• 卓球ボールのおすすめ人気ランキング11選【試合球からレジャー用まで】のアイキャッチ画像1枚目
  • 卓球ボールのおすすめ人気ランキング11選【試合球からレジャー用まで】のアイキャッチ画像2枚目
  • 卓球ボールのおすすめ人気ランキング11選【試合球からレジャー用まで】のアイキャッチ画像3枚目
  • 卓球ボールのおすすめ人気ランキング11選【試合球からレジャー用まで】のアイキャッチ画像4枚目
  • 卓球ボールのおすすめ人気ランキング11選【試合球からレジャー用まで】のアイキャッチ画像5枚目

卓球ボールのおすすめ人気ランキング11選【試合球からレジャー用まで】

現在、空前の卓球ブームを迎えていますね。卓球ができる場所が増えており、卓球をテーマにした映画や漫画なども多数発表されています。卓球を始めるにあたり、まず揃えるべきは、ラケットとボールですが、「ラケットはともかく、ボールなんてどれも一緒でしょ?」と思うかもしれません。

実はボールにもいろいろな種類があり、各メーカーは競合しています。今回は、「趣味で卓球を楽しみたい」という方から「いずれは公式大会にも出てみたい」という本格派の方まで、一体どんな卓球ボールを選べばいいのか確認し、それぞれおすすめの卓球ボールをご紹介していきます。
  • 最終更新日:2019年05月27日
  • 14,427  views
目次

卓球ボールの選び方

それではまず、卓球ボールの選び方から押さえておきましょう。現在の卓球には硬式卓球・ラージボールの2つの競技があります。それぞれの競技別に練習用・大会出場用など目的に合ったボール選びのポイントを解説!最後に、レジャーとして楽しむ時の卓球ボール選びについても説明しますよ。

【硬式卓球用】出場したい大会に合わせたボール選びを

まずは、硬式卓球から。硬式卓球では、大小様々な大会が催されます。成人向けの大会ももちろんあります。練習ばかりでは自分の実力がどこにあるのか分かりません。大会に出て刺激を受けると、より一層技術に磨きがかかります。今回は、大会に出場するということを前提に、卓球ボール選びを考えます。

練習用ならスターやトレーニング用で充分

練習用ならスターやトレーニング用で充分

出典:amazon.co.jp

公式大会では連盟が公認している3スターボールしか使用できない決まりになっています。硬式卓球用のボール。硬式卓球で使われるボールは、直径40mmで高校生以上は白色のボールを使い、中学生以下はオレンジ色のボールを使います。公式大会でも使用OKと国際卓球連盟や日本卓球協会が公認しているボールのことを、3スターと呼び、ボールには3スターマークが添付されています。練習用には2スターやスター、もしくは☆マークなしのものを使用します。

3スターボールには厳しい条件が課されており、製作にも費用がかかっています。そのため価格はどうしても高くなりがち。練習用に用いるなら、2スターやスター、トレーニング用でも充分です。

ただし、2スターやスター、トレーニング用の場合、精度にばらつきがあり、回転のかかり方や耐久性には難があることも。中でも制度の良いボールを求めたいなら、断然日本製のものがおすすめです。プラスチックの質も良く、質のばらつきも少ないと口コミなどで好評です。

大会に出たいなら3スターボールでも練習を

大会に出たいなら3スターボールでも練習を

出典:amazon.co.jp

普段のサーブ練習や、ツッツキの練習などには、練習用のボールで対応できますが、大会直前には、練習用としても大会で使われる3スターボールを使っておきたいところです。

卓球はボールの少しのバランスによって全く感覚が違ってくる繊細なスポーツ。オリンピック選手なども、大会で使われるボールで必ず練習をして現地に乗り込むそうです。試合を想定したゲームマッチなどの練習では、3スターボールを出して緊張感を持って取り組みたいですね。

質の良いボールを見極めるコツ

質の良いボールを見極めるコツ

出典:nittaku.com

3スターボールを購入するときに気になるのは、やはりメーカーによる品質の差だと思います。3スターボールも練習用ボールと同じく、日本製のものが品質のばらつきもなく、回転もかかりやすいと言われています。

質の良いボールを見極めるコツは、ボールを台の上で回転させてみること。クルクルとバランスよく回り続けるようなら、整合性の取れたボールということです。また、ボールが割れてしまったときはチャンスです。中を確認してみてください。ボール内部に継ぎ目が派手に入っているものは、バランスが悪く、打つ場所によって全く感覚が違うボールになります。

大会前というわけではなく、最も練習しやすいボールをお探しなら、日本製の3スターボールをおすすめします。

【ラージボール用】基本的には硬式と同じ選び方でOK

ラージボールは、1988年に日本卓球協会×ニッタクとのコラボにより始まった競技です。硬式よりも大きく軽い、直径44mm・重さ2.4gのオレンジボールを使います。ボールが大きく軽いので、硬式より長くラリーが続くのが特徴。ラージボールも硬式同様、プラスチック3スターボールが大会で使える公式球となります。

まずはラリーを続けることが目標!練習用ボールで腕を磨く

まずはラリーを続けることが目標!練習用ボールで腕を磨く

出典:nittaku.com

ラージボールの魅力は、初心者でも比較的簡単にラリーを続けられるようになること。ラージボールではボールが大きくて軽いということの他に、ラケットのラバーにも特徴があります。使用できるラバーは、表ソフトのみ。回転をかけ辛いラバーとなっているので、実力差が出にくい仕組みになっています。

ラージボールを楽しむには、まずラリーを続けられるようになることが目標です。そのためには、ひたすらラリーの練習をしていくわけですが、この段階ではまだ、それほどボールにこだわらなくても大丈夫。打ちやすくておすすめなのは、3スターボールを製造しているメーカー製の練習用ボールです。価格も安く、3スターと同じ素材を使っているので、感覚も似ています。

大会に出るなら3スターボールで練習を

大会に出るなら3スターボールで練習を

出典:nittaku.com

ラージボールも硬式同様に、全国各地で大会が開催されています。老若男女、年齢問わず愛されているラージボールですので、大会への参加条件もありません。年に一回開催されている全国大会ですら、予選もなく、和気あいあいと楽しんで参加できる大会となっています。

普段の練習でラージボールの腕がどのぐらい上がったのか確認したり、様々なラージボール愛好者との交流も兼ねて、ぜひ大会に参加することをおすすめします。大会に出るなら、やはり公式球である3スターボールで練習しておきましょう。

ラージボールも硬式球のボール同様、3スターから☆なしまで、品質レベルに差があります。また、3スターで公認されていても、メーカーによってその品質や打った感覚には差がありますので、注意が必要です。

ラージボールのプラスチック球は割れやすい!? 予備ボールをたくさん準備

ラージボールのプラスチック球は割れやすい!? 予備ボールをたくさん準備

出典:nittaku.com

セルロイド製ボールからプラスチック製ボールへと公式球が変更になりましたが、プラスチック球はセルロイド球よりも割れやすいのが欠点です。変更直後の2015年当時からさらにメーカーは企業努力を続け、現在のボールは以前より割れにくくなっているようですが、40mmの硬式卓球用ボールに比べ、44mmのラージボールはサイズが大きいためか、未だに「割れやすい」と感じる方が多いようです。

対策としては、予備ボールをたくさん購入しておくこと。普段の練習では、☆無しのトレーニング用ボールで充分です。トレーニング用ボールを大量購入すると、1個あたりの単価も100円台に下がります。

【レジャー用】プラ球トレーニング用やカラフルなボールも

レジャーで楽しく仲間たちと卓球を楽しみたいという方に、より一層ゲームが盛り上がる卓球ボールをご紹介します。また、真面目にラリーをやってみたいという方におすすめの卓球ボールも。

レジャー用ならカラフルで楽しい卓球ボールもおすすめ

レジャー用ならカラフルで楽しい卓球ボールもおすすめ

出典:amazon.co.jp

レジャー用として選ぶならカラフルなデザインで楽しませてくれる卓球ボールもおすすめです。定番の白だけでなく、ピンクや緑といったカラフルなものや、卓球なのにサッカーボールの柄が描かれているものも。また、55mmなどの大き目サイズもあります。普通の卓球ボールの中に面白い卓球ボールを混ぜ込んで隠し玉として使っても盛り上がりますね。

ただ、レジャー用として安価に売られている卓球ボールの多くが、硬式卓球やラージボールで使用するボールのような均一さを持っていません。大きさも表示では40mmとなっていても商品によって差異があるものもザラです。

「ラリーを続けてみたい」=プラ球トレーニング用がおすすめ

「ラリーを続けてみたい」=プラ球トレーニング用がおすすめ

出典:nittaku.com

レジャーと言えども、少しはラリーを続けてみたいと思われるなら、きちんとした卓球ボールを選ぶべきでしょう。少し前まではレジャー用としてセルロイド製ボールを選択する方もいらっしゃいましたが、現在、セルロイド製ボールはどのメーカーでも取り扱いがなくなっており、入手は難しくなっています。

そこでおすすめなのは、プラスチック球の☆なしでトレーニング用に作られているもの。もちろんセルロイド製ボールよりは1個あたりの金額は高くなりますが、これなら打ちにくさを感じることはありません。

【硬式卓球用】卓球ボールのおすすめ人気ランキング5選

ここからはおすすめの卓球ボールを【硬式卓球】【ラージボール】【レジャー用】に分けてご紹介していきます。まずは硬式卓球から。卓球愛好者たちに好評の日本製から、国際大会で使用されている海外メーカーのものまで幅広くチョイスしました。
5位

TSPプラスティックボール SL-PREMIUM 40+ 3スター

667円 (税込)

素材プラスチック
入り個数3個
1個あたりの価格約223円
生産国-
4位

Butterfly 3スターボール40+

761円 (税込)

素材プラスチック
入り個数3個
1個あたりの価格約254円
生産国-
3位

紅双喜 DHSプラスチックボール 3スター 40+

15,625円 (税込)

素材プラスチック
入り個数6個
1個あたりの価格約209円
生産国中国
2位
素材プラスチック
入り個数120個
1個あたりの価格約74円
生産国日本
1位
素材プラスチック
入り個数3個
1個あたりの価格約253円
生産国日本

おすすめ人気【硬式卓球用】卓球ボールの比較一覧表

商品画像
1
Nittaku プラ 3スター プレミアム 1枚目

Nittaku

2
Nittaku ジャパントップトレ球  1枚目

Nittaku

3
紅双喜 DHS プラスチックボール 3スター 40+  1枚目

紅双喜 DHS

4
Butterfly  3スターボール40+ 1枚目

Butterfly

5
TSP プラスティックボール SL-PREMIUM 40+ 3スター 1枚目

TSP

商品名

プラ 3スター プレミアム

ジャパントップトレ球

プラスチックボール 3スター 40+

3スターボール40+

プラスティックボール SL-PREMIUM 40+ 3スター

特徴この世に存在する卓球ボールの中で最も高品質!Nittakuのトレーニング用ボールは優秀!リオオリンピックの公式球は紅双喜!国際試合でよく使われているButterflyの公式球国内大会でよく使用されるTSPの公式球
価格757円(税込)8,898円(税込)15,625円(税込)761円(税込)667円(税込)
素材プラスチックプラスチックプラスチックプラスチックプラスチック
入り個数3個120個6個3個3個
1個あたりの価格約253円約74円約209円約254円約223円
生産国日本日本中国--
商品リンク

【ラージボール用】卓球ボールのおすすめ人気ランキング3選

それでは次にラージボールで使用する卓球ボールのおすすめ3選をご紹介します。ラージボールは40mmのボールより割れやすいと言われています。今回は、その中でも比較的割れにくいというメーカーのものだけチョイスしています。
3位

Nittakuプラ トップ ラージボール

NB-1074

12,312円 (税込)

素材プラスチック
入り個数120個
1個あたりの価格約103円
生産国日本
2位

Nittakuラージボール 2スター プラ44

NB1032

4,479円 (税込)

素材プラスチック
入り個数24個
1個あたりの価格約187円
生産国日本
1位

Nittakuラージボール 44プラ 3スター

4,520円 (税込)

素材プラスチック
入り個数12個
1個あたりの価格約382円
生産国日本

おすすめ人気【ラージボール用】卓球ボールの比較一覧表

商品画像
1
Nittaku ラージボール 44プラ 3スター 1枚目

Nittaku

2
Nittaku ラージボール 2スター プラ44 1枚目

Nittaku

3
Nittaku プラ トップ ラージボール  1枚目

Nittaku

商品名

ラージボール 44プラ 3スター

ラージボール 2スター プラ44

プラ トップ ラージボール

特徴ラージボールの中で最も品質が良いのはNittaku3スター3スターより安価な2スター!打球感は快適120個入りのプラトップ球で思う存分練習を!
価格4,520円(税込)4,479円(税込)12,312円(税込)
素材プラスチックプラスチックプラスチック
入り個数12個24個120個
1個あたりの価格約382円約187円約103円
生産国日本日本日本
商品リンク

【レジャー用】卓球ボールのおすすめ人気ランキング3選

それでは最後にレジャー用のおすすめ卓球ボール3選をご紹介します。レジャー用ですので、ユニークなものと、本格的にラリーをやってみたいという方向けのもの2種類選んでいます。
3位
素材-
入り個数3個
1個あたりの価格約115円
生産国-
2位
素材セルロイド
入り個数2個
1個あたりの価格約199円
生産国
その他直径55mmのデカボール
1位

Nittaku ジャパントップトレ球

441円 (税込)

素材プラスチック
入り個数6個
1個あたりの価格約74円
生産国日本

おすすめ人気【レジャー用】卓球ボールの比較一覧表

商品画像
1
Nittaku  ジャパントップトレ球 1枚目

Nittaku

2
東方興産  55mm ピンポンボール 1枚目

東方興産

3
Kaiser 卓球 ボール  1枚目

Kaiser

商品名

ジャパントップトレ球

55mm ピンポンボール

卓球 ボール

特徴Nittakuのジャパントップトレ球は硬式卓球でも通じ...何と直径55mmのデカボール!卓球ゲームを楽しく彩る卓球ボール
価格441円(税込)398円(税込)345円(税込)
素材プラスチックセルロイド-
入り個数6個2個3個
1個あたりの価格約74円約199円約115円
生産国日本-
商品リンク

卓球ボールを持ち運ぶには専用ケースを!

卓球ボールの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに卓球ボールのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

今回はおすすめの卓球ボールを【硬式卓球】【ラージボール】【レジャー用】の3つに分けてご紹介しました。それぞれ目的によって選ぶべき卓球ボールは全く違っていましたね。卓球ボールはプラスチック製の指定を受け、安価なモノでははくなっています。自分に適したものを選んで無駄なく練習できるようにしましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す