1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. 卓球用品
  6. >
  7. 卓球マシンのおすすめ人気ランキング10選【クラブ活動や部活での練習に活用!】
  • 卓球マシンのおすすめ人気ランキング10選【クラブ活動や部活での練習に活用!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 卓球マシンのおすすめ人気ランキング10選【クラブ活動や部活での練習に活用!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 卓球マシンのおすすめ人気ランキング10選【クラブ活動や部活での練習に活用!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 卓球マシンのおすすめ人気ランキング10選【クラブ活動や部活での練習に活用!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 卓球マシンのおすすめ人気ランキング10選【クラブ活動や部活での練習に活用!】のアイキャッチ画像5枚目

卓球マシンのおすすめ人気ランキング10選【クラブ活動や部活での練習に活用!】

人気の室内スポーツのひとつである卓球。卓球の練習には「卓球マシン」の利用がおすすめです。「卓球マシン」は卓上型や床置き型というタイプに分かれており、サイズ・重量・配球機能でみると種類も様々です。また、ニッタク、TSP、ヤサカなど幅広いメーカーから販売されているので、自分に必要な卓球マシンを選ぶ際に迷ってしまう人が多いのではないでしょうか。


そこで今回は、卓球マシンの選び方を徹底解説。さらに、通販レビューでも人気の商品を、ランキング形式でご紹介していきます。卓球マシンは、部活仲間との練習・1人での自主練など多種多様に活用ができるので便利です。スキル向上を目指して、自分にあった卓球マシンを選んでみてください!"

  • 最終更新日:2020年04月28日
  • 30,895  views
目次

卓球マシンの選び方

卓球マシンは、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

用途に合わせてタイプを選ぶ

卓球マシンは設置の仕方によって、次の2つのタイプがあります。練習目的や用途に合わせて選びましょう。

子供や初心者の練習には「卓上型」が使いやすい

子供や初心者の練習には「卓上型」が使いやすい

子供の練習用や、レジャーで卓球を楽しみたい初心者でも気軽に使えるのが、卓球台の上に置いて使う卓上型です。球の数が限られ、パワーや機能に欠けるものもありますが、比較的コンパクトで軽量なのが特徴。持ち運んで使いたい人にもおすすめです。

本格的な練習には「床置き型」がおすすめ

本格的な練習には「床置き型」がおすすめ
競技会参加のためにレベル向上を目指す人や、専用の体育館があるクラブチームには、床置き型がおすすめ。しっかりとした土台があり、装置を卓球台の上まで伸ばして球を送り出します。大がかりなぶんパワフルで、機能も豊かなため、実践練習に役立つでしょう。

練習場所で使いやすいものをチョイス

卓球マシンは球を自動で打ち出す機械ですが、電気の力で動きます。次の2つの電源タイプから、使いやすいほうを選びましょう。

決まった場所で長時間練習するなら「コンセント式」が安心

決まった場所で長時間練習するなら「コンセント式」が安心

卓球マシンの主流は、コンセントから直接電源をとるタイプ。電池切れの心配がないため、じっくり練習に打ち込めます。購入するときには、あらかじめ設置場所を考えたうえで、コードの長さも確認しておきましょう。コンセント使用不可の公営体育館もありますので、電池も併用できる商品なら安心です。

「電池式」なら使う場所を選ばず便利

「電池式」なら使う場所を選ばず便利

どこでも気軽に練習したいなら「電池式」を選びましょう。乾電池を入れれば、コードレスで作動するので、使う場所を選びません。電気の利用が制限されている体育館、コンセントから遠い卓球台など、幅広いシーンに使えて便利。電池が消耗すると球のスピードも低下しがちなので、連続作動時間も確認しておきましょう。

移動や設置のしやすさも重視

移動や設置のしやすさも重視

自宅で使用する場合や固定設置できる体育館等がない場合は、収納スペースも考えて、コンパクトサイズを選びましょう。移動が多い場合は、軽量なだけでなく、組み立てが簡単なものを選ぶのが理想的です。


一般的に大型のものほど、駆動モーターや球を送るローラーが大きくなり性能が高くなりますが、持ち運びや移動がしにくいのがデメリット。自分の練習の仕方に合わせて、適切なサイズを選ぶのがおすすめです。

投入する球数・球種もチェック

投入する球数・球種もチェック

卓球マシンに一度にセットできる球数は多いほうが便利です。中断なしに、じっくり長く練習ができますよ。打ち返した球を自動で集めて再投入してくれる自動循環方式のマシンなら、球拾いの手間も減ります。


また、卓球の球には直径40mmの硬式ボールと、44mmのラージボールがあります。自分が練習で使うボールにマシンが対応しているかも、あわせて確認しておきましょう。

レベル向上のために配球機能もチェック!

卓球マシンの中にはただ球を前方に打ち出すだけでなく、球に変化をつける機能を搭載した商品もあります。技術力を養うなら、次の性能にも注目しましょう。

スピード調整機能でラリー力を鍛えよう

スピード調整機能でラリー力を鍛えよう

卓球の球は小さいので見過ごされがちですが、トップクラスの男子選手になるとスマッシュで最高時速180kmをマークすることも。最初はついていけなくても、次第にマシンの投球スピードを上げていくことで、狭い台の上でのラリーについていける実力を養うことができますよ。

回転機能でレシーブ力を向上させよう

回転機能でレシーブ力を向上させよう

打ち出す球に回転を与える機能が付いた商品なら、さまざまなボールを打ち返すレシーブ力が身に付きます。卓球マシンでスピンボールの特徴を見分ける技術を磨き、正確なレシーブができるよう鍛えましょう。

フットワーク不足なら首振り機能付きが◎

フットワーク不足なら首振り機能付きが◎

卓球台は大きくないものの、球速が速いだけに左右に振られてしまうこともしばしば。左右自在に球を打ち出せる卓球マシンを使って、フットワークを鍛えましょう。粘り強く球を追いかけてラケットを振る練習をするのが大事です。

ピッチ変更できるマシンならリアルな対応力UP!

ピッチ変更できるマシンならリアルな対応力UP!

実際の試合では、一定のリズムでリズムで球が来るとは限りません。球出しのピッチ間隔を自由に変えられるタイプなら、より実践的な練習ができますよ。まるで本物の人間を相手にしているような卓球マシンで、レベル向上を図りましょう。

捕球ネット付きもおすすめ

捕球ネット付きもおすすめ

卓球マシンを使うと繰り返し球を打つことができますが、球拾いは面倒…。壁の近くに設置して球が広く散乱するのを防ぐ方法もありますが、たくさんの球を練習で使うなら、捕球ネットが付いている商品がおすすめですよ。


ネットがあれば、球拾いに取られる時間を減らせます。広い体育館でも球拾いに余分な体力を使わなければ、そのぶん練習がはかどります。

単独練習ならリモコン付きを選ぼう

単独練習ならリモコン付きを選ぼう
卓球マシンの操作のしやすさも大事ですね。シンプルな構造でボタンが大きいなど、簡単に扱えるかどうか、口コミ評価などを参考にしましょう。

また、卓球マシンは卓球台の反対側に置くものですから、1人で練習する場合は離れた場所からリモコンで操作できるものだと安心。球のスピードや回転を変えたいときでも練習を中断してマシンのところに足を運ぶ必要がなく、手元で調整できて楽ですよ。

卓球マシンのおすすめ人気ランキング10選

それでは、卓球マシンのおすすめ商品10選を、人気ランキング形式でご紹介していきます。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング など各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月1日時点) をもとにして順位付けしています。

10位
タイプ 卓上型
電源 単三アルカリ電池4本
本体サイズ幅15.5×奥行15.5×高さ30㎝
本体重量500g
球数/球種レギュラーボール
配球機能-
捕球ネット-
リモコン
9位
タイプ卓上型
電源単三乾電池4本
本体サイズ幅約18×高さ約31㎝
本体重量約680g
球数/球種約20個
配球機能-
捕球ネット-
リモコン-
8位
タイプ 卓上型
電源 コンセント式
本体サイズ幅33.0×奥行23.0×高さ50.8㎝
本体重量2.5kg
球数/球種最大200個/レギュラー球
配球機能 スピード・回転・首振り・ピッチ調整可能
捕球ネット
リモコン
7位
タイプ卓上型
電源コンセント式
本体サイズ幅18×奥行24×高さ54㎝
本体重量約3kg
球数/球種レギュラー球
配球機能首振り・スピード・ピッチ調整
捕球ネット
リモコン
6位
タイプ 床置き/卓上
電源 コンセント式/単一乾電池4本
本体サイズ幅60×奥行60×高110~131㎝
本体重量2.8㎏
球数/球種100球
配球機能スピン・首振り・スピード・ピッチ調整可能
捕球ネット
リモコン
5位
タイプ 卓上型
電源 コンセント式
本体サイズ幅30.0×奥行24.0×高さ53.0cm
本体重量2.6kg
球数/球種レギュラー球
配球機能 スピード・回転・首振り・ピッチ調整可能
捕球ネット
リモコン
4位
タイプ卓上型
電源コンセント式/単一乾電池4本
本体サイズ幅約20×奥行約27×高さ約28㎝
本体重量約1kg
球数/球種-
配球機能高さ調整可能
捕球ネット-
リモコン-
3位
タイプ 卓上型
電源 -
本体サイズ31×31×39(cm)
本体重量約3Kg
球数/球種90球/レギュラー球
配球機能回転・ピッチ調整可能
捕球ネット
リモコン
2位
タイプ 卓上型
電源 コンセント式・電池式共用
本体サイズ幅25.0×奥行23.0×高さ18.cm
本体重量0.85kg
球数/球種最大20球/レギュラー球・ラージボール共用
配球機能-
捕球ネット-
リモコン-
1位
タイプ卓上型
電源コンセント式
本体サイズ-
本体重量約1.1kg
球数/球種約100球
配球機能回転・スピード調整可能
捕球ネット-
リモコン

人気卓球マシンの比較一覧表

商品画像
2
卓球マシン ユニックスコーポレーション Robo-Star ロボ太くん

ユニックスコーポレーション

3
卓球マシン ヤサカ 卓上型卓球マシンYM40α  1枚目

ヤサカ

5
卓球マシン VICTAS スピンメイト

VICTAS

6
卓球マシン サクライ貿易 カルフレックス 1枚目

サクライ貿易

8
卓球マシン 三英 ロボポン1040

三英

10
卓球マシン スマイル とびだせ!卓球魂 卓球セット 1枚目

スマイル

商品名

Robo-Star ロボ太くん

卓上型卓球マシンYM40α

スピンメイト

カルフレックス

ロボポン1040

とびだせ!卓球魂 卓球セット

特徴コンセントも乾電池も両方使えるシンプルな卓球マシン上下回転チェンジもリモコン操作で簡単にできる高機能な一台デジタル表示で練習中に調整を確認しやすいのも◎大容量約100球収納可能。初心者から選手まで幅広く使え...大きなカゴ付きで、球の残量がわかりやすいのが魅力誰でも簡単に卓球が楽しめるコンンパクトなマシン
最安値
5,390
送料別
詳細を見る
47,947
送料無料
詳細を見る
要確認
15,200
送料無料
詳細を見る
49,500
送料要確認
詳細を見る
2,700
送料無料
詳細を見る
タイプ 卓上型卓上型卓上型床置き/卓上卓上型卓上型
電源 コンセント式・電池式共用-コンセント式コンセント式/単一乾電池4本コンセント式単三アルカリ電池4本
本体サイズ幅25.0×奥行23.0×高さ18.cm31×31×39(cm)幅30.0×奥行24.0×高さ53.0cm幅60×奥行60×高110~131㎝幅33.0×奥行23.0×高さ50.8㎝幅15.5×奥行15.5×高さ30㎝
本体重量0.85kg約3Kg2.6kg2.8㎏2.5kg500g
球数/球種最大20球/レギュラー球・ラージボール共用90球/レギュラー球レギュラー球100球最大200個/レギュラー球レギュラーボール
配球機能-回転・ピッチ調整可能スピード・回転・首振り・ピッチ調整可能スピン・首振り・スピード・ピッチ調整可能スピード・回転・首振り・ピッチ調整可能-
捕球ネット--
リモコン-
商品リンク

「素振りマシン」も活用しよう

「素振りマシン」も活用しよう

卓球台なしで、自宅でコッソリ練習したい場合には、「素振りマシン」を購入するのもひとつの方法です。素振りマシンはちょっとしたスペースがあれば、いつでもどこでも、誰でも気軽に卓球の練習ができる優れもの。


球の方向や位置を自由に設定でき、エンドレスラリーも可能です。しかも電気代等のランニングコストは一切かからないというコスパの良さ。素振りマシンで正しいフォームを身につけて、本番に強くなりましょう。

プレースタイルに合ったラバーを選ぼう!

卓球の実力を磨くには、ラバー選びがとても重要です。自分のプレースタイルやレベルに合ったラバーを選ぶことで、球をコントロールしやすくなるかもしれませんよ。ぜひ以下の記事も参考に、自分に合ったラバーを見つけて実力UPを目指しましょう!

まとめ

卓球マシンのおすすめ商品10選を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つか

りましたか?

競技会でひとつでも上を目指したい人も、クラブ活動やレジャーとして楽しむ人も、卓球の技術向上には反復練習が欠かせません。そんなときこそ、卓球マシンを使った練習です。自分に合った使いやすい卓球マシンを選んで、周りに差を付けましょう。 

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す