチタイプと比べると収納力は劣りますが、スペアラケット用に使う場合や、コンパクトに持ち歩きたいという方におすすめです。

バッグに入れてもかさばらず、さっと出し入れできるのも魅力。商品によって1本のみ収納するものと、2本収納できるものがあり、中にはボールやゼッケン程度なら入るものもあります。

カバー程度で十分という方はヘッドケースタイプを

ラケットのヘッド部分だけをカバーしているのが、ヘッドケースタイプです。カバーをしてもグリップ部分が外に出るので、使ってすぐ汗まみれのグリップを乾燥させたいときにも便利。カバーをつけたまま素振り練習をしたい人にもおすすめです。

ただ収納力はなく、グリップ部分を保護することはできないため、ちょっとしたカバー程度のものを考えている人に良いでしょう。

スペアラケットの収納には、仕切り板付きのものを

スペアラケットの収納には、仕切り板付きのものを

出典:amazon.co.jp

スペアラケットと合わせて2本収納したいという方には、インナーボードなどの仕切り板付きのケースがおすすめです。仕切り板があれば、ラケット同士の接触を防いでくれるので安心。くぼみのついたインナーボードなら、ボールとラケットが動いてずれる心配もありません。

万が一、試合中にラケットやラバーが傷ついてしまったときや、ラケット検査で引っかかってしまった場合でも、スペアラケットがあれば安心ですよね。2本用のケースを選ぶときには、インナーボードの有無をしっかり確認しましょう。

エアリング付きのケースがおすすめ

エアリング付きのケースがおすすめ

出典:amazon.co.jp

最後に、ケースの通気性もチェックしておきましょう。とくにハードケースの場合、通気性が悪くなりやすいため、「エアリング」という通気孔付きのものがおすすめです。

卓球の練習や試合で使ったラケットのグリップ部分は、汗でかなりの湿気を含んでいるもの。試合の後、そのままケースにしまって密閉したのでは、カビやニオイの原因になってしまいます。乾かしてから収納したり、乾燥剤を使うのも効果的ですが、通気性が確保されたものならより安心ですね。

卓球ラケットケースのおすすめ人気ランキング10選

選び方についてわかったところで、ここからはいよいよ人気ランキングを発表していきます。お気に入りの1点をぜひ見つけて下さいね。
10位
卓球ラケットケース バタフライ トレスナル・ヘッドケース 1枚目
出典:amazon.co.jp

バタフライトレスナル・ヘッドケース

831円 (税込)

素材ナイロン600デニール・ナイロン400デニール(ソフト)
タイプヘッドケースタイプ
仕様ラケット1本用
エアポケットなし
サイズ19x21x3cm
9位
卓球ラケットケース バタフライ ポルティエ・ハードフルケース 1枚目
出典:amazon.co.jp

バタフライポルティエ・ハードフルケース

2,866円 (税込)

素材PU(ハード)
タイプラケットタイプ
仕様ラケット1本用(2本可)
エアポケットなし
サイズ18×29×6cm
8位

アンドロ フルデザイン ハードケース

2,116円 (税込)

素材EVA(ハード)
タイプラケットタイプ
仕様ラケット2本用
エアポケットあり
サイズ18x29x5.5cm
7位
卓球ラケットケース ニッタク ラケット ポルカケース 1枚目
出典:amazon.co.jp

ニッタクラケット ポルカケース

NK7208

2,376円 (税込)

素材ポリエステル・ポリ塩化ビニル(ソフト)
タイプ四角いポーチタイプ
仕様ラケット2本用
エアポケットなし
サイズ幅30x高さ20x奥行き5.5cm
6位
素材ポリエステル(ソフト)
タイプラケットタイプ
仕様ラケット1本用(福原愛選手監修モデル)
エアポケットなし
サイズL28xW2.5xH18cm
5位
素材ポリエステル100%(ソフト)
タイプラケットタイプ
仕様ラケット1本・ポール2個用
エアポケットなし
サイズ30x20x6cm
4位
素材ナイロン(ソフト)
タイプ四角いポーチタイプ
仕様ラケット2本用(インナーボード付き)
エアポケットなし
サイズ30x21x5.5cm
3位
卓球ラケットケース TSP  ロンラティスケース 1枚目

TSP ロンラティスケース

1,399円 (税込)

素材ポリエステル100%(ソフト)
タイプラケットタイプ
仕様ラケット2本用
エアポケットなし
サイズ縦19x横30xマチ巾4cm(楕円形)
2位
素材ナイロン900デニール(ソフト)
タイプラケットタイプ
仕様ラケット1本用
エアポケットなし
サイズ19x30x3cm
1位
卓球ラケットケース バタフライ ラケットケース BL・ケース 1枚目
出典:amazon.co.jp

バタフライラケットケース BL・ケース

1,780円 (税込)

素材ポリエステル210デニール(ソフト)
タイプ四角いポーチタイプ
仕様ラケット2本・ボール2個用
エアポケットなし
サイズ21x30x4cm

おすすめ人気卓球ラケットケースの比較一覧表

商品画像
1
卓球ラケットケース バタフライ ラケットケース BL・ケース 1枚目

バタフライ

2
卓球ラケットケース バタフライ メロワ・フルケース 1枚目

バタフライ

3
卓球ラケットケース TSP  ロンラティスケース 1枚目

TSP

4
卓球ラケットケース ヤサカ ビュートライケース 1枚目

ヤサカ

5
卓球ラケットケース andro ラケットケース 1枚目

andro

6
卓球ラケットケース ミズノ 卓球ラケットケース 1枚目

ミズノ

7
卓球ラケットケース ニッタク ラケット ポルカケース 1枚目

ニッタク

8
卓球ラケットケース アンドロ  フルデザイン ハードケース 1枚目

アンドロ

9
卓球ラケットケース バタフライ ポルティエ・ハードフルケース 1枚目

バタフライ

10
卓球ラケットケース バタフライ トレスナル・ヘッドケース 1枚目

バタフライ

商品名

ラケットケース BL・ケース

メロワ・フルケース

ロンラティスケース

ビュートライケース

ラケットケース

卓球ラケットケース

ラケット ポルカケース

フルデザイン ハードケース

ポルティエ・ハードフルケース

トレスナル・ヘッドケース

特徴ラケット2本とボール2個を収納できるシンプルなケースラケット1本用のフルケースラケット2本にぴったりサイズ!内側に名入れスペース付きメンテナンス用品とボールも入れられるインナーボード付ロゴのプリントとパイピングカラーの組み合わせが素敵なラケット福原愛選手監修のレディース用ケース内側に便利なネームスペース付き!通気性を考えたエアリング付で最大2本収納可能内側に便利なメッシュポケット付きリーズナブルなヘッドカバー
価格1,780円(税込)1,210円(税込)1,399円(税込)1,584円(税込)1,620円(税込)1,927円(税込)2,376円(税込)2,116円(税込)2,866円(税込)831円(税込)
素材ポリエステル210デニール(ソフト)ナイロン900デニール(ソフト)ポリエステル100%(ソフト)ナイロン(ソフト)ポリエステル100%(ソフト)ポリエステル(ソフト)ポリエステル・ポリ塩化ビニル(ソフト)EVA(ハード)PU(ハード)ナイロン600デニール・ナイロン400デニール(ソフト)
タイプ四角いポーチタイプラケットタイプラケットタイプ四角いポーチタイプラケットタイプラケットタイプ四角いポーチタイプラケットタイプラケットタイプヘッドケースタイプ
仕様ラケット2本・ボール2個用ラケット1本用ラケット2本用ラケット2本用(インナーボード付き)ラケット1本・ポール2個用ラケット1本用(福原愛選手監修モデル)ラケット2本用ラケット2本用ラケット1本用(2本可)ラケット1本用
エアポケットなしなしなしなしなしなしなしありなしなし
サイズ21x30x4cm19x30x3cm縦19x横30xマチ巾4cm(楕円形)30x21x5.5cm30x20x6cmL28xW2.5xH18cm幅30x高さ20x奥行き5.5cm18x29x5.5cm18×29×6cm19x21x3cm
商品リンク

ラバー保護フィルムで長持ちさせよう

卓球ラケットを使用後にお手入れをして収納するとき、保護シートを貼るとホコリや汚れが付着するのを防いでくれます。密着させることでラバーの劣化を防ぐのにも効果的です。クリーナーでお掃除した後のきれいなラバー面に密着させるように貼り、形に沿ってハサミで切りとればOK!そのままラケットケースにしまって保管しましょう。

面白いのは、粘着保護シートを使ってラバーの性質を微妙に変化させられること。長く貼って保管しておくと、はがしたときラバーの表面がべたべたして、その面でボールを打つと回転がかかりやすくなります。その一方ではボールが弾みにくくなるということにも。保護シートを使って、どのくらいの期間貼っておくかによっても微調整が可能になるので、ただの保護シートと侮るなかれですね。

TSP粘着保護シート

399円 (税込)

卓球ボールケースも一緒に揃えよう!

ラケットケースを手に入れたら、卓球ボールケースも一緒に揃えてみませんか?ラケットケースと同じメーカーで揃えるのも良し、ちょっと目を引くおしゃれなデザインを選んでみるのも良し、選び方はあなた次第!以下の記事でもバラエティ豊富な商品をたくさん紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

卓球ラケットケースの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、卓球ラケットケースのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

卓球ラケットケースの人気ランキング10選はいかがでしたか? 憧れの福原愛さんの監修したものや、クールでハードなラケットケース、また収納力抜群のものなどいろいろありました。小さなお子さんで始められる方などは特に自分で選ばせてあげると、より熱心に練習できるかも知れませんよ。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す