• スノーボードケースのおすすめ人気ランキング7選【キャスター付きの便利なケースも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • スノーボードケースのおすすめ人気ランキング7選【キャスター付きの便利なケースも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • スノーボードケースのおすすめ人気ランキング7選【キャスター付きの便利なケースも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • スノーボードケースのおすすめ人気ランキング7選【キャスター付きの便利なケースも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • スノーボードケースのおすすめ人気ランキング7選【キャスター付きの便利なケースも!】のアイキャッチ画像5枚目

スノーボードケースのおすすめ人気ランキング7選【キャスター付きの便利なケースも!】

ウィンタースポーツの中でも人気があるのがスノーボード。冬になると旅行先などで楽しむ人も多いですが、そのとき自分のボードを持っていくなら、スノーボードケースが必要です。持ち運びに便利なスノーボードケースですが、BURTON(バートン)など有名ブランドを始め多くのメーカーから発売されており、3way・キャスター付き・防水加工など機能性もさまざま。いざ買おうとすると何を選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、おすすめのスノーボードケースをランキング形式でご紹介いたします!Amazonや楽天で取り扱いがある商品ばかりなので、気になったものは気軽にチェックしてみましょう。お気に入りのスノーボードケースがあれば、冬のスノボ旅行がより楽しくなりますよ。
  • 最終更新日:2019年06月05日
  • 15,540  views
目次

スノボードケースの選び方

まず、スノーボードケースの選び方についてご紹介いたします。ボード大きさに合わせたS・M・Lサイズの大きさだけを見てしまいがちですが、他にも選ぶポイントがたくさんありますよ。持ち運ぶシーンや、入れるグッズなども考えて選んでみてくださいね。

ケースの種類で選ぶ

まず、スノーボードボードケースには一般的なハードケースとソールカバータイプがあります。持ち運びのシチュエーションで選ぶと便利ですが、初めて買うスノーボードケースであれば、ハードケースがおすすめですよ。

一般的なハードケースが便利

一般的なハードケースが便利

出典:amazon.co.jp

スノーボードケースで一般的なのはハードケースです。バッグの中にボードを丸々入れることができ、バインディングをつけたまま収納可能です。大きさによっては、ブーツやウェアー、その他の小物などを詰め込むことができるため、このバッグひとつにすべての荷物を入れて移動することができるでしょう。

選ぶ際には、ケースのチャックを大きく開けて出し入れできるタイプがおすすめです。開閉チャックが大きいものであれば、他のウェアやブーツも取り出しやすいですよ。また、チャックは、一方方向に開け閉めするタイプよりも、ダブルジッパータイプで両方向に開けることができるタイプがより便利。

少しかさばりやすいのがデメリットですが、ボードの両端のエッジが傷つくことを防いでくれます。初めてスノーボードケースを買う場合や、いろいろなスノーボード用品も一緒に持ち運ぶときにおすすめです。

車移動に便利なソールカバー

車移動に便利なソールカバー

出典:amazon.co.jp

伸縮性のある素材を使いエッジとソールを保護するソールカバータイプは、手軽で持ち運びやすく、かさばりません。ただ、他のスノーボード用品を収納するスペースなどはないため、スノーボードのみをガードして守るタイプです。

他のものに当たって傷がつくのを守ってくれるので、車で移動するときや、家で保管しておくときに一つあると便利です。コンパクトなものや、車移動などでの傷つきを防ぐものをお探しの方におすすめですよ。

どんな持ち方ができるかで選ぶ

スノーボードケースは、さまざまな持ち方ができ、2WAYタイプから3WAY、そして4WAYタイプまであります。移動の場所や様子を考えながら選んでみましょう。

気軽に持てるハンドタイプやショルダータイプ

車やバスでスキー場まで移動をする際は、それほどケースを持つ時間は多くなく、ハンドタイプだけのものでも十分です。ボードの中心を持つので斜めになりにくく、車などからの積み下ろしも楽に行なえます。ちょっとの移動で済む場合にはおすすめです。

肩にかけるショルダータイプのボードケースは、基本的には真横に持って歩きますが、傾きを調節して、斜めにしたりすることができるため、電車やエスカレーターに乗らなければならないときでも楽です。ショルダーストラップが調節可能であれば、より持ちやすいでしょう。また長時間持つことが考えられる場合には、肩への負担を減らすために肩当て付きかどうかもチェックしみてくださいね。

移動が長い場合にはリュックにもできる3WAYが便利

少し遠出をする場合には、リュックにもなるタイプが便利です。通常は、リュックタイプのものだけのケースは少なく、ハンドタイプやショルダータイプがついているものに追加機能としてついている3WAYタイプが多いでしょう。

とても便利なリュックタイプは、他の荷物が多い時におすすめです。背中部分で背負うことができるため、両手が空き、他の荷物を持つことができます。特に雪道を歩く距離が長いときには、ボードを引きずらず便利ですよ。

建物などに入る時は上の部分が当たりやすいため、公共交通機関等の移動の際は注意が必要ですが、大荷物を一緒に持って歩くときや、山道を歩かなければならないときにピッタリ!またリュックの紐は、出しっぱなしだと移動中に引っかかりやすいため、使わないときにはリュックの紐を収納できるポケットがあるかどうかも確認してみてください。

海外に持っていくときにはキャスターがついているものを

キャスターがついている大きめのスノーボードケースがあります。大容量なので、数日分の着替えを含めた荷物が入ります。飛行機に乗る際や、海外に持っていくとき、また長い平坦な道を歩くことが予想されるときにはキャスタータイプもおすすめです。

ケース下にキャスターがついているので、重い荷物でも簡単に運ぶことができますね。キャスターの器具が付いているぶん重くなり、ケースを手に抱えて持って運ぶのは少々大変なので注意が必要です。また、値段も通常のものより高くなりますが、海外や1週間以上の長期のスノーボード旅行の際に使うのであれば非常に便利に使えますよ。

外側のポケットが大きくて多いと便利

スノーボードケースには、外側にポケットがついているタイプがあります。小さいポケットは、チケットやコイン程度しか入りませんが、少し大きめのポケットがついている場合、ゴーグル、手袋など小さな小物用品をわかりやすく入れることができるでしょう。

大容量タイプであれば、スノーボードウェアなども別にして入れることができます。ボードと一緒に内側に入れるよりもばらばらになりにくく、取り出しやすいでしょう。防水加工がされていれば、濡れているボードの影響を受けないので、濡らしたくない物を別に入れることもでき、収納に便利です。外側にポケットがついているかも確認してみてくださいね。

防水加工など内部の使いやすさも要チェック!

ケースの中の構造もチェックしてみてください。まずはストラップバンドです。ケースの中には、移動中にスノーボードをしっかり固定するためのストラップバンドが付いています。このバンドは上下についている2つのタイプと、真ん中にもついている3つのタイプがありますが、他のスノーボードグッズを入れる際には、3つのタイプがしっかりと固定できます。

また、スノーボードケースの内側の素材にも注目です。使い終わったボードやスノーボードウェアを、ケースの中に入れて持って帰る場合、ボードやウェアが濡れていたり湿っていることがあります。

そのため、ケース内の生地が防水加工がされていたり、透湿性が高いものであれば、外側に水が漏れることがありません。また、車やバスで移動する際には揺れることも多いため、衝撃吸収できるクッション性が合ったほうが安心です。

スノーボードケースのおすすめ人気ランキング7選

それでは、おすすめのスノーボードケースをランキング形式でご紹介いたします。さまざまな持ち方のものから、便利なポケットがついているものもありますよ。自分の用途や移動手段を考慮して選んでみてくださいね。
7位

NEWROLL 3WAYスノボードケース

2,980円 (税込)

持ち方3WAY(ハンド・ショルダー・リュック)
外側ポケットなし
ベルト2つ
内側特殊生地
6位

GLASSYスノーボード ニット ソールカバー

2,860円 (税込)

持ち方ハンドタイプ
外側ポケットなし
ベルト
内側特殊生地フリース生地(速乾性あり)
5位

VAXPOTボードケース 3WAYタイプ 前面深型ポケット

持ち方3WAY(ハンド・ショルダー・リュック)
外側ポケットミニポケット
ベルト3つ
内側特殊生地水分や汚れに強く落としやすい素材
4位
持ち方3WAY(ハンド・ショルダー・リュック)
外側ポケットミニポケット
ベルト2つ
内側特殊生地内側の底の面が防水加工
3位

BURTON JPN BOARD SACK

7,560円 (税込)

持ち方3WAY(ハンド・ショルダー・リュック)
外側ポケットアクセサリーポケット
ベルト
内側特殊生地
2位
持ち方4WAY(ハンド・ショルダー・リュック・キャスター)
外側ポケット大容量ポケット
ベルト3つ
内側特殊生地水分や汚れに強く落としやすい素材
1位
持ち方3WAY(ハンド・ショルダー・リュック)
外側ポケット3つの大容量ポケット
ベルト3つ
内側特殊生地パッド&防水素材

おすすめ人気スノーボードケースの比較一覧表

商品画像
1
スノーボードケース purplecow WAY スノーボード ケース  1枚目

purplecow

2
スノーボードケース VAXPOT  ボードケース キャスター付 4WAYタイプ 1枚目

VAXPOT

3
スノーボードケース BURTON JPN  BOARD SACK 1枚目

BURTON JPN

4
スノーボードケース VOICE スノーボードケース 1枚目

VOICE

5
スノーボードケース VAXPOT ボードケース 3WAYタイプ 前面深型ポケット 1枚目

VAXPOT

6
スノーボードケース GLASSY スノーボード ニット ソールカバー 1枚目

GLASSY

7
スノーボードケース NEWROLL  3WAYスノボードケース 1枚目

NEWROLL

商品名

WAY スノーボード ケース

ボードケース キャスター付 4WAYタイプ

BOARD SACK

スノーボードケース

ボードケース 3WAYタイプ 前面深型ポケット

スノーボード ニット ソールカバー

3WAYスノボードケース

特徴大容量のポケット付き!3WAYで更に使いやすく遠出に便利な4WAYタイプ有名メーカーバートンのスノーボードケースシンプルで3WAYタイプな使いやすいケース大容量なので荷物がラクラク入る速乾性のあるフリース生地リーズナブルで3WAYタイプ
価格6,960円(税込)(税込)7,560円(税込)3,999円(税込)(税込)2,860円(税込)2,980円(税込)
持ち方3WAY(ハンド・ショルダー・リュック)4WAY(ハンド・ショルダー・リュック・キャスター)3WAY(ハンド・ショルダー・リュック)3WAY(ハンド・ショルダー・リュック)3WAY(ハンド・ショルダー・リュック)ハンドタイプ3WAY(ハンド・ショルダー・リュック)
外側ポケット3つの大容量ポケット大容量ポケットアクセサリーポケットミニポケットミニポケットなしなし
ベルト3つ3つ2つ3つ2つ
内側特殊生地パッド&防水素材水分や汚れに強く落としやすい素材内側の底の面が防水加工水分や汚れに強く落としやすい素材フリース生地(速乾性あり)
商品リンク

グラトリに挑戦したいならこちらもチェック!

スノーボードケースをお探しの方の多くは、もうスノーボードはご用意されていることと思います。ですが、せっかくケースを新調するなら、グラトリ(グラウンド・トリック)に挑戦しやすいボードも新調してみてはいかがでしょうか?以下の記事ではグラトリ板のおすすめ商品をご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

スノボードケースの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スノボードケースのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

今回は、スノーボードのときに役立つスノーボードケースについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?スノーボードを買ったら一緒に購入したいグッズですよね。自分の使用するシーンや目的に合ったものを選びましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事