1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. 【徹底比較】かき氷機のおすすめ人気ランキング13選
【徹底比較】かき氷機のおすすめ人気ランキング13選

【徹底比較】かき氷機のおすすめ人気ランキング13選

ひんやり冷たいかき氷を手軽に作れるかき氷機。最近ではお店のようなふわふわのかき氷を自宅で再現できる、高性能なかき氷機も注目を集めています。ひとくちにかき氷機といっても手動タイプ・電動タイプ・ハンディタイプと種類も豊富で、ドウシシャの製品や「ゆきゆき」などもあり、どの商品が本当にふわふわなかき氷を作れるのか気になりませんか?


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のかき氷機13商品を比較して、最もおすすめのかき氷機を決定したいと思います。


比較検証は以下の2点について行いました。

  1. くちどけの良さ
  2. 使いやすさ

果たしてどの商品が最もおすすめの商品なのでしょうか?かき氷機の選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年09月04日更新
  • 625,096 views

検証のポイント

売れ筋のかき氷機13商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • くちどけの良さ

    検証① くちどけの良さ

    まずはかき氷の要である食感、くちどけのよさを検証します。今回はミネラルウォーターで作った氷を使用して、削った氷の見た目と実際に試食したときの食感から総合的に氷のくちどけのよさを比較し、最もくちどけのよいものから最高評価としました。

  • 使いやすさ

    検証② 使いやすさ

    次にかき氷機の使いやすさを検証します。実際に全商品を使用して氷をセットして削り、後片付けをするまでの使いやすさを総合的に評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    かき氷機の選び方

    比較検証の前に、まずはかき氷機を選ぶ際に必ずチェックしておきたい4つのポイントをご紹介します。

    ① 電動式?手動式?使い方に合ったタイプを選ぶ

    かき氷機は氷を削る方法によって電動式と手動式のふたつのタイプに分けられます。それぞれの特徴を把握して、自分に適したタイプを選びましょう。

    電動式:手間なくたくさん作りたいときにぴったり。ワンタッチならよりお手軽

    電動式:手間なくたくさん作りたいときにぴったり。ワンタッチならよりお手軽
    電動式かき氷機のメリットは、とにかく簡単にかき氷が作れること。自分で削る必要がないので、たくさん作りたい場面でも疲れる心配がありません。

    そんな電動式のかき氷機のなかでもおすすめなのが、ワンタッチで氷が削れるタイプです。電動式のなかには、氷を入れたあとにフタを押し下げて動作させるものなどもありますが、ワンタッチならその手間も不要で、より簡単にかき氷を作ることができます。


    保管場所がないなら、コンパクトなハンディタイプの電動式かき氷機もおすすめです。

    手動式:作る過程が楽しめる。安定感のあるものがおすすめ

    手動式:作る過程が楽しめる。安定感のあるものがおすすめ
    かき氷の雰囲気を味わいたい方や、お子さんと一緒にかき氷を作りたい方には手動式かき氷機がおすすめです。レトロなデザインのものもあり、昔ながらのハンドルを回すかき氷機なら作る過程も楽しめますよ。

    手動式は氷さえあればどこでもかき氷を作れるのも魅力。軽量なものも多いので、キャンプなど屋外での使用にもぴったりです。


    そんな手動式かき氷機を選ぶときは、安定感のあるものを選ぶことがポイント。本体が軽いとガタガタと動いてしまうので、金属フレームや押さえられる持ち手があるかなどに注目して安定感をチェックしてみてくださいね。

    ② ふわふわ食感を楽しむなら、刃の角度が調整できるものを

    ふわふわ食感を楽しむなら、刃の角度が調整できるものを
    くちどけのよさや氷の食感は、刃の角度によって決まります。お店のようなふわふわ食感のかき氷が作りたい方や、気分によって食感が違うかき氷を楽しみたいという方は刃の角度を調整できるものを選びましょう。

    とくに人気の台湾風かき氷のような、ふわとろ食感のかき氷を作るなら、粗い・細かいなどの段階式ではなく、自由に刃の角度を調整できるものがおすすめです。

    ③ 食感にこだわるなら専用製氷カップつきがおすすめ

    食感にこだわるなら専用製氷カップつきがおすすめ
    かき氷機には、通常のバラ氷を使用するものと、専用の製氷カップで作った氷を使用するものがあります。食感にこだわりたい方は、平らな面を作れて薄く削りやすい専用の製氷カップが付属しているかき氷機がおすすめです。

    ただし、付属の製氷カップで作った氷以外には対応していない商品もあるので、いつでも気軽にかき氷を作りたいという方は、家庭で作るバラ氷も削れるかも要チェックです。


    ちなみに、製氷カップは1商品につき1~3個ほど付属しているものがほとんど。カップを個別に販売しているメーカーもあるので、たくさん作りたい方は付属品だけで容量が足りるかも確認しておきましょう。

    ④ 分解してお手入れできるものなら衛生的にも安心

    分解してお手入れできるものなら衛生的にも安心
    いつでも気軽においしいかき氷を作るために、できるだけ分解できるものを選びましょう。とくに電動式はパーツが多い商品もありますが、ハンディタイプなら分解も組み立ても比較的簡単です。

    砂糖が含まれるミルク氷や、果肉入りのフルーツ氷でかき氷を作る場合は、よりしっかりお手入れができるものを選んでおきたいですね。

    売れ筋の人気かき氷機全13商品を徹底比較!

    かき氷機の検証

    それではさっそく、Amazon・価格.com・楽天などで売れ筋上位のかき氷機全13商品をすべて集め、どれが最もおすすめのかき氷機なのかを検証していきます!


    上記のかき氷機の選び方のポイントを踏まえ、検証項目は以下の2項目としました。

    検証①:くちどけのよさ

    検証②:使いやすさ


    ※ランキング作成日:2019年6月17日

    今回検証した商品

    1. イーバランス|ROOMMATE ハンディかき氷器 アイスマジックIII
    2. ツインバード工業|フローズンスイーツメーカー
    3. デュオプロモーション|YukiYuki(ゆきゆき)2
    4. ドウシシャ|手動ふわ雪かき氷器
    5. ドウシシャ|とろ雪Wふわふわ電動かき氷器
    6. ドウシシャ|電動わた雪かき氷器
    7. ドウシシャ|電動ふわふわとろ雪かき氷器
    8. パール金属|氷屋さんシャリッとフワッと かき氷器
    9. パール金属|クールリッチ 電動ハンディかき氷器
    10. フカイ工業|電動かき氷器 ハンディタイプ
    11. ラドンナ|Toffy 電動かき氷器
    12. 山善|Mille Snow(ミルスノー)
    13. 貝印|本格かき氷器

    検証① くちどけの良さ

    くちどけの良さ

    まずはかき氷の要である食感、くちどけのよさを検証します。


    今回はミネラルウォーターで作った氷を使用して、削った氷の見た目と実際に試食したときの食感から総合的に氷のくちどけのよさを比較し、最もくちどけのよいものから最高評価としました。

    【検証結果ハイライト】ふわふわのかき氷を作るには、刃の切れ味も重要!

    【検証結果ハイライト】ふわふわのかき氷を作るには、刃の切れ味も重要!

    一般的には刃の角度調整ができなければふわふわのかき氷を作るのは難しいですが、貝印の本格かき氷器は刃の角度が調整できないながらも見事にふわふわなかき氷を作ることができました!


    貝印の本格かき氷器は、ほかの商品と比べて刃が大きいのが特徴です。刃物メーカーとして100年以上の歴史を持つ、貝印ならではの切れ味を実証する結果になりました。

    検証② 使いやすさ

    使いやすさ

    次にかき氷機の使いやすさを検証します。


    実際に全商品を使用して氷をセットして削り、後片付けをするまでの使いやすさを総合的に評価しました。

    【検証結果ハイライト】仕上がりにこだわらないならハンディタイプがおすすめ

    【検証結果ハイライト】仕上がりにこだわらないならハンディタイプがおすすめ

    今回検証した商品のなかでは、ハンディタイプのかき氷機がダントツで使いやすいということがわかりました。


    直感的に氷をセットしてワンタッチで操作できるうえに、バラ氷を使うことができるのでいつでも気軽にかき氷を作ることができます。また、本体を持ちあげて動かしながら氷を削ることができるので、簡単にきれいな山を作ることが可能です。


    ふわふわ食感のかき氷を作ることは難しいですが、とにかく手軽にかき氷を作りたい方や、シャリシャリのかき氷がお好みの方におすすめです。

    No.1
    ベストバイ・かき氷機

    ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器

    DTY-19

    9,980円(税込)

    総合評価

    4.50
    • くちどけのよさ: 5.0
    • 使いやすさ: 3.0

    これぞとろ雪!なめらかな口当たりの贅沢スイーツが楽しめる

    第1位に輝いたのはドウシシャの電動ふわふわとろ雪かき氷器!その名のとおり、ふわふわとろとろのかき氷をワンタッチで作ることができます。


    つまみが斜めについているので刃の角度も簡単に調整することができ、刃を寝かせて氷を削ると薄く滑らかな口当たりに。


    付属のハーフカップを使用して2種類の味の氷を同時に削れば、かき氷の認識が覆るようなとろとろコールドスイーツが楽しめます!


    また、従来のシリーズよりも器を置く部分が高くなり、器にふんわりときれいな山を作ることが可能になりました。内部パーツも分解可能なので、いつでも清潔な状態を保つことができます。mybestが自信を持っておすすめするベストバイかき氷機です!

    タイプ電動(コンセント)
    刃の角度調節の有無
    専用氷
    消費電力25W
    No.2

    デュオプロモーションYukiYuki(ゆきゆき)2

    総合評価

    4.50
    • くちどけのよさ: 5.0
    • 使いやすさ: 3.0

    まるで粉雪!きめ細かいサラサラふわふわのかき氷が手動で作れる

    人気かき氷機YukiYukiの最新シリーズYukiYuki2は、たくさん食べても頭がキーンとしないサラサラふわふわのかき氷を作ることができます。


    ほかのかき氷機から削り出される繊維質な氷ではなく、まるで粉雪のようにきめの細かい氷が作れます。シロップをかけて食べると、口の中で自然に溶けるほどくちどけがよいです!


    つまみが正面についているので、刃の角度調整も簡単。本体が軽く、耐久性がやや気になりますが、安定感があるデザインなのでしっかりと押さえればスムーズに削ることができますよ。

    タイプ手動
    刃の角度調節の有無
    専用氷
    消費電力-
    No.3

    貝印本格かき氷器

    DL7521

    5,994円(税込)

    総合評価

    4.00
    • くちどけのよさ: 4.5
    • 使いやすさ: 3.5

    こだわりの刃を採用した、おしゃれで高性能なかき氷機

    貝印の本格かき氷器は、刃の調整ができないながらも繊細で美しい薄削りな氷を削り出すことができます!


    製氷カップは二重構造になっており、ゆっくりと凍らせることによって透明度の高い氷を作ることができます。空気や塩素などの不純物を含まない透明な氷は口当たりもよく、ふんわりとした食感に。


    専用の製氷カップで作った氷は大きく、8本の爪がついたパーツと刃で挟み込むようにセッティングします。デザインや操作性はほかのかき氷器に比べてやや手間に感じられるかもしれませんが、そのぶんワンランク上の上品なかき氷を楽しむことができますよ。

    タイプ手動
    刃の角度調節の有無-
    専用氷
    消費電力-
    No.4

    ツインバード工業フローズンスイーツメーカー

    KI-DF85G

    3,941円(税込)

    総合評価

    4.00
    • くちどけのよさ: 4.0
    • 使いやすさ: 4.0

    ハンディタイプで選ぶならコレ!専用氷使用で食感もGood

    今回検証したハンディタイプのなかでは唯一製氷カップが付属しており、手軽にくちどけのよいかき氷を作ることができます。もちろんバラ氷も使用可能で、刃の調整も可能です。


    持ち手がくびれているため握りやすく、音も振動もそれほど気になりません。パーツの多さがやや難点ですが、分解可能なためお手入れが簡単なところもうれしいですね。


    ※現在取り扱いのない商品です。

    タイプ電動(コンセント)
    刃の角度調節の有無
    専用氷,バラ氷
    消費電力25W
    No.5

    ドウシシャとろ雪Wふわふわ電動かき氷器

    DTH-19

    5,991円(税込)

    総合評価

    3.50
    • くちどけのよさ: 4.0
    • 使いやすさ: 3.0

    スタンド・ハンディの2WAYでかき氷を余すことなく楽しめる

    一見、置き型のかき氷機ですが、上部を取り外せばハンディタイプとしても使用可能な優れもの。冷製パスタやカルパッチョなどお料理のアレンジにも、お皿の上にサッと移動させて使うことができます。


    機能性だけでなく仕上がりも平均以上。刃の角度調整はやや難しいものの、ふわふわなかき氷も食べ応えのあるかき氷も作ることができます。

    タイプ電動(コンセント)
    刃の角度調節の有無
    専用氷
    消費電力25W
    No.6

    山善Mille Snow(ミルスノー)

    YSIA-F25

    8,000円(税込)

    総合評価

    3.50
    • くちどけのよさ: 4.0
    • 使いやすさ: 3.0

    仕上がりはよいものの、使いやすさがイマイチで順位が伸びず

    器にきれいなかき氷の山を作ることは難しいですが、パッと見てもわかるような、薄削りで繊維質な氷を削り出すことができます。


    仕上がりのよさを差し置いても順位が伸びなかった理由は使いにくさ。取っ手がついている部分が開くのかと思いきや、本体が半分から丸ごと外れる構造になっています。刃の調整も難しく、最初から刃を寝かせると空回るのは必至です。

    タイプ電動(コンセント)
    刃の角度調節の有無
    専用氷
    消費電力25W
    No.7

    ドウシシャ手動ふわ雪かき氷器

    IS-FY-19

    4,370円(税込)

    総合評価

    3.00
    • くちどけのよさ: 3.0
    • 使いやすさ: 3.0

    基本的には細かいが、ところどころ粗さを感じる仕上がり

    ハンディタイプに比べるとかなり細かい氷になりますが、ところどころに氷の粗さを感じ、均一な口当たりではありませんでした。


    氷をセットしたあとにフタを閉めますが、氷を押さえつけるためのバネが強いため、力を入れて押し込む必要があります。全体的に軽く、削っているときは本体をしっかりと押さえなければいけません。

    タイプ手動
    刃の角度調節の有無
    専用氷,バラ氷
    消費電力-
    No.8

    ドウシシャ電動わた雪かき氷器

    DSHH-19

    8,493円(税込)

    総合評価

    3.00
    • くちどけのよさ: 3.0
    • 使いやすさ: 2.0

    粗いわけではないが、ヒーター機能搭載を実感できず

    くちどけのよいかき氷を作るため、氷を内蔵ヒーターで温めながら削るという高性能なかき氷機ですが、今回の検証では効果をあまり実感できませんでした。仕上がりは平均的なくちどけのよさです。


    高性能なだけに、初めて使う場合は直感的に操作するのはやや困難。刃の角度調整も難しく、なめらかに削ろうと刃を寝かせすぎると空回りしてしまいます。金属部分が多いのでしっかりお手入れしましょう。

    タイプ電動(コンセント)
    刃の角度調節の有無
    専用氷
    消費電力115W
    No.9

    パール金属氷屋さんシャリッとフワッと かき氷器

    D-1333

    4,129円(税込)

    総合評価

    3.00
    • くちどけのよさ: 3.0
    • 使いやすさ: 4.0

    平均的な性能のかき氷機。安定感があり使い勝手は高評価

    刃の角度は2段階調整が可能で食感の変化も感じられますが、細かく削れる角度ではもう少しふわふわに削りたいところ。仕上がりは平均レベルでした。


    氷ではなく刃が回転するため山のように器に盛ることはできませんが、フレームが金属で作られていて適度な重量があり、削っているときの安定感は抜群。小さな子どもでも楽しく使うことができるかき氷機です。

    タイプ手動
    刃の角度調節の有無
    専用氷,バラ氷
    消費電力-
    No.10

    フカイ工業電動かき氷器 ハンディタイプ

    FI-2016

    3,520円(税込)

    総合評価

    2.50
    • くちどけのよさ: 2.0
    • 使いやすさ: 4.0

    バラ氷にしては細かい仕上がりだが…。持ちやすいデザインはGood

    本体を動かしながら削るときれいな山を作ることができ、ハンディタイプのバラ氷にしては細かい仕上がりですが、やはり口どけはよいとはいえません。


    こちらも直感的に組み立てて使用でき、ハンディタイプのなかでは一番軽量かつスリムなデザインのため片手でも使いやすいです。ただし、氷が勢いよく削れて飛び散るので、大きめの器を用意することをおすすめします。

    タイプ電動(コンセント)
    刃の角度調節の有無-
    バラ氷
    消費電力25W
    No.11

    ラドンナToffy 電動かき氷器

    K-IS2-RB

    総合評価

    2.00
    • くちどけのよさ: 2.0
    • 使いやすさ: 2.0

    2WAYの意味なし?ふわふわとはいいがたい結果に

    バラ氷と専用の製氷カップで作った氷のどちらでも削ることができ、刃の角度は2段階調整が可能です。今回は専用の製氷カップで作った氷を使ってふわふわに仕上がる角度で削りましたが、イメージしていたふわふわのかき氷は作ることができませんでした。


    氷をセットして上部を押し下げなければ動作せず、削っている間は力が必要になります。削っている最中に氷が薄くなってくると空回りしてしまうので、使い勝手もよいとはいえません。

    タイプ電動(コンセント)
    刃の角度調節の有無
    専用氷,バラ氷
    消費電力35W
    No.12

    パール金属クールリッチ 電動ハンディかき氷器

    D-1348

    2,981円(税込)

    総合評価

    1.50
    • くちどけのよさ: 1.0
    • 使いやすさ: 3.0

    バラ氷らしい仕上がり。一度にかき氷を作れる量は少ない

    こちらもかなり粗い仕上がりで、ガリガリと食べ応えのあるかき氷になります。


    本体の構造自体はシンプルで直感的に使用することはできますが、ほかのハンディタイプに比べて氷のセット部分がやや狭く、一度に削れる量は少なめでした。

    タイプ電動(コンセント)
    刃の角度調節の有無-
    バラ氷
    消費電力23W
    No.13

    イーバランスROOMMATE ハンディかき氷器 アイスマジックIII

    EB-RM16A

    3,545円(税込)

    総合評価

    1.00
    • くちどけのよさ: 1.0
    • 使いやすさ: 1.0

    刃の調整は無意味?どちらもジャリジャリのかき氷に

    ハンディタイプのなかでは唯一刃の角度の調整ができるものの、表示がないためどちらが粗いのか細かいのかわからず、いざ削ってみるとどちらの角度で削ってもジャリジャリしてしまう結果に。


    電動式でワンタッチ操作は可能ですが、刃が空回ってしまいなかなかスムーズに削ることができませんでした。本体も太く、片手では使いにくいです。


    バラ氷が使えるのはうれしいですが、氷を入れる上限の表示もありませんでした。氷が多すぎると削ることができないのでご注意ください。

    タイプ電動(コンセント)
    刃の角度調節の有無
    バラ氷
    消費電力23W

    人気かき氷機の検証結果比較表

    ふわふわのかき氷を作るコツ

    ふわふわのかき氷を作るコツ
    ふわふわのかき氷を作るコツは、氷の作り方と削る前に氷を少し溶かすことです。

    まず、氷は水道水ではなく軟水のミネラルウォーターで作りましょう。カルキなどの不純物が含まれている水道水よりも、口当たりのよい氷を作ることができます。さらに水の量に対して1割程度の砂糖を加えると、より口当たりのよい氷になります。


    そして、でき上がった氷はすぐに削るのではなく、冷凍庫から取り出したあとに少し温めてから削るのがおすすめです。室温でも電子レンジでもOK。冷凍庫から取り出したばかりの白い表面ではなく、表面が溶けて透明になった頃がベストタイミングです。


    このようなコツでふわふわなかき氷を作ることができます。ぜひお試しくださいね!

    かき氷をアレンジして、さらにおいしく!

    かき氷をアレンジして、さらにおいしく!
    かき氷機で楽しめるのは、かき氷だけではありません。削った氷をお好みのジュースやアイスコーヒーの上に乗せれば、シャリっとした食感のコールドドリンクを作ることができます。

    凍らせたミルクやジュースをかき氷機で削れば、いつもとは一味違った贅沢なスイーツを味わうこともできます。ただし、糖分が含まれた氷を使用したあとは雑菌も繁殖しやすく、かき氷機のベタつきの原因になります。しっかり洗って乾かすようにしましょう。


    また、デザート以外にも冷製パスタやサラダ、カルパッチョといった料理に乗せることで、いつもと違う食感のメニューを楽しめます。


    片手で扱えるハンディタイプのかき氷機なら、お皿の上にサッと削った氷をかけられるので便利ですよ。

    かき氷に欠かせないシロップもあわせてチェック!

    こちらの記事ではかき氷に合わせたいおすすめのシロップを紹介しています。自宅でおいしいかき氷を作りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

    かき氷機の売れ筋ランキングもチェック!

    まとめ

    今回は売れ筋のかき氷機13商品を徹底検証しました!

    実際に使ってみて、食べ応えのある食感のかき氷を作れるものから、今までに味わったことのないふわふわのかき氷が作れるものまで、商品によってかき氷の仕上がりに大きな違いがあったので驚きました。


    レシピのバリエーションを増やせば夏だけでなくオールシーズン楽しむことができるので、ぜひ記事を参考にのかき氷機を見つけてくださいね!


    検証・文:市山佳乃、写真:稲垣佑季・三浦晃一・岩上紗亜耶

    ランキング作成日:2019年6月14日

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す