• ホワイトチョコレートのおすすめ人気ランキング10選【リンツ・ロイズの生タイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ホワイトチョコレートのおすすめ人気ランキング10選【リンツ・ロイズの生タイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ホワイトチョコレートのおすすめ人気ランキング10選【リンツ・ロイズの生タイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ホワイトチョコレートのおすすめ人気ランキング10選【リンツ・ロイズの生タイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ホワイトチョコレートのおすすめ人気ランキング10選【リンツ・ロイズの生タイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

ホワイトチョコレートのおすすめ人気ランキング10選【リンツ・ロイズの生タイプも!】

世界各地で親しまれているホワイトチョコレート。高級感のあるブランドのものや、スーパーで手頃な値段で買えるチョコレート菓子など、一口にホワイトチョコレートと言っても、その種類は豊富です。また、果物のフレーバーを加えたタイプなどもあり、さまざまな味わいが楽しめるのも魅力的。


今回は、そんなホワイトチョコレートの選び方と、人気商品もランキング形式でご紹介いたします。そのまま食べても美味しいタイプから、お菓子作りにも使えるタイプなど幅広くご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事に登場する専門家

shizumin
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 15,863  views
目次

ホワイトチョコレートの魅力とは

ホワイトチョコレートの魅力とは

ホワイトチョコレートは甘いミルクの香りと、口に入れた時の滑らかな口どけを楽しめるのが最大の魅力。これはビターやスイートだけでなく、ミルクチョコレートでも表現できません。


チョコレートのパッケージに記載されているカカオ分○%というのは、カカオマスとカカオバターの合計した割合を示しているもので、ホワイトチョコレートが白い理由は、カカオの配合比率にあります。その他のチョコレートとは違ってカカオマスが入っていないため、あの白さが生まれるという訳です。


苦み成分のあるカカオマスは入らず、カカオバターのみで構成されているため、濃厚な甘さを味わえるホワイトチョコレート。優しい風味なので、小さなお子さんからご年配の方まで、幅広い方に楽しんでいただけますよ。

ホワイトチョコレートの選び方

まずはホワイトチョコレートの選び方のポイントをご紹介します。

チョコレート?準チョコレート?まずは種類別名称に注目

チョコレートについてはカカオの配合量によって、チョコレートと準チョコレートに分類されます。ホワイトチョコレートの場合も同様ですので、まずはそれぞれの特徴を見ていきましょう。

種類別名称はチョコレートは、お菓子作りにも使える!

種類別名称はチョコレートは、お菓子作りにも使える!

種類別名称がチョコレートの商品は、そのまま食べるのは勿論のこと、お菓子作りにも使えます。チョコレートは、準チョコレートに比べてコク深い味わいが特徴です。


チョコレート製品は、公正取引委員会の厳しい規定に基づいて分類され、それぞれチョコレート、準チョコレート、チョコレート菓子、準チョコレート菓子といった具合です。この呼び方は、生地に使用するカカオの配合量で異なり、チョコレートは、準チョコレートと比べてカカオ分或いはカカオ分と乳固形分の合計が多いとされています。


市販の板チョコは、大抵は種類別名称がチョコレート。種類別名称は、パッケージ裏面の原材料名等が書かれている欄の上部にあることが多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。

準チョコレートやチョコレート菓子は、食感やフレーバーが楽しい

準チョコレートやチョコレート菓子は、食感やフレーバーが楽しい

食感や味といったバリエーションを楽しみたい人は、種類別名称が準チョコレートやチョコレート菓子のものを選んでみても良いでしょう。パフやクランチが練り込まれたものから、クッキーをチョコレートでコーティングしたもの等、様々なタイプの商品が販売されています。


種類別名称の分け方ですが、準チョコレートは、チョコレートと比べてカカオ分や乳固形分の割合が少ないのが特徴です。


チョコレート菓子や準チョコレート菓子は、チョコレート加工品のことで、チョコレートや準チョコレート生地がそれぞれ全重量の60%未満且つ、ナッツやビスケットなどの他の食材と組み合わせたものを指しています。


カカオ配合量が少ない準チョコレートやチョコレート菓子ですが、ザクザクとした歯触りや香ばしいナッツの風味が恋しい時に味わってみてください。

口どけや香りに関わる!チョコレートのタイプも重要

口どけや香りに関わる!チョコレートのタイプも重要

ホワイトチョコレートの美味しさには、口どけやショコラの香りが深く関わっています。このため、ホワイトチョコらしさをより楽しみたいなら、ガナッシュや生チョコレートがおすすめ


ホワイトチョコレートの融点は、スイートチョコレートやミルクチョコレートよりもさらに低めです。さらにガナッシュや生チョコレートのように、ふんだんにミルクが練り込まれたものであれば、より一層ミルキーでなめらかなより一層豊かな口どけを楽しめます。


チョコレートと一括りにされがちですが、味わいや口どけもが全く違うのが面白いですね。

フレーバータイプのホワイトチョコレートもチェック

フレーバータイプのホワイトチョコレートもチェック

たまには変わったフレーバーを楽しみたいなら、ストロベリーチョコレートや抹茶チョコレートはいかがですか?これらも立派なホワイトチョコレートです。


フレーバータイプは、ホワイトチョコレート生地にフルーツパウダー等を練り込み、様々な味へと変化させているのが特徴的。中にはフリーズドライした果肉を入れたものもあり、どんなホワイトチョコがあるのか、探すだけでもワクワクしますね。


ホワイトチョコレートは甘すぎてあまり好きではない、という方でもフレーバータイプなら食べやすいでしょう。他の味が加わることで果実感が増し、風味や酸味が変わってくるからです。ココナッツやマンゴー、ピスタチオ等、少し珍しい商品も販売されているホワイトチョコレート。気になるフレーバーを食べ比べすれば、きっとあなただけのお気に入りが見つかるはずです。

メーカーに注目して選ぶのもおすすめ

メーカーに注目して選ぶのもおすすめ

出典:amazon.co.jp

ホワイトチョコレートについては、六花亭やリンツ、ネスレなど多くのメーカーから特徴的な商品が販売されているのもポイント。メーカーごとの味わいを楽しんでみるのも良いですね。


ホワイトチョコレートの歴史はおよそ90年程前に遡り、1930年にネスレのミルキーバーが発売されると瞬く間に世界中でホワイトチョコレートが注目を浴びるようになりました。日本では、1967年に六花亭で初めてホワイトチョコレートを販売しています。


生チョコレートで有名なロイズ社の製品は、繊細な口当たりと柔らかな風味、すっきりとした後味が人気です。同じく北海道に拠点を置く六花亭は、チョコレート作りに最高な環境である帯広で製造するこだわりが特徴的。


また外国のチョコレートだと、リンツ社のリンドールは、シェルに覆われた滑らかなフィリングを楽しめる逸品です。どれも通販で購入できるので、気になる商品を取り寄せて食べ比べてみるのもおすすめですよ。

プロの愛用するおすすめのホワイトチョコレート

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのホワイトチョコレートをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、お気に入りのホワイトチョコレートを見つけてくださいね。

専門家の
マイベスト

ホワイトチョコレートのおすすめ人気ランキング10選

それでは、人気のチョコレートをランキング形式でご紹介いたします。

10位
種類別名称チョコレート
タイプトリュフチョコレート
カカオ含有量
フレーバー抹茶
9位
種類別名称チョコレート
タイプ生チョコレート
カカオ含有量
フレーバーホワイト
8位
種類別名称チョコレート
タイプトリュフチョコレート
カカオ含有量
フレーバーストロベリー&クリーム
7位

低糖工房糖質81%オフ ホワイトチョコレート

2,410円 (税込)

種類別名称
タイプ
カカオ含有量
フレーバーホワイト
6位
種類別名称準チョコレート菓子
タイプ
カカオ含有量
フレーバーホワイト(コーティング部分)
5位
種類別名称チョコレート(モンブラン、マシュマロ、ごろごろアーモンドはチョコレート菓子)
タイプ
カカオ含有量
フレーバーアソートタイプ
4位

ナチュラルキッチンクーベルチュール ホワイト

1,220円 (税込)

種類別名称チョコレート
タイプ
カカオ含有量35.5%
フレーバーホワイト
3位
種類別名称準チョコレート菓子
タイプ
カカオ含有量
フレーバーメロン
2位
種類別名称
タイプ
カカオ含有量
フレーバーホワイト
1位
ホワイトチョコレート アワジヤ Jhc ショコラプードルブランシュ(ホワイト) 1枚目
出典:amazon.co.jp

アワジヤJhc ショコラプードルブランシュ(ホワイト)

716円 (税込)

種類別名称
タイプ
カカオ含有量21%
フレーバーホワイト

ホワイトチョコレートの比較一覧表

商品画像
1
ホワイトチョコレート アワジヤ Jhc ショコラプードルブランシュ(ホワイト) 1枚目

アワジヤ

2
ホワイトチョコレート 低糖工房 大豆クランチチョコ 1枚目

低糖工房

3
ホワイトチョコレート 有楽製菓 メロ~ンなブラックサンダー 1枚目

有楽製菓

4
ホワイトチョコレート ナチュラルキッチン クーベルチュール ホワイト 1枚目

ナチュラルキッチン

5
ホワイトチョコレート 僕の玉手箱屋一 割れチョコ 1枚目

僕の玉手箱屋一

6
ホワイトチョコレート 有楽製菓 白いブラックサンダー 1枚目

有楽製菓

7
ホワイトチョコレート 低糖工房 糖質81%オフ ホワイトチョコレート 1枚目

低糖工房

8
ホワイトチョコレート リンツ リンドール・ストロベリー&クリーム 1枚目

リンツ

9
ホワイトチョコレート ロイズ 生チョコレート ホワイト 1枚目

ロイズ

10
ホワイトチョコレート リンツ リンドール 抹茶 1枚目

リンツ

商品名

Jhc ショコラプードルブランシュ(ホワイト)

大豆クランチチョコ

メロ~ンなブラックサンダー

クーベルチュール ホワイト

割れチョコ

白いブラックサンダー

糖質81%オフ ホワイトチョコレート

リンドール・ストロベリー&クリーム

生チョコレート ホワイト

リンドール 抹茶

特徴アレンジが幅広い!さらっと溶ける粉末タイプ大豆クランチが楽しい!糖質81%オフのホワイトチョコレート北海道産メロンを贅沢使い!フルーティーな味わいを楽しんでオーガニック派のあなたに。海外有機認証のホワイトチョコレート1.2kgのボリューム感!アソートタイプで食べ応えバッチリホワイトなのにブラック?味もネーミングセンスもピカイチ糖質オフ&たっぷりの食物繊維も嬉しいミルキーなホワイトチョコレートとストロベリーパウダーの...北海道土産の定番!ロイズの生チョコレート滑らかなフィリングの口どけが評判!リンツ社のリンドール
最安値
716
送料別
詳細を見る
2,350
送料要確認
詳細を見る
864
送料要確認
詳細を見る
1,220
送料要確認
詳細を見る
要確認
648
送料別
詳細を見る
2,410
送料要確認
詳細を見る
437
送料別
詳細を見る
777
送料別
詳細を見る
486
送料別
詳細を見る
種類別名称準チョコレート菓子チョコレートチョコレート(モンブラン、マシュマロ、ごろごろアーモンドはチョコレート菓子)準チョコレート菓子チョコレートチョコレートチョコレート
タイプトリュフチョコレート生チョコレートトリュフチョコレート
カカオ含有量21%35.5%
フレーバーホワイトホワイトメロンホワイトアソートタイプホワイト(コーティング部分)ホワイトストロベリー&クリームホワイト抹茶
商品リンク

ホワイトチョコレートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ホワイトチョコレートのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回はホワイトチョコレートのおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?


ベーシックなものからトリュフや生チョコレート、パフやナッツが練り込まれたもの等、種類が豊富なので食べ比べても楽しそうです。この記事を参考にお気に入りをゲットして、楽しいスイーツタイムを過ごしてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す