• F79c403dac118ba4169e904e8d1701ec207df15b
  • 2eba09010df92c8a827b3f0cd49b44d18c909989
  • E0db7861fe1e5b86f9861d71de164a0fbeadf211
  • D5602fc7ab9db161181b1a52cfa9e2494a8f8996
  • C3eef08f82b13a480b7d62097268501b259a3d07

【本当においしい!】チョコレートのおすすめ人気ランキング25選【2018年最新版】

最近では専門ショップも登場しているチョコレート。バレンタインだけでなく日常生活も華やかにしてくれますよね。一口にチョコレートと言っても、日本やベルギーなど製造地も違いますし、原料のカカオの割合が違うブラックチョコや比較的価格が安いセミスイートチョコなど、様々な商品があります。

そこで今回は市販・通販で購入可能なチョコレート商品を比較して、おすすめランキングをご紹介したいと思います。様々な種類の美味しいチョコレートを見るだけでも幸せになれますよ!

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
最終更新日:2018年01月16日 | 172,515views

チョコレートの選び方のポイント

人によってチョコレートの好みもそれぞれ異なりますよね。その違いを分けるポイントはこの2つにあり、そこを見極めることで好きなタイプのチョコレートを選ぶことができます。

チョコレートの味の決め手

・使われるカカオの違い、量
・植物性油脂の量

この2点がチョコレートの味にどう関わっているのか、じっくり見ていきましょう。

カカオの違い

Loading
そもそも、チョコレートに使われているカカオに違いはあるのでしょうか?海外のチョコレートと日本のチョコレートは風味に大きな違いがありますが、これはカカオの産地や品質に大きな違いがあるところが関係しています。

海外はコートジボワール産のカカオを使用したチョコレートが多く、日本のチョコレートはガーナ産のカカオを使っているものが多いです。もちろんミルクの質の違いも風味の違いに関係していますが、使っているカカオの違いはチョコレートの風味に大きく影響します。

風味にこだわりがある方は、海外のチョコレートと日本のチョコレートを食べ比べして好きなタイプを見つけるのもアリです。

カカオの量

最近は高カカオチョコレートを使ったチョコレートダイエットもブームとなりましたが、カカオの含有量もチョコレートの味を左右します。

チョコレートのラベルにある原材料の名称に注目してみてください。商品によって、「チョコレート」と「準チョコレート」の2種類の表示が使い分けられています。「チョコレート」と表示されている商品については、カカオの含有率が30〜40%で、「準チョコレート」の場合は30%以下になります。

一般的にカカオの含有率が70%を超えると、苦味を強く感じるようになるといわれています。ビタータイプがお好きな方は、カカオ70%のものから試してみると良いかもしれません。

植物性油脂の量

Loading
植物性油脂を使用していない方が良いのでは?というイメージを持つ人もいるでしょう。ですが、食感をよくするためにあえて入れているチョコレートも多いです。

チョコレートに植物性油脂を入れる理由は口どけにあります。また、安定した品質にするためには、カカオではない植物から得た油脂を使用します。この植物性油脂の含有量が高くなると、チョコレートの口どけは滑らかになります。ですが人によってはクドく感じる場合もあります。

口どけ重視の方は植物性油脂が高めのタイプが良いですね。逆に植物性油脂を使用していないチョコレートは均一に溶かしやすく、お菓子作りでも使用出来る利点もあります。

チョコレートの価格の差

Loading
チョコレートを選ぶ際に価格も気になるポイントですよね。価格の差は特定産地のカカオを使用する、カカオへのこだわりによる高さや、パティシエの手作りなどによる人件費による高低差が理由となっています。

日本は企業努力で価格を抑えているメーカーが多く、優れた品質のチョコレートにもかかわらず低価格のものが多くあります。普段たくさん食べる用は国内メーカーのものがいいでしょう。

プロの愛用するおすすめのチョコレート

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのチョコレートをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、お気に入りの一品を見つけてくださいね。

スパイシーな香りが広がる大人のチョコレート

ボベッティ スパイス粒チョコ
1,620円
愛用品のおすすめポイント
D229dc8bdb2ae89dfc9aad893a377a30fc18774c
ホームパーティーコーディネーター
海江田 千鶴

イタリア人ショコラティエ・ボベッティ氏が作る、本物のスパイスをコーティングしたチョコレートです。ローズマリー・フェンネル・ピンクペッパーなど数種類あり、それぞれ色が違うので、何種類かをグラスに入れて飾るととてもキュート!

噛むとチョコの甘みの後にスパイシーな香りが口に広がりちょっとした驚きがあります。ワインやシャンパン、コーヒーなど、ドリンク類のおつまみにぴったりです。

チョコレートのおすすめ人気ランキング

ここからはランキング順におすすめの人気商品をご紹介していきたいと思います!気になるチョコレートが見つかったら、少しずつ買い求めて味比べをするのも楽しそうですね♪

25位:リンツ エクセレンス 99%カカオ

ビター派にはたまらない99%カカオ!

原材料に砂糖は入っていますが砂糖の甘味はほぼ感じられない、超ビターなチョコレートです。パッケージにも注意書きで書いてありますが、このシリーズの70%から食べて次に85%…という具合にカカオマスの割合を徐々に上げていくのがオススメの食べ方。

さすがに99%となると、万人受けというよりはビター感重視のチョコレート好きにしか美味しく感じられないかもしれません。しかし、リンツの選ぶ最高のカカオ豆を味わってみる価値はアリです!

24位:明治 チョコレート効果 カカオ86%

高ポリフェノールのカカオ86%チョコレート

99%に比べれば、だいぶ食べやすい86%カカオマスのチョコレート。ほんの少しだけ甘味が感じられますが、やはり力強い苦味が口の中に広がります。

好き嫌いに関してはちょっと意見が分かれそうですが、健康効果としての側面から見ると動脈硬化を予防してくれたり、血管の詰まりを広げて血圧を下げてくれたり、美容効果やアレルギーの改善など良いことづくめ。このチョコを食べるなら、甘いおやつを食べるよりかなりヘルシーです。

23位:ロッテ ゼロ ノンシュガーチョコレート

砂糖や乳糖などの糖類を全く含んでいないチョコレート

糖類を全く含んでいないとは思えない、チョコレートらしい美味しさが魅力。カロリーも低めなので、ダイエットを行なっている人にはかなり嬉しいチョコレートです。

ただ糖類ゼロではあっても、糖質ゼロではないので注意が必要かもしれません。合成甘味料も3種類使われているので、お腹がゆるくなってしまう場合も…。

ケースバイケースで、減量中にどうしてもチョコが食べたい時など食べ方を考えれば良いおやつになりますよ。

22位:ハーシーズ キスチョコ ミルクチョコレート

甘さ引き立つミルクの香り

口に入れた時に、独特のミルクの香りが広がるのが特徴。新鮮な牛乳を使っているので、ミルクの香りが印象的に。カカオの香りよりも甘さが強いので、お子様にも人気です。1つづつの大きさも程よいので、食べやすいのが良いですね。

ミルク臭さのあるニオイがダメという方も中にはいるので、好き嫌いが分かれるチョコレートではありますが、昔からある変わらない美味しさにファンが多いのも事実です。

21位:ロッテ 乳酸菌ショコラ

ロッテ スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ
2,592円(税込)

乳酸菌はチョコレートでも摂取できる

味は美味しい普通のチョコレートで、乳酸菌をチョコレートで包むことによって腸まで届くようにできています。

乳酸菌の量を表示していないのではっきりとした効果がわかりません。ですが、食べた方でお腹がゆるくなってしまったというコメントも多いので、お通じの悩みがある方は継続的に食べると効果が出る可能性もありそうです!

1つづつ、小袋で包装されているので食べ過ぎも防げて良いですね。

20位:有楽 ブラックサンダー

究極のコストパフォーマンス!

ここまで安くて美味しいチョコレートはなかなかないですね!一応区分としては準チョコレート菓子の部類になります。歯ごたえのあるプレーンビスケットとココアクッキーがチョコレートと美味しくミックス。

1商品あたり¥32は驚愕のコストパフォーマンスです。ですが実はカロリーが115Kcalもあることを知らない方も多いはず。

とってもおいしいですが、おいしすぎてつい何個も食べてしまうことを気をつけないといけませんね。

19位:六花亭 チョコレート

パッケージのかわいさにも魅かれる!

北海道の定番中の定番である六花亭のチョコレート。5枚入りでそれぞれ味の違いが楽しめます。

ホワイト・ミルク・モカホワイト・ビタスイート・抹茶ホワイトの5つのチョコレートの味に合わせて、パッケージもふきのとう・はまなし・福寿草・北こぶし・水芭蕉が描かれていて目でも楽しめますね!袋を開けると、まくら木をモチーフにした形のチョコレートがお目見え。

ちょっとお高めな価格ですが、濃厚でしっかりとした味を楽しめます。

18位:ハーシー クッキーズインクリーム

甘いホワイトチョコにビタークッキーのバランスがいい!

濃厚で口どけの良いホワイトチョコレートはかなり甘め。ですがビターなココアクッキーが入っていることで、バランスの良い味わいに。食感もクッキーのおかげでサクサクしていて、ただ甘いだけのホワイトチョコとは一線を画しています!

おいしすぎて止まらなくなってしまうことが1番の問題かもしれません。

しっかりとした甘さを求めるなら、このチョコレートはうってつけです。

17位:チロルチョコ バラエティパック

いろいろな味が楽しめるアソート

みんな大好きなチロルチョコ。その中でも人気の6種類の味が詰まったおいしいアソートです。

カカオの配合率は30〜40%で、準チョコレートも混ざってはいますが味にバリエーションがあるので、飽きることなく食べきれます!

1962年の発売からずっと人気があり、今もなお新しい味を生み出し続けているチロルチョコ。だからこそ、みんなでワイワイ分け合って食べるのに最適な商品と言えます。

16位:ロイズ 生チョコレート オーレ

かすかに香る洋酒と口どけの良さがたまらない!

北海道の生クリームを使用した、こだわりのロイズの生チョコレート。口に入れるとカカオの味がグッと広がり、溶けていくチョコレートに洋酒の香りが感じられます。

カカオ感を感じられる上にこの口どけの良さは、やっぱり生チョコならでは。生チョコは保管温度も難しく基本的に賞味期限も短めなので、届いたらできるだけ早めに食べきってしまうことをオススメします!

15位:Stella Bernrain Chocolat Stella ミルクチョコレート

Chocolat Stella オーガニックチョコレート
378円(税込)

    ヘルシー志向で選ぶチョコレート

    EU・アメリカ農務省・カナダでオーガニック認証を取得しているチョコレートで、乳化剤を使用していないところもgood!チョコレート本来の味を楽しめるとともに、甘さも控えめで上品な味わいが魅力です。ミルクチョコレートにはヘーゼルナッツも配合されていて、ほんのり香ばしい香りがします。

    まずはミルクチョコレートから試してみるのがオススメ!他のフレーバーもそれぞれ個性があっておいしいです。

    14位:森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70

    森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70
    1,958円(税込)

    程よいビター感!

    カカオ配合率70%で苦すぎずに程よく甘いので、ついつい何枚も食べてしまうという口コミも。

    雑味を取り除いたカカオを使用することで、キレのある味のチョコレートに仕上がっています。そのため、後味がすっきりしていて食後のコーヒーとともに1枚、という食べ方も楽しめますね。

    パッケージも高級感ある大人っぽいデザインで、見た目にも食べる楽しみを与えてくれます!

    13位:リンツ エクセレンス 70%カカオ

    酸味や苦みが少なく、食べやすい高カカオチョコレート

    ビターチョコレート派の方も納得のしっかりとした苦味はありつつも、バランスの良い味わいから多くの人からも食べやすいと好評です。

    最近は健康を意識してカカオ高配合のチョコレートを食べる方も増えていますが、おいしくなかったら続きません。その点このチョコレートならおいしいので、楽しい習慣になりそう!

    チョコレートの祭典、サロンドショコラでベストタブレット賞を受賞した経験もある、実力派です。

    12位:森永 白いダース

    ホワイトの中でもすっきりとした後味

    白いダースは、ホワイトチョコレートファンの中でも昔から人気。口に入れやすいサイズと、なめらかな口どけはダースならでは。濃厚で甘めではありますが、後味がすっきりしているのでクドさがありません。

    この白いダースを使ってお菓子を作る人も多く、ベースに確かなおいしさがあるからこそ様々なアレンジも効くのかもしれませんね!

    コンパクトなのでバッグに入れておくのにも便利です。

    11位:トブラローネ ミルク

    山の形をした、スイスのチョコレート

    自然の多いところはおいしいチョコレートが多いということもあってか、トブラローネは世界中で愛されているスイスのチョコレート。三角の山状の形は、マッターホルンをイメージしたデザインで、割りやすくギザギザに。

    甘いチョコレートが好きな方にはたまらない味で、はちみつとヌガー、アーモンドがクラッシュされてチョコレートの中に入っています。

    満足度の高い濃厚さ!免税店でも人気のチョコレートです。

    10位:ロッテ ガーナ ブラック

    スッとした口どけに控えめな甘さ

    本格的なビターチョコレートより苦すぎず、ミルクチョコレートほど甘くないのがこのガーナブラックの良いところ。パキッとした固めの食感から一転して、口の中では舌触りもなめらかです。良い意味でクセがないので、ビターチョコレートに苦手意識がある方も食べやすいタイプと言えます。

    1つづつのブロックの大きさが小さめなのは、女性には嬉しいサイズ感かもしれませんね!

    9位:明治 ホワイトチョコレート

    濃厚な北海道ミルクのコク!

    価格以上の濃厚なミルク感は北海道ミルクを使用しているから!このコクに対して、このコストパフォーマンスは素晴らしいですね。ホワイトチョコレートらしい甘さとまったり感はあるけれど、しつこくないので後味も良いです。

    ホワイトチョコレートが苦手な人はおそらく、バニラっぽい香料の強さがネックになっている場合が多いですが、これならホワイトチョコレートが得意ではない方もおいしく食べられますよ!

    8位:森永 ダース ビター

    強い苦味がなく、バランスが良い味!

    普通のブラックチョコレートより高カカオポリフェノールで、本格的なビターチョコレートの味わいを低価格で楽しめるダース ビター。苦味は少ない分、独特の酸味がありカカオの香りが楽しめます。こちらもダース独特の口どけがあり、まろやかです。

    おやつに食べるのにも、これなら後味もスッキリしつつ小腹も満たしてくれますね。ダイエットにもうまく使えるチョコレートと言えるでしょう!

    7位:明治 ブラックチョコレート

    カカオ感はそれほど強くないので誰にでも食べやすい

    カカオが強すぎると食べにくいと感じる方も少なくはないはず。かといってミルクチョコレートよりはビターなものを食べたい、そんな方にはこちらがオススメ。

    明治 ブラックチョコレートは、同じ明治のミルクチョコレートに比べると甘さは抑えられていますが、程よいカカオの香りで誰にでも食べやすいブラックチョコレートに仕上がっています。ミルクの風味も大人の好きなバランスと言えますよ!甘さを抑えたチョコレートならこれですね。

    6位:コートドール ミニョネッツ ミルク

    コートドール・ミニョネッツ ミルク
    1,404円(税込)

    独特の香りがクセになる!

    チョコレートの本場であるベルギーの、歴史あるチョコレートブラン・コートドール。ブランドイメージの象の絵は誰でも見たことのあるデザインです。

    適度な甘さと口どけに、1度食べだすと止まらなくなってしまいます!独特の風味を持っていますが特にクセが強いわけではなく、むしろベルギーのチョコレートらしい高級感のある味わいです。

    世界中で130年以上リスペクトされている味、まだの方は是非どうぞ!

    5位:リンツ スイスクラシック ホワイト

    コクはしっかりあるのに、クドさのないホワイトチョコレート!

    ホワイトチョコレートの中では群を抜いたおいしさで、口に含んだ時の口どけ感と風味も別格。コクはあるのに、ホワイトチョコレートにありがちなクドさが一切ないところも驚きです!ホワイトチョコレートが嫌いな方もこれを食べたら克服できたという話もあり、おいしさが物語っていますね。

    ちょっと贅沢な気分になれるので、コーヒーと合わせてリッチなコーヒーブレイクや、ワインと合わせる意外な食べ方もオススメです!

    4位:森永 ダース ミルク

    ヨーロッパのチョコレートに近い!

    ヨーロッパのチョコレートに近いなめらかな口どけと、ヘーゼルナッツペーストを加えてあることで感じられるキャラメルのようなコクが魅力のダース ミルク。濃厚なまったり感もありつつ、上品さのある甘さが特徴です。

    食べやすい味と、個別に分かれているところが誰にでも親しみやすく、人気の理由と言えます。ちょっとホッとするような、優しい味。まとめて買いたくなりますね!

    3位:リンツ スイスクラシック

    押し付けがましくないミルク感!

    フレッシュミルクをたっぷり使っているにも関わらず、ミルクの主張が押し付けがましくない、自然で優しい味わい!選び抜かれた上質なカカオ豆を使用した独自の加工とブレンドで、最高級の品質を提供しているリンツのミルクチョコレート。

    もともとストレス緩和に良いとされるチョコレートですが、このチョコレートを食べれば極上のリラックスタイムになりそうです。数多くのシリーズを送り出しているリンツですが、やはりこれは食べないと損!

    2位:ロッテ ガーナミルクチョコレート

    強めのミルク感と濃いコク!

    カカオとミルクの絶妙なバランスが長く愛され続けているガーナミルクチョコレートは、なめらかさと口どけの良さを楽しめるところが良いですね!はっきりとした甘さとコクはチョコレートらしさを感じられます。食べた後の甘さの余韻が他のチョコレートに比べて長いので、「チョコレートを食べたなぁ」という感覚が強く残るところがポイントです。

    コストパフォーマンスの良さと食べ応えで選べば断然ガーナですね!

    1位:明治 ミルクチョコレート

    価格以上の品質と味わい!

    日本の3大チョコレートブランドの中でも圧倒的な人気のガーナ ミルクチョコレート。軽いカカオの香りが口に広がり、チョコレート特有のコクがしっかり感じられます。それほど味が濃すぎないところも人気の理由。あっさりとした甘さで食べられ、「一気に1枚ペロリと食べられる!」と答える方も多いです。

    お菓子作りで使うのにも適していて、【ピュアチョコレート】の称号は明治クオリティだからこそ。芳醇なカカオとミルクの味が、この価格なのは本当に驚きですよ!

    栄えある1位の美味しさ、ぜひ味わってみてください。

    チョコレートの効果と食べ方

    Loading
    チョコレートには集中力や記憶力を上げる効果があり、勉強や仕事を始める1時間前くらいに板チョコレートの4分の1〜半分くらいを食べるとgood。

    勉強や仕事以外にも、頭や体をアクティブモードにさせる効果があるので、朝や昼に食べると脳への血流を良くしてくれます。是非お気に入りのチョコレートを見つけて試してみてくださいね。

    まとめ

    美味しそうなチョコレートがずらりと並んだランキング。どれも食べたくなってしまいますよね?

    ただ美味しいだけでなく健康にもなれるチョコレートも開発されているので、身体のことを考えて選んでみても良いかもしれません。もちろん、味重視で選ぶのもOKですよ。

    お気に入りのチョコレートで一息ついてみてはいかがですか?リラックスした気持ちで仕事や家事ができますよ!

    関連記事

    人気の記事