1. TOP
  2. >
  3. 靴・シューズ
  4. >
  5. 靴用品
  6. >
  7. シューキーパーのおすすめ人気ランキング15選【革靴のお手入れに!選び方も徹底解説】
  • シューキーパーのおすすめ人気ランキング15選【革靴のお手入れに!選び方も徹底解説】のアイキャッチ画像1枚目
  • シューキーパーのおすすめ人気ランキング15選【革靴のお手入れに!選び方も徹底解説】のアイキャッチ画像2枚目
  • シューキーパーのおすすめ人気ランキング15選【革靴のお手入れに!選び方も徹底解説】のアイキャッチ画像3枚目
  • シューキーパーのおすすめ人気ランキング15選【革靴のお手入れに!選び方も徹底解説】のアイキャッチ画像4枚目
  • シューキーパーのおすすめ人気ランキング15選【革靴のお手入れに!選び方も徹底解説】のアイキャッチ画像5枚目

シューキーパーのおすすめ人気ランキング15選【革靴のお手入れに!選び方も徹底解説】

靴のシワや型崩れを防いでくれる、シューキーパー(シューツリー)。大切な靴のお手入れには欠かせないアイテムです。しかし、素材や構造、つま先の形状などなど、選ぶときにチェックすべきポイントがあまりにも多く、どれを選んだらよいのか分からないという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、シューキーパーの選び方を詳しく解説しながら、人気のある商品をおすすめランキングでご紹介します。ぜひ、使いやすいシューキーパーを手に入れて、大切な靴を長く愛用していきましょう。

この記事に登場する専門家

本間 俊光
  • 最終更新日:2020年08月13日
  • 131,136  views
目次

シューキーパーを使うメリットとは?

シューキーパーを使うメリットとは?

靴を履き終えた後、無造作に靴箱にしまっていませんか?特に革靴などのデリケートな靴は、型崩れしたまま放っておくと、劣化が早まってしまいます。もちろん、丸めた新聞紙を入れて代用するのもNG。そこで、ぜひ使ってもらいたいのが、シューキーパーです。


シューキーパーとは、靴の型崩れを防いでくれるアイテムのこと。靴のアッパー(甲部分)は歩くたびに曲がるため、どうしても反ってシワが寄ってしまいますよね。これを放置すると、そこから割れや剥がれが生じますが、シューキーパーを入れて形を整えれば、劣化を最小限に抑えることができます。


また、シューキーパーを入れると全体のシワが伸びるため、溝まできちんとクリームを塗ることが可能。履き終えた後のお手入れもしやすくなり、履き心地の良さをキープできますよ。シューキーパーを使って、大切な靴を長持ちさせましょう!

シューキーパーの選び方

靴の型崩れを防いでくれるシューキーパーですが、選び方のポイントがいくつかあります。ここで詳しく解説しますので、あなたにとってぴったりなものを見つけましょう。

素材は使用する目的に合わせて選ぼう

シューキーパーには主に、プラスチック製と木製があります。まずは、それぞれの特徴を理解して選ぶことが大切です。

最もメジャーな木製は、自宅保管時の湿気防止に最適

最もメジャーな木製は、自宅保管時の湿気防止に最適

木製のものはどっしりと重たくて安定感があり、型崩れの防止効果も大。自宅で使うのなら、木製のシューキーパーが最適です。


木製は、湿気を吸収するので、カビや雑菌の繁殖も防ぐのに効果的。ニス仕上げをしていると吸湿性が劣るため、木製本来のメリットを生かすのならば、ニス仕上げをしていないものがおすすめです。


シダー・ブナ・カバの木材がよく使われますが、なかでもおすすめはシダー製のもの。シダーは害虫の侵入を防ぎ、腐りにくいのが特徴で、香りも優秀です。ブナは衝撃に強いといわれていますが、重くて高価なのが難点。カバは経年劣化しやすいのが惜しいところです。

軽量安価なプラスチック製は、出張や旅行などで大活躍

軽量安価なプラスチック製は、出張や旅行などで大活躍

重たくて安定感がある木製とは違って、軽量で持ち運びやすいのがプラスチック製。出張や旅行などに持ち出すときにおすすめです。価格も木製に比べると安価で、手軽に手に入れることができます。最近では抗菌剤などが配合された便利なタイプもありますよ。


ただ、プラスチック製には吸湿性はなく、軽いので安定感も低めになっています。自宅用としてではなく、あくまで一時的な使用に向けたものとお考えくださいね。

テンションのかかり方を左右する構造をチェック

シューキーパーは主につま先とかかと部分に分かれており、それを繋ぐチューブで構成されています。それぞれの仕様にも注目して、自分の靴にぴったりなものを選んでみましょう。

スプリング式:バネの力でほどよいテンションがかかる

スプリング式:バネの力でほどよいテンションがかかる

シューキーパーの中で最も一般的なのが、スプリング式です。つま先とかかとが金属のチューブで繋がっており、バネの力で靴にほどよいテンションがかかります。シワが付きやすいつま先にもしっかりテンションがかかるので、どれにすべきか迷ったらスプリング式を選ぶと良いでしょう。


ただし、スプリング式には簡易型もあるので注意。バネの力が働くのは同じですが、バネ自体がへの字に曲がるので、思わぬ方向にテンションがかかり、かえって型崩れしてしまう場合もあります。なるべくなら簡易型でないスプリング式を選ぶと良いですね。

ネジ式:靴に合わせたテンション調節が可能

ネジ式:靴に合わせたテンション調節が可能

自分でテンションのかかり具合を調節したいのなら、ネジ式をおすすめします。こちらはバネの力はなく、ネジでテンションのかかり具合を調節するタイプ。柔らかい靴にはソフトに、硬めの靴にはハードにと、靴に合わせて調節できるのが、ネジ式の最大の特徴です。


バネでしっかりテンションをかけるスプリング式に比べると、シワ伸ばしの効果はやや弱め。しかしながら、過剰にテンションがかかって変形する心配がありません。スプリング式は履き口周りが変形してしまうローファーやモンクストラップの靴に最適です。

ヒンジ式:特定の靴専用だからぴったりマッチする

ヒンジ式:特定の靴専用だからぴったりマッチする

お気に入りの靴専用のシューキーパーが欲しいという方には、つま先とかかとがヒンジでつながっただけのヒンジ式がおすすめ。ヒンジ式なら、靴に入れるだけで型崩れやシワをしっかり防止できます。


ただし、ヒンジ式には汎用性がなく、専用の靴でなければ本来のシューキーパーの効果を発揮することができません。お値段もスプリング式やネジ式よりずっと高価です。どちらかというと、ヒンジ式は特定の靴にぴったり合うものが欲しい方に向いているでしょう。

サイドのテンションはスプリットに注目

サイドのテンションはスプリットに注目

つま先部分にもテンションをかけたいのなら、スプリット入りのものを選ぶのが正解。スプリット入りには、真ん中で別れているハーフラストと、アウトサイドをえぐるようにカットしたサイドスプリットがあります。


左右にテンションをかけてくれるハーフラストは、つま先のシワを広げるのに最適。ただ、ハーフラストは甲の部分まで支えることができないものがほとんどです。甲の部分まできちんとシワを伸ばしたいのならサイドスプリットを選ぶのがよいでしょう。


また、スプリットのないフルラストは、靴とのサイズがぴったり合っていることで効果を発揮します。選ぶ際は甲幅が靴にマッチするか確かめてくださいね。

シングルかダブルか。チューブの本数は靴に合わせて

シングルかダブルか。チューブの本数は靴に合わせて

シューキーパーには、シングルチューブとダブルチューブがあります。一般的にダブルチューブの方がシューキーパー本体にねじれが生じにくく、均等にテンションがかかりやすいため、柔らかい靴にはシングルチューブがおすすめ。硬めの靴にはダブルチューブが最適です。


ただし、ダブルチューブの場合、全体のフォルムが太くなりやすく、細身の靴だと入れにくくなってしまうことも。シルエットが細身の靴には、シングルチューブの方がよいでしょう。

サイズ選びも重要!靴にしっかり合うものを選ぼう

サイズ選びも重要!靴にしっかり合うものを選ぼう

シューキーパーの形状だけでなく、サイズが靴に合っていることも重要です。必ずサイズを確かめて、靴に合うものを選んでください。チェックすべきポイントは、長さ・甲幅・アッパー(甲高)の3つです。


まず、長さは靴のサイズに合わせましょう。靴が26cmならば、シューキーパーも26cmに対応していることは絶対条件です。また、甲幅とアッパーも靴に合わせておけば、大き過ぎたり小さ過ぎたりすることもないでしょう。


通販を利用する場合は、サイズが合わなかったときに、返品や交換に応じてくれるお店で購入しておくと安心ですね

国の違いによるデザインやタイプも目安に

国の違いによるデザインやタイプも目安に

特に革靴の場合、製造国によっては特徴的な形状をしていることがあるので、ご自分の革靴のデザインに合わせて選ぶことがポイントです。シューキーパー選びで悩んだ際には、どこの国のメーカーで作られたものなのかを参考にするのも一つの方法でしょう。


例えば、イギリス製の革靴は靴幅が張り出していることが多く、イタリア製の革靴は細身のシルエットが特徴です。もちろん、イギリス製であっても、ヨーロピアンモデルなどの細身のタイプや、汎用性の高いモデルが作られていることもあります。


また、日本製のシューキーパーは、リーガルやホーキンスのような日本製の靴に合う形状をしているので、参考にしてみてくださいね。

プロの愛用するおすすめのシューキーパー

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのシューキーパーをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、お気に入りのシューキーパーを見つけてくださいね。

専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト

シューキーパーのおすすめ人気ランキング15選

それではここからは、人気のシューキーパーをランキング形式で紹介していきます。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月29日時点)をもとにして順位付けしています

15位
材質ポリプロピレン
構造スプリング式
スプリットフルラスト
チューブの本数ダブル
長さ24cm~30cm
甲幅-
甲高-
14位
材質木(天然木/ニスなし)
構造スプリング式
スプリット再度スプリット
チューブの本数ダブル
長さ25.5~27.0cm
甲幅8.0~9.0cm
甲高6.5cm
13位
材質木(ライムウッド/ニスなし)
構造スプリング式
スプリットフルラスト
チューブの本数ダブル
長さ-(UK5~UK9まで展開)
甲幅-
甲高-
12位
シューキーパー RooLee シューキーパー 木製 高級レッドシダー 2019 1枚目
出典:amazon.co.jp

RooLeeシューキーパー 木製 高級レッドシダー 2019

200160001-JP-F1

1,500円 (税込)

材質木(レッドシダー/ニスなし)
構造スプリング式
スプリットハーフラスト
チューブの本数シングル
長さ26~28.5cm
甲幅8.3~10cm
甲高7.5cm
11位
材質木(パイン材)
構造スプリング式
スプリットサイドスプリット
チューブの本数ダブル
長さ25.5~26cm・26.5~27.5cm・28~28.5cm
甲幅8.5cm・8.5cm・9.0cm
甲高6.5cm・7.0cm・7.0cm
10位

ブルーシンシアシューズストレッチャー

SF1

2,480円 (税込)

材質木(天然木/ニスなし)
構造ネジ式
スプリットハーフラスト
チューブの本数シングル
長さS22~24.5cm・M24~26.5cm・L26~28.5cm
甲幅-
甲高-
9位
シューキーパー SHENMATE シューキーパー  高級木製レッドシダー  1枚目
出典:amazon.co.jp

SHENMATEシューキーパー 高級木製レッドシダー

2,300円

材質木(レッドシダー/ニスなし)
構造スプリング式
スプリットサイドスプリット
チューブの本数ダブル
長さ24.5~25.9cm
甲幅7.8~8.2cm
甲高6.2cm
8位
材質木(レッドシダー/ニスなし)
構造スプリング式
スプリットサイドスプリット
チューブの本数ダブル
長さ24.8~26.8cm・25.8~27.8cm・26.8~28.8cm
甲幅7.4~8.2cm・8~8.8cm・8.5cm~9.3cm
甲高6.2cm・6.7cm・7.2cm
7位

ブルーシンシアシューズストレッチャー

SF2

2,580円 (税込)

材質強化ABS樹脂・スチール
構造ネジ式
スプリットハーフラスト
チューブの本数シングル
長さSS20.0~23.5cm・S22.0~25.5cm・M24.0~27.5cm・L26.0~29.5cm
甲幅-
甲高-
6位
材質木(レッドシダー/ニスなし)
構造スプリング式
スプリットサイドスプリット
チューブの本数ダブル
長さ27.0~29.0cm
甲幅8.5~9.0cm
甲高7.8cm
5位

ライフバリュー高品質 レッドシダー シューキーパー

RSTS

2,420円 (税込)

材質木(レッドシダー/ニスなし)
構造スプリング式
スプリットサイドスプリット
チューブの本数ダブル
長さM25.5~27.5cm・L26.5~28.5cm
甲幅M7.9cm・L8.5cm
甲高M6.7cm・L7.5cm
4位
シューキーパー Collonil アロマティックシダーシュートゥリー 1枚目
出典:amazon.co.jp

Collonilアロマティックシダーシュートゥリー

CN044007

3,500円 (税込)

材質木(アロマティックシダー/ニスなし)
構造スプリング式
スプリットハーフラスト
チューブの本数シングル
長さ-
甲幅-
甲高-
3位
材質木(天然木/ニスなし)
構造ネジ式
スプリットハーフラスト
チューブの本数シングル
長さ女性用22.5~26.5cm・男性用26.5~28.0cm
甲幅7~8cm・8~9cm
甲高-
2位
材質木(天然木/ニスなし)
構造スプリング式
スプリットフルラスト
チューブの本数シングル
長さM23.5~26.5cm・L27.0~30.0cm
甲幅M8cm・L8.5cm
甲高5cm
1位
材質木(レッドシダー/ニスなし)
構造スプリング式
スプリットサイドスプリット
チューブの本数ダブル
長さS24.5~26cm・M26~29cm・L28.5~29.5cm
甲幅S約7.8~8.2cm・M約8.5~9.0cm・L8.6~9.1cm
甲高S約6.2cm・M約7.8cm・L約8.3cm

人気シューキーパーの比較一覧表

商品画像
1
シューキーパー Wellnice シューキーパー 高級レッドシダー 1枚目

Wellnice

2
シューキーパー プロテック 木製 シューキーパー 1枚目

プロテック

3
シューキーパー DCT Company シューズフィッター 1枚目

DCT Company

4
シューキーパー Collonil アロマティックシダーシュートゥリー 1枚目

Collonil

5
シューキーパー ライフバリュー 高品質 レッドシダー シューキーパー 1枚目

ライフバリュー

6
シューキーパー Love-KANKEI シューキーパー  高級レッドシダー 1枚目

Love-KANKEI

7
シューキーパー ブルーシンシア シューズストレッチャー 1枚目

ブルーシンシア

8
シューキーパー YRMS WORKS シューキーパー 1枚目

YRMS WORKS

9
シューキーパー SHENMATE シューキーパー  高級木製レッドシダー  1枚目

SHENMATE

10
シューキーパー ブルーシンシア シューズストレッチャー 1枚目

ブルーシンシア

11
シューキーパー mog シューキーパー Pine Tree 1枚目

mog

12
シューキーパー RooLee シューキーパー 木製 高級レッドシダー 2019 1枚目

RooLee

13
シューキーパー CROCKETT&JONES SHOE TREE 9901 1枚目

CROCKETT&JONES

14
シューキーパー 相快ホイール シューキーパー 高級天然木松製  1枚目

相快ホイール

15
シューキーパー アイリスオーヤマ シューズキーパー 1枚目

アイリスオーヤマ

商品名

シューキーパー 高級レッドシダー

木製 シューキーパー

シューズフィッター

アロマティックシダーシュートゥリー

高品質 レッドシダー シューキーパー

シューキーパー 高級レッドシダー

シューズストレッチャー

シューキーパー

シューキーパー 高級木製レッドシダー

シューズストレッチャー

シューキーパー Pine Tree

シューキーパー 木製 高級レッドシダー 2019

SHOE TREE 9901

シューキーパー 高級天然木松製

シューズキーパー

特徴天然木レッドシダーが適度な湿気を保つ!長く愛用できるシ...天然木で低価格!気軽に使える高コスパ長く使える耐久性の高い金属ハンドル長く愛用できる香りのよいアロマティックシダーを使用機能も見た目も高品質。お手頃価格なのが嬉しい靴のニオイを予防しながらシワを伸ばすSS~Lまで選べる豊富なサイズ展開天然レッドシダー100%。紳士用革靴におすすめ靴のお手入れアイテムが付いたお得なセット靴が窮屈なときに役立つストレッチャー兼用タイプパイン材使用の高級感溢れるデザインのシューキーパー香りのいいレッドシダーを使用。靴に合わせやすいのも◎英国靴メーカーの純正品。大切な靴を長く使いたい方に使い慣れていない方に嬉しい説明図付き大量買いするならお買い得なこちらがおすすめ
最安値
2,480
送料無料
詳細を見る
1,320
送料要確認
詳細を見る
2,180
送料無料
詳細を見る
3,500
送料無料
詳細を見る
2,420
送料要確認
詳細を見る
2,000
送料無料
詳細を見る
2,580
送料要確認
詳細を見る
2,420
送料要確認
詳細を見る
2,480
送料要確認
詳細を見る
2,480
送料要確認
詳細を見る
1,500
送料無料
詳細を見る
14,300
送料要確認
詳細を見る
2,780
送料無料
詳細を見る
400
送料別
詳細を見る
材質木(レッドシダー/ニスなし)木(天然木/ニスなし)木(天然木/ニスなし)木(アロマティックシダー/ニスなし)木(レッドシダー/ニスなし)木(レッドシダー/ニスなし)強化ABS樹脂・スチール木(レッドシダー/ニスなし)木(レッドシダー/ニスなし)木(天然木/ニスなし)木(パイン材)木(レッドシダー/ニスなし)木(ライムウッド/ニスなし)木(天然木/ニスなし)ポリプロピレン
構造スプリング式スプリング式ネジ式スプリング式スプリング式スプリング式ネジ式スプリング式スプリング式ネジ式スプリング式スプリング式スプリング式スプリング式スプリング式
スプリットサイドスプリットフルラストハーフラストハーフラストサイドスプリットサイドスプリットハーフラストサイドスプリットサイドスプリットハーフラストサイドスプリットハーフラストフルラスト再度スプリットフルラスト
チューブの本数ダブルシングルシングルシングルダブルダブルシングルダブルダブルシングルダブルシングルダブルダブルダブル
長さS24.5~26cm・M26~29cm・L28.5~29.5cmM23.5~26.5cm・L27.0~30.0cm女性用22.5~26.5cm・男性用26.5~28.0cm-M25.5~27.5cm・L26.5~28.5cm27.0~29.0cmSS20.0~23.5cm・S22.0~25.5cm・M24.0~27.5cm・L26.0~29.5cm24.8~26.8cm・25.8~27.8cm・26.8~28.8cm24.5~25.9cmS22~24.5cm・M24~26.5cm・L26~28.5cm25.5~26cm・26.5~27.5cm・28~28.5cm26~28.5cm-(UK5~UK9まで展開)25.5~27.0cm24cm~30cm
甲幅S約7.8~8.2cm・M約8.5~9.0cm・L8.6~9.1cmM8cm・L8.5cm7~8cm・8~9cm-M7.9cm・L8.5cm8.5~9.0cm-7.4~8.2cm・8~8.8cm・8.5cm~9.3cm7.8~8.2cm-8.5cm・8.5cm・9.0cm8.3~10cm-8.0~9.0cm-
甲高S約6.2cm・M約7.8cm・L約8.3cm5cm--M6.7cm・L7.5cm7.8cm-6.2cm・6.7cm・7.2cm6.2cm-6.5cm・7.0cm・7.0cm7.5cm-6.5cm-
商品リンク

シューキーパーを使うタイミングはいつ?

シューキーパーを使うタイミングはいつ?

シューキーパーっていつから使うの?と思う方もいるかもしれません。実は、使い始めるのは必ずしも新品の状態からでなくてもOK。靴のシワや型崩れが気になってきたときから使い始めて大丈夫です。


入れるタイミングは脱いですぐが基本。帰宅後にシューキーパーを入れ、きちんとシワを伸ばした状態でブラシやクリームでのお手入れをすると良いでしょう。次に履く時までは入れっぱなしで保管してください。


ただし、雨に濡れてしまったときや多く汗をかいた日などは、丸めた新聞紙などを入れてしっかり水分を吸い取ってから使うのがベター。湿気が多すぎる状態でシューキーパーを使うとカビの原因になってしまいますので、この点には注意してくださいね。

スニーカーにもシューキーパーは必要?

スニーカーにもシューキーパーは必要?

シューキーパーは革靴だけに使うものと思っている方も多いですよね。でも、シューキーパーは、レザースニーカーを長持ちさせるのにも効果的です。革靴と同じように、履きジワができるのを防ぎ、除菌や脱臭にも一役買ってくれますよ。


スニーカーとはいえ、自宅で使用するなら、やはり木製のしっかりしたものを選ぶことが大事。スニーカーのサイズに合わせて、程よくテンションがかかるものがおすすめです。レザースニーカーをお持ちの方は、ぜひ試してみてくださいね。

革靴の型崩れ防止には防水スプレーも!

革靴にとって雨は大敵。水が染み込んでしまうと型崩れがおこりやすくなってしまうので、日頃から防水スプレーを使っておくのがおすすめです。以下の記事で詳しくご紹介していますので、シューキーパーと一緒に揃えてみてくださいね。

シューキーパーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、シューキーパーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認してください。

まとめ

今回はシューキーパーについてお届けいたしましたが、いかがでしたか?


シューキーパーは、型崩れをおこしやすい革靴の形をしっかり維持して、シワも伸ばしてくれるため非常に便利なアイテムです。大切な靴を長く楽しむためにも、適正なシューズキーパーを賢く選んで活用してみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す