• フィルムカメラのおすすめ人気ランキング7選【現像も楽しめる!】のアイキャッチ画像1枚目
  • フィルムカメラのおすすめ人気ランキング7選【現像も楽しめる!】のアイキャッチ画像2枚目
  • フィルムカメラのおすすめ人気ランキング7選【現像も楽しめる!】のアイキャッチ画像3枚目
  • フィルムカメラのおすすめ人気ランキング7選【現像も楽しめる!】のアイキャッチ画像4枚目
  • フィルムカメラのおすすめ人気ランキング7選【現像も楽しめる!】のアイキャッチ画像5枚目

フィルムカメラのおすすめ人気ランキング7選【現像も楽しめる!】

みなさんは「フィルムカメラ」をご存知でしょうか。最近のカメラは画素数などの機能性が格段に向上し、ほぼ目で見ている景色と変わらない風景を写真に収めることが出来ます。それも良いのですが、今回紹介するフィルムカメラはそれらとは一風変わって、少し古ぼけたようなノスタルジックな写真を撮ることができるんです。何気ない風景を感傷的なものにしてくれる作用があります。

ですが、フィルムカメラが欲しい!と思っていても、Nikon・Minolta・富士などのメーカーから様々なものが販売されており、なかなかどのフィルムカメラを選べばいいかわからないという方も多いと思います。そこで今回は、フィルムカメラの選び方や選ぶ際の注意点、それらを踏まえた上でおすすめのフィルムカメラをランキング形式で紹介していこうと思っております。お時間がある方、興味がある方は最後まで読んでいってくれると嬉しいです。
  • 最終更新日:2018年05月17日
  • 66,713  views
目次

フィルムカメラって?

フィルムカメラって?
フィルムカメラとは、フィルムを使って写真を撮るカメラのことを言います。デジタルカメラとフィルムカメラの最大の違いはここにあります。構造自体はさほど大差のない2つのカメラですが、デジタルカメラは光を電気信号に変換し、メモリーカードの記憶媒体に保存されます。

逆にフィルムカメラは、フィルムに光が当たることによって生じる「像」を印刷紙に焼き付けて記録をします。なので、フィルムが違えば写真の雰囲気もまた変わってきますし、デジタルカメラとは違って少し古ぼけたような写り方を演出してくれます。

このノスタルジックを感じさせる味のある写真を撮ることができるのがフィルムカメラの最大の特徴です。いつも見ている風景とはまた違った雰囲気の写真を収めることができるので、世界観が出しやすいです。

フィルムカメラの選び方

フィルムカメラといっても沢山選ぶポイントがあります。一つずつ見ていきましょう!

1.サイズで選ぶ

フィルムカメラには35mmフィルムカメラ・中判カメラ・大判カメラの3種類が存在しております。下から順に、フィルムのサイズが大きくなっていくんですね。一般人でも扱いやすいオーソドックスなのは、35mmと中判カメラの2つになります。大判カメラはそのサイズが大きいことから、本格的なフィルムを使わなければ行けません。持ち運びにも体力が必要なので、趣味として始めるなら大判カメラは最初は選ばないようにしましょう。

35mmフィルムカメラ

35mmフィルムカメラ
35mmフィルムカメラでは、35mmフィルムというごくごく一般的なフィルムを使って撮影をすることが出来ます。とにかく扱いやすく、フィルム自体もどこにでも売っているようなものなので、フィルムカメラを始めるにあたって一番最初におすすめできるカメラです。

中判カメラ

中判カメラ
中判カメラはブローニーフィルムという、縦長のフィルムを使って撮影することになります。フィルムが大きくなった分、写真1枚の情報量が格段に増えます。少々サイズは大きいですが、持ち運びも問題なく行えるので、より自分の世界観を演出したいという方におすすめです。

2.見た目で選ぶ

2.見た目で選ぶ
フィルムカメラの魅力としてあげられるのが「デザイン」の良さです。無骨で、メカメカしく、それでいてどこか懐かしさを感じさせてくれるフィルムカメラ、見た目で選ぶのも大いに賛成です。むしろ、フィルムカメラはデザイン性で選んでいる人も多いカメラなので、一般的と言えば一般的です。

使うフィルムによって写真の出来栄えが変わってくるので、最初のうちはあまり機能性などを重視しなくても良いと思います。可愛いデザイン、かっこよいデザイン、人によって感じ方は様々だと思いますが、自分の目で見て一番気に入ったものを選ぶようにしましょう。好きなデザインのカメラを選ぶことで愛着も湧いて写真が大いに楽しくなりますよ!

3.実際に手にとって、なじむかどうか

3.実際に手にとって、なじむかどうか
フィルムカメラだけではなく、どのカメラにも言えることなのですが実際にカメラを手にとってみることで見るだけとはまた違った感覚を抱くことがあります。思っていたよりも手に馴染まない、物凄く手に馴染む、などなど、自分の手にあったカメラを選ぶことがとても大切です。

フィルムカメラを購入する際には中古カメラショップに足を運ぶのがおすすめですが、何だか敷居が高い感じがして最初は抵抗がありますよね。でも大丈夫です。落ち着いた紳士的な方、カメラ好きの兄ちゃん姉ちゃん、多くの場合がカメラを愛しているスタッフで構成されているので、わからないことなど質問すればなんでも教えてくれますよ。

なのでフィルムカメラを選ぶ際にはなるべくカメラ屋に足を運んで見るようにしましょう!

フィルムカメラのおすすめ人気ランキング7選

これまでの選び方や注意点を考慮して、おすすめのフィルムカメラを7つ紹介していこうと思います!

7位:ロモグラフィー Sprocket Rocket

Sprocket Rocket
出典:amazon.co.jp
Sprocket Rocket

11,352円 (税込)

詳細情報
・サイズ:35mm

パーフォレーションを含んだ味のある写真がとれるカメラ!

パーフォレーションを含んだ味のある写真がとれるカメラ!

出典:amazon.co.jp

全ての35mmフィルムを使用することができるこちらのフィルムカメラですが、簡単に多重露光を可能にした写真をとることができるのが魅力の一つです。思っていたよりも鮮明に写真撮影をすることができるので、明るい写真を撮りたい方などにおすすめすることが出来ます。

また、パーフォレーションと呼ばれるフィルムの穴まで含んだ写真を撮影することができるのもこのカメラならではの特権。映画のワンシーンで見るような味のある写真を撮る能力に長けているカメラなので、しっかりと用途を見極めて購入すれば本当に満足できる一台になるかと思います。

6位:Kenko フィルム一眼レフカメラ KF-2N ニコンFマウント Aiレンズ対応

Kenko フィルム一眼レフカメラ KF-2N ニコンFマウント Aiレンズ対応
出典:amazon.co.jp
Kenko フィルム一眼レフカメラ KF-2N ニコンFマウント Aiレンズ対応

14,800円 (税込)

詳細情報
・サイズ:35mm

すべての動作を手動で行うからこそ写真への思い入れが強まる

こちらのフィルム一眼レフカメラですが、とにかくフィルムカメラの楽しさを知るにはもってこいのカメラです。シャッターの動作、ピンと、フィルムの巻き上げなど、殆どの動作を手動で行うことになるためなれないうちはとても苦戦するかもしれません。ですが、クラシックなデザインと趣のある色調で写真を撮ることが出来るので、とくに写真に愛着がわく素晴らしいフィルムカメラの一つです。

写真を自分の手で全て作り上げていきたい、と言うかたにとてもおすすめできるフィルムカメラなので、そういう方には是非試していただきたい商品です。

5位:FUJIFILM フィルムカメラ NATURA CLASSICA

FUJIFILM フィルムカメラ ナチュラ クラシカ
出典:amazon.co.jp
FUJIFILM フィルムカメラ ナチュラ クラシカ
詳細情報
・サイズ:35mm

チープな見た目からは予想できないハイレベルな実力

チープな見た目からは予想できないハイレベルな実力

出典:fujifilm.jp

FUJIFILMより発売されているこちらのフィルムカメラですが、見た目がとにかくチープ。ただダサいタイプのチープではなく、古き良き時代を思い起こさせてくれるデザインとなっているので、好きな人はとことん好きになるフィルムカメラです。チープな見た目からは想像もできないほどの実力を持っており、様々なシチュエーションで活躍してくれる万能機です。ノンフラッシュ撮影時でも被写体や背景などが明るく映る仕様になっているので、よりナチュラルに写真を撮ることが出来ます。

ズームや露出補正機能など、様々な機能が内蔵されているので撮影の時に困るということがあまりありません。フィルムを交換しながら写真を撮るというフィルムカメラならではの醍醐味が全て詰まっているおすすめのカメラです。

4位:Nikon 一眼レフカメラ FM10 ボディー

Nikon 一眼レフカメラ FM10 ボディー
出典:amazon.co.jp
Nikon 一眼レフカメラ FM10 ボディー

15,625円 (税込)

詳細情報
・サイズ:35mm

撮影に必要な基本的な機能の殆どが備わったオールラウンドなフィルムカメラ

撮影に必要な基本的な機能の殆どが備わったオールラウンドなフィルムカメラ

出典:amazon.co.jp

Nikonより発売されているこちらの一眼レフフィルムカメラですが、とにかく軽量化されたボディが特徴的です。一眼レフとは思えないほどの軽さで、持ち運びのときに重宝できる一台。カメラ女子や子供など、非力な方にもおすすめすることが出来ます。気軽にカメラを持ち歩いてシャッターチャンスを狙いたい、と日頃から思っている人にとても合っているカメラ。撮影に必要な機能がほとんど備わっている「写真を撮ることだけに特化」したフィルムカメラです。

撮影条件を工夫することで、ノスタルジックな写真を撮ることが出来たり、はたまた明るさに満ち溢れた写真を撮ることができたりなど、本当にいろいろな写真を収めることができる万能なカメラです。シャッタースピードや絞り、ピントなど、他のカメラを扱う際にも必要となる操作をこのカメラで覚えることができるので、練習用にもおすすめですね。

3位:nikon F3

ニコンならではの美しさ。細部までこだわったクラシックなカメラ

ニコンならではの美しさ。細部までこだわったクラシックなカメラ

出典:amazon.co.jp

第3位に選ばせていただいたのはNikonより発売されているこちらのF3というフィルムカメラです。とても多くの人に愛されているフィルムカメラの一つで、ニコンならではの撮影の楽しさ、ボディの美しさを実感することのできるフィルムカメラ。筆者が使ってきたフィルムカメラの中でも群を抜いた機能性を誇っており、このフィルムカメラで写真を撮ったときの感動は今でもはっきりと覚えております。

1/2000のシャッタースピードで動くものを正確に捉えられますし、ネガにもポジにも撮影することができるフィルムカメラなのでアウトドアのお供にもってこいです。クオリティの高いフィルムカメラがほしいという方にはぜひ使ってみて欲しいフィルムカメラの一つです。

2位:ロモグラフィー Diana +

ロモグラフィー  ダイアナプラス
出典:amazon.co.jp
ロモグラフィー ダイアナプラス

5,020円 (税込)

詳細情報
・サイズ:中判カメラ

お出かけの際に持っていきたい!軽くて安い中判カメラ

お出かけの際に持っていきたい!軽くて安い中判カメラ

出典:amazon.co.jp

第2位に選ばせていただいたのはロモグラフィーより発売されているDiana+。こちらのフィルムカメラですが、60年代のプラスチック中判カメラ「Diana」を復刻したものとなっており、当時を感じさせる作りになっているのが魅力です。このフィルムカメラの特徴は、撮った写真が全て真四角に写るというところ。120フィルムを使って撮影することになるのですが、おそらく使ったことが無いという方も多いかと思います。

ですが、使い方はとても簡単で、マニュアルをぱぱっと読んでしまえばすぐに使えるようになります。色彩鮮やかに写真を撮ったり、逆に曇ったような写真を撮る時にも非常におすすめのフィルムカメラなので、自分の頭のなかで描いている世界観を存分に発揮したいという方はぜひこのカメラを使ってみてはいかがでしょうか。

1位:Nikon NewFM2 ブラック

文句のない最高のフィルムカメラ。実用性・耐久性に優れたおすすめの一機

文句のない最高のフィルムカメラ。実用性・耐久性に優れたおすすめの一機

出典:amazon.co.jp

そして第1位に選ばせていただいたのはNikonより発売されているこちらのNew FM2というフィルムカメラです。こちらのフィムカメラですが、とにかく実用性に優れております。どのようなシチュエーションにも対応することができる高機能で優れた一眼レフとなっており、フィルムカメラの楽しさを知ることができるどころか、夢中になってしまう人もしばしば。筆者はこのカメラでフィルムカメラのとりこになってしまいました。

一昔前は写真学校の生徒さんに親しまれていた名機カメラのようで、時代を担ったその一端に触れることが出来ます。また不意の電池切れでも使用することができるので、アウトドアなんかには特に最適ですね。風景をとっても良し、人をとっても良し、明るい場所や暗い場所問わずセンチメンタルな写真を撮影することができる素晴らしいフィルムカメラとなっております。

まとめ

フィルムカメラの魅力など伝わったでしょうか。

フィルムカメラは、現在主流となっているデジタルカメラとはまた一味も二味も違った写真を撮影することができるのが一番の魅力です。また違った観点から写真を撮影してみたいという人はもちろん、ノスタルジックな写真なら興味がある、という方にもぜひ試していただきたいですね。

フィルムカメラでは、初心者でも割りと簡単に自分の頭のなかで描いている世界観を表現することが出来ます。だからといって簡単なカメラというわけではなく、突き詰めていけばとても奥が深いカメラなんです。長い間愛されてきたカメラなだけあって、人の心を揺さぶるような哀愁が漂います。

自分にピッタリマッチしたフィルムカメラと出会うことで、カメラ生活がより楽しいものになるので、みなさんがより良いフィルムカメラに出会えるように祈っております。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す