• 892f65b93774bc983881bcda1979171db7fc8d5b
  • 163d452d95c57b3d054e85e9a752a58060e64e92
  • 586725603c26541d5adcd5b82251e535c7d2990b
  • 83c7edf9b1a18ab4630c448bafa74c6641856599
  • C143c2af7cce5ab7ee533190bcbe4cfd82ee4daf

アトピー肌におすすめの入浴剤の人気ランキング5選

肌のバリア機能が弱く、過敏な状態になってしまうアトピー。子供でも大人でもアトピー肌だと見た目やかゆみなど、悩みは尽きません。入浴剤も通常のものだとかゆみを起こしたり、肌への刺激が懸念されます。

ここで紹介しているアトピー肌の人におすすめの市販入浴剤は、肌を健やかにしてくれるという評価が高いものばかり!ランキング形式で紹介しているので、自分好みの入浴剤を探してみてください。

最終更新日:2017年07月05日 | 5,181views

入浴剤のアトピー肌への影響は?

アトピー肌だと入浴剤を入れること自体、心配してしまいますよね。入浴剤は体の温まり方や血行を良くしてくれたり、発汗作用ももたらしてくれます。肌のターンオーバーを促してくれるところが良いですね!また、まっさらなお湯だと入浴後の乾燥が入浴剤入りのお湯よりも早いということも。

アトピー肌でも使える入浴剤を入れることで代謝がアップし、薬で使っているステロイドを体の中から出す効果もあります。ステロイドは蓄積されやすいと言われているので気をつけたいですね。

アトピー肌におすすめの入浴剤の選び方

どのようにアトピー肌の人でも使える入浴剤を選べば良いのか、ここでチェックしてみましょう。

ただアトピー肌の場合は個人差もあるので、「これを選べば誰でも必ずアトピーが治る!」など断言はできません。この後に出てくるランキングでも同じです。

刺激成分があるかチェックする

アトピー肌には刺激が強すぎる成分や、症状を悪化させかねない成分が入っている入浴剤は避けてください。以下の3つが入っている入浴剤は注意しましょう。

もちろん微量であれば、アトピー肌でも人によっては気にならない場合もあります。ですが炎症がひどい時や免疫力が落ちている時は、たとえ微量であっても過敏に反応することもあるため避けた方が良いですね。

合成成分

合成香料・合成界面活性剤・合成着色料・合成香料・酸化防止剤・防腐剤鉱物油・パラベンなどなど、いわゆる合成成分は肌を刺激するためアトピー肌には良くありません。

せっかく肌のコンディションが良くなってきても、刺激の強い合成成分が入った入浴剤を使うことで悪化させてしまう可能性もあるので注意しましょう。

硫黄

硫黄温泉は古くから知られていますが、入浴剤でも硫黄が入っているものがあります。硫黄は古くなった角質を柔らかくして剥がれやすくしてくれたり、肌のターンオーバー効果を上げてくれるのですが…乾燥の強いアトピー肌にはピリッとした刺激があることも。乾燥を早めるのでやはりアトピー肌には不向きです。

しかし硫黄の殺菌力の高さから、あえて硫黄風呂に挑戦するアトピー肌の人もいます。医師に相談した上で硫黄入りの入浴剤や硫黄温泉を利用するのは良いですが、個人判断では危険を伴うので気をつけましょう。

炭酸水素ナトリウム(重曹)

人気の「バスボム」などでもよく使われている炭酸水素ナトリウム。体臭を抑えてくれたり皮脂をしっかり落としてすべすべの肌にしてくれるという利点もありますが、アトピー肌の場合皮脂に関してはこれ以上落とす必要がありません。

炭酸水素ナトリウムが入っていることでお湯がまろやかになるなど、良い点はありますが肌に炎症などがある時は避けたほうが良い成分です。もし炭酸水素ナトリウムが入っている入浴剤を選ぶ場合は保湿成分が入っている入浴剤を選ぶようにしましょう。

保湿成分についてはよく理解した上で選ぶ

保湿成分、例えばセラミド・スクワラン・ホホバ油・植物エキスなどが入った入浴剤は文字通り保湿効果が高く、アトピー肌の人でも積極的にこれらの成分が入った入浴剤を選んでいる人がいるでしょう。アトピー肌には保湿効果は嬉しいことです。

しかしその一方で入浴で体の中から新陳代謝を促しているのに、外的な保湿効果に肌が頼り切ってしまいターンオーバーを肌が怠ってしまうのではないかという理由から保湿成分入りの入浴剤を避ける人もいます。

保湿効果のある入浴剤を使い続けることで肌がターンオーバーを止めてしまうということはありませんが、自分のアトピーの度合いなどと合わせて保湿成分入りを選ぶかどうかは考えたほうが良いですね。

アトピー肌におすすめの入浴剤の人気ランキング5選

アトピー肌におすすめの入浴剤を5つこれからご紹介します。様々な角度から見てのランキングです。同じものをずっと使い続けるのも良いですし、何種類か購入して気分によって使い分けてみるのもバスタイムが楽しみになります。

ではランキングを見てみましょう!

5位:アース製薬 バスロマン スキンケアセラミド

アース製薬 バスロマン スキンケアセラミド 680g
349円(税込)

・内容量:680g
・保湿成分:セラミド
・香り:ホワイトフローラル
・お湯の色:乳白色

セラミド配合で、湯上りのしっとり感は抜群

パウダー状で入れるととろみのある柔らかいお湯になります。セラミドが入っているので湯上りもしっとり感を維持してくれます。夏は湯上りにそのままでも十分しっとりですが、冬はさらに保湿をキープするべくクリームなどで保護すれば長時間しっとり感が続きますね。

見た目に対してコスパが良さそうですが、実際は入浴剤が満タンに入っているわけではないのがちょっと残念。また、このホワイトブーケの香りには好き嫌いが分かれるので下位にランクインしました。

4位:花王 キュレル入浴剤

キュレル 入浴剤 本体 420ml
745円(税込)

・内容量:420ml
・保湿成分:潤浸保湿セラミド機能成分
・香り:なし
・お湯の色:乳白色

弱酸性 ・無香料 ・無着色の、人気のキュレルシリーズ入浴剤

敏感肌の人に人気のキュレルシリーズ。こちらの入浴剤は潤浸保湿セラミド機能成分・ユーカリエキス配合で肌の奥まで潤いを行き届かせてくれます。風呂上がりの乾燥によってアトピーが悪化するケースもありますが、キュレル入浴剤は風呂上がり後の乾燥をしっかり防いでくれるので頼りになりますね。

乳白色のお湯の色は好評ですが、香りが全くないのがつまらないというレビューも。無香料は良いことですが、香りで癒されたい人には物足りなさがあるかもしれません。

3位:丹平製薬 アトピタ薬用入浴剤

アトピタ 薬用保湿入浴剤 500g
1,100円(税込)

・内容量:500g
・保湿成分:ヨモギエキス
・香り:よもぎエキスなどの天然成分の香り
・お湯の色:黄緑色

赤ちゃんのデリケートな肌もしっとりと乾燥から守ってくれる

使い始めは入浴剤の色にびっくりする人も多い入浴剤。色も香りも天然生薬有効成分であるヨモギエキスによるものです。生薬有効成分と言っても薬っぽい匂いではないので、誰にでも好まれやすい香りと言えます。

新生児から大人まで使える安心感!赤ちゃんの場合は冬だけでなく、夏のあせもに悩みますよね。この入浴剤なら、冬の潤い不足による肌トラブルから夏のあせもケアにも役立つので1本で1年中大活躍してくれそうです。詰め替え用もありますよ。

2位:持田ヘルスケア コラージュ Dメディパワー保湿入浴剤

持田ヘルスケア コラージュ Dメディパワー 保湿入浴剤 500ml
2,381円(税込)

・内容量:500ml
・保湿成分:植物性スクワランなど
・香り:ウッディ系
・お湯の色:乳白色

かなり乾燥の進んでしまった肌も滑らかに!

ウッディ系の上品な香りはかなり好評です。皮脂の少なくなってしまった高齢の方の肌ケアにもGOOD!とろみのあるお湯につかるだけで肌が滑らかになれます。

レビューでも皮膚科医から勧められたという内容もあり、乾燥対策には定評のある入浴剤です!決して安い入浴剤ではありませんが、その効果を実感する人が多いのも事実。買って損はない入浴剤です。

1位:カミツレ研究所 華密恋薬用入浴剤

カミツレ研究所 華密恋薬用入浴剤 400ml
2,376円(税込)

・内容量:400ml
・保湿成分:特記なし
・香り:カモミール
・お湯の色:薄い緑

Amazon入浴剤・バスケア部門ベストセラー!リピーター率高めの入浴剤

全成分がハーブの女王と呼ばれるカミツレエキス。カミツレエキスには肌本来の力を呼び覚ます効果があるので、健やかで若々しい肌を目指すなら是非使って欲しい入浴剤です。スキンケア入浴剤の代表と言っても良いくらい有名な入浴剤で、アトピー以外の人もリピートしているためAmazonでもベストセラー商品に!

カモミールの香りに癒されつつ、温まりながら汗をしっかりかけて肌のターンオーバーをサポートしてくれそうですね。手術後の跡ケアでもこの入浴剤をおすすめする病院があるそうです!

カモミールエキスを抽出しただけというシンプルさなら、敏感肌の人にも低刺激で安心。入浴剤を色々試して合わなかった人は、こちらを試してください。肌に合えばリピート必至ですよ。

「必ずコレが効く」という入浴剤はないので注意!

上記でも何度か書いていますが、肌のコンディションは人それぞれ違います。アトピーとなるとさらに、アレルギー反応などは様々な違いがあるので一概に「これが効く!」とは言い切れません。

また、自分が以前使っていたものですらその時々によって合わなくなることもあります。各商品の良さは伝わったかと思いますが、是非レビューなども参考にしてみてください。そして実際に使用してみることが第一です。

また、肌に異常などが現れた場合は使用を中止し、すみやかに医師にご相談ください。

まとめ

アトピー肌だとスキンケア選びも慎重になりますね。入浴は肌を健やかにする上で重要なスキンケアの一部です。入浴剤をプラスさせることで、肌の保湿効果を上げてターンオーバーをどんどん行えると良いですね!

肌の調子が良いと気分的にも晴れやかになれるので、是非今回おすすめの入浴剤を試してみてください。

人気の記事