• 【2019年最新版!】生チョコのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【2019年最新版!】生チョコのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【2019年最新版!】生チョコのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【2019年最新版!】生チョコのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【2019年最新版!】生チョコのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【2019年最新版!】生チョコのおすすめ人気ランキング10選

チョコの香りと甘い味わいが口に広がる「生チョコ」。食べただけで、幸せな気分になる人気のスイーツです。プレーンだけでなく、抹茶風味・ナッツ風味などフレーバーの違いもさまざま。さらに、お酒やコーヒー・紅茶にピッタリの生チョコの違いなどもあるため、どれを購入しようかと迷うこともありますよね。

そこで今回は、生チョコの選び方とともに、インターネット上で手に入る口コミ人気の高い生チョコレートをランキング形式でご紹介したいと思います。バレンタインやクリスマスのギフトにもおすすめですよ。
  • 最終更新日:2019年02月19日
  • 35,541  views
目次

知ってる?生チョコの定義

知ってる?生チョコの定義

出典:amazon.co.jp

神奈川県の洋菓子店が呼び名の発祥地だと言われている「生チョコレート」。くちどけがなめらかで、子どものおやつにも、お父さんのお酒のおつまみにも人気がありますが、どんなチョコレートを生チョコと呼べるのか、ご存知でしょうか?

全国チョコレート業公正取引協議会による生チョコレートの規定は、チョコレート生地を全重量の40%以上使用したもので、クリームが10%以上、水分量が10%以上あるチョコレートのこと。表面にココアパウダーを振りかけたものや、チョコレート生地で外側を作って中に生チョコを入れたものなども、これに収まっていれば生チョコレートと呼ぶことができるそうです。規定を知らなくてもおいしく食べられますが、知っているとより味わい深く楽しめそうな気がしませんか?

生チョコの選び方

友達や知り合いのプレゼント、自分へのご褒美に生チョコを購入する方は多いですよね。まずは、どんなポイントに注目して生チョコを選んだらいいか、みていきましょう。

シンプルだからこそ素材をチェック

シンプルだからこそ素材をチェック

出典:amazon.co.jp

生チョコは、比較的シンプルな材料で作ることができます。そのため、市販の生チョコも、シンプルで上質な材料でできているものの方がチョコレートの味わいをしっかりと楽しめると思います。

チョコレートは「カカオ分が35%以上でカカオバターが31%以上含まれており、カカオバター以外の代用油脂は5%以下」という厳しい国際規格をクリアしたクーベルチュール・チョコレートを使っていると、風味豊かなチョコレートそのものの味が楽しめます。

また、生クリームも北海道産など上質なものを使用していると、より味わい深い生チョコを楽しむことができますよ!

フレーバーを楽しむ

フレーバーを楽しむ

出典:amazon.co.jp

生チョコは、プレーンなチョコレートの味以外に、ホワイトチョコレートやヘーゼルナッツなどのナッツ風味、抹茶風味など、フレーバーのバリエーションもたくさんあります。さまざまなフレーバーの生チョコレートを用意して、食べ比べてみるのもおすすめです。

生チョコは噛まずに、口の中でゆっくりと溶かしながら食べると、カカオの香り高い風味となめらかな舌触りを感じることができ、おいしく味わえます。

飲み物との相性で選ぶ

生チョコを選ぶときには、食べる人や食べるシーンを考えるとともに、合わせる飲み物も考慮するといいですね!

お酒のお供には洋酒使用の生チョコが◎

お酒のお供には洋酒使用の生チョコが◎
ウイスキーやワインなど、お酒に合わせるなら洋酒の風味が利いた、ビターな味わいの生チョコがおすすめです。甘さ控えめなものなら男性も食べやすいですね。

ティータイムにはアルコール無添加のものを

ティータイムにはアルコール無添加のものを
お茶やコーヒーに合わせるなら、洋酒の風味が控えめ、もしくは無添加で、生クリームが多く入った甘めの生チョコレートが合わせやすいと思います。子どもやお年寄りと一緒におやつで食べるならこちらのタイプを選びましょう。

アルコール分に注意

アルコール分に注意
生チョコレートには、ブランデーやラム酒、コニャックなど、洋酒が使われていることが多くあります。他のチョコレート菓子よりもアルコールの含有量が多めな場合も多く、だからこそお酒のおつまみとしてお酒と一緒に食べるとおいしいのですが、アルコールに弱い人や子どもは注意が必要!食べる前に必ずチェックしましょう。

酔うほどにアルコールが含まれていることは少ないですが、お酒に弱い人は念のため、車の運転などをする前に食べるのは控えたほうがいいでしょう。

生チョコのおすすめ人気ランキング10選

それではここから、選び方のポイントを踏まえたおすすめの生チョコをランキング形式でご紹介します。

10位:天使のおくりもの 訳あり 絶品スイーツ 生チョコ

天使のおくりもの 訳あり 絶品スイーツ 生チョコ
出典:amazon.co.jp
天使のおくりもの 訳あり 絶品スイーツ 生チョコ

1,480円 (税込)

詳細情報
・原材料:チョコレート・生クリーム・乳等を主原料とする食品(植物油脂・乳製品・乳化剤・ph調整剤)・転化糖・ヘーゼルナッツ・水あめ・ココア・バニラ香料
・フレーバー:プレーン
・内容量:280g

訳ありだからお得に味わえる

テレビで紹介されたこともあるパティスリーの生チョコです。専門のパティシエが作った生チョコの訳あり商品。多少大きさが不揃いなため、簡易包装で訳あり価格になっているのがうれしい、リーズナブルなアイテムです。

本格クーベルチュール・チョコレートと北海道産純正生クリームを使用して作られており、口の中で溶けたあとの余韻も楽しめるように、隠し味にヘーゼルナッツを使用。ワンランク上の風味が味わえます。

9位:エクチュア ブルージュの石畳コレクション ミルク

エクチュア ブルージュの石畳コレクション ミルク
出典:amazon.co.jp
エクチュア ブルージュの石畳コレクション ミルク

1,728円 (税込)

詳細情報
・原材料:ベルギー産クーベルチュール・生クリームなど
・フレーバー:ミルク
・内容量:24個入り

大阪のチョコレートショップの人気アイテム

大阪に本店がある、TVや雑誌などでも紹介されたことがあるチョコレートショップの生チョコです。ベルギー産クーベルチュールと上質な生クリームをふんだんに使って、ミルク風味を足したまろやかなおいしさが人気の理由。地元ではバーなどのお店でおつまみとして出されている、お酒のプロも認める生チョコですよ。

8位:舞妓の茶本舗 京都・宇治抹茶 生ちょこれーと

舞妓の茶本舗 京都・宇治抹茶 生ちょこれーと
出典:amazon.co.jp
舞妓の茶本舗 京都・宇治抹茶 生ちょこれーと

1,440円 (税込)

詳細情報
・原材料:ホワイトチョコレート・生ホイップクリーム・バター・水飴・抹茶・粉糖・洋酒(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)
・フレーバー:抹茶
・内容量:8粒入り

京都・宇治抹茶がいい香り

お茶屋さんが作った、宇治抹茶のおいしさをそのまま味わえる生チョコです。石臼でていねいに挽いた宇治抹茶のみをたっぷり使っており、緑が鮮やかな抹茶の色と、口の中でとろける濃厚な抹茶の味わいを楽しむことができます。上品なパッケージなので、プレゼントや手土産にも使いやすいアイテムです。

7位:THE NIKKA BAR ウイスキー生チョコレイト

THE NIKKA BAR ウイスキー生チョコレイト
出典:amazon.co.jp
THE NIKKA BAR ウイスキー生チョコレイト

1,296円 (税込)

詳細情報
・原材料:カカオマス・砂糖・生クリーム・ウイスキー・ココアバター・寒天加工品(粉あめ・寒天)・乳化剤(レシチン・大豆由来)・香料(バニラ)
・フレーバー:ウイスキー
・内容量:9粒入り

竹鶴17年使用の大人向け生チョコ

竹鶴17年ピュアモルトを使用して作られた、お酒好きにもおすすめの生チョコです。北海道すすきので長年愛されているウイスキーバー「THE NIKKA BAR」で、ウイスキーをよりおいしく楽しむために生まれた生チョコを忠実に再現。

竹鶴の重厚でスモーキーな香りと、とろけるチョコの甘さが絶妙なバランスで、お酒を飲みながら食べるとおいしい、大人のための生チョコです。プレゼントにもぴったりですよ!

6位:マセズ プレーントリュフ

マセズ プレーントリュフ
出典:amazon.co.jp
マセズ プレーントリュフ

1,450円 (税込)

詳細情報
・原材料:植物油・砂糖・脱脂ココアパウダー・ホエイパウダー(乳製品)・ココアパウダー・乳化剤(大豆由来)
・フレーバー:プレーン
・内容量:500g×2缶

たっぷり1kgの大容量

500g入りの缶が2個セットになっている、たっぷりサイズの生チョコです。生チョコをお腹いっぱい食べたい、という人や、生チョコを常備するほど好き、というヘビーユーザーにおすすめ。1kgで1,500円ほどとコスパの良さも人気の理由です。2缶入りなので、1人で全部食べても2人で分けてもOK!かわいいパッケージの缶も◎です。

5位:明治 メルティーキッス フルーティー濃いちご

明治 メルティーキッス フルーティー濃いちご
出典:amazon.co.jp
明治 メルティーキッス フルーティー濃いちご

970円 (税込)

詳細情報
・原材料:砂糖・植物油脂・ココアバター・全粉乳・カカオマス・クリーミングパウダー・いちごパウダー・乳糖・ココアパウダー・りんごパウダー・乳化剤・香料・酸化防止剤(V.C・V.E)・野菜色素・(一部に乳成分・大豆・りんごを含む)
・フレーバー:いちご
・内容量:56g

冬の定番生チョコシリーズ

手に入れやすい定番の生チョコといえば、メルティーキッスです!こちらは濃いちご味。ココアの苦味とカカオの香り、いちごの甘酸っぱさが絶妙なバランスで、雪のような口どけを楽しめます。個包装だから仕事や勉強の合間にも食べやすいですね。

コンビニやスーパーマーケットなど、どこでも購入できるのも魅力。冬になったら1度は食べたくなる定番アイテムです。

4位:伊藤久右衛門 宇治抹茶生チョコレート

伊藤久右衛門 宇治抹茶生チョコレート
出典:amazon.co.jp
伊藤久右衛門 宇治抹茶生チョコレート

1,080円 (税込)

詳細情報
・原材料:砂糖・クリーム(乳製品)・ココアバター・全粉乳・脱脂粉乳・ホエイパウダー・抹茶・粉糖・乳化剤(大豆由来)・香料・(原材料の一部に乳、大豆を含む)
・フレーバー:抹茶
・内容量:16粒入り

老舗のお茶屋さんが作った抹茶チョコ

京都宇治に本店を構える、通販でも人気の高い伊藤久右衛門の生チョコレートです。生チョコづくりのために厳選した石臼挽きの宇治抹茶とホワイトチョコレートが相性抜群!上品なパッケージで、バレンタインやホワイトデーのお返しなど、プレゼントやお遣い物にも選びやすいアイテムです。

口に入れて噛まずにゆっくり溶かすと、濃い抹茶の風味が口いっぱいに広がります。おいしい抹茶と味わうのはもちろん、コーヒー・紅茶・お酒と一緒に食べても◎ですよ。

3位:ROYCE' 生チョコレート マイルドカカオ

ROYCE' 生チョコレート マイルドカカオ
出典:amazon.co.jp
ROYCE' 生チョコレート マイルドカカオ

777円 (税込)

詳細情報
・原材料:生クリーム・砂糖・ココアバター・カカオマス・全粉乳・ココアパウダー・香料・乳化剤(大豆由来)
・フレーバー:プレーン
・内容量:20粒入り

洋酒不使用で子どもも安心

北海道の人気チョコレートブランド「ロイズ」の生チョコレートです。こちらは洋酒を一切使用しておらず、リカーフリー。普段アルコールが苦手であまり生チョコが食べられない、という人や子どもも安心して食べられるのが人気のポイントです。

20粒入りでたっぷりサイズ。カカオの風味とミルクのコクが最適なバランスで溶け合って、すっきりとしたおいしさが楽しめます。

2位:ピエールマルコリーニ エクアドル アンド ガーナ ミルクチョコレート

ピエールマルコリーニ エクアドル アンド ガーナ ミルクチョコレート
出典:amazon.co.jp
ピエールマルコリーニ エクアドル アンド ガーナ ミルクチョコレート

5,500円 (税込)

詳細情報
・原材料:エクアドル プエルトロメロ農園ナショナル種カカオ・ガーナ産フォラステロ種カカオなど
・フレーバー:プレーン
・内容量:9粒入り

超有名ブランドの生チョコレート

大人気チョコレートブランド「ピエールマルコリーニ」の生チョコです。エクアドルのロスリオス地域にあるプエルトロメロ農園のナショナル種とガーナ産フォラステロ種のカカオ豆をブレンドして作られており、なめらかな舌触りと豊かな香りが口いっぱい広がります。

生チョコは冷えすぎていると独特のなめらかさを味わえないこともありますが、ピエールマルコリーニの生チョコは違います!冷蔵庫から出してすぐのタイミングでもピンにすっと入って、口どけがなめらか。それだけていねいに作られた上質な生チョコレートということがわかりますね。

1位:ROYCE' 生チョコレート オーレ

ROYCE' 生チョコレート オーレ
出典:amazon.co.jp
ROYCE' 生チョコレート オーレ

777円 (税込)

詳細情報
・原材料:生クリーム・砂糖・全粉乳・ココアバター・カカオマス・洋酒・ココアパウダー・バター・乳化剤(大豆由来)・香料
・フレーバー:プレーン
・内容量:20粒入り

大人気!ロイズの超定番

ロイズの定番生チョコです。こだわりのミルクチョコレートと北海道産の生クリームを使用しており、やさしい味に仕上げられた正統派です。チェリーマルニエリキュールを風味付けに使用しており、チョコレートに含まれている水分量は約17%と多め。生クリームをふんだんに使って極上のなめらかさを味わうことができます。

北海道のお土産の中でもトップクラスの人気を誇っており、各地の物産展でも必ずと言っていいほど見かける、メジャーアイテム。チョコレート好きなら一度は食べてほしい、ギフトにも、お土産にも、普段用にも人気の高い逸品です。

一番おいしく生チョコを食べる方法

せっかく生チョコレートを手に入れたら、一番おいしい状態で味わいたいですよね?おいしく味わえる手順を見ていきましょう。

保存は野菜室がおすすめ

保存は野菜室がおすすめ
チョコレートは極端な温度変化が苦手。極端に暑い環境も、寒い環境も得意ではありません。生チョコレートは要冷蔵と指定されているものと、常温保管が可能なものがあるので、手に入れた生チョコの保管方法を必ず確認して、適切な保管をするのが重要です。

要冷蔵のものは必ず冷蔵庫で保存しましょう。溶けてしまったものを再冷蔵するとカカオの風味が損なわれしまいますので注意が必要です。要冷蔵の場合、冷蔵室に保管してもいいのですが、野菜室がある場合は野菜室を使うのがおすすめ。

冷蔵室よりも野菜室は少しだけ温度が高く設定されていることが多く、チョコレートにとって適温なのです。新聞紙などにくるんでからジップロックなどに入れて保管すると、結露や急激な温度変化を防ぐことができるので、さらにいいですね。

食べる前に室温に戻す

食べる前に室温に戻す

出典:amazon.co.jp

生チョコレートを食べるときには、冷蔵庫から出してすぐではなく、季節にもよりますが10分~30分ほど室温に置いてから味わうのがおすすめです。冷蔵庫から出したばかりの生チョコは、チョコレートが固まり過ぎていて、生チョコのおいしさの素でもある口どけが悪くなってしまいます。とろっとした独特の口どけ感を楽しむために、生チョコを適温に戻してから食べましょう。

生チョコの売れ筋ランキングもチェック!

生チョコのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してみてください。

まとめ

いかがでしたか?気になる生チョコは見つかりましたか?

生チョコは暑い時期には、アイテム数が少なくなりがち。夏は常温でも溶けやすく、風味が損なわれやすいためです。その分、秋冬の時期はアイテム数が一気に増えて、期間限定品も数多く見かけるようになります。寒い季節はまさに生チョコレートのトップシーズン!今回ご紹介したアイテムを参考にして、甘くてなめらかな生チョコレートを楽しんでみてくださいね♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す