1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. 自転車
  6. >
  7. 自転車用テールライトのおすすめ人気ランキング11選【ソーラー充電・自動点灯タイプも!】
  • 自転車用テールライトのおすすめ人気ランキング11選【ソーラー充電・自動点灯タイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 自転車用テールライトのおすすめ人気ランキング11選【ソーラー充電・自動点灯タイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 自転車用テールライトのおすすめ人気ランキング11選【ソーラー充電・自動点灯タイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 自転車用テールライトのおすすめ人気ランキング11選【ソーラー充電・自動点灯タイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 自転車用テールライトのおすすめ人気ランキング11選【ソーラー充電・自動点灯タイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

自転車用テールライトのおすすめ人気ランキング11選【ソーラー充電・自動点灯タイプも!】

最近ロードバイクやクロスバイクに乗る方が増えてきましたが、安全対策はしっかり行っていますか?事故のリスクが高くなる夜間の自転車移動が多い場合は、「テールライト」を取付けておくと安心です。しかし、自動点灯タイプや点灯機能付きのもの、USB充電ができるものなど種類が豊富。取付け方式もさまざまなため、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、自転車用テールライトの詳しい選び方と合わせて、通販でも購入できるおすすめの商品を人気順にご紹介します。ソーラー充電対応のものや、視認性の高いLED採用のものもランクイン!愛車にぴったりのテールライトを取付けて、夜間も安全に走行しましょう!
  • 最終更新日:2020年03月30日
  • 181,677  views
目次

自転車用テールライトは、なぜ必要?

自転車用テールライトは、なぜ必要?

前を照らすためのフロントライトは付けているけど、テールライトは付けていない。意外とそんな方も多いようです。でも、このような状態での走行は大変危険です。


テールライトがない自転車は、後ろを走っている車やバイクなどに気付かれにくいため、後方からの衝突事故となる可能性があります。このような事故を防ぐためには、テールライトをきちんと点灯して、他のドライバーに自分の存在を知らせることが必要。もちろん、それは、自分自身の安全を守ることにもつながります。


夜間にかかわらず、雨や霧、トンネル内などでも視界が悪くなりますので、夜は自転車に乗らないという方でも、きちんと備えておくことが大切です。テールライトを付けていない方は、少しでも早く取り付けるようにしてくださいね。

自転車用テールライトの選び方

それでは、自転車のテールライトの選び方をみていきましょう!

視認性の高いものを選ぶ

視認性の高いものを選ぶ
まずは明るさと見やすさの両方をチェックして、視認性の高いものを選ぶことが大事です。

東京都の道路交通規則では「赤色で、夜間、後方100mの距離から点灯を確認できる光度を有する尾灯」と具体的に指示されており、その他の県でもほぼ同じく「赤色(または橙)」「後方100m(50mの県もあり)から点灯が確認できること」と指定されています。


つまり、色は赤色を選ぶことが重要。明るさは、後方100mの距離からしっかり確認できるものである必要があるため、LED搭載や高輝度など見やすいライトを選びましょう

バッテリー方式で選ぶ

バッテリー方式は大きく分けて「乾電池タイプ・USB充電タイプ・ソーラータイプ」の3つ。各タイプの特徴を理解して自分に適したものを選びましょう。

電池式は連続使用時間が長いものを

電池式は連続使用時間が長いものを

電池持ちが良いといわれているのは乾電池式のテールライトです。最近では、長いものでは100時間以上(30分点灯で200日分)点灯するタイプも販売されています。電池交換の手間を省くためにも、できるだけ長く持つものを選んでおくとよいでしょう。

面倒なら、USB充電やソーラー電池も選択肢に

面倒なら、USB充電やソーラー電池も選択肢に
最近人気のUSB充電タイプは、乾電池不要で手軽に使えるのが魅力です。ライトに充電するだけなので、電池交換が面倒という方にぴったり。ただし充電が切れると当然ながら使用できませんので、まめな充電が必須です。

太陽光で充電されるソーラータイプなら、基本的に電池や充電は不要。うっかり電池切れなんてことも防止できますよ。ただし、ソーラーは永久的に使えるものではないということも覚えておきましょう。

使用シーンに合わせて選ぶ

自分の使用シーンや使い方に合ったものを選ぶことも大事です。次のポイントを参考に、自分の利用シーンに合った機能付き・仕様のものを選んでくださいね。

雨の日に走ることが多い人は防水性をチェック

雨の日に走ることが多い人は防水性をチェック
走行中、突然雨が降り出すこともありますよね。防水機能付きのライトであれば、雨の日や水たまりの上を走ったときでも安心です。

軽い防水機能だけでは大雨にあたったり、水しぶきを浴びたりを繰り返すと壊れやすくなります。とくに雨の日でも自転車に乗るという人は、防水性の高いものを選びましょう。

自動点灯機能があるとさらに便利

自動点灯機能があるとさらに便利

自転車用テールライトには、暗い場所で走ると自動で点灯してくれる「自動点灯(オートライト)機能」が付いたアイテムもあります。オンオフタイプのライトではうっかり付け忘れてしまうという人は、自動点灯機能付きを選んでおきましょう

取り付け位置も確認しよう

テールライトは、商品によって取り付ける位置が異なり、その取り付け方には大きく分けて「シートポストタイプ・シートステータイプ」の2種類があります。自分の自転車に合う取り付けタイプを選びましょう。

ロードバイクには「シートポストタイプ」がぴったり

ロードバイクには「シートポストタイプ」がぴったり
シートポストとはサドル下の軸の部分のこと。着脱式のテールライトを装着しやすいため、USB充電式などで頻繁に取り外す方におすすめです。ロードバイクに取付ける場合も、シートポストタイプが好まれています。

ただし、サドルバッグをセットしている場合はシートポストへの装備ができません。その際はシートステーに取り付けましょう。

サドルバッグ使用時は「シートステータイプ」を。右側に装備するのが◎

サドルバッグ使用時は「シートステータイプ」を。右側に装備するのが◎

シートステーとは、タイヤ側面のフレーム部のこと。先述したように、サドルバッグなどを使っていてシートポストに取り付けられない方は、シートステータイプを選びましょう。シートステーも着脱が容易な部分です。


取り付けるときは、自転車の右側がおすすめ。自転車は基本的に左側走行のため、右にあった方が視認性が高まります。シートステーへの取付けも難しい場合は、サドルやサドルバッグに直接取り付けるタイプも検討してみましょう。

自転車用テールライトのおすすめ人気ランキング11選

人気の自転車用テールライトをランキング形式でご紹介します。


なお、ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月15日時点)をもとに順位付けしています。

11位

GARMIN(ガーミン)Varia RTL510 リアビューレーダー

010-01975-00

23,800円

ライトの色
ライトの種類LED(最大65ルーメン)
バッテリーUSB充電式
防水性能IPX7
自動点灯機能-
取り付け位置シートポスト
10位
ライトの色
ライトの種類LED
バッテリーUSB充電式
防水性能-
自動点灯機能-
取り付け位置シートポスト
9位

パナソニックサイクルテックLEDかしこいテールライト

SKL090

1,456円 (税込)

ライトの色
ライトの種類LED
バッテリー乾電池
防水性能-
自動点灯機能
取り付け位置シートポスト、シートステー
8位
ライトの色-
ライトの種類-
バッテリーソーラー充電式
防水性能-
自動点灯機能
取り付け位置ドロヨケ
7位
ライトの色
ライトの種類LED
バッテリーUSB充電式
防水性能IPX6
自動点灯機能
取り付け位置シートポスト
6位
ライトの色
ライトの種類LED(100ルーメン)
バッテリーUSB充電式
防水性能IPX6
自動点灯機能-
取り付け位置シートポスト、シートステー
5位
ライトの色
ライトの種類LED
バッテリーUSB充電式
防水性能IPX65
自動点灯機能
取り付け位置シートポスト
4位
ライトの色
ライトの種類LED
バッテリーソーラー充電式
防水性能-
自動点灯機能
取り付け位置シートポスト
3位
ライトの色
ライトの種類LED
バッテリー電池式
防水性能-
自動点灯機能
取り付け位置シートポスト、シートステー
2位
ライトの色
ライトの種類LED(15ルーメン)
バッテリーUSB充電式
防水性能-
自動点灯機能
取り付け位置シートポスト
1位
ライトの色
ライトの種類LED
バッテリー電池式
防水性能-
自動点灯機能
取り付け位置シートボスト、シートステー

人気自転車用テールライトの比較一覧表

商品画像
1
自転車用テールライト キャットアイ オムニ5 1枚目

キャットアイ

2
自転車用テールライト キャットアイ ラピッドマイクロオート 1枚目

キャットアイ

3
自転車用テールライト キャットアイ オムニ3 オート 1枚目

キャットアイ

4
自転車用テールライト RTK.com サイクルリアライト 1枚目

RTK.com

5
自転車用テールライト LAOPAO USB充電式リアライト 1枚目

LAOPAO

6
自転車用テールライト NQY COBテールライト 1枚目

NQY

7
自転車用テールライト ENFITNIX XLite100 スマートテールライト 1枚目

ENFITNIX

8
自転車用テールライト ブリヂストンサイクル ソーラーテール 1枚目

ブリヂストンサイクル

9
自転車用テールライト パナソニックサイクルテック LEDかしこいテールライト 1枚目

パナソニックサイクルテック

10
自転車用テールライト キャットアイ セーフティーライト WEARABLE X 1枚目

キャットアイ

11
自転車用テールライト GARMIN(ガーミン) Varia RTL510 リアビューレーダー 1枚目

GARMIN(ガーミン)

商品名

オムニ5

ラピッドマイクロオート

オムニ3 オート

サイクルリアライト

USB充電式リアライト

COBテールライト

XLite100 スマートテールライト

ソーラーテール

LEDかしこいテールライト

セーフティーライト WEARABLE X

Varia RTL510 リアビューレーダー

特徴LEDライトを5個搭載した高コスパ商品充電切れを防ぐバッテリーインジケーター付き最長350時間の利用が可能な長寿ライト電池・充電切れを気にせず使えるソーラーパワー振動と明るさを検知するスマートチップ搭載取り付け位置が選べる汎用性の高さが魅力明るさやブレーキを感知して自動点灯スタンダードタイプのソーラー充電式ライト便利な自動点灯・マーカー点灯機能付きライトバッグやウェアへの取り付けもOK防水性・視認性に優れた高級テールライト
最安値
1,137
送料無料
詳細を見る
2,889
送料別
詳細を見る
1,650
送料別
詳細を見る
360
送料要確認
詳細を見る
2,398
送料要確認
詳細を見る
1,580
送料要確認
詳細を見る
1,950
送料無料
詳細を見る
1,991
送料要確認
詳細を見る
1,456
送料別
詳細を見る
2,556
送料別
詳細を見る
ライトの色-
ライトの種類LEDLED(15ルーメン)LEDLEDLEDLED(100ルーメン)LED-LEDLEDLED(最大65ルーメン)
バッテリー電池式USB充電式電池式ソーラー充電式USB充電式USB充電式USB充電式ソーラー充電式乾電池USB充電式USB充電式
防水性能----IPX65IPX6IPX6---IPX7
自動点灯機能---
取り付け位置シートボスト、シートステーシートポストシートポスト、シートステーシートポストシートポストシートポスト、シートステーシートポストドロヨケシートポスト、シートステーシートポストシートポスト
商品リンク

点滅するライトはNG?選ぶときの注意点

点滅するライトはNG?選ぶときの注意点

自転車用テールライトには、点灯ではなく点滅するタイプもあります。身の安全を守るためには交通規則に則ったものを選ぶことが重要


各県の道路交通規則では「後方〇mから”点灯”を確認できるもの」と指示されていますので、点滅するだけではNGです。そのため点滅ではなく点灯するライトを選んでくださいね。

ロード・クロスバイクにもライトを装備しよう

自転車の種類に関わらず、安全に走行するためにも、ライトはきちんと取付けておくことが大事。以下の記事では、ロードバイクとクロスバイクにぴったりのライトをご紹介していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

自転車用テールライトの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、自転車用テールライトのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認してください。

まとめ

おすすめのテールライトをご紹介しましたが、いかがでしたか?


テールライトには2,000円以下で買えるものもあり、比較的に気軽に買える自転車アクセサリーの1つです。自転車にテールライトや反射板のない方は、安全のための投資だと思って、この機会に用意してくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す