• 601909424a84ca8b479fc13598c14c5bd319a5d1
  • Ee419f549a649b8e2c4d4452db12689711bec2f3
  • 363b5885bf86f4888600679826ac8bbd8e3bac27
  • 4ef7e0a0cb89b6c34a8d77f6f8b282007859227e
  • Cdf77097d87434229436a84264018e80a8438e34

アウトドア用高機能靴下のおすすめ人気ランキング10選【登山・ハイキング用に!】

登山やハイキングの際に持っていると便利なのが、足冷えや疲労防止のために着用する「アウトドア用高機能靴」。メンズ・レディース・キッズ用など、アウトドアで役立つ機能性に加えて、可愛い柄やおしゃれなデザインの靴下が数多く売られています。でも、何を基準にして、どれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、様々なメーカーから販売されている靴下を素材・値段などでリサーチ。通販サイトの口コミなども参考にしながら、おすすめ商品を選んでランキング形式でご紹介します。履き心地抜群の靴下を着用すれば、もっと快適にアウトドアを楽しめますよ。

最終更新日:2017年09月04日 | 19,618views

アウトドア用の靴下が必要な理由とは

Loading
若者から年配の方まで人気のアウトドアレジャーといえば、登山ですよね。誰でも気軽に楽しめるのが魅力ですが、気楽にはじめて怪我につながることが多いのも現状。特に初めての登山で足のトラブルを抱える人は後を絶えません。そんなトラブルを防ぐために注目して欲しいのが、アウトドア用の高機能靴下です。

険しい山道の衝撃に耐え、長時間の歩行でもしっかり快適性を維持してくれる靴下を選ぶことは、登山をするうえでは欠かせないポイント。普通の靴下と違い、適度なフィット感と厚みがあることで靴擦れや水ぶくれを予防。地面からの衝撃も吸収してくれるため、足の疲労を和らげてくれます。

また、通気性がよく汗を吸収しムレを防ぐ素材が使われているため、暑い夏は快適に、寒い冬は汗による冷えを防ぐのにとても効果的です。せっかくの登山も足の痛みや疲れが出てしまえば、楽しさも半減してしまうもの。足にピッタリ合った靴下を選んで、最後まで快適に登山を楽しみましょう。

アウトドア用高機能靴下の選び方

アウトドア用品の中では目立たない存在の「靴下」ですが、良質な商品を選ぶことで足が疲れにくく冷えの予防もできたりと、メリットもたくさんあります。より一層アウトドアを楽しむために、高機能靴下の選び方のポイントを押さえていきましょう。

自分の足と靴にあったサイズ選びが重要

アウトドア用の靴下は、通常の靴下同様、自分の足にピッタリ合ったサイズと、活動シーンやシューズに合わせて最適な丈を選ぶこともポイントです。

大きめはNG!ジャストサイズがおすすめ

靴下は、自分の足のサイズにピッタリ合ったジャストサイズを選ぶことが大切です。足を締め付けたくないからと、少し余裕のあるサイズを選ぶ方もいますが、それはNG。靴下は履いているうちに伸びてくるため、余裕のある靴下を選ぶと、歩いているうちに靴下がよれてきたり、かかと部分がズレてきたりする可能性もあるからです。

靴下のサイズは幅があるため選びにくいかもしれませんが、例えば足のサイズが27cmで、25cm~27cm・27~29cmのサイズ展開されている場合は、25cm~27cmサイズを選ぶなど、表記されているサイズのうち大きい方のサイズを基準として選ぶのがおすすめです。

靴よりも長めの丈がベスト

Loading
靴下の丈の長さは、靴の丈とのバランスを考えて選びましょう。ミドル丈のシューズならミドル丈の靴下を履くなど、「丈の長さ」を揃えて選ぶことで、よりフィット感がアップします。

逆に、靴の丈よりも短めの靴下を選ぶと、靴擦れを起こしたり、靴の中で靴下がズレてしまう可能性も。足のトラブルを防ぐためにも、自分の靴に合った長さの靴下を選ぶことが大切です。

着用シーンに合った素材を選ぼう

快適な履き心地を得るためには、やはり何と言っても靴下の素材選びが重要です。着用シーンに合わせて、適切な素材を選びましょう。

冬におすすめなのはウール素材

冬のアウトドアには厚手でウール素材の割合が多い靴下を履きましょう。中でも、アウトドア用の靴下で冬におすすめの素材は「メリノウール」という素材です。メリノウールは保温性に優れているので、冷えからくるダメージを防ぐことができます。

夏場も保温性の高い素材が◎

夏の靴下も保温性は重要です。綿100%などの靴下は、一度湿ってしまうと乾きにくいため、雨や汗などで濡れてしまったときに冷えやすくなり、アウトドア用の靴下の素材としてはおすすめできません。

冬場ほどの分厚さは要りませんが、極厚でないかぎり暑すぎるということはありませんので、保温力の高い靴下が最適です。薄手のウール素材や、温度調節機能のある「ブレスサーモ」素材、「メリノウール」素材の靴下なら、厚すぎず保温効果も期待できるでしょう。

機能性もしっかりチェック!

アウトドアシーンでストレスなく快適な履き心地を得るために、機能性に優れた靴下を選ぶためのポイントもチェックしておきましょう。

パイル編みならクッション性抜群

登山やハイキングなど、長時間歩くときにはできるだけ足に負担がかからないよう「クッション性」に優れたものを選ぶこともポイントです。特にハードタイプのブーツを履く場合は、厚めの靴下を選ぶことが重要。パイル編みでしっかりした厚みのある靴下がおすすめです。

パイル編みの靴下はクッション性に優れているため、疲労が溜まりづらく履き心地も抜群。夏場など、厚すぎる靴下を避けたい場合は、足底部分のみ厚めにデザインされているものを選んでもよいでしょう。厚めの靴下を履いた場合、靴との隙間が狭まりやすくなるため、靴擦れを防ぐためにもしっかり余裕のあるサイズを選ぶことが大切です。

銀イオン加工済みなら防臭・抗菌効果◎

足にはたくさんの汗腺があるため非常に汗をかきやすく、ニオイが出やすい場所。通気性のよい素材を選び、汗の発散を促すことも効果的ですが、夏の汗をかきやすい時期や冬場に厚めの靴下を履かなければならないときには、防臭・抗菌効果のある素材を選びたいですよね。

高い防臭・抗菌効果を求めるなら、先ほど「保温性」に優れいていると紹介した「メリノウール」素材や、銀イオン加工が施されたものがおすすめです。

吸湿・速乾性重視ならクールマックスもおすすめ

吸湿・速乾性を求め方におすすめしたい素材が「クールマックス」です。汗をしっかり吸収して発散し、外からの空気を取り入れてて素早く乾燥。いつでも蒸れずに快適な足もをを実現してくれます。

また、汗をかきやすい方なら5本指ソックスを選ぶことで、足の指と指の間の汗をしっかり吸収できるので、足指の蒸れの防止に効果的です。

ウール+化学繊維で耐久性UP

登山などでは通常のハイキングやウォーキングとは違い、足にかなりの衝撃が伝わります。衝撃にも強い靴下を求めるなら、やはり耐久性の高さも必須。ウール素材に耐久性の高いナイロンやポリエステルなどの化学繊維を混紡したものを選びましょう。

なかでも、メリノウールとポリエステエルが混ざった「メリノスピン糸」を使用した靴下は、使用時の擦れやへたりに強く、耐久性に優れているためおすすめです。

アウトドア用高機能靴下のおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめしたい人気のアウトドア用高機能靴下をランキング順にご紹介します。高機能靴下を履くだけで、アウトドアでの快適さがかなり違ってきますよ!

10位:CoolChange トレッキングソックス 3足セット

CoolChange トレッキングソックス 3足セット KG-41197
1,360円(税込)

・素材:ポリエステル(COOLMAX)他
・厚さ:中厚手
・サイズ:23.5cm~27cm

夏でも冬でもサラサラ快適

厚すぎず薄すぎない程よい厚さが人気のトレッキングソックス。クールマックス素材を使用しているため、吸湿・速乾性に優れ、1年中サラサラの履き心地を実現してくれます。

底部はパイル編みになっているので、衝撃もしっかり吸収。長く歩いても、疲れにくいと評判です。ただ、耐久性はそれほど高くないため、軽登山やちょっとしたハイキングなどにおすすめです。

9位:YUEDGE 多機能アウトドアスポーツソックス

YUEDGE 多機能アウトドアスポーツソックス
1,297円

・素材: 80%コットン・17%チンロン・3%スパンデックス
・厚さ:中厚手
・サイズ:L(25.5cm~27cm)・XL(28.5cm~30.5cm)

丈夫で履き心地抜群!

非常に細かく設計された立体的なデザインで、足の疲労を徹底的に軽減。程よい厚みがあるのでクッション性にも優れ、履き心地も抜群です。

摩耗しやすい足先とかかと部分の耐久性を強くし、何度洗っても生地の質が変わらないので、しっかり長持ちすると評判。2足組なのでコスパも抜群です。足首部分が少し短めになっているので、ハイカットのトレッキングシューズを履くときには注意しましょう。

8位:BODIPAX トレッキングソックス

BODIPAX トレッキングソックス ME-6105
2,247円(税込)

・素材:アクリル70%・ウール30%
・厚さ:厚手
・サイズ):25~27cm・23~25cm

軽くて暖か!疲れにくい!

とにかく履き心地が良く疲れにくいと人気なのが、BODIPAXのトレッキングソックスです。通常のアクリル糸を特殊加工し、ウールのような保温性と肌触りのよさを実現。軽くて暖かいので、冬場は手放せないという人も。

また色の違いからも分かるように、足の部位によって素材を使い分けているため、足にかかる負担が程よく分散されるようになっています。丈夫で長持ちしますが、毛玉や毛羽立ちができやすいので、細かい手入れが必要かもしれません。

7位:MIZUNO ドライベクター 中厚パイルソックス

MIZUNO ドライベクター 中厚パイルソックス 73UF502
1,512円(税込)

・素材:アクリル・ポリエステル・その他
・厚さ:中厚手
・サイズ:フリー(25cm~27cm)

ムレにくく足にぴったりフィット

有名スポーツメーカーのミズノが独自に開発した素材「ドライベクター」を使用した機能性靴下。汗はもちろんのこと、湿気も吸収し、ムレや嫌なニオイを防いでくれます。

さらに、独自の立体構造によりずれにくく、足にピッタリフィットしてくれるので、この履き心地の虜になる人も多数!素材からデザインまで、ミズノのこだわりが感じられる一足です。

6位:千代治のくつ下 本格トレッキングソックス 3足セット

千代治のくつ下 本格トレッキングソックス 3足セット
3,240円(税込)

・素材:アクリル・ウール(ドラロンウール)
・厚さ:中厚手
・サイズ:25cm~27cm

国産・高品質のトレッキングソックス

アクリル90%・ウール10%の絶妙なバランスで作られたアクリル繊維「ドラコンウール」を使用して作られたトレッキングソックス。とにかく丈夫で柔らかいので、登山用にはもちろんのこと、冬場の冷え対策として愛用している方も多数。

同じドラコンウールを使用したパイルソックスもありますが、このトレッキングソックスの方が厚みがあるので、より保温性が高くなっています。全ての作業を国内で行い、高い品質と安全性を維持。男女問わず、たくさんの方から支持されている靴下です。

5位:innotree メリノウール ソックス 2足セット

・素材:45%メリノウール・40%ナイロン・8%ポリエステル・7%スパンデックス
・厚さ:厚手
・サイズ:24.5cm~27.5㎝

リーズナブルなメリノウール靴下

保温性に優れた素材「メリノウール」を使用した機能性ソックスです。吸湿・速乾性にも優れているので、いつでもムレずに快適。少し厚めですが、締め付け感もなく履き心地も抜群で、長時間履き続けても疲れにくいと人気です。

メリノウールを使用した靴下は値段も高めですが、こちらの商品はとてもリーズナブル。メリノウール素材の靴下を、一度試してみたいという方におすすめです。

4位:モンベル WIC.トレッキング ソックス

モンベル WIC.トレッキング ソックス 1118208
1,940円(税込)

・素材:ウイックロン®
・厚さ:厚手
・サイズ:S(22~24cm)・M(24~26cm)・L(26~28cm)

ふわふわの履き心地が快適

世界中で大人気のアウトドアブランド「モンベル」のトレッキング用靴下です。モンベル独自の素材「ウイックロン®」を使用しているため、通気性・速乾性抜群!厚手なので非常に暖かく、クッション性にも優れています。

値段は少し高めですが、足にぴったりとフィットする着用感は、さすがモンベル!と言えるほど。色柄が豊富なのもうれしいですね。夏場は、少し薄めの「WIC.ウォーキング ソックス」がおすすめです。

3位:モンベル メリノウール ウォーキング ソックス

モンベル メリノウール ウォーキング ソックス 1108645
1,543円(税込)

・素材:メリノウール
・厚さ:中厚手
・サイズ:S(22~24cm)・M(24~26cm)・L(26~28cm)・XL(28~30cm)

抜群の保温性!ムレ・ニオイの心配もなし

保温性の高いメリノウールを使用した機能性ソックス。足底もパイル地になっているためクッション性も高く、とにかく暖かくて、長時間履いていても疲れないと評判です。

汗をかいてもムレずにニオイも抑えてくれるため快適。アウトドア用の靴下ではありますが、足の冷えやニオイにお悩みの方からも高く支持されています。色柄もシンプルなので、普段履きとして合わせやすいのもポイント。サイズも豊富なので、男女どちらにもおすすめです。

2位:ファイントラック メリノスピンソックスEXPレギュラー

ファイントラック メリノスピンソックスEXPレギュラー BH/FI FSU0401
2,916円(税込)

・素材:ウール48%・ナイロン36%・ポリエステル14%・ポリウレタン2%
・厚さ:厚手
・サイズ:XS(22.0~23.0cm)・S(23.5~24.5cm)・M(25.0~26.0cm)・L(26.5~28.0cm)

これぞまさに高機能と言えるほどの品質

保温性の高いメリノウールと、耐久性抜群のポリエステルを組み合わせた「メリノスピン糸」を使用して作られた高機能ソックス。これぞまさに"高機能"と言えるほど、保温性・吸湿性・通気性・耐久性から履き心地まで、どれをとっても納得の品質です。

足へのフィット感を高めるために独自の立体構造を採用しており、なんと靴下だけでも自立するほど。着用中によれたり、ずれ落ちる心配もありません。さらに、登山などによる強い負荷がかかっても耐えられるよう、ナイロン糸で強度を強めているため、丈夫で長持ちします。

レギュラーサイズの他、ハイカットシューズにおすすめのロングサイズや、5本指デザインから選ぶことが可能。靴下の厚さも、厚手のEXRと中厚手のアルパインの2種類があるので、季節や用途に応じて、使い分けて見てもよいでしょう。

1位:スマートウール ハイキングミディアムクルー

スマートウール ハイキングミディアムクルー SW71204
2,376円(税込)

・素材:メリノウール74%・ナイロン25%・ポリウレタン1%
・厚さ:中厚手
・サイズ:S(21-23.5cm)・M(24-26.5cm)・L(27-29.5cm)

幅広いシーンで着用できるオールラウンドな一足

アウトドア用高機能靴下ランキングの1位は、アメリカのアウトドアグッズメーカー「スマートウール」のハイキングミディアムクルー。登山愛好者からも高い支持を受けているスマートウールの靴下は、メリノウール素材をたっぷり使用し、靴下の厚みに応じて、6種類にも分けられているため、季節や用途、お好みに応じて履き分けられるのが魅力です。

ハイクキングミディアムクルーは、厚すぎず薄すぎない程よい厚さで、クッション性も抜群。アーツブレス構造で、土踏まずの疲労を和らげるようサポートされており、足の甲や足首部分も締め付けすぎないよう程よく調整されているので、疲れにくいのも特徴です。

足にぴったりとフィットするので、履き心地の良さは文句なし。もちろん、ムレやニオイの心配もないので長時間履いても快適です。普段履きにはもちろん、ちょっとしたハイキングや、本格的なトレッキングまで幅広いシーンで着用できるオールラウンドな一足と言えるでしょう。

機能性抜群のシューズとセットで!

高機能靴下の性能や快適な履き心地を維持するためには、シューズ選びももちろん大切。以下の記事では、登山やハイキングにおすすめの「トレッキングシューズ」「ハイキングシューズ」をたくさんご紹介していますよ。ぜひ参考にしてください。

アウトドア用高機能靴下の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、アウトドア用高機能靴下ののAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

もし足が疲れてしまったり冷えてしまったりすると、楽しいはずのアウトドアが台無しになってしまう可能性もあるため、機能性の高い靴下で足を保護することはとても重要です。

また、シンプルなものから少し派手なデザインのものまで見た目も様々なので、服装と靴下を上手にコーディネートしたい方も安心ですね。まずは、気になった靴下を1つ購入してみてはいかがでしょうか?

関連記事

人気の記事