• ロストルのおすすめ人気ランキング10選【キャンプや焚き火で大活躍!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ロストルのおすすめ人気ランキング10選【キャンプや焚き火で大活躍!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ロストルのおすすめ人気ランキング10選【キャンプや焚き火で大活躍!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ロストルのおすすめ人気ランキング10選【キャンプや焚き火で大活躍!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ロストルのおすすめ人気ランキング10選【キャンプや焚き火で大活躍!】のアイキャッチ画像5枚目

ロストルのおすすめ人気ランキング10選【キャンプや焚き火で大活躍!】

焚き火の燃焼を助けたり、ダッチオーブンの底敷きにしたりするために使うロストル。ユニフレームやキャプテンスタッグ、ピコグリルなどさまざまなメーカーから販売されています。また種類も多く、グリル網用のものやステンレスや鉄筋といった素材、脚付きタイプ、丈夫なハードタイプなど、どのロストルがよいのか迷ってしまいますよね。


そこで、ロストルの選び方を解説し、おすすめロストル人気ランキング10選をご紹介していきます。使用用途に合ったロストルを選んで、キャンプや焚き火をさらに充実させましょう!

  • 最終更新日:2019年09月10日
  • 29,266  views
目次

ロストルとは

ロストルとは

ロストルとは、本来焚き火台などの底に敷くことで、空気の循環を促し燃焼を助けるアウトドアアイテムです。


焚き火台の底に敷く以外にも使用用途が豊富。お肉や野菜を焼く網に使ったり、焚き火に直接鍋をかけたりすることで、調理にも利用できます。さらにバーベキューの網よりも丈夫なつくりになっているため、ダッチオーブンなどの重い鍋を火にかける時にも便利です。


またロストルは手入れのしやすさも魅力的!バーベキュー網はすきまの手入れが大変ですが、ロストルは突起が少なく、ブラシで簡単に焦げや汚れを落とすことができます。使用用途が幅広いだけでなくお手入れもしやすく、キャンプや焚き火にぜひ持っていきたい便利アイテムです。

ロストルの選び方

キャンプや焚き火に便利なロストルには、用途や素材によってさまざまな種類があります。これからご紹介する選び方を参考に、バーベキューやアウトドア料理がもっと楽しめるロストルを選んでみましょう。

サイズや軸は使用用途に合わせて選ぼう

ロストルは、使用用途に合わせて適切なサイズや軸の広さを選ぶのが大切。それぞれの違いや特徴をご紹介します。

焚き火台の炭受けにするなら専用のロストルを

焚き火台の炭受けにするなら専用のロストルを

ロストルを焚き火台の底に敷いて炭受けとして使う場合は、炭受け専用のロストルが最適。空気を循環できるように穴が開いていて、効率よく火を起こすことができます。


焚き火台のオプションとして販売されていることも多く、その場合サイズがぴったり。炭受け用にロストルを探している方は、焚き火台とセットで購入すると失敗が少なくなります。

ダッチオーブンの底敷きに使うなら底サイズを事前に確認しよう

ダッチオーブンの底敷きに使うなら底サイズを事前に確認しよう

出典:amazon.co.jp

ダッチオーブンの底敷きとしてロストルを使うなら、サイズ選びが肝心。ダッチオーブンのサイズを確認して、サイズに合ったロストルを選びましょう。例えばダッチオーブンが10インチであれば、およそ25cmになるため、25cmダッチオーブン用のロストルがぴったりです。


ダッチオーブン専用でない場合は、ダッチオーブンの内径を測って少し小さめのロストルを選びましょう。ダッチオーブンは底部の方が内径より狭いので、小さめサイズが適切。ロストルをダッチオーブンの底に敷くと、焦げ付きを防ぐことができます。

重い鍋やフライパンを乗せるなら軸が太い頑丈なロストルを

重い鍋やフライパンを乗せるなら軸が太い頑丈なロストルを

ダッチオーブンやフライパンを乗せる場合は、軸が太く頑丈なロストルがベスト!鍋そのものと料理の重量でかなり重くなるため、軸が細いロストルでは歪むこともあります。ダッチオーブンを安全に火にかけるため、アウトドア料理を楽しむ方は軸の太さに注意してロストルを選びましょう。

焼き網に使うなら軸の狭いロストルが◎

焼き網として使うなら、軸の間が狭いロストルが最適。軸の間が狭いとお肉や野菜が落ちるのを防ぐことができます。


通常のバーベキュー網よりも丈夫なため、重量のあるステーキを焼いたり、焼肉と一緒にクッカーで料理したりすることも可能。バーベキューの幅が広がりますよ。

焚き火に直接かけるなら太軸でコンパクトなものを

焚き火に直接かけるなら太軸でコンパクトなものを

ロストルを焚き火に直接かけて調理する場合は、軸が太くコンパクトなロストルがおすすめ。軸が太く頑丈だと直接火に当たっても変形することなく、ダッチオーブンやクッカーを置くことができます。


焚き火の範囲に合わせて設置するためには、コンパクトさも大切。サイズが大きすぎるとバランスも悪くなるため、コンパクトかつ太軸のロストルを選びましょう。

素材で選ぼう。軽さならステンレス、見た目重視なら鉄

ロストル選びでは、使用用途と合わせて素材も重要なポイント。主な素材には、ステンレスと鉄がありますが、強度にはそれほど違いがありません。手軽さや見た目などのメリットに注目して、素材にもこだわってロストルを選びましょう。

軽くて手入れしやすいステンレス

ステンレス製のロストルは、重量が軽く持ち運びやすいのも魅力的。たくさんの荷物を持っていくキャンプでも、負担が最小限で済みますね。


またステンレスはさびにくいため、お手入れもしやすく長持ち!手軽にロストルを使いたい方にはステンレス製がおすすめです。

重厚感ある見た目や熱伝導性が魅力の鉄製

重厚感ある見た目や熱伝導性が魅力の鉄製

鉄製の魅力は、重厚感ある見た目。無骨な印象がアウトドアにぴったりなため、見た目からアウトドアグッズにこだわりたい方は鉄製が合っています。熱伝導性も高く、ダッチオーブンやクッカーで調理する場合にも活躍してくれること間違いなしです。

ロストルのおすすめ人気ランキング10選

選び方をおさえた上で、ロストルのおすすめ人気ランキング10選を紹介していきます。使用用途や素材などをイメージしながら、ぴったりのロストルを見つけましょう!

10位
サイズ385×260×245mm
重量450g
材質-
9位

キャプテンスタッグダッチオーブンスタンド 2ウェイ

M-6505

2,043円 (税込)

サイズ560×290×180mm
重量2kg
材質鉄(シリコン樹脂塗装)
8位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)キャンピングセカンドグリル

M-7572

671円 (税込)

サイズ490×165×185mm
重量585g
材質鉄(クロムめっき)
7位

遠藤商事ロースター(焼きアミ)

GLS0601

1,232円 (税込)

サイズ300×150mm
重量1020g
材質
6位

スノーピーク(snow peak) 焚き火台 炭床Pro S

ST-031S

2,640円 (税込)

サイズ190×190×20mm
重量1.4kg
材質
5位
サイズ395×395mm
重量2kg
材質
4位

キャプテンスタッグダッチオーブン用底網 ロストル 25cm

M-5547

811円 (税込)

サイズ190×20mm
重量-
材質鉄(クロムメッキ)
3位
ロストル ユニフレーム ファイアグリルラージ用ラージヘビーロストル 1枚目
出典:amazon.jp

ユニフレームファイアグリルラージ用ラージヘビーロストル

683149

5,093円 (税込)

サイズ約450×450mm
重量約2.5kg
材質ステンレス
2位

尾上製作所フォールディングBBQコンロ F-2527用 ロストル

540円 (税込)

サイズ260×120×10mm
重量-
材質スチール(クロームメッキ)
1位
ロストル ユニフレーム ファイアグリル用ヘビーロストル 1枚目
出典:amazon.jp

ユニフレームファイアグリル用ヘビーロストル

683118

2,900円 (税込)

サイズ335×335mm
重量約2.5kg
材質ステンレス

おすすめ人気ロストルの比較一覧表

商品画像
1
ロストル ユニフレーム ファイアグリル用ヘビーロストル 1枚目

ユニフレーム

2
ロストル 尾上製作所 フォールディングBBQコンロ F-2527用 ロストル 1枚目

尾上製作所

3
ロストル ユニフレーム ファイアグリルラージ用ラージヘビーロストル 1枚目

ユニフレーム

4
ロストル キャプテンスタッグ ダッチオーブン用底網 ロストル 25cm 1枚目

キャプテンスタッグ

6
ロストル スノーピーク(snow peak)  焚き火台 炭床Pro S  1枚目

スノーピーク(snow peak)

7
ロストル 遠藤商事 ロースター(焼きアミ) 1枚目

遠藤商事

8
ロストル キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピングセカンドグリル  1枚目

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

9
ロストル キャプテンスタッグ ダッチオーブンスタンド 2ウェイ 1枚目

キャプテンスタッグ

10
ロストル STC ピコグリル 超軽量焚き火台 1枚目

STC

商品名

ファイアグリル用ヘビーロストル

フォールディングBBQコンロ F-2527用 ロストル

ファイアグリルラージ用ラージヘビーロストル

ダッチオーブン用底網 ロストル 25cm

焚き火台 炭床Pro S

ロースター(焼きアミ)

キャンピングセカンドグリル

ダッチオーブンスタンド 2ウェイ

ピコグリル 超軽量焚き火台

特徴キャンパー大満足の焼き網・架台兼用ロストルコンパクトながらしっかりと炭受けできるコスパ抜群ロストル焼き網や架台に使用できるラージサイズロストルダッチオーブンに欠かせない底敷き用ロストルスムーズな着火を可能にする炭受けロストル!鍋敷きにも使用可熱伝導性バツグンの鉄製ロストル焼き網に最適な脚付きロストルひとつで架台とスタンドの二役をこなすツーウェイロストル軽くてコンパクトなスイス製ロストル
最安値
2,900
送料別
詳細を見る
540
送料要確認
詳細を見る
5,092
送料別
詳細を見る
532
送料無料
詳細を見る
2,640
送料別
詳細を見る
1,230
送料要確認
詳細を見る
630
送料無料
詳細を見る
1,974
送料要確認
詳細を見る
17,300
送料要確認
詳細を見る
サイズ335×335mm260×120×10mm約450×450mm190×20mm190×190×20mm300×150mm490×165×185mm560×290×180mm385×260×245mm
重量約2.5kg-約2.5kg-1.4kg1020g585g2kg450g
材質ステンレススチール(クロームメッキ)ステンレス鉄(クロムメッキ)鉄(クロムめっき)鉄(シリコン樹脂塗装)-
商品リンク

ロストルと合わせて、アウトドアグッズもチェック!

ロストルを活用するために、合わせてアウトドアグッズもチェックしてみましょう。ダッチオーブンや焚き火用テーブル、焚き火用グローブなど、キャンプや焚き火で役立つアウトドアグッズを解説した以下の記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

キャンプや焚き火で大活躍するロストルには、焼き網や底敷き、架台など使用用途が豊富!使用用途に合ったロストルを選ぶことで、キャンプや焚き火をより充実させることができます。素材選びも手軽さや見た目にこだわる上で重要ですよ。


選び方やおすすめ人気ランキングを参考にしてぴったりのロストルを見つけ、キャンプや焚き火をもっと楽しくしましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事