1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. 日焼け止め・UVケア
  6. >
  7. 【徹底比較】セルフタンニングのおすすめ人気ランキング16選【焼かずに小麦肌】
【徹底比較】セルフタンニングのおすすめ人気ランキング16選【焼かずに小麦肌】

【徹底比較】セルフタンニングのおすすめ人気ランキング16選【焼かずに小麦肌】

「日焼けはしたくないけれど小麦肌になりたい!」という方におすすめなセルフタンニング。ひと塗りでこんがりと焼けたような肌色を演出してくれる便利なアイテムです。しかし、クラランスや石澤研究所、海外メーカー製のものもあり、ジェルやローションなど形状も豊富。それだけに、どれを選べばいいか迷ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のセルフタンニング16商品を比較して、最もおすすめのセルフタンニングを決定したいと思います。


比較検証は以下の4点について行いました。

  1. 仕上がり
  2. 色持ち
  3. 使用感
  4. 成分

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?セルフタンニングの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年05月19日更新
  • 86,288 views

検証のポイント

売れ筋のセルフタンニング16商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 仕上がり

    検証① 仕上がり

    まずは、セルフタンニングを選ぶとき特に気になる仕上がり(色)を検証します。男性社員に協力を仰ぎ、背中に全16商品を塗らせてもらいました!それぞれの塗った箇所を明確にするためにサージカルテープを貼って枠をつくり、一つずつセルフタンニングを塗布します。発色の加減や色味が自然かどうか、ムラにならないかどうかなどをチェックします。塗布後5時間と1週間後の肌を見て、どちらの結果も加味して評価しました。

  • 色持ち

    検証② 色持ち

    続いて、色持ちの良さを検証します。どんなに気に入った色味でも、色落ちが短すぎたらちょっと残念…。せっかくなら、小麦肌をしっかりキープできるものを使いたいですよね。はじめに塗布した日から1週間後に再び肌をチェックし、色持ち具合をチェックします。日数が経過することによる色味の変化がないかどうかも評価しました。

  • 使用感

    検証③ 使用感

    次に、使用感の検証を行いました。色持ちをよくするために、継続して使うこともあるセルフタンニング。使い続けるためには、使用感の良さも重要なポイントです。今回は5名のスタッフが検証に参加。実際に使用して、肌に乗せたときの感触や使いやすさ、香りなどをチェックしました。平等性を保つため、各人で評価した後に平均値を算出しています。

  • 成分

    検証④ 成分

    最後に検証したのは配合成分です。今回は、「○○が入っているから肌に悪い」というような減点方式ではなく、選び方の章でご紹介したおすすめの保湿・整肌成分が含まれているかどうかをチェック。加点方式で評価を行いました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    セルフタンニングとは?

    セルフタンニングとは?

    セルフタンニングとは、紫外線を浴びずに日焼けしたかのような肌を演出できるアイテム。皮膚を褐色に変化させる成分「ジヒドロキシアセトン(DHA)」が配合されています。


    肌に塗ると数時間で着色し、数日~1週間ほど色が残ります。通常の入浴やシャワーでは落ちませんが、成分は肌表面の角質層にのみ作用するため、肌のターンオーバーとともに自然と元の肌色へと戻ります。


    塗布するだけで気軽に肌色の変化を楽しむことができるので、紫外線による肌ダメージを軽減したい方にぴったり!数日で元に戻るため、イベントなどにも最適です。

    セルフタンニングの選び方

    セルフタンニングを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① 好みの仕上がり(色)で選ぼう

    好みの仕上がり(色)で選ぼう
    セルフタンニングの特徴は製品によってさまざま。黄味がかった色や褐色っぽいもの、一度であざやかに色づくものやほんのり着色する程度のものなど、製品によって色味や発色具合が異なります。好みの着色具合かつ肌の色に合うものを選びましょう。

    また、使う人の肌質や肌色によっても色味や仕上がりは変わってくるもの。元の肌の色によっては「ブロンズ肌になりたかったのに、黄色っぽくなってしまった」ということもありえます。初心者の方は、やりすぎ感なく自然な色味に仕上がるものがおすすめです。

    しかし購入前に色味をチェックするのは大変です。そこで今回は、実際に各商品を塗った状態もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

    ② 色持ちの良さで選ぼう。予定に合わせるなら日数も考慮して

    色持ちの良さで選ぼう。予定に合わせるなら日数も考慮して

    セルフタンニングは、製品によって色持ちする日にちの目安が異なります。1週間ほど経つと徐々に元の肌色に戻るものがほとんどですが、中には3~4日というものもあるようです。


    なお今回の検証では、各商品を塗った初日の状態と、1週間後の状態も比較しています。レジャーなどのイベントに合わせてセルフタンニングを使おうとしている方は、そちらもぜひチェックしてくださいね。

    ③ タイプで選ぼう。伸びがよく垂れにくいものがおすすめ

    タイプで選ぼう。伸びがよく垂れにくいものがおすすめ
    セルフタンニングと一口に言っても、ローション・ジェル・クリーム・スプレーなど、さまざまなテクスチャーがあります。それぞれの特徴は以下の通りです。

    • ローション:伸びがよくさっぱりした使用感。ムラになりにくい
    • ジェル:さっぱり感とうるおい感のバランスを両立。垂れにくい
    • クリーム:特に肌の乾燥が気になる方に◎ややムラになりやすい
    • スプレー:背中や首など、手の届きにくいパーツに便利。ただしムラになりやすいので注意が必要

    好みで選ぶのもいいですが、どのタイプにも共通するのはなるべく均一に肌へ伸ばすことが大切という点。ムラができると不自然な仕上がりになるので、迷ったらほどよくとろみのあるローションや伸びの良いジェルタイプを試してみると良いでしょう。


    特にセルフタンニング初心者の方や、ムラが目立ちやすい顔への使用を検討している方は、塗りやすさとムラになりにくさを重視して、ローションやジェルタイプから選んでみてくださいね。

    ④ 保湿・整肌成分もチェックするとさらに◎

    保湿・整肌成分もチェックするとさらに◎

    紫外線を浴びずにセルフタンニングで小麦肌を目指しているということは、肌をいたわりたい気持ちが強い方も多いことでしょう。肌の乾燥や敏感さが気になる方は、配合されている美容成分にも注目するのがおすすめです。


    特に注目したいのは保湿成分や整肌成分。以下に成分の一例を挙げますので、成分表示などをぜひチェックしてみてください。


    ●保湿成分の一例

    アロエ(ベラ)液汁・アロエベラエキス・セラミド・プロテオグリカン・スフィンゴ糖脂質・ヒアルロン酸・アミノ酸類(アルギニン・グリシン・セリンなど)・コラーゲン・グリセリン・BG・DPG・PCA-Naなど


    ●整肌成分の一例

    グリチルリチン酸ジカリウム・アラントイン・ビタミンC誘導体・ヨクイニンエキスなど


    また敏感肌の方は、成分のチェックと同時に使用前のパッチテストも忘れずに行いましょう。

    売れ筋の人気セルフタンニング全16商品を徹底比較!

    セルフタンニングの検証

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋ランキング上位のセルフタンニング全16商品を全て集めて、どれが最も優れた商品なのかを検証していきます。


    検証項目は以下の4つとしました。

    検証①:仕上がり

    検証②:色持ち

    検証③:使用感

    検証④:成分

    今回検証した商品

    1. クレア|フレイス セルフタンニングジェル
    2. プロタン |オーバーナイト コンペティションカラー
    3. NURBS|セルフタンニングローション コンテストブラック ナーブスローション01
    4. フジケミカル|セルフタンニングローション ブロンズマジックDX
    5. IDEA|ブロンズターナー セルフタンニングローション
    6. ナジャペレーネ|セルフタンニングローション
    7. CB|セルフタンニングローション
    8. シェモア|Le Ciel セルフタンニングローション ロールオンタイプ
    9. ニーズ|EcoTan インヴィジブルクリーム
    10. ディーアール| フェイクタンニングローション
    11. 石澤研究所|セルフタンニングローション100
    12. ビープロテック|セルタンエッセンス
    13. ドリームタン|プロフェッショナル セルフタンニングスプレー
    14. Yartar|セルフタンニングローション
    15. クラランス|セルフタンニング インスタントジェル
    16. ナージャ|タンニングジェルKURO

    検証① 仕上がり

    仕上がり

    まずは、セルフタンニングを選ぶとき特に気になる仕上がり(色)を検証します。男性社員に協力を仰ぎ、背中に全16商品を塗らせてもらいました!


    それぞれの塗った箇所を明確にするためにサージカルテープを貼って枠をつくり、一つずつセルフタンニングを塗布します。


    発色の加減や色味が自然かどうか、ムラにならないかどうかなどをチェックします。塗布後5時間と1週間後の肌を見て、どちらの結果も加味して評価しました。

    【検証結果ハイライト】黄色っぽいものは不自然…。しっかり色づくものはムラが目立ちやすい

    【検証結果ハイライト】黄色っぽいものは不自然…。しっかり色づくものはムラが目立ちやすい

    仕上がりの色味は商品によってばらつきが出ました。特に黄みが強いものは、どうしても不自然さが目立ちます


    ひとり一人の肌の色は異なるので「黄色っぽいからダメ」とは一概に言えませんが、元の肌色とあまりにかけ離れていると不自然に見えてしまう可能性も。色を基準にセルフタンニングを選ぶなら、黄みが強いか否かで判断するとよいでしょう。


    また、しっかり色づくものはムラも目立ちやすい傾向にありました。なるべく自然に仕上げたいなら、重ね塗りすることを前提にほどよい色づきのものを選ぶと失敗が少なくなるでしょう。

    検証② 色持ち

    色持ち

    続いて、色持ちの良さを検証します。どんなに気に入った色味でも、色落ちが短すぎたらちょっと残念…。せっかくなら、小麦肌をしっかりキープできるものを使いたいですよね。


    はじめに塗布した日から1週間後に再び肌をチェックし、色持ち具合をチェックします。日数が経過することによる色味の変化がないかどうかも評価しました。

    【検証結果ハイライト】元の色が薄いものは重ね塗り向き。1週間後の方がしっかり発色するものも

    【検証結果ハイライト】元の色が薄いものは重ね塗り向き。1週間後の方がしっかり発色するものも

    元の色づきがナチュラルなものは、そのまま残っている傾向にありました。薄く色づくものは数日かけて重ね塗りする場合によいでしょう。


    また、当日よりも1週間後の方がしっかり色づいていたものもありました。特定の日に向けて使う場合は、製品ごとの持続期間を把握しておく必要がありそうです。

    検証③ 使用感

    使用感

    次に、使用感の検証を行いました。


    色持ちをよくするために、継続して使うこともあるセルフタンニング。使い続けるためには、使用感の良さも重要なポイントです。


    今回は5名のスタッフが検証に参加。実際に使用して、肌に乗せたときの感触や使いやすさ、香りなどをチェックしました。平等性を保つため、各人で評価した後に平均値を算出しています。

    【検証結果ハイライト】アルコールがきつく香るもの、液だれしやすいボトルは低評価に…

    【検証結果ハイライト】アルコールがきつく香るもの、液だれしやすいボトルは低評価に…

    使用感の検証で特に目立ったのが、香りと液だれのしやすさに関する評価です。特にアルコール臭のきついものはどうしても低評価に…


    また、ローションタイプなど質感がさらっとしているものは、ボトルから出すときにどうしても垂れやすい傾向にあります。「一気に出てしまうのが困る」という意見が多く挙がりました。

    検証④ 成分

    成分

    最後に検証したのは配合成分です。


    今回は、「○○が入っているから肌に悪い」というような減点方式ではなく、選び方の章でご紹介したおすすめの保湿・整肌成分が含まれているかどうかをチェック。加点方式で評価を行いました。

    【検証結果ハイライト】高評価商品は意外と成分数少なめ。「成分数が多いから肌にいい」とは限らない!

    【検証結果ハイライト】高評価商品は意外と成分数少なめ。「成分数が多いから肌にいい」とは限らない!

    今回の検証で高評価となった「フレイス セルフタンニングジェル 」は成分数が多くはないものの、グリチルリチン酸2Kやヨクイニンエキス、セラミドなど、他の商品ではあまり見られなかった美容成分が複数含まれていました。


    オーガニック成分や植物エキスがたくさん配合されていて、全成分表示がにぎやかだと一見よさそうに見えますが、成分の多さに惑わされず、肌への良い効果が期待できる成分が含まれているかを確認するようにしましょう。


    また、植物由来の成分は人によって合うものとそうでないものにかなり差があるため、イメージだけで一概に判断するのはおすすめできません。

    No.1

    クレアフレイス セルフタンニングジェル

    980円(税込)

    総合評価

    3.90
    • 仕上がり: 3.8
    • 色持ち: 4.2
    • 使用感: 3.2
    • 成分: 4.0

    どの項目においてもバランス◎!優等生なセルフタンニング

    1位に輝いたのは「フレイス セルフタンニングジェル」。

    ほどよい発色ながらムラも変な黄みもなく、とってもきれいな仕上がりです!


    クリームにも近いジェルタイプは、みずみずしさと肌への密着感が魅力的。液だれもしないので、量の調節も簡単です。ジェルに色が付いているため、塗布した部分がわかりやすいという意見もありました。


    また、香りが気にならないというかなり貴重な一面も!においがきつくて使えない…という意見も目立った今回の検証のなかではかなりレアなパターンです。


    保湿成分や整肌成分も多く配合されており、色味や使いやすさなどを鑑みても総合的にかなり優秀。mybestが自信を持っておすすめしたい、ベストバイ セルフタンニングです!

    タイプジェル
    内容量150ml
    No.2

    プロタン オーバーナイト コンペティションカラー

    2,673円(税込)

    総合評価

    3.90
    • 仕上がり: 4.5
    • 色持ち: 4.5
    • 使用感: 2.0
    • 成分: 1.0

    スプレーなのにムラになりにくい!一度塗りでも断トツの発色

    スプレータイプなのでムラになるかと思いきや、当日も1週間後も均一な仕上がり!断トツの高発色で、ムラもほとんど気になりません。ややオレンジっぽさはあるものの黄みはあまりないため、不自然になりにくいでしょう。


    塗った瞬間からしっかり着色するので、重ね塗りの手間を少なくしたい方にもおすすめ。抵抗なく使える、ほんのり甘さを感じる香りにも配慮を感じます。とにかく早く、かつしっかり小麦肌になりたい!という方におすすめです。

    タイプローション(スプレー)
    内容量250ml
    No.3

    NURBSセルフタンニングローション コンテストブラック ナーブスローション01

    3,780円(税込)

    総合評価

    3.70
    • 仕上がり: 4.0
    • 色持ち: 4.0
    • 使用感: 2.4
    • 成分: 3.0

    垂れやすいものの黄みがなく自然な色!仕上がり重視の方に

    当日も1週間後も、黄みをおさえた自然な色づき。ムラもほとんどなく、1度塗りでも重ね塗りでも使えそうな仕上がりです。


    オイルのようにさらりとしたテクスチャーで伸びのよさも◎

    しかし、一度にドバっと出てしまう点が惜しい…。そこまで嫌な香りもしないので、使い勝手よりも仕上がり重視の方におすすめです。汚れても困らない場所で塗るなら使いましょう。

    タイプローション
    内容量200ml
    No.4

    フジケミカルセルフタンニングローション ブロンズマジックDX

    2,200円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 仕上がり: 3.5
    • 色持ち: 4.0
    • 使用感: 2.8
    • 成分: 3.2

    1週間後の方がしっかり発色!とろみがあるけど液だれしてしまう

    当日よりも1週間後の方がしっかり発色しました!ただ日にちを重ねたことで黄みが増してしまったので、肌の色を考慮したうえで使うのがよいでしょう。色が合うなら、ムラもあまりなく優秀だと言えそうです。

    透明感のある琥珀色がきれいなローションタイプ。とろみがあるため伸ばしやすいですが、ボトルの形状のせいか液だれしやすいのが残念です。今回のラインナップの中では多めの300ml入りなので、コストパフォーマンスは◎

    タイプローション
    内容量300ml
    No.5

    IDEAブロンズターナー セルフタンニングローション

    2,916円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 仕上がり: 3.0
    • 色持ち: 3.5
    • 使用感: 2.8
    • 成分: 3.8

    黄みがほとんどないきれいな仕上がり。テクスチャーも容器も使いやすい

    当日も1週間後も、黄みがほぼなくきれいな色味です。濃厚に発色するわけではありませんが、自然さを残しつつキープできています。わずかにムラができてしまったので、しっかりなじませるのがおすすめです。


    軽めのテクスチャーですが、とろみがある上に出し口が細くなっており、スムーズに塗布できます。香りもほぼなく、抵抗なく使えるでしょう。

    タイプローション
    内容量150ml
    No.6

    ナジャペレーネセルフタンニングローション

    2,371円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 仕上がり: 3.0
    • 色持ち: 4.0
    • 使用感: 3.4
    • 成分: 1.5

    ゆるめのクリームで塗りやすい!甘いココナッツの香り

    やや黄色っぽいものの、ムラはなく自然な色づきです。1週間後にもそれなりに残っているので、色味が合うなら使いやすいでしょう。


    夏の海岸を思わせる甘いココナッツの香りも特徴的。クリームのように見えますが意外とゆるめのテクスチャーです。出し口が下になっていることもあり、開けた瞬間にどばっと出てしまう点がマイナスポイントとして目立ちました。

    タイプローション
    内容量130ml
    No.7

    CBセルフタンニングローション

    2,968円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 仕上がり: 3.5
    • 色持ち: 3.5
    • 使用感: 2.2
    • 成分: 3.2

    黄みよりの発色だけど、肌に合うなら使いやすそう

    当日も1週間後もしっかり色づいています。着色だけなら高得点を付けたいところですが、黄みのある色味と若干のムラが惜しい

    かなりさらっとしたローションですが意外と液だれしにくく、少量でもよく伸びます。アルコールのにおいがやや気になるものの、容量も多めなので色味が肌に合えば全身にも使いやすいでしょう。

    タイプローション
    内容量300ml
    No.8

    シェモアLe Ciel セルフタンニングローション ロールオンタイプ

    585円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 仕上がり: 3.0
    • 色持ち: 3.5
    • 使用感: 1.8
    • 成分: 5.0

    そこそこなのに、小さめのロールオンだから全身には無理

    色づきは薄いものの、薄いなりにムラもなく色持ちもよかった一品。ムラもほぼなく黄みもそこまで強くありません。


    しかしかなり小さい上にロールオンタイプなので、これで全身を塗るのは無理では?という声多数。使う部位を見極められれば、手も汚れず使いやすいかもしれません。アルコール臭が気になるという意見も挙がったので、全身用としては厳しそうです。

    タイプローション
    内容量40ml
    No.9

    ニーズEcoTan インヴィジブルクリーム

    5,390円(税込)

    総合評価

    2.90
    • 仕上がり: 3.0
    • 色持ち: 3.0
    • 使用感: 2.8
    • 成分: 2.5

    使いやすいクリームタイプ。自然な色づきでもムラもなし

    地肌がワントーン暗くなったように自然な色づきで、ムラもほとんど見られません。発色自体は薄めですが、重ね塗りすることを考えるなら使いやすいでしょう。

    硬すぎずゆるすぎないクリームは、垂れにくく伸びの良さも◎

    クリームならではのしっとり感も魅力的です。やや香りが気になるという声も上がりましたが、使用感の良さを重視したいなら妥協できるかも?

    タイプクリーム
    内容量150ml
    No.10

    ディーアール フェイクタンニングローション

    850円

    総合評価

    2.80
    • 仕上がり: 2.5
    • 色持ち: 3.5
    • 使用感: 1.6
    • 成分: 2.5

    薄いけどムラはない!水のような質感でとにかく垂れるのが残念

    今回検証した中でもいちばんといえるほど軽いローション。水のようにシャバシャバなので、とにかく容器から液だれしてしまうのが残念…。少し使っただけでボトルの口元がべたべたになってしまいました。また、アルコール感の強い香りがやはり不評。

    5時間後も1週間後も色づきは控えめですが、ムラは目立ちません。パウダーが入っているため使用後の肌はさらっとマットになります。

    タイプローション
    内容量150ml
    No.11

    石澤研究所セルフタンニングローション100

    2,780円(税込)

    総合評価

    2.60
    • 仕上がり: 2.0
    • 色持ち: 3.0
    • 使用感: 3.0
    • 成分: 3.0

    とろみがあって伸ばしやすい。重ね塗りする前提で使おう

    とろみのある化粧水のようなテクスチャー。ゆるめなので容器から垂れるのがやや気になりますが、肌へは伸ばしやすいでしょう。若干アルコール感のある香りが気になりますが、そこまできつくありません。


    ムラなく仕上がりますが、そもそもの色づきが薄めなので、重ね塗りする前提で使った方がよさそうです。どちらかというと黄みよりの発色なので、肌の色に合うかどうかも選ぶ基準にしましょう。

    タイプローション
    内容量150ml
    No.12

    ビープロテックセルタンエッセンス

    2,700円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 仕上がり: 2.5
    • 色持ち: 2.5
    • 使用感: 2.8
    • 成分: 1.5

    ゆるいテクスチャーでよく伸びるけど、1週間後のムラが残念

    当日は均一に仕上がったように見えましたが、1週間後にはムラが出てしまいました…。色味はどちらかといえば黄みよりという程度で、そこまで不自然ではありません。


    水に近いゆるめのテクスチャーで伸ばしやすく、ポンプタイプなのもポイント。全身へ使うには何回もプッシュしなければいけないものの、チューブタイプよりは便利でしょう。しかしこちらも香りが気になるという声が多数挙がりました。

    タイプエッセンス
    内容量150ml
    No.13

    ドリームタンプロフェッショナル セルフタンニングスプレー

    2,990円(税込)

    総合評価

    2.20
    • 仕上がり: 1.0
    • 色持ち: 3.5
    • 使用感: 2.2
    • 成分: 2.0

    すぐに色がつくのはいいけれど、香りがきついという声多数!

    5時間後は少し緑っぽく、あまりきれいとは言えません。色持ちは普通レベルですが、スプレータイプだからか若干のムラが気になります


    香りに関してはアルコールがきついという意見がほぼ全員から聞かれました。すぐに色が付いた実感があるのはいいけれど、そのぶん飛び散りが気になるという声も。なかなか使用シーンを選びそうです。

    タイプローション(ミスト)
    内容量236ml
    No.14

    Yartarセルフタンニングローション

    1,699円(税込)

    総合評価

    2.10
    • 仕上がり: 3.0
    • 色持ち: 1.0
    • 使用感: 3.0
    • 成分: 2.3

    見た目に反して色が持たなかったのが残念

    透明なものもある中、色づきの良さを期待させる色味が目を引きます。しかし実際の色づきはそこまで強すぎず、ムラもあまり気になりません。若干黄みがかっているのと、1週間後にはほぼ消えてしまったのが惜しい


    「ローション」と謳っていますが実際は乳液やクリームのようなテクスチャー。使用感は比較的好評でしたが、「キャップの開け方がわかりづらい」「1プッシュの量が少ないから全身には厳しそう」という声が多く集まりました。

    タイプローション
    内容量150ml
    No.15

    クラランスセルフタンニング インスタントジェル

    3,760円

    総合評価

    1.90
    • 仕上がり: 1.5
    • 色持ち: 1.5
    • 使用感: 4.2
    • 成分: 2.3

    使用感では上位!とにかく薄い色づきで初心者向き?

    伸びがよく肌なじみの良いジェル、きつくない香りなど、使用感の検証では最高得点を獲得!しかしいかんせん色づきが薄いために、総合評価は低めの結果となってしまいました。


    「いきなりがっつり色を付けるのはちょっと…」というセルフタンニング初心者の方にはいいかもしれません。本当にわずかにしか色が変わらないため、求めるレベル感によっては使えるかも。

    タイプジェル
    内容量125ml
    No.16

    ナージャタンニングジェルKURO

    4,104円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 仕上がり: 2.5
    • 色持ち: 3.8
    • 使用感: 2.0
    • 成分: 2.0

    強いアルコール臭と使いにくさが目立った…

    塗布後5時間ではほとんど色づきません。代わりに1週間後はしっかり褐色になっていたものの、若干のムラが気になります。


    使用感の検証では「アルコールの香りがきつい」という声が多く挙がりました。また、出し口が下を向いているために開けた瞬間に勢いよくあふれてしまうのもマイナスポイント。ゆるいテクスチャーで肌へ伸ばしやすい反面、容器との相性が悪さが目立ってしまいました。

    タイプジェル
    内容量200g

    人気セルフタンニングの検証結果比較表

    セルフタンニングの使い方と注意点

    最後に、セルフタンニングを使用する際のコツと注意点をご紹介します。初めてセルフタンニングを使う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    きれいに仕上げるためには事前準備も大事

    きれいな小麦肌を作るためには、セルフタンニングを塗る前の準備も大切。均一に塗るためにおすすめしたいのは、ムダ毛の処理と角質ケアです。

    角質ケアにはスクラブなどを使うのもおすすめです。これらのアイテムについては下記のリンクでも詳しく解説していますので、ぜひ併せて見てみてくださいね。


    また、セルフタンニングは清潔で乾いた状態の肌に塗るのが理想的です。お風呂上がりにしっかりと水気を拭き取ってから使用すると良いでしょう。

    むらなく仕上げるためにはスポンジや手袋を活用!

    自然な小麦肌に仕上げるためには、肌全体へ均一に塗ることが大切です。ムラになりやすく手のひらにも不必要に色が付いてしまうため、素手で塗布するのは避けましょう。


    便利グッズとしておすすめしたいのがメイク用のスポンジ!セルフタンニングをスポンジに含ませ、薄く伸ばすようになじませます。このとき、手の甲に塗るとき以外はゴムやビニールの手袋をはめておくと便利です。


    専用のスポンジやミトンがセットになっている製品もありますので、購入する際にはぜひチェックしてみてください。

    しっかり濃い色にしたいときは数日前からの重ね塗りが必要

    セルフタンニングは、数日にわたって重ね塗りすることでしっかりとした色味を出すことができます。小麦肌をキープしたい場合は、2~3日に一度ほどの頻度で重ね塗りをしてみてください。


    濃いめに発色させたいときは、根気よく塗り重ねていくことが必要になります。しかし逆を言えば、重ね塗りの仕方で着色度合いを調整できるということです。一気にたっぷりと塗ってしまうと色むらの原因になるので、薄く均一に伸び広げましょう。

    色移りに注意!服は濃いめカラー&ゆったりシルエットがおすすめ

    セルフタンニングを塗っているときの衣類は、濃いめの色をおすすめします。角質層に色がつけば(乾いてしまえば)基本的に色落ちしないものがほとんどですが、汗などでどうしても少量色落ちしてしまい、服に付いてしまう可能性があるためです。

    特に塗った直後、乾くまでは色移りしやすいため、ゆったりとしたシルエットかつ濃い色の服を選ぶと良いでしょう。


    もし服に色が付いてしまった場合には、速やかに洗濯するようにしてください。セルフタンニングは時間の経過とともに色が落ちにくくなるので、早めの対処が肝心です。

    セルフタンニングの売れ筋ランキングもチェック

    なおご参考までに、セルフタンニングのAmazonの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

    まとめ

    今回は、売れ筋上位のセルフタンニング16商品を徹底的に比較検証しました!

    紫外線を浴びることなく小麦肌を演出できるセルフタンニングは、イベントなどにもきっと活躍してくれるはず。今回の記事でご紹介した選び方や検証結果を参考に、自分に合ったセルフタンニングをゲットしてくださいね。

    検証/文:新井美由紀、写真:稲垣佑季・岩上紗亜耶

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す