• 真空管アンプの最強おすすめ人気ランキング20選【ラックスマン・トライオードも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 真空管アンプの最強おすすめ人気ランキング20選【ラックスマン・トライオードも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 真空管アンプの最強おすすめ人気ランキング20選【ラックスマン・トライオードも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 真空管アンプの最強おすすめ人気ランキング20選【ラックスマン・トライオードも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 真空管アンプの最強おすすめ人気ランキング20選【ラックスマン・トライオードも!】のアイキャッチ画像5枚目

真空管アンプの最強おすすめ人気ランキング20選【ラックスマン・トライオードも!】

昔ながらの真空管を利用したオーディオ機器「真空管アンプ」。真空管ならではのやさしい音が出せるため、音に拘りたい人の間で人気があります。しかし、Luxman・ATTOZEN・TRIODなど多数のメーカーが販売しており、スペックもさまざま。はじめて商品を購入する人はどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、真空管アンプの選び方と、おすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。初心者でも扱いやすいものから、ハイレゾ対応の高品質モデルまで幅広く登場!ぜひ、最高の音を出してくれる真空管アンプを手にいれてくださいね。

  • 最終更新日:2019年12月09日
  • 92,536  views
目次

真空管アンプで心地よいサウンドを楽しもう!

真空管アンプで心地よいサウンドを楽しもう!

真空管アンプとは、真空管を用いてアンプを組みスピーカーを駆動させる仕組みの装置のことです。現在はトランジスタアンプが大半ですが、音に拘りたい人にはまだまだ人気。ほんのり温かい光を放ち、真空管にしか出せない温かみのある音を楽しめるのが魅力です。


定番のトランジスタと真空管アンプの大きな違いは、その音質。低音から高音までの音域や出力はトランジスタが上ですが、真空管アンプは、ガラスを使った設計上、共振が起こりやすくエコーのような音を出せるのが特徴です


もちろん、昔のレコード音源のサウンドだけでなく、最新のハイレゾ音源まで幅広く利用可能。選ぶ商品によって大きく音が変わるのも面白いポイントですよ。ぜひ、拘りの真空管アンプを手にいれて、その心地よい響きを堪能してみませんか。

真空管アンプの選び方

真空管アンプには様々な種類が存在し、それぞれ音質などが変わります。次からは、その選び方のポイントを見ていきましょう。

初心者は主流の「プリメインアンプ」が最適

初心者は主流の「プリメインアンプ」が最適
真空管アンプを利用する方法は、プリアンプとパワーアンプが一体化したプリメインアンプを購入するか、それぞれ別々に揃えてセッティングするセパレート式にするかの2通りありますが、初めのうちは操作が簡単なプリメインアンプを選ぶのがおすすめです。

プリメインアンプは、真空管アンプの主流で製品のラインナップや種類も豊富。プリメインアンプであれば、細かく設定する必要がなく、使いやすいのが特徴です。機器を2つ購入しなければいけないセパレート式より、コストを抑えることもできますよ。

聴きたい音に合った出力を選ぶ

聴きたい音に合った出力を選ぶ

出力数は、どんな音を聴きたいかによって変わってきます。普段聴いている音量が、さほど大きくないのであれば数ワット程度の出力数でOK。シングルアンプとの相性が良い真空管アンプを選ぶといいでしょう。真空管らしいやわらかい音が楽しめます。


普段から聴いている音が大きい人は、10W以上を目安に選ぶようにしてください。自宅の部屋で音楽を聴く程度であれば十分対応できるレベルです。あまり大きな音で鳴らすと、真空管アンプの音の良さが減少してしまうことも踏まえて選んでくださいね。

シングルアンプか、プッシュプルアンプかを確認

シングルアンプか、プッシュプルアンプかを確認
真空管アンプは管が1つのシングルアンプと、左右に2つずつ搭載したプッシュプルアンプの2種類があります。

このうち、音質重視で選びたい人は、シングルアンプがおすすめ。シングルアンプは真空管の動作の中で、直線性の音が良くなる箇所に音の信号を入れる設計のため、音質がよくなるのが特徴です。ただし、音を増幅させる効率が悪く、小出力になります。


一方、なるべく出力が高いアンプがいい場合は、プッシュプルアンプが最適です。シングルアンプに比べると音質は劣りますが、出力効率がよくなりますよ。

真空管の管の種類で選ぶ

真空管の管の種類で選ぶ

真空管アンプに搭載されている管は、大きく分けると「MT管」「GT管」「ST管」の3種類に分かれています。どの音がいいとは一概に言えませんが、最も種類が多く、真空管の主流となっているのは、MT管です。以前は「GT管」が主流でしたが、今はほとんどが「MT管」に置きかえられています。


MT管を搭載した商品は、手軽に入手しやすく、できるだけコストを抑えたい人にもピッタリ。初めて購入する人にもおすすめです。なお、音にこだわりたいオーディオファンには、一番大きいST管が人気ですよ。

高音質に拘りたい人はハイレゾ対応もチェック

高音質に拘りたい人はハイレゾ対応もチェック

真空管アンプで高音質音源を再生したいと考えている人は、ハイレゾ対応の真空管アンプが最適です。非対応の商品と比較するとコスト面は上がりますが、より良い音質で温かい音が楽しめますよ。高音質なサウンドに拘りたい人は、ハイレゾ対応商品もチェックしてみましょう。

真空管アンプのおすすめ人気ランキング20選

では、ここまで見てきた真空管アンプの選び方を踏まえて、初心者におすすめしたい真空管プリメインアンプの人気商品をランキングで見ていきましょう!

20位
種類プリメイン
出力35w+35w
管の種類ST管
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
19位

CAV真空管ステレオプリメインアンプ

109,129円 (税込)

種類プリメイン
出力20W+20W
管の種類ST管
アンプ数プッシュプル
ハイレゾ対応
18位
種類プリメインアンプ
出力2W+2W
管の種類MT管
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
17位
種類プリメイン
出力15W+15W
管の種類
アンプ数プッシュプル
ハイレゾ対応
16位
種類プリメイン
出力3W+3W
管の種類
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
15位
種類プリメイン
出力11W+11W
管の種類
アンプ数プッシュプル
ハイレゾ対応
14位
種類プリメイン
出力3.5W+3.5W
管の種類
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
13位
種類プリメイン
出力12W~25W
管の種類
アンプ数
ハイレゾ対応
12位

SOUNDWARRIOR真空管プリメインアンプ

SW-T20

59,800円

種類プリメイン
出力3.5W+3.5W
管の種類MT管
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
11位
種類プリメイン
出力3.2W+3.2W
管の種類
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
10位
種類プリメイン
出力3.6W+3.6W
管の種類
アンプ数
ハイレゾ対応
9位
真空管アンプ トライオード TRK-3488キット 1枚目
出典:amazon.co.jp

トライオードTRK-3488キット

TRK-3488

94,050円 (税込)

種類プリメイン
出力7W+7W
管の種類
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
8位
種類プリメイン
出力3W+3W
管の種類MT管
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
7位
種類プリメイン
出力6W+6W
管の種類
アンプ数
ハイレゾ対応
6位
種類プリメイン
出力20W+20W
管の種類GT管
アンプ数プッシュプル
ハイレゾ対応
5位
種類プリメイン
出力25W+25W
管の種類ST管
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
4位
種類プリメイン
出力8W+8W
管の種類
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
3位

J-BestshopA1 真空管式ステレオ・プリメインアンプ

32,899円

種類プリメイン
出力12W
管の種類
アンプ数シングル
ハイレゾ対応
2位
種類プリメイン
出力10W+10W
管の種類MT・ST
アンプ数プッシュプル
ハイレゾ対応
1位
種類プリメイン
出力12W+12W
管の種類
アンプ数
ハイレゾ対応

人気真空管アンプの比較一覧表

商品画像
1
真空管アンプ North Flat Japan FX-AUDIO- TUBE-04J 1枚目

North Flat Japan

2
真空管アンプ LUXMAN(ラックスマン) SQ-N150 1枚目

LUXMAN(ラックスマン)

3
真空管アンプ J-Bestshop A1 真空管式ステレオ・プリメインアンプ 1枚目

J-Bestshop

4
真空管アンプ GemTune GS-01 1枚目

GemTune

5
真空管アンプ CarotOne EX ERNESTOLO 50K EX 1枚目

CarotOne

6
真空管アンプ LUXMAN LX-380 1枚目

LUXMAN

7
真空管アンプ ATTOZEN Reisong A10 1枚目

ATTOZEN

8
真空管アンプ TRIODE Ruby 1枚目

TRIODE

9
真空管アンプ トライオード TRK-3488キット 1枚目

トライオード

10
真空管アンプ ATTOZEN BOYUU A2 1枚目

ATTOZEN

11
真空管アンプ SoundWarrior SWL-AA1 1枚目

SoundWarrior

12
真空管アンプ SOUNDWARRIOR 真空管プリメインアンプ

SOUNDWARRIOR

13
真空管アンプ Carot One ERNESTOLONE PHONO EX 1枚目

Carot One

14
真空管アンプ バトラー Vacuum 6W MK2 1枚目

バトラー

15
真空管アンプ TRIODE Luminous 84 1枚目

TRIODE

16
真空管アンプ TRIODE Pearl 1枚目

TRIODE

17
真空管アンプ radius RA-VT11L 1枚目

radius

18
真空管アンプ イーケイジャパン ELEKIT TU-8100

イーケイジャパン

19
真空管アンプ CAV 真空管ステレオプリメインアンプ

CAV

20
真空管アンプ TRIODE TRV-5SE

TRIODE

商品名

FX-AUDIO- TUBE-04J

SQ-N150

A1 真空管式ステレオ・プリメインアンプ

GS-01

EX ERNESTOLO 50K EX

LX-380

Reisong A10

Ruby

TRK-3488キット

BOYUU A2

SWL-AA1

真空管プリメインアンプ

ERNESTOLONE PHONO EX

Vacuum 6W MK2

Luminous 84

Pearl

RA-VT11L

ELEKIT TU-8100

真空管ステレオプリメインアンプ

TRV-5SE

特徴真空管とデジタルのハイブリット人気商品トーンコントロールも可能なA4サイズの真空管アンプ初心者用入門機として十分利用できる商品柔らかくバランスの良い音が楽しめるインテリアの1つとしても楽しめるアンプシックなデザインと安定した出力が魅力中華メーカー「ATTOZEN」の人気商品コンパクトでオシャレな人気真空管アンプ自分で作る楽しみを味わえるアンプコスパ重視の中華メーカーアンプ高級感あるデザインと真空管の光を楽しみたいならこれUSB端子付きでスマホ接続も可能Carot Oneの最上位プリメインアンプハイレゾ対応の品質重視ならこれプッシュプルタイプで高出力のプリメインアンプパールホワイトカラーとブルーの真空化LEDが特徴ハイレゾ音源が楽しめるハイクオリティアンプ低価格で定番の真空管アンプ4段増幅回路で初段の雑音をカットパワフルな出力と高音質を
最安値
6,980
送料要確認
詳細を見る
212,224
送料無料
詳細を見る
要確認
要確認
59,186
送料無料
詳細を見る
428,172
送料無料
詳細を見る
45,715
送料無料
詳細を見る
75,240
送料無料
詳細を見る
94,050
送料無料
詳細を見る
29,388
送料無料
詳細を見る
95,250
送料無料
詳細を見る
要確認
60,958
送料要確認
詳細を見る
46,876
送料要確認
詳細を見る
120,384
送料無料
詳細を見る
75,240
送料無料
詳細を見る
366,300
送料無料
詳細を見る
29,800
送料別
詳細を見る
109,129
送料無料
詳細を見る
要確認
種類プリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインプリメインアンププリメインプリメイン
出力12W+12W10W+10W12W8W+8W25W+25W20W+20W6W+6W3W+3W7W+7W3.6W+3.6W3.2W+3.2W3.5W+3.5W12W~25W3.5W+3.5W11W+11W3W+3W15W+15W2W+2W 20W+20W35w+35w
管の種類MT・STST管GT管MT管MT管MT管ST管ST管
アンプ数プッシュプルシングルシングルシングルプッシュプルシングルシングルシングルシングルシングルプッシュプルシングルプッシュプルシングルプッシュプルシングル
ハイレゾ対応
商品リンク

デジタル対応のプリメインアンプもチェック!

真空管アンプで利用できる機器は、どうしてもデジタル機器より劣ってしまいます。さらに汎用性の高さを求める人は、以下の記事でデジタル対応のプリメインアンプをチェックしてみましょう。

まとめ

今回は真空管アンプの選び方や人気商品を紹介しましたが、いかがでしたか?


真空管アンプは、独特のやさしい音を楽しみたい人に最適の商品です。この記事の選び方を参考に、真空管ならではのポイントを抑えて商品を絞り、自分の環境にピッタリの商品をみつけて音楽を楽しんでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す