• にんにく絞り器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • にんにく絞り器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • にんにく絞り器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • にんにく絞り器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • にんにく絞り器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

にんにく絞り器のおすすめ人気ランキング10選

にんにくを調理する時の心強い味方、にんにく絞り器。ガーリックプレスやガーリッククラッシャーなど呼び方はいろいろありますが、同じぐらい商品の種類もさままざまです。ラーメン屋などでもおなじみの握るタイプのほか、最近では100均ストアやイケア・無印良品などのメーカー、そしてドイツ製のものなど本当にラインナップが豊富。本来シンプルなキッチングッズなのに、選ぶのがとても難しくなっています。

そこで今回は、にんにく絞り器の選び方のポイントと、Amazonや楽天など通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。にんにくの臭いが手に付かないことはもちろん、絞るだけでなくスライスができる2WAYタイプなども登場。あなたの用途にぴったりのにんにく絞り器を見つけて、料理の幅を広げちゃいましょう!

この記事に登場する専門家

加藤 良太
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 27,322  views
目次

にんにく絞り器の選び方のポイント

ランキングを発表する前に、まずはにんにく絞り器の選び方のポイントから解説していきます。

自分が使いやすいタイプを選ぶ

今回は、にんにくを手軽に調理できる商品として「握るタイプ」「押さえつけるタイプ」「回すタイプ」の3種類をまとめてご紹介します。まず、それぞれのタイプの特徴やメリット・デメリットを確認していきましょう。

ペースト状に仕上がる「握るタイプ」

にんにく絞り器といえばコレ。にんにくを潰すようにして、みじん切りを作るタイプです。潰された後に出てくるにんにくは、押しつぶされたペーストのような形状になります。

ハンドル部分をぎゅっと握りしめて使うことになるので、力の弱い女性にはあまりおすすすめできないタイプ。またこのタイプは、穴ににんにくの搾りかすが詰まりやすいので、洗うのが大変だというデメリットもあります。

力がなくても大丈夫!「押さえつけるタイプ」

にんにくを上からにんにく絞り器で押さえつけて、一気にみじん切りのように加工するタイプ。このタイプは手が汚れにくいのはもちろん、上から押さえつけるため力が入りやすく、女性でも比較的簡単に使用できるのが特徴です。

またコンパクトサイズの商品が多く、場所を選ばないというのもメリット。収納スペースの少ないキッチンでも安心です。ただみじん切りは若干粗めにできあがりますので、ペースト状のようなにんにくを作りたい人には向いていません。

カットする荒さを調整できる「回すタイプ」

カットする荒さを調整できる「回すタイプ」

出典:amazon.co.jp

とにかく手を汚したくないという方におすすめなのが、回すタイプ。容器の中ににんにくをセットしたら、ハンドルや蓋を回すだけでにんにくがカットされていきますので、手にニオイが付くことはほとんどありません。

またこのタイプは、カットの粗さを自分で調節しやすいのも魅力です。ペースト状に近いにんにくがお好みなら念入りに、ある程度の食感が残っているにんにくがお好みなら回転数を少なくして使用しましょう。ただし回すのに結構な力が必要なので、慣れるまでは苦労するかもしれません。

絞り器本体の素材から選ぶ

にんにく絞り器に使われている素材は、主に「ステンレス」「アルミ」「プラスチック」の3種類。素材により見た目や重量が異なるのはもちろん、値段・壊れにくさ・お手入れのしやすさも変化します。

壊れにくくお手入れも簡単なステンレス

壊れにくくお手入れも簡単なステンレス

出典:amazon.co.jp

壊れにくいにんにく絞り器を選びたい、という方にオススメなのがステンレス。丈夫なので力を込めて使用しても壊れにくく、さらに錆や汚れにも強いため、一度購入すれば長く愛用することができます。

しかし、ほかの素材に比べて重く、値段も高いのが難点です。少々高くても長期間使い続けられるものが良いという方にはピッタリな素材と言えるでしょう。

スタイリッシュで気軽に使えるアルミ

スタイリッシュで気軽に使えるアルミ

出典:amazon.co.jp

安価で軽い金属製のにんにく絞り器を選びたい、という方にオススメなのがアルミ。金属製ならではのスタイリッシュな美しさがありつつも比較的安く軽量ですので、気軽に使える商品を求めているという方にもピッタリな素材です。

ただし、アルミは強度が低いため、長く使い続けるにんにく絞り器としてはあまり向きません。

安くてユニークなデザインが多いプラスチック

安くてユニークなデザインが多いプラスチック

出典:amazon.co.jp

安価でユニークな商品が多いのがプラスチック製。普通のにんにく絞り器では物足りない、気軽に購入できる安い商品を選びたいという方にピッタリな素材です。

ただし、プラスチックは壊れやすいのが難点。力を加えた瞬間にパーツが折れてしまった、なんて口コミがある商品もありますので、購入する際は要注意です。

手にニオイが付かないものを選ぶ

手にニオイが付かないものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

にんにく絞り器を使用するなら、手にニオイが付きにくい商品を選びましょう。一度にんにくのニオイが手についてしまうと、洗ってもなかなか落とすことができません。にんにくを投入したら、あとは最後までにんにくが手に触れないものなら安心。絞ったにんにくをそのままフライパンやお鍋に投入できる商品なら、言うことなしです。

一度に必要な分だけ絞れるかチェック

一度に必要な分だけ絞れるかチェック

出典:amazon.co.jp

一度にどれだけの量のにんにくを絞れるか。これもにんにく絞り器を選ぶうえで大変重要なポイントです。毎回多くのにんにくを絞るという方は、一度に2片以上のにんにくを絞れるものを選ぶと作業効率がアップします。

小さいサイズのにんにく1片しか入らない、という商品の場合、何度も力を加えなければいけないため、やがて使うのが億劫になってしまうことでしょう。ですので、できるだけにんにくを入れる口が大きいものを選ぶのがベストです。

お手入れしやすいシンプルデザインを選ぶ

お手入れしやすいシンプルデザインを選ぶ

出典:amazon.co.jp

絞ったにんにくが本体に溜まりやすいのが、にんにく絞り器の難点でもあります。特に穴が小さく、複雑な形状のものを選択すると掃除の際に苦労することも。お手入れのしやすさで選ぶなら、シンプルで汚れが付きにくく落ちやすい形状のものを選ぶと良いでしょう。

収納しやすいサイズを選ぶ

収納しやすいサイズを選ぶ

出典:amazon.co.jp

何かと物が多くなってしまうキッチン周り。収納スペースを圧迫せず、使いたいと思ったときにすぐに使えるように、収納スペースに合ったサイズの商品を選ぶことも大切です。特に引き出しに収納する場合には、キチンと収納できる高さや幅なのか確認しておきましょう。

また、サイズが大きな商品を使いたいという場合には、引っ掛け収納ができる商品を選ぶのがオススメです。

プロの愛用するおすすめのにんにく絞り器

まずはランキングの前に、プロの愛用するにんにく絞り器をご紹介します!

プロのおすすめポイントを参考に、手軽に使えて後片付けが簡単なにんにく絞り器を見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

にんにく絞り器のおすすめ人気ランキング10選

お待たせしました。いよいよここからは、おすすめ商品をランキング順にご紹介していきます。
10位

パール金属回転にんにくおろし器

C-3498

1,000円 (税込)

タイプ回す
9位

ネクストレンドガーリックツイスト

2,499円 (税込)

タイプ回す
8位
タイプ握る
7位

清水刃物工業所Toginon ニンニク搾り器(にんにくつぶし)

864円 (税込)

タイプ握る
6位
タイプ握る
5位
タイプ握る
4位
タイプ握る
3位
にんにく絞り器 イケア KONCIS ガーリックプレス ステンレススチール
出典:amazon.co.jp

イケアKONCIS ガーリックプレス ステンレススチール

950円 (税込)

タイプ握る
2位
タイプ押さえつける
1位
タイプ握る

おすすめ人気にんにく絞り器の比較一覧表

商品画像
1
にんにく絞り器 E-PRANCE ガーリックプレス

E-PRANCE

2
にんにく絞り器 Joseph Joseph ロッカー

Joseph Joseph

3
にんにく絞り器 イケア KONCIS ガーリックプレス ステンレススチール

イケア

4
にんにく絞り器 貝印 ニンニクしぼり

貝印

5
にんにく絞り器 PLEMO ガーリックプレス

PLEMO

6
にんにく絞り器 チリス ガーリックプレス3

チリス

7
にんにく絞り器 清水刃物工業所 Toginon ニンニク搾り器(にんにくつぶし)

清水刃物工業所

8
にんにく絞り器 メイダイ にんにくスライサー

メイダイ

9
にんにく絞り器 ネクストレンド ガーリックツイスト

ネクストレンド

10
にんにく絞り器 パール金属 回転にんにくおろし器

パール金属

商品名

ガーリックプレス

ロッカー

KONCIS ガーリックプレス ステンレススチール

ニンニクしぼり

ガーリックプレス

ガーリックプレス3

Toginon ニンニク搾り器(にんにくつぶし)

にんにくスライサー

ガーリックツイスト

回転にんにくおろし器

特徴シンプルで汚れも落としやすいスマートさはナンバーワン!洗いやすさにこだわりありなめらかなにんにくペーストが完成大量のにんにくを一瞬で処理!握りやすいから使いやすい簡単操作で確実にすりつぶしつぶす・スライスの1台2役好みの粗さのみじん切りができる!クルクルハンドルを回すだけ
価格1,480円(税込)3,645円(税込)950円(税込)1,154円(税込)2,199円(税込)2,462円(税込)864円(税込)1,318円(税込)2,499円(税込)1,000円(税込)
タイプ握る押さえつける握る握る握る握る握る握る回す回す
商品リンク

その他のみじん切りやスライスに便利なグッズはこちら

にんにく絞りの他にも、料理をサポートしてくれるキッチン用品はたくさん。みじん切りやスライスする機会の多い方は、道具を揃えるだけでぐっと下ごしらえが楽になりますよ。興味のある方はぜひあわせてチェックしてみてください。

にんにく絞り器の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、にんにく絞り器のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

いかがでしたか?にんにく絞り器を使用すれば、調味料としてにんにくを使うハードルもぐっと下げられて、これまでにんにくから遠ざかっていた人でも安心して使えるのではないでしょうか。

ただ中には強めの力が必要なにんにく絞り器もありますので、その点は要注意。あまりにも強い力が要る商品だと、にんにくを絞るだけで疲れてしまいます。今回の選び方やおすすめ商品を参考に、使いやすいにんにく絞り器を見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す