1. TOP
  2. >
  3. 食品
  4. >
  5. 菓子・スイーツ
  6. >
  7. 【徹底比較】市販アイスクリームのおすすめ人気ランキング54選【カロリー・特徴も】
【徹底比較】市販アイスクリームのおすすめ人気ランキング54選【カロリー・特徴も】

【徹底比較】市販アイスクリームのおすすめ人気ランキング54選【カロリー・特徴も】

夏でも冬でも食べたくなるアイスクリーム。数多くのメーカーがさまざまな商品が販売していたり、スーパーやコンビニで販売される期間限定商品の入れ替わりも頻繁で、いつどれを購入すればいいか迷ってしまいますよね。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の市販アイスクリーム54商品を比較して、最もおすすめの市販アイスクリームを決定したいと思います。


比較検証は以下の1点について行いました。

  1. 美味しさ

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?市販アイスクリームの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年07月10日更新
  • 274,203 views

検証のポイント

売れ筋の市販アイスクリーム54商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 美味しさ

    検証① 美味しさ

    市販のアイスを選ぶ上で、やっぱり気になるのが「美味しさ」。どんな味わいで、どんな特徴があるのかを編集部メンバー5人で、全54種類を食べ比べながら検証していきます。アイスを味わって、素材の特徴・濃厚度/さっぱり度・口当たりの良さ・甘さ・バランス(客観的な美味しさ)の観点からコメントを記入。最終的な「美味しさ(食べやすさ)」の評価は、0.1~5.0点で点数づけを行います。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    市販アイスクリームの選び方

    市販アイスクリームを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「2つのポイント」をご紹介します。

    ① アイスの種類で選ぶ

    アイスクリームは含まれる乳成分によって4種類に分かれています。乳成分の量によって濃厚さや後味が異なるため、種類で選ぶことで好みや気分に合ったアイスを選ぶことができます。


    同じ商品でもフレーバーによって種類が異なることもあるため、パッケージ裏面の表記をチェックしましょう!

    濃厚な味わいで高級感のある「アイスクリーム」

    濃厚な味わいで高級感のある「アイスクリーム」

    ミルクの味が濃く、後味も濃厚なアイスクリームが好きな方には、種別がアイスクリームの商品がおすすめ。アイスクリームは乳固形分15.0%以上で、そのうち乳脂肪分が8.0%以上のものを指します。


    ハーゲンダッツやレディーボーデン、パルムなどが該当し、厳密にアイスクリームと呼べるものは、この値を満たしているものだけ。乳脂肪分が多いためカロリーが気になるところですが、その分食べごたえも十分です。

    ミルクのコクと、あっさりとした後味が特徴「アイスミルク」

    ミルクのコクと、あっさりとした後味が特徴「アイスミルク」

    乳固形分10.0%以上、そのうち乳脂肪分が3.0%以上のものをアイスミルクといい、ミルク感がありつつも後味はあっさりしていることが特徴です。


    代表的なものには、チョコモナカジャンボやジャイアントコーンなどがあります。アイスクリームよりも価格が抑えられているため、手軽に購入できます。

    さまざまな味わい・食感が楽しめる「ラクトアイス」

    さまざまな味わい・食感が楽しめる「ラクトアイス」

    乳固形分3.0%以上のものを指す「ラクトアイス」。すっきりとした味わいやシャリ感のある素材を楽しめるので、濃厚なアイスクリームが苦手な人におすすめです。ラクトアイスのなかではエッセルスーパーカップや爽、クーリッシュなどが有名です。


    シャリっとした食感やさまざまなフレーバーなど、バリエーションはかなり豊富。すっきりとした味わいのラクトアイスでも、意外とカロリーが高い商品もあるので食べ過ぎには要注意ですよ。

    低カロリーで後味サッパリな「氷菓」

    低カロリーで後味サッパリな「氷菓」

    ラクトアイスよりも乳固形分が少ないもの、もしくは含まれていないものを氷菓と呼びます。氷菓は上記の3種類と違い、一般食品に分類されていて、厳密にいえばアイスクリームではありません。


    ガリガリ君やパピコ、あずきバーなどが氷菓に分類されます。暑い夏に食べたくなるようなサッパリとした後味が特徴で、カロリーも控えめ。ミルクの風味が苦手な方や、ダイエット中の方にもおすすめです。

    ② 限定商品もお見逃しなく!

    限定商品もお見逃しなく!

    限定商品の多さも、市販のアイスの特徴の一つ。ハーゲンダッツの華もちシリーズのように、SNSで話題になったアイスはすぐに完売してしまうため、美味しいアイスと出会いたい方はコンビニのアイス売り場を毎週チェックするのがおすすめです。


    また、地域限定で販売されているアイスもあります。旅行や出張などの際は、ぜひ地域限定アイスを探してみてくださいね。

    売れ筋の人気市販アイスクリーム全54商品を徹底比較!

    市販アイスクリームの検証

    ここからはコンビニやスーパーで売れ筋の市販のアイス全54商品を全て集めて、どれが最も美味しい市販のアイスなのかを検証していきます。

    今回検証した商品

    1. ロッテ|雪見だいふく
    2. 森永製菓|チョコモナカジャンボ
    3. 森永製菓|チーズスティック
    4. 赤城乳業|ブラック チョコレートアイスバー
    5. 江崎グリコ|パナップ グレープパフェ
    6. 江崎グリコ|ジャイアントコーン チョコナッツ
    7. 栄屋乳業|Hanakoとコラボした タピオカウーロンミルクティアイスバー
    8. 井村屋|あずきバー
    9. 江崎グリコ|アイスの実 濃いぶどう
    10. 赤城乳業|おおすぎ〜。やりすぎクッキーアイスバー
    11. ハーゲンダッツジャパン|クリスピーサンドキャラメルクラシック
    12. ハーゲンダッツジャパン|グリーンティー
    13. 森永製菓|ビスケットサンド
    14. ロッテ|ガーナチョコ&クッキーサンド
    15. 丸永製菓|白くま
    16. 明治|エッセル スーパーカップ
    17. 赤城乳業|ガリガリ君 ソーダ
    18. オハヨー乳業|ぜいたく果実
    19. ハーゲンダッツジャパン|バニラチョコレートマカデミア
    20. ハーゲンダッツジャパン|バニラ
    21. 井村屋|やわもちアイス わらびもち
    22. セリア・ロイル|ブラックサンダーアイス
    23. ロッテ|BIGスイカバー
    24. 森永乳業|ピノ
    25. 江崎グリコ|パピコ チョココーヒー
    26. オハヨー乳業|ジャージー牛乳ソフト
    27. 森永乳業|PARM チョコレート
    28. 明治|チョコミントアイスバー
    29. ロッテ|爽 バニラ
    30. 森永乳業|チェリオ バニラ
    31. オハヨー乳業|BRULEE(ブリュレ)
    32. 丸永製菓|あいすまんじゅう
    33. 森永製菓|バニラモナカジャンボ
    34. 森永乳業|ナタデココin杏仁豆腐バー
    35. 明治|エッセル スーパーカップ チョコクッキー
    36. 林一二|センタン 昔なつかしいアイスキャンディー
    37. セブンプレミアム|練乳の味わい 白くま
    38. ロッテ|カルピス®アイスバーBIG
    39. 明治|エッセルスーパーカップ 紅茶クッキー
    40. 森永乳業|MOW バニラ
    41. ロッテ|モナ王 バニラ
    42. 赤城乳業|たべる牧場ミルク
    43. ユニリーバ・ジャパン|BEN&JERRY'S チャンキーモンキー
    44. ブルボン|ルマンドアイス
    45. 森永製菓|アイスボックス グレープフルーツ
    46. ハーゲンダッツジャパン|ストロベリー
    47. 井村屋|やわもちアイス つぶあんミルクカップ
    48. クラシエフーズ|ジェラート屋さんの人気メニュー ピスタチオ
    49. ロッテ|レディーボーデン 大人のひととき バニラ
    50. 赤城乳業|チョコミント(バー)
    51. ロッテ|クランキーアイスバー チョコチップミント
    52. ロッテ|クーリッシュ バニラ
    53. 明治|明治エッセル スーパーカップSweet’s 苺ショートケーキ
    54. 江崎グリコ|SUNAO バニラ

    検証① 美味しさ

    美味しさ
    市販のアイスを選ぶ上で、やっぱり気になるのが「美味しさ」。どんな味わいで、どんな特徴があるのかを編集部メンバー5人で、全54種類を食べ比べながら検証していきます。

    アイスを味わって、素材の特徴・濃厚度/さっぱり度・口当たりの良さ・甘さ・バランス(客観的な美味しさ)の観点からコメントを記入。最終的な「美味しさ(食べやすさ)」の評価は、0.1~5.0点で点数づけを行います。

    【検証結果ハイライト】やっぱりロングセラー商品が最強。コンビニの期間限定商品も大健闘!

    【検証結果ハイライト】やっぱりロングセラー商品が最強。コンビニの期間限定商品も大健闘!

    全商品を味わって食べ比べてみたところ、TOP5の商品のうち4商品が30年〜40年間に渡って愛され続けているロングセラー商品という結果になりました!


    後発商品に劣らない安定感のある美味しさ・飽きのこない味わいに、ロングセラーたる所以を感じます。


    また、長きに渡って愛され続けている定番アイスたちがラインナップされている中、コンビニの期間限定アイスがTOP10に2商品もランクインしました。


    高評価だった「Hanakoとコラボした タピオカウーロンミルクティアイスバー」「おおすぎ〜。やりすぎクッキーアイスバー」の共通点は、素材の特徴を忠実に再現しているという点。パッケージや商品名から期待する味わいを裏切らず、編集部メンバーたちも高く評価しました!

    No.1

    冷凍庫ストックはマスト!mybestが自信をもっておすすめするパーフェクトアイス

    1981年発売のロングセラーアイス「雪見だいふく」。数々のロングセラーアイスたちを抑えて、1位の座に輝きました!アイスを求肥で包む、というシンプルな設計ですが、味わい・食感のバランスが抜群です。


    見るだけで癒やされるもちもち求肥、バニラアイスのほんのり甘くてミルキーな味わい、溶けかけのバニラアイスのふわっとした食感…すべてのディテールに満点をつけたくなるような完璧さ。そんな高クオリティな大福を2個も食べられる贅沢さもたまりません。


    夏でも冬でも、シーンや季節を問わず食べたくなる超オールラウンダー。流行のアイスにはない安心感は、雪見だいふくならでは。200円以下で購入できる手頃さも魅力的です!


    老若男女問わず、mybestが自信をもっておすすめするベストバイ アイスクリームです!冷凍庫にストックしておいては損はありません。

    種別アイスミルク
    内容量94ml
    原材料砂糖、水あめ、もち米粉、乳製品、植物油脂、異性化液糖、でん粉、乾燥卵白(卵を含む)、デキストリン、食塩/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、加工でん粉、香料、着色料(クチナシ、アナトー)
    カロリー164kcal
    無脂乳固形分10.0%
    乳脂肪分3.3%
    味わいバニラ
    特徴-
    No.2

    食感・味わい・バランスが超パーフェクト!日本が誇る最強のモナカアイス

    1972年から発売し、17年連続で売上を伸ばしているロングセラーアイスの中でもひときわ優等生な「チョコモナカジャンボ」。国民的アイスといっても過言でもないチョコモナカジャンボは、第2位となりました。


    高評価ポイントは「考え抜かれたバランスのよさ」。甘すぎないけど濃厚なバニラアイスが、板チョコの美味しさをうまく引き立てています


    聴覚的にも美味しいパリパリとした食感の板チョコと歯切れのいいモナカ、絶妙な味わいのバランス…メーカーのこだわり・職人技を感じ、思わず感動してしまいます。モナカアイスがあまり好きではない編集部員も「神的な美味しさ」とコメントしていました。


    ストックアイスとして常に冷凍庫に入れておきたい最強のモナカアイスです。

    種別アイスミルク
    内容量150ml
    原材料チョコレートコーチング、砂糖、モナカ(小麦・卵を含む)、乳製品、植物油脂、水あめ、デキストリン/加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、セルロース、安定剤(増粘多糖類)、香料、アナトー色素、カロテン色素
    カロリー302kcal
    無脂乳固形分8.00%
    乳脂肪分3.00%
    味わいチョコ
    特徴チョコレート入り
    No.3

    森永製菓チーズスティック

    130円

    総合評価

    4.80
    • 美味しさ: 4.8

    完成度の高さはあっぱれ!甘いのに後味さっぱりな至極のチーズアイス

    チーズアイスブームの火付け役ともいわれている、森永製菓の「チーズスティック」。2007年に発売開始してから、じわじわと売上実績を伸ばしているアイスが3位にランクイン!


    編集部員のなかには「このアイス初めて見た」「チーズケーキ嫌い」というメンバーもいましたが、総合評価は4.8とかなり高評価。


    薄くてパリパリとした食感を楽しめるホワイトチョココーティング、中のアイスの滑らかさ、やりすぎ感のないチーズの味わいとミルキーな風味、タルト生地のような全粒粉入りのビスケット…それぞれの配合量がとにかく絶妙。素材の相乗効果に感服です!


    しっかり甘くて、後味はさっぱりとしたチーズスティックは1本分の満足も高いので、おやつや食後のデザートにぴったり。冷凍庫に常にストックしておきたい味わいです。


    乳臭さがないので、チーズやチーズケーキがあまり好きじゃない人にもおすすめですよ

    種別アイスクリーム
    内容量63ml
    原材料チーズ風味コーチング(植物油脂、乳糖、砂糖、脱脂粉乳、チーズ、全粉乳)、チーズ、全粒粉ビスケット(小麦を含む)、砂糖、脱脂粉乳、バター、卵黄(卵を含む)、デキストリン、チーズフード/乳化剤(大豆由来)、膨脹剤、安定剤(増粘多糖類)、香料
    カロリー210kcal
    無脂乳固形分10.0%
    乳脂肪分10.0%
    味わいチーズ
    特徴-
    No.4

    赤城乳業ブラック チョコレートアイスバー

    2,100円(税込)

    総合評価

    4.60
    • 美味しさ: 4.6

    コスパ最強。チョコ味と清涼感が見事に調和した奇跡のアイス!

    1978年発売のブラック/チョコレートアイスバー。シンプルなチョコ味の棒アイスながらも、40年以上にもわたって愛され続けているロングセラー商品が4位にランクインしました!


    チョコ味なのにさっぱりとした味わいで、ちゃちくない仕上がりなのはもはや「奇跡」といっても過言ではないレベル。口に入れると甘すぎないビターなチョコレートの風味が広がり、後味もすっきり爽やかです。


    また、内側と外側で異なる食感になっており、外側のコーティング部分は歯当たりが「キュッ」というような固めの食感になっているところも魅力です。


    夏場のチョコレート味のスイーツを食べたい欲を満たしてくれる貴重なチョコレートアイスバーです!

    種別ラクトアイス
    内容量75ml
    原材料砂糖、異性化液糖、乳製品、ココアパウダー、カカオマス、植物油脂、コーンスターチ、ピーナッツペースト、コーヒー、安定剤(ペクチン)、乳製品、香料、着色料(カカオ、カラメル)
    カロリー107kcal
    無脂乳固形分4.5%
    乳脂肪分1.9%
    味わいチョコレート
    特徴チョコレート入り
    No.5

    江崎グリコパナップ グレープパフェ

    2,680円(税込)

    総合評価

    4.60
    • 美味しさ: 4.6

    爽やかなミルク風味×果実味と酸味が豊かなグレープソース!パフェを食べている気持ちになれるアイス

    1978年からグリコから販売されているロングセラー商品「パナップ」。縦入りソース→横入りミルフィーユ仕立てソース→渦状入りソース…と、何度も改良を行う企業努力も推しポイントです。


    肝心の評価については、メーカーこだわりの製法によって作られた「グレープソース」が絶賛されて4.6点という結果になりました!口に入れた瞬間、華やかにグレープの香りが広がっていきます。


    ミルクアイスの爽やかな味わいと、酸味を感じさせるグレープのフルーティさの相性が最高。ちょっと溶けてくると、アイスのふわふわとした口当たりを味わえる点も高評価でした!長めの筒状パッケージなので、ソースとミルクアイスの最適バランスをゆっくりと堪能できます

    種別アイスミルク
    内容量155ml
    原材料乳製品、グレープソース、砂糖、植物油脂、水あめ/安定剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、乳化剤、リン酸カルシウム、(一部に乳成分を含む)<いちご>乳製品、いちごソース、砂糖、植物油脂、水あめ/安定剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、乳化剤、野菜色素、リン酸カルシウム、(一部に乳成分を含む)
    カロリー-
    無脂乳固形分7.0%
    乳脂肪分3.0%
    味わいぶどう
    特徴-
    No.6

    江崎グリコジャイアントコーン チョコナッツ

    2,480円(税込)

    総合評価

    4.50
    • 美味しさ: 4.5

    長い歴史・ファンの多さに納得!神がかったバランスはもはや芸術レベル

    1963年発売と、ロングセラーアイスの中でもとくに長い歴史のあるジャイアントコーン。検証に参加した編集部員のうち、5人中2人が最高評価をつけて6位という順位になりました!


    アイスの上部にあるナッツの風味が強く、口に入れた瞬間のふわ〜っと香ります。一口目に感じるチョコとバニラとナッツのハーモニーが至高。チョコとナッツのかかった部分を食べきっても、内側がチョココーティングされたサクサク食感のコーンでずっと楽しく、美味しく食べられます。ふわふわとしたバニラアイスの口当たりも絶妙です。


    ナッツ・チョコ・アイス・コーンそれぞれが喧嘩することなく調和のとれた、コーンタイプのなかでは一押しのアイスです。

    種別アイスミルク
    内容量140ml
    原材料乳製品、チョコレート、砂糖、コーン、水あめ、チョコレートコーチング、植物油脂、キャンデーコートピーナッツ、ビスケットパウダー、小麦パフ/乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、シェラック、着色料(カラメル色素、カロチン)、(一部に乳成分・小麦・ピーナッツ・大豆を含む)
    カロリー266kcal
    無脂乳固形分7.0%
    乳脂肪分3.0%
    味わいチョコナッツ
    特徴チョコレート入り
    No.7

    栄屋乳業Hanakoとコラボした タピオカウーロンミルクティアイスバー

    160円(税込)

    総合評価

    4.50
    • 美味しさ: 4.5

    ウーロンミルクティ&タピオカの再現度の高さに一同驚き。流行にのっかっただけじゃない高レベルアイス!

    Hanakoと栄屋乳業がコラボして作った「タピオカウーロンミルクティアイスバー」。パウダー状にした中国十代銘茶の「鉄観音茶」を使い、烏龍茶の華やかな香りをそのままアイスにした商品です。


    一口食べただけで「タピオカウーロンミルクティだ!」とすぐにわかるほど再現度が高く、控えめな甘さの中にウーロン特有の苦味がきちんと出ています。タピオカのもちもち食感も◎。栄屋乳業が得意とする"ねっちり"としたアイスバーの質感も好評でした!


    流行りだけに終わらない、本格的で高級感のある味わいで4.5という高評価に。編集部員の中には「冷凍庫に3つくらい常備している」というメンバーもいるほどなので、アイス好きの人&タピオカ好きな人にはぜひ食べてみてもらいたい商品です!

    種別アイスミルク
    内容量60ml
    原材料砂糖、乳製品、ブラックタピオカ(異性化液糖、こんにゃく粉、タピオカでん粉、寒天)、水あめ、異性化液糖、ウーロン茶エキスパウダー、デキストリン/糊料(増粘多糖類、加工デンプン、乳化剤、香料、ソルビトール、着色料(炭末)、トレハロース、(一部に卵・乳成分・大豆を含む)
    カロリー106kcal
    無脂乳固形分7.0%
    乳脂肪分3.0%
    味わいウーロンミルクティ
    特徴-
    No.8

    井村屋あずきバー

    1,730円(税込)

    総合評価

    4.40
    • 美味しさ: 4.4

    非甘党の味方!固さ&純粋なあずきの味わいを楽しめる孤高の和アイス

    「やわもちシリーズ」がヒット中の井村屋ですが、1963年に販売開始した超ロングセラー商品の「あずきバー」がTOP10にランクイン!あずきをそのまま使用しているからこその皮の食感には好みが分かれましたが、純粋にあずきの美味しさを楽しめる「誠実さ」が評価されました。


    氷菓ということもあって、ベースのアイスが小豆の味を邪魔することはありません。井村屋の「ゆであずき」のような上品な味わいをしっかりと感じられます。


    あずきバーの個性でもある「がっちりとした硬さ」も、なんだかクセになります。あんこ好きな人&甘いものが苦手な人におすすめしたいアイスです。

    種別氷菓
    内容量85ml
    原材料砂糖(国内製造)、小豆、水あめ、コーンスターチ、食塩
    カロリー156kcal
    無脂乳固形分-
    乳脂肪分-
    味わいあずき
    特徴-
    No.9

    江崎グリコアイスの実 濃いぶどう

    3,085円(税込)

    総合評価

    4.30
    • 美味しさ: 4.3

    氷菓の概念を覆す濃厚な味わい!果実味の強いぶどう味の完成度がピカイチ

    2009年にパッケージを紙箱からアルミパウチに変更し、その後何度も改良を繰り返している「アイスの実」。1986年から販売されているロングセラーアイスは「氷菓の概念」を覆すような味わいで、9位にランクイン。


    生のぶどうのような、ジューシーで濃厚なぶどうの味を忠実に再現している点が高く評価されました!果汁80%なのも納得の濃厚さですが、氷菓のあっさり感もあるのでパクパク食べられます。


    アイスの周り部分はサクサクとした食感で少し固いのに、中は滑らかでやわらか。噛んだ瞬間にじわ〜っとぶどう果汁が溢れ出してくるところが食べていて楽しいです。みんなでシェアして食べられるところも嬉しいポイントですね。

    種別氷菓
    内容量84ml
    原材料ぶどう果汁、砂糖、水あめ、乳製品、植物油脂/安定剤(増粘多糖類)、香料、乳化剤、酸味料、甘味料(スクラロース)、(一部に乳成分を含む)
    カロリー110kcal
    無脂乳固形分-
    乳脂肪分-
    味わいぶどう
    特徴-
    No.10

    赤城乳業おおすぎ〜。やりすぎクッキーアイスバー

    138円(税込)

    総合評価

    4.20
    • 美味しさ: 4.2

    もはやクッキー!クッキーアンドクリーム好きなら一度は食べてもらいたいインパクト最強のアイスバー

    赤城乳業とセブンイレブンの共同開発商品「おおすぎ〜。やりすぎクッキーアイスバー」。第一弾はチョコミントだった「やりすぎシリーズ」の第二弾です。


    袋からアイスバーを取り出しただけでもわかるクッキーの量ですが、食べてみると隙間がほとんどないくらいにクッキーがぎゅうぎゅうに詰まっていて、思わず笑ってしまうレベル。アイスがもはやクッキーのつなぎとなっていました。


    やりすぎなクッキーの量ですが、ココアのほろ苦みのあるクッキー×しっとりした食感なので食べやすくなっています。かなり食べごたえがあるので、小腹がすいたときにもうってつけ。クッキーアイス好きにはぜひ一度は食べてみてもらいたいアイスです!

    種別ラクトアイス
    内容量85ml
    原材料ココアクッキー(小麦・乳成分を含む)、乳製品、砂糖、水あめ、植物油脂、卵黄(卵を含む)/安定剤(増粘多糖類)、香料、乳化剤(大豆由来)、調味料(アミノ酸等)、クチナシ黄色素
    カロリー187kcal
    無脂乳固形分5.0%
    乳脂肪分2.0%
    味わいココアクッキー
    特徴-
    No.11

    ハーゲンダッツジャパンクリスピーサンドキャラメルクラシック

    280円

    総合評価

    4.10
    • 美味しさ: 4.1

    ご褒美にふさわしい!さくさくウエハース&濃厚キャラメルの超上品ハーモニー

    ハーゲンダッツの中でも、年齢問わずにファンが多い「クリスピーサンド キャラメルクラシック」。


    さくさく食感の香ばしいクリスピー、甘さ控えめのキャラメルアイス、ほろ苦い後味が残るキャラメルチョコのコーティング…これらが三位一体となって、香ばしさと甘さの絶妙なバランスを作り出しています。計算しつくされた高級感のある味わいには脱帽。


    食感も味わいも贅沢で、毎日ではなく「特別な日」に食べたくなるようなスペシャリティがあります。

    種別アイスクリーム
    内容量60ml
    原材料キャラメルチョコレートコーチング(植物油脂、乳糖、キャラメルパウダー、砂糖、ココアバター)、クリーム、脱脂濃縮乳、キャラメルソース、ウエハース、砂糖、ミルクコーチング(植物油脂、砂糖、全粉乳、乳糖)、卵黄、発酵バター/植物レシチン、カラメル色素(ウエハース部分)、バニラ香料、(一部に乳成分・卵・小麦・大豆を含む)
    カロリー249kcal
    無脂乳固形分8.0%
    乳脂肪分13.0%
    味わいキャラメル
    特徴高級
    No.12

    ハーゲンダッツジャパングリーンティー

    1,555円(税込)

    総合評価

    4.10
    • 美味しさ: 4.1

    忠実に抹茶を再現。抹茶スイーツ食べたい欲を確実に満たせる優等生アイス

    2019年で35周年を迎えるハーゲンダッツ。グリーンティー味はアイスの開発に7年かけて作るほど、材料・製法にとことんこだわっています。


    ハーゲンダッツが徹底的にこだわった「茶葉の濃厚な旨味・苦味とアイスクリーム」のバランスが秀逸。渋すぎず、苦すぎず、甘すぎず…、一口食べるだけでも巧妙な味覚の調整をしていることが伝わってきます。


    鼻から抜けていく抹茶の香りが心地よく、じっくり食べ続けていても舌が疲れてこないです。忠実な再現度に、人工的な味わいは一切感じません。抹茶味のスイーツを食べたい気分のときは、真っ先にハーゲンダッツのグリーンティーを手に入れましょう。

    種別アイスクリーム
    内容量110ml
    原材料クリーム、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄、まっ茶、(一部に乳成分・卵を含む)
    カロリー239kcal
    無脂乳固形分9.0%
    乳脂肪分13.5%
    味わいグリーンティー
    特徴高級
    No.13

    森永製菓ビスケットサンド

    3,980円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 美味しさ: 4.0

    1個食べるとお腹いっぱい!リピートしたくなる中毒性の高いアイス

    前身となる「ロビーバニラビスケットサンド」は昭和30年代に登場しているという、かなり歴史の長いアイスである森永の「ビスケットサンド」。


    超ロングセラーとだけあって、編集部員5人中2人は「これ大好き!」とファンを公言するほどです。実際に食べてみるとビスケットが少しなよっとした食感で「生焼け」っぽさがあり、ビスケットというよりも塩気のあるパンのようでした。


    中のアイスは、ブルボン種のバニラビーンズを使っているだけあってバニラの旨味をしっかり感じます。ビスケットの塩気とバニラアイスの甘さがマッチしていて、食べていくうちにハマっていくような中毒性のあるアイスです!


    アイスケーキのようなボリュームがあり、食べ終わるころにはお腹いっぱいになります。お腹がすいたときにもおすすめです。

    種別アイスクリーム
    内容量119ml
    原材料ビスケット(小麦を含む)、乳製品、砂糖、デキストリン、水あめ、バニラビーンズ/加工デンプン、安定剤(ゼラチン、増粘多糖類)、乳化剤(大豆由来)、膨脹剤、香料
    カロリー218kcal
    無脂乳固形分10.0%
    乳脂肪分10.0%
    味わいバニラ
    特徴-
    No.14

    ロッテガーナチョコ&クッキーサンド

    4,080円(税込)

    総合評価

    3.90
    • 美味しさ: 3.9

    一個買えば二通りの美味しさを味わえる、一石二鳥のお得すぎるアイス

    ナッツコーティングのバニラアイスとビスケットサンドが両方楽しめる、一度で二度美味しいアイスが14位にランクイン。


    ナッツコーティング部分のアイスも、発酵バターを使用したビスケットサンド部分もどちらも高クオリティ。「組み合わせが天才」「アイス・クッキー・ザクザクチョコすべての質が最高」などと高評価コメントが多く寄せられました。


    とくに、ビスケットサンド部分の発酵バターの濃厚さとしっとりとした食感が好評でした。バニラアイスはやや甘みが強いので、甘いもの好きな人におすすめです。

    種別アイスミルク
    内容量60ml
    原材料チョコレートコーチング、水あめ、砂糖、乳製品、植物油脂、デキストリン、食塩/乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、香料、スピルリナ青色素、ベニバナ黄色素
    カロリー209kcal
    無脂乳固形分9.1%
    乳脂肪分3.1%
    味わいチョコ
    特徴チョコレート入り
    No.15

    丸永製菓白くま

    120円

    総合評価

    3.70
    • 美味しさ: 3.7

    ゴロゴロ果実の量とチョイスが秀逸!口当たりも楽しい満足度の高いアイスバー

    あいすまんじゅうのメーカーと同じ、福岡の丸永製菓が作る「白くま バータイプ」。


    鹿児島県発祥の名物である「白くま」をアイスバーにしたアイスは、桃・パイン・あずきなどの具材のチョイスと量、フルーツの酸味、いい意味であっさりとした練乳味、それぞれがちょうどよく、味わいのバランスがとれた仕上がりになっています。


    白くまの特徴である氷も、微細氷で再現。シャリシャリとした食感を楽しめます。練乳味のアイスが素材と素材の味をつないでいる、とにかく好バランスな味わいが高評価でした!


    フルーツを食べたい気分のときや飲み会の後、暑い日におすすめのアイスです。

    種別ラクトアイス
    内容量60ml×6本
    原材料乳製品、糖類(水飴、異性化液糖、砂糖)、小豆甘納豆、パイン、黄桃、植物油脂、ゼラチン、デキストリン、食塩、香料、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、酸味料
    カロリー104kcal/1本
    無脂乳固形分4.5%
    乳脂肪分2.0%
    味わいフルーツ
    特徴-
    No.16

    バニラ味といえばこれ!濃厚すぎないベーシックな王道バニラアイス

    1994年に発売されて以来、長きにわたって愛されている明治エッセルスーパーカップ。今回比較したアイスのバニラ味のなかでは最も高評価となりました!


    ハーゲンダッツのバニラ味よりも高評価となった理由は「飽きのこない食べやすさ」。卵の風味が強くてプリンのような味わいですが、編集部員たちも食べ慣れているせいか「これぞバニラアイス」とコメントしていました。


    一つ食べきるには量が多いので、何日かに分けて食べたり、料理の付け合せとして使ったりするのがおすすめです。

    種別ラクトアイス
    内容量200ml
    原材料乳製品、植物油脂、砂糖、水あめ、卵黄、ぶどう糖果糖液糖、食塩/香料、アナトー色素、(一部に卵・乳成分を含む)
    カロリー374kcal
    無脂乳固形分8.50%
    乳脂肪分-
    味わいバニラ
    特徴-
    No.17

    ソーダ味というよりもガリガリ君味?真夏にガリガリ食べたくなる定番棒アイス

    1981年発売の定番アイス「ガリガリ君」は各メンバーからの評価が3.0以上で、平均以上を獲得。17位という結果になりました。


    ソーダ感というよりもかき氷シロップの定番であるブルーハワイのような味わいのため、素材の特徴に関しては2.3とやや低めの数字に。


    さっぱりしていて万人に受ける味わいは、さすがガリガリ君といったところ。知覚過敏の人には食べづらいですが、猛暑日に棒アイスを貪りたい気分の日におすすめのアイスです。

    種別氷菓
    内容量110ml
    原材料異性化液糖、砂糖、りんご果汁、ぶどう糖、ライム果汁、水飴、リキュール、食塩、香料、安定剤(ペク チン)、着色料(スピルリナ青、クチナシ、ベニバナ黄)、酸味料
    カロリー69kcal
    無脂乳固形分-
    乳脂肪分-
    味わいソーダ
    特徴-
    No.18

    オハヨー乳業ぜいたく果実

    4,580円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 美味しさ: 3.6

    ごろごろ果肉がたまらない!ミルキーさが抑えられていればさらに高評価

    プリンやヨーグルト、アイスクリームなどの商品を販売するオハヨー乳業の「ぜいたく果実シリーズ」の白桃アイスバー。


    ミルクアイスの中に果肉がゴロゴロと詰まった白桃アイスが入っており、口当たりのよさ・食感の満足度が高めです。白桃アイスがシャーベットではなく、滑らかだったのも好印象。


    ただし、「ミルクアイス部分の味わいと甘みが濃厚すぎ…。桃アイスの良さを帳消しにしている」というコメントも。もう少し甘さが控えめであれば、もっと上位を狙えるアイスです。甘いミルクアイスが好きな人におすすめですよ。

    種別アイスミルク
    内容量80ml
    原材料もも果肉、乳製品、砂糖、水あめ、異性化液糖、食物繊維、デキストリン/安定剤(増粘多糖類)、酸味料、乳化剤、香料、着色料(紅麹、紅花黄)、(一部に乳成分・ももを含む)
    カロリー148kcal
    無脂乳固形分4.0%
    乳脂肪分6.0%
    味わい白桃
    特徴-
    No.19

    ハーゲンダッツジャパンバニラチョコレートマカデミア

    ハーゲンダッツ

    1,704円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 美味しさ: 3.6

    ハーゲンダッツならではの上品さが◎。完成度の高さがお見事

    高級アイスの代名詞であるハーゲンダッツ。そんな同ブランドのクランチーバーシリーズの定番テイストである「バニラチョコレートマカデミア」。


    使用している素材すべてに質の高さを感じさせるところが特徴的です。チョコもバニラもしつこくなく、変な甘さのない上品な味わい。マカデミアナッツのザクりとした食感・香ばしさと塩気がアクセントとなっている点もお見事です。


    完成度が高くて高級感を感じますが、ややパンチに欠けるため19位というまずまずな結果となりました。

    種別アイスクリーム
    内容量80ml
    原材料クリーム、ミルクチョコレートコーチング、脱脂濃縮乳、砂糖、フライマカデミアナッツ、卵黄/バニラ香料、植物レシチン、(一部に乳成分・卵・大豆を含む)
    カロリー280kcal
    無脂乳固形分10.0%
    乳脂肪分14.5%
    味わいバニラチョコレートマカデミア
    特徴チョコレート入り,高級
    No.20

    ゆっくりと味わいたい整った上品な味わいのバニラアイス

    高級アイスの大定番であるハーゲンダッツのバニラ味。他のバニラアイスとは段違いでコクがあって濃厚な味わいでした。


    舌触りがなめらかで、濃厚な味わいながらもしつこくなくて整った味わいは「さすがハーゲンダッツ」といったところ。コーヒーや紅茶を飲みながら、ゆっくりじっくりと味わいたくなる優雅で上品な味わいです。


    ただし、検証では意外にも高評価がつかない結果に…。バニラアイスは個人の好みがはっきりと分かれるということがわかりました。

    種別アイスクリーム
    内容量110ml
    原材料クリーム、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄/バニラ香料、(一部に乳成分・卵を含む)
    カロリー244kcal
    無脂乳固形分10.0%
    乳脂肪分15.0%
    味わいバニラ
    特徴高級
    No.21

    井村屋やわもちアイス わらびもち

    888円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 美味しさ: 3.6

    革新的アイス。わらびもち×和風アイスの最強タッグ!

    あずきバーで有名な井村屋が新たな和アイスとして、2012年に販売開始した「やわもちシリーズ」。4年で1億個売り上げるなど、今ではすっかり定番商品化しています。


    フタに「甘さすっきり」と書かれているとおり、他のやわもちシリーズと比較するとアイス部分のミルク感が薄いので、黒蜜×わらび餅の味わいを邪魔することがありません。わらび餅のもちもち食感と黒蜜、きな粉、程よいミルク味など、いろいろな味わいがするので飽きないところも魅力的。


    しいていえば、もう少しきな粉増量してもらえると満足度が上がりそうといったところ。甘ったるくなくて、食後のデザートにもぴったり!温かい緑茶と一緒にゆっくり食べたいアイスです。

    種別ラクトアイス
    内容量140ml
    原材料砂糖(国内製造)、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、植物油脂、水あめ、乳製品、麦芽糖、粉末水あめ、きな粉(大豆を含む)、砂糖加工品、はす粉、ゼラチン、本わらび粉、グルコマンナン/トレハロース、加工でん粉、安定剤(加工でん粉、増粘多糖類)、乳化剤(大豆由来)
    カロリー228kcal
    無脂乳固形分4.6%
    乳脂肪分0.9%
    味わいわらびもち
    特徴-
    No.22

    セリア・ロイルブラックサンダーアイス

    140円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 美味しさ: 3.6

    ずっしり入ったココアクッキーで一食分くらいの満足感あり!

    安いのにボリュームがあっておいしい、と評判のブラックサンダーがアイスになった「ブラックサンダーアイス」。通常のチョコと同様、アイスの食べごたえも十分すぎるほどありました!


    ごろごろとココアクッキーが入っていて、ざくざくとした食感も楽しめます。お菓子のブラックサンダー同様に濃厚なココア味ですが、アイスのミルク感も相まって食べやすくなっています


    ブラックサンダーやクッキーチョコアイスが好きな人におすすめです。

    種別ラクトアイス
    内容量95ml
    原材料-
    カロリー296kcal
    無脂乳固形分6.5%
    乳脂肪分2.0%
    味わいチョコレート
    特徴チョコレート入り
    No.23

    スイカ味ではない。大衆受けする甘酸っぱい味わいが◎

    1986年から販売されているロングセラーのアイスキャンディー「スイカバー」。袋から取り出したときに、思わずテンションが上がってしまうデザインなのも魅力的です。


    濃厚なスイカ味というわけではないですが、甘過ぎずにさっぱりとした味わい、食感・味のアクセントになっているチョコレートパフ、最後の緑色の部分で味変もできるなどと、最後まで楽しんで食べ切れるところにロングセラーたる所以を感じさせます。


    昔から慣れ親しんだ、大衆受けする味わいには安心感を覚えます。冷凍庫にストックしておいて、お風呂上がりにガブリと食べたい氷菓です。

    種別氷菓
    内容量125ml
    原材料砂糖、スイカ果汁、水あめ、チョコレートパフ(乳成分・小麦を含む)、食塩/安定剤(増粘多糖類、寒天、セルロース)、着色料(野菜色素、紅花黄、ムラサキコーン色素、紅麩、クチナシ)、酸味料、香料、乳化剤(大豆由来)、光沢剤、膨張剤
    カロリー117kcal
    無脂乳固形分-
    乳脂肪分-
    味わいスイカ
    特徴-
    No.24

    味にアクセントがなくてパッとしない。だからこそ愛されるシンプルな一口アイス

    イタリア語で"松ぼっくり"という意味の「ピノ」は、1976年に発売開始したロングセラーアイス。子どものときから食べ馴染みのある味のため、「悪いところが見当たらない」「普通の水準、以上でも以下でもない」などと、検証中は少しコメントに困りました。


    高評価をつけたメンバーからは、コーティングしているチョコの存在感が強いところが好評でした。ほろ苦いチョコ味とバニラアイスの組み合わせが、甘すぎなくてちょうどいいところが魅力です。


    子どもから大人まで食べやすい一口サイズで、食べきれなかったら箱を閉じて冷凍庫に入れておくこともできます。

    種別アイスクリーム
    内容量10ml×6粒
    原材料乳製品、チョコレートコーチング、砂糖、水あめ、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、(原材料の一部に大豆を含む)
    カロリー186kcal
    無脂乳固形分10.0%
    乳脂肪分8.0%
    味わいチョコ
    特徴チョコレート入り
    No.25

    江崎グリコパピコ チョココーヒー

    2,246円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 美味しさ: 3.4

    コーヒーというよりもチョコ感がやや強め?素材の特徴の評価が分かれる結果に

    1974年に発売開始したロングセラー商品「パピコ チョココーヒー味」。二人でシェアできて、アイスがぽたぽたとこぼれてこないため、子どもにも人気のアイスです。


    検証ではパピコの久しぶりに食べるメンバーも多く、「あれ、パピコってこんなに美味しかったっけ!?」と味わいのクオリティを再認識する声もいれば、「味わいの再現が中途半端。微妙かも」と厳しい声も…。評価がはっきりとわかれるアイスになりました。


    甘すぎない味わい、絶妙なコーヒー×チョコのバランス、口当たりの滑らかさは子どもから大人まで愛されるやさしい味わいです。冷凍庫に一つくらいストックしておくのにおすすめ。

    種別ラクトアイス
    内容量80ml×2本
    原材料乳製品、果糖ぶどう糖液糖、砂糖、生チョコレート、植物油脂、コーヒー、コーヒーペースト、香料、安定剤(増粘多糖類、ゼラチン、寒天)、乳化剤
    カロリー88kcal
    無脂乳固形分5.7%
    乳脂肪分-
    味わいチョココーヒー
    特徴-
    No.26

    オハヨー乳業ジャージー牛乳ソフト

    3,880円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 美味しさ: 3.4

    ふわっとやさしい口当たりが◎。一個分飽きずに食べられるソフトクリーム

    アイス総選挙2018で29位のオハヨー乳業「ジャージー牛乳ソフト」。1999年に販売開始してから、20年の間にも渡って愛されている商品です。


    お店で食べる濃厚なソフトクリームには劣りますが、ミルクのコクがしっかりと感じられます。後味にもミルク感がじわっと広がっていくのも◎。コーン部分がしなっとしているのが少し残念です…。


    評価が少しわれましたが、ふわっとした口当たり・口溶けは全員から好評。ソフトクリームは甘みが強すぎると1個食べるのがキツイですが、こちらのソフトクリームはバランスがいいので食べ切れます。


    上のぐるぐる部分を食べきった後に、ブランデーを少し垂らして食べるのもおすすめです。

    種別アイスクリーム
    内容量180ml
    原材料生乳、乳製品、砂糖、コーン、デキストリン、食塩、乳等を主要原料とする食品、洋酒/加工でん粉、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料、カロテン色素、甘味料(アセスルファムK)、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)
    カロリー202kcal
    無脂乳固形分10.0%
    乳脂肪分8.0%
    味わいミルク
    特徴-
    No.27

    森永乳業PARM チョコレート

    2,889円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 美味しさ: 3.4

    唯一無二の口当たり・口溶け!あま〜いデザートがほしいときにぴったり

    「大人が満足できるシンプルで上質なアイスクリーム」というコンセプトで作られたパルム。2005年に発売開始されて、今ではすっかり定番アイスとして定着しています。


    検証では、口に入れた瞬間の口溶けの良さ・滑らかな質感は100点満点で満場一致。ただし、味わいについては「もう少しチョコレート感強いほうが好き」「濃厚すぎるので、ちょっと重いかも…」「口の中がチョコとバニラで渋滞する」などと、美味しさは認めつつも「好みとはちょっとずれている」という評価が半数を占めました。


    口の中で混ざり合う、チョコ×バニラの濃厚な甘みを堪能したい人におすすめです。

    種別アイスクリーム
    内容量90ml
    原材料乳製品、準チョコレート、砂糖、水あめ、卵黄/乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、(一部に卵・乳成分・大豆を含む)
    カロリー237kcal
    無脂乳固形分7.00%
    乳脂肪分8.0%
    味わいチョコ
    特徴チョコレート入り
    No.28

    明治チョコミントアイスバー

    3,980円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 美味しさ: 3.3

    チョコ感もミントの清涼感もどちらも十分楽しめる!チョコミン党一押しアイス

    チョコミン党が少数派である編集部内ですが、数少ないチョコミント好きメンバーが「バランスがよくて美味しい!」と絶賛した明治のチョコミントアイスバー。


    パリパリ&ザリザリとしたクッキー味の濃厚さ・チョコの存在感を堪能した後に、歯磨きをした後のようなスースーとした清涼感が喉の奥までくるのでバランスが◎。


    チョコミン党のみなさまには、ぜひとも食してもらいたいアイスです。ファミマとサークルK・サンクス限定商品なので、気になる方は店頭でチェックしてみてくださいね。

    種別ラクトアイス
    内容量42ml×6本
    原材料砂糖、準チョコレート、植物油脂、乳製品、水あめ、チョコレートクッキー、食塩、寒天/安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、スピルリナ青色素、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)
    カロリー82kcal
    無脂乳固形分5.0%
    乳脂肪分-
    味わいチョコミント
    特徴チョコレート入り
    No.29

    スーパーカップよりも卵感強め!シャーベット好きにおすすめ

    1999年に発売開始と、他のロングセラーアイスと比較すると意外にも歴史は浅い「爽」。29位とまずまずな総合評価となりました。


    バニラ感というよりも卵の味わいが強いため、フレンチトーストのような味わいがあります。爽のセールスポイントでもある食感については「シャリ感と滑らか感が5:5で、唯一無二の絶妙な口当たりを作り出している」と大絶賛。


    シャーベット好きな人がバニラ味のアイスを食べるなら、迷わず爽がおすすめです。

    種別ラクトアイス
    内容量190ml
    原材料砂糖、植物油脂、乳製品、果糖、卵黄(卵を含む)、乳等を主要原料とする食品、デキストリン、食塩/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、着色料(カラメル、アナトー)
    カロリー230kcal
    無脂乳固形分-
    乳脂肪分5.3%
    味わいバニラ
    特徴-
    No.30

    森永乳業チェリオ バニラ

    -

    3,880円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 美味しさ: 3.2

    大雑把な味。アイス欲よりチョコ食べたい欲を満たすアイスバー

    バニラアイスの中に、大胆に板チョコを入れた「チェリオ バニラ」。1984年から販売されている、隠れたロングセラー商品です。食べ比べの結果「アイスを食べたいときよりも、チョコを食べたいときにおすすめ」という結論でまとまりました。


    コーティングに使われているチョコはパリパリとした食感でナッツの存在感強めな味わい、中の板チョコも生チョコのような食感で、中も外もチョコだらけでした。バニラの味わいを感じさせる隙は全くありません。


    かなり甘いので非甘党にはおすすめできませんが、チョコをガツガツと雑に食べたい!という気分の日にはおすすめです。子どもが好きそうなチョコレートアイスバーという印象を受けました。

    種別ラクトアイス
    内容量85ml
    原材料準チョコレート、乳製品、砂糖、ピーナッツ、植物油脂、水あめ、卵黄、砂糖混合果糖ぶどう糖液糖/乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類、セルロース、寒天)、カロテン色素、(一部に卵・乳成分・落花生・大豆を含む)
    カロリー295kcal
    無脂乳固形分8.0%
    乳脂肪分-
    味わいチョコレート
    特徴チョコレート入り
    No.31

    パリパリ×ビターなカラメルの再現度は◎ ちょっと溶けてから食べるのがおすすめ

    2017年4月に発売されたオハヨー乳業「BRULEE(ブリュレ)」。SNSの口コミ効果もあり、発売開始から2週間で販売を一時休止するほどヒットした商品です。


    フタを開けた瞬間、カラメル部分の香ばしいニオイ&こんがりとしたきつね色の焼き目にテンションが上がります。パリパリとした食感を楽しめるカラメル部分は、ほろ苦さと甘みが強くてブリュレの味わいの再現度が高めです。


    アイス部分は滑らかでクリーミーな口当たり。コクも感じられますが、存在感がいまひとつ。人気商品ですが「すぐに飽きそう」というリピ率の観点から31位という順位に落ち着きました。


    少し溶けてから、アイスクリームスプーンでカラメル部分を割って食べるのがおすすめです。

    種別アイスクリーム
    内容量104ml
    原材料クリーム、脱脂濃縮乳、砂糖、チョコレートコーチング、卵黄、水あめ、食塩、乳化剤、(原材料の一部に卵、大豆を含む)
    カロリー304kcal
    無脂乳固形分11.0%
    乳脂肪分16.5%
    味わいブリュレ
    特徴高級
    No.32

    丸永製菓あいすまんじゅう

    3,980円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 美味しさ: 3.2

    こってりとした甘さはもはや和菓子!あんこ好きにとっての至福のアイス

    1950年ごろに販売開始された、和菓子アイスのパイオニアである「あいすまんじゅう」。超ロングセラーのアイスは和菓子好きには高評価でしたが、それ以外のメンバーからの評価は低めで好みがはっきりと分かれました。


    水飴を使って固めているため、あんこがねっとりとした質感で驚くほどに甘いです。あんこを包むミルクアイスはミルク感がしっかりあって、濃厚な味わい。


    あんことミルクアイス、それぞれのクオリティが高いだけに、激甘同士で喧嘩してしまっているのが少し勿体なかったです…。甘いあんこが好き&和菓子が好きな人にはたまらない味わいですが、それ以外の人にはあまりおすすめできません。

    種別アイスクリーム
    内容量85ml
    原材料乳製品、小豆あん、砂糖、牛乳、卵黄/香料、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、(一部に乳成分・卵を含む)
    カロリー225kcal
    無脂乳固形分10.0%
    乳脂肪分8.0%
    味わいバニラと小豆あん
    特徴-
    No.33

    モナカは美味しいけど、中に入っているホワイトチョコの存在意義はわからない

    もなかアイスの定番中の定番、チョコモナカジャンボのバニラ味である「バニラモナカジャンボ」。もなかの香ばしさ、サクサクとした気持ちのいい食感、バニラの風味もあります。


    ただし、中のホワイトチョコについては厳しい評価が…。「中に入っているホワイトチョコの存在意義がわからない」という辛辣なコメントもつくほど存在感が薄めです。ただバニラアイスの甘さを誇張するために入っているのかと思ってしまうほどでした。


    甘いバニラモナカアイスを食べたい人にはおすすめです。

    種別アイスクリーム
    内容量150ml
    原材料乳製品、砂糖、モナカ(小麦を含む)、チョコレートコーチング、水あめ、卵黄(卵を含む)、デキストリン、食塩/加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、香料、安定剤(増粘多糖類)、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)
    カロリー259kcal
    無脂乳固形分9.00%
    乳脂肪分8.00%
    味わいバニラ
    特徴-
    No.34

    森永乳業ナタデココin杏仁豆腐バー

    4,631円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 美味しさ: 3.0

    圧倒的杏仁豆腐!ねっちり・もっちり食感アイス&杏仁豆腐好き&ナタデココ好きには激推し

    「旅先で異国のスイーツを食べるワクワク感と、初体験の食感や味わいに心が躍る」をテーマに開発された「ナタデココin杏仁豆腐バー」。


    杏仁豆腐の味がかなり忠実再現されているので、杏仁豆腐好きにはたまらない味わいです!KALDIで販売されているパンダ柄パッケージの杏仁豆腐のようなもっちりとした食感も、再現力の高さに一役買っています。


    また、ナタデココのこりこりとした食感を楽しめるのもポイント。濃厚な杏仁豆腐が好きな人にはぜひ一度食べてもらいたいアイスです。

    種別ラクトアイス
    内容量80ml
    原材料砂糖、植物油脂、乳製品、砂糖混合果糖ぶどう糖液糖、ナタデココ、水あめ、もも果肉、杏仁霜、洋酒/安定剤(増粘多糖類、ゼラチン)、香料、乳化剤、酸味料、カラメル色素、(一部に乳成分・もも・ゼラチンを含む)
    カロリー198kcal
    無脂乳固形分7.0%
    乳脂肪分-
    味わい杏仁豆腐
    特徴-
    No.35

    明治エッセル スーパーカップ チョコクッキー

    2,903円(税込)

    総合評価

    2.90
    • 美味しさ: 2.9

    粉っぽさまで丁寧に表現されたチョコクッキーのクオリティは◎ 肝心なチョコアイスが薄くて微妙

    カップアイスの定番である明治エッセルスーパーカップのチョコクッキー味。


    バニラ味は好評でしたが、チョコクッキー味は「チョコの苦味・濃厚な味わいがまったくない」「がっつりチョコ系のスイーツを食べたい人にもおすすめできない」などと低評価ばかりの結果になりました…。


    クッキーの粉っぽさは忠実に再現されているので、チョコ部分の味わいさえ濃厚であれば完璧です。チョコクッキー入りのアイスを安くたくさん食べたい人におすすめ◎。

    種別ラクトアイス
    内容量200ml
    原材料水あめ、乳製品、植物油脂、砂糖、チョコレートクッキー、ココア、食塩/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、膨張剤、香料、カラメル色素、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)
    カロリー298kcal
    無脂乳固形分6.0%
    乳脂肪分-
    味わいチョコクッキー
    特徴チョコレート入り
    No.36

    林一二センタン 昔なつかしいアイスキャンディー

    2,688円(税込)

    総合評価

    2.80
    • 美味しさ: 2.8

    好みがはっきり分かれる!やさしい練乳の味わいとモキュっとした食感が印象的

    レトロなパッケージがかわいい「昔なつかしい アイスキャンディー ミルク味」。量が多いというわけではありませんが、長さが23cmほどあるのでボリューミーに見えます。


    シンプルな見た目ですが、アイスミルクとだけあって練乳の味とコクはしっかりあります。甘さ控えめでさっぱりしていますが、じわ〜っと練乳のやさしい味が口の中に広がるのが◎


    噛んだ後が霜柱状になるアイス特有の「モキュッ」とした食感に、どこかなつかしさを覚えました。やさしいミルクの甘みのアイスキャンディーを食べたい人におすすめです。

    種別ラクトアイス
    内容量50ml×6本
    原材料乳製品、砂糖、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料
    カロリー63kcal/1本
    無脂乳固形分7.0%
    乳脂肪分3.0%
    味わいミルク
    特徴-
    No.37

    セブンプレミアム練乳の味わい 白くま

    300円(税込)

    総合評価

    2.80
    • 美味しさ: 2.8

    バータイプのほうが高評価…。具材と味わいのバランスが悪めなアイス

    セブンイレブンが出しているカップタイプの「白くま」。平均点、もしくは平均以下をつけるメンバーが多く、バータイプの白くまよりも順位が低くなりました。


    フルーツがごろごろ入っていて、見た目の満足度・フレッシュさが◎。アイス部分は白くまならではの氷も入っているため、食感も飽きません。


    ちびちび食べてしまうと味わいのバランスが悪くなるので、フルーツ・練乳・かき氷、全部を混ぜてから食べることをおすすめします。

    種別ラクトアイス
    内容量250ml
    原材料加糖練乳、フルーツシロップ漬け(パイン、みかん、還元水あめ、レモン果汁、洋酒、その他)、苺、砂糖、果糖、クリーム、ブルーベリー、安定剤(増粘多糖類)、酸化防止剤(V.C)、酸味料
    カロリー277kcal
    無脂乳固形分7.0%
    乳脂肪分4.0%
    味わい白くま
    特徴高級
    No.38

    ロッテカルピス®アイスバーBIG

    100円

    総合評価

    2.80
    • 美味しさ: 2.8

    清涼感を求めているならこれ一択!夏バテで食欲がない日に食べたいアイス

    カルピスの味をすっきりと楽しめる「カルピス®アイスバーBIG」。カルピスらしい乳酸菌のような味わい、さっぱり感はしっかりあります◎。


    さっぱりしているので、食欲がない日でも無心で食べられるところが魅力。「もっと濃厚にしてほしい!」という声もありましたが、「このさっぱりさだからこそ夏に食べたくなる」という結論に至りました。


    ザクッ・キュッと音のする歯当たりで、食感を楽しみながら食べ進められます。

    種別氷菓
    内容量110ml
    原材料乳製品、異性化液糖、水あめ、砂糖、植物油脂、食塩/安定剤(増粘多糖類、寒天)、酸味料、香料、乳化剤、甘味料(アスパルテーム・L‐フェニルアラニン化合物)
    カロリー83kcal
    無脂乳固形分-
    乳脂肪分-
    味わいカルピス
    特徴-
    No.39

    明治エッセルスーパーカップ 紅茶クッキー

    140円

    総合評価

    2.70
    • 美味しさ: 2.7

    一個食べるにはちょっと重め?好みの分かれる激甘ロイヤルミルクティ味

    2019年1月発売の「エッセルスーパーカップ 紅茶クッキー」。アイス部分はわざとらしいくらいに紅茶の風味を感じますが、クッキーは何味だかわからない程度です。


    「甘めのロイヤルミルクティ味で美味しい」と高評価する人もいれば、「甘すぎるし、人工的な茶葉感がちょっと苦手。一個食べきるのはキツイ」といまいちな評価のメンバーも。甘党と非甘党で評価がはっきりと分かれました。スーパーカップならではの滑らかな口当たりは健在です。


    砂糖たっぷりの甘いミルクティが好きな人におすすめのアイスです。

    種別ラクトアイス
    内容量200ml
    原材料乳製品、水あめ、植物油脂、砂糖、クッキー、紅茶、寒天/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、膨張剤、キビ色素、香料、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)
    カロリー300kcal
    無脂乳固形分7.0%
    乳脂肪分-
    味わい紅茶クッキー
    特徴-
    No.40

    「高級感=濃厚なミルク感」ではない!しつこい甘さとミルキーな味わいが不評

    2003年に登場した「MOW」。ハーゲンダッツよりも安価に購入できるアイスクリームとして有名ですが、思いの外点数は伸びませんでした。


    ラクトアイスのバニラ味と比べるとバニラの風味が控えめ。そのせいか濃厚なミルク感を鬱陶しいと感じてしまうメンバーも多い結果に…。「高級感=濃厚なミルク感、と勘違いしているのでは?」と辛辣なコメントも飛び交いました。


    重めの乳感があるアイスが好きな人にはおすすめですが、甘いアイスが苦手な人や繊細な味わいのアイスが好きな人にはおすすめできません。

    種別アイスクリーム
    内容量140ml
    原材料乳製品、水あめ、砂糖、卵黄、カラメルシロップ/香料、(一部に卵・乳成分を含む)
    カロリー230kcal
    無脂乳固形分9.0%
    乳脂肪分8.0%
    味わいバニラ
    特徴-
    No.41

    本当に「王」なのか? 大きさだけはキングなモナカアイス

    1995年発売のモナ王。人気のチョコモナカジャンボがあるなかでも、20年以上も売れ続けているアイスですが、検証では厳しいコメントが相次ぎました…。


    まず、モナカがしなしなで食感が微妙。バニラも目立った特徴がなく「味の情報量が少なくて深みがない…」という意見が出るほどです。


    美味しくないわけではありませんが、いたって普通の味わい。特筆するなら「ボリューミーなアイス」というところのみです。

    種別アイスミルク
    内容量160ml
    原材料乳製品、砂糖、モナカ(卵・小麦を含む)、植物油脂、水あめ、デキストリン/加工でんぷん、乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、膨張剤、香料、甘味料(アセスルファムK)、着色料(クチナシ、アナトー)
    カロリー225kcal
    無脂乳固形分8.0%
    乳脂肪分3.0%
    味わいバニラ
    特徴-
    No.42

    赤城乳業たべる牧場ミルク

    150円(税込)

    総合評価

    2.60
    • 美味しさ: 2.6

    かなり甘め。甘党×乳っぽいミルクアイスが好きな人にはおすすめ!

    カップに描かれた牛のイラストがゆるくてかわいい「たべる牧場ミルク」。Instagramでは、たべる牧場ミルクを使ったパフェアレンジが話題になっていました。


    肝心な味わいについてはお菓子のミルキーのような味わいで、人工的なミルクっぽさを感じました…。独特の乳っぽさがあるので、チーズが苦手な人にとっては食べづらいです。


    甘党でコンデンスミルクが好きな人にはおすすめです。上と下で食感が違うので、混ぜて食べてみるのが◎。

    種別アイスミルク
    内容量170ml
    原材料牛乳、乳化剤、水あめ、果糖/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料
    カロリー156kcal
    無脂乳固形分10.4%
    乳脂肪分5.6%
    味わいミルク
    特徴高級
    No.43

    ユニリーバ・ジャパンBEN&JERRY'S チャンキーモンキー

    348円

    総合評価

    2.60
    • 美味しさ: 2.6

    しっかり味ついた、濃ゆ〜い味わいのアイスを食べるならおすすめ

    アメリカ生まれのアイスクリーム屋である「BEN&JERRY'S」。BEN&JERRY'Sの店舗の味を家でも楽しめるのがこちらの商品です。


    編集部員5人のコメントに共通するのが「バナナピューレ・バニラ・甘み、すべてが濃厚すぎてバランスが悪い」ということ。素材の特徴はしっかりと出ていますが、それぞれの主張が激しすぎて結局何味なのかがわからなくなってしまいました…。


    くるみが入ることによって、自然な香ばしさや面白い食感がプラスされている点は好評でしたが、味のまとまりが悪く43位に。バナナ好きな人ならば、一度食べてみる価値ありです。

    種別アイスクリーム
    内容量120ml
    原材料クリーム、脱脂濃縮乳、バナナピューレ(砂糖、バナナ)、砂糖、準チョコレート、くるみ、卵黄、 安定剤(増粘多糖類)、香料、レシチン、(原材料の一部に大豆、りんご、オレンジを含む)
    カロリー257kcal
    無脂乳固形分8.0%
    乳脂肪分10.5%
    味わいバナナ
    特徴高級
    No.44

    ルマンドが本領発揮していない!ルマンドの味わいを活かしきれず…

    ブルボンのロングセラー焼き菓子「ルマンド」をまるごとモナカアイスに入れたアイスです。本来ならばサクサクとした食感があるルマンドですが、アイスの水分が染み込む&凍ってしまって変な食感に…。


    「納得がいかない…」「ルマンドはもっとポテンシャルが高い」などと、ルマンドそのものの味わいを活かしきれていないことへの悲しみに満ちたコメントばかりでした。


    SNSでもアイスの斬新さが話題になりましたが、一回食べれば満足する"色物止まり"のアイスです。

    種別アイスクリーム
    内容量150ml
    原材料クッキー(小麦粉、砂糖、植物油脂、マーガリン(乳成分を含む)、乳糖、乳製品、水飴、液全卵、クリーミングパウダー(乳成分を含む)、マルトース、ココアパウダー、食塩、洋酒)、乳製品、牛乳、モナカ(小麦を含む)、チョコレートコーチング(乳成分を含む)、砂糖、水飴、液卵黄(卵を含む) / 加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、香料(乳由来)、膨脹剤、着色料(カロテノイド)、カゼインナトリウム(乳由来)
    カロリー336kcal
    無脂乳固形分8.5%
    乳脂肪分8.5%
    味わいバニラ
    特徴-
    No.45

    森永製菓アイスボックス グレープフルーツ

    1,620円(税込)

    総合評価

    2.50
    • 美味しさ: 2.5

    ガーッと頬張って雑に食べるならこれ!いろんなアレンジを楽しめる変化球アイス

    1989年から販売されているロングセラー商品「アイスボックス」。氷をもみほぐすのに最適な素材を使用しているコップ型カップは、実は企業が工夫した上の形状です。


    グレープフルーツの味は薄めで、シンプルに氷を食べているような感じがする&ゴリゴリとした噛みごたえに好みが分かれたので評価が伸び悩みました…。味わって食べず、カップからガーっと雑に頬張ってこそ意味があるアイスです。


    かなりシンプルで甘さ控えめな味わいなので、チューハイやグレープフルーツジュース、柑橘系のお酒などの氷代わりに使うのがベスト。「ドリンクの氷代わりにするなら、評価も1点くらい上げる」というメンバーもおり、氷としてのポテンシャルは高いです!


    夏はドリンクアレンジ用の氷として、冷凍庫にストックしておきたいアイスです。

    種別氷菓
    内容量135ml
    原材料グレープフルーツ果汁、異性化液糖、食塩 / 香料、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ビタミンC、ポリリン酸Na、カロテン色素
    カロリー13kcal
    無脂乳固形分-
    乳脂肪分-
    味わいグレープフルーツ
    特徴-
    No.46

    ハーゲンダッツジャパンストロベリー

    1,555円(税込)

    総合評価

    2.50
    • 美味しさ: 2.5

    ハーゲンダッツの中では最も低評価…。いちごの良さを活かしきれなかったのが惜しい

    ハーゲンダッツの創始者が、アイスに合ういちご品種探し〜加工まで約6年かけたという、ハーゲンダッツのストロベリー味。


    ハーゲンダッツの中で最も低評価となった原因は「フレッシュ感のない人工的ないちごの風味」。フレッシュな酸味を感じられないため、いちごがベースのミルク味に負けてしまっています。


    いちごがゴロっと入っている点や口当たりの滑らかさ、上品な甘さは申し分ないですが、自分で買いたくなるような味ではありません…。

    種別アイスクリーム
    内容量110ml
    原材料クリーム、脱脂濃縮乳、ストロベリー果肉、砂糖、卵黄、(一部に乳成分・卵を含む)
    カロリー236kcal
    無脂乳固形分8.5%
    乳脂肪分14.0%
    味わいストロベリー
    特徴高級
    No.47

    井村屋やわもちアイス つぶあんミルクカップ

    500円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 美味しさ: 2.4

    クリーミーなバニラアイスは賛否両論。改良が仇となったか…?

    今回検証した井村屋のアイスの中で最も順位が低かった「やわもちアイス つぶあん」。期待値も高かっただけに、バニラとあんこの甘さのバランスの悪さや白玉のクオリティに目がいってしまいました…。


    やわもちの専売特許でもある「おもち」ですが、「もちっとしていて美味しい」と言うメンバーもいれば、わらびもち味と比べると「粉っぽい」「もちそのものが甘すぎる」と厳しいコメントをつけるメンバーも。


    また、バニラアイスがクリームチーズのような味わいで、乳っぽさが悪目立ちする結果に…。それぞれの味の主張が激しすぎて、うるさく感じました。ポテンシャルの高いアイスだけあって、発売当初のバランスのとれた味を思い出すと悲しくなります。

    種別アイスミルク
    内容量140ml
    原材料水あめ(国内製造)、乳製品、砂糖、植物油脂、小豆、麦芽糖、もち粉、デキストリン、還元水あめ、乳等を主要原料とする食品、コーンスターチ、食塩、グルコマンナン/ソルビトール、トレハロース、乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、酵素、香料、pH調整剤
    カロリー260kcal
    無脂乳固形分9.50%
    乳脂肪分4.40%
    味わいつぶあんミルク
    特徴-
    No.48

    クラシエフーズジェラート屋さんの人気メニュー ピスタチオ

    140円

    総合評価

    2.30
    • 美味しさ: 2.3

    わざとらしいピスタチオの味わいに厳しいコメント続出…

    ジェラート専門店などでも人気の味わい「ピスタチオ」を再現したアイスバー。


    ピスタチオ味のスイーツ好きなメンバーが揃っておりましたが、「がんばってピスタチオ再現しようとしているけど、わざとらしい味。フェイク感が拭えない」「主張しすぎたナッツの香ばしさが口の中にしつこく残る」などと酷評。ピスタチオ味のスイーツに期待していた分、かなりがっかりです。

    種別ラクトアイス
    内容量70ml
    原材料砂糖、乳製品、植物油脂、ピスタチオペースト、水あめ、果糖ぶどう糖液糖、アーモンドペースト、食塩、カカオマス/安定剤(増粘多糖類)、着色料(紅花黄、スピルリナ青)、乳化剤、香料、(一部に乳成分を含む)
    カロリー92kcal
    無脂乳固形分6.50%
    乳脂肪分-
    味わいピスタチオ
    特徴-
    No.49

    ロッテレディーボーデン 大人のひととき バニラ

    500円(税込)

    総合評価

    2.30
    • 美味しさ: 2.3

    甘すぎず食べやすいけど、特筆すべき特徴がない…

    1980年代にアイスクリームの芸術品というキャッチフレーズで、プレミアムなアイスクリームとして販売されていた「レディーボーデン」。


    高級路線のアイスですが、濃厚さはさほど感じずに印象に残らない味わいです。口溶けは滑らかで、ふわっとスムーズに広がります。


    バニラというよりもカスタードの味わいが強めなので、カスタード好きな人におすすめです。

    種別アイスクリーム
    内容量470ml
    原材料乳製品、砂糖、水あめ/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、着色料(野菜色素、アナトー、カロチン)
    カロリー715kcal
    無脂乳固形分9.0%
    乳脂肪分14.0%
    味わいバニラ
    特徴高級
    No.50

    チョコミントアイスとしては不合格。チョコミン党からも厳しい評価

    赤城乳業のロングセラー商品である「ブラック/チョコレートアイスバー」のチョコミント味として2014年に発売された、チョコミントバー。


    全体的に水っぽく、安っぽい味わいでした…。チョコミント好きなメンバーからは「これはチョコミントアイスとしては不合格ですね」と厳しいコメントをもらうほど。


    ミルクチョコのパリパリ食感・味わいは推せますが、チョコミントのインパクトもなく印象に残りません。

    種別アイスミルク
    内容量150ml
    原材料乳製品、準チョコレート、水飴、砂糖、植物油脂、異性化液糖、りんご果汁、リキュール、甘味料(キシリ トール)、香料、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、着色料(クチナシ、紅花黄)、(原材料の一部に大豆を含む)
    カロリー252kcal
    無脂乳固形分5.0%
    乳脂肪分3.1%
    味わいチョコミント
    特徴チョコレート入り
    No.51

    ロッテクランキーアイスバー チョコチップミント

    140円

    総合評価

    2.20
    • 美味しさ: 2.2

    期待はずれのミント感。あえてチョコミントで販売する意味を感じられない

    サクサク食感を楽しめるモルトパフ入りのチョコ「クランキー」。そのクランキーがチョコチップミント味のアイスとなった商品です。


    ミントの清涼感は弱めで、チョコミント感がほしい人にはいまいちおすすめできません…。


    どちらかというとクランキーチョコの味わいが強め。チョコだけなら「表面のザクザククッキーとチョコが天才的な美味しさ」と大絶賛でしたが、ミントは完全に邪魔者扱いされる結果になりました…。

    種別アイスミルク
    内容量105ml
    原材料準チョコレート、乳製品、砂糖、チョコチップ、植物油脂、水あめ、モルトパフ(小麦を含む)、食塩/乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、香料(卵由来)、着色料(スピルリナ青、紅花黄、カラメル)膨張剤
    カロリー326kcal
    無脂乳固形分6.1%
    乳脂肪分4.1%
    味わいチョコミント
    特徴チョコレート入り
    No.52

    絶妙なシャリシャリ感は推せる!チープなバニラ味が解せない…

    2003年発売時、今ままでにないアイスの形状で話題となった「クーリッシュ」。溶けても手が汚れず、食べ歩きしやすいところが魅力的です。


    同じメーカーから販売されている「爽」に似たような味わいですが、爽よりも甘みが強くてしつこいように感じました。

    種別ラクトアイス
    内容量140ml
    原材料砂糖、異性化液糖、乳製品、植物油脂、卵黄(卵を含む)、水あめ、食塩/乳化剤、安定剤(増粘多糖類、セルロース)、香料、アナトー色素
    カロリー153kcal
    無脂乳固形分5.0%
    乳脂肪分-
    味わいバニラ
    特徴-
    No.53

    明治明治エッセル スーパーカップSweet’s 苺ショートケーキ

    237円(税込)

    総合評価

    1.70
    • 美味しさ: 1.7

    本気でショートケーキを再現しようとしたのか…?見た目も味もとにかくチープな表現力

    「ケーキのような味わいのアイス」として販売されている、スーパーカップの上位互換シリーズの「明治 エッセル スーパーカップSweet's 苺ショートケーキ」。


    いつものスーパーカップとは違うプレミアム感があるパッケージなのに、「全然ショートケーキ感のない味わい」でがっかりする結果に…。


    いちごの表現がわざとらしく、ショートケーキ特有の甘酸っぱさは全くありません。真ん中に入っているクッキーが中途半端な食感にしていて、丸々一個食べるには難易度が高すぎました。

    種別ラクトアイス
    内容量172ml
    原材料ストロベリーソース、乳製品、砂糖、植物油脂、クッキー、水あめ、卵黄/安定剤(増粘多糖類、セルロース)、乳化剤、酸味料、膨脹剤、香料、着色料(カロチノイド)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)
    カロリー266kcal
    無脂乳固形分6.0%
    乳脂肪分-
    味わい苺ショートケーキ
    特徴-
    No.54

    バニラというよりも豆乳味。ソイプロテインを食べている気持ちになるアイス

    糖質50%オフが嬉しい「SUNAO」シリーズ。バニラ味と書いてありますが、実際には豆乳の味わいしかありません


    他のアイスの豊かな味わいを思い出すと、少し悲しい気持ちになってしまいます。

    種別ラクトアイス
    内容量120ml
    原材料乳製品、食物繊維(ポリデキストロース)、豆乳、植物油脂、卵黄パウダー、乳等を主要原料とする食品、バニラビーンズシード、香料、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、甘味料(スクラロース)、カロチン色素、(原材料の一部に卵を含む)
    カロリー80kcal
    無脂乳固形分7.4%
    乳脂肪分1.3%
    味わいバニラ
    特徴-

    人気市販アイスクリームの検証結果比較表

    ダイエット中にアイスを食べるなら?

    「アイスはダイエット向き」ということを聞いたことはありませんか?最後に、ダイエット中にアイスを食べる際のポイントについてご紹介します。

    どうしてアイスはダイエット向きなの?

    どうしてアイスはダイエット向きなの?

    高脂肪のアイスクリームであっても、ミルクや砂糖が主原料です。小麦粉などを用いていないため、炭水化物の量が少ないのがポイント。ケーキやクッキーなどと比べて太りにくいといえます。


    とくにミルクや卵をたっぷり使ったアイスクリームはカルシウムやビタミンなどの栄養素も多く含まれるため、栄養不足に陥りがちなダイエット中の栄養補給としてもおすすめです。

    糖質制限中なら、低糖質のアイスを活用しよう

    糖質制限中なら、低糖質のアイスを活用しよう

    ダイエットだけでなく、糖質も制限しているなら、低糖質のアイスクリームを活用するのも◎。豆乳やトウモロコシなどを使用することで糖質を抑えたグリコのSUNAOや、アイス専用ヨーグルトを使用した明治のmoreなど、最近は糖質オフの商品もたくさん出てきています。


    糖質や脂質を抑えつつ、コクのある味わいを楽しむことができますので、こうした商品を活用するのもおすすめです。

    アレンジでさらに美味しくヘルシーに!

    アレンジでさらに美味しくヘルシーに!

    ダイエットや糖質制限中でも満足感があり、よりヘルシーなアイスを食べたいなら、ナッツや果物の中でも糖質の低いブルーベリーを添えてみたり、プレーンヨーグルトをミックスしてスムージーにしてみるのもおすすめです。


    「甘すぎて消費できないかも…」と思ったアイスも、アレンジを加えれば美味しくなるため、ダイエット中の方だけでなくともおすすめ。


    ただし、太りにくいとされるアイスも食べ過ぎは逆効果。代謝の落ちる夜に食べるのもなるべく避け、美味しく・ヘルシーに楽しんでくださいね。

    まとめ

    今回は市販の売れ筋アイス54商品を徹底的に比較検証しました!


    今回の記事でご紹介した選び方や検証結果を参考に、自分好みのアイスをゲットしてくださいね!


    文:宮崎倫加子、写真:稲垣佑季・岩上紗亜耶

    ランキング作成日:2019/06/22

    その他の市販アイスクリーム記事

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す