1. TOP
  2. >
  3. 食品
  4. >
  5. 菓子・スイーツ
  6. >
  7. プリンの素のおすすめ人気ランキング10選【手軽でおいしい!】
  • プリンの素のおすすめ人気ランキング10選【手軽でおいしい!】のアイキャッチ画像1枚目
  • プリンの素のおすすめ人気ランキング10選【手軽でおいしい!】のアイキャッチ画像2枚目
  • プリンの素のおすすめ人気ランキング10選【手軽でおいしい!】のアイキャッチ画像3枚目
  • プリンの素のおすすめ人気ランキング10選【手軽でおいしい!】のアイキャッチ画像4枚目
  • プリンの素のおすすめ人気ランキング10選【手軽でおいしい!】のアイキャッチ画像5枚目

プリンの素のおすすめ人気ランキング10選【手軽でおいしい!】

子供から大人までみんなに愛されている人気のデザート、プリン。しかし手作りしようと思っても、しっかり固まらなかったりとなかなかきれいに仕上がらないことも多いですよね。そんなときに活躍してくれるのが「プリンの素」。水や牛乳を混ぜるだけで、誰でも簡単に作れるのでとっても便利です。近頃は、シンプルな基本のプリンだけに限らず、抹茶・チョコ・マンゴーなどの味のバラエティーも豊富になってきています。


そこで今回は、そんな「プリンの素」の選び方のポイントや、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。人気のハウス食品・かんてんぱぱの商品から、ホームパーティーにも使える業務用の大容量サイズまで幅広くピックアップ。早速、ご自宅でも簡単にお店のような美味しいなめらかプリンを作ってみませんか?

  • 最終更新日:2020年09月23日
  • 67,352  views
目次

プリンの素の選び方

それではまず、さまざまな種類のプリンの素の中から、何をポイントに選んだらよいかみていきましょう。

早く固まるものを選ぶ

早く固まるものを選ぶ
プリンの素があれば、お子さんでも簡単にデザート作りを楽しめますよね。子供の頃、混ぜて冷蔵庫に入れてから早く固まらないかと何度も扉を開け閉めした記憶がある方も多いはず。

固まるまでの時間はパッケージに記載されていますが商品によって幅があり、室温や冷蔵庫など冷やす環境によっても左右されます。冷蔵庫ではなく、水で冷やす場合などは時間にも余裕を見ておきましょう。

好みの仕上りに合わせて選ぶ

プリンの素は他の材料を加えて作りますが、水だけでOKのものから牛乳や卵が必要なものまでさまざまです。準備が必要になるか否かだけでなく、混ぜる材料によって仕上りの味わいも変わってきます。どんな味わいのプリンを作りたいのかもイメージしながら選んでみましょう。

水や熱湯を混ぜるタイプはさっぱりした仕上りに

水や熱湯を混ぜるタイプはさっぱりした仕上りに

プリンの素に水やお湯を混ぜてかき混ぜるだけのタイプなら、他に何かを用意する手間がかからないので一番簡単。デザートを作る時間がないときにもおすすめです。多忙な方でも、手軽にプリンデザートを作ってあげられますね。あまり味にこだわらず、比較的さっぱりとした味わいを好む方に向いています。

リッチな味わいを楽しみたいなら牛乳を混ぜるタイプを

リッチな味わいを楽しみたいなら牛乳を混ぜるタイプを
牛乳を混ぜて作るタイプなら、水だけのタイプより風味が増しリッチな味わいを楽しめます。必要量の牛乳を用意するだけで簡単に作れるのでとっても便利。牛乳を煮たてて作るものと、ただ牛乳を加えて混ぜるだけのタイプがあります。煮立ててから冷まして作るタイプより手間が省けるので、時短にもなりますね。

またプリンの素によっては「加工乳」や「乳飲料」だとうまく固まらないこともあるので、必ず「牛乳」を使うようにしましょう。

コクも味わいたいなら卵黄を加えるものがおすすめ

コクも味わいたいなら卵黄を加えるものがおすすめ

通常のプリンの素だけでも美味しくなりますが、もっと本格的なプリンの味を求めるなら、卵黄を加えて作るタイプを選ぶとよいでしょう。卵黄を加えることでコクがでて、プリンならではの濃密な味わいを楽しむことができますよ。このタイプは牛乳を一煮立ちさせるなど、他のタイプに比べると多少の手間がかかる場合もありますが、味にこだわる方には一押しです。

盛り付け方で選ぶ

昔ながらのプリンは、お皿に盛り付けてカラメルソースを添えたものをいただくことが多かったもの。しかし、近頃はコンビニデザートにもあるようにカップのままスプーンで食べる機会の方がむしろ多いかも知れませんね。どんな風に盛り付けて食べたいかによっても選び方は異なります。

カップのまま食べるならゆるめタイプでOK

カップのまま食べるならゆるめタイプでOK
プリンはプリンでも、しっかりしたものでなく、ゆるくて「ふわふわ」「ふわとろ」などと表現されているようなものは、カップに注いで冷やし固め、そのままデザートとして出せるので便利です。何より、ひっくり返すときのドキドキもありません。

冷やし固めるときの器次第で、素敵に演出できるのもメリット。もし、そのままでは見た目がちょっと物足りないというときでも、フルーツや生クリームなどをあしらえばより美味しそうに見えますよね。とくにお料理初心者さんにおすすめです。

お皿に盛り付けて食べるならしっかりタイプを

お皿に盛り付けて食べるならしっかりタイプを

昔懐かしい正統派のお皿に出せるタイプのプリンを作りたい方は、しっかりタイプがおすすめ。きれいな山型のフォルムで揺らすとプルプル揺れる感じがいいですよね。トップにカラメルソースがたっぷりかかっているのを見ると、幸せな気持ちになります。


ただお皿に出すときには、しっかり固まっていないと崩れる心配があります。お客様用に準備するときなどは、数を多目に作っておいたほうがよいでしょう。ソースがこぼれないように多少深さのある器にするか、大きなデザート皿にフルーツや生クリームと一緒に盛り付ければ豪華に見えますよ。

食べる人の体質・健康にも配慮して選ぶ

やわらかい食感のプリンは小さなお子さんからお年寄りまで、年齢を問わず好まれているデザートの1つです。しかし、体質によっては一般的なプリンが食べられない人も。また、健康に配慮して一工夫されたプリンなども登場しています。食べる人に合わせて原材料もチェックし、みんなで美味しく食べられるものを選びたいですね。

卵アレルギーの人には「卵原料不使用」のものを

卵アレルギーの人には「卵原料不使用」のものを
プリンの主な原料は、卵と牛乳です。そのため、卵アレルギーの人は、「卵原料不使用」と表記されたプリンの素を選ぶことが重要。また、乳アレルギーの人は、水だけを混ぜて作るタイプを選ぶのはもちろんのこと、材料表示をよく見て選ぶようにしましょう。

とくに、お子さんの集まるお誕生会や子供会のイベントなどでは、アレルギー持ちのお子さんも来ることがあります。前もって聞いておくのが一番ですが、もし分からない場合は、卵原料不使用のものを選ぶのが無難です。他にも、商品によっては大豆・小麦などのアレルギー成分が含まれているものもあるため、大人がまず確認してあげるようにしましょう。

カルシウム入りは小さなお子さんやお年寄りにおすすめ

カルシウム入りは小さなお子さんやお年寄りにおすすめ
日本人には不足しがちと言われているカルシウムですが、プリンの素の中にはカルシウムを加えてある商品も出ています。牛乳を混ぜて作るタイプなら、1つでたっぷりのカルシウムを摂取できますね。育ちざかりのお子さんや、骨が弱くなりがちなお年寄りのおやつとして、手軽に栄養を補ってみてはいかがですか?

いろいろな味を楽しもう

卵と牛乳がベースになったベーシックなプリンも美味しいですが、プリンの素には、他にもさまざまな味の種類があります。作り方が簡単なものばかりなので、いつもとは違う味わいを楽しみたいなら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

大人のデザートで人気の抹茶味

大人のデザートで人気の抹茶味
日本人になじみの深い、濃い緑色が美しい抹茶。和スイーツとしてアイスクリームやケーキなど、いろいろなデザートに抹茶は使われていますよね。中でも抹茶プリンはつるりとした食感で食べやすさでは一番ではないでしょうか。

抹茶プリンの素は卵の代わりに乳製品を加え、ゼラチンや寒天が使われています。ほろ苦い抹茶の風味がありつつ、まろやかに仕上がった大人向けのプリンを楽しめますよ。

簡単でアレンジもきく爽やかなフルーツ系

簡単でアレンジもきく爽やかなフルーツ系
甘いスイーツが苦手な人でも、爽やかなフルーツ系のプリンなら好きという人もいるのではないでしょうか。マンゴーやイチゴ味のプリンには、いわゆるフルーチェのようなペクチンで固めるものや、寒天を加えたものなどがあります。より果物感を味わいたいなら、後からピューレを加えるようなものもおすすめですよ。

器に冷やし固めてそのまま食べられるので、ゆるくてもOK。もっと固めたければお好みで冷やす時間を伸ばして調整することもできます。

ボリュームのあるタイプはパーティ向き

ボリュームのあるタイプはパーティ向き

一人ひとりに盛り付けて出すのではなく、パーティなら大皿にドーンと大きなプリンを乗せて出せば、盛り上がること間違いなしです。こうしたセットは容器のバケツが付いてくるので、牛乳を用意すれば誰でも簡単に作れます。ただ、固まるまでに時間がかかるので、肝心のパーティに間に合うようなスケジュールで作りましょう。


また、大きなものでなく、小分けの普通サイズをたくさん用意したいという人には業務用も便利。ただ、反対に4人分で良かったのにうっかり業務用で24人分も届いてしまったというレビューもありますので、購入の際はくれぐれも数量を間違えないようにして下さいね。

プリンの素のおすすめ人気ランキング10選

人気のプリンの素をランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月8日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしました。

10位
内容量800g
固まるまでの時間1時間以上
他に用意する材料牛乳
原材料黒ごまミックス(麦芽糖、砂糖、黒ごま、その他)・砂糖・バターオイル加工品・ゼラチン・寒天・食塩・トレハロース・ゲル化剤(増粘多糖類)・香料・調味料(有機酸等)・(原材料の一部に乳成分・小麦・大豆を含む)
9位
内容量200g
固まるまでの時間2~3時間
他に用意する材料牛乳
原材料いちごピューレ(国内製造)・水飴・砂糖・ゲル化剤(ペクチン)・酸味料・クチナシ色素・(原材料の一部にりんごを含む)
8位
内容量200g
固まるまでの時間2~3時間
他に用意する材料牛乳
原材料マンゴーピューレ(インド製造)・砂糖・水飴・濃縮オレンジ果汁・ゲル化剤(ペクチン)・酸味料・香料・カロチン色素・(一部にオレンジ・りんごを含む)
7位
内容量420g
固まるまでの時間約2時間
他に用意する材料熱湯・牛乳
原材料糖類(砂糖・ぶどう糖)・脱脂粉乳・粉末油脂・粉飴・寒天・ミルクキャラメルパウダー・乳化剤(大豆由来)貝カルシウム・増粘多糖類・香料
6位
内容量200g
固まるまでの時間2~3時間
他に用意する材料牛乳
原材料かぼちゃペースト(国内製造)・砂糖・かぼちゃダイス・水飴・香辛料・ゲル化剤(増粘多糖類)・カロチン色素・pH調整剤・香料
5位
内容量600g
固まるまでの時間-
他に用意する材料牛乳
原材料砂糖食塩ゲル化剤(カラギーナン)・香料着色料(カロチンV.B2)
4位
内容量500g
固まるまでの時間3時間以上
他に用意する材料水またはお湯・牛乳
原材料砂糖・粉末油脂・ぶどう糖・乳加工品・玉子粉末・食塩・ゲル化剤(増粘多糖類)・硫酸Ca・香料・リン酸塩(Na)・乳化剤・カロチン色素・甘味料(ステビア)(一部に卵・乳成分を含む)
3位
内容量500g
固まるまでの時間3時間以上
他に用意する材料熱湯
原材料砂糖(国内製造)、クリーミングパウダー(デキストリン、全粉乳、植物油脂、  加糖脱脂練乳、砂糖、食塩)、抹茶、ゼラチン/ゲル化剤(カラギーナン)、  乳化剤、pH調整剤、調味料(核酸等)、(一部に乳成分・大豆・ゼラチンを含む)
2位
内容量750g
固まるまでの時間-
他に用意する材料熱湯・牛乳
原材料糖類(ぶどう糖・粉飴・砂糖)脱脂粉乳・粉末油脂・寒天・マンゴーパウダー・酸味料・増粘多糖類・乳化剤・香料・アナトー色素・カロチン色素(原材料の一部に大豆を含む)
1位
内容量77g
固まるまでの時間1時間以上
他に用意する材料お湯・水
原材料粉末プリン[砂糖・クリーミングパウダー・粉乳・ゼラチン・食塩・ゲル化剤(増粘多糖 類)・pH調整剤・乳化剤・香料・着色料(マリーゴールド・アナトー・カロテン)]・ 粉末カラメルシロップ[(砂糖・でんぷん・カラメル色素・増粘剤(カラギーナン)・香料 )](原材料の一部に乳成分を含む)

人気プリンの素の比較一覧表

商品画像
1
プリン素 ハウス食品 プリンミクス 1枚目

ハウス食品

2
プリン素 伊那食品工業 イナショク マンゴープリンの素 1枚目

伊那食品工業

3
プリン素 共栄製茶 抹茶プリンの素 1枚目

共栄製茶

4
プリン素 日本食研 プリンミックス 1枚目

日本食研

5
プリン素 大島食品工業 プリンの素600g粉末 1枚目

大島食品工業

6
プリン素 日本食研 かぼちゃプリンの素 1枚目

日本食研

7
プリン素 伊那食品工業 かんてんぱぱ 寒天ミルクプリンの素 1枚目

伊那食品工業

8
プリン素 日本食研 マンゴープリンの素 1枚目

日本食研

9
プリン素 日本食研 いちごミルクプリンの素 1枚目

日本食研

10
プリン素 ハウス食品 黒ごまプリン 1枚目

ハウス食品

商品名

プリンミクス

イナショク マンゴープリンの素

抹茶プリンの素

プリンミックス

プリンの素600g粉末

かぼちゃプリンの素

かんてんぱぱ 寒天ミルクプリンの素

マンゴープリンの素

いちごミルクプリンの素

黒ごまプリン

特徴粉末カラメルソース付き!初めてプリンの素を使ってみたい方にトロピカルなマンゴープリン。大容量なのでパーティーにも上品で大人な抹茶の味わい。粉末タイプで好きな人数分作れる味のアレンジ自由!なめらかだけど固めにも作れる100個分のプリンが作れる!常温で固まるから冷蔵庫いらずアレンジ可能!ダイスカットのかぼちゃ入りで食感が楽しめる不足しがちなカルシウムがとれる!寒天ミルクプリンフルーツの味わい楽しめるプリン。少量の素をお探しの方にいちごの果汁を感じられる濃厚プリン!牛乳だけで簡単に作れる
最安値
157
送料要確認
詳細を見る
1,602
送料要確認
詳細を見る
1,190
送料要確認
詳細を見る
896
送料要確認
詳細を見る
1,694
送料別
詳細を見る
237
送料要確認
詳細を見る
844
送料要確認
詳細を見る
334
送料要確認
詳細を見る
334
送料要確認
詳細を見る
1,844
送料要確認
詳細を見る
内容量77g750g500g500g600g200g420g200g200g800g
固まるまでの時間1時間以上-3時間以上3時間以上-2~3時間約2時間2~3時間2~3時間1時間以上
他に用意する材料お湯・水熱湯・牛乳熱湯水またはお湯・牛乳牛乳牛乳熱湯・牛乳牛乳牛乳牛乳
原材料粉末プリン[砂糖・クリーミングパウダー・粉乳・ゼラチン・食塩・ゲル化剤(増粘多糖 類)・pH調整剤・乳化剤・香料・着色料(マリーゴールド・アナトー・カロテン)]・ 粉末カラメルシロップ[(砂糖・でんぷん・カラメル色素・増粘剤(カラギーナン)・香料 )](原材料の一部に乳成分を含む)糖類(ぶどう糖・粉飴・砂糖)脱脂粉乳・粉末油脂・寒天・マンゴーパウダー・酸味料・増粘多糖類・乳化剤・香料・アナトー色素・カロチン色素(原材料の一部に大豆を含む)砂糖(国内製造)、クリーミングパウダー(デキストリン、全粉乳、植物油脂、  加糖脱脂練乳、砂糖、食塩)、抹茶、ゼラチン/ゲル化剤(カラギーナン)、  乳化剤、pH調整剤、調味料(核酸等)、(一部に乳成分・大豆・ゼラチンを含む)砂糖・粉末油脂・ぶどう糖・乳加工品・玉子粉末・食塩・ゲル化剤(増粘多糖類)・硫酸Ca・香料・リン酸塩(Na)・乳化剤・カロチン色素・甘味料(ステビア)(一部に卵・乳成分を含む)砂糖食塩ゲル化剤(カラギーナン)・香料着色料(カロチンV.B2)かぼちゃペースト(国内製造)・砂糖・かぼちゃダイス・水飴・香辛料・ゲル化剤(増粘多糖類)・カロチン色素・pH調整剤・香料糖類(砂糖・ぶどう糖)・脱脂粉乳・粉末油脂・粉飴・寒天・ミルクキャラメルパウダー・乳化剤(大豆由来)貝カルシウム・増粘多糖類・香料マンゴーピューレ(インド製造)・砂糖・水飴・濃縮オレンジ果汁・ゲル化剤(ペクチン)・酸味料・香料・カロチン色素・(一部にオレンジ・りんごを含む)いちごピューレ(国内製造)・水飴・砂糖・ゲル化剤(ペクチン)・酸味料・クチナシ色素・(原材料の一部にりんごを含む)黒ごまミックス(麦芽糖、砂糖、黒ごま、その他)・砂糖・バターオイル加工品・ゼラチン・寒天・食塩・トレハロース・ゲル化剤(増粘多糖類)・香料・調味料(有機酸等)・(原材料の一部に乳成分・小麦・大豆を含む)
商品リンク

アレンジでメニューは無限大

アレンジでメニューは無限大
パッケージに記載されている基本の作り方通りに作っても美味しいですが、ちょっとアレンジを加えると、手作り感が増してお料理上手と言われるかも知れません。牛乳や卵を加える他、生クリームや砂糖、コーヒーなどをプラスすれば変わり味のプリンを作ることができます。各メーカーのサイトにも、いろいろなレシピが載っているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

おしゃれなプリンカップはまだまだたくさん!

お客様用・お土産用・贈り物用にプリンを手作りするなら、お洒落なプリンカップに入れて素敵に演出したいですよね。以下の記事では、人気のプリンカップをたくさん紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

プリンの素の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、プリンの素のAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

いかがでしたか? 特別なテクニックが無くても、手軽にプリンが作れてしまう「プリンの素」の素晴らしさがおわかりいただけだでしょうか。ちょっとアレンジしたり、素敵な器で出せば、それがまさかあの「プリンの素」だとは気付かれないかも知れませんね。お気に入りを見つけて、キッチンに常備しておくときっと役に立つでしょう。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す