• フィルムカメラのおすすめ人気ランキング10選【現像も楽しめる!】のアイキャッチ画像1枚目
  • フィルムカメラのおすすめ人気ランキング10選【現像も楽しめる!】のアイキャッチ画像2枚目
  • フィルムカメラのおすすめ人気ランキング10選【現像も楽しめる!】のアイキャッチ画像3枚目
  • フィルムカメラのおすすめ人気ランキング10選【現像も楽しめる!】のアイキャッチ画像4枚目
  • フィルムカメラのおすすめ人気ランキング10選【現像も楽しめる!】のアイキャッチ画像5枚目

フィルムカメラのおすすめ人気ランキング10選【現像も楽しめる!】

デジタルカメラが当たり前の現代において、レトロでおしゃれな写真が取れると話題の「フィルムカメラ」。機械式のメカっぽさもおしゃれで◎。普通のカメラでは飽きてしまったという方にも、ぜひ挑戦していただきたいカメラです。とはいえ、いざ挑戦しようと思っても、種類が多く、機能も難しくてどれが良いのかわからないという方が多いのではないでしょうか。


そこで今回は、フィルムカメラの選び方を解説するとともに、おすすめの人気アイテムをランキング形式でご紹介。ニコンやキャノンなどの人気アイテムもピックアップしていますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 128,428  views
目次

フィルムカメラの魅力

フィルムカメラの魅力

フィルムカメラは、レトロで本格的な写真が取れるのが魅力。スマホで簡単に綺麗な写真が取れる現代において、シャッターを押してから現像するまで、どんな写真が取れたかわからないのもフィルムカメラでしか味わうことのできない楽しみです。


また、カメラ本体だけでなく、フィルムによって写真の色合いや雰囲気が全く違うのもフィルムカメラならでは。季節や旅先に合わせてフィルムを変えてみたり、なんて楽しみ方もできちゃうんです。特有のレトロな機械感も雰囲気があって◎。メンテナンスや設定の手間でさえ、楽しめちゃう不思議なアイテムです。


これまでは、デジタルカメラを使っていたという方も、フィルムカメラを使えばよりカメラの楽しみを感じられるはず。ぜひ本記事をきっかけに、フィルムカメラの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

フィルムカメラの選び方

ここからは、フィルムカメラの選び方を解説していきます。ぜひ参考に、お気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね。

レベルや重視点に合わせてカメラの種類を選ぼう

フィルムカメラは種類も豊富。重点やレベルに合わせて、自分に合ったものを選びましょう。

初心者はこれ!レンズやフィルムが多い一眼レフ

初心者はこれ!レンズやフィルムが多い一眼レフ

初めてフィルムカメラを購入するという方なら、一眼レフが断然おすすめ。カメラと聞けば一番に思い浮かぶこちらのタイプは、アイテム数が多いのがポイント。デザイン・機能ともに自分にあったものを選べるので、お気に入りのアイテムを見つけて、華々しくカメラデビューができちゃいますよ。


また、フィルムやレンズの数が多いのも嬉しいポイント。細かく設定をしての撮影も可能なので、よりこだわった写真を撮りたくなっても問題なし。レベルに合わせて使い方を変えられるので、徐々にレベルアップしたいという方にもぴったりです。

上級者向けの二眼レフはおしゃれな写真を楽しみたい方に

上級者向けの二眼レフはおしゃれな写真を楽しみたい方に

普通の写真とは一風変わった写真を楽しみたいという方なら、二眼レフカメラも検討してみましょう。名前の通り2つのレンズが付いた二眼レフカメラは、正方形の写真が取れるのが魅力。形もさながら、上からファインダーを除く撮影方法は、上級者感が増すこと間違いなし。


ただし、ファインダーから見える画像と実際の写真にズレがあったり、撮影距離が限られたりと扱いは難しめ。カメラ感もあまりないので、初心者の方は避けた方が無難でしょう。とはいえ、かなりおしゃれなアイテムなので、あえて二眼レフカメラからスタートしてみるのもありですよ。

手軽さ重視ならインスタントカメラ。現像が面倒な方にも

手軽さ重視ならインスタントカメラ。現像が面倒な方にも

とにかく簡単に写真が撮りたいという方なら、インスタントカメラがおすすめ。難しい設定が一切なく、シャッターを押すだけで撮影ができちゃう優れもの。それでいて、それなりに綺麗でおしゃれな写真が取れるので、初心者はもちろん、旅行の時だけ使いたいという方にもぴったりですよ。


ただし、細かい設定ができないため、凝った写真が撮りたいという方には不向きなことは覚えておきましょう。中には、「チェキ」や「ポロライド」などのように、撮影したその場で現像されるアイテムもあるので、フィルムの現像が面倒という方も、ぜひ検討してみてくださいね。

コンパクトで可愛いレンジファインダーは女子にもおすすめ。操作は難しめ

コンパクトで可愛いレンジファインダーは女子にもおすすめ。操作は難しめ

ごついカメラは苦手という方にもおすすめな「レンジファインダーカメラ」。ファインダーがカメラ本体に埋め込まれているので、余計な突起がなく、コンパクトで持ち運びやすいのが魅力です。サイズも小さめのものが多く、女性にもおすすめです。


ただし、二限レフカメラ同様、ファインダーから見える画像と実際の写真にズレがあったり、ピントを合わせるのが難しかったりと、慣れるまでは時間がかかる点は難点。初心者にもおすすめのアイテムですが、最初の何回かは失敗することを覚悟した上で、購入してみましょう。

フィルムサイズのチェックを忘れずに

フィルムサイズのチェックを忘れずに

フィルムカメラは、使用するカメラによって使えるフィルムのサイズが異なります。「一眼レフ」や「レンジファインダーカメラ」などは、35mmフィルム、「二眼レフ」カメラは、120mmの中判レンズを使用します。そのため使用するカメラにどのサイズが対応しているかの確認が欠かせません。


他にも、「チェキ」や「ポラロイド」などは、専用のフィルムが必要なことも。購入前にどのフィルムを使うべきか確認しておくようにしましょう。

撮りたい写真に合わせて機能を選ぼう

ボケ感の強い写真や動いているものを撮影したいなど、自分がどんな写真を撮りたいかに合わせて、機能を選びましょう。

より簡単に撮りたいならプログラムAE搭載モデルを。初心者にも

より簡単に撮りたいならプログラムAE搭載モデルを。初心者にも

初心者なら、シャッタースピード・絞り値を自動で設定してくれるプログラムAE搭載モデルがおすすめ。難しい設定をしなくても、シャッターを切るだけで綺麗な写真が撮ることができるので、カメラを買ってみたけど、なかなか思った通りの写真が取れないなんてことにもなりません。


ただし、より凝った写真を撮りたいという方には、少し物足りないと感じることも。少しずつ勉強してレベルアップしたいという方は、プログラムAEモードの他に、マニュアルモードを搭載したものも検討してみましょう。

スポーツや子供の撮影ならシャッター優先AE搭載モデルを

スポーツや子供の撮影ならシャッター優先AE搭載モデルを

スポーツのプレーや子供の撮影をメインに使いたいという方なら、シャッター優先モード搭載モデルを選びましょう。シャッタースピードを決めれば、あとはカメラが自動的に適した絞り値を設置してくれるので、難しい操作が少ないのがポイント。


うまくシャッタースピードを設定することで、動き回る子供はもちろん、川の流れや花火も躍動感のある写真に仕上がるので、凝った写真が取れるのもポイント。ただし、適したシャッタースピードを見極めるには、慣れが必要なので、初心者には少し難しいと感じることもありそうです。

絞り優先AEはボケ感のある写真を撮りたい方に。初心者にも◎

絞り優先AEはボケ感のある写真を撮りたい方に。初心者にも◎

カメラ特有のボケ感のある写真が撮りたいという方なら、絞り優先モードを搭載したカメラを選んでみましょう。ボケ感を左右する絞り値(f値)を決めることで、シャッタースピードを自動的に設定してくれるので、簡単におしゃれな写真を撮ることができますよ。


また、直感的に操作ができるので、カメラの楽しさを実感しやすいのも嬉しいポイント。カメラの勉強をしたいという初心者にもおすすめですよ。

上級者向けのマニュアルモード。カメラの扱いに慣れてきた方に

上級者向けのマニュアルモード。カメラの扱いに慣れてきた方に

カメラの扱いに慣れてきたら、マニュアルモードにも挑戦してみましょう。絞り値とシャッタースピードを自分で設置することで、より凝った写真を撮ることが可能。ただし、撮影したい時に瞬時に適切な設置をする必要があるので、綺麗な写真を撮るには、経験や知識が必要なのはいうまでもありません。


とはいえ、マニュアルモードはほとんどのカメラに搭載されています。最初はオートモードを使いつつ、物足りなさを感じてきたら、マニュアルモードに挑戦してみるのが良いでしょう。稀にマニュアルモードのないカメラもありますので、後々レベルアップしたいという方は、購入前に必ず確認するようにしましょう。

ピントの合わせ方に注目。操作を楽しむならマニュアルフォーカスを

ピントの合わせ方に注目。操作を楽しむならマニュアルフォーカスを

フィルムカメラは、ピントの合わせ方にも注目。フィルムカメラならではの操作を楽しみたいという方なら、断然マニュアルフォーカス(MF)がおすすめ。多くのフィルムカメラにはMFが搭載されていますが、古い中古カメラの中にはMFのみ搭載しているモデルも。MFの操作はやや初心者には難しいので、MF・AFに両方対応しているものを選びましょう。


ただし、動いているものの撮影など、瞬時にピントを合わせたい時には、オートフォーカス(AF)対応が◎。スマホのカメラのように自動でピントを合わせてくれるので、初めてカメラを触る方でも大丈夫。撮りたい写真に合わせて、使いやすい方を選びましょう。最新のカメラのほとんどはオートフォーカスに対応しているので、どうせフィルムカメラを始めるなら、マニュアルフォーカスで不自由さを楽しむのもありですよ。

初心者は必ず露出計付きモデルを選ぼう

初心者は必ず露出計付きモデルを選ぼう

初心者なら、必ず露出計付きのフィルムカメラを選ぶようにしましょう。フィルムカメラは、撮影する場所や天候によって、光を取り込む量を設定する必要があります。カメラに慣れている方なら問題ありませんが、初心者は、適正な設定がわからないという方がほとんどですよね。


その点、露出計がついているフィルムカメラなら、ファインダー内で適正設定をガイドしてくれるので、初心者でも簡単に設定が行えますよ。設定がきちんとできていないと、真っ白な写真や真っ黒な写真に仕上がってしまうこともあるので、購入前に露出計が付いているかチェックするようにしましょう。

フィルムカメラのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめの人気アイテムをランキング形式でご紹介します。ぜひお気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね。

10位
フィルムカメラ 富士フイルム NATURA CLASSICA (ナチュラ クラシカ) 1枚目
出典:amazon.co.jp

富士フイルムNATURA CLASSICA (ナチュラ クラシカ)

FUJI NATURA CLASSICA

57,800円 (税込)

種類レンジファインダー(コンパクトカメラ)
フィルムサイズ35mm
露出方法プログラムAE
フォーカスオートフォーカス
露出計
9位
種類インスタントカメラ
フィルムサイズ専用フィルム(チェキフィルム)
露出方法プログラムAE
フォーカスオートフォーカス
露出計-
8位
種類レンジファインダーカメラ
フィルムサイズ35mm
露出方法プログラムAE・絞り優先AE
フォーカスオートフォーカス(マニュアルフォーカス可能)
露出計
7位
種類一眼レフ
フィルムサイズ35mm
露出方法マニュアル・絞り優先AE
フォーカスマニュアルフォーカス
露出計
6位
種類一眼レフ
フィルムサイズ35mm
露出方法マニュアル・絞り優先AE
フォーカスマニュアル
露出計
5位
種類一眼レフ
フィルムサイズ35mm
露出方法絞り優先AE
フォーカスマニュアルフォーカス
露出計
4位
種類一眼レフ
フィルムサイズ35mm
露出方法マニュアル・シャッター優先AE
フォーカスマニュアル
露出計
3位
種類一眼レフ
フィルムサイズ35mm
露出方法マニュアル・絞り優先AE
フォーカスマニュアルフォーカス
露出計
2位
種類一眼レフ
フィルムサイズ35mm
露出方法マニュアル
フォーカスマニュアルフォーカス
露出計
1位
種類一眼レフ
フィルムサイズ35mm
露出方法マニュアル
フォーカスマニュアルフォーカス
露出計

人気フィルムカメラの比較一覧表

商品画像
1
フィルムカメラ Nikon NewFM2 1枚目

Nikon

2
フィルムカメラ OLYMPUS OM-1 1枚目

OLYMPUS

3
フィルムカメラ nikon F3 1枚目

nikon

4
フィルムカメラ CANON AE-1 1枚目

CANON

5
フィルムカメラ NIKON EM 1枚目

NIKON

6
フィルムカメラ PENTAX LX 1枚目

PENTAX

7
フィルムカメラ Leica M6 1枚目

Leica

8
フィルムカメラ CONTAX T3 1枚目

CONTAX

9
フィルムカメラ ライカ ゾフォート 1枚目

ライカ

10
フィルムカメラ 富士フイルム NATURA CLASSICA (ナチュラ クラシカ) 1枚目

富士フイルム

商品名

NewFM2

OM-1

F3

AE-1

EM

LX

M6

T3

ゾフォート

NATURA CLASSICA (ナチュラ クラシカ)

特徴カメラがうまくなるカメラ。初心者にもおすすめなベストセ...女性におすすめなコンパクトデザイン。人気機種の初代アイテムNIKONの最高級フィルムカメラ。プロ仕様のアイテムで...シャッター優先AE搭載。コスパ重視の方にもおすすめ手軽さ重視の方に最適な絞り優先AE搭載。本格派には不向...PENTAXユーザーならこれ。機能性◎のプロ仕様カメラ最高のカメラでフィルムカメラデビュー。デザイン性◎の高...最高級コンパクトカメラ。初心者にもおすすめなプログラム...その場で写真がプリントできる。旅行にぴったりのインスタ...コンパクトで高性能。女性や手軽さ重視の方にぴったりのフ...
最安値
21,800
送料要確認
詳細を見る
9,800
送料要確認
詳細を見る
21,480
送料要確認
詳細を見る
12,000
送料要確認
詳細を見る
4,800
送料要確認
詳細を見る
29,800
送料要確認
詳細を見る
273,480
送料要確認
詳細を見る
165,240
送料要確認
詳細を見る
要確認
57,800
送料要確認
詳細を見る
種類一眼レフ一眼レフ一眼レフ一眼レフ一眼レフ一眼レフ一眼レフレンジファインダーカメラインスタントカメラレンジファインダー(コンパクトカメラ)
フィルムサイズ35mm35mm35mm35mm35mm35mm35mm35mm専用フィルム(チェキフィルム)35mm
露出方法マニュアルマニュアルマニュアル・絞り優先AEマニュアル・シャッター優先AE絞り優先AEマニュアル・絞り優先AEマニュアル・絞り優先AEプログラムAE・絞り優先AEプログラムAEプログラムAE
フォーカスマニュアルフォーカスマニュアルフォーカスマニュアルフォーカスマニュアルマニュアルフォーカスマニュアルマニュアルフォーカスオートフォーカス(マニュアルフォーカス可能)オートフォーカスオートフォーカス
露出計-
商品リンク

フィルムカメラの使い方

フィルムカメラは、デジタルカメラと違って使い方も少し異なります。購入前に確認して、撮影に必要なものも合わせてチェックしてみましょう。

フィルムをセットして撮影。途中で裏蓋を開けない!

フィルムをセットして撮影。途中で裏蓋を開けない!

フィルムカメラは、名前の通りフィルムをセットして撮影します。裏蓋の開け方はメーカーによって微妙に異なりますが、基本的にクランク(巻き取りレバー)を上に引っ張ることで、カチャっと裏蓋が開くものが多いです。


フィルムをセットしたら、フィルムカウンターが0になるまでシャッターを切ります。これで撮影準備は完了。ただし、撮影をし始めたら、裏蓋は開けてはいけません。一度開けてしまうと、フィルムに光が当たって、焼けてしまうので注意が必要です。

フィルムカメラはメンテナンス必須。モルト交換を忘れずに

フィルムカメラはメンテナンス必須。モルト交換を忘れずに

フィルムカメラは、機械式のものが多いため、ちょっとした衝撃や劣化によってうまく動作しないことも。デジタルカメラ以上にメンテナンスが必要なことを覚えておきましょう。


特に、フィルムをセットする部分の遮光材(モルト)は劣化しやすいので注意。モルトが劣化していると、隙間から光が入り、フィルムが焼けてしまったり、ノイズが入ったりと綺麗な写真が取れなくなってしまいます。自分で交換する方法もありますが、初心者はカメラ屋さんに頼むのが良いでしょう。

まとめ

今回は、フィルムカメラの選び方を解説するとともに、おすすめのフィルムカメラをランキング形式でご紹介しました。お気に入りのアイテムは見つかりましたでしょうか。


まだ見つからないという方も、ぜひ本記事の選び方を参考に、お気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す