カメラストラップのおすすめ人気ランキング10選【ショルダータイプ・ネックタイプ】

写真撮影に欠かせないアクセサリーである「カメラストラップ」。首や肩にかけておくことで、カメラを落として破損してしまう事故を防ぎます。しかし、いざ選ぶとなると、ひも状のネックストラップと、太いベルト状のショルダータイプでは、どちらを選んだらいいか?また、ニコンやハクバなど有名メーカーから、いろいろな種類が出ているので、どれにしようか迷ってしまいますよね。

そこで今回はカメラストラップの選び方と、おすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介します。コンパクトか、一眼レフかでも、最適なタイプが変わってきます。おしゃれなコットン素材から、速写に優れたプロ仕様のストラップまで登場するので、ぴったりの商品でベストショットを狙いましょう。
  • 最終更新日:2018年07月05日
  • 85  views
目次

カメラストラップの選び方

まずは、カメラストラップの選び方についての紹介です。使用しているカメラによってピッタリなカメラストラップは異なります。選び方を参考に使いやすいものを見つけてくださいね。

カメラの重量にあわせてタイプを決めよう

カメラストラップは長さによって、体に掛ける部分が違い、「ネックストラップ」と「ショルダーストラップ」に分けることができます。どんなカメラを使うのか考えて、選んでいきましょう。

小型のカメラには、スマートな『ネックストラップ』がおすすめ

コンパクトデジカメを使うなら、邪魔にならない「ネックストラップ」がおすすめです。首から下げて使用するタイプで、気軽に身につけられ、バックに収納しても場所をとりません。幅が細いものが多いので重いカメラには向きませんが、軽くて小さなカメラなら、それほど負担にはならないでしょう。散歩しながら、気負わず首にぶら下げて、のんびりスナップ写真を撮るのにぴったりですね。価格が手ごろなのも魅力です。

最近では、ミラーレス一眼でもかなり小型軽量化が進んでいるので、仰々しいストラップが苦手、という方にも最適です。その場合はなるべく重さに耐えられる幅のあるものを選びましょう。ただし、このタイプには長さ調整できないものもあるので気をつけてくださいね。理想の長さは、首にかけた時に、へそよりやや上にカメラがくるくらい。長すぎると、移動中にカメラが揺れて邪魔になってしまいますよ。

重量のある一眼レフは『ショルダーストラップ』で安定感抜群!

一眼レフカメラで本格的な撮影をする方には、「ショルダーストラップ」が最適です。肩に斜めがけすることで、カメラが体に密着して安定感があり、ぶれずに構えやすくなっています。また、広めのベルト幅が重さを分散させ、クッションのある肩当てもついているため、重量のある一眼レフカメラを長時間扱っても、疲れにくいのがポイント。

運動会の撮影など、長時間カメラを持って機敏に撮影したい時にも活躍しますよ。夢中になってしゃがんでも、カメラが地面に落ちにくく、うっかりぶつかって壊れてしまうアクシデントを防げます。ストラップの長さが調節できるため、ネックストラップとしても使えます。

ショルダータイプでは、長さ調整の素早さも重要なポイント

ショルダータイプから選ぶなら、ベルトの長さの調整のしやすさも、重要なポイント。運動会など、大切なシャッターチャンスを逃したくない!という方は、「速写ストラップ」と呼ばれているタイプを選ぶと便利ですよ。ワンタッチで長さを調節することができ、すぐに撮影体勢に持ち込めるので、機動性抜群!

撮影後はストラップを短くして、カメラを体に密着させれば、アクティブに動き回っても邪魔になりません。他のストラップと比べると高価になりますが、使い勝手が良いので、写真の腕があがりそうですね。

互換性はある?取り付け部分は必ず確認を!

ストラップを選ぶ前にカメラのストラップ取り付け部分を確認しておきましょう。せっかくカメラストラップを購入しても、カメラに合わず取り付けできなかった、なんてことも。また、ストラップの取り付け部分は、テープタイプとリングタイプの2種類があります。お手持ちのカメラにストラップが取り付け出来るかを、よく確認してから購入するようにしてください。

カメラストラップ(ネックタイプ)の人気ランキング5選

それでは、カメラストラップの人気商品をご紹介します。まずは、コンパクトデジタルカメラやミラーレス一眼といった小型のカメラに最適なネックストラップタイプのご紹介です。

ETSUMI(エツミ)ストラップ アレグロ ミラーレス一眼用

E-6436

719円 (税込)

長さ119~133cm
1.8cm
速写機能
耐荷重

LOAS(ロアス)ネックストラップ コンパクト用L

DCA-035DGY

468円 (税込)

長さ60cm
2.4cm
速写機能
耐荷重4kg以下

PeakDesign(ピークデザイン)リーシュ カメラストラップ

L-BL-3

5,240円 (税込)

長さ83~145cm
1.9cm
速写機能
耐荷重約90kg(アンカー)

RALLOC(ラロック)組紐タイプ ネックストラップ

1,944円 (税込)

長さ約110cm(ロープの長さ 約55cm)
約0.8cm
速写機能
耐荷重

Nikon(ニコン)ネックストラップ コンパクト用 シンプル

AN-CP23

713円 (税込)

長さ約100cm
約1cm
速写機能
耐荷重

人気カメラストラップ(ネックタイプ)の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格長さ速写機能耐荷重商品リンク
1

Nikon(ニコン)

ネックストラップ コンパクト用 シンプル

シンプルで使いやすい人気商品713円(税込)約100cm約1cm詳細を見る
2

RALLOC(ラロック)

組紐タイプ ネックストラップ

使いやすさとデザイン性の高さを兼ね備え...1,944円(税込)約110cm(ロープの長さ 約55cm)約0.8cm詳細を見る
3

PeakDesign(ピークデザイン)

リーシュ カメラストラップ

アンカーリンクスで簡単に着脱可能5,240円(税込)83~145cm1.9cm約90kg(アンカー)詳細を見る
4

LOAS(ロアス)

ネックストラップ コンパクト用L

バックルからワンタッチで付け外しできる468円(税込)60cm2.4cm4kg以下詳細を見る
5

ETSUMI(エツミ)

ストラップ アレグロ ミラーレス一眼用

しなやかな素材でハンドストラップとして...719円(税込)119~133cm1.8cm詳細を見る

カメラストラップ(ショルダータイプ)の人気ランキング5選

次に、一眼レフカメラに最適なショルダータイプのご紹介です。重量のある一眼レフを下げても体に負担がかからないようなストラップばかりですよ。

TYCKAカメラショルダーストラップ

TK003

1,590円 (税込)

長さクロスボディ 119~190cm・アンダーアームストラップ 33~71cm
2.54cm
速写機能
耐荷重20kg

CHUMS(チャムス)カメラストラップ 5.0

CH60-2185

2,721円 (税込)

長さ約126cm
5cm
速写機能
耐荷重

MOUTH(マウス)デリシャスカメラストラップ

mjc13028

3,348円

長さ72.5cm
3cm
速写機能
耐荷重約5kg

BROOKLYN FACTORY(ブルックリンファクトリー)ヴィンテージ カメラストラップ NUTS VINTAGE

2,180円 (税込)

長さ71cm(本体ストラップ)
3.2cm
速写機能
耐荷重

HAKUBA(ハクバ)ルフトデザイン スピードストラップ

KST-62SS38BK

1,865円 (税込)

長さ約65~110cm
3.8cm
速写機能
耐荷重

人気カメラストラップ(ショルダータイプ)の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格長さ速写機能耐荷重商品リンク
1

HAKUBA(ハクバ)

ルフトデザイン スピードストラップ

長さを素早く調節してシャッターチャンス...1,865円(税込)約65~110cm3.8cm詳細を見る
2

BROOKLYN FACTORY(ブルックリンファクトリー)

ヴィンテージ カメラストラップ NUTS VINTAGE

気分に合わせて楽しめるリバーシブル仕様2,180円(税込)71cm(本体ストラップ)3.2cm詳細を見る
3

MOUTH(マウス)

デリシャスカメラストラップ

丈夫で厚みのあるキャンバス生地を使用3,348円72.5cm3cm約5kg詳細を見る
4

CHUMS(チャムス)

カメラストラップ 5.0

幅5cmのストラップは、デザイン豊富で...2,721円(税込)約126cm5cm詳細を見る
5

TYCKA

カメラショルダーストラップ

人間工学に基づいたデザインで体への負担を軽減1,590円(税込)クロスボディ 119~190cm・アンダーアームストラップ 33~71cm2.54cm20kg詳細を見る

収納しやすい「ハンドストラップ」もおすすめ!

撮影に夢中になるといつもカメラは手にもったまま、または、使う時以外はすぐバックに入れるのでぶら下げたままにしておくことはあまりない、という方は、ハンドストラップもおすすめですよ。長さが短いので、手ぶらで首や肩にかけておくことはできませんが、手に絡めておくことで、カメラが落下して破損するアクシデントは防げます。

まとめ

カメラストラップについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。カメラストラップを付けるだけで、すぐにカメラを構えやすくなり撮影がグッとしやすくなります。落下や盗難も防ぐことができますので、選び方を参考にお気に入りのカメラストラップを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す