• スイッチングハブのおすすめ人気ランキング15選【家庭向けモデルの選び方も解説!】のアイキャッチ画像1枚目
  • スイッチングハブのおすすめ人気ランキング15選【家庭向けモデルの選び方も解説!】のアイキャッチ画像2枚目
  • スイッチングハブのおすすめ人気ランキング15選【家庭向けモデルの選び方も解説!】のアイキャッチ画像3枚目
  • スイッチングハブのおすすめ人気ランキング15選【家庭向けモデルの選び方も解説!】のアイキャッチ画像4枚目
  • スイッチングハブのおすすめ人気ランキング15選【家庭向けモデルの選び方も解説!】のアイキャッチ画像5枚目

スイッチングハブのおすすめ人気ランキング15選【家庭向けモデルの選び方も解説!】

ルーターに接続できるLANポートが足りないときに活躍してくれる「スイッチングハブ」。バッファロー・エレコム・NETGEARなど、さまざまな人気メーカーが多くの機器を販売しています。しかし、ポート数や対応しているスペックが異なるため、どの製品を購入しようか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、スイッチングハブの選び方とあわせて、おすすめの商品を人気ランキング形式で紹介していきます。それぞれの自宅の環境に適した商品を選び、快適なネットワーク環境を構築してくださいね。

  • 最終更新日:2019年05月22日
  • 57,001  views
目次

スイッチングハブを活用して、ネットワークを拡張しよう!

スイッチングハブを活用して、ネットワークを拡張しよう!

ゲーム機やパソコンなど、複数の機器をネットワークに接続したい場合、ルーターだけではLANポートが足りないことがありますよね。そんなときに役立つのが「スイッチングハブ」です。スイッチングハブとは、複数のLANポートを搭載した機器のこと。ルーターに接続するだけで、簡単にネットワークを拡張できるため、とても便利です。


さらに、スイッチングハブを使えば、効率よく必要なデータを伝達でき、安定したネットワーク環境を構築できるのもメリット。従来、利用されていた「Hub(リピータハブ)」のように、多数の機器を接続することで通信速度や伝送品質が落ちることもなく、いつでもスムーズな通信が可能になりますよ。


さまざまな通信機器を接続したい人は、便利なスイッチングハブを活用して、快適なネットワーク環境を構築していきましょう!

スイッチングハブの選び方

では、さっそくスイッチングハブの選び方を見ていきましょう!

接続機器が多めなら、8ポート搭載品がおすすめ

接続機器が多めなら、8ポート搭載品がおすすめ

LANポートが足りなくて購入するのがスイッチングハブですから、必要なポート数の把握は必須。ルーターからスイッチングハブへの接続に1つ利用することを考慮した上で、十分なLANポートが確保できるものを選びましょう。


一般的に、家庭向けとして利用しやすく人気が高いのは、5~8ポートです。優先接続する機器の数にもよりますが、これから接続機器が増える可能性もあるなら多めの8ポート商品を購入しておくと安心ですよ。

自宅の通信速度を生かせるものが最適

自宅の通信速度を生かせるものが最適

自宅のネット環境の通信速度がどの程度まで出るのかに合わせて、商品を選ぶことも大事です。家庭用ネットワークなら、目安として10~1000Mbps対応の商品を選んでおくとよいでしょう。テレビなどの家電では100Mbsのものが多く、パソコンでは1000Mbps(1Gbps)以上のものもあります。


ただし、利用しているルーターや接続に利用するLANケーブルの種類、接続する機器によっては、いくら通信速度の速い回線と契約していても速度は出ませんので注意が必要です。


最大速度を生かしたいのであれば、スイッチングハブも含め、接続したい全ての機器の転送速度をチェックし、最も速いものにあわせて選ぶのがおすすめ。下位互換性があるため、転送速度の速いものにあわせれば、スムーズに利用できますよ。

安全かつ快適に使用できるものを選ぼう

スイッチングハブを安全かつ快適に利用するために、放熱性・静音性に関わるポイントもチェックしておきましょう。

ファンレスなら静音性が良好。場所を選ばず設置できる

ファンレスなら静音性が良好。場所を選ばず設置できる

使用時の騒音が気になる人は静音性の高いファンレス設計の商品を選択しましょう。動作音がほぼしないため、設置場所を気にすることなく、寝室など静かな場所にも設置しやすくなります。


ただし、ファンレス設計は熱が逃げにくいため、LANポートを複数搭載したスイッチングハブを利用する場合は注意が必要。LANポートが多いと、その分熱を持ちやすくなります。ファンレス設計を選ぶなら、電源の場所や筐体の材質も忘れずにチェックしておきましょう。

放熱性が高く耐久性の高い金属筐体がベスト

放熱性が高く耐久性の高い金属筐体がベスト

スイッチングハブの耐久性や放熱性を考えるなら、金属筐体の商品がおすすめです。筐体の材質も熱の放熱性に深い関わりがありますが、金属製なら放熱効果に優れ、耐久性も高くなります。


ただし、家庭用として、LANポートの数を最低限に抑えた5ポート程度の商品であれば、プラスチックタイプも検討するといいでしょう。

電源の違いは筐体と合わせてチェックしよう

電源の違いは筐体と合わせてチェックしよう

スイッチングハブの電源は、内蔵されているものとACアダプタに分かれていますが、コンセント周りをスッキリさせたいなら内蔵電源がおすすめです。ただし、熱をためこみやすいので、内蔵電源タイプを選ぶ場合は熱に強い金属筐体のスイッチングハブに絞って選ぶようにしましょう。


逆に、外部にACアダプターがある商品なら熱をためこみにくいため、プラスチックタイプを選ぶのもありですよ。

設置場所に合わせてポートの位置もチェック

設置場所に合わせてポートの位置もチェック

スイッチングハブを見える場所に設置するのであれば、見た目がスッキリする背面ポートの商品がおすすめです。背面ポートの商品は、インテリアとしても見た目がスッキリしているのが特徴。ただし、設置場所によっては抜き差しがしづらくなることだけ注意が必要です。


一方、インテリアなどの見た目よりも、スイッチングハブやLANポートの抜き差しのしやすさを重視したい人は、前面ポートの商品を選ぶといいでしょう。前面ポートの場合は、背面タイプとは逆に、見える場所に設置すると、ケーブルだらけになってしまうので置き場所に合わせて商品を絞ってくださいね。

IP電話・監視カメラ用途にはPoE対応を

IP電話・監視カメラ用途にはPoE対応を

IP電話・監視カメラにスイッチングハブからLAN接続する人は、電力供給できるPoE対応の商品を選びましょう。PoE対応商品は、IP電話・監視カメラに必要な電力を供給できるため、接続先の機器からコンセントへ接続する必要がなくなるのが特徴です。


対応機器は、非対応機器と比較するとコストがかかりますが、コンセント周りをスッキリさせたり、近くにコンセントが無くても設置できるのは大きなメリットになりますよ。

メーカーの特徴を比較して選ぶのもおすすめ

メーカーの特徴を比較して選ぶのもおすすめ

出典:amazon.co.jp

スイッチングハブは、人気メーカーでも複数の商品を取り扱っています。迷ったらメーカーの特徴に合わせて商品を選んでみるのもおすすめですよ。


たとえば、ネットワーク機器の定番メーカー「バッファロー」は、通信速度の速い環境「高速Giga」モデルに対応しているのが特徴。また、省電力機能を重視した商品から選びたいなら、「エレコム」がおすすめです。


ネットワーク技術の高さで選びたい場合は、NETGEARも選択肢に入れておくといいでしょう。企業向け商品もを多く取り扱っており、信頼性も抜群です。

スイッチングハブのおすすめ人気ランキング15選

では、ここまで見てきたスイッチングハブの選び方を踏まえて人気商品をランキング形式で見ていきましょう!

15位
ポート数5
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筺体
電源ACアダプター
ポート位置前面
PoE対応
14位
ポート数8
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筐体
電源内蔵電源
ポート位置背面
PoE対応
13位
ポート数5
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筐体
電源ACアダプター
ポート位置前面
PoE対応
12位
ポート数5
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筐体
電源内蔵電源
ポート位置背面
PoE対応
11位
ポート数8
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筐体
電源ACアダプター
ポート位置前面
PoE対応
10位
ポート数5
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筺体
電源ACアダプター
ポート位置前面
PoE対応
9位
ポート数5
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筐体
電源内蔵電源
ポート位置背面
PoE対応
8位
ポート数5
通信速度10/100Mbps
ファン
筐体プラスチック筐体
電源ACアダプター
ポート位置背面
PoE対応
7位
ポート数8
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筐体
電源ACアダプター
ポート位置前面
PoE対応
6位
ポート数8
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筐体
電源内蔵電源
ポート位置背面
PoE対応
5位
ポート数5
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筐体
電源ACアダプター
ポート位置前面
PoE対応
4位
ポート数5
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体プラスチック筐体
電源ACアダプター
ポート位置背面
PoE対応
3位
ポート数5
通信速度10/100/1000Mbps
ファン
筐体金属筺体
電源ACアダプター
ポート位置前面
PoE対応
2位
ポート数5
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筐体
電源内蔵電源
ポート位置背面
PoE対応
1位

バッファローLSW5-GT-8NS

LSW5-GT-8NS/BK

3,332円 (税込)

ポート数8
通信速度10/100/1000Mbps
ファンファンレス
筐体金属筐体
電源内蔵電源
ポート位置背面
PoE対応

人気スイッチングハブの比較一覧表

商品画像
1
スイッチングハブ バッファロー LSW5-GT-8NS

バッファロー

2
スイッチングハブ BUFFALO LSW4-GT-5NS

BUFFALO

3
スイッチングハブ TP-LINK TL-SG105V4.0 1枚目

TP-LINK

4
スイッチングハブ エレコム EHC-G05PA-B-K

エレコム

5
スイッチングハブ NETGEAR GS105-500JPS

NETGEAR

6
スイッチングハブ エレコム EHC-G08MN2A-HJB 1枚目

エレコム

7
スイッチングハブ NETGEAR GS308-100JPS 1枚目

NETGEAR

8
スイッチングハブ TP-LINK TL-SF1005D 1枚目

TP-LINK

9
スイッチングハブ エレコム EHC-G05MN2-HJB 1枚目

エレコム

10
スイッチングハブ NETGEAR GS105E-200JPS 1枚目

NETGEAR

11
スイッチングハブ NETGEAR GS108-400JPS

NETGEAR

12
スイッチングハブ バッファロー SW6-GT-5NS 1枚目

バッファロー

13
スイッチングハブ NETGEAR GS305P-100JPS 1枚目

NETGEAR

14
スイッチングハブ エレコム EHC-G08MN2-HJW 1枚目

エレコム

15
スイッチングハブ TP-LINK TL-SG1005P 1枚目

TP-LINK

商品名

LSW5-GT-8NS

LSW4-GT-5NS

TL-SG105V4.0

EHC-G05PA-B-K

GS105-500JPS

EHC-G08MN2A-HJB

GS308-100JPS

TL-SF1005D

EHC-G05MN2-HJB

GS105E-200JPS

GS108-400JPS

SW6-GT-5NS

GS305P-100JPS

EHC-G08MN2-HJW

TL-SG1005P

特徴ファンレス・スタイリッシュな人気ハブ高い静音性を実現したファンレス商品消費電力を抑える省エネ機能が魅力!GIGA対応の安価なスイッチングハブライフタイム保証で安心の長期利用耐熱性の高い設計になった金属筐体ハブ配線の取り回しがしやすい前面ポート搭載タイプ外出先での利用に便利な、小型軽量のプラスチックタイプ小型軽量で設置場所を選ばない!365日無休日本語サポートに対応電源オンオフ可&正面ポートで使いやすいデザインおまかせ節電で消費電力を抑える!PoE対応の防犯カメラ・IP電話利用ならこれ!LEDライトで接続先通信速度が判別しやすい!ポート数を抑えてPoEにも対応させたいならこれ!
最安値
2,680
送料無料
詳細を見る
4,100
送料無料
詳細を見る
2,000
送料無料
詳細を見る
1,818
送料無料
詳細を見る
2,884
送料無料
詳細を見る
3,359
送料無料
詳細を見る
2,800
送料無料
詳細を見る
893
送料無料
詳細を見る
2,396
送料無料
詳細を見る
3,576
送料無料
詳細を見る
4,636
送料無料
詳細を見る
3,132
送料別
詳細を見る
5,776
送料無料
詳細を見る
3,314
送料無料
詳細を見る
5,645
送料無料
詳細を見る
ポート数855558855585585
通信速度10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps10/100/1000Mbps
ファンファンレスファンレスファンレスファンレスファンレスファンレスファンレスファンレスファンレスファンレスファンレスファンレスファンレス
筐体金属筐体金属筐体金属筺体プラスチック筐体金属筐体金属筐体金属筐体プラスチック筐体金属筐体金属筺体金属筐体金属筐体金属筐体金属筐体金属筺体
電源内蔵電源内蔵電源ACアダプターACアダプターACアダプター内蔵電源ACアダプターACアダプター内蔵電源ACアダプターACアダプター内蔵電源ACアダプター内蔵電源ACアダプター
ポート位置背面背面前面背面前面背面前面背面背面前面前面背面前面背面前面
PoE対応
商品リンク

スイッチングハブの接続にはルーターが必須!

スイッチングハブの接続にはルーターが必須!

一度に複数の機器をネットワーク接続したいときに便利な「スイッチングハブ」ですが、接続方法を間違えると、利用できない可能性も。初めて利用する人は、基本的な接続方法をしっかり押えておきましょう。


プロバイダ契約した回線に複数の機器をつなぐには、回線と自宅内をつなぐ窓口の役割をする「ルーター」が必要。ルーターを経由して情報を整理することで、外部回線とうまくつながることができます。


外部回線から、ルーターを経由せずにスイッチングハブをつなげても、ネットワークに接続することはできないので注意しましょう。必ずルーターの内側にスイッチングハブを置くように配線することを忘れないでくださいね。

ネットーワーク環境を生かすルーターをチェック!

スイッチングハブでインターネットの有線環境を増設したい人は、まずルーターが必要です。以下の記事では、ルーターの選び方や人気商品をランキング形式で紹介しています。気になる人はチェックしてみてくださいね。

スイッチングハブの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スイッチングハブのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回はスイッチングハブの選び方や人気商品をランキング形式で紹介してきました。特徴はそれぞれ機器によって異なりますが、接続したい機器の数・必要な機能・設置場所に合わせた選び方を把握しておけば最適な商品を見つけることができるでしょう。


この記事の選び方も参考に商品を比較し、自分に最適なスイッチングハブを手にいれてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事