1. TOP
  2. >
  3. カメラ
  4. >
  5. レンズフィルター
  6. >
  7. レンズフィルターのおすすめ人気ランキング10選【しっかりプロテクト!】
  • レンズフィルターのおすすめ人気ランキング10選【しっかりプロテクト!】のアイキャッチ画像1枚目
  • レンズフィルターのおすすめ人気ランキング10選【しっかりプロテクト!】のアイキャッチ画像2枚目
  • レンズフィルターのおすすめ人気ランキング10選【しっかりプロテクト!】のアイキャッチ画像3枚目
  • レンズフィルターのおすすめ人気ランキング10選【しっかりプロテクト!】のアイキャッチ画像4枚目
  • レンズフィルターのおすすめ人気ランキング10選【しっかりプロテクト!】のアイキャッチ画像5枚目

レンズフィルターのおすすめ人気ランキング10選【しっかりプロテクト!】

一眼レフのカメラレンズに取り付けて、レンズを傷や汚れから守るのが「レンズフィルター」。プロテクト用のほか、撮影効果を加えるPLフィルター・NDフィルターなど、さまざまなタイプが販売されています。レンズ口径・枠の厚さ・透過率などメーカーによって違うため、初心者にとっては選ぶのが難しいアイテムです。

そこで今回は、レンズフィルターの選び方を解説し、さらにおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。人気メーカーのフィルターも多数登場しますよ。愛用するレンズを保護し、表現の幅を広げてくれる大切なアクセサリーですので、ぜひチェックしてくださいね!

この記事に登場する専門家

takahiro
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 40,214  views
目次

レンズフィルターの必要性

レンズフィルターの必要性

出典:amazon.co.jp

一眼レフのレンズは高価なアイテム。カメラ愛好家の中には、数十万円クラスの高級レンズを使っている人もいることでしょう。レンズに傷がつくと修復は不可能なので、扱いは慎重に行わなければなりません。

レンズフィルターは、そんなデリケートなレンズを傷から守り、破損のリスクを減らす心強い味方です。透過率が高いフィルターを選べば、十分高画質な写真撮影が可能。大切なカメラレンズを保護するためにも、なるべく品質のいいフィルターを選ぶようにしましょう。

レンズフィルターの選び方

レンズフィルターを選ぶときは、サイズ(口径)・透過率・タイプの違いなどについて、ある程度の知識が必要です。以下の解説を参考に、あなたのカメラにぴったりなものを見つけましょう。

まずは「口径」と「取り付け方法」をチェック

まずは「口径」と「取り付け方法」をチェック

レンズフィルターは、お手持ちのカメラレンズ口径に合うものを選びましょう。カメラに「ø58mm」と書かれていれば、58mmのフィルターを購入すればOKです。


取り付け方は、ほとんどが回して固定するだけの「ネジ式」ですが、中には専用ホルダーを使って取付ける「ホルダー式」もあります。ホルダー式は扱いがやや難しいので、手間をかけたくない方にはネジ式がおすすめです。

フィルターの厚みは3種類。レンズの種類に合わせて

フィルターの厚みは3種類。レンズの種類に合わせて

レンズフィルターには、通常枠・薄枠・極薄枠と、3種類の厚みがあります。標準レンズや望遠レンズに取付けるのならば通常枠や薄枠で構いません


注意が必要なのは、実焦点距離28mm以下の広角レンズ。フィルター枠が移り込んでしまう「ケラレ」がおこることがあります。これを防ぐため、実焦点距離28mm以下の広角レンズにつけるなら極薄枠を選ぶようにしましょう。

「高透過率(低面反射率)」なものなら画質を落とさず撮影できる

「高透過率(低面反射率)」なものなら画質を落とさず撮影できる
レンズフィルターを装着したままで画質を落さずに撮影したいなら、「透過率」に注目しましょう。数値が高いものほど、ゴーストやフレアといった画質劣化がおこりにくく、フィルター越しであることを感じさせない写真撮影ができます。

透過率を高めるため、反射防止コートが施されたフィルターも多く、こうしたタイプは「面反射率」が記載されています。0.5が主流となっていますが、より反射を抑えた0.3以下のタイプも。反射率が低くなるほど価格は高価となりますので、予算に合わせて選びましょう。

撥水・撥油性があればメンテナンスもしやすい

撥水・撥油性があればメンテナンスもしやすい
なるべく、撥水性・撥油性の高いレンズフィルターを選びましょう。撥水性があればフィルターのガラス面に水滴が付着しにくくなり、雨天時でも美しい写真撮影ができます

また撥油性があるものは指紋の付着を防止してくれますので、フィルター交換などでガラス面に触れてしまっても、簡単に拭き取ることができます。そのほかの汚れも付着しにくいので、メンテナンスが簡単になりますよ。

撮影効果アップ!フィルターの種類で選ぶ

カメラレンズには、上記でご紹介した保護(プロテクト)用のほか、さまざまな撮影効果を加えられるものもあります。主なタイプをご紹介しますので、どんな写真撮影がしたいのかイメージしながら選んでみてください。

最適な光量に調節する「ND(減光)フィルター」

最適な光量に調節する「ND(減光)フィルター」

出典:amazon.co.jp

画質の色調を変えることなく、光量だけを調節できるのが「ND(減光)フィルター」です。例えば、滝や川の流れを写す際、これらのフィルターを使用すれば絹糸や霧状に撮影することが可能。水辺や乗り物の流し撮りなど、動きのあるものを撮影するには最適でしょう。


「ND」の後に続く数字は、入射する光量を何分の一に減らせるかを表します。ND4なら光量4分の1、ND2なら光量2分の1になりますので、いくつかの種類を揃えて、撮影場所に合わせて使い分けると良いでしょう。

光の反射をコントロールする「PL(偏光)フィルター」

光の反射をコントロールする「PL(偏光)フィルター」

出典:amazon.co.jp

水面やショーウィンドウなど、光の反射でテカりが目立ちやすいスポットには、「PL(偏光)フィルター」がおすすめ。フィルターを回転させて偏光を抑えることができ、より澄んだ写真を撮影できます。

空気中のチリやホコリによって青空が白っぽく映ってしまうときも、PLフィルターを通せば青空は抜けるような青さに。海の青さも一層映えるので、風景撮影するならぜひ持っておきたいフィルターです。

紫外線による影響を受けにくくする「UVカットフィルター」

紫外線による影響を受けにくくする「UVカットフィルター」

出典:amazon.co.jp

「UVカットフィルター」は、遠景撮影が多い方におすすめです。紫外線の強い時期、遠くの風景が青くかすんだように映ってしまうことがありますが、UVカットフィルターを使えばこの現象を抑えることができます。

紫外線除去と色補正効果をあわせ持った「スカイライトフィルター」も便利。こちらは晴天時の撮影が多い方におすすめです。

プロのおすすめするレンズフィルター

まずはランキングの前に、プロの愛用するレンズフィルターをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、用途に合わせて選んでくださいね。

専門家の
マイベスト

レンズフィルターの人気ランキング10選

ここからは、レンズフィルターのおすすめ商品を人気ランキングでご紹介していきます。これから購入を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

10位
口径ラインナップ52mm~82mm
取り付け方法ネジ式
厚み薄枠
透過率(面反射率)透過率99.6%
撥水性/撥油性〇/×
フィルターの種類NDフィルター
9位
口径ラインナップ58mm
取り付け方法ネジ式
厚み薄枠
透過率(面反射率)面反射率0.3%
撥水性/撥油性〇/×
フィルターの種類プロテクト用
8位
口径ラインナップ40.5mm~95mm
取り付け方法ネジ式
厚み通常枠
透過率(面反射率)記載なし
撥水性/撥油性×/×
フィルターの種類プロテクト用
7位
口径ラインナップ49mm~77mm
取り付け方法ネジ式
厚み薄枠
透過率(面反射率)透過率99%
撥水性/撥油性×/×
フィルターの種類UVレンズフィルター
6位
口径ラインナップアダプターリング:49~82mm(フィルターサイズ:83mm×95mm)
取り付け方法ホルダー式
厚み-
透過率(面反射率)記載なし
撥水性/撥油性×/×
フィルターの種類NDフィルター
5位

ニコンイメージングジャパンARCREST PROTECTION FILTER レンズ保護用

AR-PF77

9,881円 (税込)

口径ラインナップ67mm~95mm
取り付け方法ネジ式
厚み通常枠
透過率(面反射率)片面反射率約0.1%
撥水性/撥油性〇/〇
フィルターの種類プロテクト用
4位

ハクバ写真産業レンズフィルター 保護用 MCレンズガード

CF-LG58

1,360円 (税込)

口径ラインナップ58mm
取り付け方法ネジ式
厚み通常枠
透過率(面反射率)面反射率1.5%
撥水性/撥油性×/×
フィルターの種類プロテクト用
3位

XCSOURCE減光フィルター 可変式NDフィルター ケース付き

LF304

1,580円 (税込)

口径ラインナップ52mm~77mm
取り付け方法ネジ式
厚み通常枠
透過率(面反射率)記載なし
撥水性/撥油性×/×
フィルターの種類NDフィルター
2位
口径ラインナップ37mm~82mm
取り付け方法ネジ式
厚み薄枠
透過率(面反射率)面反射率0.5%
撥水性/撥油性×/×
フィルターの種類プロテクト用
1位

ケンコー・トキナーカメラ用フィルター MC プロテクター NEO

725801

1,386円 (税込)

口径ラインナップ37mm~112mm
取り付け方法ネジ式
厚み通常枠
透過率(面反射率)面反射率1%
撥水性/撥油性×/×
フィルターの種類プロテクト用

人気 レンズフィルターの比較一覧表

商品画像
1
レンズフィルター ケンコー・トキナー カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 1枚目

ケンコー・トキナー

2
レンズフィルター ケンコー・トキナー カメラ用フィルター PRO1D  1枚目

ケンコー・トキナー

3
レンズフィルター XCSOURCE 減光フィルター 可変式NDフィルター ケース付き 1枚目

XCSOURCE

4
レンズフィルター ハクバ写真産業 レンズフィルター 保護用 MCレンズガード  1枚目

ハクバ写真産業

5
レンズフィルター ニコンイメージングジャパン ARCREST PROTECTION FILTER レンズ保護用 1枚目

ニコンイメージングジャパン

6
レンズフィルター RANGERS 四角形フィルターセット  1枚目

RANGERS

7
レンズフィルター waka レンズフィルター MC UV フィルター 1枚目

waka

8
レンズフィルター ニコン ニュートラルカラーフィルターNC 1枚目

ニコン

9
レンズフィルター ハクバ写真産業 レンズフィルター XC-PRO   1枚目

ハクバ写真産業

10
レンズフィルター Shenzhen Zhuoer Photograph NDフィルター 1枚目

Shenzhen Zhuoer Photograph

商品名

カメラ用フィルター MC プロテクター NEO

カメラ用フィルター PRO1D

減光フィルター 可変式NDフィルター ケース付き

レンズフィルター 保護用 MCレンズガード

ARCREST PROTECTION FILTER レンズ保護用

四角形フィルターセット

レンズフィルター MC UV フィルター

ニュートラルカラーフィルターNC

レンズフィルター XC-PRO

NDフィルター

特徴幅広い口径から選べる!レンズキャップフードも取り付け可能シェアナンバーワンのケンコー製。低価格ながら高品質1枚でND2~400まで調節可能な可変式フィルターコスパ抜群、入門用にもぴったり超低反射!撥水・撥油性もばっちりで1つあると安心光量を自在に調節できるホルダー式フィルターセット遠くの風景も美しく撮影。紫外線が多いときにニコン純正品だから安心、高価なレンズの保護に国産メーカーで安心の品質流し撮りや水辺の撮影が多い方に
最安値
1,386
送料要確認
詳細を見る
1,650
送料要確認
詳細を見る
1,580
送料無料
詳細を見る
1,360
送料別
詳細を見る
9,881
送料無料
詳細を見る
2,430
送料無料
詳細を見る
899
送料無料
詳細を見る
1,423
送料無料
詳細を見る
2,206
送料要確認
詳細を見る
5,920
送料無料
詳細を見る
口径ラインナップ37mm~112mm37mm~82mm52mm~77mm58mm67mm~95mmアダプターリング:49~82mm(フィルターサイズ:83mm×95mm)49mm~77mm40.5mm~95mm58mm52mm~82mm
取り付け方法ネジ式ネジ式ネジ式ネジ式ネジ式ホルダー式ネジ式ネジ式ネジ式ネジ式
厚み通常枠薄枠通常枠通常枠通常枠-薄枠通常枠薄枠薄枠
透過率(面反射率)面反射率1%面反射率0.5%記載なし面反射率1.5%片面反射率約0.1%記載なし透過率99%記載なし面反射率0.3%透過率99.6%
撥水性/撥油性×/××/××/××/×〇/〇×/××/××/×〇/×〇/×
フィルターの種類プロテクト用プロテクト用NDフィルタープロテクト用プロテクト用NDフィルターUVレンズフィルタープロテクト用プロテクト用NDフィルター
商品リンク

もっとカメラを楽しむならこちらもおすすめ

写真にこだわるのなら、コンバージョンレンズや接写リング、レンズフードなどもこだわって選びましょう。どれも写真をワンランクアップさせてくれるアイテムです。またレンズフィルターの携帯には専用ケースが便利。以下の記事も参考にお気に入りをゲットしてください!

レンズフィルターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、レンズフィルターのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下からご確認ください。

まとめ

レンズフィルターのおすすめ商品、いかがだったでしょうか。一眼カメラにおいてレンズはボディよりも大切。カメラやレンズを新調するときは、フィルターも一緒に購入するのが基本です。

今回ご紹介した選び方やランキングを参考に、自分にぴったりなレンズフィルターを見つけて、カメラライフを楽しんでくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す