1. TOP
  2. >
  3. カメラ
  4. >
  5. その他カメラ関連製品
  6. >
  7. 接写リングのおすすめ人気ランキング7選
  • 接写リングのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 接写リングのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 接写リングのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 接写リングのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 接写リングのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

接写リングのおすすめ人気ランキング7選

一眼カメラを持っているみなさんは、マクロレンズを持っていますか?色々とデジタルカメラで撮影をしていると、もうちょっと違う写真を取りたいなと思うときがありますよね。そのような時にマクロレンズを使用して、いつもと同じ被写体でも全く違うように撮影をしたりすると、カメラライフが楽しくなります。

しかしマクロレンズは高価な製品が多く、なかなか手を出しにくいので、マクロ撮影をしたいけどずっと出来ていないという人もいると思います。そこでおすすめなのが、ニコン・キャノンなどからセットも出ている、接写リングというアイテムです。接写リングを使うと、マクロレンズ以外のレンズでもマクロ撮影ができるようになります。そんな便利な接写リングの中から、おすすめの商品をランキング形式でご紹介したいと思います。
  • 最終更新日:2020年06月30日
  • 10,043  views
目次

接写リングとは

接写リングとは
通常カメラでマクロ撮影をする場合は、近くまで近寄れるマクロレンズを使用するのが普通ですが、「マクロレンズはあまり使わないし、その使用頻度が低いレンズに数万円を使うのはちょっと…」と購入を悩む人はかなりいると思います。でも通常のレンズのみだと近寄ることができないので、被写体をダイナミックに写した写真を撮ることができません。

しかし、そんな時に接写リングを使うとマクロレンズ以外でもマクロ撮影ができるようになります。レンズとボディの間に接写リングを挟むことでピントの合う位置を調節し、普通のレンズでもマクロ撮影の用に近接撮影ができるようになるという仕組みです。

接写リングは安いものでは2,000円台、高いものでも3万台なので、一般的なマクロレンズと比較すると半分〜10分の1以下の価格で購入することができます。現在持っているレンズを上手く流用してマクロ撮影を楽しみたいという人にはうってつけのアイテムとなります。

接写リングの選び方

接写リングにはただマクロ撮影ができるだけのものから高機能なものなど種類が多くあります。そこでランキングをご紹介する前に、接写リングの選び方について解説したいと思います。

オートフォーカスに対応しているものを選ぶ

オートフォーカスに対応しているものを選ぶ
接写リングには、装着するとカメラのオートフォーカスが使えなくなり、マニュアルフォーカスのみになってしまうものもあります。普段からマニュアルフォーカスで撮影に慣れている方なら問題ないでしょうが、オートフォーカスを使えるほうが初心者にも扱いやすく、撮影テンポも変わらないため、オートフォーカス対応の接写リングをおすすめします。

TTL露出計に対応しているものを選ぶ

TTL露出計に対応しているものを選ぶ
このTTL露出計というのは、カメラに内蔵されている露出計のことです。この機能が働くことによって、レンズから入ってきた光の強さに応じてカメラが適正な露出を設定してくれるので、オート撮影などが行えるようになります。TTL露出計に対応してない接写リングを使うと、露出設定を完全にマニュアルで設定する必要があります。

露出のマニュアル設定はフォーカスの設定と比べて難しいため、玄人の方以外はTTL露出計に対応している商品を選びましょう。

接写リングの厚さ(倍率)で選ぶ

接写リングの厚さ(倍率)で選ぶ
接写リングはリングの厚さによって倍率が変わります。倍率が変わるとピントの合う位置が変化するため、同じレンズでもアップで撮りたいのか、少し引いた位置で撮りたいのかという選択ができることになります。

接写リングには一つの倍率のみの商品と、複数の倍率がセットになっている商品があります。接写リングは複数の接写リングを組み合わせて倍率を調節することもできるので、購入を検討する際は接写リングが2個〜3個のセットのものを選ぶと、様々な撮影を楽しむことができるでしょう。

接写リングのおすすめ人気ランキング7選

それでは、上記のポイントを踏まえた上で、接写リングのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します!なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月22日時点)をもとにして順位付けしています。

7位

デジカメ用品店 マクロエクステンションチューブ キヤノンEOS Mマウント用

4,980円 (税込)

オートフォーカス対応
TTL露出計対応
6位
オートフォーカス対応
TTL露出計対応
5位
オートフォーカス対応
TTL露出計対応-
4位

NEXT DOOR マクロエクステンションチューブ Sony NEXシリーズ

1,998円 (税込)

オートフォーカス対応
TTL露出計対応-
3位

NEXT DOOR Canon EosM用 オートフォーカス対応マクロエクステンションチューブ

3,998円 (税込)

オートフォーカス対応
TTL露出計対応-
2位
接写リング Viltrox 接写リング エクステンションチューブ 1枚目
出典:amazon.co.jp

Viltrox接写リング エクステンションチューブ

4,850円 (税込)

オートフォーカス対応
TTL露出計対応
1位
接写リング Viltrox エクステンションチューブ 接写リングセット 1枚目
出典:amazon.co.jp

Viltroxエクステンションチューブ 接写リングセット

DG-C

4,850円 (税込)

オートフォーカス対応
TTL露出計対応

人気接写リングの比較一覧表

商品画像
1
接写リング Viltrox エクステンションチューブ 接写リングセット 1枚目

Viltrox

2
接写リング Viltrox 接写リング エクステンションチューブ 1枚目

Viltrox

3
接写リング NEXT DOOR  Canon EosM用 オートフォーカス対応マクロエクステンションチューブ 1枚目

NEXT DOOR

4
接写リング NEXT DOOR  マクロエクステンションチューブ Sony NEXシリーズ 1枚目

NEXT DOOR

5
接写リング Meike クローズアップリング フルメタル素材 1枚目

Meike

6
接写リング Nikon 接写リング 1枚目

Nikon

7
接写リング デジカメ用品店  マクロエクステンションチューブ キヤノンEOS Mマウント用 1枚目

デジカメ用品店

商品名

エクステンションチューブ 接写リングセット

接写リング エクステンションチューブ

Canon EosM用 オートフォーカス対応マクロエクステンションチューブ

マクロエクステンションチューブ Sony NEXシリーズ

クローズアップリング フルメタル素材

接写リング

マクロエクステンションチューブ キヤノンEOS Mマウント用

特徴7種類もの組み合わせパターンがある。納得がいくまで撮り...艶消し仕様で光の反射が少ない。小さな被写体をきれいに撮影耐用性の高い金属を採用。いろいろなレンズを使い分ける方に3種類の接写リングがセットに。組み合わせて拡大率を調整できる丈夫なアルミボディーの接写リングをお求めの方に1つのレンズで7種類の伸長で撮影が可能なレンズ3つの露出モードから選択可能。昆虫や花の接写ショットが簡単に
最安値
4,850
送料無料
詳細を見る
4,850
送料要確認
詳細を見る
3,998
送料要確認
詳細を見る
1,998
送料要確認
詳細を見る
3,375
送料無料
詳細を見る
5,373
送料無料
詳細を見る
4,980
送料要確認
詳細を見る
オートフォーカス対応
TTL露出計対応---
商品リンク

接写リングを使う際の注意点

接写リングを使う際の注意点
接写リングを使う上での注意点は、装着すると強制的にレンズの焦点距離が変更されるため、通常の焦点距離の撮影ではピントが合わなくなるという点です。そのため、接写リングを使う時はマクロ撮影のみとなり、もしそれ以外の写真を取りたい時は接写リングを外して通常通りにレンズを装着するか、違うレンズを使う必要があります。

まとめ

接写リングのおすすめ人気ランキングはいかがだったでしょうか?接写リングは、マクロレンズを使わなくても、花や虫などを顕微鏡の世界のように映し出してくれる非常に便利なカメラグッズです。気になった人はぜひこの記事を参考にチェックしてみてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す