• サウンドカードのおすすめ人気ランキング10選【USBタイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • サウンドカードのおすすめ人気ランキング10選【USBタイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • サウンドカードのおすすめ人気ランキング10選【USBタイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • サウンドカードのおすすめ人気ランキング10選【USBタイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • サウンドカードのおすすめ人気ランキング10選【USBタイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

サウンドカードのおすすめ人気ランキング10選【USBタイプも!】

パソコンで音楽を録音したり、ゲーム環境を向上させたりするのにおすすめの「サウンドボード」。オンボード音源より高音質で、ハイレゾにも対応した商品が販売されています。これまでは「PCIe」へ搭載し、利用する商品がメインでしたが、今ではノートパソコンでも利用できる外付け商品も増えてきました。しかし、商品機能には差があり、音質やノイズ・対応しているサラウンド環境にも違いがあるため、比較するのも難しいですよね。

そこで今回は、選び方の難しい「サウンドボード」を購入するときに、チェックしておきたいポイントを、いくつかピックアップ!さらに、通販でも人気の商品を、内蔵型・外付け型にわけて、それぞれランキング形式で紹介していきます。ぜひ、自分にぴったりのサウンドカードを手に入れ、快適なパソコン環境を作っていきましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,384  views
目次

サウンドカードの選び方

では、さっそくサウンドボードの選び方を見ていきましょう!まずはタイプの違いを確認し、自分の欲しい機能を搭載しているかを基準にみるといいですよ。

利用しているパソコンに合わせてタイプを選ぼう

サウンドカードは、大きく分けて「内蔵タイプ」と「外付けタイプ」の2種類があり、それぞれ取り付けに適しているパソコンが異なります。

デスクトップパソコンには「内蔵タイプ」

デスクトップパソコンには「内蔵タイプ」

出典:amazon.co.jp

デスクトップパソコンの場合は、中のマザーボードの基盤を利用して取付けることができるため、「内蔵タイプ」がおすすめです。以前から販売されているタイプで、商品の種類も豊富。外付けしない分、見た目もスッキリします。

ただし、マザーボードへの取り付け作業が必要不可欠。また、パソコンケースやマザーボードのサイズによっては、スペースが足りず搭載できないこともあるので注意が必要です。ちなみに、内蔵タイプの場合、パソコンケース内のノイズを拾ってしまう可能性があるため、ノイズが気になる人は外付けを選択するのもありでしょう。

ノートパソコンには「外付けタイプ」

ノートパソコンには「外付けタイプ」

出典:amazon.co.jp

パソコン内部に取り付けができないノートパソコンを利用している人は、必然的に「外付けタイプ」のサウンドカードを選ぶことになるでしょう。外付けタイプは、USB接続になりますが、高性能な商品も多く販売されてきています。

元々内蔵されていたオンボードは性能が低く、ゲームプレイ時の細かな音声や映画観賞をするためのサラウンド機能に対応していないことも多いはず。外付けタイプのサウンドカードを接続すれば、その全てが可能になります。とくに古いマザーボードを使用している人は、サウンドチップの性能に限界があるため、外付けサウンドカードで補うのがおすすめです。

音質にもこだわろう

サウンドカードを取付けるなら、やはり音質にもこだわりたいところ。より高品質な音を楽しむために押さえておきたい「スペック」を確認していきましょう。

「S/N比」110db以上の商品がおすすめ

「S/N比」110db以上の商品がおすすめ
S/N比は、なるべく数値の高い110db以上の商品を選びましょう。S/N比とは、シグナル・ノイズの略称のこと。音声データ信号の中に、どれだけの雑音が混入するかの比率を表わした数値です。

目安として、一般的な音楽プレーヤーのS/N比率にあたる「110db」前後を基準に商品を選んでいけば、雑音の少ないクリアなサウンドを楽しめるでしょう。音楽の録音や雑音が聞こえると集中しにくくなるFPSなどのゲームをしている人は、特にこだわるといいですよ。

サラウンド機能は「5.1Ch」あれば十分

サラウンド機能は「5.1Ch」あれば十分
サラウンド機能が搭載されていないパソコンを利用している人は、5.1Ch以上のサラウンドに対応した商品を選択しましょう。5.1Chは「ドルビーデジタルサラウンド」とも言われており、映画館でも利用されている仕様。さらに上のスペックになると「7.1Ch」に対応した商品も販売されています。

しかし、それだけの数のスピーカーを設置する必要があるため、あまり実用的ではありません。7.1Ch対応のヘッドホンを利用している人など、使用環境が整っているなら、より臨場感のあるサウンドを楽しむことができるでしょう。

より実音に近いサウンドを楽しみたいならハイレゾ対応を

より実音に近いサウンドを楽しみたいならハイレゾ対応を
よくあるCD音源以上の音の表現力を感じたいのであれば、ハイレゾ対応のサウンドカードを選択しましょう。ハイレゾ音源とは、実際の音をデジタル化した音声のこと。

音声をデジタルへ変換する点ではCD音源と同じですが、ハイレゾ音源はCD音源よりもより原音に近い形でサウンドを変換し再生することができます。その分、音の幅や広がり、低さや高さも細かく楽しむことができるため、よりサウンドの質にもこだわりたい人におすすめです。

接続機器に合わせた端子を搭載した商品を選ぼう

接続機器に合わせた端子を搭載した商品を選ぼう

出典:amazon.co.jp

自分の利用している機器へ接続できる端子を搭載した商品を選ぶこともポイントです。アナログ端子は通常どのサウンドカードにも搭載されているため、数をチェックすればOK。比較すべきは、商品によって搭載されていない、光デジタル端子の有無です。

ステレオミニプラグの音声と光デジタルケーブルの音声は、ノイズの乗りにくさに違いがあります。もし、接続先までできるだけノイズを避けたいのであれば、光デジタル端子に対応している商品を選ぶのがおすすめです。

対応OSもしっかりチェック!

対応OSもしっかりチェック!
自分のパソコンのOSを確認し、自分のパソコンで利用できるサウンドカードを選択しましょう。サウンドカードはパソコンに搭載して利用する商品ですから、システムファイルをインストールするためにパソコンのOSが指定されています。特に、最新型のサウンドカードを購入する場合、古いOSに対応していない可能性もあるため、しっかりチェックしておきましょう。

【内蔵】サウンドカードの人気ランキング5選

それでは、ここまでの選び方を踏まえ、人気のサウンドカードを「内蔵タイプ」と「外付けタイプ」に分けてご紹介していきます。まずは、デスクトップを利用している人におすすめの「内蔵タイプ」の人気商品から見ていきましょう。
5位
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster Audigy Fx
出典:amazon.co.jp

クリエイティブ・メディアSound Blaster Audigy Fx

SB-AGY-FX

3,200円 (税込)

S/N106
サラウンド5.1ch
入力端子3.5mmミニステレオ・3.5mmマイク
出力端子ヘッドホン・3.5mm×2
ハイレゾ対応
対応OSWindows 8、Windows 7、Windows Vista
4位
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster ZxR
出典:amazon.co.jp

クリエイティブ・メディアSound Blaster ZxR

SB-ZXR-R2

19,800円 (税込)

S/N124dB
サラウンド5.1ch
入力端子6.3mmマイク・RCA・光デジタル
出力端子ヘッドホン・3.5mm×2・光デジタル
ハイレゾ対応
対応OSWindows10、Windows 8.1/8、Windows 7
3位
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster Audigy Rx PCI-e
出典:amazon.co.jp

クリエイティブ・メディアSound Blaster Audigy Rx PCI-e

SB-AGY-RX

5,291円 (税込)

S/N106dB
サラウンド5.1・7.1ch
入力端子3.5mmマイク・3.5mmステレオミニ
出力端子ヘッドホン・3.5mm×2・光デジタル
ハイレゾ対応
対応OSWindows8、Windows 7、WindowsVista、Windows XP
2位
サウンドカード クリエイティブ・メディア Creative Sound BlasterX AE-5
出典:amazon.co.jp

クリエイティブ・メディアCreative Sound BlasterX AE-5

SBX-AE5-BK

15,226円 (税込)

S/N122dB
サラウンド5.1・7.1ch
入力端子3.5mmステレオミニ/マイク共用
出力端子ヘッドホン・3.5mm×3・光デジタル
ハイレゾ対応
対応OSWindows10、Windows 8.1/8、Windows 7
1位
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster ZxR
出典:amazon.co.jp

クリエイティブ・メディアSound Blaster ZxR

SB-Z

9,335円 (税込)

S/N116dB
サラウンド5.1ch
入力端子3.5mmライン・マイク・光デジタル
出力端子ヘッドホン・3.5mm×3・光デジタル
ハイレゾ対応
対応OSWindows10、Windows 8、Windows 7

【内蔵】人気サウンドカードの比較一覧表

商品画像
1
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster ZxR

クリエイティブ・メディア

2
サウンドカード クリエイティブ・メディア Creative Sound BlasterX AE-5

クリエイティブ・メディア

3
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster Audigy Rx PCI-e

クリエイティブ・メディア

4
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster ZxR

クリエイティブ・メディア

5
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster Audigy Fx

クリエイティブ・メディア

商品名

Sound Blaster ZxR

Creative Sound BlasterX AE-5

Sound Blaster Audigy Rx PCI-e

Sound Blaster ZxR

Sound Blaster Audigy Fx

特徴臨場感のあるサウンドに拘る人にゲームが有利になるサウンドレーダー機能に対応最大7.1Ch対応したハイレゾ対応サウンドカードハイエンドゲーミングパソコン向けサウンドカードロープロファイル対応で小型パソコンにも搭載可能
価格9,335円(税込)15,226円(税込)5,291円(税込)19,800円(税込)3,200円(税込)
S/N116dB122dB106dB124dB106
サラウンド5.1ch5.1・7.1ch5.1・7.1ch5.1ch5.1ch
入力端子3.5mmライン・マイク・光デジタル3.5mmステレオミニ/マイク共用3.5mmマイク・3.5mmステレオミニ6.3mmマイク・RCA・光デジタル3.5mmミニステレオ・3.5mmマイク
出力端子ヘッドホン・3.5mm×3・光デジタルヘッドホン・3.5mm×3・光デジタルヘッドホン・3.5mm×2・光デジタルヘッドホン・3.5mm×2・光デジタルヘッドホン・3.5mm×2
ハイレゾ対応
対応OSWindows10、Windows 8、Windows 7Windows10、Windows 8.1/8、Windows 7Windows8、Windows 7、WindowsVista、Windows XPWindows10、Windows 8.1/8、Windows 7Windows 8、Windows 7、Windows Vista
商品リンク

【外付け】サウンドカードの人気ランキング5選

続いて、ここからは気軽にサウンド環境を向上させたい人や、ノートパソコン利用者におすすめの「外付けタイプ」サウンドカードを5つ見てみましょう。
5位
サウンドカード Micolindun 外付けサウンドカード
出典:amazon.co.jp

Micolindun外付けサウンドカード

GM-280

1,390円 (税込)

S/N
サラウンド
入力端子USB
出力端子USB×2・3.5mm×2・マイク3.5mm
ハイレゾ対応
対応OSWindows XP, 7, 8, 8.1, 10
4位
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster PLAY! 3
出典:amazon.co.jp

クリエイティブ・メディアSound Blaster PLAY! 3

SB-PLAY3

1,934円 (税込)

S/N
サラウンド
入力端子3.5mmステレオミニ
出力端子3.5mmステレオミニ
ハイレゾ対応
対応OSMac OS・Windows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、Windows Vista
3位
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2
出典:amazon.co.jp

クリエイティブ・メディアSound Blaster X-Fi Go! Pro r2

SB-XFI-GPR2

3,220円 (税込)

S/N
サラウンド3Dサラウンド
入力端子3.5mmステレオミニ
出力端子ヘッドホン・3.5mmステレオミニ
ハイレゾ対応
対応OSWindows 10、Win8、Win7、Windows Vista、Windows XP
2位
サウンドカード ゼンハイザー PC用オーディオアンプ
出典:amazon.co.jp

ゼンハイザーPC用オーディオアンプ

GSX 1000

19,742円 (税込)

S/N
サラウンド7.1ch
入力端子USB
出力端子3.5mmステレオミニ
ハイレゾ対応Windows8.1以降
対応OS
1位
サウンドカード UGREEN GROUP LIMITED 外付けサウンドカード
出典:amazon.co.jp

UGREEN GROUP LIMITED外付けサウンドカード

998円 (税込)

S/N
サラウンド
入力端子3.5mmステレオミニ
出力端子3.5mmステレオミニ
ハイレゾ対応
対応OSMac OS・WindowsXP以降

【外付け】人気サウンドカードの比較一覧表

商品画像
1
サウンドカード UGREEN GROUP LIMITED 外付けサウンドカード

UGREEN GROUP LIMITED

2
サウンドカード ゼンハイザー PC用オーディオアンプ

ゼンハイザー

3
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2

クリエイティブ・メディア

4
サウンドカード クリエイティブ・メディア Sound Blaster PLAY! 3

クリエイティブ・メディア

5
サウンドカード Micolindun 外付けサウンドカード

Micolindun

商品名

外付けサウンドカード

PC用オーディオアンプ

Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2

Sound Blaster PLAY! 3

外付けサウンドカード

特徴ノイズ無し遅延無しの人気商品ゲーマー向けUSB外付けサウンドカードステレオミックスの音声配信に対応小型軽量でハイレゾ対応!コスパ抜群のサウンドカード挿しこむだけで利用できるUSB外付けサウンドカード
価格998円(税込)19,742円(税込)3,220円(税込)1,934円(税込)1,390円(税込)
S/N
サラウンド7.1ch3Dサラウンド
入力端子3.5mmステレオミニUSB3.5mmステレオミニ3.5mmステレオミニUSB
出力端子3.5mmステレオミニ3.5mmステレオミニヘッドホン・3.5mmステレオミニ3.5mmステレオミニUSB×2・3.5mm×2・マイク3.5mm
ハイレゾ対応Windows8.1以降
対応OSMac OS・WindowsXP以降Windows 10、Win8、Win7、Windows Vista、Windows XPMac OS・Windows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、Windows Vista Windows XP, 7, 8, 8.1, 10
商品リンク

購入前にストレージ容量やメモリーの確認を

購入前にストレージ容量やメモリーの確認を
サウンドカードを購入する場合、パソコンのHDDや空き容量、システムメモリーの容量を確認しておきましょう。サウンドカードはパソコンに接続して利用する周辺機器のため、パソコン側のスペックが指定されていることも少なくありません。

指定されている主な項目として、HDDは空き容量が600MB以上ある状態。システムメモリーは、1GB以上とされている商品が多くあります。商品購入時にスペック表を確認し、必要なシステムとしてストレージの容量が指定されている場合は、空き容量を確保してから商品を購入するようにしましょう。

容量が足りない場合、ソフトウェアをインストールすることができなかったり、サウンドカードがしっかり動いてくれない、もしくはメモリーが足りなくなるとフリーズしてしまう可能性もあるため注意してくださいね。

サラウンドヘッドホンで臨場感のあるサウンドを!

サラウンドカードを取付けたら、サラウンドヘッドホンも手に入れてよりハイクオリティな音質を楽しんでみませんか?より臨場感のあるサウンドで、映画やゲームを楽しめますよ。ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

サウンドカードの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、サウンドカードのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回は、サウンドカードの選び方について、いくつかのポイントを紹介してきましたが、いかがでしたか?サウンドカードは、サウンドの魅力を引き出してくれる魅力的なパーツです。しっかりとパソコンや利用用途に合わせた商品を選択すれば、より音楽を楽しんだり、ゲームを有利にしたりできる効果があるものです。

今回紹介している内蔵タイプ・外付けタイプの人気商品は、どれも評価の高い良い商品ばかりです。ぜひ紹介した選び方も踏まえて商品を比較検討し、自分にピッタリのサウンドカードを見つけて、より綺麗なサウンドを楽しんでいきましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す