• 35f76c00b9d94df22e05e2bb64254b4261f54d92
  • 65f2bd6bf7e10c571a172fb9a38a3f0783fd5787
  • Dcd1371403e91d1d6b98d87c19e76ca5c87d1fc6
  • 9e9d52c53fb9f2955699057ccbfdbafbd8b11909
  • 4889d2ff0d6f6954b5c63cb70eb7e453cb11c818

茶筒のおすすめ人気ランキング7選

茶葉を美味しい状態で保存するために必要な「茶筒」。開化堂や藤木伝四郎商店といった老舗が手掛けたもののほか、桜皮や銅、ステンレスなど素材・材質も様々です。価格もピンキリですので、どれを選んだら良いか迷ってしまいますね。

そこで今回は茶筒の選び方について詳しく説明し、実際に使用した人の口コミ情報も参考にしながら、通販で買えるおすすめの茶筒をランキング形式でご紹介したいと思います!あなたのお気に入りの茶筒がきっと見つかるはずです♪

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
最終更新日:2017年09月02日 | 6,548views

茶筒の選び方

茶筒を選ぶ際の決め手となるのは何なのかというと、茶葉の性質によるところが大きいです。茶葉の大敵は「湿気・光・熱・酸素」といわれます。まずはこれらのものを、しっかりシャットアウトしてくれる茶筒でなくてはいけませんね。

その他にも茶筒の選び方について、いくつかポイントがありますので、ここで説明をしていきたいと思います。

蓋がきちんと閉まるものを選ぶ

茶葉の保存に置いて最も大切なのは密閉性です。しっかり密閉することにより香りが逃げにくく、茶葉の大敵である湿気を防ぐことができます。

茶葉の性質上、茶筒には外蓋と内蓋という風に蓋が二重に付いてます。せっかく蓋が付いていても、緩ければ香りを逃がし外の空気も侵入して湿気がこもるとともに、茶葉が他の匂いを吸着してしまいます。蓋の閉まり加減は茶筒を選ぶ際のポイントとしてかなり重要です。

蓋の閉まり加減を確認する目安

きちんと蓋が閉まる茶筒であるかは、蓋の部分を持って茶筒を持ち上げた時に缶全体が持ち上がるかで確認できます。蓋だけが持ち上がってしまうものはかなり密閉性が低いものといえます。また缶全体が持ち上がっても、グラグラしたり不安定であれば、やや緩いと判断してよいでしょう。

通販で購入する際は、商品説明や口コミなどに蓋の密閉性について記載があるものを選ぶと失敗しにくいですよ。

茶筒のサイズはお茶の量と手のサイズで決める

茶筒にもいろいろなサイズのものがありますね。それは茶筒に入れる茶葉の量によって、茶筒のサイズを選ばなくてはいけないからです。

また、茶筒は手に持ちやすいサイズのものを選ぶと使いやすいので、その2点についてお話ししていきますね。

茶筒の大きさと茶葉の量を合わせる

「茶筒は1つしか持っておらず、茶葉を買う量は特に決まっていなくていつもバラバラ」という人も多いのではないでしょうか?その場合、茶葉がびっしり上まで入っている時と、少ししか入っていなくて茶筒の中にたくさん空洞ができている時があるはずです。

少量の茶葉を大きい茶筒に入れて空洞が増えると、茶葉がより多く酸素に触れることになります。そうなると茶葉が湿気を多く帯びてしまい、香りも悪くなってしまいます。

茶筒はなるべく空洞の部分が広くならないよう、茶葉の量にきちんと合わせて選びましょう。

手に持ちやすいサイズを選ぶと使いやすい

もう一つ、茶筒のサイズは手に持ちやすいサイズを選ぶ方が好ましいです。ちなみに、女性が持ちやすいサイズは、直径が6.5~7.5cmくらいのものといわれています。個人差もありますが、直径8.5cm以上のものになると、かなり掌で包み込みにくいと感じるサイズになるようですよ。滑りやすい素材の茶筒の場合、特に持ちやすいサイズのものをしっかり持ちたいですね。

実際に手に取って商品を見ることができない通販で買う場合は、直径が同じくらいの何か他のものを持ってみて、持ちやすいサイズであるか確認するとよいでしょう。

茶葉を最適な状態で保存できる材質を選ぶ

茶葉を保存する茶筒にも、ステンレス製や木製のものなど様々な材質のものがありますね。お茶の葉はとても繊細で、香りや湿気・熱・光など周りの影響をとても受けやすいので、茶筒の材質は茶葉の美味しい状態がより損なわれにくいものを選ぶ必要があります。

おすすめの材質は、光や酸素を通さず、湿気にも強い錫や銅・ステンレスなどの金属製。木製であれば桜皮の茶筒などが茶葉の保存に適しています。

陶磁器などの焼き物は隙間ができてしまうため、密閉することが難しい点がマイナス。樹脂素材はお手頃価格で手に入る点は良いのですが、光を通しやすく匂いも付きやすいので、茶葉を保存する容器の材質としてはあまりおすすめしません。

プロの愛用するおすすめの茶筒

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの茶筒をご紹介します!

プロのおすすめポイントを参考に、茶葉の品質を落とさずに保存できる茶筒を見つけてくださいね。

密閉率の高い茶葉保存缶!使い勝手のいい50gのミニサイズ

茶葉保存缶ミニ
259円
愛用品のおすすめポイント
A83b3a625023f3dd52f439753c960569b9137d31
日本茶インストラクター
市川 雅恵

平たく、密閉率に優れた茶葉保存缶。50gでちょうどよいサイズなので、茶葉100gの場合は2つにわけて保存します。

茶葉はできるだけ空気に触れないほうが劣化を防げるのでコンパクト缶はおすすめ。茶葉がすくいやすいところもお気に入りです。

茶筒のおすすめ人気ランキング7選

ここからは実際に、通販でも買えるおすすめの茶筒を、口コミや価格なども比較しながらランキング形式でご紹介します!

ここにあるのは、使いやすさ・購入しやすさ・機能性を重視しておすすめしたい茶筒ばかり。あなたはどの茶筒に心惹かれますか?

7位:Baby Leaf コルン缶

Baby Leaf コルン缶
310円(税込)

・サイズ:8.2×8.2cm
・素材・材質:スチール

茶葉の種類で色分けできるカラフルな茶筒

茶葉が約100g入るスチール製の茶筒です。カラー展開がとても豊富で、眺めるだけで嬉しくなるような、きれいな13色から選べます!小ぶりですので、色違いで購入して茶葉の種類ごとに分けて使うと良いですね。価格もお財布に優しいロープライス♪

プラスチック製の内蓋が付いていますが、素材の特性上やや密閉性が劣るかもしれません。しかし、ある程度は香りが逃げるのを防いだり湿気を帯びにくくして茶葉の品質を保持してくれますので、価格やカラーをより重視する人にはおすすめの商品です。

「Baby Leaf コルン缶」の評判・口コミ

100gでも、想像以上に入る感じします。6色購入したので、どの色に何茶を入れようか、今からウキウキしています。

出典:【楽天市場】【茶缶・茶筒】コルン缶【クロネコDM便×】(お茶専門店 Baby Leaf) | みんなのレビュー・口コミ

黄緑・ピンク・ベージュ・茶の4色を購入しました。大きさも丁度良くしっかり閉まるので、今度は別の色を購入予定です。

出典:【楽天市場】| みんなのレビュー・口コミ

6位:クックベッセル アルミ茶筒

クックベッセル アルミ茶筒 アール缶
529円(税込)

・サイズ:8.2×11.2cm
・素材・材質:スチール

ロープライスでも満足できる使用感と美しさが嬉しい

綺麗な和柄の茶筒。上品な雰囲気が素敵ですね。このような茶筒は、本体の外側に和紙が貼られたようなものが多いですが、この茶筒の表面は和紙素材ではないので汚れにくく、汚れてもさっと拭くことができます。

小ぶりで女性も扱いやすいサイズで、実際に使ってみた人からの評価も高い商品です。プライス的にも十分な満足度を得られるのではないでしょうか。

マイナスポイントは、内蓋の素材がプラスチック製であること。やはり香りを逃がしやすいため、お茶の香りに敏感な人にはおすすめしません。

「クックベッセル アルミ茶筒」の評判・口コミ

かわいく上品な柄が素敵。こういう柄の茶筒の表面は和紙が多い中、こちらはアルミで、気軽に拭けるのが購入の決め手でした。
思った通り、とても使いやすく清潔も保てて大満足。蓋の開閉もスムーズで気持ち良く、小ぶりで安定感のある形状にも満足しています^^

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー|クックベッセル アルミ茶筒

値段が安くて、しっかり密封できます。デザインもいいです。もう少し大きくてもいいですが、十分使えます。お勧めです。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー|クックベッセル アルミ茶筒

5位:栗原はるみ リーフ柄 ストッカー

栗原はるみ リーフ柄 ストッカー (茶筒) HK10355
5,400円(税込)

・サイズ:7×11.6cm
・素材・材質:ステンレス

食のプロが手掛けたハイセンスなストッカー

料理家・栗原はるみさんのプロデュースによるキッチン雑貨の1つ。本体・内蓋すべて衛生的なステンレス製です。さりげないリーフ柄がおしゃれなこの茶筒は、和・洋どちらの空間にもしっくりくるデザイン。茶葉が約100~150g入るちょうどいいサイズですよ。

数ある茶筒の価格帯の中では中間くらいのお値段で決して安くはないですが、「買ってよかった」と評価するユーザーが多いようです!

「栗原はるみ リーフ柄 ストッカー」の評価・口コミ

商品は、容量が大きく茶葉はたっぷり入り、何年使っても、特別な手入れしてませんが、色変わりなくつやつやしていてきれいです。食器棚に飾ってあるだけで、目にとまるみたいです。

出典:【楽天市場】 | みんなのレビュー・口コミ

どんな部屋にも馴染むデザインで、機能性も良好です。

出典:【楽天市場】 | みんなのレビュー・口コミ

4位:ナガオ 玉幸堂 純銅 茶筒 燕市製

ナガオ 玉幸堂 純銅茶筒 小 燕市製
2,160円(税込)

・サイズ:7.2×10.5cm
・素材・材質:純銅

金属加工の産地でつくられた存在感のある茶筒

しっかりした存在感のある槌目仕上げの銅製で、高級感あるデザインです。高過ぎず安過ぎずのプライスも人気の理由。金属加工の産地、新潟県燕市でひとつひとつ丁寧に作られています。

内蓋もしっかりとした金属製で気密性も高く、茶葉を良い状態で保存してくれます。

写真で見ると少々わかりづらいのですが、サイズは意外と小さめで、女性が片手で楽に持てるくらいの大きさです。

「ナガオ 玉幸堂 純銅 茶筒 燕市製」の評判・口コミ

蓋の閉まり具合がとても良かったです。蓋はさいごまで押し込まなくても、勝手にすっと閉まります。気になるズレもありませんでした。お値段以上の価値はありますね。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー|ナガオ 玉幸堂 純銅 茶筒 小 72xH105mm 燕市製

純銅製なので・・お茶の葉が常に冷えている感じです。以前と比べて(アルミ缶・中蓋プラ)・・お茶とてもが美味しい。中蓋もしっかりして外蓋は乗せるだけでスーとゆっくり下りて締まります。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: ナガオ 玉幸堂 純銅 茶筒 小 72xH105mm 燕市製

3位:藤木伝四郎商店 桜皮 総皮茶筒

藤木伝四郎商店 桜皮 総皮茶筒 無地皮 大
9,180円(税込)

・サイズ:8.3×12cm
・素材・材質:桜皮

抗菌効果や通気性などに優れた天然素材

桜の樹皮を使用した伝統工芸品「樺細工」の茶筒です。自然の素材が使用されているので、金属製のものにはない美しさとぬくもりを感じますね。ツヤやかでとても手触りがよい点も、この桜皮を使用した茶筒の魅力です。お値段はやや高めですが、このような上質な茶筒も一つはあるといいのでは?

密閉性はもちろん通気性や通湿性も優れており抗菌効果まであるので、茶葉を長い間最適な状態で保存することが可能です。

手で触れることにより色合いが少しずつ変化していき、ツヤも増すそうですよ。長く使い続けたいですね。

「藤木伝四郎商店 桜皮 総皮茶筒」の評判・口コミ

以前から、欲しいと思う一品で、今回思い切って購入しました。蓋がピッタリとはまって気持ちの良い感覚に感動です。買って良かったです。

出典:【楽天市場】 | みんなのレビュー・口コミ

2位:開化堂 銅 茶筒 平型 200g

開化堂 銅 茶筒 平型 200g
12,960円(税込)

・サイズ:9.2×11cm
・素材・材質:(外側)銅(内側)ブリキ(中蓋つまみ)真鍮

密閉性が極めて高く上質な老舗の茶筒

高級茶筒といえば開化堂ですね。さすがにお値段は他の茶筒と比較すると高めですが、やはり歴史ある手作り茶筒の老舗が手がける上質の品は、お茶を愛する人たちに大人気です。

蓋が自然な重みでスーっと閉まっていくのは、その精密さの証。気密性が高く、茶葉が湿気を帯びにくい優れたつくりになっています。絹のような滑らかな手触りが心地よい極上の茶筒は、自分へのご褒美として、またギフトとしても喜ばれるでしょう♪

使い込むにつれて色が変化する楽しみ

この茶筒は、使っていくにつれてだんだん色が変化していく経年変化も楽しみです。使う環境や使い方がそれぞれ違うので、変化の仕方も一つ一つ様々なはず。やがて自分だけの色に輝くというのが素敵ですね♪毎日優しくなでてあげるとよいそうですので、ぜひお試しください!

材質は銅製・ブリキ製・真鍮製・銀製のものがあり、より好みの色合いのものを選ぶことができます。どの材質も経年変化する仕様で、サイズ展開も豊富ですよ。

「開化堂 銅 茶筒 平型 200g」評判・口コミ

蓋が自重で閉まっていく様子は結構感動ものです。今はピカピカですが、銅の色も時の経過とともに変化するそうなので楽しみたいと思います。

出典:【楽天市場】 | みんなのレビュー・口コミ

1位:江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶100g

江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶100g
972円(税込)

・サイズ:7.3×7.9cm
・素材・材質:スチール

安心の品質と驚きのコスパ!最もおすすめの茶筒はコレ

創業から90年以上、一つずつ手作業で茶筒を作り続けている江東堂高橋製作所の茶筒は、安心の品質であるにもかかわらず価格もお手頃で、Amazonなどの通販の人気ランキングでも、常に上位にランクインしている人気商品です!

外蓋が胴部分と深く重なるよう設計され、気密性の高いスチール製の内蓋との二重構造で、しっかり外気をシャットアウトしてくれます。他の匂いも入り込みにくいので茶葉本来の香りが損なわれません。

大量生産で作られた茶筒などには、たまに缶の切り口が雑に仕上げられているものなどもありますが、江東堂の茶筒は、切り口が丸くなるよう内側にカールされており、安全性も考慮されています。

気の利いたサイズ展開と空間にマッチしやすいデザイン

サイズに関しては、茶葉100g・150g・200g用の3サイズから選べます。どれも家庭などでちょうど使いやすいくらいのサイズですので、自分が購入する茶葉の量に合ったものを選べば、最も良い状態で茶葉を保存できますね。ちなみに100g用だと女性が楽に持てるサイズです。

清潔感のあるシンプルなデザインですし、どんな空間にもマッチしますよ。この茶筒なら茶葉の美味しさを長く保ってくれて、使いやすいこと間違いないでしょう!

「江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶100g」の評判・口コミ

これにして大正解です!パッと見はなんの飾りっ気もなく、ちょっとシンプルすぎたかなと思いましたが、蓋が、おのずとすーっとしまる精密さは、手づくりならでは。お安いのに、この精密さは日本人の誇りを感じますね。

出典:Amazon.co.jp : カスタマーレビュー

とてもキッチリできている、素晴らしい缶です。フタがスッと閉まります。中ぶたもスッと閉まります。お勧めします。星5つ!!

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー

茶筒のお手入れ方法

最後に茶筒のお手入れ方法を簡単に説明します。

茶葉を入れ替える時などに水洗いをしたくなりますが、金属製のものは錆ができてしまったり、よく乾かないうちに茶葉を入れてしまうことにより茶葉が湿気を帯びることもあります。木製のものはなかなか乾きにくく、頻繁に洗うことによりカビが発生したり変形して密閉性が悪くなるなどの理由から、基本的にはほとんどの材質の茶筒が水洗いは避けたほうがよいということになります。

汚れてきたり他の茶葉を入れたい場合は、柔らかくキズが付きにくい乾いた布で優しく拭くようにしましょう。木製の茶筒は、木目に添って拭くことで滑らかさとツヤがUPしますよ。

まとめ

茶筒のおすすめ人気ランキング、いかがでしたか?

茶葉は密閉性の高い茶筒にきちんと保存することで、長く香りを楽しみ、美味しくいただくことができます。そのためにも、茶筒選びは決して手を抜いてはいけないのです!

ぜひ、茶葉が喜ぶ良い茶筒を手に入れて、毎日のお茶の時間をもっと楽しんでくださいね♪

関連記事

人気の記事