PLCアダプターのおすすめ人気ランキング4選【設定簡単・複数接続できるものはどれ?】

家庭用コンセントを利用し、簡単に自宅のネット環境を改善することができる「PLCアダプター」。しかし、I-O DATA、TP-Link などのメーカーから、たくさんの商品が販売されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、PLCアダプターの選び方と、通販で手に入るおすすめの人気商品をランキング形式で紹介します。使用する環境・利用条件にあったPLCアダプターを選び、快適なネット環境を作っていきましょう!

  • 最終更新日:2020年04月18日
  • 31,782  views
目次

コンセントを使ってネット接続。PLCアダプターとは?

コンセントを使ってネット接続。PLCアダプターとは?

最近は自宅にWiーFiを設置するのが当たり前になってきましたが、3階建ての家や鉄筋コンクリートのマンションでは、障害物があるためWi-Fiが届かないことも……。また、インターネットに接続できるLAN端子が各部屋に設置されていないため、有線接続したくてもできずに不便に感じたことがある人も多いのではないでしょうか。そんな状況を改善してくれるのが「PLCアダプター」です。


PLCアダプターは、ルーターを利用した有線接続やWi-Fi環境とは違い、コンセントを利用してネット環境を構築できる便利なアイテム。どの部屋にもあるコンセントを利用して、電波強度に関係なく安定した有線接続環境を作ることが可能です。


ただし、設計上同じ分電盤を利用しているコンセントにしかネットワークを構築できません。2世帯住宅、離れや地下がある家庭などで分電盤が分かれている可能性がある場合は、利用できる環境なのか購入前に確認しておいてくださいね。

PLCアダプターの選び方

では、さっそくPLCアダプターの選び方を見ていきましょう!

コンセントに挿すだけで利用できる「設定不要」商品が◎

コンセントに挿すだけで利用できる「設定不要」商品が◎

出典:tp-link.com

初めてPLCアダプターを利用する人は、コンセントに挿してLANケーブルを接続すれば設定不要で利用できる商品がおすすめです。出荷時に初期登録設定や暗号化の設定が終わっているので、文字通り挿すだけで、届いてすぐ利用できます。


ペア販売品の場合は最初から設定済みですが、複数の部屋で利用する場合など、新たに子機を追加する予定のある人は、簡単に設定できるペアリングボタン付きを選んでおくと増設時に便利ですよ。

使い方にあわせて選ぼう

PLCアダプターを利用する環境や接続したい機器の数など、使い方は人によってさまざまです。どのように使用したいのか事前にしっかりイメージし、適切なスペックを備えた商品を選んでいきましょう。

最大接続数・LANコネクタ数を確認しよう

最大接続数・LANコネクタ数を確認しよう
基本的にPLCアダプター(子機)から有線接続できる機器は1つです。そのため、設置したい部屋が多い場合や、複数の機器に有線接続できるインターネット環境を構築したい人は、1つの親機からPLC接続できる子機の数を示す「最大接続数」をチェックしておくと安心。中には16個まで接続できるものも販売されています。

快適なネット環境の構築には、最大Mbpsの早い商品が◎

快適なネット環境の構築には、最大Mbpsの早い商品が◎

通信速度は、どの程度快適にインターネットが利用できるのかの目安になるポイントです。PLCアダプターを利用する時点で速度にある程度の制限がかかってはしまいますが、できるだけ最大通信速度(Mbps)が速いものを選びましょう


ただし、最大Mbpsはあくまでも理論上の数値です。利用している環境・契約しているインターネット通信会社のプランによっても異なるため、必ず記載されている数値の速度が出るわけではない点も覚えておきましょう。

できるだけ消費電力を抑えられる商品が理想的

できるだけ消費電力を抑えられる商品が理想的
PLCアダプターは、ずっとコンセントに挿しっぱなしにして利用するため、消費電力にも注目しておきましょう。通信速度の速い商品ほど消費電力はかかりますが、通常時の消費電力を比較し、できるだけ数値が低いものを選ぶことで、電気代を抑えることができます。

商品によっては「省エネモード」が搭載されている商品もあるので、あわせて確認しておくと◎。ネット環境構築に必要な機器とはいえ、できるだけ電気代も抑えて利用できる商品を選びたいですね。

子機を追加するときは同規格・同メーカーで揃えよう

子機を追加するときは同規格・同メーカーで揃えよう

子機を増設する必要がある場合は、親機・子機ともに必ず同じ規格・同じメーカーで揃えるようにしましょう。子機は、親機と同じ規格でなければ利用することができません。すでに子機の販売が終了している場合も考えられますが、その場合は、同じ規格の子機を探して購入すれば利用できます。


増設する可能性があるなら、親機が子機にもなる切替スイッチを搭載した商品など、どちらにも対応できる商品を購入しておくのも1つの方法。なお、販売されている商品の規格は、HD-PLC・HomePlug AV・UPAの3種類ありますが、性能に差があるわけではないため、同じ規格かを判断する時だけ見ておけば問題ありません。

PLCアダプターのおすすめ人気ランキング4選

では、ここまで見てきた商品の選び方を踏まえて、通販で人気のPLCアダプターをランキング形式で見ていきましょう!なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月18日時点)をもとにして順位付けしています。

4位

IODATAPLCアダプタ マスターアダプター&ターミナルアダプターセット

PLCHD240ES

14,960円 (税込)

設定方法設定不要
最大接続数16台
LANコネクタ数1
接続方法コンセントに直接刺すタイプ
通信速度最大240Mbps
消費電力2.3W
省エネモード
規格HomePlugAV
3位

TRENDnetパワーライン 500 AV Nano アダプターキット

TPL-406E2K

4,950円 (税込)

設定方法設定不要
最大接続数7台
LANコネクタ数1
接続方法コンセントに直接挿すタイプ(コンパクト)
通信速度最大500Mbps
消費電力2.2W
省エネモード〇(最大80%カット)
規格HomePlugAV
2位
設定方法ペアボタン
最大接続数
LANコネクタ数2
接続方法コンセントに直接挿すタイプ
通信速度最大500(WiFi300)Mbps
消費電力約7W
省エネモード
規格HomePlug AV
1位
設定方法設定不要(ペアボタン有り)
最大接続数10台
LANコネクタ数1
接続方法コンセントに直接挿すタイプ
通信速度
消費電力4.2W
省エネモード〇(85%カット)
規格HomePlug AV

人気PLCアダプターの比較一覧表

商品画像
1
PLCアダプター TP-LINK TL-PA4010 1枚目

TP-LINK

2
PLCアダプター TP-Link TL-WPA4220KIT 1枚目

TP-Link

3
PLCアダプター TRENDnet パワーライン 500 AV Nano アダプターキット 1枚目

TRENDnet

4
PLCアダプター IODATA PLCアダプタ  マスターアダプター&ターミナルアダプターセット 1枚目

IODATA

商品名

TL-PA4010

TL-WPA4220KIT

パワーライン 500 AV Nano アダプターキット

PLCアダプタ マスターアダプター&ターミナルアダプターセット

特徴Amazonベストセラー!コストを抑えてネットワークを構築有線・無線両方を拡張したい人におすすめコンセントに挿しても邪魔にならないコンパクトサイズ!通信速度の安定感が魅力。万が一使えなくても「ペイバック...
最安値
4,691
送料無料
詳細を見る
7,000
送料別
詳細を見る
4,950
送料無料
詳細を見る
14,960
送料無料
詳細を見る
設定方法設定不要(ペアボタン有り)ペアボタン設定不要設定不要
最大接続数10台7台16台
LANコネクタ数1211
接続方法コンセントに直接挿すタイプコンセントに直接挿すタイプコンセントに直接挿すタイプ(コンパクト)コンセントに直接刺すタイプ
通信速度最大500(WiFi300)Mbps最大500Mbps最大240Mbps
消費電力4.2W約7W2.2W2.3W
省エネモード〇(85%カット)〇(最大80%カット)
規格HomePlug AVHomePlug AVHomePlugAVHomePlugAV
商品リンク

PLCアダプターをより快適に使用するコツ

PLCアダプターを使用してもネットがよくつながらない、通信速度が遅くて接続が途切れてしまう…。というのでは困りますよね。次の2つのポイントも押さえておけば、より快適に利用できますよ。

通信速度の速いコンセントに直接挿して利用しよう!

通信速度の速いコンセントに直接挿して利用しよう!

PLCアダプターを快適に利用するためには、コンセントに直接挿して利用するのがベスト。また、コンセントが部屋に複数ある場合、まずは、全てのコンセントに挿して通信速度を計測してから利用するのがおすすめです。


通信速度は、コンセントによって異なることも多いですが、インターネットの通信速度が計測できる「LAN Speed Test」などの無料ソフトを利用すれば、通信速度の速いコンセントを探すことができ、さらに快適に利用できるようになりますよ。


ちなみに、タコ足配線・電源タップを利用した環境では、通信速度にかなり影響を与えてしまうため、PLCアダプターを接続しているコンセントでの利用は控えるのが無難です。

同一コンセントを利用するならノイズフィルタを!

同一コンセントを利用するならノイズフィルタを!

通常1つのコンセントからは、2~3の電源を取ることができますが、より快適にPLCアダプターを使用したいのであれば、同一コンセントを使用しない、もしくは、ノイズフィルタ付き電源タップを利用するのがおすすめです。


PLCアダプターは設計上他の電子機器から発生するノイズに弱いため、影響を受けると通信速度が低下してしまいます。同一コンセントを利用しないのがベストですが、難しい人もいるでしょう。その場合は、ノイズフィルタ付き電源タップに他の電化製品を接続して利用するとノイズをかなり抑えて、より快適に使用できますよ。

有線接続を拡張するならスイッチングハブが便利

PLCアダプターの有線接続を拡張したいときは、スイッチングハブが便利です。PLCアダプターに、必要なポート数を搭載したスイッチングハブを接続すれば、簡単に複数の機器を利用することができますよ。拡張して利用したい人は、ぜひ以下の記事もあわせてチェックしておきましょう。

PLCアダプターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、PLCアダプターのAmazon・Yahoo!ショッピング・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回はPLCアダプターを選ぶときのポイントや、設置時に気を付けておきたいポイントを紹介しました。商品数は多いですが、規格や通信速度など比較できるポイントを押さえておけば簡単に選べる商品です。


紹介した選び方を参考にそれぞれ商品を比較し、自分に必要なPLCアダプターを見つけて快適なインターネット環境を作ってくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す