• フットカバーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • フットカバーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • フットカバーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • フットカバーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • フットカバーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

フットカバーのおすすめ人気ランキング10選

パンプスやスニーカーを履くときに着用したい、カバーソックス。脱げないようにすべり止めやアンクルストラップなどの工夫がされている商品もあれば、通気性の良さがウリの5本指、爪先の開いたハーフタイプなどバリエーションもさまざまです。グンゼ・ユニクロ・無印良品・靴下屋などあらゆるメーカーから販売されていますが、比較ポイントは一体どこなのでしょうか。わかりにくいですよね。

そこで今回は、フットカバーの選び方のポイントと、通販で購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。メンズ・レディース、どちらも登場しますので、口コミ・性能・価格をきっちり比較して、あなたに合った一足を見つけてくださいね!
  • 最終更新日:2018年06月12日
  • 26,189  views
目次

フットカバーの選び方のポイント

それでは早速、フットカバー選びで気を付けたいポイントについて解説していきます。

靴に合わせて深さやタイプを選ぶ

フットカバーにはいろいろな種類のものがあるので、まずはどんな靴と一緒に履きたいのかを考えて、タイプを絞っていきましょう。

パンプスやローファーには見えにくい「浅型」

パンプスやローファーには見えにくい「浅型」

出典:tabio.com

パンプスやローファーなど、甲が大きく開いた靴と合わせるときには浅めのフットカバーを選びましょう。指の股がちょうど隠れるくらいの、ギリギリの浅さのフットカバーなら靴からはみ出してしまう心配もありません。

また今回のランキングでは登場しませんが、側面の開いたセパレートのものを履く場合には、くびれタイプという爪先とかかとで分かれたフットカバーもおすすめです。

スリッポンやスニーカーには脱げにくい「深型」

スリッポンやスニーカーには脱げにくい「深型」

出典:tabio.com

スリッポンやスニーカーなど、ソックス自体が見えてしまう心配の少ない靴と合わせるときには、深めのフットカバーを選びましょう。もちろん浅めのフットカバーでも問題はないのですが、適度に深さがあったほうが脱げる可能性も低くなり、履き心地が格段に良くなります。

ただ当然パンプスなどを履く際に使い回すことはできないので、普段履く靴の傾向に合わせて選ぶと良いでしょう。

爪先やかかとの開いた靴には「専用タイプ」

爪先やかかとの開いた靴には「専用タイプ」

出典:tabio.com

特殊な形状の靴を履く場合には、それぞれ専用のものを合わせた方が見た目が良いです。オープントゥに合わせる場合は指先の開いたハーフタイプを、スリングバックなどのかかとが開いた靴に合わせる場合はストラップタイプをそれぞれ選びましょう。

ただしそもそもフットカバーは見せるものではないので、サンダルなどで肌を大きく露出させるときは素足で履くか、もしくはスニーカーソックスやストッキングなどを合わせた方が無難です。

好みに合わせて素材を選ぶ

フットカバーの形を決めたら、今度は好みに合わせて素材を選んで行きましょう。代表的な2つの素材について簡単に特徴を解説します。

ムレを防いで爽やかに履きたいなら「コットン」

ムレを防いで爽やかに履きたいなら「コットン」

出典:tabio.com

綿素材のものは通気性に優れているので、特に汗をかきやすい夏場などにおすすめ。全体に適度な締め付けがあるので履き口部分がきつくないものが多く、長時間履いても痛くなりにくいです。ただ綿素材はやや厚みがあるため、靴によってはサイズがきつくなってしまう可能性もあります。

ちなみに、もっとムレを改善したいという方には爪先が5本指に分かれたタイプもおすすめです。指が自由に動かせるので履き心地がよく、また血行が良くなるので冬場の冷え性対策としても活躍しますよ。

肌触りがいいのはナイロンやポリエステルなどの「化学繊維」

肌触りがいいのはナイロンやポリエステルなどの「化学繊維」

出典:tabio.com

ナイロンやポリエステルなど、化学繊維製のものは非常に薄手のものが多く、肌触りが良いのが特徴。靴との摩擦が少なく、デザイン的に目立ちにくいものも多いので、サイズやシーンを選ばず履くことができます。ただ全体的に締め付けが強いので、長時間履くにはやや不向きです。

ビジネスシーンなどで化学繊維製のものを長時間履かざるを得ないという場合は、履き口やかかと部分にコットンを挟むなど工夫してみましょう。

脱げにくさ重視ならすべり止め付きがおすすめ

脱げにくさ重視ならすべり止め付きがおすすめ

出典:tabio.com

フットカバーをすでに履いたことがあるという人の中には、すぐ脱げてしまって困っている、という方も多いはず。そんな方におすすめなのが、すべり止めが付いたフットカバーです。特に浅型のフットカバーは脱げやすいので、できるだけすべり止めなど脱げない対策が施されたものを選んでください。

かかと部分にジェルやラバーが配置されたもののほか、履き口にシリコンを貼りつけてあるものなど、工夫は商品によっていろいろ。製品情報と合わせて、口コミなどの評価も参考にして選びましょう。

縫い目もチェック、無縫製ならより安心

フットカバーは通常のソックスよりも生地が薄いものが多いため、ちょっとした縫い目でも履き心地に大きく影響を与えます。特に縫い目の位置がずれているものは脱げやすいだけでなく、履き続けていると靴擦れを起こす危険性も。特に安いセット商品などにこういった傾向の商品が多いので、気になる方はできるだけ無縫製のものを選ぶようにしましょう。

フットカバーのおすすめ人気ランキング10選

それではいよいよここからは、おすすめのフットカバーをご紹介していきます。気になるフットカバーを見つけたら、ぜひ一度試してみてくださいね!
10位
バックストラップカバーソックス
出典:amazon.co.jp

Aimmee Francバックストラップカバーソックス

750円

9位
8位
7位
メンズ滑り止め付きフットカバー
出典:amazon.co.jp

Timber Homeメンズ滑り止め付きフットカバー

1,430円 (税込)

6位

節川手袋5本指フットカバーソックス

781円 (税込)

5位
4位
3位
脱げにくいフットカバー
出典:muji.net

無印良品脱げにくいフットカバー

390円 (税込)

2位
ベリーショートソックス
出典:uniqlo.com

ユニクロベリーショートソックス

290円 (税別)

1位

タビオ無地カジュアルカバーソックス

864円 (税込)

おすすめ人気フットカバーの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格商品リンク
1
無地カジュアルカバーソックス

タビオ

無地カジュアルカバーソックス

デオセル素材で消臭・速乾効果バツグン、...864円(税込)詳細を見る
2
ベリーショートソックス

ユニクロ

ベリーショートソックス

ユニセックスで使えるシンプルデザインが魅力290円(税別)詳細を見る
3
脱げにくいフットカバー

無印良品

脱げにくいフットカバー

「脱げにくさ」を追求したフットカバー390円(税込)詳細を見る
4
無地5本指ソックス

May-One

無地5本指ソックス

浅型の5本指ソックスで夏も快適に1,270円(税込)詳細を見る
5
レディースフットカバー

Pro-Life

レディースフットカバー

きちんと隠れて脱げにくい、コスパ優秀な浅型1,300円(税込)詳細を見る
6
5本指フットカバーソックス

節川手袋

5本指フットカバーソックス

シルクとコットンの多層構造で蒸れずに暖かい781円(税込)詳細を見る
7
メンズ滑り止め付きフットカバー

Timber Home

メンズ滑り止め付きフットカバー

スニーカーやデッキシューズに最適なメン...1,430円(税込)詳細を見る
8
フットカバー

WALCHA

フットカバー

使い回しやすい切替柄のアソートセット1,277円(税込)詳細を見る
9
オープントゥソックス

Nice Days

オープントゥソックス

爪先が開いているからオープントゥでも安心836円(税込)詳細を見る
10
バックストラップカバーソックス

Aimmee Franc

バックストラップカバーソックス

オープンバックに合わせやすいバックストラップ750円詳細を見る

フットカバーを脱げにくくするコツ

フットカバーを脱げにくくするコツ

出典:muji.net

フットカバーで1番の悩みは、やはり脱げてしまうことですよね。脱げるまでいかないにしても、フットカバーがズレたり滑ると不快です。

足の裏が乾燥していると滑りやすいので、フットカバーを履く前にクリームをかかとに塗ってしっかり保湿しておくと脱げにくくなります。浅めのフットカバーの場合は、かかとから履くとしっかりかかとをホールドしてくれるので是非試してみてください。

また正しい歩き方も大事で、足の裏がきちんと反るように滑らかに歩くことも脱げにくくするコツです。

まとめ

いかがでしたか?自分に合ったフットカバーを履くと、快適性や履き心地が格段に変わります。

他の人が絶賛する商品でも自分の足には合わないということもありますので、商品の特徴を比較しながら、自分に合う一足をぜひ見つけてみてくださいね♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す